ウォークマンのおすすめ人気比較ランキング10選

【最新版】ウォークマンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。ウォークマンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのウォークマンをランキング形式でご紹介。
syun

日本の電機メーカー『SONY』が販売しているポータブル音楽プレーヤー『ウォークマン』。1979年に第1号機が発売され、いつでもどこでも『音楽を携帯して気軽に楽しむ』という新たな文化を創り出しました。

今や音楽はスマホでしか聴かないという人も増えてきましたが、なお音楽はウォークマンで聴いているという方は少なくありません。

今回はそんなウォークマンの魅力をご紹介すべく、おさえておきたいウォークマンの選び方を丁寧に解説していきます。記事後半ではおすすめモデルもランキング形式でご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ウォークマン おすすめ とは

ウォークマンの魅力

ウォークマンにはSONYの技術力を活かした魅力が詰まっています。

・ワイヤレスイヤホンとの接続
・パソコンで音楽を一括管理できる

上記の機能があり、音楽をこよなく愛し、こだわりをもつ方に支持されている音楽プレーヤーです。その他にも外部の音を遮断するノイズキャンセリング機能をはじめたとした、高い技術が更なる人気を呼んでいます。

おすすめのウォークマンの選び方

ウォークマン おすすめ 選び方

ウォークマンは音楽にこだわりをもつ方に人気の音楽プレーヤーですが、家のスピーカーに接続して楽しんだり、ラジオも聴きたい方のために、機能、値段共に幅広いモデルが販売されています。

しっかりと選ばないと、余計な機能が付いていたり、肝心の求めていた機能を使用できなかったりと、満足した結果にならないこともあります。自分の用途にあったウォークマンを手に入れるために、選び方をおさえておきましょう。

容量で選ぶ

ウォークマンはモデルによって容量が異なります。一般的なMP3形式の場合、容量は『4G (約860曲)』、『16G (約3300曲)』の2種類があります。

高音質のハイレゾ音源の場合は、16Gで約300曲となり、音質や容量によって入れられる音楽の数が変わります。自分がどの程度の音質で、どれくらいの量の音楽を楽しみたいのか、検討してみましょう。

再生時間で選ぶ

再生時間』を知っておくことも、ウォークマンを選ぶ際に重要です。シリーズによって再生時間は異なりますが、再生時間を重視する場合は、『Aシリーズ』や『ZXシリーズ』を選びましょう。省電力と音質のバランスが重視されているため、高音質でも数十時間は再生できます。

ちなみに再生時間は音源のデータ量が多くなるほど短くなります。またBluetoothを利用することでも短くなりますので注意が必要です。再生時間を伸ばしたい場合は、軽いファイルを使用したり、有線のイヤホンを使ったりしましょう。

ハイレゾ対応

ウォークマン おすすめ ハイレゾ

ハイレゾ音源』は、通常の音源よりも音質がよいのが特徴です。重低音や、高音域、音の奥行き感を鮮明に感じられるため、より音楽を楽しみたい方は、ハイレゾ音源に対応しているウォークマンを選びましょう。

ほとんどのモデルがハイレゾ音源に対応しているものの、中には対応していないモデルもあるため、購入前に確認が必要です。また音質が高い分容量も大きいため、容量を拡張できるmicroSDカード対応かどうかも確かめておきましょう。

接続方法で選ぶ

ウォークマンの醍醐味の一つはワイヤレス接続で音楽を聞くことですが、ウォークマンはモデルごとにワイヤレス接続する方法が異なります。特にワンタッチでワイヤレス接続ができるNFC接続については、対応していないモデルがあるため注意が必要です。

NFC機能搭載のワイヤレスヘッドホンを使用したい方は、事前に対応しているかどうかSONYのホームページで確認しておきましょう。

付属機能で選ぶ

バランス接続機能

バランス接続機能』とは、左右のイヤホンから独立して音を出す機能のことをいいます。バランス接続機能が付いていない場合、ノイズが生まれてしまうという特徴があります。そのためよりクリアでノイズのない音楽を楽しみたい方は、バランス機能が付いているウォークマンを選びましょう。

ただしバランス接続機能に対応したイヤホンを使用する必要があります。ウォークマンとは別でイヤホンを購入する際も、バランス接続が可能か確認を忘れないようにしましょう。

外音取り込み機能

外音取り込み機能』とは、音楽を聴いている最中でも周囲の音を聞くことができる機能です。

イヤホンをしていると、車の音をはじめ周囲の音が聞こえずに危険を感じることはありませんか。外音取り込み機能を使うことで、周囲の音を拾えるため、安全に音楽を楽しめます。

