【防草シートおすすめ10選】はじめてでもできる雑草対策を徹底解説!!

【最新版】防草シートの厳選10アイテムのおすすめ人気ランキング。防草シートの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめの防草シートをランキング形式でご紹介。
kunitomo

日々の雑草対策に苦労されている方も多いでしょう。生命力の強い雑草は次から次へと生えてきます。除草剤を使いたいけれど使ってしまうと雑草以外の植物も枯らしてまう恐れもあります。

そんなときにおすすめなのが『防草シート』。今回は除草剤を使わずに簡単に雑草の手入れができる防草シートをご紹介します。

防草シートとは

防草シート おすすめ 概要

防草シート』とは植物の成長に必要な光を遮ることで、雑草が生えてくるのを防いでくれるシートのことです。使う場所や広さ、雑草の種類によって、さまざまな色や厚さの防草シートが販売されています。

防草シートのメリット・デメリット

防草シート おすすめ メリット・デメリット

メリット

防草シートを使うメリットは除草剤を使わないので、自家栽培を行っている方や小さなお子様がいらっしゃるご家庭などでも安全に雑草を防げることです。

デメリット

防草シートを使うデメリットは庭の景観を損ねてしまうことです。庭の景観が気になる方は防草シートの上に砂利を敷くなどして対策を講じるとよいでしょう。

おすすめ防草シートの選び方

水はけのよさで選ぶ

防草シート おすすめ 水はけ

防水シートを選ぶ上で、水はけのよさは重要なポイントです。防草シートを敷いてせっかく雑草が生えなくなったとしても防草シートの上に水が溜まってしまい、そこから虫が湧いたり異臭が発生したりしたらまた別の対策が必要になってきます。そうなると防草シートを敷いた意味がありません。

防草シートは、素材によって透水性が変わります。使う場所をチェックした上で購入するように心がけましょう。水はけの悪い場所や道路脇の法面などには、透水性のない防草シートを使うことが多いです。

強雑草への対応で選ぶ

防草シート おすすめ 雑草

強雑草』とは、スギナやチガヤなど繁殖力の強い植物のことです。これらの植物は先が尖っているため貫通力が高く、薄い防草シートであれば突き破ってしまう可能性があります。また光合成効率が高く少ない光でも成長するため、遮光率の低い防草シートであればシートの下でも成長します。

防草シートを敷きたい部分にはどんな植物がよく生えているのか事前に調査し、このような雑草が生えている場合は分厚く遮光率の高いものを選ぶ必要があります。

遮光率で選ぶ

防草シート おすすめ 遮光性

遮光率』とは、光をどれだけ遮断してくれるかを数値であらわしたものです。光は植物の成長にとってなくてはならないものなので、防草シートを選ぶ上では重要な要素の1つです。遮光率が99%以上となっているものは、光をほぼ通さないので、生命力の強い強雑草にも効果的です。

しかしいくら遮光率の高い防草シートを使っても丁寧に隙間なく敷かないと、日光が入ってきてしまいます。施工時には、シート間に隙間がないか地面にぴったりと付いているかなど細かい注意が必要です。

色で選ぶ

防草シート おすすめ 色

防草シートの色は主に、『黒系』、『茶色系』、『緑系』の3種類に分かれます。使う場所や上から敷く砂利などによって色を変えてみると、景観を美しく保てます。以下に、それぞれの色についての特徴をまとめました。

黒系

防草シートで最もスタンダードな色は『黒系』です。農地や花壇、駐車場などさまざまな場所で、そのまま使うことも上から土や砂利をかけて使うこともできます。黒系は光の吸収率が高いため遮光率も高く、安心して使えます。何色にしようかと迷っているのであれば、まずはスタンダードな黒系がおすすめです。

茶色系

茶色系』の防草シートは土の色となじみやすいので、上から土をかけて使う場合や、ウッドチップなど敷く場合に使いやすい色です。上に敷いている土などがずれてしまっても、景観を損ねる心配はありません。黒系と比べると熱の吸収率も低いため、軒下に敷いても夏でもそれほど暑さを感じずにすみます。庭先のウッドデッキなどの周りに敷いてみるとマッチするかもしれません。

緑系

緑系』の防草シートは緑の多い花壇で使う場合、そのまま敷いても花壇の景観を損ねずきれいにまとめられます。草木の多い場所に敷いたり、上に人工芝を敷いたりする場合にも有効です。一般的に緑系の防草シートは、道路脇の緑地帯などの整備にも使われていることが多いです。緑系といっても黒っぽい色が多いので、遮光率は黒系と同様に高いので安心して使用できます。

