アクションカメラのおすすめ人気比較ランキング10選

【最新版】アクションカメラの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。アクションカメラの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのアクションカメラをランキング形式でご紹介。
noriwowowo

近年、ビデオカメラよりも手軽に撮影できる『アクションカメラ』が流行ってきています。際立っているのはなんといっても、高い『手振れ補正機能』。激しい運動中でも、鮮明に動画を残すことができます。

この記事では、アクションカメラの特徴や選び方、おすすめのメーカーを解説していきます。初心者からカメラ上級者までおすすめの商品ランキングもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アクションカメラとは

アクションカメラ おすすめ

アクションカメラ』とは、自分の目線から見た動画を撮影できる小型カメラのことをいいます。

バイクのハンドルやヘルメットに装着することにより、モトブログの撮影や、アウトドアでの臨場感あふれる撮影ができるため人気のカメラです。防水性や耐久性に特化したモデルも多く、シュノーケリング時にも活躍します。

アクションカメラの装着方法

バイクや自転車などで撮影する場合、カメラをハンドルバーなどに取り付けても良いですが、頭部に装着すると自分と同じ視線の景色や風景の撮影が可能です。フルフェイスマスクを使用すると、目線に近い「顎部」にアクションカメラを取り付けることができるので、さらにリアルな映像を撮影することができます。

アクションカメラやヘルメットの形によっては頭頂部や耳の下への装着も可能です。

アクションカメラと普通のビデオカメラとの違い

アクションカメラと普通のビデオカメラの違いについてです。ビデオカメラの特徴、アクションカメラの特徴の2つからご説明します。

ビデオカメラの特徴

アクションカメラ おすすめ

ビデオカメラは被写体をモニターで写した状態のため、被写体を確認しながら撮影が可能です。またズーム機能を使用できるため運動会や旅行でお子さんの撮影に活躍します。

手振れ補正機能が付いたものもあり、動く被写体を追いかけながらの撮影が可能ではありますが、基本的には派手に動き回るような撮影には適しません。

アクションカメラの特徴

アクションカメラ おすすめ

アクションカメラはビデオカメラと違い、過酷な場面での撮影に適しています。ビデオカメラと違いズーム機能が付属していないモデルが多く、常時等倍での撮影になるため、機能性はシンプルといえるでしょう。

防水性のモデルが多いため水中撮影が可能になっています。またビデオカメラよりも非常にコンパクトなサイズで軽量なため、自転車やバイクのハンドル部分、ヘルメットの上部に取りつけられるため、両手を自由にできるといったメリットもあります。

アクションカメラおすすめのチェックポイント

画角 (広角)の広さ

アクションカメラ おすすめ

画角』の広さとはカメラに写る範囲のことを指します。人間の場合『視野角』のことをいい、両目で180°~200°の範囲が見えています。そのため普段見えている視野と同じような動画撮影をしたい方は、画角が広いアクションカメラを選ぶとよいでしょう。

またアクションカメラは100°以上の画角に対応しているものがほとんどで、一般のビデオカメラよりも標準での画角が広くダイナミックな撮影を楽しめます。

フレームレート

アクションカメラ おすすめ

フレームレート』とは、1秒間に記録できる静止画の『コマ数』のことをいいます。フレームレートが高ければ高いほど被写体が滑らかに動くため、アクション性の高いスポーツの撮影で活躍するでしょう。

標準スペックの場合、30fpsのフレームレートが使用されています。より高速な動きを撮影する場合、60fpsのものを選ぶとよいでしょう。

スノーボードのグランドトリックのような、激しい運動を撮影する場合には、120fps240fpsのようなハイレートのモデルが適しています。

手ブレ補正機能

アクションカメラ おすすめ

手振れ補正機能』には、レンズ内部構造を動かすことによりぶれを抑える『光学式』と、センサーによって画像を自動的に補正する『電子式』の2種類があります。

光学式』は残像が少なく、画質が優れている利点がありますが、構造が複雑なためサイズが大きくなってしまいます。『電子式』は光学式と比べると画質がやや劣ってしまいますが、構造がシンプルなためサイズが小さく、価格も安価なものが多くあります。

