ハンコン (ハンドルコントローラー)のおすすめ人気比較ランキング9選

【最新版】ハンコン (ハンドルコントローラー)の人気9アイテムのおすすめ比較ランキング。ハンコン (ハンドルコントローラー)の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのハンコン (ハンドルコントローラー)をランキング形式でご紹介。
motomuu

臨場感あふれるカーレースを体感できる『ハンコン』。『ハンドルコントローラー』の略で、カーレースゲームをする際に使うゲームコントローラーです。再現性が非常に高く、本当に運転しているかのような感覚になるほど、ゲームの世界に没頭できます。

今回はそんなハンコンの導入を検討している方のために、ハンコンのメリットとデメリット、そして選び方のポイントを解説していきます。おすすめの商品もランキング形式でご紹介していますので、ぜひこの記事を参考に快適なゲーム環境を整えて、リアルなカーレースを楽しんでみてください。

ハンコン (ハンドルコントローラー)とは

ハンコン おすすめ 概要

ハンコンの正式名称は『ステアリングコントローラー』といい、その名の通り、車のハンドルを模したコントローラーです。そのため実際の車の運転に近い、直感的な操作ができます。走行する路面の状況に合わせてハンドルが振動する商品もあり、リアルなレースが体感できます。

そしてフットペダルの踏み込み具合まで忠実に再現されており、通常のコントローラーでの操作と比べて、きめ細かな運転ができるので、ゲームを有利に進めることも可能です。

ハンコン (ハンドルコントローラー)のメリット

ハンコン おすすめ メリット

微妙なアクセルワークの向上

ハンコンのフットペダルを使えば、アクセルやブレーキの微妙な調整が細かくできます。通常のコントローラーの場合、ボタン操作になるので、何回も連打したり、絶妙なテクニックを駆使したりしないとレースで勝つことは厳しいです。

しかしハンコンがあれば、足でのペダル操作が可能になり、車の運転に近い感覚プレイできます。普通のコントローラーでは手の届かなかったところまで、ハンコンが叶えてくれるのです。

コーナーでのハンドル操作の向上

通常のコントローラーでは、コーナーの『ハンドル操作』はかなり高度なテクニックが必要となります。ボタンの操作ミスでうまくコーナリングできなかったなんてこともありませんか。

でもハンコンなら、複雑なハンドル操作が直感的にできるので、コーナーに曲がるタイミングを逃さず、スムーズで正確なハンドルさばきが可能です。これまで以上にゲームの楽しみ方が増えること間違いなしでしょう。

シフトチェンジ操作の向上

コントローラーであれば、シフトチェンジも指での操作です。瞬間的に判断してボタンを押さないとタイムロスに繋がります。

しかしハンコンならシフトチェンジも容易です。フットペダルにクラッチが付いているものもあり、スムーズなシフトチェンジができます。実際のマニュアル車と同じ感覚の操作が可能で、ペダルを踏み込む感覚もリアルです。オプション品のシフトレバーを用意すると、よりスムーズになります。

運転する楽しさが全然違う

ハンコンがあることで、ゲームで運転することが格段に楽しくなります。本物の車のように運転できるのが面白いですし、本当のレースに参加しているかのような臨場感を楽しめます。リアルな感覚が加わることで、より一層ゲームの世界に入り込めるのです。

一度ハンコンで遊んでしまったら、通常のコントローラーには戻れないかもしれません。それくらいハンコンでのゲームプレイはやみつきになります。

ハンコン (ハンドルコントローラー)のデメリット

ハンコン おすすめ デメリット

価格の高さ

1つめは価格が高いことです。ハンドルからリアルな振動が伝わる商品は、性能が高いため値段も高額になりやすいです。

スペースをとるところ

2つめは場所を取ることです。ハンコンはフットペダルがセットされているため、ハンドルと足元のペダルを安定して置く場所を確保しなければ快適にゲームができません。

騒音の可能性

3つめは振動音が騒音になる場合があることです。ハンドルからモーターの駆動音や、振動するときにガタガタと揺れる音がします。集合住宅の場合は、マットを敷くなど対策をしたほうがいいでしょう。

