ニューバランス (New Balance)のおすすめ厳選人気ランキング9選

【最新版】ニューバランス (New Balance)の厳選9アイテムのおすすめ人気ランキング。ニューバランス (New Balance)の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのニューバランス (New Balance)をランキング形式でご紹介。
田中真奈美

ニューバランス』は熱狂的なファンが多いスニーカーブランドですが、その歴史や人気の秘密を知る人は意外と少ないのではないでしょうか。

実はニューバランスは、アメリカのアーチサポートインソールをつくる会社としてスタートしています。そのバックグラウンドのため、オシャレなだけでなく、履きやすさも追及されたブランドなのです。

今回はそんなニューバランスについて、歴史や特徴、シューズの選び方を徹底解剖していきます。おすすめのシューズモデルもランキング形式でご紹介しますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ニューバランス (New Balance)とは

ニューバランスを愛用していた著名人としてまず『ラルフ・ローレン』が挙げられます。ニューバランスを履いたラルフ・ローレンは、『まるで雲の上を歩いているようだ』という言葉を残しています。

また毎日同じ服を決めてパターン化していたという、あの『スティーブ・ジョブズ』もニューバランスを愛用していました。

ニューバランスのスニーカーには本国アメリカのUSA製、UK製(イギリス)、アジア製と種類があります。使用されている生地に違いがあり、それぞれの型番も生産される国が決まっており、特徴が異なっています。

おすすめのNew Balance (ニューバランス)の型番

300~400番台

ニューバランスのシューズの300番台は、ランニングやウォーキング用の『エントリーモデル』といわれています。
M3405,000~6,000円で購入できるので、とにかくニューバランスを履きたい!という方におすすめです。ちなみに『M』は、製造国がUSAもしくはUKの正規ラインで製造されていることを表しています。

400番台はランニングシューズ中心の細身のタイプです。

500~900番台

500番台はソールがゴツく、シルエットが丸いのが特徴です。M576M575を継承したロングセラーモデルで、初代は1987年の登場しています。またM574シリーズは種類が多く、ほかのシリーズと比べて奇抜な色合いものが多いシリーズでもあります。

900番台は『オンロードモデル』といわれ、アスファルトになじむカラーとしてグレーを基調としたものが多いシリーズです。

1000~2000番台

1000番台は『フラッグシップモデル』ともいわれているシリーズで、時代ごとの最新の技術・技能が結集した名作ぞろいです。

2000年代にはいってからは型番も2000番台となり、1000番台を踏襲したものとなっています。フラッグシップの華やかさを受け継いだ近未来的なデザインが特徴です。

おすすめのニューバランス (New Balance)のソール

エンキャップ

エンキャップ』は頑丈なポリウレタンに、衝撃吸収性に優れた素材を合わせたソールです。水に強い合成樹脂をゴムのように、やわらかい素材を挟みこんでおり、クッション性と安定性にも優れています。

冒頭で述べたラルフ・ローレン氏は、このソールのことを『雲の上を歩いているようだ』と表現したのです。

レブライト

レブライ』トはクッション性に加え、耐久性にも力をいれたソールです。地面からの蹴り上げに対してレスポンスがはやく、その軽さでランナーに人気のソールなのです。

アジア製のシリーズに多く使われており、最新のフラッグシップモデルやレーシングモデルも採用されています。レブライトはアクティバというソールを改良したもので、約30%の軽量化に成功し誕生したソールです。

アブソーブ

アブソーブ』は1993年に登場したソールで着時の衝撃をほぼ100%吸収し、足が地面を蹴り上げる際にそのエネルギーをリターンさせるクッション性の高さが特徴です。衝撃を吸収することに重点を置き開発され、反発性を兼ね備えていますが、ほかの素材と比べると若干重量があります。

しかし走行時の安定性は確かなもので、998にはじめて採用されています。

C-CAP

C-CAP』はポリウレタンを使わず、『EVA (エチレン酢酸ビニル共重合樹脂)素材』のみでつくられたソールです。1985年に『670シリーズ』にはじめて採用されました。

当時日本でのライセンスを持っていた月星化成の主導で開発され、EVA素材を圧縮成型し軽くクッション性に優れたソールとして誕生したのです。圧縮された構造のおかげで従来のものより耐久性が増し、加水分解に強く潰れにくいソールとなりました。

おすすめのニューバランス (New Balance)生産国

USA・UK製

USA製』・『UK製』は、ニューバランスのほかの生産国のものと比べると高額で、使用している生地の質がよく、特に作りがしっかりしています。その理由は、工場ラインでの生産ではなく1つ1つが職人のハンドメイドによるものなので、大量生産できないため価格も必然的に高くなってしまうから。

