液タブのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2019年版】

【最新版】液タブの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。液タブの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの液タブをランキング形式でご紹介。
Rie S

デジタルで絵を描いたりデザインをしたりするときに、重宝するのが『液晶タブレット』、略して『液タブ』。デジタル画は修正もしやすいし保存もカンタン。さらに液タブなら、画面に向かってペンを走らせるので、紙に描いているのとほとんど変わらない状態で描けます。

この記事ではそんな液タブの選び方について詳しく説明します。今液タブを買おうか悩んでいる方向けの情報満載で、記事後半では厳選したおすすめ商品ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの液タブの選び方

用途に合ったサイズ感で選ぶ

液タブの大きさは、13インチ~32インチが一般的です。あまり大きすぎても机に合わなかったり、描きにくかったりします。反対に小さい液タブは持ち運びが便利なものの、使用感に満足できない可能性もあります。自分の目的を考えて選びましょう。

筆圧レベルで選ぶ

現在発売されている液タブのほとんどは8192段階の筆圧感度に対応しております。これは絵を生業とするプロレベルの仕様で、実際のペン感覚に近い筆圧を実現できます。

もし金額を抑えた液タブなどが欲しければ、2048段階以上のもので選びましょう。趣味程度の描画であれば、2048段階でも十分描くことができます。

遅延度合いで選ぶ

液タブを選ぶ際にもっとも重要なのが『遅延度合い』です。描くときにペンを動かすよりも遅れて線が表示されてしまうと、実際のペン使いとはかけ離れた使用感になってしまうので、液タブの遅延を嫌う方は多いです。

Adobe RGBカバー率で選ぶ

液タブで色域を再現するのに確認したいのは『Adobe RGBカバー率』です。これはAdobeの色をどの程度再現できるかを表しています。

たとえば13インチ液タブは87%で、24インチ99%と、その差は20%以上。こうして比較すると大きく感じますが、それほどこだわりがなければ、おおむねの目安としてカバー率は75%以上の液タブを選べば間違いありません。

細やかな色使いで表現したい、また印刷目的の場合は90%以上の液タブをおすすめします。

価格帯で選ぶ

リーズナブルな2万円以下

デジタル画をこれから始めよう、というスタートラインの人には2万円以下でも十分な液タブが購入できます。

ただ価格重視な分、他の機種より劣る点はあります。ペン座標がずれていたり、ペン設定が細かくできなかったりと、OSの不具合も見られる場合があるので、購入の際は事前しっかり確認しておきましょう。

平均的な4万円以下

4万円以下の液タブは中価格帯で、種類も幅広くなってきますので、画面が小さくても機能やペンの描き心地を選ぶか、画面大きめにして描きやすい液タブにするかなど、コストパフォーマンスを視野に入れながらも自分に合う液タブを探しやすくなります。

選べる幅が広がりますが、やはり気になるのはカーソルとペンの遅延。4万円ほど出しても人によっては遅延が大きいと感じることもあります。この価格だから大丈夫、ではなくしっかり自分で選ぶことが大切です。

プロレベルの6万円以上

液タブに6万円以上出せるのであれば、満足のモデルに出会える確率は飛躍的に上がります。本格的に液タブで作品を作りたい人にはおすすめです。

この価格帯の液タブになると遅延の解消はもちろん、ペンの微細な傾斜の感知が可能であったり、画質が現行機の最高値であったりと高価格帯の名に恥じぬ高スペックモデルばかりですので、選びごたえがあるでしょう。

液タブ のおすすめ人気比較ランキング

第10位

鉛筆のような六角ペンでスラスラ描ける液タブ

XP-PENArtit12は持ちやすいペンで描き心地も良い液タブです。11.6インチと小さめな画面のため持ち運びが便利。コストパフォーマンスが高く、筆圧8192レベルというのも魅力といえます。また自分で設定できるショートカットキーが中央に6個あるので、操作をより効率よくしてくれます。またPhotoshopやIllustratorなどの主要ソフトに互換性があるので安心です。

画面サイズ 11.6インチ
解像度 1920 x 1080
筆圧 8192レベル
色域 72%
第9位

お手頃なのに、シンプルでモダンなデザインが魅力的。

XP-PENArtist15.6は薄さ11mmのシンプルデザイン。スペースを取られないのでスマートに収納できます。15.6インチモニターで見やすい画面。さらに4kディスプレイをサポートできるので画面を細部まで楽しみながら使えます。