なおウォークマンの場合、本体にこの機能が付いているのは『Wシリーズ』のみとなります。その他のシリーズでは、専用のイヤホンを購入することで外音取り込み機能を使用できます。

USB-DAC機能

USB-DAC機能』とは、PCとウォークマンをUSBで接続することで、ウォークマンの高音質な音楽をPCでも聴くことができる機能です。PCでも高音質な音楽を聴きたい方は、USB-DAC機能が付いたウォークマンの購入を検討しましょう。

ただしハイレゾ音源対応のシリーズにのみ搭載されている機能のため、事前にUSB-DAC機能が付いているか確認しておきましょう。

付属品で選ぶ

他のオーディオプレイヤーのほとんどがイヤホンが付属していますが、ウォークマンは基本的にイヤホンが付属していません。イヤホンが付属しているタイプもありますが、本体のみのものと価格が違うことが多いので要注意です。

ウォークマンおすすめのシリーズ

Sシリーズ

スペックよりもコストパフォーマンスという方におすすめの『Sシリーズ』。ハイレゾ音源に非対応であるように機能をシンプルにすることで、コンパクトさと低価格を実現しています。

バッテリーは音楽再生約52時間と長持ち。容量は4GBと16GBの2タイプがありますが、microSDに対応していないので容量を増やすことはできません。

Aシリーズ

ハイレゾ音源、microSDに対応していながらも低価格を実現している『Aシリーズ』。容量は16GB、32GB、64GBの3タイプから選べます。ハイレゾ音源でないCD音源などをハイレゾのような音に高音質化することのできる『DSEE HX』機能が搭載。

WM1シリーズ

最高価格と最高品質のウォークマンをお求めの方には『WM1シリーズ』。タッチパネル式のコンパクトなモデル。

バスドラムを打つペダルの質感やギターのピックの硬さまでもが直接伝わってくるような『リアル感』を味わえる最上級のウォークマンです。

ZXシリーズ

WM1シリーズをよりスマートにより低価格にした『ZXシリーズ』。容量は64GBと128GBの2つから選べ、microSDも使用できます。

WM1シリーズは手を出しづらいという方には、ほぼ半額である本シリーズがおすすめです。

Wシリーズ

ワイヤレスでヘッドホンと一体型になっている、端末要らずのウォークマン『Wシリーズ』。ハイレゾ音源非対応、microSD非対応となっており完全にスポーツ用のモデルです。容量は4GB、16GB。

防水性に対応しているのでランニングだけでなくスイミングでもご使用いただけます。

ウォークマン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

SONY (ソニー) ウォークマン Sシリーズ NW-S315 B

15,816円(税込)

屋外でスピーカーでも音楽を楽しめるウォークマン

スピーカーで音楽を流すことができるウォークマンです。充電しながら音楽を聞けるため長時間音楽を楽しみたい方におすすめ。屋外でも音楽を流すことができるため、家族や友人と一緒に音楽を楽しむこともできます。

また付属のイヤホンにはデジタルノイズキャンセリング機能が付いているため、場所を選ばず音楽を楽しむことも可能。

電源持続時間 52時間
画面サイズ 1.77インチ
ハードディスク容量 16 GB
商品の寸法 0.99 x 4.43 x 9.46 cm
重量 53 g
年式 2017
第9位

SONY (ソニー) ウォークマン Aシリーズ NW-A55 B

19,596円(税込)

多様な音源を高音質で楽しめるウォークマン

家電批評オブ・ザ・イヤー2018を受賞した、音質を求める方のためのウォークマンです。高音質なハイレゾに対応しているだけでなく、MP3やCD音源、スマートフォンの中の音楽もハイレゾのような高音質に変換することもできます。

ワイヤレス再生でもハイレゾの品質を保つことができるため、とにかく様々な音楽を高音質で楽しみたい方におすすめです。片手で快適に操作できるタッチパネル液晶によって目的の曲をスムーズに流せます。

電源持続時間 45時間
画面サイズ 3.1インチ
ハードディスク容量 16GB
商品の寸法 1.08 x 5.57 x 9.73 cm
重量 99 g
年式 2018
第8位

ウォークマン Wシリーズ NW-WS623 G

13,609円(税込)

クイック充電、海水対応

海水対応、防塵・耐寒熱性能を備えたタフネス仕様のモデル。周囲の音や人の声を聞き取りやすくする「外音取り込み機能」を搭載しています。

音声通話アプリを通してハンズフリー通話が可能。フルマラソンでも余裕の最長12時間のスタミナに加え、約3分の充電で約60分再生可能なクイック充電に対応しています。

電源持続時間 12時間
画面サイズ -
ハードディスク容量 4 GB
商品の寸法 14.8 x 12.8 x 4.6 cm
重量 159 g
年式 -
第7位

SONY (ソニー) ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX300 B

58,790円(税込)

