外付けHDDのおすすめ人気比較ランキング10選

【最新版】外付けHDDの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。外付けHDDの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの外付けHDDをランキング形式でご紹介。
syun

テレビやPCに取り付けることでデータを保存できる『外付けHDD』。種類が豊富にあり、データ保存容量や書き出しスピードがそれぞれ異なります。自分が普段使うデータに合わせて適した外付けHDDを選ぶのがポイントです。

そこでこの記事では具体的にどのように外付けHDDを選べばよいのか、ポイントをご紹介します。自分の用途にあった外付けHDDを見つける参考にしてみてください。

そもそも外付けHDDとは

外付けHDD』とは、パソコンやテレビ、ゲーム機に接続することでデータを保存する機器のことです。PCやテレビそのものにデータ保存容量が足りない場合に使われます。

構造としては、データを記録するプラッタと呼ばれる磁性体が塗られた円盤がいくつか入っており、磁気ヘッドで書き込み、読み出しを行います。この書き込み、読み出しスピードも各製品によって異なりますので注意しましょう。

外付けHDDを接続する事でデータ不足が解消される

外付けHDDはいわば、データの倉庫のようなものです。

PCやテレビ、ゲーム機そのもののデータ容量が足りなくなった時に取り付けることで、外付けHDDの容量の範囲内であればPCやテレビの代わりにデータを保存できます。

そのためデータ不足が解消されるというメリットがあり、多くのデータを使う方には欠かせません。

おすすめの外付けHDDの選び方

そんな外付けHDDですが、種類が豊富にあるため、自分が扱うデータや機器に合わせて選ぶことが重要です。そこでここからは具体的に何をどう気をつけて選べばよいのかご紹介します。

接続する機器で選ぶ

まず外付けHDDは接続する機器で選びましょう。外付けHDDはテレビ、PC、ゲーム機に主に取り付けられます。

それぞれ接続方法がことなりますので、ご紹介します。

PC

PCに外付けHDDを取り付ける場合は、USBでPCと接続させる据え置き型の外付けHDDがおすすめです。容量の大きいモデルが多数ありますので、膨大なデータを保存できるというメリットがあります。

一方で、コンセントが必要になるため、移動がしづらいというデメリットもあります。固定された場所で作業する場合はおすすめですが、移動が多い場合はポータブルHDDも検討してみましょう。

テレビ

テレビに外付けHDDをつけたい場合は、コンセントから給電できる3.5インチ規格の外付けHDDを選びましょう。コンセントから給電されるタイプの外付けHDDは、安定した電気供給がメリットです。そのため録画をしたい時にうってつけ。

またテレビを買い替えても同じ外付けHDDを使いたい場合は、『SeeQVault』という機能が備わっているモデルを選びましょう。テレビを買い替えても問題なく番組を録画できます。ただしテレビもSeeQVaultに対応している必要があるため、注意が必要です。

ゲーム機

ゲーム機に接続する場合は、容量の大きい外付けHDDがおすすめです。ゲームデータは大きいものが多いため、2TB以上の外付けHDDを選ぶようにしましょう。

またゲームによっては、USBのバージョンも確認しておく必要があります。事前に各ゲーム機で動作確認が取れているHDDなのかは把握しておきましょう。

設置タイプで選ぶ

外付けHDDは設置タイプによっても特徴が異なりますので、それぞれご紹介します。

電源が必要な『据え置き型』

据え置き型』の外付けHDDは、電源が必要です。そのため安定した電力供給が可能ですが、そのぶん持ち運びができないというデメリットがあります。

普段移動をせず、安定的な電気供給を必要とする方には据え置きの外付けHDDがおすすめです。

充電式で持ち運び可能な『ポータブル型』

外付けHDDの中には、『ポータブル型』のものもあります。充電式で持ち運びができるため、外出先で外付けHDDを使いたい方にうってつけです。

一方で、充電が切れてしまわないように気をつかう必要があります。バッテリーの保ちがよい外付けHDDを選ぶとより快適に使用できますので、購入前は連続使用時間がどれくらいなのかを確認しておきましょう。

インターフェイス (接続方法)で選ぶ

外付けHDDの接続方法は大きくわけて『USB接続』、『thunderbolt接続』、『Wi-fi接続』の3種類があります。

USBでの接続

一般的な接続方法が『USB接続』です。USB接続の中にも『USB2.0』と『USB3.0』があります。USB2.0は最大480Mbps、USB3.0は最大5Gbpsとデータ速度が異なります。

