AVアンプのおすすめ厳選人気ランキング10選

【最新版】AVアンプの厳選10アイテムのおすすめ人気ランキング。AVアンプの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのAVアンプをランキング形式でご紹介。
5RICH

テレビの音声を臨場感のある大音量に早変わりさせてくれる『AVアンプ』。

特に最近ではサブスクリプションサービスの発達によって、家の中で映画を鑑賞する方も増えてきました。映画館さながらの迫力のある音声を自宅で再現したい方にはAVアンプがおすすめです。

この記事ではのAVアンプの特徴や選び方を初心者向けに丁寧に解説していきます。厳選したおすすめ商品もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

AVアンプとは

AVアンプ おすすめ 概要

AVアンプ』とは音を増幅させる音響機器で、スピーカーからさらに迫力のある綺麗な音を出すために使われます。エレキギターなど楽器の音を出すときにもアンプは使われますが、AVアンプも同じような役割を担っています。

名前だけ聞くと複雑な機器なのかと感じる人も少なくありませんが、単にレコーダーやオーディオプレーヤーなどに接続し、スピーカーから質の高い音を再生できる機器で、使い方もそれほど難しくありません。

AVアンプとAVレシーバーの違い

AVアンプ』とは音を増幅させるために使用する機器です。一方で『AVレシーバー』とは、AMFMチューナーが内蔵されているAVアンプを意味します。チューナーが搭載されている点以外では、AVアンプとAVレシーバーは同じです。

つまり、AVレシーバーを購入したとしても、AVアンプと何ら変わらず使うことが可能なので、ほとんど同じ製品として考えて問題ありません。

AVアンプを使うメリット

ではAVアンプのメリットについて説明していきます。

まずAVアンプを使用することで、自宅でもまるで映画館にいるような、大迫力のサウンドで映像を楽しむことができます。最近では自宅にシアタールームを設けたりと、こだわった空間で映画などを楽しむ人も少なくありません。

その場合AVアンプは必須であり、映画の雰囲気が大きく変わってきます。ホームシアター作りを検討している方は、ぜひAVアンプを購入し音響にもこだわってみてください。

AVアンプを使うデメリット

一方でAVアンプを使うデメリットですが、当然ですがお金がかかってしまうという点が挙げられます。

AVアンプは安いものでも2万円程度で、性能が上がれば上がるほど値段も鰻登りになり、10万円を優に超える場合も珍しいことではありません。

周辺機器も一緒に揃えるとなれば、さらにコストがかかるので、こだわりをもてばもつほどそれなりにお金が必要であることは認識しておきましょう。

おすすめのAVアンプの選び方

AVアンプ おすすめ 選び方

ch (チャンネル)数で選ぶ

AVアンプを使用するうえで重要なのが、搭載されている『ch (チャンネル)数』です。ch (チャンネル)数は『スピーカーの数』を指しており、1本で1chという数え方をします。

ホームシアターでの最小構成は5.1chとなりますが、現在ではそれ以上のモデルとして、7.1ch9.1chなどもあります。

対応フォーマットで選ぶ

AVアンプを購入するにあたり、対応しているフォーマットで選ぶ方法があります。

今回は『Dolby Digital』『DTS』の二種類について詳しく解説していきます。

Dolby Digital

Dolby Digital』は現在のトレンドとなるフォーマットで、Dolby Laboratories社が開発した、デジタル圧縮・再生の方式です。このフォーマットは主に映画やゲーム機で採用されており、AVアンプを選ぶうえで、まさにチェックしておくべきフォーマットのひとつといえます。

さらに組み方次第で立体的な音を表現できることから、まるで劇場にいるような音の聞こえ方も再現できます。

DTS

DTS』とは、DTS社が開発した音声のデジタル圧縮や再生の方式で、『Digital Theater Systems』を略したものです。DVDの一部の製品には、オプションとしてDTS音声が収録されています。

基本的には5.1chで使用されることが多いですが、サラウンドセンターを加えて拡張することも可能です。最近では、サラウンドセンターを2つ加えた5.1.2chという構成にすることで、より立体的な音の表現が可能になりました。

HDMI端子の数や映像方式で選ぶ

AVアンプはHDMI端子を使うことで、ブルーレイディスクプレーヤーやゲーム機などに接続できます。いくつかの機器に繋げて切り替えを行いたい場合は、HDMI端子の数を事前に確認しておきましょう。

