電子キーボードのおすすめ厳選人気ランキング10選

【最新版】電子キーボードの厳選10アイテムのおすすめ人気ランキング。電子キーボードの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめの電子キーボードをランキング形式でご紹介。
hiro

『いろいろな楽器を演奏したい』『趣味で音楽活動をはじめたい』『持ち運びしやすい楽器を探している』このような悩みを抱えているかたは、『電子キーボード』の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

電子キーボードとはピアノやオルガンなどさまざまな楽器の音色を備えた鍵盤状の電子楽器で、シンセサイザーから電子ピアノまでさまざまなタイプの『電子キーボード』があるものです。今回はおもにバンド演奏などで利用する鍵盤状の電子キーボードについてご紹介します。

演奏と作曲にも使える電子キーボード

電子キーボード』はアナログな楽器と異なり、内臓されている録音機を利用して演奏した音を記録したり、タブレットやパソコンなどの外部機器と連携して曲を録音・編集することが可能です。よって電子キーボードを演奏するだけでなく、パソコンを使って音色を編集してひとつのオリジナル曲として音声データをまとめることもできるでしょう。

持ち運びやすいだけでなくパソコンなどの電子機器と連携しやすいのは大きなメリットといえます。

電子キーボードにある特色と機能

電子キーボードには録音機能や外部機器との連携機能以外にもさまざまな特色があります。たとえばグランドピアノに匹敵するほど特定の機能に特化した電子キーボード、多機能で持ち運びやすさにこだわった電子キーボード、さまざまな楽器の音色を収録した電子キーボードなどが挙げられるでしょう。

外見的な違いであれば、たとえば鍵盤数が少なく持ち運びやすいモデル、演奏機能であれば同時発音数が多くペダルを踏んでもたくさんの音を同時にだせるモデルがあります。

ピアノのようなタッチレスポンス

電子キーボードをピアノの練習用として利用するのであれば打鍵感にもこだわったほうが良いでしょう。実際のピアノはハンマーを利用して音を発する機構に対して、電子キーボードは録音された音を発する仕組みなので軽いタッチになりがちです。

モデルによってはアコースティックピアノの打鍵感を再現したピアノも販売されており、触り心地もピアノにちかい電子キーボードもあります。

鍵盤 (キー)の数

電子キーボードはモデルによって鍵盤数が異なり、最も多いパターンは『61鍵盤』『76鍵盤』『88鍵盤』のどれにするかで悩むことではないでしょうか。一般的に持ち運びやすさを重視するなら『61鍵盤』、ピアノの練習用として利用するなら『88鍵盤』を選ぶ人が多いです。

ただしボタン1つでオクターブを変えることができるので、鍵盤数が少ないからといって出せる音域が少なくなるということはありません。

光る電子キーボード

多機能な電子キーボードの中には鍵盤上の特定キーが光って演奏のアシストをしてくれるモデルがあります。譜面が読めないはじめてピアノを演奏する人でも、光ったキーをおせば曲が演奏できるので、ピアノを手軽に楽しみたい人向けのモデルといえるでしょう。

ただし電子キーボードが光るモデルは多機能な反面、実際のピアノよりも音質やキーのタッチ感で劣るモデルが多いです。本格的にピアノの練習をしたい人には電子キーボードが光るかどうかより音質や鍵盤数、打鍵感にこだわっったほうが良いでしょう。

おすすめの電子キーボードの選び方

電子ピアノからシンセサイザー、ステージピアノタイプなど、電子キーボードにはさまざまな種類があります。またキータッチの強弱を音の強さに反映するモデルや、光っているキーをおすだけで簡単に演奏ができる光る電子キーボードなど機能性にも注目すると良いでしょう。

種類から選ぶ

使用目的によって購入すべき電子キーボードの種類は変わるでしょう。グランドピアノレベルの音質や臨場感を体験できる電子ピアノ、さまざまな楽器の音色を録音したシンセサイザー、持ち運びやすさに特化したポータブル電子キーボードなどがあります。

自分の利用目的にあった電子キーボードを選ぶことが大切と言えるでしょう。

タッチレスポンスは本格派向け

電子キーボードの中にはキータッチの強弱が発生音量に反映しないモデルがあります。ベロシティ(音の強弱)がつかないと曲の抑揚がなくなり、単調な演奏になりがちです。ピアノをひく場合はキータッチの強弱によって音の強さが変化できないと、練習用電子キーボードとしては力不足でしょう。

ピアノの練習用であれば本格的なタッチレスポンスを再現したモノを選ぶことが重要ではないでしょうか。

光る電子キーボードはお子様から大人まで

上述したように光る電子キーボードはタッチすべき場所を照らし、視覚的に分かりやすくピアノを演奏することができるでしょう。楽しみながらピアノを演奏したい子供や、本格的にピアノをはじめるほどではないけど、とりあえずピアノに触ってみたい大人にもおすすめできるのではないでしょうか。