大きい容量のデータを使い、より快適にデータ転送したい方は『USB3.0』のものを選びましょう。その場合USBだけでなく、接続機器もUSB3.0に対応している必要があります。最近の機器はほとんどUSB3.0に対応していますが、念のため事前に確認しておきましょう。

thunderbolt接続

Macを使っている方は、『thunderbolt 3』という端子のものがおすすめです。USBよりも転送速度が早い接続方法になるため、MACユーザーであればより快適にデータを転送できます。

ただしMACの発売時期によっては、『thunderbolt 2』の端子になっており、形状が異なる場合があるため、購入前に確認が必要です。

Wi-fi接続

外付けHDDの中には、『Wi-fi接続』できるものもあります。ワイヤレスで接続できるため、非常に便利にデータ保存でき、持ち運びしたい方には特におすすめです。

一方で電波状況によっては接続が切れてしまうこともあったり、接続に手間がかかってしまったりすることもあります。

確実にデータを保存したり転送したりしたい方は、据え置き型やUSB型で接続する外付けHDDを選びましょう。

NASとは

NAS』とはサーバーの1種で、ネットワーク上に接続できるハードディスクのことです。一般的なHDDとはどのような違いがあるのでしょうか。

身の回りの機器でデータのシェアが可能

一般的なHDDはPCやテレビに1対1で接続しますが、NASの場合は1対多の接続が可能になり、HDDの中身のデータを複数人で、共有できるということになります。

その結果、スマートフォンで撮影した画像をNAS経由でPCに取り込み、編集してまたスマートフォンに送るなど、自由自在にデータを行き来させることが可能になります。

データのバックアップにはクラウドストレージがおすすめ

HDDに保存したデータをバックアップしたい方におすすめなのが、クラウドストレージです。

クラウドストレージとは、外付けHDDに保存したデータをクラウド上にも保存しておくことサービスのことで、HDDのデータが破損した場合でも、保存したデータを守っておけるというメリットがあります。

NASの中にはデータを自動的にクラウド上にバックアップする機能が備わっているものがあります。データの損失を避けたい方はぜひ検討してみてください。

データ容量で選ぶ

外付けHDDはデータ容量で選ぶことも重要です。具体的にどんな方にどんなデータ量が必要なのか解説します。

500GB~1TB

テレビの録画に外付けHDDを使い場合は、500GB〜1TBの容量で十分でしょう。地上デジタル放送であれば、1TBで約120時間の録画ができます。

1TB~3TB

ゲーム機や動画を外付けHDDに保存したい場合は、1TB〜3TBの外付けHDDを選べば、十分データを保存できます。

4TB以上

一方、高精細な動画や写真を扱う場合は、より大きな容量の外付けHDDが必要となります。たとえばフルHDの解像度の動画だと1分で数百MBになります。このようなデータを多数保存する場合は、4TB以上の外付けHDDが必要です。

4TB以上の外付けHDDは容量が大きい分、若干価格が高いですが、最近はコスパのよいものもありますのでこの後のランキングでぜひチェックしてみてください。

外付けHDDのおすすめメーカー

BUFFALO (バッファロー)

国内のパソコン周辺機器メーカー老舗の『BUFFALO』。テレビやPCをはじめ、さまざまな用途に適した豊富なラインナップで、TV向け、データ保存向けなど目的別に探せます。データ移行サービスやデータ復旧サービスなど独自のサポートも充実しています。

I・O・DATA (アイ・オー・データ)

BUFFALOと並び、国内のパソコン周辺機器メーカーとしては老舗の『I・O・DATA』。HDDをはじめ、メモリ関連・無線LANなど豊富な製品が取り揃っています。特にコンパクトサイズの外付けHDDは、ファンレスの省スペース設計なのにしっかり冷却できるのでおすすめです。

東芝

日本を代表する、大手の電機メーカーである『東芝』。東芝ブランドのRAGZAのテレビに利用するなら、外付けHDDも東芝で揃えるのがおすすめです。リンク機能など、同メーカー品との相性がよいです。

外付けHDD のおすすめ人気比較ランキング

第10位

BUFFALO (バッファロー) ポータブルHDD スタンダードモデル ブラック 1TB HD-PCG1.0U3-BBA

6,687円(税込)

