シアターバーのおすすめ厳選人気ランキング10選

【最新版】シアターバーの厳選10アイテムのおすすめ人気ランキング。シアターバーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのシアターバーをランキング形式でご紹介。
eimana

いつでもどこでも映画を見られるようになった昨今、いつも視聴しているテレビの音質に満足がいかないという方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが『シアターバー』。シアターバーを取り入れることで迫力のある映像に臨場感のある音がプラスされ、より作品に入り込めるようになります。

この記事ではそんなシアターバーの特徴や選び方について解説していきます。記事後半では厳選したおすすめ商品もご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

シアターバーとは

シアターバー おすすめ とは?

シアターバー』とは、細長いバーの中にスピーカーが内蔵された2.1ch、5.1ch、7.1chの立体音響が楽しめる製品のことです。立体感のある音響を出すことで、映画やゲームなど迫力のあるシーンも臨場感をもって楽しめます。

シアターバーとホームシアターシステムとの違い

シアターバー』と『ホームシアターシステム』は用途が近く、間違えやすい方が多いので注意が必要です。

シアターバー』は単体で設置できる上、テレビの前や壁掛けなど好きな位置に配置できます。一方で『ホームシアターシステム』は、後方や左右など立体的な音響を奏でるために、部屋に複数のスピーカーを設置する必要があります。

音響にとことんこだわって映像や音楽を楽しみたいという方にはホームシアターシステムがおすすめですが、いつもより少し音のいい環境で作品を楽しみたいという方には、設置スペースを取らないシアターバーをおすすめします。

おすすめのシアターバーの選び方

シアターバー おすすめ 選び方

サブウーファーのタイプで選ぶ

シアターバーには『ワンボディタイプ』と『サブウーファー付属タイプ』の2つのタイプがあります。

ワンボディタイプ

ワンボディタイプ』は本体のみで音声を出すため、デザインがスリムで狭いスペースでも場所を取らないのが魅力です。一人暮らしで部屋が狭くても快適なサウンドを楽しめます。

また付属品が少ない分、金額もサブウーファータイプに比べ価格も安いので、はじめてシアターバーを購入する方に手に取りやすい価格帯であることも魅力的です。設置スペースの確保が難しい場合や予算をなるべく押さえたいという方に、向いているタイプだといえるでしょう。

サブウーファー付属タイプ

サブウーファー付属タイプ』のシアターバーは、サブウーファーが本体から独立しているため、設置場所を自由に選べるのが魅力的です。たとえばテレビの裏のデッドスペースに置くと、部屋を狭くすることなく重低音を楽しめます。

またサブウーファーを設置することで音に厚みを持たせ、迫力のある音を感じられるので、アクション映画やライブなどを視聴するならサブウーファーのあるシアターバーがおすすめです。ただワンボディタイプと比べ値段がやや高くなる傾向にあるので、予算との兼ね合いで選びましょう。

テレビの大きさと住環境で選ぶ

シアターバーを選ぶときに気をつけることは、まず『テレビの大きさ』です。テレビに対して極端にシアターバーが小さいと、音の広がりが狭くなり迫力が十分に発揮されません。

テレビの幅よりも少し小さいか同じくらいの大きさにすることで音が広がり、より臨場感のある音を楽しめます。

もう1点は『住環境』です。特に賃貸だと騒音問題で隣人とのトラブルにも発展しかねません。選ぶときは重低音が響きにくい『ワンボディタイプ』、重低音を感じやすい『サブウーファー付属タイプ』のどちらがいいのかよく考えるようにしましょう。

シアターバーの機能で選ぶ

自分に合うシアターバーを選ぶには、どんな機能が欲しいのか決めておく必要があります。オーディオとして活用を考えているなら、スマホやPCの音楽も流せる『Bluetooth機能』が必要ですし、4K映像を楽しみたいのであれば、『4Kパススルー』に対応したシアターバーが必須です

他にもAlexaに対応した製品や、視聴している内容によってサウンドを調整する『オートサウンド機能』など、シアターバーによっても特性が変わってくるので、自分が欲しいと思う機能を事前に把握していくことをおすすめします。

