ホットサンドメーカーのおすすめ厳選人気ランキング8選

【最新版】ホットサンドメーカーの厳選8アイテムのおすすめ人気ランキング。ホットサンドメーカーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのホットサンドメーカーをランキング形式でご紹介。
ritsuko

ホットサンドメーカー おすすめ 説明

お家で簡単にカフェ気分が味わえる『ホットサンドメーカー』。お店で食べるホットサンドも美味しいですが、自宅で味わえたらお得な気分で楽しめることでしょう。ホットサンドは食べやすく、小さいお子さんがいるご家庭やアウトドアの機会が多い人にはとくにおすすめです。

この記事では、近年人気を集めるホットサンドメーカーについて特徴や選び方を丁寧に解説していきます。おすすめのホットサンドメーカーもランキング形式でご紹介していきますので、購入を検討している方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

おすすめのホットサンドメーカーの種類

ホットサンドメーカーは大きく分けて直火式と電気式に分かれます。ここでは直火式と電気式のメリットやデメリットについて詳しく説明します。メリットデメリットを把握して自分に合ったタイプを選びましょう。

直火式ホットサンドメーカー

ホットサンドメーカー おすすめ 直火式メリット

最近、人気急上昇中の『直火式ホットサンドメーカー』。火力が強いので外は『カリッ』、中は『しっとり』と直火式ならではの焼き加減が人気の秘訣です。

直火式ホットサンドメーカーのメリット

直火式ホットサンドメーカーはフライパン代わりに使えるタイプが多く、バーベキューでも違うメニューが手軽に作れるので、アウトドアやグランピングのシーンで大活躍します。電気式に比べると比較的に安価なので簡単に購入できるのも魅力です。

エントリーモデルだと1000円台から購入できるので、初心者の方も試しに購入されてはいかがでしょうか。

直火式ホットサンドメーカーのデメリット

一方で直火式は火力が強い分、焼き加減の調節が難しくなります。片面ずつ焼けるので途中でひっくり返さなければなりません。手が離せないので調理中はコンロの前に立っている必要があり、他の作業ができない点はデメリットといえます。

鉄製とアルミ二ウム製がありますが、調理中の重さを考慮するなら軽くて錆びにくいアルミニウム製を選びましょう。

電気式ホットサンドメーカー

ホットサンドメーカー おすすめ 電気式メリット

電気式ホットサンドメーカー』は両面一気に焼けるので焼き上がりにムラがなく、どんな方でも手軽にホットサンドを作ることができます。タイマー式もあり、コンロの前に立つ必要がないので他の調理も同時に進行できるのが魅力のひとつ。

電気式ホットサンドメーカーのメリット

直火式より大きいプレートの商品が多く、短時間に沢山のメニューを作ることができます。付属プレートがある商品ではでドーナツやたい焼きまで調理できます。

火の調節が必要ないので直火性より安全性は高く、お子さんと調理を一緒に楽しみたい場合は電気式を選びましょう。

電気式ホットサンドメーカーのデメリット

一般的に電気式ホットサンドメーカーの消費電力は、600W~900Wが平均といわれていますがワット数が大きくなると、電子レンジや電子ケトルと併用できないので事前にワット数の確認をしておきましょう。

直火式はシンプルな構造なので丸洗いができますが、電気式でプレートが取り外しできないタイプだとお手入れには工夫が必要です。この場合、食用でも問題ない成分や水で拭いてのお手入れになります。

直火式に比べると大きいものが多く、置き場所に困ってしまうこともデメリットとなります。

おすすめのホットサンドメーカーの選び方

ホットサンドメーカー おすすめ IH

直火式と電気式のメリットやデメリットがわかったところで、具体的なホットサンドメーカーの選び方を紹介します。どんなシーンで使うことが多いか、当てはまる項目はチェックしておきましょう。

種類で選ぶ

直火式』・『電気式』の特徴で選ぶと、焼き加減は自分で調節したい方やカリカリの焼き加減にこだわりたい方、料理の腕に自信がある方は『直火式ホットサンドメーカー』がおすすめです。