ただし光る電子キーボードは実際のピアノの演奏感を再現できていないモデルも多いので、購入時は注意する必要があります。

作曲を考えているならDTM用

作曲用として電子キーボードを購入するなら機能性にこだわったモデルを選ぶべきではないでしょうか。シンセサイザーならピアノ以外にもさまざまな楽器の演奏ができますし、ステージピアノタイプならより実際のピアノにちかい演奏ができると思われます。

DTM用として電子キーボードを導入するなら録音機能やパソコンとの連携機能がついているモデルを選ぶことも大切でしょう。

音楽活動を考えているならシンセサイザーも

シンセサイザーはイコライザーやエフェクトなど音を加工することができる電子キーボードです。『音を作る』ことに特化した楽器なので、ピアノ以外にもオルガンやバイオリンなどさまざまな楽器の音色を奏でることができるでしょう。

いろいろな楽器の音色を組み合わせて自分独自の音を作っていきたい人におすすめできるのがシンセサイザーではないでしょうか。

電子キーボード のおすすめ人気比較ランキング

第10位

サクラ楽器 キーボード 61鍵 OTK-61S/WH

13,240円(税込)

初心者向け電子キーボード

本モデルはピアノをはじめギター、民族楽器やシンセサウンドなど300種類の楽器を収録しているのがポイント。電子キーボードに記載されている表記も日本語で直感的に理解しやすく、手軽に音楽を楽しめる「かんたんコード」「レッスンモード」を搭載。

小さなお子様でも無理なく演奏を楽しむことができるでしょう。鍵盤もアコースティックピアノ同様厚みのあるボックスタイプとなっており、高級感があります。はじめて子供に家庭内で楽器を習わせるときにおすすめできるモデルです。

鍵盤 61
音色数 300
光るキーボード -
タッチレスポンス -
サイズ(幅 × 高さ × 奥行) 96 × 37.5 × 12cm
重量 4.8kg
第9位

CASIO (カシオ) 61鍵盤 電子キーボード 光ナビゲーション LK-511

23,341円(税込)

収録されている音色数が豊富

本モデルの特徴は600もの楽器の音色に対応しているところです。音色が多いだけでなく、「ソングバンクプラス」というスマホ・タブレット向けアプリを利用して連携すれば、楽曲を購入して本体に内蔵する収録曲を自由に増やせます。すでにインストールされている200曲に加えてお好みの曲を追加で増やすことが可能。

ほかにもタイミングよく任意のキーをおせば正しいメロディが流れる「らくらくモード」やおすべきキーを光らせてくれる「光ナビゲーション」機能など、音楽を楽しむための機能が満載なのも魅力的な点です。

鍵盤 61
音色数 600
光るキーボード あり
タッチレスポンス あり
サイズ(幅 × 高さ × 奥行) 94.8 × 10.9 × 35.0cm
重量 4.5kg
第8位

CASIO (カシオ) 61鍵盤 電子キーボード 光ナビゲーション LK-311

13,640円(税込)

廉価版ながらも必要十分なスペック

本モデルは第9位で紹介した商品の下位モデルに当たります。収録楽曲数は120曲で、アプリと連携して楽曲の追加購入は不可能ですが「光ナビゲーション」「運指音声機能」「マイク対応」「タッチレスポンスに対応」など音楽を楽しむための機能はそのままです。

本体重量も軽くなり、カバーを導入すれば持ち運びやすさもアップ。楽曲のダウンロードやスマホ・タブレットとの連携にこだわらないのであれば廉価版の本モデルがおすすめです。

鍵盤 61
音色数 400
光るキーボード あり
タッチレスポンス あり
サイズ(幅 × 高さ × 奥行) 94.6 × 9.2 × 30.7cm
重量 3.5kg
第7位

ヤマハ(YAMAHA) 電子キーボード piaggero ブラック NP-12B

18,927円(税込)

しっかりピアノを練習したい人向け

本モデルはヤマハのグランドピアノから音色をサンプリングしており、ピアノを中心に高クオリティの音源を収録しています。ただし音色数は10と少なめで幅広い楽器を演奏したい人よりもピアノを練習したい人向けのモデルといえるでしょう。

購入時にスタンドやフットスイッチセットモデルを購入すれば本格的なピアノ演奏の気分を味わえます。ただし鍵盤数は61と、本格的なピアノでおなじみの88鍵盤に対応していない点には注意してください。あまりスペースをとらず自宅でピアノの練習をしたい人向けの製品といえます。

鍵盤 61
音色数 10
光るキーボード -
タッチレスポンス -
サイズ(幅 × 高さ × 奥行) 103.6 ×10.5 × 25.9cm
重量 4.5kg
第6位

CASIO(カシオ) 61鍵盤 電子キーボード CTK-2550

13,430円(税込)