加えてクラフトマンシップにのっとり、伝統的な工法を遵守してつくるので効率化は重視されていません。生産できる量がアジア製のものと比べると圧倒的に少ないのがUSA製・UK製のニューバランスなのです。

アジア製品

では『アジア製』のニューバランスは品質が悪いのかというと、もちろんそんなことはありません。あくまでUSA製・UK製のものと比較するとリーズナブルな価格といえますが、効率化を重視する製法でつくられているからなのです。

また大量生産、効率化重視の生産方法ゆえにニューデザインの展開がはやいのが特徴です。USA製・UK製の場合、短期間でのニューデザインの展開はできません。ほかの人とデザインがかぶりたくない人には、リーズナブルにニューデザインを手に入れられるアジア製のほうがおすすめです。

おすすめのニューバランス (New Balance)の選び方

自分に合う型番で選ぶ

ニューバランスを選ぶ時には、まず自分に合う型番を選ぶとよいでしょう。たとえばニューバランスのシューズは『R』がついてるものはランニング用ということを表しています。

MR』は、メンズのランニング用シューズで、『WR』はレディースのランニング用シューズを意味しています。

それと同じ法則で『W』ならウォーキング用、『O』はアウトドア用、『T』はトレイル用シューズです。

キッズ用の『K』もありますので、自分の使用シーンに合う型番のものを選びましょう。
      

自分の好みにあったデザインで選ぶ

300番台はオーソドックスで合わせやすい

300番台』のニューバランスなら、とりあえずニューバランスがほしいというようなニューバランス初心者の方でも、特別な使用目的がなくデイリーユースを考えている方などにおすすめ。300番台は細身でバランスのとれたデザインが特徴なので、悪目立ちせずどんな服装にも合わせられるからです。

履き心地がよくカラー展開も豊富なので、ニューバランスをはじめて買う方にも挑戦しやすいシリーズとなっています。

500番台はカジュアル

500番台』はニューバランスの人気の火付け役となったシリーズです。丸みをおびたボリューミーなデザインはこの500番台の特徴で、ニューバランスの人気はこのシリーズから始まったといっても過言ではありません。

500番台はもともとオフロードでの使用を想定してつくられており、安定した履き心地を誇るシリーズ。カジュアルにまとめたいのなら、500番がおすすめです。

900番台はシンプル

900番台』は1982年に発売されたM990から始まったシリーズで、990・996・998などの型番が有名です。シルエットは細めのものが多く、高品質なシューズを求める消費者の支持をうけていまやニューバランスの定番ラインとなっています。

さまざまなカラーをミックスさせたデザインが多いほかの型番と違い、シンプルなデザインが目を引く900番台はシンプル好きな方におすすめのシリーズです。ちなみにM991は前述のスティーブ・ジョブズが愛用していたとされるモデルです。

特別なデザインが揃う1000番台

1000番台』はニューバランスの中でも特別なデザインが揃う、フラッグシップモデルです。フラッグシップモデルはニューバランスの中での最上位に位置するシリーズで、『4桁』と呼ばれることもあり、革新的なデザインが多いのが特徴です。

ほかの人と被らない特別な1足がほしいという方におすすめな型番ですが、大量生産されていないラインなのでお値段も高く、入手も困難だといわれています。

ソールに注目して選ぶ

ソールの種類からどのシューズにするか選ぶのもアリです。ニューバランスはソールの種類に大きく分けて4つあるのは上記でご紹介しました。

ソールの種類は履き心地を左右する重要な要素ですので、使用目的や求める性能によって選ぶとよいでしょう。

長距離を歩くならば軽量に特化した『レブライト』、舗装されていないデコボコ道を歩くのならクッション性の高い『C-CAP』搭載のシリーズ、といったように快適に歩く・走るが可能なシリーズをシーンに合わせて選びましょう。

ワイズ表記で選ぶ

シューズの幅を表す『ワイズ表記』も、購入前にチェックしておきたいポイントです。

メンズは4種類、細身のものから『D・2E・4E・6E』とあり、レディースも同じく4種類で、細身のものから『B・D・2E・4E』とあります。

表記上のアルファベットはそれぞれ異なりますが、『やや細い・標準・幅広・超ワイド』と展開しています。多くのシリーズはDであることが多いですが、2~3種類ワイズを展開しているものもあるので自分にあったものを選びましょう。