逆に料理があまり得意でない方、効率よく調理をしたい方、安全性を重視したい方は『電気式ホットサンドメーカー』が適しているでしょう。電気式でタイマー式の商品だと焦げる心配がなく、小さいお子さんや高齢者がいるご家庭でも安心です。

トースターやグリルで焼けるホットサンドメーカーも発売されているので、どの種類が使いやすいか自分に合ったホットサンドメーカーを探してみましょう。

直火式ならIH対応のホットサンドメーカーか確認

自宅のキッチンがIHクッキングヒーターの方は直火式ホットサンドメーカーを購入する場合、『IH』に対応している商品か必ずチェックしましょう。IHクッキングヒーターで調理すると調理器具自体の底面が発熱します。そのためIH対応のホットサンドメーカーは、熱が均一にいきわたるように設計された比較的平らな形の商品が多いです。

IH対応のものはガス対応より重量が重くなります。調理中の負担を考えてメーカーごとに重さの比較はしておきましょう。ガスコンロと両用タイプを選んでおくと、アウトドアのシーンでもさらに活躍する場が増えて便利です。

付属プレートで選ぶ

ホットサンドメーカー おすすめ 付属

電気式に限られますが、『付属プレート』があると作るレシピの種類が多くさまざまなシーンに対応可能です。セットで発売されているタイプも、別売りで売られているタイプもあります。

付属プレートがついているホットサンドメーカーは、プレートの取り外しが可能なので丸洗いができるので、普段のメンテナンスを簡単に終わらせたい方にはおすすめです。

焼き目の模様で選ぶ

ホットサンドメーカー おすすめ 焼き目

美味しいホットサンドが作れるのは絶対条件ですが、電気式・直火式に共通して有名キャラクターのイラストやおしゃれな焼き目が付くタイプも発売されています。

子供の好き嫌い対策や、味だけでなく見た目も楽しみたい方、インスタ映えを狙った方はこういったプレートの商品もおすすめです。作ったホットサンドをラッピングしてプレゼントする場合も喜ばれること間違いなしです。

人と違ったホットサンドを作りたい場合、焼き目の模様で選びましょう。

一度に焼ける枚数で選ぶ

ホットサンドメーカー おすすめ 複数枚

ホットサンドメーカーのプレートには、食パン2枚分のホットサンドの『シングルタイプ』と、食パン2枚分のホットサンド×2の『ダブルタイプ』という2種類の形があります。

さらに中仕切りがついているとサイズは半分になりますが、一度に2ピースまたは4ピース焼けます。直火式のホットサンドメーカーはほとんどシングルタイプですが、大人数で食べる機会が多い方には、中仕切りがある電気式ホットサンドメーカーがおすすめです。

本体のデザインで選ぶ

ホットサンドメーカー おすすめ デザイン

ホットサンドメーカーの置き場所にどうしても困ってしまうときは本体のデザイン性が高い商品を選んで、飾ってしまいましょう。トースターなどで有名な『BRUNO (ブルーノ)』や『ビタントニオ』は、少しレトロなデザインでカラーバリエーションも豊富なのでシリーズで揃えたくなります。

普段使わないとき、そのまま出しっぱなしにしてもおしゃれなカフェ風に仕上がります。家のインテリアのテイストに合わせて選ぶと、楽しいでしょう。

ホットサンド以外の調理もできると便利

ホットサンドメーカー おすすめ 便利

電気式』では、付属プレートの種類が豊富な商品もあり、ホットサンドメーカー1台でタルトやパニーニ、焼きおにぎりやたい焼き、ドーナツ、ワッフルやマフィンなど普段作る機会が少ないメニューが気軽に作れます。油の量を加減してヘルシーに作ることができるので、食にこだわる方には嬉しい限りです。

直火式』でも厚焼き玉子やお好み焼きなども調理でき、片面を外してフライパンとして使用できるものが多いので、アレンジ次第で無限にレシピの種類がひろがり、さまざまなシーンに対応できます。ホームパーティーやアウトドアのシーンでオリジナルのメニューを開発してみましょう。