小型ボティに高音質技術を詰め込んだウォークマン

高音質機能を始め、多くの機能を詰め込んだウォークマンです。音質の高さ、音のクリアさをとことん追求しており、音響効果と耐久性を両立させるために厳選されたパーツを使用しています。

音を聞いた途端に買いたくなるほどの音質で音楽愛好家に大人気のモデルです。ハイレゾ対応ですがMP3の音楽でも十分なほど高い音質で音楽を聞けます。

電源持続時間 30時間
画面サイズ 3.1インチ
ハードディスク容量 64 GB
商品の寸法 5.77 x 1.49 x 12.04 cm
重量 157 g
年式 2018
第6位

SONY (ソニー) ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS413 B

10,819円(税込)

スポーツ中でも高音質の音楽が聞けるウォークマン

スポーツ中でも音楽を楽しみたい方におすすめのウォークマンです。約32グラムの軽さに加え、ジョギングやスイミングなどのスポーツ中でもケーブルが気になりません。

また外音取り込み機能が搭載されているため周囲の音が聞き取りやすく、スポーツをしながら周りに気を配ることもできます。安全に音楽を楽しみたい方にとっては買って損のないウォークマンです。

電源持続時間 12時間
画面サイズ -
ハードディスク容量 4 GB
商品の寸法 -
重量 32 g
年式 2016
第5位

SONY (ソニー) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A45 R

22,000円(税込)

DSEE HX」機能にも対応するAシリーズ

ハイレゾ音源のクオリティーを存分に引き出すフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載しているため、よりクリアな高音・安定感のある低音を実現しているウォークマンです。

圧縮音源やCD音源もハイレゾ相当にアップスケーリングできる「DSEE HX」機能に対応。またBluetoothのワイヤレス音楽再生をハイレゾ相当で楽しめるLDAC(TM)にも対応しています。

電源持続時間 39時間
画面サイズ 3.1 インチ
ハードディスク容量 16GB
商品の寸法 1.1 x 5.6 x 9.8 cm ; 99.8 g
重量 240 g
年式 2017年モデル
第4位

SONY (ソニー) ウォークマン Sシリーズ NW-S315 L

15,816円(税込)

コンパクトで値段もリーズナブルなウォークマン

音楽再生時間が52時間もあり、充電切れを気にせずに音楽を楽しむことができるウォークマンです。ノイズキャンセリング機能や、音質の高い音楽を再現するイヤホンが付いているので音質も申し分ありません。

また語学学習をサポートする機能も付いており、通勤通学の時間を有効活用することもできます。他モデルと比べて値段が安いので手軽に音楽を楽しみたい方はぜひ検討してみてください。

電源持続時間 52時間
画面サイズ 1.77インチ
ハードディスク容量 16 GB
商品の寸法 0.99 x 4.43 x 9.46 cm
重量 53 g
年式 2017
第3位

SONY (ソニー) ウォークマン Fシリーズ NW-F805/W

91,800円(税込)

操作性、音質共に満足度の高いウォークマン

このウォークマンはSONYならではの高音質で音楽を楽しめることはもちろん、操作性に優れているため誰でも気軽に使うことができます。3.5型のタッチパネルディスプレイが採用されており、音楽だけでなく動画を楽しむことも可能です。

その他デジタルノイズキャンセリングやワイヤレス接続ができるなど、ウォークマンならではの音楽の楽しみ方を実現してくれます。操作性、音質共に満足度の高いウォークマンです。

電源持続時間 25時間
画面サイズ 3.5インチ
ハードディスク容量 16.384 GB
商品の寸法 -
重量 231 g
年式 2012
第2位

SONY (ソニー) ウォークマン Aシリーズ NW-A35HNL

21,500円(税込)

音楽をリアルに体験するためのウォークマン

このウォークマンは低音がはっきりと聞こえ、奥行きのある音楽を楽しむことができます。まるでライブ会場にいるかのような音質で自宅にいながら臨場感を感じることができる優れたウォークマンです。

音質だけでなく、簡単な操作性や、容易な音楽の転送も。快適に音楽を楽しむことができます。落ち着いた曲からダンスミュージックまで幅広く楽しめるウォークマンなので、音楽を本格的に楽しみたい方におすすめです。

電源持続時間 45 時間
画面サイズ 3.1インチ
ハードディスク容量 16 GB
商品の寸法 -
重量 -
年式 2016
第1位

SONY (ソニー) デジタルオーディオプレーヤー ウォークマン NW-WM1A B

105,300円(税込)

