発電機のおすすめ人気ランキング9選

【最新版】発電機の厳選9アイテムのおすすめ人気ランキング。発電機の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめの発電機をランキング形式でご紹介。
hiro

時間と場所にかかわらず、家庭内電源と同等の性能を発揮する『発電機』。簡易的な電化製品から、パソコンなどの精密機械まで、実にさまざまな機器に電力を供給してくれるのが大きな魅力です。

最近ではキャンプ場に持って行ったり、緊急時用に家庭に備えつけていたりと、発電機を求める方も増えてきています。とはいえ購入したくても専門知識がなく、どれを選んだらよいかわからない方も多いと思いますので、今回はそんな発電機の特徴や選び方を初心者向けに丁寧に解説していきます。おすすめの商品ランキングも記事後半でご紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

そもそも発電機とは?

発電機』とはその名の通り発電する機械のことです。非常時の緊急電源としてはもちろんアウトドア時にも重宝する発電機ではありますが、燃料のタイプやワット数など購入時に注意するべきポイントもあります。

発電機によっては『インバーター』が付いておらず精密機器を充電できないモデルや、かなりの騒音が発生するモデルもあるので、購入前に自分の利用目的に合ったスペックを検討することが大切です。

発電機をおすすめする理由

電気は私たちの生活に欠かせない要素です。夜中に明かりをつけたり、スマホの充電や冷蔵庫に食料を冷やして保管したり、洗濯機をまわすにも電気が必要です。

もし自然災害に見舞われたとき電気があるかどうかは生活の質を大きく左右するでしょう。下記では発電機を購入するとどんなメリットがあるのかご紹介していきます。

万が一の非常時用として

地震や台風などの災害に見舞われたとき、あらかじめ非常用発電機を備えておけば最低限の電力確保が可能となります。スマホの充電ができれば安定して情報の入手ができますし、まわりが暗くなったときに使用するライトを充電することも可能です。

電子レンジや冷蔵庫などの大型家電を動かせる高出力モデルも発売されているので、非常用発電機の確保は万が一の災害時に役立ちます。一家に1台は備え付けで保有しておいて損はないアイテムだといえるでしょう。

キャンプなどのアウトドアにも最適

発電機は持ち運びが可能なので、キャンプなどのアウトドアをより楽しむためのアイテムにもなります。スマホの充電はもちろん、電気ポッドや小型電動工具なども外出先で使用できるようになるので、よりアクティビティを楽しむことができるでしょう。

ただし発電機はそれなりの重さがあり、出力が安定しないと精密機器が壊れる原因となるので注意が必要です。

おすすめの発電機の選び方

いざ必要性を感じて発電機を購入しようとしても、どんなポイントに気をつけるべきか理解している人は少ないのではないでしょうか。以下では発電機選びで注意すべきポイントをご紹介していきます。

発電機の出力に注意することも大切ですが、スマホやパソコンといった精密機器を充電したい場合は、インバーター付きのモデルを選ぶ必要があるので要注意です。

ワット数で選ぶ

発電機の出力は『ワット数(W)』でなく、おもに『ボルトアンペア(VA)』という単位で表されます。『1VA=1W』、『1kVA=1,000W』なので、購入時は単位を間違えないよう気をつけましょう。

発電機を用いて電化製品を使用する際には、消費電力のほかに『起動電力』も考慮する必要があります。電球などは消費電力≒起動電力ですが、電子レンジや家庭用冷蔵庫、クーラーなどは消費電力の数倍も起動電力が必要です。

また精密機器を充電するときは『インバーター』付きモデルでないと、出力が安定せず故障するリスクがあるので注意しましょう。

小型家電なら1000W以下がおすすめ

小型家電の充電のみに使いたいときは、コスパのよい1000W以下の充電器がおすすめです。1000W以下の発電機は、本体サイズが比較的コンパクトで持ち運びやすいのが特徴です。

小型家電であれば1000W以下の充電器でもほぼ対応可能ですが、上述したように起動電力が大きい家電を充電・給電するにはパワー不足となるので、あらかじめ家電の起動電力を確認しておきましょう。

たくさんの家電に使用するなら2000W以上がおすすめ

災害時に備えた非常用家庭電源として発電機を導入するのであれば、インバーター付きで出力2000W以上のモデルがおすすめです。家族の生活電源をまかなうのであれば、高出力モデルかつ出力が安定するインバーター付きが必須といえます。

