SSHDのおすすめ人気比較ランキング9選

【最新版】SSHDの人気9アイテムのおすすめ比較ランキング。SSHDの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのSSHDをランキング形式でご紹介。
eimana

HDDやSSDなどのストレージは大切なデータを保存するのには欠かせない製品ですが、ここ数年新しい『SSHD』という製品が出てきているのはご存知でしょうか。HDDとSSDの中間的な要素をもつSSHDは、価格が手頃で読み書きも速いことで近年人気が出てきています。

この記事ではSSHDの概要について解説していきますので、自分に合うSSHDを探してみてください。SSHDは種類もたくさんあるので、どれを選んだらよいのかわからないという方のために、選び方のポイントも紹介します。

そもそもSSHDとは

SSHD』とは『Solid State Hybrid Drive』の略称で、2007年頃に登場したHDDとSSDのメリットを組み合わせた優れた商品です。しかしHDDやSSDに比べると普及率も低いため、聞いたことがないという人も多いでしょう。

PCやゲームを使う上でHDDやSSDはデータを保存する欠かせないアイテムですが、これらは『補助記憶装置』といってPCで作成した資料やゲームなどのデータを保存する役割です。

HDDでは円盤のディスクの読み込みと書き込み、SSDではデータを保存できます。SSHDは手頃な価格で、HDDやSSDと同様に大容量のデータの読み込み・書き込み・保存ができる商品です。

SSHDとHDDの違い

HDD』は内蔵された磁気ディスクが回転することで、データの読み書きを行います。磁気ディスクを回転させながらデータを読み書きするため衝撃に弱いという欠点はありますが、大容量のデータを保存できることと価格が安いことが魅力です。

SSHD』はSSDと同じフラッシュメモリと呼ばれる記憶装置を採用しているため、データの書き込みが速く衝撃に強いのが特徴です。HDDは安価で大容量のデータを扱え、SSHDは衝撃に強く起動スピードの速さが違います。

SSHDのメリット

処理スピードの速さ

SSHDの特徴はHDDに比べ処理スピードが速い点です。SSDと同じようにフラッシュメモリを使うことで、電源を切っても内容は保存されますし、PCやアプリケーションを再度起動させたときも時間をかけずに素早く立ち上がります。

SSHDであれば2TBのアイテムでも10,000円以下で購入できるため圧倒的にコスパは高く、大量のデータを扱う人にとってはありがたい商品です。

SSHDは大容量データ保存

SSHDの最大のメリットは大容量のデータを保存できる点です。SSHDとHDDで使用するディスクは同じなので、2TBや4TBといった大容量のデータもコストを押さえて保存できます。最近は1本60GBと容量の大きいPCゲームも増えているので、ゲームや4Kなど大量のデータを扱うならSSHDがおすすめです。

さらにSSHDはSSDと同じNANDフラッシュメモリを搭載しているため、読み書きのスピードも速いのも大きな魅力でしょう。

SSHDはSSDより安い

大容量のデータを扱えるだけでなく、SSDよりも価格が低いのもSSHDの魅力です。1TBのSSDを購入しようとすれば15,000円前後はかかります。しかしSSHDであれば、8,000~9,000円程度で購入できます。

2TBや4TBと容量が増えれば増えるほど、SSHDとSSDで金額の差も大きくなってきます。SSHDはPCやアプリケーションの起動がSSD並に早く、大容量のデータ保存ができてコストも抑えられます。

SSHDのデメリット

SSHDは発熱量が多い

SSHDはHDDと同様に、ディスクを回転させることで読み書きを行いデータ保存します。問題はディスクを回転させるため、熱をもちやすい点です。

一方でSSDはフラッシュメモリを使っており熱はほとんどもたないので、SSDを利用していてSSHDに乗り換えると発熱量の多さを感じる場合もあるでしょう。

SSHDは衝撃に弱い

HDDもSSHD、SSDも精密機械であるため衝撃に弱い作りです。その中でもHDDとSSHDはディスクを物理的に動かしているため特に衝撃に弱いストレージです。

HDDはPCやゲームの起動時、SSHDはデータ転送時に衝撃を加えると壊れやすくなります。中のパーツが破損してしまうことで、データが取り出せなくなることもあります。SSDは物理的に動いている訳ではないので、多少の衝撃であってもすぐに壊れてしまうことはあまりありません。