Bluetooth・Wi-Fi接続機能

テレビでの視聴だけでなく、オーディオ機器としてもシアターバーを利用するなら、BluetoothやWi-Fi機能を搭載している製品がおすすめです。

スマホやPC、タブレットなどに保存してあるお気に入りの音楽を聞けるだけでなく、『Amazon music』や『Spotify』といった音楽配信サービスを利用して、最新の音楽も楽しめます。

サウンドオプティマイザー

自宅で映画やドラマなど、夜でも視聴したいときはありませんか。しかし住まいの環境によっては、周囲への騒音や家族に配慮してボリュームを下げなければならないものの、ボリュームを小さくすると、高音や低音が聞き取りづらくなって困る経験をしたこともあるでしょう。

その問題を解決したのが『サウンドオプティマイザー』です。ボリュームを小さくしても人間が聞き取りやすい周波数に調整し、小さい音でも快適に映画やドラマの視聴を楽しめます。

ARC対応

シアターバーを購入する上で確認しておきたいのが、『ARC』に対応しているかどうかです。

ARCとは『オーディオ・リターン・チャンネル』の略で、ARCに対応しているシアターバーであればHDMIケーブル1本でテレビとの接続が可能なため、機械が苦手な方でもスムーズに取り付けられます。

またシアターバーの音量調整もTVのリモコン1つで可能となるため、リモコンを複数持つ必要がないのも魅力的です。ARC対応の有無はHDMIを接続する部分に記載している場合が多いため、購入前に確認しておくことをおすすめします。

音響で選ぶ

シアターバー おすすめ 音響

シアターバーを選ぶ際には音響の良さも確認するようにしましょう。本格的に音を楽しむならワンボディタイプよりもサブウーファー付属タイプがおすすめですが、ワンボディタイプでも、立体的な音響を実現する『Dolby Atmos』や『DTS:X』といった臨場感のある音を奏でる機能を搭載しています。

CDの音質を超えるハイレゾ

ハイレゾ』という言葉は聞いたことがあるものの、イマイチわからないという方もいるのではないでしょうか。

ハイレゾ』にすることでCDに収まらなかった音、音域や奥行き、表現力など細かい部分まで感じられるようになります。ハイレゾの音がわかりやすいのはライブ映像です。アーティストの息遣いや空気感など、まるでライブ会場にいる感覚で聴くことができます。

シアターバーの中にはハイレゾを搭載している製品もあるので、ライブ映像やミュージカル映画をよく見る方にとって、ハイレゾがあるのとないのでは没入感が変わりますので、こだわりたい方は事前に確認するようにしましょう。

バーチャルサラウンド

YAMAHA独自の『デジタルサウンドプロジェクター技術』は、スピーカーの音をビームとして壁に反射させることで、壁から音が聞こえる仕組みです。

まるでその場にいるような臨場感と、クリアで深みのある音質を実現しました。ライブ映像はもちろん、ホラー映画などもリアルに感じられ恐怖心が増すこと間違いなしです。

またYAMAHA以外のメーカーでも『バーチャルサラウンド』と呼ばれる技術を利用しています。少ないスピーカーで後方や頭上から音が聞こえてくるように感じられるので、ライブやホラー映画などこれまで以上に楽しめます。

シアターバー のおすすめ人気比較ランキング

第10位

YAMAHA (ヤマハ) サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-109(B)

22,856円(税込)

Alexaに話しかけるだけで広がるサウンド

YAMAHA YAS-109』はWi-Fi機能を内蔵し、Amazon Alexaを搭載しています。
リモコンを使わず「アレクサ」と呼びかけるだけで音声調整や入力切り替えが行えます。
チャイルドロックがついているので小さな子供がいる家庭でも安心です。

サブウーファー接続 内臓式
サイズ 890 × 53 × 131 mm
サウンド機能特徴 4Kパススルー・Alexaボイスコントロール・バーチャル3Dサラウンド
ネットワーク Bluetooth・無線LAN
実力最大出力 120W
接続 HDMI端子(HDCP2.3・ARC対応)・光デジタル・USB
第9位

Sandlots サウンドバースピーカー【FunLogy】FUN SOUND Bluetooth

12,800円(税込)

1万円代で手頃に快適なサウンドが楽しめる

サブウーファーを搭載したことで、深みのある重低音を実現。
壁掛け用フックつきのため、好きな位置にシアターバーを置けます。
またBluetooth搭載で、YouTubeやAmazonビデオも楽しめます。

