ヘッドホンアンプのおすすめ厳選人気ランキング10選

より高音質で音楽を楽しめるようになる『ヘッドホンアンプのおすすめ人気ランキング』。据え置きタイプからポータブルタイプまでの各ヘッドホンアンプの特徴や、様々な使用シーン・用途に合わせた選び方も詳しくご紹介します。
sakiti

お使いのヘッドホンやイヤホンで迫力のある音楽を楽しみたいなら、『ヘッドホンアンプ』が非常におすすめ。

一般的なアンプは信号をただ増幅させることで音量を上げますが、一方ヘッドホンアンプは微弱な電流・電圧のコントロールが可能になっており、高音質かつノイズ低減の大迫力なサウンドを実現!日頃の音楽・映画鑑賞はもちろん、パソコンやスマートフォンゲームを臨場感たっぷりに味わえます。

ヘッドホンアンプとは?

ヘッドホンアンプとは、ヘッドホン専用の『アンプ搭載型オーディオ機器』のことです。

『アンプ搭載型』という言葉自体からは一般的なアンプとの違いをイメージしづらいため、具体的なメリットと詳しい機能をみていきながらその違いを理解していきましょう。

ヘッドホンアンプのメリット

ヘッドホンアンプには、『音質』と『音量』を調整するという大きく2つの役割があります。

1. 音質がよくなる

ヘッドホンアンプの1つ目のメリットは、『音質が良くなる』点です。

音の解像度が高いヘッドホンアンプを使用すると、お手持ちのヘッドホンやイヤホン実力を十二分に引き出すことが可能です。締まりの良い重低音や、繊細に響き渡る高音によって、従来の音よりもよりダイナミックでクリアな音を楽しめます。

2. 幅広く音量調整ができる

ヘッドホンアンプの2つ目のメリットは、『幅広く音量調整ができる』点です。

スマートフォンや携帯型のポータブル音楽プレーヤーは、本体サイズがコンパクトなため、それに比例して出力音量自体にも限界があり、とくにイヤホン以外を活用する屋外使用にはあまり適していません。ところがそんな場合にもヘッドホンアンプを活用すれば、携帯型のポータブルプレーヤーなどでは出せないレベルまで音量調整ができ、屋外でも聞き応えのある大音量を引き出せます。

友人との集まりで大会場で音楽を流したいとき、ピクニックで屋外で気持ちよく音楽を聴きながら食事を楽しみたいとき、のようにさまざまな状況や場所に合わせて最適な音量調整ができるのもヘッドホンアンプのメリットの一つです。

またヘッドホンアンプのなかには、スピーカーや外部アンプへの出力が可能なものもあります。出力端子数がお手持ちのスピーカーと合えば、デジタル出力をアナログ出力に変える『DAC』の役割も果たします。

ヘッドホンアンプの選び方

ヘッドホンアンプは、各メーカーから実にさまざまな特徴をもった商品モデルが発売されています。

自分の求める音楽ライフスタイル、サウンド感、に照らし合わせて、満足のいくヘッドホンアンプを見つけるための選び方をみていきましょう。

タイプで選ぶ

ヘッドホンアンプは『ポータブルタイプ』と『据え置きタイプ』の大きく2つのタイプに分けられます。

2つのタイプは使用目的や場所が異なるため、求められている機能性やそれに応じて使われるパーツも大きく異なります。

あなたにとって、気になるヘッドホンアンプがどちらのタイプなのかをあらかじめイメージしておくと良いでしょう。

ポータブルタイプ

ポータブルタイプ』は手のひらほどのサイズ感で持ち運びしやすいヘッドホンアンプ。

お使いのスマートフォンと接続すれば、通勤通学の移動時間、待ち合わせの時間つぶしなど、外出先どこでも高音質のサウンドを楽しめます。これまで通り、スマートフォンや音楽プレーヤーから手軽に音楽を楽しみたいという方におすすめです。

価格帯は数千円のものから数万円ほどで、イヤホンやヘッドホンの買い替えだけでは満足できない、限界を感じてきている方はぜひポータブルタイプのヘッドホンアンプをお試しください。

据え置きタイプ

据え置きタイプ』は室内使用を前提に設計されたヘッドホンアンプ。

ポータブルタイプに比べてサイズは大きいですが、その分機能性がより高いのが特徴的です。各メーカーごとに独自の回路を組み込んでいるため、より高音質なサウンドを楽しめます。PCやテレビに接続すれば、映画・動画鑑賞、ゲームもよりダイナミックな音で楽しめます。