おすすめのSSHDの選び方

サイズで選ぶ

SSHDの大きさには『2.5インチ』と『3.5インチ』の2つがあります。

3.5インチ』のSSHDはデスクトップやサーバー用として主に使われおり、『2.5インチ』のSSHDはノートPC用やゲーム機などに使われています。2.5インチのSSHDは低電力で、3.5インチと比べると静音性にも優れているのが特徴です。

SSHDの厚みを考えずに大きさだけで選んでしまうと、取り付ける際に厚みがありすぎて使用できないという事態になることも考えられますので、事前に用途を明確にしておくことが大切です。

使う目的に合わせて選ぶ

Officeを使いたい人

仕事でExcelやWordといった資料作成などをメインに行う人は、500GBの容量で十分でしょう。動画編集ソフトやPCゲームなど容量の大きいものを数多く入れなければ、ストレスなく動作します。

ただ引き継ぎや仕事内容の変化で大きなデータを扱う場合は、容量いっぱいに入れてしまうと動作が遅くなるので注意しましょう。

写真が趣味の人

InstagramやTwitterなどの普及により、SNSで写真をUPする人が増えてきたことで写真撮影をする人が多くなりました。PCにはOfficeのアプリケーションで資料や文書作成をする場合は、1TBは欲しいところです。

1TBあればデジカメの画像で約25万枚、文庫本で約1万冊分を保存できます。フォトショップ専用のアプリを使って写真を加工する場合は、1TBあると容量を気にすることなく写真を保存しておけます。

PS3・PS4、動画保存する人

4Kの高画質な動画やPCゲーム機の迫力のある画質を楽しみたい場合は、2TBあると安心です。1本60GBなどと容量の大きいPCゲームを何本も保存しておきたい場合は、2TB以上ないと容量不足でゲームのアンインストールやデータの整理の必要がでてきます。

動画を編集する場合も容量の大きいSSHDを用意しておくことで、容量を気にすることなく動画編集に集中できるでしょう。

スペックで選ぶ

ディスクの回転速度

HDDやSSHDのディスクは回転することで読み書きを行います。1分間でのディスクの回転数を『rpm』という単位で表しますが、この数値が大きければ大きいほどアクセスまでの時間は早くなり、価格も高くなります。HDDやSSHDの回転速度には『5400rpm』『7200rpm』の2種類があります。

数字の低い『5400rpm』は、データまでのアクセスは遅いものの価格も安く消費電力が少ないので、発熱しにくい作りです。『7200rpm』はデータまでのアクセスが早く、値段が高い傾向にあります。

SSHDの場合はNANDフラッシュメモリを採用しているので、ディスクを使うことなく通信を行うためあまり回転数にこだわる必要はありません。

キャッシュ (バッファ)容量

データを転送するときに一時的に保存する場所を『キャッシュ』や『バッファ』といいます。キャッシュ部分の容量が多いほど、データのやり取りを少なくすることが可能です。SSDに比べると転送スピードは遅くなりますが、SSHDを購入するときはキャッシュの数字が大きいアイテムを選ぶことをおすすめします。

HDDやSSHDには64MB~256MBのものが多く、特に64MBのSSHDは値段も比較的安いので、キャッシュの容量と価格と比べて購入を検討するのもいいでしょう。

転送速度

データを転送する際に必要な『転送速度』というものがあります。SSHDに使われているインターフェイスは『SATA』と呼ばれる規格です。SATAには3種類あり、2000年に速度150MB/sの『SATAⅠ』、2004年に300MB/sの『SATAⅡ』、2009年に600MB/sの『SATAⅢ』が登場しました。

SATAⅢは下位変換ができるのでPCがSATAⅡの接続部分であっても心配する必要はありません。SATAⅢを選んでおけば、満足のいく転送速度が実現するでしょう。

SSHD のおすすめ人気比較ランキング

第9位

TOSHIBA 3.5型内蔵ハードディスク DT01ACA100 1TB アマゾン限定モデル 2年保証 SATA 6Gbps対応

5,675円(税込)