サブウーファー接続 内臓式
サイズ 1025 × 70 × 84 mm
サウンド機能特徴 スピーカーとウーファーを左右に内臓
ネットワーク Bluetooth
実力最大出力 70W
接続 光デジタル・同軸デジタル端子・USBメモリ
第8位

Fityou サウンドバースピーカー bluetooth 対応 LP1807

8,800円(税込)

6つのスピーカーで臨場感のある音を実現

お部屋に合わせて3通りの設置が選べる、デザイン性に優れたシアターバー。
定番の横置きはもちろん、2つに分離して縦置きや壁掛けとしても活用できます。
また入出力端子がHDMIやUSBなど豊富に揃っているため多数機器と接続可能です。

サブウーファー接続 内臓式
サイズ 1000 × 72 × 72 mm
サウンド機能特徴 6個の高音質スピーカー・2つの疑似ウーファー
ネットワーク Bluetooth
実力最大出力 50W
接続 HDMI (ARC)・光デジタル・USB端子
第7位

YAMAHA (ヤマハ) サウンドバー 4K HDR対応 HDMI DTS Virtual:X YAS-108(B)

21,189円(税込)

音に包まれているような感覚を味わえる

シアターバーのなかでも人気の高いYAMAHAが販売しているワンボディ型の『YAS-108(B)』。
3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」を搭載したことで、前後左右から音が届くだけでなく高さ方向もバーチャルで流せます。
またクリアボイス機能がついているのも魅力です。

サブウーファー接続 内臓式
サイズ 890 × 53 × 131 mm
サウンド機能特徴 バーチャル3Dサラウンド・4Kパススルー
ネットワーク Bluetooth
実力最大出力 120W
接続 HDMI(ARC対応)・光デジタル・USB端子
第6位

HARMAN JBL BAR 2.0 ALL IN ONE サウンドバー JBLBAR20AIOBLKJN

17,379円(税込)

難しい操作は不要!ケーブル1本で簡単接続

コンパクトなデザインの『JBLBAR20AIOBLKJN』は、幅614mm奥行き90mmとテレビの前に置いても邪魔にならないシアターバーです。
ケーブル1本でテレビと簡単に接続できるので機械が苦手な方でも扱えます。
楕円形ドライバーユニットを搭載したことで、番組に合わせてサウンドを変える必要がありません。

サブウーファー接続 内臓式
サイズ 614 x 58 x 90 mm
サウンド機能特徴 Dolby Digital
ネットワーク Bluetooth
実力最大出力 80W
接続 HDMI(ARC対応)・光デジタル・USB端子
第5位

BOSE SoundTouch 300 soundbar ワイヤレスサウンドバー Alexa対応

81,000円(税込)

重厚感のあるサウンドとエレガントなデザインの両立

Bose SoundTouch 300 soundbar』は高級感のあるスタイリッシュなデザインを実現しました。
ウーファーを2つ、高音域のツイーターが1つ搭載されているので、重低音でも伸びのあるサウンドを奏でます。
またBose独自技術の「PhaseGuideアレイ」を採用しているため、1つのシアターバーで擬似的なサラウンド環境を作り出します。

サブウーファー接続 内臓式
サイズ 978 x 57 x 108 mm
サウンド機能特徴 4Kパススルー・Dolby Digital・DTS
ネットワーク Bluetooth・Wi-Fi
実力最大出力 -
接続 HDMI(ARC対応)・光デジタル・USB端子
第4位

SONY (ソニー) サウンドバー 2.1ch Dolby Atmos Bluetooth 対応 ホームシアターシステム HT-X8500

37,426円(税込)

立体的な音響でオーディオ機器としても重宝

中央に搭載されたデュアルサブウーファーと両サイドにあるフロントスピーカーによって、臨場感のあるサラウンドサウンドを実現しました。
フロントにあるスピーカーだけで立体的な音響を流します。
またBluetoothにも対応。スマホやPCなどのデバイスに保存した音楽もワイヤレスで楽しめ、オーディオ機器としての利用も可能です。