価格帯は数千円のものから数十万円のものまで、かなりの幅があります。機能性を重視するとその分価格も上がるため、求めるスペックと価格のバランスを見ながらお気に入りのヘッドホンアンプを見つけましょう。

接続方法で選ぶ

ヘッドホンアンプを接続方法で選ぶには、主に、入出力端子を確認する必要があります。

ヘッドホンアンプの音声入力には『デジタル入力』と『アナログ入力』の2種類が存在します。主流はデジタル入力で、USBタイプのデジタル接続は、PCやスマートフォンとの接続に便利です。

また一般的なヘッドホンは左右で異なるサウンドを作り出す『バランス出力』を採用しており、ヘッドホンアンプもそれらに対応したモデルがあります。お使いのヘッドホンの本来の魅力を引き出すためには、同じ『バランス入力』に対応している必要があります。

そのほかに接続端子も確認しておきましょう。ヘッドホンアンプの出力端子で主流なのは、『3.5mmステレオミニ』と『6.3mmステレオ標準』の2つの端子を使った『ヘッドホン端子』です。

光デジタル端子』はケーブルに光ファイバーを使用し、ノイズに強く音質劣化がしにくい特徴があります。『同軸デジタル端子』と『アナログ端子』はRCA端子を使用しています。同軸デジタル端子は光デジタル端子よりも音質が上とされています。

求める入出力端子があるか、接続方法についてしっかり確認しておきましょう。

予算から選ぶ

ヘッドホンアンプの価格帯は、数千円のものから数十万円のものまで価格幅が非常に広いのが特徴です。もちろん機能性を求めると価格帯は上がり、価格帯を下げると機能面で妥協しなければならない点も出てきます。

予算が数千円〜数万円という方は、主に求める機能と用途をある程度絞る必要がありますが、予算が10万円以上になってくると求める機能レベルや用途の数を増やすことができるでしょう。

まずは予算を決めるに当たり、求める機能と用途の数を考えて、ご自身の予算にあったヘッドホンアンプを見つけましょう。

ヘッドホンアンプ のおすすめ人気比較ランキング

第10位

AGPTEK ヘッドホンアンプ 高音質 HA1 ブラック

3,750円(税込)

響く重低音!ハイレゾ対応のポータブルアンプ

CD以上の高解像度を誇るハイレゾ音源。息遣いやライブの熱気など、CDでは入りきらない繊細な音や音域の表現力を感じ取れる超高音質な音源です。ハイレゾ音源を楽しむには対応プレーヤーが必須。

こちらのヘッドホンアンプはハイレゾ対応かつ重低音強化機能を搭載し、より味わい深いサウンドを生み出します。安定した高音質サウンドを提供するために、ケーブル端子に金メッキ処理を施すこだわりっぷりです。サイズは縦幅10センチ以下と、持ち運びに便利なポータブルタイプのヘッドホンアンプです。

アンプ形状 ポータブルタイプ
出力ポート 3.5mmミニジャック
電源 充電式
サイズ(高さ x 幅 x 奥行) 6.1 x 9 x 14 cm
重量 107 g
カラー ブラック
第9位

FX-AUDIO- ヘッドフォンアンプ パワートランジスタディスクリート構成 ブラック PH-A1J

4,980円(税込)

独自回路でパワフルサウンドを実現させたヘッドホンアンプ

こちらは据え置きタイプのヘッドホンアンプです。独自の回路構成で、力強いサウンドを実現させました。回路構成は、シグナルの強さをコントロールできる「ゲイン調整」と素早いデータ処理を可能にするバッファーを前段に、そしてパワートランジスタによる増幅回路を後段に設置しています。

最大出力1200mWのパワーで、ヘッドホンがもつ本来の実力を発揮させるヘッドホンアンプです。パワフルすぎるゆえに気になる発熱も、電流に制限をかけることで大幅に熱量を低下させています。ノイズもかなり小さく抑えられています。

アンプ形状 据え置きタイプ
出力ポート 3.5mmミニジャック
電源 DC12Vアダプター (ACアダプター別売)
サイズ(高さ x 幅 x 奥行) 2.7 x 7.3 x 12.8 cm
重量 235 g
カラー ブラック
第8位

FiiO BTR3 Bluetooth ワイヤレス ポータブルヘッドホンアンプ PHPA

10,300円(税込)

有線ヘッドホンをワイヤレスに!高音質なコンパクトアンプ

ポータブルオーディオ機器の開発に力を入れている中国のオーディオメーカー、「FiiO」。わずか26gの軽量サイズでありながら、繊細なサウンドを忠実に再現することを可能にしました。スマートフォンとBluetooth接続もできます。