強度で選ぶ

防草シートの上に化粧砂利を敷いたり、道路や駐車場に敷いたりする場合は、強度を確かめておく必要があります。防草シートの上を車が通ったり、人が歩いたりすることで破れてしまってはいけません。

そのような使い方をする場合は、なるべく強度の高いものを選ぶようにしましょう。先に述べた強雑草に対しても、尖っていて貫通力があるので、強度の高い防草シートが必要になります。

値段で選ぶ

防草シート おすすめ 値段

値段はメーカーによって差があります。値段が高いから品質が必ずよいとも限りませんし、逆に安いから品質が悪いとも言い切れません。

1㎡あたりの値段を計算してみるのもいいかもしれません。使う場所の雑草の状況や広さなどをしっかりと考慮に入れて、予算に合ったものを選ぶようにしましょう。できるだけコストパフォーマンスの高いものを選べるとよいでしょう。

耐用年数で選ぶ

防草シートの種類によって耐用年数が異なります。ポリプロピレン素材の防草シートはむき出しのままで4~5年の耐用年数をもち、ニードルパンチ加工がなされている防草シートはむき出しのままで8年ほどの耐用年数をもちます。できる限り長く防草シートを利用したい方や頻繁に防草シートを交換したくない方は耐用年数を参考に防草シートを選びましょう。

ブランドで選ぶ

防草シート おすすめ ブランド

ザバーン

ザバーン』はアメリカのデュポン社が開発している防草シートで、世界で最も利用されているブランドです。高い浸水性と耐久性が特徴で、庭にむき出しで設置しても長期間防草効果が続き、砂利を上に敷くとさらに防草効果が長持ちします。素材は不織布でハサミで容易にカットすることができるので、初心者でも施工に苦労しないでしょう。

エコナル

エコナル』の素材は『ザバーン』と同じく不織布で、防草シートの表面がサラサラしておりチリやホコリが挟まりにくいので、簡単に掃除を行えます。厚さに関しては『ザバーン』に劣るので駐車場など、上からの圧力がかかる場所での使用には向きません。

アグリシート

アグリシート』は非常に高い浸水性が特徴です。『アグリシート』独自の技術である即効透水性加工を施しているので、『水たまり』『ぬかるみ』『泥はね』を防止してくれます。3ブランドの中で最も価格が低いのも特徴です。

防草シートを敷くおすすめの手順

防草シート おすすめ 手順

1. 雑草を処理する

防草シートを敷く前にまずは庭の雑草を取り除きましょう。この際雑草の葉や茎だけではなく根まで取り除くと、より一層防草シートの効果を持続させることができます。雑草処理の手間を減らしたい方は雑草が比較的少ない冬場に行うとよいでしょう。

2. 庭を整地する

雑草を処理したら次は庭の整地を行いましょう。庭が凸凹だと地面と防草シートの間にすき間ができるので日光や種子が入ってきてしまい、尖った石や釘が庭にあると防草シートが破れてしまう可能性もあります。整地する際は草刈りにも使える三角ホーや大きなスコップがあると便利です。

3. 防草シートを敷く

庭の整地が済んだら防草シートを敷きましょう。防草シートを敷く際、継ぎ目が最低10cmは重なるようにすると隙間が出来る心配がありません。このとき接着剤やテープなどで縫い目を必ずくっつけることで、間から雑草が生えてくることを防げます。

4. 防草シートをシートピンで留める

防草シートを敷いたら風でめくれてしまわないようにシートピンで固定しましょう。シートピンを打ち込む際できるだけ多く打ち込むのがポイントです。

5. 砂利を敷く

防草シートにシートピンを打ち込んだらシートの上に砂利を敷きましょう。景観を整えたり、紫外線による防草シートの劣化を防いだり、防草シートの耐用年数を伸ばしたりする効果があります。

防草シートの強い味方には砂利がおすすめ

防草シート おすすめ 砂利

砂利の種類

2分砂利、3分砂利

景観を目的とする場合は5mm程度の『2分砂利』、10mm程度の『3分砂利』を選ぶとよいでしょう。

5分砂利

15mm程度の『5分砂利』は人が歩きやすく、砂利が比較的薄いので地面を平らにしやすいメリットがあります。

砂利の目安量

厚さの目安

小さな砂利は『2~3cm』程度で大きな砂利は『3~5cm』程度が目安になります。遮光するために砂利の間から地面が見えないように敷き詰めるのがポイントです。

量の目安

量の目安は1平米あたり『約60~80kg』です。

防草シート のおすすめ人気比較ランキング

第10位

クラーク おてがる草よけシート 1×3m

1,350円(税込)