画質を重視する方は『光学式』を、サイズやコストパフォーマンスを重視する方は『電子式』がよいでしょう。

アクションカメラのおすすめ機能

タッチパネル機能

アクションカメラ おすすめ

アクションカメラの中には、スマートフォンのように『タッチパネル式』のモデルも販売されています。

タッチパネル式』のモデルは、『ボタン式』と比べると画面操作がしやすいのが特徴です。アクションカメラ本体のサイズが小さいため、ボタン操作よりも間違えることなく操作できます。

電源のオンオフ、録画ボタンの押しやすさ、季節によっては手袋も使用するため、手袋にも対応しているかどうかを確認して選びましょう。

Wi-Fi接続機能

アクションカメラ おすすめ

アクションカメラの中には、携帯やパソコンとすぐに接続することが可能な、『Wi-Fi接続機能』が付属しているタイプも販売されています。SNSに直接投稿することも可能なため、アクションカメラの使用頻度が高い方におすすめでしょう。

また撮影したデータをスマートフォンのアプリにそのまま転送できるため、アプリの使いやすさもチェックして選ぶ必要があります。アプリを使用することによりアクションカメラの遠隔操作が可能なものもあるため使用状況で選びましょう。

おすすめのアクションカメラの選び方

解像度 (画質)で選ぶ

アクションカメラ おすすめ

アクションカメラの解像度には3種類があります。『HD (1270×720)』・『フルHD (1920×1080)』・『4K (3840×2160)』の3種類です。

フルHD画質が標準の画質です。フルHDよりも高画質で撮影したい方は4K対応のアクションカメラを購入することをおすすめします。4Kの画質は劣化が少なく動画編集する際も一定の画質を保つことができるため、高度な編集作業を予定している方は4Kをご検討ください。

操作しやすいサイズ・重量で選ぶ

アクションカメラ選びではサイズや重さも重要になってきます。できるだけコンパクトで軽い商品を選ぶのがおすすめです。

アクションカメラはウェアラブルカメラという名前の通り、衣服やヘルメットなどに装着して撮影するため、重すぎたり、大きすぎたりすると使い勝手が悪くなってしまいます。

ヘルメットなどにも取り付けやすく、装着していても気にならない程度の重さの商品を選びましょう。長時間撮影をする方は特に重量に注意が必要です。購入前には必ず確認してください。

撮影シーンで選ぶ

防水性

アクションカメラ おすすめ

ダイビングやサーフィンでの撮影を考えている方は、『防水性』の有無を重視しましょう。製品本体に『防水機能』が備わっているタイプと、付属の『ハウジング』と呼ばれるカバーを装着することにより、防水機能を付与するものの2種類があるため好みで選びます。

またダイビングでの撮影を考えている方は、『潜水深度』も確認する必要があります。水深3mのものから水深60mのものまであり、水辺で使用するのか本格的にダイビングで使用するのかで選ぶようにしましょう。

バッテリー性能

アクションカメラ おすすめ

バイクのツーリングに使用しようと考えている方は、長時間の撮影になるため『バッテリー性能』に注意しましょう。

1回フル充電した際に何時間稼働可能かどうかチェックし、その時間よりも長時間撮影をする方は予備バッテリーも用意すると安心です。またアクションカメラの中には、バッテリー交換式だけではなく、モバイルバッテリーでの充電が可能なタイプもあるため購入する際に確認しましょう。

アクションカメラのおすすめメーカー

まだまだ市場が小さいウェアラブルカメラ市場のため、大手と言われるの2社となります。様々の安い製品は沢山販売されているものの、品質や保証という観点を以下2社を選んでおけば多くの失敗はありません。

GoPro (ゴープロ)

アクションカメラの代表的なブランドであるゴープロ。世界中で人気の商品を開発しており、バージョンアップするごとにさらに高機能な商品を生み出しています。価格は比較的高めですが、使い勝手が良いので、世界中で多くのユーザーに愛されています。高い性能を求めている方におすすめのメーカーです。

Panasonic (パナソニック)

日本の企業であるパナソニックもアクションカメラを売り出しています。まだ製品数はそこまで多くありませんが、コンパクトで使いやすい高性能な商品を扱っているメーカーです。

アクションカメラ のおすすめ人気比較ランキング

第10位

RICOH 360度カメラ 全天球カメラ 910743

21,759円(税込)

