電子タバコのおすすめ人気比較ランキング8選【最新2019年版】

【最新版】電子タバコの人気8アイテムのおすすめ比較ランキング。電子タバコの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの電子タバコをランキング形式でご紹介。
nagi

近年喫煙所の整備や増税の影響でどんどん喫煙者の肩身が狭くなっています。そろそろ禁煙したいけど口寂しくなるのは嫌という方におすすめなのが『電子タバコ』です。

電子タバコは普通のタバコや加熱式のタバコとは違い、色々な味フレーバーのリキッドを気化させて蒸気を吸うのを楽しめます。この記事ではそんな電子タバコの選び方やおすすめの電子タバコをご紹介します。

電子タバコのおすすめポイント

VAPEとも呼ばれる電子タバコの一番の特徴は、普通のタバコや加熱式のタバコと違いタールもニコチンもフリーな所です。タバコという名前は付いていますが、電子タバコにはタバコ税がかからず、受動喫煙なども気にせずに使えます。

電子タバコの吸引方法は普通のタバコや加熱式タバコとほとんど変わらないので、禁煙がしたい方にもおすすめです。また加熱式タバコと違って、様々なフレーバーや煙を楽しめます。

おすすめの電子タバコの選び方

タイプで選ぶ

リキッドタイプ

リキッドタイプ』はコストを抑えつつ色んなフレーバーにこだわりたい方におすすめです。リキッドタイプの電子タバコは種類が豊富なだけでなくリキッドも種類が豊富なので、1つの味にこだわらず色々なフレーバーを楽しみたい方にぴったり。

電子タバコ本体はそのまま使えますが、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスさえすれば長く使えるので、ランニングコストを抑えられます。

カートリッジタイプ

カートリッジタイプ』はリキッドタイプと違い定期的なメンテナンスが不要です。直観的に操作ができるのもポイントで、本体を吸えば自動で電源が入ります。デメリットは使えるカートリッジが決まっているので、固定的なフレーバーしか味わえない所です。多様な味を楽しみたい方にはおすすめできません。

使い捨てタイプ

使い捨てタイプ』は吸い終わったら本体ごと処分すればよいので、メンテナンスの手間がかからないのが特徴です。カートリッジタイプと同じようにまだまだ使えるフレーバーは限られているので、さまざまなフレーバーを楽しみたい方にはおすすめできません。

フレーバーで選ぶ

禁煙の為に電子タバコの使用を考えている場合は、好みの味がないと結局元の『紙タバコ』や『加熱式タバコ』に戻ってしまう可能性があるので、自分が美味しいと思える電子タバコのフレーバーを探すのも大切です。

電子タバコには紙タバコと同じようにメンソール味などもある他、エネルギードリンク風味やフルーツフレーバーなどさまざまな種類があります。最初のうちは複数の種類を試して好みのフレーバーを探すとよいでしょう。

電子タバコの煙の量で選ぶ

煙の多いほうが好きな方は20W~30Wのバッテリースペックを選ぼう

リキッドタイプを選んで煙を楽しみたいという方はバッテリースペックに注目しましょう。煙を蔓延させることができるのが電子タバコの醍醐味で、煙の量はバッテリーの出力によって増減します。

煙を多くしたい方はバッテリーのスペックを20~30Wくらいにするのがおすすめです。

エアフロー』搭載なら電子タバコの煙量を調整できる

煙の量を使う場所で変えたい場合は『エアフロー搭載』の電子タバコを選ぶとよいでしょう。エアフローは空気の流入を調整することで軽い吸いごたえにしたり、紙や加熱式タバコのように重めの吸いごたえにしたりできます。

リキッドの残量が見えるモデルを選ぶ

リキッドタイプの電子タバコはリキッドを注入する必要があるので、リキッドの残量が見えて注入口が広い電子タバコを選ぶとよいでしょう。リキッドがない状態で吸ってしまうとコイルが破損してしまう場合があり非常に危険です。

電子タバコ のおすすめ人気比較ランキング

第8位

blu myblu スターターキット

2,650円(税込)

