バイク用ヘルメットのおすすめ厳選人気ランキング8選

【最新版】バイク用ヘルメットの厳選8アイテムのおすすめ人気ランキング。バイク用ヘルメットの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのバイク用ヘルメットをランキング形式でご紹介。
eimana

アメリカンやオフロード、ネイキッドなどバイクの種類が豊富にあれば、それに対応した『バイク用ヘルメット』も数多くあります。しかしヘルメットを購入する際に『何をポイントに選べばいいの?』と考えることはありませんか。

この記事ではバイク用ヘルメットの選び方やおすすめのヘルメットをご紹介します。

おすすめバイク用ヘルメットの選び方

バイク ヘルメット おすすめ 選び方

バイク用ヘルメットの安全規格で選ぶ

ヘルメットを選ぶ際に特に気をつけたいのは、安全規格がある製品かどうかです。規格の中には国が定める『PSC』や『SG』、『JIS』などだけでなく、世界でもっとも厳しい規格といわれている『スネル規格』というものまであります。

色々とある規格でも絶対にチェックしておくべき規格は、『PSC規格』の記載です。日本では『PSC規格』がクリアしていないと、バイク走行で使用できません。まれに装飾品として販売しているヘルメットもあるため注意が必要です。

ヘルメットのタイプで選ぶ

フルフェイス

バイクレースでも使われる『フルフェイス』。安全性がもっとも高く、万が一事故が起きても頭全体を保護します。

アライやショウエイといったメーカーは、レースで培った技術を市販品に採用しています。

ただ顔全体をすっぽりと覆うので、夏は熱がこもりやすいのがマイナスポイント。重量も他のヘルメットに比べるとどうしても重たくなります。安全性を考慮すると、スピードの出やすいバイクや大型バイクなどに乗る方はフルフェイスがおすすめです。

ジェットタイプ

開放感のある『ジェットタイプ』は、顔周りにガードがないため風を感じやすく蒸れにくいのが特徴。後頭部までしっかり覆うフルフェイスには劣るものの、比較的安全性のあるヘルメットです。

またフルフェイスやシステムに比べると見た目もスッキリとした印象があります。ただ顔周りのガードはフルフェイスやシステムに比べると劣るので、ツーリングやスピードの出やすいバイクにはあまりおすすめできません。

冬は冷たい風が入りやすく顔周りが冷えるので、マフラーやネックウォーマーなど対策が必要です。

システムタイプ

システムタイプ』は、フルフェイスとジェットのいいとこ取りをしたようなヘルメット。フルフェイスのように風圧や虫をよけられ、開放感が欲しいときにはフリップをあげるだけでジェットのような感覚になります。

またメガネやサングラスをかけたまま装着できるタイプもあり、ツーリングの休憩でもヘルメットを外す必要がありません。ツーリングや大型バイクの走行時には欠かせないヘルメットでしょう。

しかしフリップが上げ下げできるため、どうしても外観が大きくなってしまうのが欠点です。

オフロードタイプ

オフロードタイプ』は、その名の通りオフロード車に特化したデザインのヘルメットで、他のヘルメットとは違いバイザーが付いているのが特徴。

オフロードはタフな道を走行する場合が多いです。バイザーがあることで泥がはねてもゴーグルにつきにくいだけでなく、転倒時の衝撃を和らげる役割もあります。

オフロード用として開発されているため、ツーリングなどの走行時には風の影響を受けやすくいです。
そのため高速道路などの走行には向いていません。

ハーフタイプ

街乗り用や125ccバイクに乗る方におすすめの『ハーフタイプ』。軽量のものが多く、長時間の走行でも疲れにくいのが特徴です。

視界も広く開放的なヘルメットですが、125ccより大きなバイクではかぶれないので注意しましょう。またハーフタイプは頭の部分だけを覆っているため、事故が起きたときの受傷率も高いです。