360°撮影可能なアクションカメラ

電源を入れてボタンを押すだけで、録画が簡単に開始されるアクションカメラです。また360°撮影が可能なため天球カメラのような動画も撮影可能。またスマートフォンとWi-Fiで接続可能で、画像転送やリモート操作での撮影もできます。

サイズ(幅 x 高さ x 奥行) 4.5 x 13.0 x 2.3 cm
重量 102 g
フレームレート 30 fps
Wi-Fi / Bluetooth Wi-Fi
手振れ補正 -
タッチパネル -
対応メディア -
防水 -
第9位

SONY ウエアラブルカメラ アクションカム ベーシックモデル HDR-AS50

24,412円(税込)

水深60m対応防水ハウジング付属

SONYのアクションカメラに初めて空間光学ブレ補正機能を搭載したアクションカメラ。空間光学ブレ補正機能によりハイスピードでの撮影にも対応しています。また水深60mで連続30分の撮影が可能になる防水ハウジングが付属しているのも嬉しいポイントです。

サイズ(幅 x 高さ x 奥行) 2.4 x 4.7 x 8.3 cm
重量 83 g
フレームレート 30 fps
Wi-Fi / Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth
手振れ補正 〇(電子式)
タッチパネル -
対応メディア メモリースティックマイクロ(Mark2), MicroSD/SDHC/SDXCカード
防水
第8位

GoPro アクションカメラ CHDHX-702-FW

42,000円(税込)

GoPro史上最も先進的なモデル

滑らかな映像の撮影が可能なアクションカメラ。ハイパースムーズ安定化機能が搭載されているため、動きを予測してカメラのブレを補正します。またノイズ削減機能が搭載されているのも嬉しいポイントです。

サイズ(幅 x 高さ x 奥行) 6.2 x 4.5 x 3.3 cm
重量 116 g
フレームレート 60 fps
Wi-Fi / Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth
手振れ補正 -
タッチパネル
対応メディア microSD/SDHC/SDXCカード
防水
第7位

ハコスコ 360度アクションカメラ CINONEX/A 超高画質動画 手ブレ補正機能FlowState搭載 高速WiFi iphone/Android対応 (SDカード別売り、V30ビデオスピードクラスmicroSDXCが必要)

52,300円(税込)

カメラを投げて撮影可能

5.7K動画、1800万画素数なので、今までにない高画質を体感できるアクションカメラです。50fpsに切り替えられるため、動画撮影も滑らかに行えます。さらにドリフトショット専用アクセサリーにカメラを装着することでカメラを投げて撮影可能です。

サイズ(幅 x 高さ x 奥行) 4.8 x 2.8 x 11.5 cm
重量 115 g
フレームレート -
Wi-Fi / Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth
手振れ補正
タッチパネル -
対応メディア microSD/SDHC/SDXCカード
防水
第6位

GoPro アクションカメラ CHDHB-601

22,973円(税込)

どんな場所でも撮影可能なアクションカメラ

完全防水のうえ耐衝撃性が非常に高いので、どんな場所でも撮影可能なアクションカメラです。ボタン操作ではなくタッチパネル操作で、スワイプとタッチといった2つの簡単な操作のみ。またタイマー設定も搭載されています。

サイズ(幅 x t高さ x 奥行) 6.2 x 4.5 x 2.8 cm
重量 92.4 g
フレームレート 60 pfs
Wi-Fi / Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth
手振れ補正
タッチパネル
対応メディア microSD/SDHC/SDXCカード
防水
第5位

GoPro 360°カメラ CHDHZ-103-FW

40,980円(税込)

ベストショットの切り出しが可能

一度に360°全方位の撮影が可能な球面ビデオ形状のアクションカメラです。どんな角度でもベストな瞬間を切り出せるオーバーキャプチャ機能を搭載しています。またスマートフォンにGoProアプリをダウンロードすることで動画や写真の管理などをスマートフォン一つで行えます。

サイズ(幅 x 高さ x 奥行) 7.4 x 7.5 x 4.0 cm
重量 220 g
フレームレート -
Wi-Fi / Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth
手振れ補正 -
タッチパネル -
対応メディア microSD/SDHCS/SDXCカード
防水
第4位

SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル HDR-AS300

36,690円(税込)

ブレ補正で選ぶならこのアクションカメラ

空間光学ブレ補正機能を搭載しているのが特徴のアクションカメラです。本体に防滴機能が搭載しているため水しぶきや雨で壊れる心配はありません。さらに水中での撮影をする場合、付属の防水ハウジングを装着することでより確実な防水機能が得られます。

