センタースピーカーのおすすめ厳選人気ランキング10選

【最新版】センタースピーカーの厳選10選おすすめ人気ランキング。センタースピーカーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのセンタースピーカーをランキング形式でご紹介。
ichiko

家庭のテレビも大画面で見られるようになり、『音響もよかったらもっと楽しめるな』と思った経験はありませんか?そんなときは『センタースピーカー』がおすすめ。映画からスポーツ観戦までより臨場感を持って楽しむことができます。

今回はそんなセンタースピーカーの魅力や選び方を解説します。低価格で導入しやすいものから、音質にこだわった高性能なものまでランキング形式でまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

そもそもセンタースピーカーとは?

センタースピーカーとはホームシアター用のサラウンドシステムの1つであり、テレビの中央に置いて音声をよりクリアにしてくれます。

サラウンドシステムとは?

サラウンドシステム』とは前後左右にスピーカーを設置し、立体的で臨場感のある音を作り出す立体音響のことです。

立体音響であれば、しかるべき位置からベストなタイミングで音が出るので映画のセリフもよく聴こえ、家にいながらでもまるで映画館のような迫力で映画を楽しめます。

5.1chシステムの構成

サラウンドシステムの種類は1ch2ch2.1chと表します。たとえば古い電化製品や小さいラジオなどはスピーカーが1つなので1ch、テレビなどの2つスピーカーがついているものは2ch、2つのスピーカーに加えて重低音を出すウーファーを入れているものが2.1chとなります。

ホームシアターなどのサラウンドシステムは『5.1ch』が主流であり、ローコストのモデルも出ているのでコストをかけずに揃えられると人気です。5.1chはフロントに真ん中と3つのスピーカーを置き、サブとしてウーファーを設置するスタイルで構成されています。これで単一の音ではなく部屋全体から音が聴こえてくるので立体的な音響にすることができます。

なおこの真ん中に設置するスピーカーを『センタースピーカー』と呼びます。

センタースピーカーの必要性・効果

テレビについているスピーカーでは、セリフが聞き取りづらかったり、映像と音のズレが生じることがあります。そのズレがなくなることを『定位感が増す』と言いますが、定位感が増せばまるで映像ではないような臨場感のあるサウンド感になります。

5.1chのようなサラウンドシステムにすれば臨場感溢れる音響環境を作れることは間違いないですが、そこまでの音響は必要ない、なるべく低コストで抑えたい方はセンタースピーカーだけでも今より十分によい音響環境にできます。

取り付ける位置について

センタースピーカーはテレビの真ん中、より高い位置に取り付けるのが理想ですが、専用のテレビ棚または台がないと置けません。そのため多くの場合はテレビラックの下に設置することになります。

使っているラックに置き場所がない場合はテレビの前に置くことになりますが、映像を見る際に少し邪魔に感じてしまうので、その場合は専用の台を1台購入して設置した方が見栄えもよくなりますし、センタースピーカーの本来のパフォーマンスも発揮できるのでおすすめです。

おすすめのセンタースピーカーの選び方

センタースピーカーを選ぶときにどの点にポイントを置いて選べばよいのか、そのポイントによってセンタースピーカーも違ってきます。センタースピーカーそれぞれの特徴をチェックし、自分の利用シーンにあったものを選びましょう。

スピーカーのユニット数で選ぶ

スピーカーを構成する音響パーツの種類のことを『スピーカーユニット』といいます。

スピーカーのユニットの種類は全部で4つあり、それぞれの出る音の高さが違います。高音域を再生できる『トゥイーター』、3WAY以上のスピーカーを搭載する際に中音域を再生する『ミッドレンジ』、低音域を再生する『ウーファー』、重低音を再生する『サブウーファー』の4種類です。

これらの組み合わせ方の違いで、『フルレンジスピーカー』、『2WAYスピーカー』、『3WAYスピーカー』の3種類に大別されます。

フルレンジスピーカー

フルレンジスピーカーはスピーカー1つで低音から高音まで全ての音域が再生されるスピーカーです。

シンプルな構造でコンパクト。値段は安く、初心者にもおすすめです。1つのスピーカーのみで再生するため、2WAYのものと比べると音域が狭くなるというデメリットもありますが、特にこだわりがなく、音の再生ができればいいという方は問題なく使えます。