安全性はヘルメットの中でも1番低くなるので、安全面も考えながら購入するのをおすすめします。

バイク用ヘルメットのおすすめ製造メーカー

バイク ヘルメット おすすめ メーカー

アライ

明治35年に創業した『アライ』は、埼玉に本社を置くヘルメット専門のメーカー。

世界的に有名な国際レースでアライのヘルメットが使われることも。ヘルメットにはレースで培ったさまざまな工夫がほどこされています。

ショウエイ

1959年に設立した『ショウエイ』は、最初ポリエステルの加工メーカーとして創業しています。

ショウエイのヘルメットは、スタイリッシュなデザインと豊富なカラーが特徴。バイクの種類も数多く取り揃えており、男女ともに人気の高い日本メーカーです。

OGKカブト

子ども用のヘルメットや自転車用のヘルメットなど、幅広い種類のヘルメットを作っている『OGKカブト』。

ヘルメットをかぶるのではなく着るということにこだわり、機能性だけでなくデザインにも力を入れています。ヘルメットのデザインを重視する方にはピッタリのブランドです。

HJC

HJC』は韓国で誕生したヘルメット専門のメーカーです。アライやショウエイといった日本のヘルメットメーカーを抜いて、世界シェア1位となった時期もあります。

ヘルメットのデザインはシンプルなものから、ビビッドなデザインまで幅広く、アメコミヒーローをモチーフにした変わったデザインもあるのが特徴です。

第8位

NEO-RIDERS (ネオ ライダース) エアロデザイン フルフェイス ヘルメット マットブラック SG/PSC NR-7

5,900円(税込)

コスパ重視のフルフェイスはこれで決まり

NEO-RIDERSのバイク用ヘルメットはフルフェイスです。あごの紐部分はワンタッチ式で取り付けできて簡単に装着できます。また内装は取り外して洗えるため、汗をかきやすいフルフェイスでも常に清潔な状態を保てるのがポイント。標準装備のシールドはクリアタイプですが、シルバーミラーやレインボーシールドなどへの変更も可能です。

商品重量 1.7 kg
対象排気量 全車種対応
安全規格 SG品/PSC付
取り外し 内装は取り外し、洗濯が可能
シールドの有無 クリアシールド標準装備(UVカット・ハードコート加工済み)
サイズ展開 M (57-58cm) 、L (59-60cm) 、XL (61-62cm未満)
カテゴリ フルヘルメット
第7位

バイクパーツセンター(Bike Parts Center) ヘルメット マットブラック 7117 FREE

1,854円(税込)

街乗り用として重宝するヘルメット

バイクパーツセンターのヘルメット。商品名の通り可愛らしいアヒルのしっぽのようなデザインが特徴です。安全規格のPSC、SG規格をクリア。あごの紐はワンタッチで着脱できるので取り外しが簡単です。原付きバイクで街乗り用として使うにはおすすめのヘルメットでしょう。カラーもマットブラックやホワイト、ガンメタリックと豊富です。

商品重量 0.83 kg
対象排気量 125cc以下のミニバイク専用品
安全規格 PSCマーク・SGマーク付
取り外し
シールドの有無 -
サイズ展開 FREE (頭囲 57cm~60cm未満) 、 XL (頭囲 61cm~62cm未満)
カテゴリ ハーフヘルメット
第6位

YAMAHA (ヤマハ) バイクヘルメット YJ-17 ZENITH-P 90791-2321L ラバートーンブラック

13,980円(税込)

豊富なサイズとカラーが魅力で女子にも人気

アメリカンバイクやネイキッドタイプにも合う「YJ-17 ZENITH-P」は、カラーとサイズが豊富に揃っているヘルメットです。カラーは全部で7色あり、ダークオレンジやメタリックレッドといった女性でもかぶりやすいカラーを揃えているのがポイント。サイズも全種類と十分です。

内装には吸汗、速乾性に対応したSilverCoolを取り入れ、丸洗いもできます。通勤用としてはもちろん、ツーリング用としてもおすすめの商品です。

商品重量 1.49 kg
対象排気量 全排気量対応
安全規格 JIS2種・SG
取り外し 内装は取り外し、洗濯が可能
シールドの有無 PINLOCK(R)シールドの標準装備
サイズ展開 XS (頭囲 53cm~54cm) S (頭囲 55cm~56cm) M (頭囲 57cm~58cm) L (頭囲 59cm~60cm未満) XL (頭囲 61cm~62cm未満) XXL (頭囲 63cm~64cm)
カテゴリ ジェットヘルメット
第5位

LEAD バイクヘルメット ジェット CROSS ブラウン アイボリー CR-760 -

4,363円(税込)

レトロなバイクとの相性抜群!女性にも人気のヘルメット

125cc以下のカブやモンキーといったバイクにピッタリな「CR-760」。丸みのあるハーフヘルメットでレトロ感があります。デザインにこだわりつつ安全性も確保したい方にピッタリです。