おすすめのハンコン (ハンドルコントローラー)の選び方

ハンコン おすすめ 選び方

メーカー公式ライセンス有無で選ぶ

メーカー公式ライセンス』があるかどうかを確認してみましょう。メーカーから認定されていれば純正アクセサリー扱いになるため、使う上でも安心感があります。もしも公式ライセンスのない商品を選んだ場合は、万が一の故障が起こったときは各自で対応することになるので注意しましょう。

同じハンコンを長く愛用していきたいなら、メーカー公式ライセンスのある商品を選んでおくと安心です。

接続方法で選ぶ

ハンコンの『接続方法』にも注目してみましょう。

多くは『USB接続』するタイプです。配線が多くなりますが、リーズナブルに購入できる商品もあります。同じ形状のUSBケーブルでも、機種によってうまく接続できないものもあるので、同梱の動作確認済みのケーブルを使いましょう。

また『ワイヤレス接続』ができる商品もあります。余計な配線が少なくなり、見た目もスマートに。ハンコンの外観にもこだわりたいなら、ワイヤレスタイプがおすすめです。

FFB機能で選ぶ

ハンコンの機能の中で最も重要なのが『FFB機能』。FFBとは『フォースフィードバック』のことです。この有無でゲームの体感が違ってくるため、注目しておきたい機能です。

FFB機能有の製品から選ぶ

FFB機能』があるとハンドル部分にモーターが組み込まれているため、ハンドルからリアルな振動を感じられます。路面のガタガタした状態や、タイヤがスリップしている感覚まで再現してくれます。ドリフトの際には、ぴったりのタイミングでハンドル操作が可能です。本当に車を運転しているような感覚になるのはFFB機能があってこそなのです。

レースの臨場感を楽しめるのは間違いありませんが、高性能になるため購入時の価格が高くなる傾向にありますので、注意しましょう。

FFB機能がない製品から選ぶ

FFB機能』のない商品もあります。ハンドルにモーターが搭載されていないため、購入時のコストは安く抑えられる場合が多いです。

しかしリアルな感覚を味わうには少し物足りないので、ハンドルからの振動がなく、体でコース状況を判断するのが難しくなります。路面の状況がわからず、ゲーム展開が不利になるかもしれません。購入時の予算から、FFB機能が必要かどうか検討してみてください。

FFBの駆動方式から選ぶ

FFBの駆動方式によっても違いがあります。『ギア式』と『ベルト式』の2種類があります。

ギア式

ギア式』の場合は、ベルト式と比べて価格が安い場合が多いのが特徴。購入コストをなるべく抑えるなら、ギア式のハンコンがおすすめです。

しかしその反面、ガタガタと音が鳴りやすく、長期間の利用になるとギアがすり減って劣化しやすいデメリットがあります。どうしてもベルト式と比べて劣化が早いため、買い替えのサイクルも早くなる可能性もあるので注意しましょう。

ベルト式

ベルト式』のハンコンなら、動きが滑らかで操作音がとても静かです。たくさん遊んでも騒音に配慮しなくても大丈夫。そして経年劣化でベルトが伸びてしまうこともほとんどありません。そのため長期間に渡って使用できます。ギア式よりパワーも強く、よりリアルな感覚を求めたい人はベルト式がおすすめです。

しかしギア式と比べたら、ハイスペックで高価になりがちな点に注意が必要です。

ハンドルの大きさで選ぶ

実際の乗用車のハンドルは、直径約35cm。それに対してハンコンのハンドルは直径約28cm前後のものが多いです。小さめに作られているのは、実際のレーシングカーのハンドルが小さくつくられているからで、より本物に近づくように設計されていることを表しています。

使いはじめは違和感があるかもしれませんが、使っていくうちに慣れていきます。商品によって大きさは異なりますので、使いやすいと感じるハンドルの大きさを選んでみましょう。

ハンドルの切れ角で選ぶ

ハンドルを左の端から右の端までどれだけ回せるかを『切れ角』といいます。実車のハンドルは3回転半、つまり1080度回転です。ハンコンのハンドルは900度以上から、実車と同じ1080度回転するモデルもあります。ゲーム展開を考慮すると切れ角が小さいほうが、少ない動作でコーナーを曲がれるので有利です。