Dだときついと感じる方は、2E以上のものを選ぶことをおすすめします。

機能性で選ぶ

機能性でシューズを選ぶ場合はソールでシューズを選ぶ時と同じように、どんなシーンで履くかを想定して選ぶとよいでしょう。

またニューバランスは、シューズはランニング用やアウトドア用やトレイル用など、さまざまなシーンを想定してカテゴライズされているので、目的がはっきりしている場合は特に選びやすいと思います。

生産国で選ぶ

生産国』でニューバランスを選ぶ場合のポイントとして、それぞれの特徴をご紹介します。先述の通りUSA製・UK製の特徴は、品質が良く伝統的工法にのっとってつくられた少数精鋭のシリーズで、入手は少し困難かもしれません。

レアなものがほしい方やコレクションを検討している方はUSA製・UK製をチェックしましょう。一方のアジア製は、大量生産されているため数が豊富で、ニューデザインの展開のはやいシリーズです。

USA製・UK製と比較するとリーズナブルな価格で入手できます。多くの種類を集めたい方や、ランニング用やウォーキング用など目的別にニューバランスを集めたい方は、アジア製のほうがよいかもしれません。

ニューバランス (New Balance)おすすめの人気シリーズを紹介

996シリーズ

996シリーズ』は990番台の代表作の1つで、オンロードモデルがそろう900番台の中でも人気のシリーズです。ランニングモデルならではの軽い履き心地と、どんな服装にも合う細身のシルエットが男女問わず魅了しています。

996シリーズで採用されているラストはニューバランスの定番木型とも言われている『SL-1』です。ラストとはシューズをつくるときにもとにする木型のことで、ニューバランスのには有名な3種類のラストが存在します。

その中で細身でスタイリッシュなラストがこのSL-1で、この細身のシルエットのおかげでカジュアルなスタイルがキマるのです。ニューバランスの登竜門としてもおすすめなシリーズです。

574シリーズ

574シリーズ』は500番台の中でも人気の高いシリーズで、デコボコ道でも安定した走りを提供するトレイル用モデルの中でも圧倒的な人気を誇っています。574シリーズはM575を継承し、20年以上愛されているロングセラーシリーズのM576の廉価版といわれていて、クオリティや人気を考えると魅力的なお値段です。

996シリーズと同じく、574シリーズがはじめて買ったニューバランスだったという人が多いシリーズでもあります。

247シリーズ

247シリーズ』は2017年登場したシリーズで、いままでご紹介してきたものの中ではかなり新しいシリーズです。247は『24時間、7日間』からきた番号で、現代人のライフスタイルに24時間7日間寄り添う、というコンセプトのもと登場したそうです。

人気モデルの1300・998・576をベースとしており、スーツ着用時にもマッチする都会的なデザインでもちろんクッション性も追及されています。忙しい現代人のオンにもオフにもフィットする247シリーズは、いま現在も新作を出し続けており今後も目が離せないシリーズです。

1400シリーズ

柔らかく足にフィットする履き心地が魅力の『1400シリーズ』ですが、実はニューバランスのコアなファンなら知っているある有名なストーリーがあるのをご存じですか。1300シリーズに引き続きリリースされる予定だった1400シリーズですが、当時の技術では量産できないという理由でリリースが見送られ、先に1500シリーズがリリースされたのです。

満を持してリリースされた1400シリーズは、ニューバランスの三大人気シリーズの1300シリーズの魅力であるデザイン性はそのままに、上品さとフィット感を改良する形でリリースされています。汎用性が高くカジュアルスタイルのみならず、きれいめなスタイルにも合う1400シリーズは、やや高めな価格設定ではありますが満足すること間違いなしです。

ニューバランス (New Balance) のおすすめ人気比較ランキング

第9位

ニューバランス (New Balance) ウォーキングシューズ MW880(旧モデル) メンズ

9,980円(税込)

衝撃吸収に優れた定番のフィットネスウォーキングモデル

MW880は定番のフィットネスウォーキングモデルです。衝撃吸収に優れたアブソーブとアクティバの2層からなるソールを使用したスタイリッシュなシューズで、クッション性と安定性に優れています。ソールの厚さは1.5cm、ヒールの高さは2.5cmです。ベーシックなカラーリングのシリーズで、2種類のワイズ展開があります。

靴幅 4E
メイン素材 天然皮革
表地 フェイクレザー
ソールの厚さ -
ソール素材または裏地 ラバーソール
ヒールの高さ 3.5cm
ヒールタイプ -
第8位

ニューバランス (New Balance) スニーカー CRT300 メンズ

5,450円(税込)