コスパに優れたキーボード

本モデルは比較的低価格ながらも多数の高音質音源を収録した電子キーボードです。本体重量も3.3kgと軽く、鍵盤もボックスタイプなのでよりピアノに近い感覚で演奏できます。

「ダンスミュージックモード」にも対応しており、数種類のパターンフレーズを組み合わせてダンスミュージックを楽しんだり、エフェクトや自動盛り上げ機能などダンスミュージック特有のサウンド効果もかけることが可能。ピアノの練習からダンスミュージックまで幅広い音楽に対応できるのが本モデルの特徴です。

鍵盤 61
音色数 400
光るキーボード -
タッチレスポンス あり
サイズ(幅 × 高さ × 奥行) 94.6 × 9.2 × 30.7cm
重量 3.3kg
第5位

CASIO(カシオ) 44ミニ鍵盤 電子キーボード SA-76

6,271円(税込)

軽くて手軽なミニキーボード

本モデルの特徴はなんといっても本体重量の軽さです。44鍵盤と必要最低限の鍵盤数をそろえつつ、本体重量はわずか1.4kgと子供でも持てる重さになっています。小さなお子様用のおもちゃとしても、2台目のピアノ練習用サブ機としても利用できるお手軽サイズです。

音色のなかにはヘリコプターや電車の音など子供向けの音源も多く収録しており、子供のおもちゃとしても保育園でのお遊戯用としても活用可能。ただし充電用のACアダプターおよび単三乾電池は別売りなので、トータルで必要な予算額には注意が必要です。

鍵盤 44
音色数 100
光るキーボード -
タッチレスポンス -
サイズ(幅 × 高さ × 奥行) 60.4 × 5.7 × 21.1cm 
重量 1.4kg
第4位

ヤマハ(YAMAHA) 電子キーボード piaggero ホワイト NP-32WH

27,673円(税込)

ピアノと変わらない演奏感

本モデルはアコースティックピアノをイメージした弾き心地を再現しております。「グレートソフトタッチ」とよばれる機能で、タッチは本物のピアノと同じく低音部はキーが重く、高音部はキーが軽くなるよう調整されていますが電子キーボード特有の軽いタッチはそのままです。

またタッチレスポンスにも対応しており、キータッチの強さで音の強さに強弱がつくボックスタイプの鍵盤となっています。録音機能やヘッドホン機能もついており使い勝手は良いですが、鍵盤数は76鍵である点には注意が必要。

鍵盤 76
音色数 10
光るキーボード -
タッチレスポンス -
サイズ(幅 × 高さ × 奥行) 124.4 × 10.5 × 25.9cm
重量 5.7kg
第3位

CASIO (カシオ) 32ミニ鍵盤 電子キーボード SA-46

3,662円(税込)

持ち運びやすさにこだわった電子キーボード

本モデルは本体重量が1.0kgと非常に軽く、32鍵盤なのでサイズもコンパクトで持ち運びやすさに優れています。内蔵音源にはヘリコプターや電車の音も含まれているため、子ども用としても使用可能。

またボーカリストやコーラスの演奏などで手軽に音取りをするといった使い方もされております。サイズが小さく軽いので普段使い用の大きめバッグでも持ち運びやすいのが特徴。子供から大人まで幅広い用途で使いやすいモデルといえるでしょう。

鍵盤 32
音色数 100
光るキーボード -
タッチレスポンス -
サイズ(幅 × 高さ × 奥行) 44.6 × 5.1 × 20.8cm
重量 1kg
第2位

ヤマハ(YAMAHA) 電子キーボード PORTATONE ポータトーン EZ-J220

19,444円(税込)

これから電子キーボードをはじめる人向け

本モデルは初心者をサポートする「光る鍵盤(ライトガイド)」「指使いガイド」「音符ガイド」機能を備えており、電子キーボード初心者でも安心して使える製品となっています。おすべきキーが光ったり、どのような指使いをするべきかディスプレイ上で丁寧に解説されるのでピアノ学習用としても最適。

iPadと専用アプリを通して連携も可能。内蔵曲の譜面をiPadに表示して自動めくりするといった使い方もできます。これからピアノや音楽をはじめたい人をサポートするように作られているので、音楽初心者の人向けのモデルといえるでしょう。

鍵盤 61
音色数 392
光るキーボード あり
タッチレスポンス あり
サイズ(幅 × 高さ × 奥行) 94.5 × 11.1 × 34.8cm
重量 4.4kg
第1位

ONETONE (ワントーン) 電子キーボード 54鍵盤 LCDディスプレイ搭載 OTK-54

7,109円(税込)