ミミまで焼けるかもチェック

ホットサンドメーカー おすすめ ミミ

食パンのミミがあまり得意でない方は必須のチェックポイントかもしれません。ホットサンドメーカーには直火式・電気式と共通して、パンのミミまで焼けるタイプと焼けないタイプがあります。どちらでも対応可能な商品もあり、プレス加減や焼き加減を調節できるものまであります。食感やサンドする具材にこだわりたい方もぜひ、チェックしておきましょう。

ホットサンドメーカーのおすすめメーカー

バウルー

バウルー』は、1970年代の発売以来のロングセラーメーカーで『バウラー』と呼ばれる方もいるほど有名です。人気の秘訣は厚い銅板を使っているので蓄熱性が高く、サクサク焼き上がりが味わえる点、こだわり派にはおすすめのメーカーです。

CHUMS

カジュアルウェアやアウトドアグッズで有名な『チャムス』からもホットサンドメーカーは発売されています。ブランドマスコットの『ブービーバード』が焼印でき、デザイン性と機能性を兼ね揃えている商品なので人気があります。

アイリスオーヤマ

コストパフォーマンスが高い電化製品が多い『アイリスオーヤマ』。電気式のホットサンドメーカーは付属プレートの種類が多く、1台あって損はありません。悩んだときに失敗しないメーカーです。

ホットサンドメーカー のおすすめ人気比較ランキング

第8位

CHUMS ホットサンドウィッチ クッカー CH62-1039 新潟県燕三条製

4,707円(税込)

『CHUMS』とものづくりの町『燕三条』がコラボした実力派

カジュアルウェアからキャンプ用品まで幅広いアイテムを扱う『CHUMS』。

直火式のホットサンドメーカーはものづくりで有名な町、燕三条製でプレートの素材はアルミニウム合金で重量490gと負担がかかりくい軽量設計です。

フッ素樹脂膜加工で汚れがこびりつきにくく、裏表取り外し可能な蝶番仕様でお手入れも簡単。

6~8枚切の食パンに対応していて具材をたっぷり挟むことができます。ブランドマスコットの「ブービーバード」が焼印されるのも人気の理由です。

片面を外してフライパンとしても使用できるのでサイドメニューの調理などに活躍します。

サイズ 幅15 x 奥行35 cm
製品重量 490 g
プレート素材 アルミニウム合金
種類 直火式
IH対応 非対応
付属プレート -
第7位

TSBBQ ホットサンドメーカー TSBBQ-004

4,070円(税込)

見た目も焼き上がりもこだわりたい方へおすすめのホットサンドメーカー

ものづくりの町、燕三条が作るバーベキューブランド『TSBBQ』のホットサンドメーカー。

直火式でガスはもちろんハロゲンヒーターやシーズヒーター、ラジエントヒーターにも対応しさまざまなシーンで活躍するのが強みです。食パン6~8枚切対応でミミまでしっかり焼き上がるので、挟んだ具材がはみ出すことがありません。プレートの素材はアルミニウム合金で重量777gです。

おしゃれなロゴが焼印されるので、見た目も楽しめるでしょう。

サイズ 幅16 x 奥行37.4 cm
製品重量 777 g
プレート素材 アルミニウム合金
種類 直火式
IH対応 非対応
付属プレート -
第6位

バウルー イタリア商事 ホットサンドメーカー バウルー ダブル 日本製 XBW02

3,900円(税込)

焼き加減にこだわる方に。ロングセラー直火式ホットサンドメーカー

1970年代に発売されて以来、ロングセラーのバウルーホットサンドメーカー。

厚い銅板を使っているにも関わらず重量420gと軽量設計で持ちやすく、蓄熱性が高いためサクサクに焼き上がります。中仕切りがあるので一度に2ピース同時に焼け、ミミまでしっかり焼き上がるので汁気の多い具材もこぼれにくいのが魅力です。

食パンは6~8枚切に対応していて、フッ素樹脂加工で汚れのこびりつきを防ぎます。定番で安定した商品を求める方におすすめの商品です。

サイズ 幅14.5 × 奥行35 cm
製品重量 581 g
プレート素材 アルミダイキャスト
種類 直火式
IH対応 非対応
付属プレート -
第5位

Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200-K

7,220円(税込)