フィット感とライド感を向上させたCT300のアッパーデザイン

CRT300は1979年リリースのCT300のアッパーデザインとして展開する人気シリーズです。クラシックなデザインをシェイプしたフォルムは、フィット感とライド感を大事にしつつも上質なオールレザーアッパーに仕上げられています。スタイリッシュかつユニセックスなので多くの層に人気。ソールの厚さは1.5cm、ヒールの高さは2cmでデイリーユースに活躍します。

靴幅 D
メイン素材 スエード
表地 ダミー素材名
ソールの厚さ 1.5cm
ソール素材または裏地 ラバーソール
ヒールの高さ 2cm
ヒールタイプ フラット
第7位

ニューバランス (New Balance) スニーカー WL996 レディース

6,980円(税込)

ニューバランスの代表モデル996のランニングシューズ

990シリーズの第3弾として1988年にリリースされたランニング用シューズです。舗装された路面を走ることを想定してつくられており、その履き心地やデザイン性がニューバランスを代表するスタンダードモデルとなっています。2層構造ソールにPUインソールを採用し、クッション性と安定性を向上。ソールの厚さは2cm、ヒールの高さは3.5cmでワイズはDの標準モデルです。

靴幅 D
メイン素材 スエード
表地 合繊
ソールの厚さ 2cm
ソール素材または裏地 -
ヒールの高さ 3.5cm
ヒールタイプ フラットヒール
第6位

ニューバランス (New Balance) NB WW685 2E

7,980円(税込)

夜間のウォーキングでも安心な軽量撥水加工のWW685

ストレッチソフトレザーアッパーを融合した、超軽量かつ撥水性のある女性用ウォーキング用シューズです。クッション性を提供するためにCUSH+を採用。かかと部分にはマットな光沢を放つ反射材を取り入れており、夜間も安心です。

靴幅 2E
メイン素材 合成皮革
表地 -
ソールの厚さ -
ソール素材または裏地 ラバーソール
ヒールの高さ 3cm
ヒールタイプ フラットヒール
第5位

ニューバランス (New Balance) スニーカー WL220 レディース

5,300円(税込)

カラー展開が豊富でオシャレに楽しめるWL220

1980年代にエントリー向けランニングシューズとしてリリースされたレディースモデルです。カラー展開が豊富なのが特徴なシリーズでもあり、ソールとの色の組み合わせ違いで10種類以上の展開があります。スエードとナイロンアッパーで仕上げられたオシャレなモデルなので、人と被りたくない方にもおすすめです。

靴幅 B
メイン素材 合皮
表地 -
ソールの厚さ 1.5cm
ソール素材または裏地 -
ヒールの高さ 2.5cm
ヒールタイプ レースアップ
第4位

ニューバランス (New Balance) スニーカー U220(現行モデル)

3,802円(税込)

男女問わず人気のヴィンテージカラーが豊富なランニングシューズ

1980年代にリリースされたエントリー向けランニングシューズです。ユニセックスモデルであり性別を問わず、抜群のフィット感を感じられます。カラーバリエーションは非常に豊富です。スエードとナイロンアッパーを用い、秋冬シーズンに映えるヴィンテージカラーの商品が多くなっています。

靴幅 D
メイン素材 スエード
表地 合繊
ソールの厚さ 1.5cm
ソール素材または裏地 合成底
ヒールの高さ 2cm
ヒールタイプ -
第3位

ニューバランス (New Balance) スニーカー W368(現行モデル) レディース

4,851円(税込)

レザースタイルがオシャレなランニングシリーズ

シンセティックなレザーで包んだスタイルが特徴的なランニング用レディースシューズです。ウォーキングからデイリーユースまで、幅広いシーンで活躍すること間違いなしのベーシックモデルでもあります。カラーはシックなものが多いです。ワイズは2Eの幅広タイプなので、足の幅が広くて細身のタイプが履けない方も安心して履けます。

靴幅 EE
メイン素材 合成皮革
表地 合繊
ソールの厚さ 2cm
ソール素材または裏地 合成底
ヒールの高さ 3.5cm
ヒールタイプ -
第2位

ニューバランス (New Balance) ウォーキングシューズ MW1501(現行モデル)

10,773円(税込)

自然で快適な走りをサポートしてくれる超長距離特化モデル

特に超長距離走行に特化したランニング用のメンズシューズですがランニングのみならず、ウォーキングもしっかりサポートしてくれるロングセラーシリーズになっています。衝撃吸収と反発弾性に優れたソールを採用。体重移動の軌跡を追及し運動生理学に基づいた自然で快適な走りをサポートします。