コスパに優れた多機能キーボード

本モデルは300もの音源に対応しており、「かんたんコード」「レッスンモード」など初心者向けの機能が豊富です。一方で上級者向けの機能も搭載しており、「サスティーン」「ビブラート」といった音を伸ばす機能や、「スプリット」で鍵盤を左右に分割し連弾を楽しんだりすることも可能。

鍵盤はボックスタイプで本物のピアノに近い打鍵感です。初心者から上級者の方まで、電子キーボード選びに迷ったら本モデルの購入を検討してみるといいでしょう。

鍵盤 54
音色数 300
光るキーボード -
タッチレスポンス -
サイズ(幅 × 高さ × 奥行) 83 × 9 × 33cm
重量 3.5kg

電子キーボード のおすすめ比較一覧表

商品画像
ONETONE (ワントーン) 電子キーボード 54鍵盤 LCDディスプレイ搭載  OTK-54  B07HGJHZ61 1枚目
ヤマハ(YAMAHA) 電子キーボード PORTATONE ポータトーン EZ-J220 B0088WIHDY 1枚目
CASIO (カシオ) 32ミニ鍵盤 電子キーボード SA-46  B003KZBFIS 1枚目
ヤマハ(YAMAHA) 電子キーボード piaggero ホワイト NP-32WH B01BD4PKD8 1枚目
CASIO(カシオ) 44ミニ鍵盤 電子キーボード SA-76  B00416WHV4 1枚目
CASIO(カシオ) 61鍵盤 電子キーボード CTK-2550  B01LA2Y3D6 1枚目
ヤマハ(YAMAHA) 電子キーボード piaggero ブラック NP-12B B01BD4PL3M 1枚目
CASIO (カシオ) 61鍵盤 電子キーボード 光ナビゲーション LK-311 B07FZY67RN 1枚目
CASIO (カシオ) 61鍵盤 電子キーボード 光ナビゲーション LK-511 B07G19Q7KD 1枚目
サクラ楽器 キーボード 61鍵 OTK-61S/WH  B07QB241Q2 1枚目
商品名 ONETONE (ワントーン) 電子キーボード 54鍵盤 LCDディスプレイ搭載 OTK-54 ヤマハ(YAMAHA) 電子キーボード PORTATONE ポータトーン EZ-J220 CASIO (カシオ) 32ミニ鍵盤 電子キーボード SA-46 ヤマハ(YAMAHA) 電子キーボード piaggero ホワイト NP-32WH CASIO(カシオ) 44ミニ鍵盤 電子キーボード SA-76 CASIO(カシオ) 61鍵盤 電子キーボード CTK-2550 ヤマハ(YAMAHA) 電子キーボード piaggero ブラック NP-12B CASIO (カシオ) 61鍵盤 電子キーボード 光ナビゲーション LK-311 CASIO (カシオ) 61鍵盤 電子キーボード 光ナビゲーション LK-511 サクラ楽器 キーボード 61鍵 OTK-61S/WH
特徴 コスパに優れた多機能キーボード これから電子キーボードをはじめる人向け 持ち運びやすさにこだわった電子キーボード ピアノと変わらない演奏感 軽くて手軽なミニキーボード コスパに優れたキーボード しっかりピアノを練習したい人向け 廉価版ながらも必要十分なスペック 収録されている音色数が豊富 初心者向け電子キーボード
価格 7,109円(税込) 19,444円(税込) 3,662円(税込) 27,673円(税込) 6,271円(税込) 13,430円(税込) 18,927円(税込) 13,640円(税込) 23,341円(税込) 13,240円(税込)
鍵盤 54 61 32 76 44 61 61 61 61 61
音色数 300 392 100 10 100 400 10 400 600 300
光るキーボード - あり - - - - - あり あり -
タッチレスポンス - あり - - - あり - あり あり -
サイズ(幅 × 高さ × 奥行) 83 × 9 × 33cm 94.5 × 11.1 × 34.8cm 44.6 × 5.1 × 20.8cm 124.4 × 10.5 × 25.9cm 60.4 × 5.7 × 21.1cm  94.6 × 9.2 × 30.7cm 103.6 ×10.5 × 25.9cm 94.6 × 9.2 × 30.7cm 94.8 × 10.9 × 35.0cm 96 × 37.5 × 12cm
重量 3.5kg 4.4kg 1kg 5.7kg 1.4kg 3.3kg 4.5kg 3.5kg 4.5kg 4.8kg
商品リンク

おすすめの電子キーボードまとめ

電子キーボード』といっても用途や機能によって選ぶべきモデルがおおきく変わることが分かりましたでしょうか。これからピアノをはじめたい音楽初心者のかたからオリジナルの曲を作りたい音楽活動家向けのモデルまでさまざまな電子キーボードがあります。

電子キーボードを利用する目的をよく考えて、お気に入りのモデルが購入できるよう吟味することが大切ではないでしょうか。

記事をシェアして友達にも教えよう!

電子キーボード
のおすすめ関連記事をもっと見る