使い方がシンプルな電子タバコ

カートリッジタイプの電子タバコで、コイル・リキッド・タンクが一体になっています。

使い方はシンプルで非常に簡単で、吸い込むと電源が入る仕様になっています。フレーバーポット込みで21gの軽量でスリムなため持った感覚は紙タバコや電子タバコとほとんど変わりません。スターターキットにはメンソールフレーバーが入っています。

煙に臭いがないので衣服にタバコ臭が付く心配もありません。

タイプ カートリッジタイプ
残量の目視確認
充電時間 20分
使用回数 300回
フレーバー数 11種類
サイズ -
重さ -
第7位

大容量バッテリーが特徴の電子タバコ

2600mAhの大容量バッテリー搭載しています。

煙の量や味を好みの通りにアレンジができるリキッドタイプの電子タバコです。リキッドのタンクは2.8MLと大容量で可視化タンクになっていて、リキッドをこまめに注入する必要はありません。

LEDディスプレイでバッテリーの残量などが確認できます。リキッド部分は密封設計で液漏れの心配もありません。

タイプ リキッドタイプ
残量の目視確認
充電時間 2.5時間
使用回数 -
フレーバー数 -
サイズ 57×42×18mm
重さ 38g
第6位

EasyVAPE(イージーベイプ) TARLESS

5,582円(税込)

EasyVAPEのリキッドタイプ電子タバコ

加熱式タバコのプルームテックにも対応可能なリキッドタイプの電子タバコです。

気分によって加熱式タバコも使えるので、禁煙の第一歩に電子タバコを買いたいという方にもおすすめします。

クラウドファンディングで開発された電子タバコなので、ユーザーの声が反映されて使いやすさは抜群です。リキッド注入の手間はありますが、リキッドを注入後1~2週間程度は繰り返し使えます。

タイプ リキッドタイプ
残量の目視確認 -
充電時間 -
使用回数 -
フレーバー数 3種類
サイズ 106×38×14mm
重さ -
第5位

EVita®の使い捨て電子タバコセット

使い捨てタイプの電子タバコです。メンソールミント、バニラ、グレープフルーツミント、ブルーベリーの5種類のフレーバーのセット。

好みのフレーバーを探したい方や手軽に楽しみたい方におすすめです。両端に蓋がついているのでポケットなどに入れておいても清潔に保てます。蓋を外して穴が空いている方を吸い込むだけなので手間もなく使い方は簡単です。

タイプ 使い捨てタイプ
残量の目視確認 -
充電時間 -
使用回数 500回
フレーバー数 5種類
サイズ -
重さ 18.1g
第4位

コンパクトサイズの電子タバコ

DOVPOの非常にコンパクトな電子タバコです。小さいので持ち運びの際に邪魔になりません。

リキッドの注入も充電も必要ない使い捨てタイプ。片側についているフタをしめておけば清潔に味を保て、賞味期限は6か月です。煙が少なく嫌なニオイもしないので、周囲に煙たがられることも少ないでしょう。

吸引回数は個人差もありますが約300回ほどで、3本同じフレーバーです。

タイプ 使い捨てタイプ
残量の目視確認 -
充電時間 -
使用回数 300回
フレーバー数 -
サイズ -
重さ -
第3位

Eagle Energy 吸引型エナジードリンク

1,579円(税込)

カフェインを含んだ電子タバコ

カートリッジタイプの電子タバコです。カートリッジに液体が吸収されていて、液体が気化して水蒸気として排出されます。

カフェインを含むガラナエキスを使用していて、10~20回の吸引でコーヒーやエナジードリンク1本分と同量のカフェインを摂取することになるので妊娠中や授乳中、飲酒後は使用できません。