ハイパワーで短時間調理。ロングセラー電気式ホットサンドメーカー

900Wとハイパワーなので調理時間は3~4分と短く、忙しい朝食の時間帯に大活躍します。

この1台でホットサンドとワッフルが焼け、カリッとした食感に焼き上がるのが特徴。別売りの付属プレートは13種類もあり、すべて着脱式で丸洗いが可能です。

スタイリッシュなデザインでカラーバリエーションも豊富なので、インテリアに合った商品を選べるでしょう。

サイズ 幅25.1 × 奥行24.3 cm
製品重量 2500 g
プレート素材 ステンレス、フェノール樹脂
種類 電気式
IH対応 -
付属プレート ワッフルプレート、スクエアホットサンドプレート
第4位

アイリスオーヤマ ホットサンドメーカー GHS-S

2,451円(税込)

具沢山のホットサンドを作りたい方向きの直火式ホットサンドメーカー

厚みのある5~6枚切の食パンや大きな具材もたっぷりはいるシングルプレート。

パンのミミまでサクサクに焼け、パン同士がくっつくのでカレーやシチューなどの水気の多い具材もこぼさず、きれいに食べられます。片面を外してフライパンとしても使用可能なのでアウトドアのシーンでも大活躍。

単身でボリュームあるホットサンドを気軽に作りたい方におすすめです。

サイズ 幅15.8 × 奥行 39.0 cm
製品重量 721 g
プレート素材 アルミニウム合金
種類 直火式
IH対応 非対応
付属プレート -
第3位

BRUNO ホットサンドメーカー BOE044-RD

8,640円(税込)

おしゃれなのにタイマー付きで高機能

電子調理機器で大人気シリーズの『BRUNO』から発売されているホットサンドメーカーはキッチンを格上げしてくれるデザインが魅力。

シングルタイプもあり、家族の人数に合わせて選択可能です。別売りの付属プレートは焼き目もオリジナルでおしゃれなものが多く、見た目が楽しいスイーツを焼けます。

おしゃれなだけでなく、タイマー付きで高機能です。焦げる心配がないので安心して調理ができます。

サイズ 幅26.1 × 奥行24.6 cm
製品重量 998 g
プレート素材 アルミニウム合金
種類 電気式
IH対応 -
付属プレート なし、本体プレート取り外し可
第2位

杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDX

3,586円(税込)

IH対応でさまざまなシーンで大活躍。優秀直火式ホットサンドメーカー

ガス・IH100V・IH200V・ハロゲンヒーター・シーズヒーター・ラジェントヒーターと幅広く対応しているのでシーンを選ばず大活躍。

プレートは得厚アルミニウム合金製なので、熱伝導に優れムラのない焼き上がりに。重量感があるので安定感があり、厚めの具材もたっぷりと挟めます。

片面を外してフライパンとして使用可能。丸洗いできるのでお手入れが簡単です。

サイズ 幅16 × 奥行37.5 cm
製品重量 1180 g
プレート素材 アルミニウム合金
種類 直火式
IH対応 対応
付属プレート -
第1位

CHUMS ダブル ホットサンドウィッチ クッカー CH62-1180

5,295円(税込)

丁度良いサイズのホットサンドが焼ける人気モデルのダブルタイプ

大人気アウトドアメーカー『CHUMS』のホットサンドメーカーのダブルタイプ。一度に2種類の具材のホットサンドが焼け、1ピースごとに違う模様が焼印できるので見た目も楽しめます。