その名の通り、価格も効果も「おてがる」な防草シート

庭の手入れ、特に草むしりが面倒だなあという方は、まずこの「おてがる草よけシート」を試してみてはいかがでしょうか。お手頃な価格で、防草シートの効果を体感できます。もちろん「おてがる」なので、基本性能は押さえていますが、スギナやチガヤなどの貫通力のある強雑草には対応していないので注意が必要です。

不織布タイプで、水や空気、液体肥料を通し、雑草以外の植物に影響は与えません。軒下やウッドデッキ周りなど、手頃な場所の雑草抑制に効果的です。

材質 ポリプロピレン
厚さ 0.27 mm
遮光率 -
黒色
寸法 1×3m
強雑草対応
耐用年数(むき出し) 2~3年
第9位

キンボシ ファームガーデン 超強力防草シート1m×20m

5,940円(税込)

創業149年の園芸用品店キンボシが誇る超強力防草シート

1870年創業の園芸用品店キンボシは、今年で創業149年を迎えます。そんなキンボシの防草シートは、きめ細かな高密度織りに加えて、約0.65mmと分厚い作りになっているので、遮光率は99.9%。貫通力の高い強雑草まで抑えてくれるのはもちろん、耐久性も高く、雨や紫外線にも強くなっています。透水性も高く、ぬかるみ防止にもなります。

素材にはポリプロピレンを採用しているので、滑りにくく、敷いた後の作業も安全に行えます。多少値は張りますが、価格に見合った効果は期待できます。

材質 ポリプロピレン
厚さ 0.65 mm
遮光率 99.9%
寸法 1×20m
強雑草対応
耐用年数(むき出し) 8~10年
第8位

シンセイ 濃グリーン 防草シート 1m×100m

9,093円(税込)

ロールタイプで敷き詰めらくらく、抗菌剤入り防草シート

色はモスグリーンで植物の色と調和が取りやすく、花壇を始めあらゆる場所にマッチします。透水性も高く空気もよく通し耐久性もあるので、雑草の育成を妨げてくれます。また防カビ効果がある抗菌剤入りです。

ロールタイプのため広い場所に均一に敷くのが簡単で、折りたたみタイプに比べると折り目が付いていない分でこぼこせずきれいに敷けます。広範囲に防草シートを敷きたい方にはおすすめのアイテムです。

材質 ポリプロピレン
厚さ -
遮光率 95%
モスグリーン
寸法 1×100m
強雑草対応 -
耐用年数(むき出し) 4~5年
第7位

GARDEN PROTECT (ガーデンプロテクト) 防草シート 50cm×10m ブラウン

980円(税込)

土の色にしっかりなじんで景観が損なわれない茶色系の防草シート

植物や土の色に調和しやすい茶色を採用しており、花壇や畑など、いろいろな場所に敷くことができ、景観を損ねません。透水性もあり、使えば使うほどなじんでいくので、透水効果も向上します。

ハサミやカッターで簡単に切れて切り口がほつれないので扱いやすいですが、厚みはあまりないのでシートの上を歩いたりする作業用の通路には適していませんし、スギナなどの強雑草には対応していないので注意は必要です。花壇など、景観や色合いが気になる部分に敷くことをおすすめします。

材質 ポリプロピレン
厚さ 0.5 mm
遮光率 -
茶色
寸法 0.5×10m
強雑草対応
耐用年数(むき出し) 1~3年
第6位

まつうら工業 防草シート 幅50cm 長さ20m ロール品

2,339円(税込)

大きさのバリエーションが豊富なので、いろんな場所にフィットする防草シート

ロープやテープ、園芸資材を扱う会社である、まつうら工業の防草シートです。黒系なので遮光率も高く、しぶとい雑草もしっかり抑えてくれます。しかし、スギナなどの貫通力のある強雑草は、シートを突き破る可能性があるので注意が必要です。

幅のバリエーションが50cm、1m、2mと3種類もあるので、狭い部分に敷くときもぴったりのサイズが見つかるはずです。ロール式になっているので、広い場所にも手軽に均一に敷けます。

