フードプロセッサーのおすすめ人気比較ランキング9選

【最新版】フードプロセッサーの人気9アイテムのおすすめ比較ランキング。フードプロセッサーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのフードプロセッサーをランキング形式でご紹介。
ichiko

みじん切りやつぶす、まぜるなどの料理の下ごしらえが簡単にできる『フードプロセッサー』。キャベツの千切りや玉ねぎのみじん切りなどが早くきれいにできるので時短家電としても人気です。最近では簡単に使えるタイプもあり、離乳食作りにもよく利用されています。

フードプロセッサーは基本的な『据え置き型』から多様な『ハンディ型』までさまざな種類があり、どれを購入すればよいのかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回はフードプロセッサーの選び方のポイントや、人気フードプロセッサーをランキング形式でご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

フードプロセッサーとは

フードプロセッサー』とは容器の中に刃がついており、自動で刃が回転することによって容器の中の食材を切ったり細かくしたりできる、便利なキッチン家電です。

料理の下ごしらえが簡単に

フードプロセッサーは一瞬で食材を細かくすることができます。玉ねぎのみじん切りや、人参のような固めの野菜もほんの数秒で下ごしらえが完了するので、普段よりも料理の工程も少なくなり、料理の完成するスピードも早くなり時短になります。

ナッツなどの細いものやニンニクなど匂いのつくものも、フードプロセッサーにかければ楽に下ごしらえができるので、フードプロセッサーを使うことによって家庭料理の幅も広がるでしょう。

包丁が苦手な人でも簡単に調理可能

フードプロセッサーはみじん切りだけでなく、機能によっては千切りやスライス、おろす、こねるなどの動作もできるので、包丁を使うのが苦手な方でも調理が簡単にできます。

キャベツの千切りや薄くスライスなどは、慣れていても上手に仕上げるのはなかなか難しいですが、フードプロセッサーなら誰がやってもきれいに仕上げることができ料理の見た目も格段に上がります。

フードプロセッサー・ミキサー・ブレンダーの違いとは

フードプロセッサー、ミキサー、ブレンダーはすべて食材を細かくするものですが目的によって使い分けをします。

料理の下ごしらえ用のフードプロセッサー

フードプロセッサー』は料理の下ごしらえに使います。食材を細く切ったり、刃をつけ替えてまぜたり、こねたり、すりおろしたりが基本の動作です。人参やごぼうの細切りや、お肉をミンチにしたりと下ごしらえが簡単にできます。

ジュース・スープ作りのミキサー

ミキサー』はジュースやスープ作りに使います。食材を液体になるまで細かくできることが特徴です。最近では朝食に人気のスムージーが家庭で作れるのでミキサーは人気で、他にも赤ちゃんの離乳食も簡単に作ることができるので大変便利です。

密閉性のある蓋のフードプロセッサーであれば、食材と液体とまぜればジュースやスープは作れます。ですがミキサーのように細かくすることはできず食材が粗めに残る仕上がりになってしまうので、基本的にフードプロセッサーでミキサーの代用はできないと考えておきましょう。

まぜる・泡立てるブレンダー

ブレンダー』はハンディタイプが一般的で、さまざまな面で使えます。ボールやお鍋の中で食材を細かくできますし、フードプロセッサーやミキサーに比べお手軽に使えるため、洗い物も少なくなるのがメリットです。刃をつけ替えればミキサーのようにスープやジュースを作ることも可能で、生クリームのホイップを作ったりすることもできます。

おすすめのフードプロセッサーのタイプ

フードプロセッサーには『据え置き型』と『ハンディ型』の2つのタイプがあります。

それぞれメリット・デメリットがありますので自分が使いやすいのはどちらなのかをしっかり確認しましょう。

据え置き型

据え置き型』は容器が大きくモーターもついているので、安定感があり1回で十分な量の下ごしらえができます。パワーがありナッツなどの硬い食材もちゃんと小さくすることも可能です。デメリットとしてサイズが大きいので収納場所も必要になります。1度使ったら洗うのが少々手間がかかります。

以上を踏まえて、下ごしらえで主に使いたい、パワーがあるものがよいという方には『据え置き型』がおすすめです。

ハンディ型

ハンディ型』は持ったまま自由にボールの中やお鍋の中、カップの中で食材を細かくしたり、ペースト状にしたりできるので使いやすく便利です。すぐ使えて、洗えるので毎日作るようなスムージーや離乳食作りに向いています。