2WAYスピーカー

センタースピーカーでは『2WAYスピーカー』がスタンダードです。2WAYスピーカーは高音域を再生する『トゥイーター』と低音域を再生する『ウーファー』が組み合わさったスピーカーです。

ラインナップも豊富にありますので自分に合ったセンタースピーカーを選ぶことができます。

3WAYスピーカー

3WAYスピーカーは2WAYスピーカーの高音域・低音域スピーカーに加え中音域のスピーカーを足したものです。中音域が加わることで広い音域の音を出すことが可能です。

従来は大型で値段も高いものが多かったのですが、最近では1万5千円程度から手に入れられるようになりました。

インピーダンスで選ぶ

スピーカーの性能を表すものとしてインピーダンスというものがあります。インピーダンスは値が低いほど電気が流れやすく、出せる音も大きくなります。

スピーカーのインピーダンスは『Ω』という記号で表され、日本語では『交流電気抵抗』や『電気抵抗』と呼ばれています。

またスピーカーのインピーダンスが低すぎると接続されたアンプに負担をかけることもありますので注意しましょう。

出力音圧レベルで選ぶ

出力音圧レベルはスピーカーの性能を示す指標です。単位は『db (デシベル)』で、入力された音の信号をどれだけの音の大きさで出力できるかを表します。

出力音圧とは、テレビやスマホのボリュームに左右されず、スピーカー単体から大きなボリュームを出せるようになること。これにより音が太くなり、臨場感が生まれます。

スピーカーを選ぶ際には、考慮に入れておきたい要素の1つです。

センタースピーカーのおすすめのメーカー

センタースピーカーの主要なメーカーとそれぞれの特徴をご紹介します。

YAMAHA (ヤマハ)

YAMAHA』は日本でも代表格の楽器メーカーです。『YAMAHA』と言えば楽器というイメージですが、実は楽器をはじめ、ネットワーク機器・ゴルフ用品・原動付自転車などさまざまな製品も販売しています。

その中でもオーディオ関連は、音楽に関係するということでYAMAHAも大きな強みを持っています。特徴は豊富な種類とそのクオリティで、決して低価格ではないですが値段相当、またはそれ以上のスピーカーだと幅広い層からの人気を獲得しています。

ONKYO (オンキヨー)

ONKYO』も日本を代表するメーカーの1つです。東芝のテレビ『REGZA』にはONKYOのスピーカーが使用されています。

馴染みのあるミニコンポからホームシアターのオーディオ類まで幅広く展開しており、技術革新を重ねた結果、世界中で人気のあるメーカーになりました。

そんなONKYOはまさにオーディオの専門家です。スピーカーも取り入れやすいバータイプから本格的なシアターセットまで種類も豊富にあります。

DALI

DALI』はデンマークのメーカーであり、創業以来スピーカーの製造を本格的に行なっているメーカーです。初心者でも導入しやすいエントリーなモデルから本格的なハイエンドのモデルまで幅広いラインナップを揃えているDALI。

デザインもシンプルで落ち着いたデザインなので部屋の雰囲気や他のオーディオと合わせやすいのも特徴です。

センタースピーカー のおすすめ人気比較ランキング

第10位

Pioneer センタースピーカー S-LM2シリーズ S-LM2C

15,340円(税込)

木目調で丸みを帯びたデザインが特徴のセンタースピーカー

Pioneerの「S-LM2C」は丸みを帯びたラウンドフォルムを採用しており、内部の余計な音の発生を防ぎ、雑音のないクリアな音の再生ができます。

またスピーカーのフロントをフラットにすることにより、不要な音の反射をカットします。デザインは木目調で部屋にも合わせやすく、明るい印象です。

サイズ 285 mm x 123 mm x 162 mm
質量 2.4 kg
カラーバリエーション ウッドシェルフ
スピーカーユニット数 2
出力音圧レベル 84 db
インピーダンス 6 Ω
第9位