ヘッドホンアンプをお使いの有線ヘッドホンに接続することで、まるでワイヤレスのようにヘッドホンで高音質なサウンドを実現。カーステレオシステムにも対応しているため、心地よい音量と高音質なBGMでドライブも楽しめます。

アンプ形状 ポータブルタイプ
出力ポート 3.5mmミニジャック
電源 充電式
サイズ(高さ x 幅 x 奥行) 2.5 x 5.8 x 10.4 cm
重量 26 g
カラー ブラック
第7位

FX-AUDIO- ヘッドフォンアンプ搭載 ハイレゾ対応 ブラック DAC-X6J

8,980円(税込)

コスパ抜群な高性能アンプ!音質が格段に変わるハイレゾ対応

株式会社ノースフラットジャパンのオーディオブランド「FX-AUDIO」。ヘッドホンアンプ部には最高峰の呼び声も高い「TPA6120A」を採用しています。これにより、重低音も体に響く迫力と繊細に広がる高音を実現。

1万円以下の低価格ながら大満足なユーザーの声が絶たない、コストパフォーマンスの良いヘッドホンアンプです。AC電源供給のため、電源も安定しています。これによりノイズ音を抑え込み、クリアな音質を実現させました。必須のACアダプタは別売りですので、別途購入が必要です。

アンプ形状 据え置きタイプ
出力ポート 6.3mmジャック
電源 DC12Vアダプター (ACアダプター別売)
サイズ(高さ x 幅 x 奥行) 3.2 x 9.8 x 14.8 cm
重量 360 g
カラー ブラック
第6位

iFi Audio ヘッドホンアンプ DAC iFi micro iDSD Black Label

74,520円(税込)

英メーカー最新モデル!従来製品を超える超低音対応アンプ

イギリスのオーディオブランド「iFI-Audio (アイファイオーディオ)」。ハイクオリティーなモデルが多いため高価格製品がほとんどですが、その分機能性の高いハイエンドメーカーです。従来製品をよりパワーアップさせたこちらのヘッドホンアンプ。

デジタル信号セクション・電源セクションのほか、Global Master Timingクロックシステムもグレードアップさせました。これによってより深く、そして引き締まった低音を実現させ、オーディオユーザーも大満足なヘッドホンアンプとなっています。

アンプ形状 据え置きタイプ
出力ポート 6.3mmジャック
電源 充電式
サイズ(高さ x 幅 x 奥行) 2.8 x 6.7 x 17.7 cm
重量 310 g
カラー ブラック
第5位

Fiio ポータブルヘッドホンアンプ FiiO フィーオ Q5s with AM3E FIO-Q5S-AM3E

51,840円(税込)

高品質パーツを採用した独自回路でダイナミックなサウンドを実現

中国メーカー「FiiO」の最新モデル「Q5s with AM3E」。DACチップには旭化成の「AK4493EQ DAC」を採用するなど、高音質パーツを使用した独自回路で、低ノイズかつ低歪と高出力の両立に成功させました。

音量の左右不均等を解決するためのADCボリュームコントロール機能も搭載し、11.2MHzのDSDデータのネイティブ再生にも対応しています。またBluetoothチップも搭載しているため、主要な高音質ワイヤレスオーディオコーデックの全てに完全対応しています。

アンプ形状 ポータブルタイプ
出力ポート 3.5mmミニジャック
電源 充電式
サイズ(高さ x 幅 x 奥行) 1.6 x 6.4 x 12.4 cm
重量 195 g
カラー グレー
第4位

SONY (ソニー) ヘッドホンアンプ DAC TA-ZH1ES

213,800円(税込)

大手SONYが新開発アンプを搭載!フルデジタルアンプ

大手メーカーSONYが新開発した「D.A.ハイブリッドアンプ」を搭載した、ヘッドホンアンプです。前モデルの高音質を保ちつつ、アナログ回線も用いた信号補正を取り入れた最新アンプになります。それによりパワフルな音量出力時でも歪みやノイズの発生を大きく抑えることに成功しました。

最大DSD22.4MHz、PCM768kHz/32bitのハイレゾ音源にも対応し、独自設定ののアルゴリズムは全てのPCM音源をリアルタイムでDSD11.2MHz相当に変換して再生します。高価格ながらも、さすがの高品質を誇るヘッドホンアンプです。