コンパクトタイプなので収納のスペースもとらなく使いやすいのが特徴です。ハンディタイプはひとつずつしか食材を調理できないという点には注意しましょう。

フードプロセッサーのおすすめの使い方

キャベツの千切り

キャベツの千切りはサラダや揚げ物に添えたりと、よく使います。安くてキャベツがたくさん食べられるので千切りはよく作られますが、包丁で切るとどうしても太すぎたり、大きさがまばらになったりと、見た目や食感が悪くなりませんか。

そんなキャベツの千切りもフードプロセッサーを使えばあっという間に出来上がります。ほんの5秒ほどで2人前以上の千切りができるので楽ですし、袋入りのキャベツの千切りを買ってくるより節約も可能です。

硬い食材のみじん切り

ナッツやお肉をみじん切りやミンチ状にするのは包丁ではかなり大変です。力も必要ですし、ミンチにするときはなんども切らないといけないので時間もかかります。

フードプロセッサーならナッツなど小さく硬いものも、簡単にしかもスピーディーに粗みじんにできます。フードプロセッサーによっては、ナッツやお肉のミンチに対応していないものもあるので購入の前にしっかり確認しましょう。

離乳食作り

生後5、6ヶ月の赤ちゃんがいる家庭は、離乳食作りにもフードプロセッサーは大活躍するでしょう。フードプロセッサーがあればほとんどの食材は離乳食にできます。

ハンディタイプ』であれば持ち運びも簡単にできますし、お手入れも楽なので子育てに忙しいママには嬉しいです。裏ごししたり、すり鉢ですったりしていたものがフードプロセッサーですぐできます。フードプロセッサーであれば、成長に合わせて食材の細かさも調節できます。

1人暮らし

以外にもフードプロセッサーは1人暮らしの方にもおすすめです。1人暮らしは自分のためだけに時間も手間もかけるのものと感じてしまい、だんだん自炊しなくなる方も多くないでしょうか。料理が好きだったら苦になりませんが、毎日包丁で下ごしらえもして、料理を作って、またそれを洗ってとなると面倒です。

フードプロセッサーであれば下ごしらえも簡単にできますし、時間もかかりません。1人分であれば食材を一緒に入れてさらに時短もできます。1人暮らし用の小型で低価格なフードプロセッサーも販売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめのフードプロセッサー選び方

付属アタッチメントで選ぶ

フードプロセッサーはついているアタッチメントなどの付属品でどんな加工ができるか決まります。たとえば大根をすりおろしで使いたければ、『すりおろし機能』が必要です。

他にも『スピード調整』や食材に合わせたボタンがあると便利です。スピード調整があれば粗めにしたいときは遅く、なるべく細かくしたいときは速くと調節すれば料理にあった丁度よい下ごしらえができます。また『耐熱性』が高ければ、熱した食材もそのまま投入でき、スピーディーな下ごしらえができます。

フードプロセッサーは基本的に切る、削る、まぜる機能しかありませんが、アタッチメントによってはさまざまな機能を付け加えることができるので、ぜひチェックしておきましょう。

容量やサイズで選ぶ

容量』が大きければまとめて調理できますが、その分収納スペースが必要になります。サイズが小さすぎると小分けにして調理しないといけないので2度手間になります。必要な調理する分量にあったサイズを選びましょう。

目安として4人分の調理がしたい場合、容量は500gあれば十分でしょう。

1人暮らしやお手軽に使いたい場合は小さめのサイズであれば使いやすいですし、お手入れも比較的簡単です。

メンテナンスのしやすさで選ぶ

清潔に保つためにも、メンテナンスは出来るだけ簡単にできるフードプロセッサーを選びましょう。パーツが少なければ洗う工程も少なくなるのでお手入れも楽にできます。食洗機に入れて洗えるのかもチェックしましょう。

メンテナンスがしやすいようサビにくく、容器が傷つきにくい刃を選べば菌の繁殖も抑えられるので清潔に保てます。

安全性で選ぶ

フードプロセッサーは刃が高速に回転するので使い方を間違えると危険です。『誤作動防止』の対策がされている安全なものを選ぶと安心です。容器の蓋を閉めないと刃が回転しないもの、モーターが高温になれば自動でスイッチオフになるものだと安全に使えます。

刃などのパーツは簡単にとり外せるものであれば、お手入れも楽ですし、怪我をする可能性も低く安全に使えます。

フードプロセッサーのおすすめメーカー

Panasonic (パナソニック)

Panasonic』は日本を代表する家電メーカーです。フードプロセッサーは機能も充実しており人気で、操作もわかりやすく、刃がブラックチタンであったりと部品の品質も高いのが特徴です。