ただし2000W以上の出力をもつモデルは一般的に本体が大きく、持ち運びには不向きというデメリットもあります。

重さで選ぶ

発電機はコンパクトなモデルでもおよそ20kgほど重さがあります。女性が利用する場合には、コンパクトサイズの発電機を導入する方がより使いやすいでしょう。

電源が強力であることに越したことはありませんが、使い勝手の良さは無視できない要素です。最近はコンパクトながら強力な出力を誇る発電機も発売されているので、比較する際は注目すべきポイントとなります。

動作音で選ぶ

非常時やキャンプ先でも充電・給電できる発電機は便利なアイテムですが、モデルによっては発電時に大きな騒音が発生します。

騒音のレベルは『デシベル (dB)』で表記されており、だいたい60dB程度で日常会話レベルの騒音とされています。あまりに騒音がうるさいと、近所迷惑となったりキャンプの雰囲気が台無しになるリスクがあるため、使い方にもよりますが、一般的には静音性の高い発電機を購入するのがおすすめです。

燃料のタイプで選ぶ

発電機には『ガス缶タイプ』と『ガソリンタイプ』の2種類があります。どちらも使い勝手やメンテナンス性、出力パワーなど一長一短あるので一概にどちらが勝るとはいいきれません。

しかし自分の利用用途さえ明確になっていれば、どちらのタイプを買うべきかで迷う必要が無くなるはずです。下記ではそれぞれのタイプのメリット・デメリットについて解説します。

ガス缶タイプ

ガス缶タイプ』の発電機は、カセットコンロなどで利用されるガス缶をそのまま充電器の電源として利用できます。ホームセンターなどで入手しやすく、保管もしやすいのでアウトドアやちょっとした停電時に便利です。

ただしガソリンタイプと比べると出力が見劣りし、連続使用時間も少なくなるため、非常用として最低限の発電機を確保したい人向けのモデルといえます。

ガソリンタイプ

災害時の非常用電源としてパワーのあるモデルを選ぶなら、『ガソリンタイプ』の充電器がおすすめです。

ガス缶タイプと比較して、電源出力の強さや持続時間の長さといったポイントが非常に優れています。非常時の安定的な電源として活躍が期待できるでしょう。

ただし動力がガソリンなので入手や取り扱いがやや難しく、使用しないときはガソリンを抜くなどこまめなメンテナンスが必要です。

発電機 のおすすめ人気比較ランキング

第9位

YAMAHA (ヤマハ) オープン型 インバータ発電機 EF2500i 2.5kVA

175,649円(税込)

本格派の非常用発電機

非常に高性能の発電機です。インバーター搭載はもちろん、周波数の切り替えや低騒音、2.5kVAもの高出力を実現しており、スマホの充電から停電時の冷蔵庫用など非常用電源としても活躍が期待できます。サイズは比較的コンパクトで、本体重量も29kgとこのクラスの発電機にしてはかなり軽いので、アウトドア用としてもおすすめです。ガソリン式発電機のため燃料の取り扱いには注意が必要しましょう。

重量 29kg
電源 ガソリン
燃料タンク容量 9.0L
連続運転可能時間 約3.2h~6.1h
定格周波数 50Hz/60Hz(切替式)
定格電流 25A
第8位

YAMAHA (ヤマハ) 防音型 インバータ発電機 EF900iS 0.9kVA [50Hz/60Hz] 直流12V-8A付

88,000円(税込)

持ち運びやすい軽量発電機

本体重量がわずか12.7kgと軽量であることが特徴の発電機です。出力は0.9kVAと比較的弱いですが、インバーター付きなのでスマホなどの小型家電はほとんど問題なく充電・給電できます。もちろん緊急用の電源としても使えますし、持ち運びしやすいためアウトドアにも利用できます。ただしガソリンが動力源なので取り扱いには注意が必要です。

重量 12.7kg
電源 ガソリン
燃料タンク容量 2.5L
連続運転可能時間 -
定格周波数 50Hz/60Hz (切替式)
定格電流 9A
第7位

YAMAHA (ヤマハ) 発電機 50HZ 東日本地域専用 EF23H

57,179円(税込)

東日本在住ながらも高出力の発電機

高い出力にも対応している比較的低価格の発電機です。業務用としても使える高出力 (2.0kVA)に対応し、中型家電や起動電力が大きい家電でも対応できるスペックを誇ります。災害時用の非常用電源として利用するのもおすすめです。ただし本体重量が41kgあるので、移動時は複数人で移動させるか台車などを利用する必要があります。また本製品は周波数50Hzのみ対応しており、西日本では利用できないという点に注意しましょう。