HDDの健康状態をお知らせしてくれるポータブル外付けHDD

外付けHDDを使う上で怖いのが故障です。故障してしまうと保存しておいたデータを失ってしまう可能性があります。しかしこの外付けHDDは故障予測機能がついており、LEDの色でHDDの状態をすぐに把握することが可能です。

またデータ復旧サービスにも対応しているため、万が一データが消えてしまっても安心のフォロー体制が整っています。データを安全に保存したい方はぜひ検討してみてください。

HDD容量 1000GB
HDD種類 ポータブル
重量 200g
カラー ブラック
接続 USB3.1
商品の寸法 幅 x 高さ 7.5 x 1.4
第9位

Transcend (トランセンド) USB3.0 ポータブルHDD StoreJet2.5 4TB

13,818円(税込)

小さくて電源入らず。差し込むだけで使える外付けHDD

この外付けHDDはコンパクトかつ差し込むだけですぐに使えるのが特徴です。USB3.0に対応しているため転送速度も早く、容量も4TBと大きいため、満足してHDDを使うことができます。

また米軍の落下試験規格に相当する頑丈さも兼ね備えているため、故障によるデータの消失の心配も限りなく少なく済みます。データを確実かつ素早く保存したい方はぜひ検討してみてください。

HDD容量 4000GB
HDD種類 ポータブル
重量 250g
カラー -
接続 USB3.0
商品の寸法 幅 x 高さ 8.1 x 1.9
第8位

PC用としても、テレビの録音用としても使える外付けHDD

この外付けHDDは、PCにはもちろんテレビの録画用にも使える外付けHDDです。容量が2TB〜3TBあるため、テレビ番組の録画は余裕で保存できますし、PCで扱う動画や画像などのデータの保存にも困りません。

また嬉しい細かい設定が不要という点もメリットです。ポータブル・ドライブをテレビやパソコンに接続するだけですぐに使えます。初めて外付けHDDを買う方におすすめです。

HDD容量 2000GB
HDD種類 ポータブル
重量 168g
カラー ブラック
接続 USB3.0
商品の寸法 幅 x 高さ 8 x 1.5
第7位

I-O DATA (アイ・オー・データ) 外付けHDD ハードディスク EX-HD4CZ

9,780円(税込)

小さくても高性能。静音性も高い外付けHDD

この外付けHDDは放熱、ファンレス設計がなされており、効果的な放熱を実現します。ファンがついていなくても十分に冷却することが可能です。そのため稼働音も気にならず、深夜の録画や静かな場所での使用でも活躍します。

さらに初心者でも安心して使えるよう、ガイドがついているのもメリットです。誰でも簡単に接続できるため、とても使い勝手の良い外付けHDDだといえるでしょう。

HDD容量 4000GB
HDD種類 据え置き
重量 798g
カラー ブラック
接続 USB3.0
商品の寸法 幅 x 高さ 17.2 x 11.5
第6位

Transcend USB3.1 2.5インチ スリムポータブルHDD TS2TSJ25M3S

8,713円(税込)

耐衝撃性に優れた外付けHDD

この外付けHDD最大の特徴は耐衝撃性です。シリコンカバー、衝撃吸収サスペンションダンパー、強化ケースの3層構造データを保護しており、米軍の落下試験相当のテストで耐衝撃性を確認しています。そのため故障によりデータ損失を避けたい方におすすめです。

HDD容量 2000GB
HDD種類 ポータブル
重量 186g
カラー アイロングレー
接続 USB3.0
商品の寸法 幅 x 高さ 8.2 x 1.9
第5位

BUFFALO (バッファロー) パソコン&テレビ録画用外付けハードディスク 4.0TBUSB3.1(Gen1)/USB3.0用 HD-EDS-Aシリーズ HD-EDS4.0U3-BA

9,429円(税込)

幅広い機種に対応した万能外付けHDD

この外付けHDDはテレビやレコーダーなどの幅広い機種に対応しているのが特徴です。テレビにつなぐ場合は録画用の外付けHDDとして、PCにつなぐ場合は便利なユーティリティで快適に使用できます。

また防振シリコンゴム、音漏れ低減、ファンレスなどと機能性も高く、稼働時に静音かつ振動が少ないという特徴があります。放熱設計もしっかりされているため、長く安心に使いたい方におすすめの外付けHDDです。

HDD容量 4000GB
HDD種類 据え置き
重量 921g
カラー ブラック
接続 USB3.1(Gen1)/USB3.0
商品の寸法 幅X高さ 11x3.3
第4位