ミミまでしっかりと焼き上がり、食べやすいサイズなので中の具材がこぼれることなくきれいに食べられます。小さなお子様がいらっしゃる家族で使用するとよいでしょう。

サイズ 幅15 x 奥行35 cm
製品重量 620 g
プレート素材 アルミニウム合金
種類 直火式
IH対応 非対応
付属プレート -

ホットサンドメーカー のおすすめ比較一覧表

商品画像
CHUMS ダブル ホットサンドウィッチ クッカー CH62-1180 B0792137XD 1枚目
杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDX B00IBOMQ2C 1枚目
BRUNO ホットサンドメーカー BOE044-RD B07DVBRHKX 1枚目
アイリスオーヤマ ホットサンドメーカー GHS-S B07JWGTF54 1枚目
Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200-K B01LNNE7ZG 1枚目
バウルー イタリア商事 ホットサンドメーカー バウルー ダブル 日本製 XBW02 B002017A5A 1枚目
TSBBQ ホットサンドメーカー TSBBQ-004  B077SWNVZ4 1枚目
CHUMS ホットサンドウィッチ クッカー CH62-1039 新潟県燕三条製 B00WSHHWC2 1枚目
商品名 CHUMS ダブル ホットサンドウィッチ クッカー CH62-1180 杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDX BRUNO ホットサンドメーカー BOE044-RD アイリスオーヤマ ホットサンドメーカー GHS-S Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200-K バウルー イタリア商事 ホットサンドメーカー バウルー ダブル 日本製 XBW02 TSBBQ ホットサンドメーカー TSBBQ-004 CHUMS ホットサンドウィッチ クッカー CH62-1039 新潟県燕三条製
特徴 丁度良いサイズのホットサンドが焼ける人気モデルのダブルタイプ IH対応でさまざまなシーンで大活躍。優秀直火式ホットサンドメーカー おしゃれなのにタイマー付きで高機能 具沢山のホットサンドを作りたい方向きの直火式ホットサンドメーカー ハイパワーで短時間調理。ロングセラー電気式ホットサンドメーカー 焼き加減にこだわる方に。ロングセラー直火式ホットサンドメーカー 見た目も焼き上がりもこだわりたい方へおすすめのホットサンドメーカー 『CHUMS』とものづくりの町『燕三条』がコラボした実力派
価格 5,295円(税込) 3,586円(税込) 8,640円(税込) 2,451円(税込) 7,220円(税込) 3,900円(税込) 4,070円(税込) 4,707円(税込)
サイズ 幅15 x 奥行35 cm 幅16 × 奥行37.5 cm 幅26.1 × 奥行24.6 cm 幅15.8 × 奥行 39.0 cm 幅25.1 × 奥行24.3 cm 幅14.5 × 奥行35 cm 幅16 x 奥行37.4 cm 幅15 x 奥行35 cm
製品重量 620 g 1180 g 998 g 721 g 2500 g 581 g 777 g 490 g
プレート素材 アルミニウム合金 アルミニウム合金 アルミニウム合金 アルミニウム合金 ステンレス、フェノール樹脂 アルミダイキャスト アルミニウム合金 アルミニウム合金
種類 直火式 直火式 電気式 直火式 電気式 直火式 直火式 直火式
IH対応 非対応 対応 - 非対応 - 非対応 非対応 非対応
付属プレート - - なし、本体プレート取り外し可 - ワッフルプレート、スクエアホットサンドプレート - - -
商品リンク

ホットサンドメーカー使い方のコツ

ホットサンドメーカー おすすめ 使い方のコツ

直火式と電気式には熱の伝わり方に違いがあります。

直火式』は具材をセットしてから火をつけましょう。『電気式』は事前に余熱をしてから具材をセットすると丁度良よい焼き加減になります。加熱するとカサが減ることを計算して具材を沢山サンドするのもコツです。ダブルタイプのプレートの場合、切れ目部分は避けて具材をセットするときれいに焼き上がります。

おすすめのホットサンドメーカーまとめ

今回はおすすめの『ホットサンドメーカー』についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

ホットサンド以外に作れるメニューも多く、驚いた方も多いはず。家で作る献立はマンネリ化しやすく、工夫が必要ですが、ホットサンドメーカーが1台あるだけで、毎日の献立の彩りを加えることも可能です。

直火式・電気式ともに比較的安価な価格帯のアイテムが多いので、興味のある方はぜひこの記事を参考に、自分にぴったりのホットサンドメーカーを見つけてみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ホットサンドメーカー
のおすすめ関連記事をもっと見る