自宅のテレビが4KHDRの方もいるかもしれませんが、機種によってはこういった最新映像技術に対応していない場合もありますので、チェックしておくとよいでしょう。

サイズで選ぶ

AVアンプを選ぶ場合性能面だけでなく、機器自体のサイズもきちんと確認しておいてください。自宅ではテレビラックにAVアンプを置かれる人が多くいますが、場合によってはサイズが大きすぎて収まりきらないことも考えられます。

一般的なAVアンプのサイズは、幅が約40cm、高さは約15cmといわれていますが、当然商品によって大きさは異なります。設置場所を確保していたとしても、AVアンプ自体が入らなければ意味がありませんので、不安な方は、薄型のAVアンプを探してみてください。

AVアンプ のおすすめ人気比較ランキング

第10位

YAMAHA (ヤマハ) AVレシーバー RX-V583(B)

37,800円(税込)

YAMAHAから発売されている人気モデル!ハイレゾ再生にも対応

YAMAHAのDolby Atmosは7.1chのAVアンプで、DTS:Xに対応しているデコーダーを搭載しています。

YAMAHAが培ってきたノウハウを活かし音質にこだわっているので、臨場感がある音を再現できるのが特徴です。Wi-Fiを経由してハイレゾ音源を楽しめ、専用アプリを使うことでワイヤレス操作もできます。

サイズ 37.8 x 44 x 10.5 cm
重さ 8.4 Kg
チューナータイプ FM/AM
HDMIポート数 5
ワイヤレス対応 Bluetooth Wi-Fi
第9位

Pioneer (パイオニア) スリムAVレシーバー VSX-S520(S)

30,888円(税込)

スマホと繋げられるAVアンプ!スリムなデザインも魅力的

世界的メーカーであるPioneerから発売されているVSX-S520はクラスDアンプを搭載しているため、ハイパワー出力を可能にしているAVアンプです。

高音質な設計でありながら、狭いスペースにも設置できるスリムなデザインも魅力的です。スマートフォンと繋げられるので音楽アプリからAVアンプにデータを送信して手軽に音楽を楽しめます。

ハイレゾ音源にも対応しているので、質の高い音楽を聴きたい方におすすめできる商品です。

サイズ 32.5 x 43.5 x 7 cm
重さ 4 Kg
チューナータイプ FM
HDMIポート数 5
ワイヤレス対応 Bluetooth
第8位

Denon AVレシーバー AVR-X550BT-K

26,243円(税込)

高音質を徹底したモデル!5.2ch対応のAVレシーバー

DENONのAVレシーバーは5.2chに対応しているモデルで、徹底した高音質設計です。

Dolby TrueHDとDTS-HD Master Audioに対応しており、録音スタジオのクオリティに近いサウンドをホームシアターで楽しめます。

フロントUSB入力ができ、保存している音楽をかけることが可能。更には付属しているマイクによって部屋の特性を測定し、最も良く聞こえる音量に自動で設定する「オートヒートセットアップ」も搭載しています。

サイズ 31.9 x 43.4 x 15.1 cm
重さ 7.6 Kg
チューナータイプ FM/AM
HDMIポート数 5
ワイヤレス対応 Bluetooth
第7位

SONY マルチチャンネルインテグレートAVアンプ STR-DH590

21,994円(税込)

5.1chに対応!理想的な音を表現してくれる人気のAVアンプ

SONYのマルチチャンネルインテグレートは、5.1chとなるAVアンプで最新の4Kコンテンツに対応しています。

SONYオリジナルの自動音場補正機能であるDCACを搭載しているので、理想的な高クオリティの音を表現可能です。

深夜でも映画を臨場感のある音で楽しみたい方におすすめの機能がナイトモードで、音量が小さくても迫力あるサウンドを再現してくれます。

サイズ 29.7 x 43 x 13.3 cm
重さ 7.2 Kg
チューナータイプ FM
HDMIポート数 4
ワイヤレス対応 Bluetooth
第6位

ONKYO TX-L50 ネットワークAVレシーバー ブラック TX-L50(B)

29,555円(税込)

ハイレゾ対応の人気アンプ!最新のフォーマットにも対応

ONKYOのTX-L50ネットワークAVレシーバーは高効率とハイパワーをどちらも兼ね備えている高性能なモデルです。

最新のサラウンドフォーマットであるDolby Atmos、DTS:Xに対応しているので高音質を実現。機器自体も70mmとスリムなので、狭いスペースに設置できます。

Wi-FiやBluetooth機能も搭載しているので、スマートフォンの音楽がコードレスで再生可能。さまざまな賞も獲得しているAVレシーバーで、本格派のモデルをお求めの方にぴったりです。