シールドはUVカット仕様。オプションで豊富なカラーのシールドに付け替えれるのもポイントです。レトロな雰囲気のあるバイクと相性抜群で、街乗り用として重宝します。

商品重量 1.3 kg
対象排気量 125cc以下用
安全規格 PSC、SG
取り外し 脱着式イヤーカバー
シールドの有無 開閉式バブルシールドは、ハードコート、UVカット仕様
サイズ展開 FREE (頭囲 57cm~60cm未満)
カテゴリ ハーフヘルメット
第4位

LEAD バイクヘルメット マットブラック RE41

3,895円(税込)

通気性抜群!かっこよく決まるヘルメット

スタイリッシュでシンプルな作りの「RE41 LL」。エアベンチレーションを搭載したことで、長時間の走行でも蒸れにくい快適なヘルメットを実現しました。内装の天井にはメッシュを使用と徹底的な暑さ対策が施されています。

シールドは開閉式で、ヘルメットを外さずに飲み物や食べ物を補給できます。通勤や通学にピッタリのヘルメットといえるでしょう。

商品重量 0.7 kg
対象排気量 モーターバイク、電動バイク、ローラーシューズ、アウトドアスポーツなど各種場合で使用可
安全規格 PSC
取り外し -
シールドの有無 開閉式シールド
サイズ展開 フリーサイズ
カテゴリ ハーフヘルメット
第3位

OGKカブト バイクヘルメット フルフェイス KAMUI3 クールガンメタ 584788

23,868円(税込)

ツーリングのマストアイテム!洗濯機で丸洗いもOK

OGKカブトの「KAMUI3」は、従来のモデルよりも見た目がスッキリとしたヘルメット。帝人が開発した新型のシールドを搭載したことで、UV99%カット、赤外線74%カットを実現しました。内部温度上昇の要因でもある赤外線を抑えることで、夏でも快適に走行できます。

またヘルメットにはインカムや小型カメラの取り付けスペースがあり、内部にはケーブルルートもあるため、ヘルメットをかぶっていてもコードが気になりません。

商品重量 3.08 kg
対象排気量 全排気量
安全規格 JIS
取り外し 内装フル着脱可能
シールドの有無 熱線遮蔽素材使用『UV&IRカットシールド』採用
サイズ展開 2シェル5サイズ(XS S M L XL)
カテゴリ フルフェイス
第2位

バイクパーツセンター(Bike Parts Center) バイクヘルメット コルクタイプ ホワイト700103 FREE

3,080円(税込)

カラーバリエーション豊富で街乗り用にピッタリ

昔から人気の高いコルク半のヘルメット。あごの紐部分はマジックテープを使っているので顔に合わせて調整できます。ヘルメット部分にコルクを使用したことで衝撃にも強い商品です。

カラーは全部で6種類と豊富。125cc以下のバイクでも使えて、近所に出かけるときに気軽に被れる作りが人気の理由です。

商品重量 1.04 kg
対象排気量 125cc以下のバイク対応品
安全規格 PSCマーク・SGマーク付
取り外し -
シールドの有無 -
サイズ展開 サイズ: FREE (頭囲57cm~62cm未満)
カテゴリ ハーフヘルメット
第1位

アライ(Arai) バイクヘルメット フルフェイス RX-7X グラスブラック L

42,942円(税込)

レース用としても使われる本格派のヘルメット

ヘルメットといえば「アライ」という程、ヘルメットメーカーとしての認知度が高いです。レースでも使われている「RX-7X」は、通常より40%も強度の高いグラスファイバーを使った素材で作られています。

フルフェイスで息苦しくなりがちな口元も、スペースを広くしたデザインによって解消しました。レースをする方やツーリングを楽しみたい方におすすめです。

商品重量 2.16 kg
対象排気量 全排気量対応
安全規格 スネル・JIS
取り外し 内装取り外し可能
シールドの有無 シールドシステム《VAS》
サイズ展開 54/55-56/57-58/59-60/61-62
カテゴリ フルフェイス