ONKYO センタースピーカーシステム ブラック D-509C(B)

14,610円(税込)

セリフやボーカルが鮮明でクリア、低価格で初心者でも使いやすいセンタースピーカー

ONKYOの「D-509C」は値段はお手頃ですが、高音域も低音域もこだわりのユニットを使用しており、より鮮明にセリフやボーカルを再生します。

高音域にはリング型ツィーターを搭載しており、超高音域もクリアに再生できます。ONKYO独自の「N-OMF振動板」が採用されているのでノイズの少ない低音再生を実現しており、クリアな音が再生されます。低音が豊かになると音に臨場感も出てくるのでより迫力のある音楽を楽しむことができます。

サイズ 500mm x 164mm x 176mm
質量 5.9 kg
カラーバリエーション ブラック
スピーカーユニット数 3
出力音圧レベル 86.5 db
インピーダンス 4 Ω
第8位

YAMAHA (ヤマハ) センタースピーカー ブラック NS-C500(B)

34,314円(税込)

高音質再生のハイレゾ対応、独特なフォルムで存在感のあるセンタースピーカー

YAMAMAの「NS-C500」はハイレゾ対応で高音質な音源でも再生できます。

デザインも高級感のある黒の光沢で、YAMAHAのグランドピアノを彷彿とさせます。また伝統の技巧で高剛性のキャビネットを使用しているので音の響きがとても鮮やかです。

サイズ 430mm x 146mm x 220mm 
質量 5 kg
カラーバリエーション ブラック
スピーカーユニット数 3
出力音圧レベル 87 db
インピーダンス 6 Ω
第7位

DALI センタースピーカー ZENSOR VOKAL ライトウォールナット

29,800円(税込)

クリアで自然な音が出せるデンマークブランドのセンタースピーカー

DALIの「ZENSOR VOKAL」は2WAYのユニットで広いスィートスポットを実現しており、部屋のどこにいてもバランスの取れた音が聞けます。ウーファーは木の繊維を配合した『ウッドファイバーコーン』を採用しており、繊細な音も正確に再生され自然な音響を可能にしています。

木目調のボックスにブラックなフロントと、デザインもおしゃれでインテリアとして利用したい人からも評判が高いセンタースピーカーです。

サイズ 161mm x 441mm x 288mm
質量 6.8 kg
カラーバリエーション ライトウォールナット・ブラックアッシュ
スピーカーユニット数 3
出力音圧レベル 88.5 db
インピーダンス 6 Ω
第6位

YAMAHA センタースピーカー ピアノブラック NS-C700(BP)

28,800円(税込)

映画から音楽まで幅広いコンテンツが楽しめる!オールラウンドなセンタースピーカー

YAMAHAの「NS-C700」はYAMAHAの楽器メーカーの技術が発揮されたオールラウンドな高性能スピーカーです。

映画から音楽まで幅広い楽しみ方ができる中、価格は3万円台。見た目は重量感と高級感を兼ね備え、カラーはテレビや他のオーディオ機器とも合わせやすいブラックと全面木目調のブラウンバーチの2色です。

サイズ 500 mm x 170mm x 170 mm
質量 7.0 kg
カラーバリエーション ピアノブラック、ブラウンバーチ
スピーカーユニット数 3
出力音圧レベル 89 db
インピーダンス 6 Ω
第5位

JBL STAGE 2WAY センタースピーカー JBLA125CW

21,020円(税込)

JBL独自のホーン採用で高音域に威力を発揮

JBLの「STAGE A125C」は2WAYのセンタースピーカーであり、JBL独自のホーンを高音域ユニットに搭載し鮮やかな表現が可能になっています。

定指向特性により、部屋のどこで聞いても一定のクリアな音、高音、中音のバランスの取れた音で再生されます。デザインは木目調であるもののシックな色合いなので、テレビの色とぶつかり合わない落ち着いたデザインになっています。