アンプ形状 据え置きタイプ
出力ポート 6.3mmジャック
電源 電源コード付属
サイズ(高さ x 幅 x 奥行) 6.5 x 21 x 31.4 cm
重量 4400 g
カラー ブラック
第3位

TEAC (ティアック) USB DAC ヘッドホンアンプ ブラック UD-505-B

143,856円(税込)

ハイレゾ・ワイヤレス対応のハイスペックヘッドホンアンプ

創業60年のオーディオメーカー「TEAC」。リーズナブルな価格で楽しめるホームオーディオから高性能なハイエンドオーディオまで、幅広いラインナップ取り揃えています。こちらの「TEAC UD-505-B」はこれまでのオーディオ技術をふんだんに盛り込んだハイスペックヘッドホンアンプです。

前モデルの構成をそのままに、左右に1機ずつD/Aコンバーターを搭載したことで、従来製品よりも高度なハイスペックオーディオとなりました。Bluetoothレシーバー機能も搭載し、ワイヤレス再生も可能です。

アンプ形状 据え置きタイプ
出力ポート 6.3mmジャック
電源 電源コード付属
サイズ(高さ x 幅 x 奥行き) 8.4 x 29 x 24.8 cm
重量 4200 g
カラー ブラック
第2位

Oriolus (オリオラス) JP version G2 ヘッドホンアンプ BA300S

52,920円(税込)

4.4mm入出力のみを追求したこだわりのヘッドホンアンプ

音響機器の専門開発会社「サライラス」が展開する、オーディオブランド「Oriolus」。ありそうでなかった4.4mm入出力のポータブルアンプを追求したことで生まれたヘッドホンアンプです。

4.4mmバランスで入力した音を、そのままの音質で届けれるよう、同様の出力設計がされています。このヘッドホンアンプの魅力は、心地よく温かみを感じる音の広がりにあります。これは、偶数倍音に長けているデュアル真空管が2機搭載されているからです。高出力な350mW も実現し、どんなヘッドホンでもパワフルさを感じるサウンドを楽しめます。

アンプ形状 ポータブルタイプ
出力ポート 3.5mmミニジャック
電源 充電式
サイズ(高さ x 幅 x 奥行き) 1.6 x 5.7 x 12 cm
重量 165 g
カラー ブラック
第1位

FX-AUDIO- 電流帰還型 Hi-Fiヘッドホンアンプ ブラック TPA6120搭載 PH-A2J

6,880円(税込)

前モデル好評のアンプチップ搭載!2系統入力対応アンプ

FX-AUDIO-」がアナログ2系統入力に特化したヘッドホンアンプを開発しました。前モデル「X6J」で好評だった電流帰還型のハイエンドアンプチップ「TPA6120」を搭載し、パワフルかつダイナミックな高音質を実現させました。ノイズ音や歪みも安定した低さで、ストレスなく臨場感あるサウンドを思う存分楽しめます。

2系統入力は一般的なオーディオ機器との接続対応のほか、新たに3.5mmステレオミニジャック入力端子を備えました。これによりスマートフォンや携帯音楽プレーヤーとの接続も快適となり、ワンタッチでの入力切替が可能です。

アンプ形状 据え置きタイプ
出力ポート 3.5mmミニジャック
電源 DC12Vアダプター (ACアダプター別売)
サイズ(高さ x 幅 x 奥行き) 3.3 x 9.7 x 12.3 cm
重量 305 g
カラー ブラック