切れ角によって値段も前後します。操作しやすい角度が人それぞれありますので、好みのものを見つけてみてください。

ハンコンの機能性・性能性で選ぶ

ペダルコントローラーの数から選ぶ

多くのハンコンは『フットペダル』もセットになっています。ペダルが2つの場合はアクセルとブレーキのみ、3つあるとクラッチ操作も可能です。 中にはオートマチック車のみのゲームもあります。

どのゲームタイトルをしたいのかでペダルの数が変わりますので、事前に調べておくようにしましょう。マニュアル車でのゲームをしたいなら、フットペダルが3つあるものを選んでおくと間違いありません。

対応しているボタンから選ぶ

プレイしたいゲームで必要な『ボタン』が、ハンコンに付いているか確認しましょう。手元のボタン操作でメニューの切り替えや設定もできるものが便利です。

もし付いていない場合は、通常のコントローラーの操作も必要になります。ゲーム中にどちらも触ることのないように、必要なボタンの有無をしっかり確認してから購入しましょう。

オプションパーツの豊富さから選ぶ

オプションパーツ』を増やして、自分好みにカスタマイズできるのも楽しみ方のひとつです。シフトレバーを追加したり、取り換え用ハンドルで雰囲気を変えたりすることができます。本体購入後でも自由に選べるので遊び方が広がります。オプション品を使うことを考慮して、本体を選ぶのもいいでしょう。

しかしオプションパーツが豊富なものは、ハイスペックなハンコンに多いです。コスト重視で選ぶなら、そこまでオプション品に期待できません。

ペダルの踏み硬さで選ぶ

リアルな感覚を追求するなら、ペダルの素材や踏んだときの硬さにも注目してみましょう。しっかりした作りのフットペダルだと、バネが効いて踏み込んでいる感覚がわかります。まるで本物の高級スポーツカーに乗っているような気分にもなります。高性能なハンコンになればなるほど踏み心地も良好です。

安価なハンコンを選ぶ場合は、ペダルを踏み込む感覚が得られないかもしれません。おもちゃのような軽い設計になっていて踏んでも柔らかいです。高性能であるほど高価になりますので、どこまでの性能が必要なのか検討してみましょう。

ハンコン (ハンドルコントローラー)の中古はおすすめ?

ハンコン おすすめ 中古

中古品は新品より安く買える場合があります。しかし選ぶときは注意が必要です。たとえば保証期間がすでに過ぎていることがあります。購入してから数か月で壊れてしまっても保証は受けられません。さらに実は壊れかかっていたり、ギアやモーターが消耗していたりする可能性も考えられます。買ったばかりで、すぐ買い直しになるのは避けたいものです。

リスクを取って中古品を購入するより、しっかり保証がついて動作確認済みの新品を選んでおいたほうが安心です。

付属のハンコン (ハンドルコントローラー)スタンドもおすすめ

ハンコン おすすめ スタンド
ハンコンは机の上に固定してゲームができますが、途中でズレてしまうことがあります。そんなときのために、『ハンコンスタンド』を用意するのもおすすめです。スタンドがあると安定感があり、まったくズレることはありません。高さや角度を自由に変えられる種類もあるため、より快適にゲームに集中できます。

ただしハンコン本体だけでも場所を取られるのに、スタンドに取り付けるにはさらにスペースが必要です。重たくて移動も難しくなるので、その場所がほぼ定位置になります。設置場所を考えた上で購入しましょう。

ハンコン (ハンドルコントローラー)購入時期の見極め方

ハンコン おすすめ 購入時期

ハンコンは同じ商品でも割高になる時期があります。それは商品の販売が終了して品薄になっているときや、有名な人気タイトルの発売時です。特に海外メーカーであるThrustmasterは変動の幅が大きくなるので注意しましょう。

人気タイトルの発売時期は、数週間程度で価格が落ち着く傾向にあります。新しいハンコンで、新発売のゲームをいち早くプレイしたくなるものですが、気持ちを抑えて冷静に、商品の価格を見極めてから購入してください。

ハンコン (ハンドルコントローラー) のおすすめ人気比較ランキング

第9位

Logitech G29 Driving Force Feedback Racing Wheel ドライビングフォース ロジテック レーシングホイール 輸入品

32,450円(税込)