重量 41kg
電源 ガソリン
燃料タンク容量 10.0L
連続運転可能時間 約8.0h
定格周波数 50Hz
定格電流 23A
第6位

YAMAHA (ヤマハ) EF900iSGB 0.85kVA 防音型インバーター発電機

137,590円(税込)

簡単に燃料チャージできる発電機

燃料にガス缶を使用しているので、ホームセンターなどで手軽に燃料を購入できます。出力も0.85kVAとそこそこ良く、周波数の変更も可能でインバーターを搭載しているので安心して小型家電を充電・給電できます。本体重量も21kgと比較的軽く、サイズもコンパクトなので非常に使い勝手が良い商品です。

重量 21kg
電源 エンジン
燃料タンク容量 0.4L
連続運転可能時間 -
定格周波数 50Hz/60Hz (切替式)
定格電流 8.3A
第5位

Honda (ホンダ) 発電機 エネポ EU9iGB 900VA

135,780円(税込)

持ち運び重視ならこれで決まり

持ち運びのしやすさが特徴的な発電機です。サイズは非常にコンパクトで本体重量はわずか19.5kg。発電機には珍しく、キャスターと取手がついているので、自動車に載せての移動はもちろん、キャリーバッグのように持ち運ぶこともできます。ガス缶タイプなので燃料も入手しやすく、使いきれなかった場合はカセットコンロなどで再利用できるため、使い勝手がいいモデルです。インバーター付きなので精密機器も充電できますが、出力はそこそこなので大型家電の充電・給電には向きません。

重量 19.5kg
電源 カセットボンベ
燃料タンク容量 -
連続運転可能時間 2.2~1.1h
定格周波数 50/60Hz
定格電流 8A
第4位

sakobs インバーター発電機 SAKOBS

45,999円(税込)

災害への備えになる発電機

出力が高く長時間の連続使用ができるので、災害時の非常用電源として備えておきたいモデルです。最大出力は2.0kVAで、東日本・西日本どちらでも使えるよう周波数が切り替えられます。ガソリン式発電機なので最大11.5時間も連続使用可能。本体サイズもコンパクトで、重量もわずか21kgと比較的軽くなっています。出力パワーが高く、持ち運びもしやすいモデルなので、災害が発生したときにも活躍が期待できるでしょう。

重量 23.8kg
電源 ガソリン
燃料タンク容量 10L
連続運転可能時間 11.5h
定格周波数 50/60H
定格電流 20A
第3位

ワキタ MEIHO インバーター発電機 HPG3000i

108,878円(税込)

非常に高い出力を備えた発電機

3.0kVAという非常に高い出力を備えた発電機。冷蔵庫や洗濯機といった大型家電の給電にもほぼ問題なく使うことができ、インバーター付きなので精密機器を充電して壊れることもありません。高出力モデルは騒音が気になりますが、本モデルは国土交通省騒音基準値で超低騒音型と認定されており、耳にも優しい製品となっています。本体重量が34kgかつガソリン式発電機なのでメンテナンスなどは比較的大変ですが、一家に一台備えておくと非常に心強い発電機です。

重量 34.5kg
電源 ガソリン
燃料タンク容量 9L
連続運転可能時間 6~11h
定格周波数 50/60Hz
定格電流 8A
第2位

YAMAHA (ヤマハ) 発電機 西日本地域専用 EF23H 2.3kVA [60Hz]

52,077円(税込)

西日本専用のコスパ抜群発電機

2.3kVAと高出力の発電機。他の同クラスモデルと比較して安価に入手できるのがポイントです。電圧計が本体に備え付けられているので発電状態が直感的で、トラブル発生時にすぐ気づくことができます。非常用電源としてはもちろん、建築現場やイベント施設などでも活躍するでしょう。周波数が60Hzのみ対応なので、西日本地域で利用する前提となっている点に注意が必要です。

重量 41kg
電源 ガソリン
燃料タンク容量 10.0L
連続運転可能時間 7h
定格周波数 60Hz
定格電流 23A
第1位

YAMAHA (ヤマハ) 防音型 インバータ発電機 EF1600iS 1.6kVA [50Hz/60Hz] 直流12V-8A付

125,830円(税込)