I-O DATA 外付けハードディスク 4.0TBHDCZ-UTLシリーズ HDCZ-UTL4KB

9,374円(税込)

業界最小!高性能でこだわり設計の外付けHDD

放熱をこだわり抜いたデザインが特徴の外付けHDDです。内部は熱を外に伝えにくくする断熱材になっており、熱を効率よく外に逃がします。そのため故障を防ぎ、大事なデータを安心して保存できます。

また騒音対策により稼動時の音が木になることはありません。さらにUSB3.1に対応しているため、超高速でデータを転送できます。素早く、便利に、そして安全にデータを保存したい方におすすめです。

HDD容量 4000GB
HDD種類 据え置き
重量 800g
カラー ブラック
接続 USB3.0
商品の寸法 幅 x 高さ 11.6 x 3.5
第3位

MARSHAL MAL32000EX3-BK ( USB 3.0 2TB 外付け HDD ) ハードディスク マーシャル MAL32000EX3/2000GB REGZA

5,480円(税込)

大切な思い出を詰め込むならこれ。誰でも簡単に使える外付けHDD

この外付けHDDは誰でも直感的に使用できるため、HDDを使ったことがない方でも安心です。またUSB3.0規格であるためデータの転送スピードが早く、容量も8TBまで対応しています。またコンパクトで余計なソフトウェアが入っておらず、無駄を省いた設計デザインもユーザーに好評です。

HDD容量 2000GB
HDD種類 据え置き
重量 798g
カラー ブラック
接続 USB3.0
商品の寸法 幅 x 高さ 11 x 18
第2位

BUFFALO (バッファロー) HD-NRLD3.0U3-BA 3TB 外付けハードディスクドライブ スタンダードモデル ブラック

8,798円(税込)

異常を検知したらすぐにお知らせ。大事なデータを確実に守るHDD

データをHDDに保存する際に最も重要なのが、安全にデータを保存できるかどうかです。このHDDは異常を知らせる故障予測サービスが付いているため、故障によるデータの消失を回避できます。

また幅広いデバイスに対応しており、ゲームはもちろんテレビの録画用にも使えるため、信頼できる便利なHDDです。

HDD容量 3000GB
HDD種類 据え置き
重量 962g
カラー ブラック
接続 USB3.1(Gen1)/USB3.0
商品の寸法 幅 x 高さ 11.4 x 3.3
第1位

東芝(TOSHIBA) 外付けポータブルHDD ブラック HD-TPA4U3-B/N

13,111円(税込)

東芝とBUFFALOのサポート体制で安心の外付けHDD

この製品は東芝製ですが、BUFFALOが販売、サポートしています。HDD使用に関して不明点があれば、チャット、LINE、メール、電話で対応してもらえるため、すぐに悩みを解決することが可能です。

またUSB3.0、USB2.0それぞれに対応しており、接続方法が点灯色から一目でわかるのも初心者におすすめの特徴といえます。さらに故障した際には故障のレベルに応じて、固定料金でデータ復旧ができるので、まさに初心者のための外付けHDDといっても過言ではありません。