高麗人参などの植物から抽出した天然成分のみを使用していて、安全で即効性と持続効果が高いのが特徴です。

タイプ 使い捨てタイプ
残量の目視確認 ×
充電時間 -
使用回数 400回
フレーバー数 4種類
サイズ 119×14×13mm
重さ 8.1g
第2位

メンソールが多く含有している電子タバコ

通常の比率約3倍のメンソールが入っている、吸いごたえ抜群の使い捨てタイプの電子タバコです。

充電やメンテナンス、クリーニングは必要ありません。ビタミンやコラーゲンなどの天然植物成分を配合しています。

シンプルなトリプルメンソールミントの他にマスカット、ブルーベリー、ジンジャー、グリーンアップルとフレーバーは5種類です。

タイプ 使い捨てタイプ
残量の目視確認 ×
充電時間 -
使用回数 500回
フレーバー数 5種類
サイズ -
重さ -
第1位

Joyetech EGO AIO ボックス キット

2,899円(税込)

コンパクトでバッテリー容量が多い電子タバコ

バッテリー容量が2100mAhmでタンク容量2mlのリキッドタイプの電子タバコ。

シンプルでコンパクトなデザインでポケットに入れてもかさばらないのが魅力です。コンパクトなだけでなく重量も軽く、リキッドを入れても100gに至りません。タンクが分解できないのでメンテナンスは少し難しいので注意しましょう。

直観的に使えるので初めて電子タバコを利用する方にもおすすめです。

タイプ リキッドタイプ
残量の目視確認
充電時間 4.5時間
使用回数 -
フレーバー数 4種類
サイズ -
重さ -

電子タバコ のおすすめ比較一覧表

商品画像
Joyetech EGO AIO ボックス キット B07CKWTHB6 1枚目
coco iine ZEROSTICK  B07RWYWK6M 1枚目
Eagle Energy 吸引型エナジードリンク B07NL9L9PD 1枚目
DOVPO 電子タバコ B0722L4RXP 1枚目
EVita® 電子タバコ  B07R6RGPJT 1枚目
EasyVAPE(イージーベイプ) TARLESS B07HR8L6K7 1枚目
IRUN 電子タバコ B07DV89NLN 1枚目
blu myblu スターターキット B07CPPCV9Z 1枚目
商品名 Joyetech EGO AIO ボックス キット coco iine ZEROSTICK Eagle Energy 吸引型エナジードリンク DOVPO 電子タバコ EVita® 電子タバコ EasyVAPE(イージーベイプ) TARLESS IRUN 電子タバコ blu myblu スターターキット
特徴 コンパクトでバッテリー容量が多い電子タバコ メンソールが多く含有している電子タバコ カフェインを含んだ電子タバコ コンパクトサイズの電子タバコ EVita®の使い捨て電子タバコセット EasyVAPEのリキッドタイプ電子タバコ 大容量バッテリーが特徴の電子タバコ 使い方がシンプルな電子タバコ
価格 2,899円(税込) 580円(税込) 1,579円(税込) 1,780円(税込) 2,680円(税込) 5,582円(税込) 2,899円(税込) 2,650円(税込)
タイプ リキッドタイプ 使い捨てタイプ 使い捨てタイプ 使い捨てタイプ 使い捨てタイプ リキッドタイプ リキッドタイプ カートリッジタイプ
残量の目視確認 × × - - -
充電時間 4.5時間 - - - - - 2.5時間 20分
使用回数 - 500回 400回 300回 500回 - - 300回
フレーバー数 4種類 5種類 4種類 - 5種類 3種類 - 11種類
サイズ - - 119×14×13mm - - 106×38×14mm 57×42×18mm -
重さ - - 8.1g - 18.1g - 38g -
商品リンク

おすすめの電子タバコまとめ

今回はおすすめの『電子タバコ』についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

電子タバコの選び方のポイントやおすすめの電子タバコを紹介しました。紙タバコや加熱式タバコのようにニコチンやタールが入っていないので、禁煙したいけど口寂しい方には電子タバコがおすすめです。

電子タバコはリキッドタイプ、カートリッジタイプ、使い捨てタイプとあるので、この記事を参考に使う場所や好みに合わせて選びましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

電子タバコ
のおすすめ関連記事をもっと見る