サブウーファー接続 内臓式
サイズ 890 × 64 × 96 mm
サウンド機能特徴 4Kパススルー・ドルビーアトモス・バーチャルサラウンド・サウンドオプティマイザー
ネットワーク Bluetooth (RX)
実力最大出力 160W
接続 HDMI(eARC・ARC対応)・光デジタル・USB端子
第3位

Panasonic (パナソニック) シアターバー Bluetooth対応 SC-HTB01

32,800円(税込)

ゲームの世界に入り込んだような没入感のあるサウンド

スクウェア・エニックスと共同開発の3つのゲームモードを搭載した『SC-HTB01』。
RPGモードやボイス強調モードなど、ゲームソフトに合わせた音響に切り替えられます。
また4Kパススルーにも対応しているのも魅力です。

サブウーファー接続 内臓式
サイズ 430 × 52 × 130 mm
サウンド機能特徴 ハイレゾ・バーチャルサラウンド・ドルビーアトモス
ネットワーク Bluetooth
実力最大出力 80W
接続 HDMI(ARC対応)・光デジタル・USB端子
第2位

D&M Import Audio サウンドバー ARC/Bluetooth対応 ワイヤレス サブウーハー ブラック DHTS316K

24,783円(税込)

ワイヤレスサブウーファーで重厚感のあるサウンドを実現

4つのスピーカーを搭載したシアターバーとワイヤレス・サブウーファーが特徴。
ダイアログエンハンサー機能を搭載したことで、音量を上げなくても声がクリアに聞き取りやすいです。
また音量を下げたときでも小さな音が聞き取りやすいナイトモード機能を搭載しています。

サブウーファー接続 付属式(W171×H342×D318mm)
サイズ 900 × 54 × 83 mm
サウンド機能特徴 バーチャルサラウンド・ナイトモード・ダイアログエンハンサー
ネットワーク Bluetooth
実力最大出力 40W+40W
接続 HDMI(ARC・CEC対応)・光デジタル・アナログAUX
第1位

SONY (ソニー) サウンドバー 2.1ch 内蔵サブウーファー Bluetooth ホームシアターシステム チャコールブラック HT-S200F B

22,357円(税込)

コンパクトサイズでも音響は本格的

SONY独自のデジタルアンプ「S-Maste」を搭載。
両サイドにあるバーススピーカーのバスレフ効果で重厚感のある低音サウンドを実現しています。
また「サウンドオプティマイザー」を搭載しているのもポイントです。

サブウーファー接続 内臓式
サイズ 580 x 64 x 95 mm
サウンド機能特徴 Auto Sound・サウンドオプティマイザー
ネットワーク Bluetooth(SBC)
実力最大出力 80W
接続 HDMI端子(ARC対応)・光デジタル・USB