靴幅 4E
メイン素材 人工皮革
表地 -
ソールの厚さ -
ソール素材または裏地 合成底
ヒールの高さ -
ヒールタイプ -
第1位

ニューバランス (New Balance) スニーカー ML574(18秋冬モデル)

4,906円(税込)

ユニセックスシリーズのアイコニックモデルML574

ユニセックスシリーズにおけるニューバランスのアイコニックモデルです。デザインラインはそのままに、構造などを見直すことで、フィット性やクッション性、グリップ性をアップグレードしています。素材はビッグスキンスエードを基調としており、印象的なアクセントカラーの配色が多いのが特徴です。ヒールやソールはフラットなので安定性は抜群。男女問わずおすすめの商品です。

靴幅 D
メイン素材 スエード
表地 スウェード
ソールの厚さ -
ソール素材または裏地 合成底
ヒールの高さ -
ヒールタイプ フラット

ニューバランス (New Balance) のおすすめ比較一覧表

商品画像
ニューバランス (New Balance) スニーカー ML574(18秋冬モデル) B07D5DPNNH 1枚目
ニューバランス (New Balance) ウォーキングシューズ MW1501(現行モデル) B07FG3XNVZ 1枚目
ニューバランス (New Balance) スニーカー W368(現行モデル) レディース B07DTV6J6Y 1枚目
ニューバランス (New Balance) スニーカー U220(現行モデル) B07DLQHWR5 1枚目
ニューバランス (New Balance) スニーカー WL220 レディース B07KS93B4B 1枚目
ニューバランス (New Balance) NB WW685 2E B00PGSNH7Y 1枚目
ニューバランス (New Balance) スニーカー WL996 レディース B07KS7XVL4 1枚目
ニューバランス (New Balance) スニーカー CRT300 メンズ B01M722ZKA 1枚目
ニューバランス (New Balance) ウォーキングシューズ MW880(旧モデル) メンズ B008GYHG7M 1枚目
商品名 ニューバランス (New Balance) スニーカー ML574(18秋冬モデル) ニューバランス (New Balance) ウォーキングシューズ MW1501(現行モデル) ニューバランス (New Balance) スニーカー W368(現行モデル) レディース ニューバランス (New Balance) スニーカー U220(現行モデル) ニューバランス (New Balance) スニーカー WL220 レディース ニューバランス (New Balance) NB WW685 2E ニューバランス (New Balance) スニーカー WL996 レディース ニューバランス (New Balance) スニーカー CRT300 メンズ ニューバランス (New Balance) ウォーキングシューズ MW880(旧モデル) メンズ
特徴 ユニセックスシリーズのアイコニックモデルML574 自然で快適な走りをサポートしてくれる超長距離特化モデル レザースタイルがオシャレなランニングシリーズ 男女問わず人気のヴィンテージカラーが豊富なランニングシューズ カラー展開が豊富でオシャレに楽しめるWL220 夜間のウォーキングでも安心な軽量撥水加工のWW685 ニューバランスの代表モデル996のランニングシューズ フィット感とライド感を向上させたCT300のアッパーデザイン 衝撃吸収に優れた定番のフィットネスウォーキングモデル
価格 4,906円(税込) 10,773円(税込) 4,851円(税込) 3,802円(税込) 5,300円(税込) 7,980円(税込) 6,980円(税込) 5,450円(税込) 9,980円(税込)
靴幅 D 4E EE D B 2E D D 4E
メイン素材 スエード 人工皮革 合成皮革 スエード 合皮 合成皮革 スエード スエード 天然皮革
表地 スウェード - 合繊 合繊 - - 合繊 ダミー素材名 フェイクレザー
ソールの厚さ - - 2cm 1.5cm 1.5cm - 2cm 1.5cm -
ソール素材または裏地 合成底 合成底 合成底 合成底 - ラバーソール - ラバーソール ラバーソール
ヒールの高さ - - 3.5cm 2cm 2.5cm 3cm 3.5cm 2cm 3.5cm
ヒールタイプ フラット - - - レースアップ フラットヒール フラットヒール フラット -
商品リンク

おすすめのニューバランス (New Balance)まとめ

おすすめの『ニューバランス』シューズについて解説してみましたが、いかがでしたか。この品質へのこだわりが長いあいだファンを魅了してはなさない要因なのです。

ニューバランスのシューズはたくさんが種類がありますが、どれを選んでも快適な走りや歩行を約束してくれます。興味のある方はぜひ今回の記事を参考に、ぜひ自分にぴったりの一足を見つけてみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ニューバランス (New Balance)
のおすすめ関連記事をもっと見る