サイズ 469 mm x 190 mm x 240 mm
質量 8 kg
カラーバリエーション 木目系
スピーカーユニット数 3
出力音圧レベル 88 db
インピーダンス 6 Ω
第4位

SONY 2WAY スピーカーシステム SS-CS8

8,339円(税込)

クリアなセリフを再生することが可能なソニーのセンタースピーカー

SONYは日本を代表する電化製品のメーカーです。商品はカメラやテレビからパソコンなどと幅広く展開しており、人気のある商品がたくさんあります。そんなSONYはオーディオにも特化しており、ヘッドフォンやウォークマンも人気です。

SONYの「SS-CS8」はSONY独自の素材を取り入れたウーファーを採用し、クリアな低音を実現。その場で聞いているかのような臨場感のある音声を楽しむことができます。

サイズ 430 mm x 146 mm x 220 mm
質量 5 kg
カラーバリエーション ブラック
スピーカーユニット数 3
出力音圧レベル 86 db
インピーダンス 6 Ω
第3位

ONKYO センタースピーカーシステム D-109XC(B)

10,340円(税込)

お手頃価格なのに本格的なサウンド再生が可能!初心者におすすめのセンタースピーカー

ONKYOの「D-109XC」は本格的なサウンドの追求に加え、高級ピアノのような黒の光沢でインテリアとしても魅力的。

またウーファーのダイナミックな音を出せるように、先ほど紹介した「D-509C」と同様の「N-OMF振動板」を開発しました。キャビネットは不要な振動を吸収する構造で、雑音も極限まで削った良質な音が特徴です。

サイズ 275 mm x 102 mm x 128 mm
質量 1.9 kg
カラーバリエーション ブラック・木目
スピーカーユニット数 3
出力音圧レベル 82 db
インピーダンス 6 Ω
第2位

DENON センタースピーカー ブラック SC-C37-K

11,928円(税込)

鮮やかな音響の中に鮮明なセリフやボーカル、パフォーマンスのよいセンタースピーカー

DENONは日本のAV機器企業であるディーアンドエムホールディングズのブランドの1つです。40kHz以上の高音域を実現するソフトドームツィーターを採用しており鮮やかな音が再生されます。

セリフやボーカルの声も聴きやすく、迫力のある音声が再生できます。カラーはブラックと木目調の2種類あり、木目調は天然木を利用した珍しいタイプです。

サイズ 320 mm x 100 mm x 178 mm
質量 2.5 kg
カラーバリエーション ブラック・木目
スピーカーユニット数 3
出力音圧レベル 82 db
インピーダンス 6 Ω
第1位

YAMAHA センタースピーカー ブラック NS-C210(B)

3,067円(税込)

初心者にもおすすめ!パフォーマンスよしのYAMAHAの低価格モデル

YAMAHAの「NS-C210」は4千円以下で購入できるのにも関わらず、スピーカーユニットは2WAYスピーカーを採用しているので高音域も低音域もカバーできるなど、そのコストパフォーマンスの高さに定評があります。

シンプルなデザインは部屋の雰囲気にも合いやすく、カラーは大型のテレビとの相性がよいブラックと、明るい印象の木目調のブラウンバーチの2カラーがあります。フロントにはYAMAHAのマークも入っており安っぽさを感じさせません。

サイズ 340 mm x 105 mm x 132 mm
質量 2.0 kg
カラーバリエーション ブラック・ブラウンバーチ
スピーカーユニット数 3
出力音圧レベル 86 db
インピーダンス -