色域カバー率は75%、筆圧8192レベル。従来よりもペンのレスポンスが早くなりスムーズに操作できます。F900 High Tech ICを搭載し、パフォーマンスも向上しました。

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920 x 1080
筆圧 8192レベル
色域 75%
第8位

色域カバー率92%。薄さ10mmのコンパクト設計

HUIONのKamvas Pro16はAdobe RGBカバー率が92%と、印刷に向いています。15.6インチ画面ながら薄さ10mm、1.2kgなのでどこにでも持ち運びやすいです。充電不要で筆圧8192レベルのペンは傾き検出がプラスマイナス60°、アンチグレアガラス使用。

フルラミ加工の画面は、紙に描いているような感覚で作品を作れます。視差もなく発色が鮮やかなのでストレスフリーの液タブです。

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920 x 1080
筆圧 8192レベル
色域 92%
第7位

178度の広い視野で作業性充実。21.5インチ大画面

XP-PEN Artist 22Proは4kディスプレイをサポートできる、21.5インチ画面の液タブです。1920×1080の解像度で178度の広視野角を誇ります。8192レベルの滑らかな描き心地のペンを使用します。

WindowsやiOSなどのOSはもちろん、Photoshop、Painter、Illustratorなど主要デザインソフトウェアにも全対応しており、日々の創作活動を全面的にサポートしてくれること間違いなしです。

画面サイズ 22インチ
解像度 1920 x 1080
筆圧 8192レベル
色域 82%
第6位
出典:

HUION Kamvas GT-191 V2 液タブ

49,990円(税込)

266PPSで自然なラインが引けるデジタルキャンバス

HUIONのGT-191 V2は1670万色に対応しており、色彩表現力に優れています。19.5インチ画面でプロのデザイナー仕様。秒間226回読み取るので滑らかにラインを引けます。ペンには2つのボタンがあり誤接触防止機能搭載。傾き20〜80°で自由に動かしながら、らくらく作業できます。さらにさまざまなアプリケーションに対応しているので安心です。

画面サイズ 19.5インチ
解像度 1920 x 1080
筆圧 8192レベル
色域 100%
第5位
出典:

XP-Pen 液晶タブレット Artist16PRO フルHD

33,983円(税込)

小さくて高性能。鮮やかな画面で視野角も広い

XP-PENArtist 16Pro。Adobe RGBカバー率を92%にアップグレードしたので、非常に鮮やかな色合いです。視野角も178°と広く、反射防止素材を使用しているので画面が明るくても視認性抜群。

また15°〜85°に傾く調整可能なスタンドで、体に負担がかかりにくいです。ペンは両利き対応の筆圧8192レベル。握りやすいペンが創造性を高めてくれます。
付属のペンケースはホルダーにもスタンドにもなるため、大変便利。小回りよく使いたいときにおすすめな液タブです。

画面サイズ 16インチ
解像度 1920 x 1080
筆圧 8192レベル
色域 92%
第4位

Wacom (ワコム) 液タブ Cintiq 16 FHD DTK1660K1D

63,302円(税込)

液タブといえばワコム。安心の品質と作業感

Wacom Cintiq 16は15.6インチ、1920 x 1080の解像度でより作品を美しくしてくれます。内蔵スタンド搭載で19°の傾きに対応。別売りのオプションスタンドを使えばさらに自由度が上がり、自分に合った姿勢で作業できます。

プロモデルと同じWacom Pro Pen 2を採用することでペンの自然な傾きをサポートし、筆圧8192レベルで描き心地も滑らかです。本体の左右どちらでも取り付けできるペンホルダーもあります。

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920 x 1080
筆圧 8192レベル
色域 96%
第3位

GAOMON 液晶ペンタブレット PD1560

33,999円(税込)

10個のショートカットキーで作業効率バツグン

解像度1920 x 1080の15.6インチで操作性ある液タブです。10個のショートカットキーと5個のメニューで自分好みにカスタマイズ。233PPSの満足いく動きでスムーズに線を描けます。主要ソフトとの互換性もあるので、日頃使い慣れたソフトですぐに液タブを楽しめます。

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920 x 1080
筆圧 8192レベル
色域 -
第2位

HUION 液晶タブレット Kamvas GT-156HDV2

29,999円(税込)