クイジナート

フードプロセッサーをはじめ、ミキサーや調理器具のメーカー『クイジナート』。アメリカではフードプロセッサーの代名詞としても有名です。デザインがシンプルでどんなキッチンにも合わせやすく、パワフルで耐久性もあるので本格派が欲しい方におすすめです。

TESCOM (テスコム)

TESCOMは東京に本社がある日本のメーカーです。ドライヤーやヘアアイロンが人気で、ドライヤーの『Nobby』は美容室で見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなTESCOMはフードプロセッサーも販売しており、特に一体型で収納しやすいタイプが人気です。

ブラウン

ブラウン』はドイツのメーカーで、日本では電気シェーバーや電動歯ブラシが人気です。ブラウンのフードプロセッサーはハンディ型ですが、付属の容器を使えば据え置き型としても使えるという二刀流です。

T-fal (ティファール)

T-fal』は取っ手のとれるフライパンや電気ケトルなどが有名なメーカーです。T-falには据え置き型、ハンディ型の他に電気が不要な『ハンディチョッパー』があります。ハンドルを引くだけでチョップやホイップができます。

フードプロセッサー のおすすめ人気比較ランキング

第9位

TESCOM (テスコム) PureNatura フードプロセッサー ホワイト TK212-W

3,184円(税込)

シンプルでコンパクトサイズ、収納スペースに困らない一体型タイプ

シンプルな構造で簡単に使えるのが特徴のTESCOMの一体型フードプロセッサーです。サイズは「高さ216×幅184×奥行き159mm」とコンパクト。収納するときは付属のアタッチメントを中に入れて収納できるのでスペースをとりません。容器はガラスタイプなので匂いや傷がつくにくく清潔に保つことができます。食材に直に当たるアタッチメントや中の軸は抗菌仕様となっているので安心です。

設置タイプ 据え置き型
サイズ 184×216×159mm
容量 300ml
機能 みじん切り、おろし
コードの長さ 1m
消費電力 320w
第8位

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック7 1台7役 つぶす・まぜる・泡立てる・きざむ・スライス・せん切り・こねる ブラック/シルバー MQ775

14,500円(税込)

ブラウンのハンドブレンダーは1台で7役、フードプロセッサーとしてもブレンダーとしても使える1台!

1台で「つぶす・まぜる・泡立てる・きざむ・スライス・千切り・こねる」の7種類の調理ができる便利なブレンダーです。専用の容器を使えばフードプロセッサーとしても使えます。握る強さでスピードを調整できるので、操作は簡単です。ブラウン独自の「スプラッシュコントロールテクノロジー」が採用されており、かくはん中にも食材が飛び散りません。

設置タイプ ハンドミキサー型
サイズ -
容量 -
機能 スライス、千切り、カッター、ミンチ、ミキサー
コードの長さ 1.2m
消費電力 400w
第7位

フィリップス フードプロセッサー マルチチョッパー ホワイト HR2505/05

4,099円(税込)

ドライピースカットで野菜を美味しく食べることができるフィリップスのマルチチョッパー

独自の「ドライピースカット」で食材の水分を多く残すことができるので、食材本来の食感や栄養素をそのままに味わえます。特別なバズケットを中に設置することで食材を均一にすることができるようになりました。「きざむ・まぜる・ミンチ」の3種類の調理ができます。連続でスイッチを押すことによって食材をペースト状にすることもできるので、ハンバーグの下ごしらえから離乳食などさまざまな料理に活躍するでしょう。

設置タイプ 据え置き型
サイズ 135×265×135mm
容量 1100ml
機能 きざむ
コードの長さ -
消費電力 500w
第6位

T-fal (ティファール) フードプロセッサー フードカッター ミニプロ ルビーレッド プラス MB601GJP

10,421円(税込)

4つのアタッチメントで7種類の調理が可能!T-falの細部までこだわっているフードプロセッサー

4つのアタッチメントがついており、カッターアタッチメントで果物やお肉を「つぶす・まぜる・きざむ」、スライスアタッチメントで野菜を「スライス・千切り」、泡立てアタッチメントで生クリームなど「泡立て」、おろしアタッチメントでだんこんなどを「おろす」と7つの調理ができます。「おろす」場合には、スピードと刃の角度にこだわっており、水っぽくない大根おろしが作れます。アタッチメントはすべて容器の中に入れられ、コンパクトに収納することが可能。刃にはブラックチタンがコーティングされていますので丈夫で長持ちします。2段階構造の誤作動防止がついているため安全です。