ヘッドホンアンプ のおすすめ比較一覧表

商品画像
FX-AUDIO- 電流帰還型 Hi-Fiヘッドホンアンプ ブラック TPA6120搭載 PH-A2J B07CLTDNM8 1枚目
Oriolus (オリオラス) JP version G2 ヘッドホンアンプ BA300S B07R7G665B 1枚目
TEAC (ティアック) USB DAC ヘッドホンアンプ ブラック UD-505-B B077TKN2ZN 1枚目
SONY (ソニー) ヘッドホンアンプ DAC TA-ZH1ES B01LZT6AJT 1枚目
Fiio ポータブルヘッドホンアンプ FiiO フィーオ Q5s with AM3E FIO-Q5S-AM3E B07WXFSGYN 1枚目
iFi Audio ヘッドホンアンプ DAC iFi micro iDSD Black Label B01MTNK3ZT 1枚目
FX-AUDIO- ヘッドフォンアンプ搭載 ハイレゾ対応 ブラック DAC-X6J B01GRZ0268 1枚目
FiiO BTR3 Bluetooth ワイヤレス ポータブルヘッドホンアンプ PHPA B07KRWS7RQ 1枚目
FX-AUDIO- ヘッドフォンアンプ パワートランジスタディスクリート構成 ブラック PH-A1J B078MP5C64 1枚目
AGPTEK ヘッドホンアンプ 高音質 HA1 ブラック B07B8FMG4K 1枚目
商品名 FX-AUDIO- 電流帰還型 Hi-Fiヘッドホンアンプ ブラック TPA6120搭載 PH-A2J Oriolus (オリオラス) JP version G2 ヘッドホンアンプ BA300S TEAC (ティアック) USB DAC ヘッドホンアンプ ブラック UD-505-B SONY (ソニー) ヘッドホンアンプ DAC TA-ZH1ES Fiio ポータブルヘッドホンアンプ FiiO フィーオ Q5s with AM3E FIO-Q5S-AM3E iFi Audio ヘッドホンアンプ DAC iFi micro iDSD Black Label FX-AUDIO- ヘッドフォンアンプ搭載 ハイレゾ対応 ブラック DAC-X6J FiiO BTR3 Bluetooth ワイヤレス ポータブルヘッドホンアンプ PHPA FX-AUDIO- ヘッドフォンアンプ パワートランジスタディスクリート構成 ブラック PH-A1J AGPTEK ヘッドホンアンプ 高音質 HA1 ブラック
特徴 前モデル好評のアンプチップ搭載!2系統入力対応アンプ 4.4mm入出力のみを追求したこだわりのヘッドホンアンプ ハイレゾ・ワイヤレス対応のハイスペックヘッドホンアンプ 大手SONYが新開発アンプを搭載!フルデジタルアンプ 高品質パーツを採用した独自回路でダイナミックなサウンドを実現 英メーカー最新モデル!従来製品を超える超低音対応アンプ コスパ抜群な高性能アンプ!音質が格段に変わるハイレゾ対応 有線ヘッドホンをワイヤレスに!高音質なコンパクトアンプ 独自回路でパワフルサウンドを実現させたヘッドホンアンプ 響く重低音!ハイレゾ対応のポータブルアンプ
価格 6,880円(税込) 52,920円(税込) 143,856円(税込) 213,800円(税込) 51,840円(税込) 74,520円(税込) 8,980円(税込) 10,300円(税込) 4,980円(税込) 3,750円(税込)
アンプ形状 据え置きタイプ ポータブルタイプ 据え置きタイプ 据え置きタイプ ポータブルタイプ 据え置きタイプ 据え置きタイプ ポータブルタイプ 据え置きタイプ ポータブルタイプ
出力ポート 3.5mmミニジャック 3.5mmミニジャック 6.3mmジャック 6.3mmジャック 3.5mmミニジャック 6.3mmジャック 6.3mmジャック 3.5mmミニジャック 3.5mmミニジャック 3.5mmミニジャック
電源 DC12Vアダプター (ACアダプター別売) 充電式 電源コード付属 電源コード付属 充電式 充電式 DC12Vアダプター (ACアダプター別売) 充電式 DC12Vアダプター (ACアダプター別売) 充電式
サイズ(高さ x 幅 x 奥行き) 3.3 x 9.7 x 12.3 cm 1.6 x 5.7 x 12 cm 8.4 x 29 x 24.8 cm 6.5 x 21 x 31.4 cm 1.6 x 6.4 x 12.4 cm 2.8 x 6.7 x 17.7 cm 3.2 x 9.8 x 14.8 cm 2.5 x 5.8 x 10.4 cm 2.7 x 7.3 x 12.8 cm 6.1 x 9 x 14 cm
重量 305 g 165 g 4200 g 4400 g 195 g 310 g 360 g 26 g 235 g 107 g
カラー ブラック ブラック ブラック ブラック グレー ブラック ブラック ブラック ブラック ブラック
商品リンク

まとめ

ヘッドホンアンプの選び方は、求める音質や機能性、ライフスタイルによって様々です。スマートフォンや携帯型ポータブル音楽プレーヤーで気軽に高音質なサウンドを楽しみたいなら、USB入力に対応した『ポータブルタイプ』がおすすめ。ご家庭でテレビやPCの大迫力サウンドを味わいたいならハイレゾ対応の『据え置きタイプ』がおすすめです。

ヘッドホンアンプは機能性や搭載パーツを追求すると、その分価格帯も大幅に上がります。どの製品が自分に合うかまだわからない方は、まずはリーズナブルなヘッドホンアンプを選んでみることも選択肢の一つです。ぜひランキングを参考にしてみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ヘッドホンアンプ
のおすすめ関連記事をもっと見る