日本製にこだわるなら持っておきたいSSHD

デスクトップ用として重宝するTOSHIBAのSSHD。
容量は1TB、回転数は7,200rpmと安定したスペックで満足度の高い商品です。
またSATA 6Gbp/sに対応しているため、動画や大量のデータを転送する際もストレスを感じずに使用できます。
静音性も高く、作業中でも音を気に心配はありません。

ブランド TOSHIBA
重量 458 g
画面サイズ 3.5インチ
回転数 7200rpm
HDD容量 1000GB
インターフェイス SATA 6Gb/s
第8位

SEAGATE FireCuda 2.5" 500GB SSHD 内蔵ハードディスク 5年保証 6Gb/s MLC/8GB 5400rpm ゲーム用 PS4 動作確認済み ST500LX025

6,743円(税込)

PS4に対応したコスパのいい商品

海外メーカーの中でも人気の高い「Seagate」。
AdaptiveMemory技術を採用したことで、起動するたびにファイルが最適化され起動が早くなります。
他にもフラッシュ・アクセラレーテッドHDD技術を使用しているため節電が可能となり、本体部分の発熱量も少ないです。
5年保証つきなのも嬉しいポイントです。

ブランド SEAGATE
重量 104 g
画面サイズ 2.5インチ
回転数 5400rpm
HDD容量 500GB
インターフェイス Serial ATA
第7位

MARSHAL SSHD 2.5インチ HYBRID 内蔵 HDD 500GB 5400rpm 7mm厚 SATA スリム 薄型 SSD搭載 MAL2500HSA-T54L

3,980円(税込)

コスパ重視なら外せないSSHD

HDD専門メーカーでもあるMARSHALのSSHDは2.5インチ、厚さ7mmとコンパクトに作られています。
インターフェイスにはSerialATAを採用しています。
PCの起動も早く、ソフトの立ち上げもスムーズに行えるのがポイントです。

ブランド MARSHAL
重量 90.7 g
画面サイズ 2.5インチ
回転数 5400rpm
HDD容量 500GB
インターフェイス Serial ATA
第6位

SEAGATE Desktop 3.5inch Hybrid SSHD ST1000DX001 SATA 6Gb/s 1TB 7200rpm 8GBMLC 64MB AF

14,917円(税込)

動画やデータを取り扱う人向け

容量が1TBなので動画や大量のデータを扱う人向きです。
MACに取り付ける人も多く、グラフィックなどをメインに扱う場合は専用ソフトの起動の速さをより体感できます。
またシーゲイトAdaptive Memory技術を採用しているので、よりスムーズにシステムが応答してくれます。

ブランド SEAGATE
重量 454 g
画面サイズ 3.5インチ
回転数 7200rpm
HDD容量 1000GB
インターフェイス Serial ATA600
第5位

WESTERNDIGITAL SSHD 内蔵ドライブ 3.5インチ 4TB+MLC8GB WD Blue SSHD WD40E31X SATA3.0 16MB 3年保証

91,000円(税込)

容量を気にすることなくPCゲームを楽しむためのマストアイテム

WDのSSHDは4TBと大容量で、ゲームや動画データを扱う方には欠かせない商品です。
8GBのNANDフラッシュを搭載しているため、従来のHDDと比べると4~5倍速で処理を進められます。
さらにSelf-learningというアルゴリズムを活用することで、利用頻度の高いデータを優先的に起動できるように学習し最適化します。

ブランド WESTERNDIGITAL
重量 717 g
画面サイズ 2.5インチ
回転数 -
HDD容量 4000GB
インターフェイス Serial ATA600
第4位

TOSHIBA MQ02ABD100H 2.5インチ 5400rpm 64MB 1TB SSHD 8GB 並行輸入

9,980円(税込)