材質 ポリプロピレン
厚さ -
遮光率 -
黒色
寸法 0.5×20m
強雑草対応
耐用年数(むき出し) -
第5位

GARDENIA 防草シート 【 抗菌剤・UV剤入 】 1mx10m

2,280円(税込)

プロ業者も認めた、UV添加剤入り丈夫で長持ち防草シート

UV剤が入っているので、遮光率は99.9%。光をほぼ通しません。抗菌剤が入っているので、防カビ効果もあります。UV添加剤 (アンチエイジングアクセサリー) は耐用年数を向上させ、より長い期間で効果を発揮します。

適度な厚みを持った構造になっているので、水や空気、液体肥料を通し、大事な庭木や花に影響がありません。エンボス加工を採用しているので使っていくうちに自然と水になじんでいき、透水性が上がります。

材質 ポリプロピレン
厚さ -
遮光率 99.9%
濃緑色
寸法 1×10m
強雑草対応 -
耐用年数(むき出し) 約5年
第4位

UncleHu 防草シート 1×10m シート押さ12本入り+鋼鉄押さ6本

1,880円(税込)

固定ピン12本と鋼鉄Uピン6本が付いたお得な防草シート

UncleHu独自の繊維と圧着熱加工のスパンボンド不織布で、耐久性が高く、雑草の育成を抑えてくれます。4層構造で透水性も高く空気や水、液体肥料を通して大切な庭木や花壇の花などの枯らしたくない植物に影響を与えません。

色はスタンダードな黒色で、畑や駐車場などのあらゆる場所に敷けます。お手頃な価格で、しかも固定ピン12本と鋼鉄Uピン6本が付属しているので、別で留め具を購入する必要がないのはありがたいことですね。

材質 ポリプロピレン
厚さ -
遮光率 -
黒色
寸法 1×10m
強雑草対応 -
耐用年数(むき出し) 3年
第3位

日本ワイドクロス 防草アグリシート ブラック 0.5m×100m BB1515

8,020円(税込)

即効透水性加工で防草シートとしてだけでなくぬかるみ防止対策にも

即効透水性加工という特殊な加工が施されているのでぬかるみや泥はねができにくくなっており、稲作畦道や露地栽培の防草対策に重宝します。高密度の強力織物シートなので、保湿性と耐久性、耐薬品性に優れ、地温の安定にも大きな効果を発揮します。遮光率も高いので、ビニルハウスの下敷きにも使えます。

材質はポリプロピレンで滑りにくい素材のため作業がしやすく、20cm間隔で青のライン、100cm間隔で赤のラインが入っておりサイズ合わせがしやすいのが魅力です。

材質 ポリプロピレン
厚さ 0.4 mm
遮光率 99%
黒色
寸法 0.5×100m
強雑草対応
耐用年数(むき出し) -
第2位

エコナル 防草シート 1m×50m

5,800円(税込)

便利で扱いやすくコストパフォーマンスがよいエコナルの防草シート

厚さは約0.3mmのため強雑草には対応していませんが、高密度クロスシートで扱いやすく、畑や花壇などの雑草への効果は十分です。透水性がよく、ぬかるみや泥はねを防止してくれます。
タバコなどの火を近づけても燃えにくい作りになっており表面がさらさらしているので、枯れ葉などが付きにくくそのまま使うこともできます。

もちろん、上に砂利などを敷いて使うこともできます。20cm間隔でラインが入っているので、切ったり合わせたりするのに便利です。

材質 PET
厚さ 0.3 mm
遮光率 99%
ブラウン、ダークグリーン
寸法 1×50m
強雑草対応
耐用年数(むき出し) -
第1位

デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m

12,280円(税込)

世界が誇る化学メーカーであるデュポンの高性能防草シート

極太繊維と特殊熱圧着で加工された、厚さ約0.64mmの4層スパンボンド不織布で、雑草をしっかりと抑えてくれます。目詰まりしにくく透水性にも優れており、水や空気、液体肥料はきちんと通すので成長目的の植物には負担をかけません。耐久性も高く、酸やアルカリなどの薬品にも強く作られています。