サイズ 32.6 x 43.5 x 7 cm
重さ 4 Kg
チューナータイプ FM
HDMIポート数 5
ワイヤレス対応 Bluetooth
第5位

Pioneer AVマルチチャンネルアンプ VSA-920

25,800円(税込)

音質の高さが人気の理由!7.1chに対応している商品

PioneerのAVマルチチャンネルアンプVSA-920はチャンネル数が7.1chと多く、臨場感のある音を楽しみたい方におすすめのモデルです。

とにかく音質の高さが評価されておりBluetoothやWi-Fiで接続しスマートフォンで音楽データを送信することもできます。デザインがシンプルなので、どのような部屋にも合わせやすいでしょう。

サイズ 42 x 37.9 x 15.8 cm
重さ 10.1 Kg
チューナータイプ FM
HDMIポート数 5
ワイヤレス対応 Bluetooth
第4位

SONY AVレシーバー STR-DN1080

58,029円(税込)

映画館のような音響空間を再現!ハイレゾ対応の高性能モデル

SONYから発売されている人気のAVレシーバーで、最新の音声フォーマットであるDolby AtmosとDTS:Xに対応しています。

自宅にいながらまるで映画館のようなリアルな音響空間を再現。高音質のハイレゾ音源にも対応しているので、音にこだわりたい方におすすめのモデルです。

サイズはやや大きめなので設置場所には注意しましょう。

サイズ 33.1 x 43 x 15.6 cm
重さ 9.7 Kg
チューナータイプ FM
HDMIポート数 7
ワイヤレス対応 Bluetooth
第3位

Denon AVレシーバー 7.2ch AVR-X1500H-K

33,800円(税込)

音楽ストリーミングサービスに対応!音のキレの良さも抜群

音質の高さが評価されているDENONのAVレシーバーはハイレゾ再生に対応しており、音が出た瞬間にキレの良さを感じられます。

現在多くの音楽ストリーミングサービスに対応しているので、最新曲や往年の名曲など幅広い楽曲を高音質で聴けます。

音楽を聴くだけでなくインターネットラジオにも対応しており、2019年のビジュアルグランプリにおいて映像音響部会で金賞を獲得しています。

サイズ 33.9 x 43.4 x 15.1 cm
重さ 8.6 Kg
チューナータイプ FM/AM
HDMIポート数 6
ワイヤレス対応 802.11bgn
第2位

ONKYO TX-RZ840 AVレシーバー ブラック TX-RZ840(B)

128,000円(税込)

IMAXのサウンドを自宅で楽しめる!高性能なAVレシーバー

ONKYOから発売されているAVレシーバーTX-RZ840は新しい規格となるIMAX Enhancedに対応しているので、臨場感のあるサウンドを実現します。

ONKYOの商品は音質が良いことで人気を集めていますが、そのなかでもトップクラスのパフォーマンスです。人の声を明瞭にする 「ボーカルエンハンサー」やBGM利用時に便利な「ステレオアサインモード」を搭載しています。

高機能高性能なAVレシーバーをお求めの方におすすめです。

サイズ 39.8 x 43.5 x 20.1 cm
重さ 14 Kg
チューナータイプ FM/AM
HDMIポート数 6
ワイヤレス対応 AirPlay 2、Bluetooth
第1位

Marantz AVレシーバー ブラック NR1710/FB

66,754円(税込)

バーチャル3Dサラウンド技術搭載!音質の向上に成功したアンプ

Marantzはオーディオ製品の開発や製造をしているアメリカのメーカーです。

MarantzのAVアンプはバーチャル3Dサラウンド技術を搭載しており、最新のフォーマットであるDolby Atmos Height Virtualizerや、DTS Virtual:Xに対応しているので質の高い音を提供してくれます。

従来のモデルから回路基板を再設計したことで音質が向上されたのも特徴です。Wi-FiやBluetoothも繋げられるので、コードレスで気軽にスマートフォンの音楽を聴けます。

サイズ 37.8 x 44 x 10.5 cm
重さ 8.4 Kg
チューナータイプ FM/AM
HDMIポート数 8
ワイヤレス対応 802.11bgnBluetooth