PCの起動を大幅に短縮するなら外せない1台

日本製で人気のあるTOSHIBA。なかでもこの商品はノートPCに適したSSHDです。
頻繁に利用するアプリケーションは毎日起動させることで読み込みも早くなります。
仕事で専用ソフトをよく利用する際に重宝するSSHDです。

ブランド TOSHIBA
重量 109 g
画面サイズ 2.5インチ
回転数 5400rpm
HDD容量 1TB
インターフェイス Serial ATA600
第3位

SEAGATE FireCuda 3.5"2TB SSHD 内蔵ハードディスク ゲーム用 5年保証 6Gb/s MLC/8GB 7200rpm 正規代理店品 ST2000DX002

10,830円(税込)

業界最長の5年保証で安心のSSHD

SeagateのSSHDは業界最長の5年保証付きで、初めてSSHDを使う人でも安心して利用できるのがポイント。
性能面は8GBのNANDフラッシュを採用し、従来品よりも5倍速で動きます。
さらにMulti-Tier Caching Technologyを搭載し、何度読み書きをしても速度を低下させません。

ブランド SEAGATE
重量 562 g
画面サイズ 3.52インチ
回転数 7200rpm
HDD容量 2000GB
インターフェイス Serial ATA600
第2位

WESTERNDIGITAL SSHD 内蔵ドライブ 2.5インチ 1TB+MLC8GB WD Blue SSHD WD10J31X SATA3.0 16MB 9.5mm 3年保証

32,968円(税込)

ストレスなくゲームを楽しむなら欠かせないSSHD

4K動画やゲームなどを楽しむなら、8GBのNANDフラッシュを搭載したWDがおすすめです。
従来のHDDと比較すると、最大4~5倍の速度で処理を行います。
またSelf-learningを採用したことでアルゴリズムを活用し、頻繁に使われるアプリケーションやデータなどへのアクセスを優先させます。

ブランド WESTERNDIGITAL
重量 136 g
画面サイズ 2.5インチ
回転数 5400rpm
HDD容量 1000GB
インターフェイス Serial ATA
第1位

SEAGATE Seagate Desktop SSHD 3.5インチ内蔵SSHD 4TB SATA 6.0Gb/s 5900rpm 64MB MLC/8GB ST4000DX001

88,000円(税込)

容量を気にすることなくゲームを楽しみたい人向け

圧倒的な容量で、ゲームや動画を最高のパフォーマンスで楽しめるSSHDです。
Windows8の起動時間はなんと10秒未満。
またSeagate Adaptive Memoryを搭載したことで、使用頻度の高いアプリケーションやデータを特定し、起動時の読み込みスピードを大幅に向上しました。