ハイスペックで値段も抑えられるG29の輸入品

最新のレーシングゲームをするのにピッタリな商品です。リアルなハンドル操作を実現するために、ダブルモーターのFFBを搭載。あらゆるカーブや地形でのタイヤの状況が手に取るように体感できます。スムーズで静かな動作設計。高級スーパーカーを連想させる手縫いのレザーハンドルで雰囲気が増します。輸入品ではありますが、日本でも使えるので安心です。性能は維持しつつ、国内正規品より安く購入できます。ハンコン初心者にも上級者にもおすすめできるモデルです。

商品重量 2.25 Kg
梱包サイズ 26 x 27.8 x 27 cm
電池 1 リチウム金属 電池
ハードウェアプラットフォーム PC
USB2.0用ポート数 2
メーカー型番 941-000110
第8位

Thrustmaster T300RS GT EDITION for PlayStation (R) 4/PlayStation (R) 3 【正規保証品】

50,200円(税込)

滑らかな操作感と静音に優れたデュアルベルトを搭載

「グランツーリスモ SPORT」対応のハンコン。PlayStation4、PlayStation3のオフィシャルライセンス商品です。摩擦が少なく滑らかなデュアルベルトを採用し、衝撃だけではなく、タイヤグリップの変化も感じ取れます。ハンドルの切れ角は車種によって270度から1080度まで調整可能です。ゲーム内の操作も手元のボタンで完結するので便利に使えます。フットペダルはクラッチもついた3ペダル。踏み込んだときの感覚もしっかりとした重さがあります。滑らかな操作感と静音を求める人におすすめです。

商品重量 9.82 Kg
梱包サイズ -
電池 -
ハードウェアプラットフォーム PlayStation 4, PlayStation 3
USB2.0用ポート数 -
メーカー型番 4160687
第7位

株式会社ホリ 【PS4 PS3 PC対応】Racing Wheel Apex for PS4 PS3 PC

12,465円(税込)

レースの勝利にこだわった効率の良い操作が可能

操作のしやすさと、機能にこだわってつくられた商品。ハンドルの切れ角は270度から180度に切り替え可能です。カーブの多いコースでも、ハンドルを大きく切らずにスムーズなコーナリングが実現します。ユーザーの使用環境がさまざまであることを考慮して、吸盤と固定具の両方が同梱されています。フットペダルは折りたたみ式になっているため、収納場所に困りません。

商品重量 3.22 Kg
梱包サイズ -
電池 -
ハードウェアプラットフォーム PlayStation 4, PlayStation 3
USB2.0用ポート数 -
メーカー型番 PS4-052
第6位

ThrustMaster T150 Force Feedback Racing Wheel レーシング ホイール PS3/PS4/PC 対応 [並行輸入品]

24,980円(税込)

低コストで購入できるFFB機能付きエントリーモデル

高いハンコンには手が届かないという人もおすすめできるモデル。快適さや高級感には少し欠けますが、FFB搭載のハンコンを使ってゲームを楽しみたいなら十分でしょう。PlayStation4、PlayStation3にも対応しています。並行輸入品ですが、日本でも使用可能です。しっかりした保証はないので注意してください。

商品重量 5.04 Kg
梱包サイズ -
電池 -
ハードウェアプラットフォーム PS3/PS4/PC
USB2.0用ポート数 -
メーカー型番 -
第5位

Logitech G920 ドライビングフォース (Xbox One、PC用) 輸入品

37,499円(税込)

高性能・高機能なハンコンをXbox Oneで楽しみたい人向け

Xbox Oneでハンコンを使うならおすすめの商品です。高性能、高機能なハンコンで、Xbox One用では珍しい3ペダルを搭載しています。別売りのシフトレバーを使えば、6速Hパターンでのマニュアルシフト操作が可能です。より臨場感あふれるレースを体感できます。ヘリカルギヤ採用で、スムーズかつ静かな動作が実現しました。FFBが搭載されており、2つのモーターが組み込まれています。900度のロックトゥロックのステアリングで操作しやすいです。Xbox Oneの利用でハンコンを選ぶなら、この商品をおすすめします。

商品重量 1.76 Kg
梱包サイズ 10.9 x 10.2 x 10.6 cm
電池 1 リチウムイオン 電池
ハードウェアプラットフォーム Xbox One、PC
USB2.0用ポート数 -
メーカー型番 222B418
第4位