サイズ(幅 x 高さ x 奥行) 2.9 x 4.7 x 8.3 cm
重量 109 g
フレームレート 60 fps
Wi-Fi / Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth
手振れ補正 〇(光学式)
タッチパネル -
対応メディア メモリースティック マイクロ (Mark2)
防水
第3位

MUSON アクションカメラ PRO3 4K高画質 2000万画素 手振れ補正 WiFi搭載 外部マイク対応 30M防水 自撮り棒付き 1200mAhバッテリー2個 170度広角レンズ リモコン付き 2インチ液晶画面 HDMI出力

6,876円(税込)

臨場感ある4K映像を楽しめる

4K高画質や170°の広角レンズのため臨場感あふれるダイナミックな映像を楽しめます。強力な手ブレ補正機能をオンにするだけで動きの早いアクティビティを安定して撮影可能。また豊富な付属品も嬉しいポイントです。

サイズ(幅 x 高さ x 奥行) -
重量 -
フレームレート -
Wi-Fi / Bluetooth Wi-Fi
手振れ補正 〇(-)
タッチパネル -
対応メディア -
防水
第2位

ハコスコ アクションカメラ CINGOXX/A 防水仕様 国内正規品 国内発送

21,816円(税込)

20グラムの手ブレ補正機能搭載アクションカメラ

重さわずか18.3グラムと非常に軽量なアクションカメラです。また頭に装着することで、視界と同様の風景を映像で保存できます。スローモーション機能も搭載しているのも特徴的です。

サイズ(幅 x 高さ x 奥行) 2.1 x 1.5 x 4.9 cm
重量 18.3 g
フレームレート -
Wi-Fi / Bluetooth Bluetooth
手振れ補正 〇(-)
タッチパネル -
対応メディア -
防水
第1位

GoPro アクションカメラ CHDHX-701-FW

38,300円(税込)

完璧な手ブレ補正

わざと振って撮影しても完璧に手ブレ補正機能が働くアクションカメラです。優れた耐久性と防水性を兼ね備えています。またTimeWarp機能により、動いてる間も安定してタイムラプスビデオが撮影できます。

サイズ(幅 x 高さ x 奥行) 6.2 x 4.5 x 3.3 cm
重量 116 g
フレームレート -
Wi-Fi / Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth
手振れ補正
タッチパネル
対応メディア microSD/SDHC/SDXCカード
防水