ブランド SEAGATE
重量 676 g
画面サイズ 3.5インチ
回転数 5900rpm
HDD容量 4TB
インターフェイス SATA 6.0Gb

SSHD のおすすめ比較一覧表

商品画像
SEAGATE Seagate Desktop SSHD 3.5インチ内蔵SSHD 4TB SATA 6.0Gb/s 5900rpm 64MB MLC/8GB ST4000DX001 B00KP03L1U 1枚目
WESTERNDIGITAL SSHD 内蔵ドライブ 2.5インチ 1TB+MLC8GB WD Blue SSHD WD10J31X SATA3.0 16MB 9.5mm 3年保証 B00YY3UBY4 1枚目
SEAGATE FireCuda 3.5
TOSHIBA MQ02ABD100H 2.5インチ 5400rpm 64MB 1TB SSHD 8GB 並行輸入 B00TDJBFNK 1枚目
WESTERNDIGITAL SSHD 内蔵ドライブ 3.5インチ 4TB+MLC8GB WD Blue SSHD WD40E31X SATA3.0 16MB 3年保証 B00YY3UA68 1枚目
SEAGATE Desktop 3.5inch Hybrid SSHD ST1000DX001 SATA 6Gb/s 1TB 7200rpm 8GBMLC 64MB AF B00EIQTOFY 1枚目
MARSHAL  SSHD 2.5インチ HYBRID 内蔵 HDD 500GB 5400rpm 7mm厚 SATA スリム 薄型 SSD搭載 MAL2500HSA-T54L B00S5WJVTG 1枚目
SEAGATE FireCuda 2.5
TOSHIBA 3.5型内蔵ハードディスク DT01ACA100 1TB アマゾン限定モデル 2年保証 SATA 6Gbps対応 B06Y1WFYWR 1枚目
商品名 SEAGATE Seagate Desktop SSHD 3.5インチ内蔵SSHD 4TB SATA 6.0Gb/s 5900rpm 64MB MLC/8GB ST4000DX001 WESTERNDIGITAL SSHD 内蔵ドライブ 2.5インチ 1TB+MLC8GB WD Blue SSHD WD10J31X SATA3.0 16MB 9.5mm 3年保証 SEAGATE FireCuda 3.5"2TB SSHD 内蔵ハードディスク ゲーム用 5年保証 6Gb/s MLC/8GB 7200rpm 正規代理店品 ST2000DX002 TOSHIBA MQ02ABD100H 2.5インチ 5400rpm 64MB 1TB SSHD 8GB 並行輸入 WESTERNDIGITAL SSHD 内蔵ドライブ 3.5インチ 4TB+MLC8GB WD Blue SSHD WD40E31X SATA3.0 16MB 3年保証 SEAGATE Desktop 3.5inch Hybrid SSHD ST1000DX001 SATA 6Gb/s 1TB 7200rpm 8GBMLC 64MB AF MARSHAL SSHD 2.5インチ HYBRID 内蔵 HDD 500GB 5400rpm 7mm厚 SATA スリム 薄型 SSD搭載 MAL2500HSA-T54L SEAGATE FireCuda 2.5" 500GB SSHD 内蔵ハードディスク 5年保証 6Gb/s MLC/8GB 5400rpm ゲーム用 PS4 動作確認済み ST500LX025 TOSHIBA 3.5型内蔵ハードディスク DT01ACA100 1TB アマゾン限定モデル 2年保証 SATA 6Gbps対応
特徴 容量を気にすることなくゲームを楽しみたい人向け ストレスなくゲームを楽しむなら欠かせないSSHD 業界最長の5年保証で安心のSSHD PCの起動を大幅に短縮するなら外せない1台 容量を気にすることなくPCゲームを楽しむためのマストアイテム 動画やデータを取り扱う人向け コスパ重視なら外せないSSHD PS4に対応したコスパのいい商品 日本製にこだわるなら持っておきたいSSHD
価格 88,000円(税込) 32,968円(税込) 10,830円(税込) 9,980円(税込) 91,000円(税込) 14,917円(税込) 3,980円(税込) 6,743円(税込) 5,675円(税込)
ブランド SEAGATE WESTERNDIGITAL SEAGATE TOSHIBA WESTERNDIGITAL SEAGATE MARSHAL SEAGATE TOSHIBA
重量 676 g 136 g 562 g 109 g 717 g 454 g 90.7 g 104 g 458 g
画面サイズ 3.5インチ 2.5インチ 3.52インチ 2.5インチ 2.5インチ 3.5インチ 2.5インチ 2.5インチ 3.5インチ
回転数 5900rpm 5400rpm 7200rpm 5400rpm - 7200rpm 5400rpm 5400rpm 7200rpm
HDD容量 4TB 1000GB 2000GB 1TB 4000GB 1000GB 500GB 500GB 1000GB
インターフェイス SATA 6.0Gb Serial ATA Serial ATA600 Serial ATA600 Serial ATA600 Serial ATA600 Serial ATA Serial ATA SATA 6Gb/s
商品リンク

おすすめのSSHDまとめ

SSHDの特徴や選び方を紹介してきましたが、自分に合いそうな製品を見つけられるコツは掴めたでしょうか。SSHDはHDDとSSDの中間にある商品のため、値段も手頃なだけでなく、大容量でスピードもある優れた商品です。

SSHDは、ここ数年じわじわと人気が高まってきているので製品も数多く出てきています。PCだけでなくゲーム機にも搭載できるので、購入前にはしっかりとサイズを確認して自分がどのくらい容量を使うのか把握し、適切なSSHDを選べるようしておきましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

SSHD
のおすすめ関連記事をもっと見る