センタースピーカー のおすすめ比較一覧表

商品画像
YAMAHA センタースピーカー ブラック NS-C210(B) B001GQGXXA 1枚目
DENON センタースピーカー ブラック SC-C37-K B01M1CFZZW 1枚目
ONKYO センタースピーカーシステム D-109XC(B)  B01CP7TTV6 1枚目
SONY 2WAY スピーカーシステム SS-CS8 B00JJ95Y6S 1枚目
JBL STAGE 2WAY センタースピーカー JBLA125CW B07FHPRPKP 1枚目
YAMAHA センタースピーカー ピアノブラック NS-C700(BP) B002P5T3FG 1枚目
DALI センタースピーカー ZENSOR VOKAL ライトウォールナット B005P4SNVY 1枚目
YAMAHA  (ヤマハ) センタースピーカー ブラック NS-C500(B) B00454RDO8 1枚目
ONKYO センタースピーカーシステム  ブラック D-509C(B)  B009D77CD4 1枚目
Pioneer センタースピーカー S-LM2シリーズ S-LM2C B0051OS2YG 1枚目
商品名 YAMAHA センタースピーカー ブラック NS-C210(B) DENON センタースピーカー ブラック SC-C37-K ONKYO センタースピーカーシステム D-109XC(B) SONY 2WAY スピーカーシステム SS-CS8 JBL STAGE 2WAY センタースピーカー JBLA125CW YAMAHA センタースピーカー ピアノブラック NS-C700(BP) DALI センタースピーカー ZENSOR VOKAL ライトウォールナット YAMAHA (ヤマハ) センタースピーカー ブラック NS-C500(B) ONKYO センタースピーカーシステム ブラック D-509C(B) Pioneer センタースピーカー S-LM2シリーズ S-LM2C
特徴 初心者にもおすすめ!パフォーマンスよしのYAMAHAの低価格モデル 鮮やかな音響の中に鮮明なセリフやボーカル、パフォーマンスのよいセンタースピーカー お手頃価格なのに本格的なサウンド再生が可能!初心者におすすめのセンタースピーカー クリアなセリフを再生することが可能なソニーのセンタースピーカー JBL独自のホーン採用で高音域に威力を発揮 映画から音楽まで幅広いコンテンツが楽しめる!オールラウンドなセンタースピーカー クリアで自然な音が出せるデンマークブランドのセンタースピーカー 高音質再生のハイレゾ対応、独特なフォルムで存在感のあるセンタースピーカー セリフやボーカルが鮮明でクリア、低価格で初心者でも使いやすいセンタースピーカー 木目調で丸みを帯びたデザインが特徴のセンタースピーカー
価格 3,067円(税込) 11,928円(税込) 10,340円(税込) 8,339円(税込) 21,020円(税込) 28,800円(税込) 29,800円(税込) 34,314円(税込) 14,610円(税込) 15,340円(税込)
サイズ 340 mm x 105 mm x 132 mm 320 mm x 100 mm x 178 mm 275 mm x 102 mm x 128 mm 430 mm x 146 mm x 220 mm 469 mm x 190 mm x 240 mm 500 mm x 170mm x 170 mm 161mm x 441mm x 288mm 430mm x 146mm x 220mm  500mm x 164mm x 176mm 285 mm x 123 mm x 162 mm
質量 2.0 kg 2.5 kg 1.9 kg 5 kg 8 kg 7.0 kg 6.8 kg 5 kg 5.9 kg 2.4 kg
カラーバリエーション ブラック・ブラウンバーチ ブラック・木目 ブラック・木目 ブラック 木目系 ピアノブラック、ブラウンバーチ ライトウォールナット・ブラックアッシュ ブラック ブラック ウッドシェルフ
スピーカーユニット数 3 3 3 3 3 3 3 3 3 2
出力音圧レベル 86 db 82 db 82 db 86 db 88 db 89 db 88.5 db 87 db 86.5 db 84 db
インピーダンス - 6 Ω 6 Ω 6 Ω 6 Ω 6 Ω 6 Ω 6 Ω 4 Ω 6 Ω
商品リンク

おすすめセンタースピーカーまとめ

センタースピーカーの選ぶポイントやおすすめの人気ランキングをご紹介しました。お手頃かつ高パフォーマンスのものから、本格的なものまでタイプはさまざまです。フルにホームシアターセットを導入しなくてもセンタースピーカーのみで格段にテレビの音質は変わります。セリフをしっかり聴きたい、音に厚みが出るよう低音域も欲しいなど自分の好みに合ったセンタースピーカーを見つけてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

センタースピーカー
のおすすめ関連記事をもっと見る