設置タイプ 据え置き型
サイズ 270×150×255mm
容量 600ml
機能 つぶす、まぜる、きざむ、スライス、千切り、泡立てる、おろす
コードの長さ 1.25m
消費電力 350w
第5位

クイジナート フードプロセッサー 1.9L (3~4人分向き) DLC-191J

18,000円(税込)

アメリカで人気のハイパワーで丈夫なクイジナートのフードプロセッサー

強いパワーと耐久性からアメリカで大人気の商品です。プロ用のモーターを採用おり、パンの生地をこねる作業も通常20分ほどかかるところを約3分で仕上げることができます。容器と蓋を正しくセットしないと動かない誤作動防止付きで安全です。可能な調理は「切る・きざむ・まぜる・こねる・スライス・細切り・おろす」の5つ。耐久性も高いので硬い食材も気にすることなく調理できます。

設置タイプ 据え置き型
サイズ 177×248×350mm
容量 1900ml
機能 切る、きざむ、こねる、薄切り、細切り、おろし
コードの長さ 1.5m
消費電力 300w
第4位

Panasonic (パナソニック) フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W

6,428円(税込)

操作が簡単で使いやすい軽やかな使い心地のシンプルタイプ

Panasonicのフードプロセッサーの中でも使いやすさにこだわったシンプルタイプです。アタッチメントはナイフカッターとおろしカッターの2種類のみで、管理も楽にできます。容器はガラスで、傷がつきにくく油汚れも落ちやすいためお手入れが簡単です。容量は500gで、1度にたくさんの具材をカットできます。動作音も比較的静かだと口コミも好評です。

設置タイプ 据え置き型
サイズ 155×225×190mm
容量 500ml
機能 きざむ、まぜる、する、おろす
コードの長さ -
消費電力 120w
第3位

山本電気 MICHIBA KITCHEN PRODUCT マスターカット MB-MM56SL シルバー

11,800円(税込)

ステンレスボウルなので軽くて匂いもつきにくい、ハイパワーなフードプロセッサー

有名な和食料理人、道場六三郎さんがプロデュースしたフードプロセッサーです。容器はステンレス製。ガラス容器と違って軽く、プラスチック容器よりも匂いや傷がつきにくいため使いやすいです。スピードは毎分800回転〜3000回転まで無段階で調整できるので思い通りの仕上がりにすることが可能。パーツは2つと少ないですが、なんとこれ一台で「きざむ・する・くだく・ひく・泡立てる・こねる・まぜる・おろす」の8つの調理をすることができます。氷をくだいたり、コーヒー豆を引いたりと調理の幅も広がるでしょう。

設置タイプ 据え置き型
サイズ 210×160×250mm
容量 500ml
機能 きざむ、まぜる、する、くだく、泡立てる、こねる、おろす、ひく
コードの長さ -
消費電力 140w
第2位

récolte (レコルト) カプセルカッター ボンヌ カーマインレッド RCP-3(R)

7,150円(税込)

小さいけど4枚刃でしっかり細かくできる!見た目も可愛くてコンパクト収納な少人数用フードプロセッサー

毎分24500回転で4枚刃と、とてもパワフルなのが特徴のフードプロセッサー。見た目はコンパクトな上、パステルカラーでかわいいと女子からの人気が高くなっています。「みじん切り・くだく・ねる・まぜる」と4種類の調理ができ、ほとんどの料理に対応。コンパクトに収納できるので1人暮らしの方にもおすすめです。43品分の専用レシピがついているのでレシピパターンも増やせます。

設置タイプ 据え置き型
サイズ 124×234×117mm
容量 500ml
機能 きざむ、つぶす、おろす、スライス、せん切り
コードの長さ -
消費電力 260w
第1位

TESCOM (テスコム) フードプロセッサー TK441W

5,353円(税込)

本格的なのに5000円台で購入できる、コスパよしのTESCOMのフードプロセッサー

基本的な「きざむ・まぜる・おろす・泡立てる」の調理ができます。蓋には水切りがついており、大根おろしの水切りの際に便利。バター作りにも最適です。容器はガラス製なので匂いがつきにくく清潔に使い続けることができます。材料の入れすぎや長時間使用時には自動的に停止する保護装置つきで安全です。