バイク用ヘルメット のおすすめ比較一覧表

商品画像
アライ(Arai) バイクヘルメット フルフェイス RX-7X グラスブラック L B00XU65PRY 1枚目
バイクパーツセンター(Bike Parts Center) バイクヘルメット コルクタイプ ホワイト700103 FREE B003VQHDZU 1枚目
OGKカブト バイクヘルメット フルフェイス KAMUI3 クールガンメタ 584788 B07R1KSYHC 1枚目
LEAD バイクヘルメット マットブラック RE41 B00LAQ76R8 1枚目
LEAD バイクヘルメット ジェット CROSS ブラウン アイボリー CR-760 - B00BPI1DHK 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) バイクヘルメット YJ-17 ZENITH-P 90791-2321L ラバートーンブラック B01BBMU6NG 1枚目
バイクパーツセンター(Bike Parts Center) ヘルメット マットブラック 7117 FREE B00ITMQM80 1枚目
NEO-RIDERS (ネオ ライダース) エアロデザイン フルフェイス ヘルメット マットブラック SG/PSC NR-7 B003X1M970 1枚目
商品名 アライ(Arai) バイクヘルメット フルフェイス RX-7X グラスブラック L バイクパーツセンター(Bike Parts Center) バイクヘルメット コルクタイプ ホワイト700103 FREE OGKカブト バイクヘルメット フルフェイス KAMUI3 クールガンメタ 584788 LEAD バイクヘルメット マットブラック RE41 LEAD バイクヘルメット ジェット CROSS ブラウン アイボリー CR-760 - YAMAHA (ヤマハ) バイクヘルメット YJ-17 ZENITH-P 90791-2321L ラバートーンブラック バイクパーツセンター(Bike Parts Center) ヘルメット マットブラック 7117 FREE NEO-RIDERS (ネオ ライダース) エアロデザイン フルフェイス ヘルメット マットブラック SG/PSC NR-7
特徴 レース用としても使われる本格派のヘルメット カラーバリエーション豊富で街乗り用にピッタリ ツーリングのマストアイテム!洗濯機で丸洗いもOK 通気性抜群!かっこよく決まるヘルメット レトロなバイクとの相性抜群!女性にも人気のヘルメット 豊富なサイズとカラーが魅力で女子にも人気 街乗り用として重宝するヘルメット コスパ重視のフルフェイスはこれで決まり
価格 42,942円(税込) 3,080円(税込) 23,868円(税込) 3,895円(税込) 4,363円(税込) 13,980円(税込) 1,854円(税込) 5,900円(税込)
商品重量 2.16 kg 1.04 kg 3.08 kg 0.7 kg 1.3 kg 1.49 kg 0.83 kg 1.7 kg
対象排気量 全排気量対応 125cc以下のバイク対応品 全排気量 モーターバイク、電動バイク、ローラーシューズ、アウトドアスポーツなど各種場合で使用可 125cc以下用 全排気量対応 125cc以下のミニバイク専用品 全車種対応
安全規格 スネル・JIS PSCマーク・SGマーク付 JIS PSC PSC、SG JIS2種・SG PSCマーク・SGマーク付 SG品/PSC付
取り外し 内装取り外し可能 - 内装フル着脱可能 - 脱着式イヤーカバー 内装は取り外し、洗濯が可能 内装は取り外し、洗濯が可能
シールドの有無 シールドシステム《VAS》 - 熱線遮蔽素材使用『UV&IRカットシールド』採用 開閉式シールド 開閉式バブルシールドは、ハードコート、UVカット仕様 PINLOCK(R)シールドの標準装備 - クリアシールド標準装備(UVカット・ハードコート加工済み)
サイズ展開 54/55-56/57-58/59-60/61-62 サイズ: FREE (頭囲57cm~62cm未満) 2シェル5サイズ(XS S M L XL) フリーサイズ FREE (頭囲 57cm~60cm未満) XS (頭囲 53cm~54cm) S (頭囲 55cm~56cm) M (頭囲 57cm~58cm) L (頭囲 59cm~60cm未満) XL (頭囲 61cm~62cm未満) XXL (頭囲 63cm~64cm) FREE (頭囲 57cm~60cm未満) 、 XL (頭囲 61cm~62cm未満) M (57-58cm) 、L (59-60cm) 、XL (61-62cm未満)
カテゴリ フルフェイス ハーフヘルメット フルフェイス ハーフヘルメット ハーフヘルメット ジェットヘルメット ハーフヘルメット フルヘルメット
商品リンク

おすすめのバイク用ヘルメットまとめ

この記事ではバイク用のヘルメット選びに悩んでいる方向けに、選び方やおすすめ8選を紹介しました。

ぜひ参考にして安全で快適なバイク走行を楽しんでください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

バイク用ヘルメット
のおすすめ関連記事をもっと見る