AVアンプ のおすすめ比較一覧表

商品画像
Marantz AVレシーバー ブラック NR1710/FB B07RMP89QH 1枚目
ONKYO TX-RZ840 AVレシーバー ブラック TX-RZ840(B)  B07RC551MJ 1枚目
Denon AVレシーバー 7.2ch AVR-X1500H-K B07CSZK679 1枚目
SONY AVレシーバー  STR-DN1080 B0722N5TQG 1枚目
Pioneer AVマルチチャンネルアンプ VSA-920 B003M8JQGQ 1枚目
ONKYO TX-L50 ネットワークAVレシーバー ブラック TX-L50(B) B01LXQXK9N 1枚目
SONY マルチチャンネルインテグレートAVアンプ STR-DH590 B07BT7L7HW 1枚目
Denon AVレシーバー AVR-X550BT-K B07CT3Q5Z4 1枚目
Pioneer (パイオニア) スリムAVレシーバー VSX-S520(S) B01MAWHEDI 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) AVレシーバー RX-V583(B) B07287DP4X 1枚目
商品名 Marantz AVレシーバー ブラック NR1710/FB ONKYO TX-RZ840 AVレシーバー ブラック TX-RZ840(B) Denon AVレシーバー 7.2ch AVR-X1500H-K SONY AVレシーバー STR-DN1080 Pioneer AVマルチチャンネルアンプ VSA-920 ONKYO TX-L50 ネットワークAVレシーバー ブラック TX-L50(B) SONY マルチチャンネルインテグレートAVアンプ STR-DH590 Denon AVレシーバー AVR-X550BT-K Pioneer (パイオニア) スリムAVレシーバー VSX-S520(S) YAMAHA (ヤマハ) AVレシーバー RX-V583(B)
特徴 バーチャル3Dサラウンド技術搭載!音質の向上に成功したアンプ IMAXのサウンドを自宅で楽しめる!高性能なAVレシーバー 音楽ストリーミングサービスに対応!音のキレの良さも抜群 映画館のような音響空間を再現!ハイレゾ対応の高性能モデル 音質の高さが人気の理由!7.1chに対応している商品 ハイレゾ対応の人気アンプ!最新のフォーマットにも対応 5.1chに対応!理想的な音を表現してくれる人気のAVアンプ 高音質を徹底したモデル!5.2ch対応のAVレシーバー スマホと繋げられるAVアンプ!スリムなデザインも魅力的 YAMAHAから発売されている人気モデル!ハイレゾ再生にも対応
価格 66,754円(税込) 128,000円(税込) 33,800円(税込) 58,029円(税込) 25,800円(税込) 29,555円(税込) 21,994円(税込) 26,243円(税込) 30,888円(税込) 37,800円(税込)
サイズ 37.8 x 44 x 10.5 cm 39.8 x 43.5 x 20.1 cm 33.9 x 43.4 x 15.1 cm 33.1 x 43 x 15.6 cm 42 x 37.9 x 15.8 cm 32.6 x 43.5 x 7 cm 29.7 x 43 x 13.3 cm 31.9 x 43.4 x 15.1 cm 32.5 x 43.5 x 7 cm 37.8 x 44 x 10.5 cm
重さ 8.4 Kg 14 Kg 8.6 Kg 9.7 Kg 10.1 Kg 4 Kg 7.2 Kg 7.6 Kg 4 Kg 8.4 Kg
チューナータイプ FM/AM FM/AM FM/AM FM FM FM FM FM/AM FM FM/AM
HDMIポート数 8 6 6 7 5 5 4 5 5 5
ワイヤレス対応 802.11bgnBluetooth AirPlay 2、Bluetooth 802.11bgn Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Wi-Fi
商品リンク

AVアンプについてよくある質問

AVアンプとプリメインアンプの違い

よくAVアンプと比較される『プリメインアンプ』という商品があります。

プリメインアンプとは音量や音質を調整する『プリアンプ』と、音を増幅させる『メインアンプ』が一緒になっている音響調節に特化した機器です。

一方でAVアンプは音だけでなく映像信号も扱えることから、映像と音声の両方を調節する機能をもちます。

AVアンプは音質が悪いというのは本当?

AVアンプは音質が悪いという噂がありますがもちろんそんなことはありません。

プリメインアンプと比較すると音だけに特化していないので、同じような価格帯のモデルでは音質に差が出ます。

決して音が悪いわけではありませんが、とことんこだわりたい方は知識として頭に入れておいてください。

AVアンプのおすすめまとめ

AVアンプは各メーカーから多くのモデルが販売されており、価格帯や機能面も多種多様です。

最新の音声フォーマットに対応しているAVアンプを選べば、自宅で映画館にいるような、臨場感のある音が楽しめます。自分の部屋にシアタールームを作りたい方はぜひこの記事を参考にして、最高のAVアンプを選んでみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

AVアンプ
のおすすめ関連記事をもっと見る