Logicool G ステアリングコントローラー LPRC-15000d ブラック PC ハンドル ドライビングフォース PS4 PS3 G29 国内正規品

51,399円(税込)

安心のメーカー保証の付いたG29の国内正規品

G29の国内正規品。輸入品と比べると値段が高めになります。2年間のしっかりとしたメーカー保証付きの商品です。PlayStation4およびPlayStation3のレーシングタイトルに対応しています。万が一の不具合や故障に備えるには、国内正規品がおすすめです。長い目で見て安心・安全に使用できます。

商品重量 7.7 Kg
梱包サイズ 44 x 33.5 x 31.5 cm
電池 -
ハードウェアプラットフォーム PS4 PS3
USB2.0用ポート数 -
メーカー型番 LPRC-15000d
第3位

ThrustMaster Ferrari 458 Spider Raching Wheel for Xbox One【正規保証品】

19,112円(税込)

赤いハンドルとフェラーリのロゴがかっこいい

フェラーリ社とマイクロソフト社の公式ライセンスを取得しています。「FERRARI 458 SPIDER ステアリングホイール」の7/10レプリカです。XBOX Oneで使用可能。メーカー独自のシステムでリアルな抵抗感と自動センタリング機能が実現しました。ハンドルの感度やフットペダルの角度も調整ができて便利です。ハンドルのグリップはゲームに熱中して手汗をかいても滑りにくい素材になっています。赤いハンドルと中央のフェラーリのロゴが目を引きます。性能とともに、ハンコンのデザインやカッコよさにこだわりたい人にもおすすめです。

商品重量 4.31 Kg
梱包サイズ 39.4 x 34 x 32.8 cm
電池 -
ハードウェアプラットフォーム Xbox One
USB2.0用ポート数 -
メーカー型番 -
第2位

ThrustMaster T-GT Force Feedback Racing Wheel for PlayStation (R) 4【正規保証品】

95,951円(税込)

T-DFBシステムを使ったハンコンはハマること間違いなし

「グランツーリスモ SPORT」および、今後リリースされる「グランツーリスモ」のタイトル専用のハンコンです。PlayStation4に対応しています。専用のステアリング振動システム「T-DFB」を採用し、より細かな振動を再現できるようになりました。刻々と変化するコース状況に対応するための正確な判断ができます。T-DFBの感覚を体験してしまったら、他のハンコンでは物足りなくなってしまうほどです。良い商品であるのは間違いありませんが、値段が高いのが難点になります。

商品重量 -
梱包サイズ 27 x 28 x 31 cm
電池 -
ハードウェアプラットフォーム PlayStation 4
USB2.0用ポート数 -
メーカー型番 4160680
第1位

株式会社ホリ 【PS4/PS3対応】ステアリングコントローラーfor PlayStation (R) 4

18,800円(税込)

機能よりもコスト重視なリーズナブルモデル

低コストでハンコンを使ってみたい人におすすめ。ハンコンを使ってゲームをプレイしてみることが目的なら十分でしょう。PlayStation4、PlayStation3に対応していますが、多くの機能はついていません。特にFFB機能は搭載していないので注意が必要です。臨場感あふれるゲーム体験をするなら、もう少し上位モデルのほうがいいでしょう。物足りなくて他の機種が欲しくなってしまうかもしれません。他のモデルと比べてボタンの数も少なめですので気を付けましょう。ゲームの中でどのボタンを使用するのか、あらかじめ確認しておくと間違いないです。

商品重量 2.07 Kg
梱包サイズ -
電池 -
ハードウェアプラットフォーム PlayStation3、Playstation4
USB2.0用ポート数 -
メーカー型番 -