コスパが高めの万能液タブ軽量で持ち運びやすい

HUIONのKamvas GT-156HDVは、15.6インチのアンチグレアガラスで作業効率が高い液タブです。色域カバー率72%、8192レベルの筆圧感度で、レポートレートは233PPS。厚さ14.8mm、重さ1.5kgの軽量仕様で持ち運び安いので、どこでも使えます。外国製ですがサポート対応はしっかりされているので安心です。

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920 x 1080
筆圧 8192レベル
色域 72%
第1位

HUION 液タブ Kamvas Pro13 GT-133PRO

37,230円(税込)

小さいボディで高スペックの賢い万能液タブ

小さいながらも視差がなく、紙に描くのと変わりない描き心地を実現。PW507のデジタルペンを使うことで、力の加減も再現できます。傾斜プラスマイナス60°に対応。本体角度を14.5°〜45°まで変えられるので、好みの姿勢で作業可能です。

画面サイズ 13.3インチ
解像度 1920 x 1080
筆圧 8192レベル
色域 92%

液タブ のおすすめ比較一覧表

商品画像
HUION 液タブ Kamvas Pro13 GT-133PRO B07G78SDJR 1枚目
HUION 液晶タブレット Kamvas GT-156HDV2 B0779CG2QQ 1枚目
GAOMON 液晶ペンタブレット PD1560 B075WT946B 1枚目
Wacom (ワコム) 液タブ Cintiq 16 FHD DTK1660K1D B07L9LX9JX 1枚目
XP-Pen 液晶タブレット Artist16PRO フルHD  1枚目
HUION Kamvas GT-191 V2 液タブ  1枚目
XP-Pen 液晶タブ Artist 22Pro B07PGTLLS8 1枚目
HUION 液タブ Kamvas Pro16 B077MBQPRD 1枚目
XP-Pen 液晶タブ Artist15.6 B0779YLP9L 1枚目
XP-Pen 液晶タブ Artist12 B07GR2CTCN 1枚目
商品名 HUION 液タブ Kamvas Pro13 GT-133PRO HUION 液晶タブレット Kamvas GT-156HDV2 GAOMON 液晶ペンタブレット PD1560 Wacom (ワコム) 液タブ Cintiq 16 FHD DTK1660K1D XP-Pen 液晶タブレット Artist16PRO フルHD HUION Kamvas GT-191 V2 液タブ XP-Pen 液晶タブ Artist 22Pro HUION 液タブ Kamvas Pro16 XP-Pen 液晶タブ Artist15.6 XP-Pen 液晶タブ Artist12
特徴 小さいボディで高スペックの賢い万能液タブ コスパが高めの万能液タブ軽量で持ち運びやすい 10個のショートカットキーで作業効率バツグン 液タブといえばワコム。安心の品質と作業感 小さくて高性能。鮮やかな画面で視野角も広い 266PPSで自然なラインが引けるデジタルキャンバス 178度の広い視野で作業性充実。21.5インチ大画面 色域カバー率92%。薄さ10mmのコンパクト設計 お手頃なのに、シンプルでモダンなデザインが魅力的。 鉛筆のような六角ペンでスラスラ描ける液タブ
価格 37,230円(税込) 29,999円(税込) 33,999円(税込) 63,302円(税込) 33,983円(税込) 49,990円(税込) 52,778円(税込) 47,500円(税込) 35,230円(税込) 27,500円(税込)
画面サイズ 13.3インチ 15.6インチ 15.6インチ 15.6インチ 16インチ 19.5インチ 22インチ 15.6インチ 15.6インチ 11.6インチ
解像度 1920 x 1080 1920 x 1080 1920 x 1080 1920 x 1080 1920 x 1080 1920 x 1080 1920 x 1080 1920 x 1080 1920 x 1080 1920 x 1080
筆圧 8192レベル 8192レベル 8192レベル 8192レベル 8192レベル 8192レベル 8192レベル 8192レベル 8192レベル 8192レベル
色域 92% 72% - 96% 92% 100% 82% 92% 75% 72%
商品リンク

液タブのおすすめまとめ

デジタル化が進んで、数年前とは比べものにならないくらい便利になった『液晶タブレット』、通称『液タブ』。機能や動作の差こそあれど、安価なものからプロレベルなものまで自由に選べるようになりました。

価格帯やメーカーによって優先順位が変わりますが、自分に合ったものを選ぶのが1番です。自分にとって一番使いやすい一台で楽しくデジタルで絵を描いていきましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

液タブ
のおすすめ関連記事をもっと見る