設置タイプ 据え置き型
サイズ 260×215×170mm
容量 -
機能 みじん切り、おろし、泡立てる
コードの長さ 1.2m
消費電力 170w

フードプロセッサー のおすすめ比較一覧表

商品画像
TESCOM (テスコム) フードプロセッサー TK441W B01BSBYMGM 1枚目
récolte (レコルト) カプセルカッター ボンヌ カーマインレッド RCP-3(R) B07T9CCPL1 1枚目
山本電気 MICHIBA KITCHEN PRODUCT マスターカット MB-MM56SL シルバー B06ZZYH1V3 1枚目
Panasonic (パナソニック) フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W B001QS826O 1枚目
クイジナート フードプロセッサー 1.9L (3~4人分向き) DLC-191J B018HPZML6 1枚目
T-fal (ティファール) フードプロセッサー フードカッター ミニプロ ルビーレッド プラス MB601GJP B00LP0FEIC 1枚目
フィリップス フードプロセッサー マルチチョッパー ホワイト HR2505/05 B01ACVXN28 1枚目
ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック7 1台7役 つぶす・まぜる・泡立てる・きざむ・スライス・せん切り・こねる ブラック/シルバー MQ775 B00IHUPB54 1枚目
TESCOM (テスコム) PureNatura フードプロセッサー ホワイト TK212-W B071CD78C1 1枚目
商品名 TESCOM (テスコム) フードプロセッサー TK441W récolte (レコルト) カプセルカッター ボンヌ カーマインレッド RCP-3(R) 山本電気 MICHIBA KITCHEN PRODUCT マスターカット MB-MM56SL シルバー Panasonic (パナソニック) フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W クイジナート フードプロセッサー 1.9L (3~4人分向き) DLC-191J T-fal (ティファール) フードプロセッサー フードカッター ミニプロ ルビーレッド プラス MB601GJP フィリップス フードプロセッサー マルチチョッパー ホワイト HR2505/05 ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック7 1台7役 つぶす・まぜる・泡立てる・きざむ・スライス・せん切り・こねる ブラック/シルバー MQ775 TESCOM (テスコム) PureNatura フードプロセッサー ホワイト TK212-W
特徴 本格的なのに5000円台で購入できる、コスパよしのTESCOMのフードプロセッサー 小さいけど4枚刃でしっかり細かくできる!見た目も可愛くてコンパクト収納な少人数用フードプロセッサー ステンレスボウルなので軽くて匂いもつきにくい、ハイパワーなフードプロセッサー 操作が簡単で使いやすい軽やかな使い心地のシンプルタイプ アメリカで人気のハイパワーで丈夫なクイジナートのフードプロセッサー 4つのアタッチメントで7種類の調理が可能!T-falの細部までこだわっているフードプロセッサー ドライピースカットで野菜を美味しく食べることができるフィリップスのマルチチョッパー ブラウンのハンドブレンダーは1台で7役、フードプロセッサーとしてもブレンダーとしても使える1台! シンプルでコンパクトサイズ、収納スペースに困らない一体型タイプ
価格 5,353円(税込) 7,150円(税込) 11,800円(税込) 6,428円(税込) 18,000円(税込) 10,421円(税込) 4,099円(税込) 14,500円(税込) 3,184円(税込)
設置タイプ 据え置き型 据え置き型 据え置き型 据え置き型 据え置き型 据え置き型 据え置き型 ハンドミキサー型 据え置き型
サイズ 260×215×170mm 124×234×117mm 210×160×250mm 155×225×190mm 177×248×350mm 270×150×255mm 135×265×135mm - 184×216×159mm
容量 - 500ml 500ml 500ml 1900ml 600ml 1100ml - 300ml
機能 みじん切り、おろし、泡立てる きざむ、つぶす、おろす、スライス、せん切り きざむ、まぜる、する、くだく、泡立てる、こねる、おろす、ひく きざむ、まぜる、する、おろす 切る、きざむ、こねる、薄切り、細切り、おろし つぶす、まぜる、きざむ、スライス、千切り、泡立てる、おろす きざむ スライス、千切り、カッター、ミンチ、ミキサー みじん切り、おろし
コードの長さ 1.2m - - - 1.5m 1.25m - 1.2m 1m
消費電力 170w 260w 140w 120w 300w 350w 500w 400w 320w
商品リンク

おすすめのフードプロセッサーまとめ

フードプロセッサー』はボタン1つで料理の下ごしらえがあっという間できるので非常に便利です。種類も簡単でお手軽に使えるフードプロセッサーから、高性能でパンをこねることができるフードプロセッサーまでとさまざまです。

フードプロセッサーが1台あるだけで料理は時短できますし、普段作らない料理も作れますのでレシピも広がることでしょう。

今回はフードプロセッサーの選び方からおすすめまでご紹介しましたので、ぜひこの記事を参考に自分の用途に合わせて、楽しく使えるフードプロセッサーを見つけてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

フードプロセッサー
のおすすめ関連記事をもっと見る