軽量・コンパクトな発電機

重量20kgとコンパクトサイズで、出力1.6kVAに対応している発電機です。新設計されたマフラーによって静音性も向上しており、静かに・軽く・長時間の充電・給電ができるモデルとなっています。周波数の切り替えも可能で、インバーター搭載なので地域を問わず精密機器を充電できます。発電機には珍しく、本体上部に取手がついているのもおすすめのポイントです。同じモデルと並列コードを購入すれば3.0VAの出力まで対応できる「並列運転」ができるようになります。

重量 20kg
電源 ガソリン
燃料タンク容量 4.2L
連続運転可能時間 -
定格周波数 50/60Hz
定格電流 16A

発電機 のおすすめ比較一覧表

商品画像
YAMAHA (ヤマハ) 防音型 インバータ発電機 EF1600iS 1.6kVA [50Hz/60Hz] 直流12V-8A付 B001TI51UQ 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) 発電機 西日本地域専用 EF23H 2.3kVA [60Hz] B0020PNRQM 1枚目
ワキタ MEIHO インバーター発電機 HPG3000i B00XJF376W 1枚目
sakobs インバーター発電機 SAKOBS  B07VTQBW47 1枚目
Honda (ホンダ) 発電機 エネポ EU9iGB 900VA B003EKG9OE 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) EF900iSGB 0.85kVA 防音型インバーター発電機 B00VWAX0KO 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) 発電機 50HZ 東日本地域専用 EF23H B0020PPW24 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) 防音型 インバータ発電機 EF900iS 0.9kVA [50Hz/60Hz] 直流12V-8A付 B000VLDWZ8 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) オープン型 インバータ発電機 EF2500i 2.5kVA B000VLJK68 1枚目
商品名 YAMAHA (ヤマハ) 防音型 インバータ発電機 EF1600iS 1.6kVA [50Hz/60Hz] 直流12V-8A付 YAMAHA (ヤマハ) 発電機 西日本地域専用 EF23H 2.3kVA [60Hz] ワキタ MEIHO インバーター発電機 HPG3000i sakobs インバーター発電機 SAKOBS Honda (ホンダ) 発電機 エネポ EU9iGB 900VA YAMAHA (ヤマハ) EF900iSGB 0.85kVA 防音型インバーター発電機 YAMAHA (ヤマハ) 発電機 50HZ 東日本地域専用 EF23H YAMAHA (ヤマハ) 防音型 インバータ発電機 EF900iS 0.9kVA [50Hz/60Hz] 直流12V-8A付 YAMAHA (ヤマハ) オープン型 インバータ発電機 EF2500i 2.5kVA
特徴 軽量・コンパクトな発電機 西日本専用のコスパ抜群発電機 非常に高い出力を備えた発電機 災害への備えになる発電機 持ち運び重視ならこれで決まり 簡単に燃料チャージできる発電機 東日本在住ながらも高出力の発電機 持ち運びやすい軽量発電機 本格派の非常用発電機
価格 125,830円(税込) 52,077円(税込) 108,878円(税込) 45,999円(税込) 135,780円(税込) 137,590円(税込) 57,179円(税込) 88,000円(税込) 175,649円(税込)
重量 20kg 41kg 34.5kg 23.8kg 19.5kg 21kg 41kg 12.7kg 29kg
電源 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン カセットボンベ エンジン ガソリン ガソリン ガソリン
燃料タンク容量 4.2L 10.0L 9L 10L - 0.4L 10.0L 2.5L 9.0L
連続運転可能時間 - 7h 6~11h 11.5h 2.2~1.1h - 約8.0h - 約3.2h~6.1h
定格周波数 50/60Hz 60Hz 50/60Hz 50/60H 50/60Hz 50Hz/60Hz (切替式) 50Hz 50Hz/60Hz (切替式) 50Hz/60Hz(切替式)
定格電流 16A 23A 8A 20A 8A 8.3A 23A 9A 25A
商品リンク

おすすめの発電機まとめ

おすすめの『発電機』についてご紹介しましたが、いかがでしたか。発電機はレジャーから災害時まで幅広いシーンで活躍が期待できますが、実際に購入している人は少ないのではないでしょうか。災害時になってからでは間に合いません。災害の多い現代だからこそ、常日頃から万が一のケースを想定して備えることが大切です。

発電機は出力の大きさや静音性、動力源のタイプによって活躍できるシーンが異なるので、この記事を参考に自分の利用用途をよく考えて購入するようにしましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

発電機
のおすすめ関連記事をもっと見る