SONYの音作りへのこだわりを感じるウォークマン

他モデルよりも価格が高い分、ずば抜けた音質を実現しています。バランス接続機能を使うことでより重厚感のある音楽を聞くこともでき、音質にこだわりのあるSONYならではのウォークマンです。

このウォークマンを買ってしまったら他の製品で音楽は聞けないと思えるほど、ウォークマンの中でも圧倒的な存在感です。音楽愛好家なら検討しておきたいモデルでしょう。

電源持続時間 33時間
画面サイズ -
ハードディスク容量 128 GB
商品の寸法 6.53 × 12.34 × 1.99 cm
重量 267 g
年式 2016

ウォークマン のおすすめ比較一覧表

商品画像
SONY (ソニー) デジタルオーディオプレーヤー ウォークマン B01LRQZQHW 1枚目
SONY (ソニー) ウォークマン Aシリーズ B01M1CTON5 1枚目
SONY (ソニー) ウォークマン Fシリーズ B009JXJDV6 1枚目
SONY (ソニー) ウォークマン Sシリーズ B074FM2V4X 1枚目
SONY (ソニー) ウォークマン Aシリーズ 16GB B07571VN18 1枚目
SONY (ソニー) ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ B01B44XQ3I 1枚目
SONY (ソニー) ウォークマン ZXシリーズ B0756XZJ9Q 1枚目
 ウォークマン Wシリーズ B071R43JQT 1枚目
SONY (ソニー) ウォークマン Aシリーズ B07GZ85X5R 1枚目
SONY (ソニー) ウォークマン Sシリーズ B074FMH73X 1枚目
商品名 SONY (ソニー) デジタルオーディオプレーヤー ウォークマン SONY (ソニー) ウォークマン Aシリーズ SONY (ソニー) ウォークマン Fシリーズ SONY (ソニー) ウォークマン Sシリーズ SONY (ソニー) ウォークマン Aシリーズ 16GB SONY (ソニー) ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ SONY (ソニー) ウォークマン ZXシリーズ ウォークマン Wシリーズ SONY (ソニー) ウォークマン Aシリーズ SONY (ソニー) ウォークマン Sシリーズ
型番 NW-WM1A B NW-A35HNL NW-F805/W NW-S315 L NW-A45 R NW-WS413 B NW-ZX300 B NW-WS623 G NW-A55 B NW-S315 B
特徴 SONYの音作りへのこだわりを感じるウォークマン 音楽をリアルに体験するためのウォークマン 操作性、音質共に満足度の高いウォークマン コンパクトで値段もリーズナブルなウォークマン DSEE HX」機能にも対応するAシリーズ スポーツ中でも高音質の音楽が聞けるウォークマン 小型ボティに高音質技術を詰め込んだウォークマン クイック充電、海水対応 多様な音源を高音質で楽しめるウォークマン 屋外でスピーカーでも音楽を楽しめるウォークマン
価格 105,300円(税込) 21,500円(税込) 91,800円(税込) 15,816円(税込) 22,000円(税込) 10,819円(税込) 58,790円(税込) 13,609円(税込) 19,596円(税込) 15,816円(税込)
電源持続時間 33時間 45 時間 25時間 52時間 39時間 12時間 30時間 12時間 45時間 52時間
画面サイズ - 3.1インチ 3.5インチ 1.77インチ 3.1 インチ - 3.1インチ - 3.1インチ 1.77インチ
ハードディスク容量 128 GB 16 GB 16.384 GB 16 GB 16GB 4 GB 64 GB 4 GB 16GB 16 GB
商品の寸法 6.53 × 12.34 × 1.99 cm - - 0.99 x 4.43 x 9.46 cm 1.1 x 5.6 x 9.8 cm ; 99.8 g - 5.77 x 1.49 x 12.04 cm 14.8 x 12.8 x 4.6 cm 1.08 x 5.57 x 9.73 cm 0.99 x 4.43 x 9.46 cm
重量 267 g - 231 g 53 g 240 g 32 g 157 g 159 g 99 g 53 g
年式 2016 2016 2012 2017 2017年モデル 2016 2018 - 2018 2017
商品リンク

おすすめのウォークマンまとめ

ウォークマン おすすめ まとめ

いつでもどこでも高音質で音楽を楽しめる『ウォークマン』。最近はPCやスマホからでも音楽は聴けますが、より音楽を楽しみたい、音にこだわりたい方ほど、ウォークマンを利用しています。一方モデルが様々なだけに、どのウォークマンを選ベば良いのか困ることもあるでしょう。

ウォークマンに興味のある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ウォークマン
のおすすめ関連記事をもっと見る