ハンコン (ハンドルコントローラー) のおすすめ比較一覧表

商品画像
株式会社ホリ 【PS4/PS3対応】ステアリングコントローラーfor PlayStation (R) 4 B00L25UEP8 1枚目
ThrustMaster T-GT Force Feedback Racing Wheel for PlayStation (R) 4【正規保証品】 B0757FSFGY 1枚目
ThrustMaster Ferrari 458 Spider Raching Wheel for Xbox One【正規保証品】 B00IVHQ0KI 1枚目
Logicool G ステアリングコントローラー LPRC-15000d ブラック PC ハンドル ドライビングフォース PS4 PS3  G29 国内正規品  B07B9HR5CR 1枚目
Logitech G920 ドライビングフォース (Xbox One、PC用) 輸入品 B013Y78YY4 1枚目
ThrustMaster  T150 Force Feedback Racing Wheel レーシング ホイール PS3/PS4/PC 対応 [並行輸入品] B01ALOBH1A 1枚目
株式会社ホリ 【PS4 PS3 PC対応】Racing Wheel Apex for PS4 PS3 PC B01LN1PWBQ 1枚目
Thrustmaster T300RS GT EDITION for PlayStation (R) 4/PlayStation (R) 3 【正規保証品】 B01MRJP2BL 1枚目
Logitech G29 Driving Force Feedback Racing Wheel ドライビングフォース ロジテック レーシングホイール 輸入品 B00Z0UWWYC 1枚目
商品名 株式会社ホリ 【PS4/PS3対応】ステアリングコントローラーfor PlayStation (R) 4 ThrustMaster T-GT Force Feedback Racing Wheel for PlayStation (R) 4【正規保証品】 ThrustMaster Ferrari 458 Spider Raching Wheel for Xbox One【正規保証品】 Logicool G ステアリングコントローラー LPRC-15000d ブラック PC ハンドル ドライビングフォース PS4 PS3 G29 国内正規品 Logitech G920 ドライビングフォース (Xbox One、PC用) 輸入品 ThrustMaster T150 Force Feedback Racing Wheel レーシング ホイール PS3/PS4/PC 対応 [並行輸入品] 株式会社ホリ 【PS4 PS3 PC対応】Racing Wheel Apex for PS4 PS3 PC Thrustmaster T300RS GT EDITION for PlayStation (R) 4/PlayStation (R) 3 【正規保証品】 Logitech G29 Driving Force Feedback Racing Wheel ドライビングフォース ロジテック レーシングホイール 輸入品
特徴 機能よりもコスト重視なリーズナブルモデル T-DFBシステムを使ったハンコンはハマること間違いなし 赤いハンドルとフェラーリのロゴがかっこいい 安心のメーカー保証の付いたG29の国内正規品 高性能・高機能なハンコンをXbox Oneで楽しみたい人向け 低コストで購入できるFFB機能付きエントリーモデル レースの勝利にこだわった効率の良い操作が可能 滑らかな操作感と静音に優れたデュアルベルトを搭載 ハイスペックで値段も抑えられるG29の輸入品
価格 18,800円(税込) 95,951円(税込) 19,112円(税込) 51,399円(税込) 37,499円(税込) 24,980円(税込) 12,465円(税込) 50,200円(税込) 32,450円(税込)
商品重量 2.07 Kg - 4.31 Kg 7.7 Kg 1.76 Kg 5.04 Kg 3.22 Kg 9.82 Kg 2.25 Kg
梱包サイズ - 27 x 28 x 31 cm 39.4 x 34 x 32.8 cm 44 x 33.5 x 31.5 cm 10.9 x 10.2 x 10.6 cm - - - 26 x 27.8 x 27 cm
電池 - - - - 1 リチウムイオン 電池 - - - 1 リチウム金属 電池
ハードウェアプラットフォーム PlayStation3、Playstation4 PlayStation 4 Xbox One PS4 PS3 Xbox One、PC PS3/PS4/PC PlayStation 4, PlayStation 3 PlayStation 4, PlayStation 3 PC
USB2.0用ポート数 - - - - - - - - 2
メーカー型番 - 4160680 - LPRC-15000d 222B418 - PS4-052 4160687 941-000110
商品リンク

おすすめのハンコンまとめ

ハンコンを使うメリットとデメリット、そして商品選びのポイントを紹介してきました。ハンコンを使えば臨場感あふれるレース展開を楽しめます。ゲームを有利にして高タイムを記録することも可能です。1回使い始めたらリアルな体感がやみつきになること間違いありません。

上位モデルからエントリーモデルまで種類がありますので、あなたに合ったものを選んで楽しんでみてください。レースゲームをより楽しいものにするならハンコンの使用がおすすめです。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ハンコン (ハンドルコントローラー)
のおすすめ関連記事をもっと見る