HDD容量 4000GB
HDD種類 ポータブル
重量 259g
カラー ブラック
接続 USB2.0/3.0
商品の寸法 幅 x 高さ 7.8 x 2

外付けHDD のおすすめ比較一覧表

商品画像
東芝(TOSHIBA) 外付けポータブルHDD ブラック HD-TPA4U3-B/N B07SJXHS8P 1枚目
BUFFALO (バッファロー) HD-NRLD3.0U3-BA 3TB 外付けハードディスクドライブ スタンダードモデル ブラック B07JB381NN 1枚目
MARSHAL MAL32000EX3-BK ( USB 3.0 2TB 外付け HDD ) ハードディスク マーシャル MAL32000EX3/2000GB REGZA B00ZA1LP2Q 1枚目
I-O DATA 外付けハードディスク 4.0TBHDCZ-UTLシリーズ HDCZ-UTL4KB B07P2R1HMD 1枚目
BUFFALO (バッファロー) パソコン&テレビ録画用外付けハードディスク 4.0TBUSB3.1(Gen1)/USB3.0用 HD-EDS-Aシリーズ HD-EDS4.0U3-BA B07MMRH4GJ 1枚目
Transcend USB3.1 2.5インチ スリムポータブルHDD TS2TSJ25M3S B07B4KXTQK 1枚目
I-O DATA (アイ・オー・データ) 外付けHDD ハードディスク EX-HD4CZ B06Y45V2R8 1枚目
Seagate Expansion Portable HDD STEA2000304 B07FMVNG8B 1枚目
Transcend (トランセンド) USB3.0 ポータブルHDD StoreJet2.5 4TB B078YGB7DJ 1枚目
BUFFALO (バッファロー) ポータブルHDD スタンダードモデル ブラック 1TB HD-PCG1.0U3-BBA B07D79GJ9J 1枚目
商品名 東芝(TOSHIBA) 外付けポータブルHDD ブラック HD-TPA4U3-B/N BUFFALO (バッファロー) HD-NRLD3.0U3-BA 3TB 外付けハードディスクドライブ スタンダードモデル ブラック MARSHAL MAL32000EX3-BK ( USB 3.0 2TB 外付け HDD ) ハードディスク マーシャル MAL32000EX3/2000GB REGZA I-O DATA 外付けハードディスク 4.0TBHDCZ-UTLシリーズ HDCZ-UTL4KB BUFFALO (バッファロー) パソコン&テレビ録画用外付けハードディスク 4.0TBUSB3.1(Gen1)/USB3.0用 HD-EDS-Aシリーズ HD-EDS4.0U3-BA Transcend USB3.1 2.5インチ スリムポータブルHDD TS2TSJ25M3S I-O DATA (アイ・オー・データ) 外付けHDD ハードディスク EX-HD4CZ Seagate Expansion Portable HDD STEA2000304 Transcend (トランセンド) USB3.0 ポータブルHDD StoreJet2.5 4TB BUFFALO (バッファロー) ポータブルHDD スタンダードモデル ブラック 1TB HD-PCG1.0U3-BBA
特徴 東芝とBUFFALOのサポート体制で安心の外付けHDD 異常を検知したらすぐにお知らせ。大事なデータを確実に守るHDD 大切な思い出を詰め込むならこれ。誰でも簡単に使える外付けHDD 業界最小!高性能でこだわり設計の外付けHDD 幅広い機種に対応した万能外付けHDD 耐衝撃性に優れた外付けHDD 小さくても高性能。静音性も高い外付けHDD PC用としても、テレビの録音用としても使える外付けHDD 小さくて電源入らず。差し込むだけで使える外付けHDD HDDの健康状態をお知らせしてくれるポータブル外付けHDD
価格 13,111円(税込) 8,798円(税込) 5,480円(税込) 9,374円(税込) 9,429円(税込) 8,713円(税込) 9,780円(税込) 8,980円(税込) 13,818円(税込) 6,687円(税込)
HDD容量 4000GB 3000GB 2000GB 4000GB 4000GB 2000GB 4000GB 2000GB 4000GB 1000GB
HDD種類 ポータブル 据え置き 据え置き 据え置き 据え置き ポータブル 据え置き ポータブル ポータブル ポータブル
重量 259g 962g 798g 800g 921g 186g 798g 168g 250g 200g
カラー ブラック ブラック ブラック ブラック ブラック アイロングレー ブラック ブラック - ブラック
接続 USB2.0/3.0 USB3.1(Gen1)/USB3.0 USB3.0 USB3.0 USB3.1(Gen1)/USB3.0 USB3.0 USB3.0 USB3.0 USB3.0 USB3.1
商品の寸法 幅 x 高さ 7.8 x 2 11.4 x 3.3 11 x 18 11.6 x 3.5 11x3.3 8.2 x 1.9 17.2 x 11.5 8 x 1.5 8.1 x 1.9 7.5 x 1.4
商品リンク

外付けHDDの注意点

最後に、外付けHDDを使用する際の注意点についてもご紹介します。

精密機器のため、振動や衝撃にはご注意を

外付けHDDは振動、衝撃に注意しましょう。というのも、外付けHDDは精密機械ですので、振動や衝撃で故障してしまう恐れがあるからです。

大事なデータを安全に保存しておくためにも特に持ち運びする場合は細心の注意を払いましょう。

もし、故障を確実に避けたいという場合は、故障に強い耐衝撃性のある外付けHDDを選びましょう。

おすすめの外付けHDDまとめ

テレビやパソコン、ゲーム機にとりつけることで、データ保存を可能にする『外付けHDD』。

とても便利な機器ですが、目的や使用シーンによって最適な製品が異なります。大切なデータを守る機器ですので、今回ご紹介した選び方や製品を参考に、自分にあった外付けHDDを探してみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

外付けHDD
のおすすめ関連記事をもっと見る