シアターバー のおすすめ比較一覧表

商品画像
SONY (ソニー) サウンドバー  2.1ch 内蔵サブウーファー Bluetooth ホームシアターシステム チャコールブラック HT-S200F B  B078Y5VFC7 1枚目
D&M Import Audio サウンドバー ARC/Bluetooth対応 ワイヤレス サブウーハー ブラック DHTS316K B07H52DFDC 1枚目
Panasonic (パナソニック) シアターバー Bluetooth対応 SC-HTB01 B07L92ZVTR 1枚目
SONY (ソニー) サウンドバー 2.1ch Dolby Atmos Bluetooth 対応 ホームシアターシステム HT-X8500 B07PX6FMMS 1枚目
BOSE SoundTouch 300 soundbar ワイヤレスサウンドバー  Alexa対応 B01N4S1XSZ 1枚目
HARMAN JBL BAR 2.0 ALL IN ONE サウンドバー  JBLBAR20AIOBLKJN B07VW8X9TX 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) サウンドバー 4K HDR対応 HDMI DTS Virtual:X  YAS-108(B) B07F3SQ5T3 1枚目
Fityou サウンドバースピーカー bluetooth 対応  LP1807 B07T3SMNVB 1枚目
Sandlots サウンドバースピーカー【FunLogy】FUN SOUND Bluetooth B07KKD61ZY 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-109(B) B07TCDMKR2 1枚目
商品名 SONY (ソニー) サウンドバー 2.1ch 内蔵サブウーファー Bluetooth ホームシアターシステム チャコールブラック HT-S200F B D&M Import Audio サウンドバー ARC/Bluetooth対応 ワイヤレス サブウーハー ブラック DHTS316K Panasonic (パナソニック) シアターバー Bluetooth対応 SC-HTB01 SONY (ソニー) サウンドバー 2.1ch Dolby Atmos Bluetooth 対応 ホームシアターシステム HT-X8500 BOSE SoundTouch 300 soundbar ワイヤレスサウンドバー Alexa対応 HARMAN JBL BAR 2.0 ALL IN ONE サウンドバー JBLBAR20AIOBLKJN YAMAHA (ヤマハ) サウンドバー 4K HDR対応 HDMI DTS Virtual:X YAS-108(B) Fityou サウンドバースピーカー bluetooth 対応 LP1807 Sandlots サウンドバースピーカー【FunLogy】FUN SOUND Bluetooth YAMAHA (ヤマハ) サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-109(B)
特徴 コンパクトサイズでも音響は本格的 ワイヤレスサブウーファーで重厚感のあるサウンドを実現 ゲームの世界に入り込んだような没入感のあるサウンド 立体的な音響でオーディオ機器としても重宝 重厚感のあるサウンドとエレガントなデザインの両立 難しい操作は不要!ケーブル1本で簡単接続 音に包まれているような感覚を味わえる 6つのスピーカーで臨場感のある音を実現 1万円代で手頃に快適なサウンドが楽しめる Alexaに話しかけるだけで広がるサウンド
価格 22,357円(税込) 24,783円(税込) 32,800円(税込) 37,426円(税込) 81,000円(税込) 17,379円(税込) 21,189円(税込) 8,800円(税込) 12,800円(税込) 22,856円(税込)
サブウーファー接続 内臓式 付属式(W171×H342×D318mm) 内臓式 内臓式 内臓式 内臓式 内臓式 内臓式 内臓式 内臓式
サイズ 580 x 64 x 95 mm 900 × 54 × 83 mm 430 × 52 × 130 mm 890 × 64 × 96 mm 978 x 57 x 108 mm 614 x 58 x 90 mm 890 × 53 × 131 mm 1000 × 72 × 72 mm 1025 × 70 × 84 mm 890 × 53 × 131 mm
サウンド機能特徴 Auto Sound・サウンドオプティマイザー バーチャルサラウンド・ナイトモード・ダイアログエンハンサー ハイレゾ・バーチャルサラウンド・ドルビーアトモス 4Kパススルー・ドルビーアトモス・バーチャルサラウンド・サウンドオプティマイザー 4Kパススルー・Dolby Digital・DTS Dolby Digital バーチャル3Dサラウンド・4Kパススルー 6個の高音質スピーカー・2つの疑似ウーファー スピーカーとウーファーを左右に内臓 4Kパススルー・Alexaボイスコントロール・バーチャル3Dサラウンド
ネットワーク Bluetooth(SBC) Bluetooth Bluetooth Bluetooth (RX) Bluetooth・Wi-Fi Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth・無線LAN
実力最大出力 80W 40W+40W 80W 160W - 80W 120W 50W 70W 120W
接続 HDMI端子(ARC対応)・光デジタル・USB HDMI(ARC・CEC対応)・光デジタル・アナログAUX HDMI(ARC対応)・光デジタル・USB端子 HDMI(eARC・ARC対応)・光デジタル・USB端子 HDMI(ARC対応)・光デジタル・USB端子 HDMI(ARC対応)・光デジタル・USB端子 HDMI(ARC対応)・光デジタル・USB端子 HDMI (ARC)・光デジタル・USB端子 光デジタル・同軸デジタル端子・USBメモリ HDMI端子(HDCP2.3・ARC対応)・光デジタル・USB
商品リンク

おすすめのシアターバーまとめ

シアターバーの選び方のポイントについて紹介してきました。いくつかポイントを押さえておくことで、実際にシアターバーを購入するときの判断材料になります。

音響がよいのはもちろんのこと、接続が簡単にできるか、オーディオとしても使えるのかなど、性能を見比べることで自分に合うシアターバーが見つけやすくなるでしょう。自分に合う製品を見つけることで、今までよりもさらに映画やゲームを世界観にどっぷりと浸り、作品を楽んでみましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

シアターバー
のおすすめ関連記事をもっと見る