アクションカメラ のおすすめ比較一覧表

商品画像
GoPro アクションカメラ CHDHX-701-FW  B07HC7Q545 1枚目
ハコスコ アクションカメラ CINGOXX/A 防水仕様 国内正規品 国内発送 B07WX76J5M 1枚目
MUSON アクションカメラ PRO3 4K高画質 2000万画素 手振れ補正 WiFi搭載 外部マイク対応 30M防水 自撮り棒付き 1200mAhバッテリー2個 170度広角レンズ リモコン付き 2インチ液晶画面 HDMI出力  B07GPW6YY9 1枚目
SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル HDR-AS300 B01HAVKREU 1枚目
GoPro 360°カメラ CHDHZ-103-FW  B07BPSDJYN 1枚目
GoPro アクションカメラ CHDHB-601  B07HC7GY7R 1枚目
ハコスコ 360度アクションカメラ	CINONEX/A 超高画質動画 手ブレ補正機能FlowState搭載 高速WiFi iphone/Android対応 (SDカード別売り、V30ビデオスピードクラスmicroSDXCが必要)  B07GXCGV6N 1枚目
GoPro アクションカメラ CHDHX-702-FW B07PLX2S5W 1枚目
SONY  ウエアラブルカメラ アクションカム ベーシックモデル HDR-AS50 B01BWJVEI4 1枚目
RICOH  360度カメラ 全天球カメラ 910743  B01M3O1FTK 1枚目
商品名 GoPro アクションカメラ CHDHX-701-FW ハコスコ アクションカメラ CINGOXX/A 防水仕様 国内正規品 国内発送 MUSON アクションカメラ PRO3 4K高画質 2000万画素 手振れ補正 WiFi搭載 外部マイク対応 30M防水 自撮り棒付き 1200mAhバッテリー2個 170度広角レンズ リモコン付き 2インチ液晶画面 HDMI出力 SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル HDR-AS300 GoPro 360°カメラ CHDHZ-103-FW GoPro アクションカメラ CHDHB-601 ハコスコ 360度アクションカメラ CINONEX/A 超高画質動画 手ブレ補正機能FlowState搭載 高速WiFi iphone/Android対応 (SDカード別売り、V30ビデオスピードクラスmicroSDXCが必要) GoPro アクションカメラ CHDHX-702-FW SONY ウエアラブルカメラ アクションカム ベーシックモデル HDR-AS50 RICOH 360度カメラ 全天球カメラ 910743
特徴 完璧な手ブレ補正 20グラムの手ブレ補正機能搭載アクションカメラ 臨場感ある4K映像を楽しめる ブレ補正で選ぶならこのアクションカメラ ベストショットの切り出しが可能 どんな場所でも撮影可能なアクションカメラ カメラを投げて撮影可能 GoPro史上最も先進的なモデル 水深60m対応防水ハウジング付属 360°撮影可能なアクションカメラ
価格 38,300円(税込) 21,816円(税込) 6,876円(税込) 36,690円(税込) 40,980円(税込) 22,973円(税込) 52,300円(税込) 42,000円(税込) 24,412円(税込) 21,759円(税込)
サイズ(幅 x 高さ x 奥行) 6.2 x 4.5 x 3.3 cm 2.1 x 1.5 x 4.9 cm - 2.9 x 4.7 x 8.3 cm 7.4 x 7.5 x 4.0 cm 6.2 x 4.5 x 2.8 cm 4.8 x 2.8 x 11.5 cm 6.2 x 4.5 x 3.3 cm 2.4 x 4.7 x 8.3 cm 4.5 x 13.0 x 2.3 cm
重量 116 g 18.3 g - 109 g 220 g 92.4 g 115 g 116 g 83 g 102 g
フレームレート - - - 60 fps - 60 pfs - 60 fps 30 fps 30 fps
Wi-Fi / Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth Bluetooth Wi-Fi Wi-Fi, Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth Wi-Fi, Bluetooth Wi-Fi
手振れ補正 〇(-) 〇(-) 〇(光学式) - - 〇(電子式) -
タッチパネル - - - - - - -
対応メディア microSD/SDHC/SDXCカード - - メモリースティック マイクロ (Mark2) microSD/SDHCS/SDXCカード microSD/SDHC/SDXCカード microSD/SDHC/SDXCカード microSD/SDHC/SDXCカード メモリースティックマイクロ(Mark2), MicroSD/SDHC/SDXCカード -
防水 -
商品リンク

アクションカメラと合わせて買いたいmicroSD

容量

まずは『容量』についてです。フルHDで撮影する場合と4Kの画質で撮影する場合では同じ時間の動画でも保存する際のサイズが大きく異なります。HD画質で撮影し、保存する場合は32GB以上のメモリーカードは必要でしょう。

高画質になればなるほど容量が大きくなっていくため、メモリーサイズが大きなものを選びましょう。またアクションカメラにはメーカー推奨の容量が設定されているため、どのサイズが良いか迷ってしまう場合はメーカー推奨容量のものを選びましょう。

転送速度

転送速度』とは、メモリーカードのデータの読み書き速度のことをいいます。推奨されている転送速度以外の物を使用してしまうと、動画自体がカクついてしまう事もあるため、高速データ転送が可能なものが必要です。

また転送速度が遅い場合、アクションカメラ本来の性能を活かせないだけではなく、データの保存も出来なくなってしまうため注意が必要です。

耐久性

ハードな撮影を考えている方はメモリーカードの『耐久性』も確認しましょう。水中で撮影する場合、データ破損の恐れもあるため、microSD本体の防水性・耐熱性・耐衝撃性に対して性能が高いものを選ぶ必要があります。

おすすめのアクションカメラまとめ

おすすめのアクションカメラについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

アクションカメラには『手振れ補正機能』や『防水機能』のように、利用シーンによって必要な性能が大きく異なるため、使用するシーンに合わせて選びましょう。

興味のある方はぜひ今回の記事を参考に、自分にあったアクションカメラを選んでみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

アクションカメラ
のおすすめ関連記事をもっと見る