ハサミやカッターで簡単に加工できるので、初心者の方にも手軽に扱えます。防草シートの上に砂利などを敷けば、半永久的に使えます。

材質 ポリプロピレン
厚さ 0.64 mm
遮光率 99.7%
茶色/黒色(リバーシブル)
寸法 1×30m
強雑草対応
耐用年数(むき出し) 7~13年

防草シート のおすすめ比較一覧表

商品画像
デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m B01DLF4LA0 1枚目
エコナル 防草シート 1m×50m B0047CRCBC 1枚目
日本ワイドクロス 防草アグリシート ブラック 0.5m×100m BB1515 B00WSDQUOM 1枚目
UncleHu 防草シート 1×10m シート押さ12本入り+鋼鉄押さ6本 B07CTFMR1S 1枚目
GARDENIA 防草シート 【 抗菌剤・UV剤入 】 1mx10m B07FQDVG81 1枚目
まつうら工業 防草シート 幅50cm 長さ20m ロール品 B00C57YWW8 1枚目
GARDEN PROTECT (ガーデンプロテクト) 防草シート 50cm×10m ブラウン B016JNUSNK 1枚目
シンセイ 濃グリーン 防草シート 1m×100m B00KHFLZA2 1枚目
キンボシ ファームガーデン 超強力防草シート1m×20m B00MWGTYUW 1枚目
クラーク おてがる草よけシート 1×3m B000FMJKFE 1枚目
商品名 デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m エコナル 防草シート 1m×50m 日本ワイドクロス 防草アグリシート ブラック 0.5m×100m BB1515 UncleHu 防草シート 1×10m シート押さ12本入り+鋼鉄押さ6本 GARDENIA 防草シート 【 抗菌剤・UV剤入 】 1mx10m まつうら工業 防草シート 幅50cm 長さ20m ロール品 GARDEN PROTECT (ガーデンプロテクト) 防草シート 50cm×10m ブラウン シンセイ 濃グリーン 防草シート 1m×100m キンボシ ファームガーデン 超強力防草シート1m×20m クラーク おてがる草よけシート 1×3m
特徴 世界が誇る化学メーカーであるデュポンの高性能防草シート 便利で扱いやすくコストパフォーマンスがよいエコナルの防草シート 即効透水性加工で防草シートとしてだけでなくぬかるみ防止対策にも 固定ピン12本と鋼鉄Uピン6本が付いたお得な防草シート プロ業者も認めた、UV添加剤入り丈夫で長持ち防草シート 大きさのバリエーションが豊富なので、いろんな場所にフィットする防草シート 土の色にしっかりなじんで景観が損なわれない茶色系の防草シート ロールタイプで敷き詰めらくらく、抗菌剤入り防草シート 創業149年の園芸用品店キンボシが誇る超強力防草シート その名の通り、価格も効果も「おてがる」な防草シート
価格 12,280円(税込) 5,800円(税込) 8,020円(税込) 1,880円(税込) 2,280円(税込) 2,339円(税込) 980円(税込) 9,093円(税込) 5,940円(税込) 1,350円(税込)
材質 ポリプロピレン PET ポリプロピレン ポリプロピレン ポリプロピレン ポリプロピレン ポリプロピレン ポリプロピレン ポリプロピレン ポリプロピレン
厚さ 0.64 mm 0.3 mm 0.4 mm - - - 0.5 mm - 0.65 mm 0.27 mm
遮光率 99.7% 99% 99% - 99.9% - - 95% 99.9% -
茶色/黒色(リバーシブル) ブラウン、ダークグリーン 黒色 黒色 濃緑色 黒色 茶色 モスグリーン 黒色
寸法 1×30m 1×50m 0.5×100m 1×10m 1×10m 0.5×20m 0.5×10m 1×100m 1×20m 1×3m
強雑草対応 - - -
耐用年数(むき出し) 7~13年 - - 3年 約5年 - 1~3年 4~5年 8~10年 2~3年
商品リンク

防草シートのおすすめの使い方

防草シートだけを敷いていると、雨や紫外線の影響でどうしても劣化が進んでしまいます。劣化を防ぐために、防草シートの上に化粧砂利やバーク (樹皮) 、ウッドチップなどを敷くとよいでしょう。

これらのマルチング材を敷くことで防草シートの耐用年数を延ばすだけでなく、景観を美しく保つこともできます。防草シートを敷く前に雑草をしっかり根から抜いて地面を平らにし、固定ピンなどを使って隙間なくぴったりと敷くことも重要なポイントです。

おすすめの防草シートまとめ

防草シートといっても、用途によってさまざまな種類があることがおわかりいただけたと思います。防草シートは細かい条件で選んだり、きちんと施工したりと、最初はとても手間がかかるかもしれませんが、最初にきちんとしておくことで、長い間面倒な除草作業から解放されるでしょう。

今回の記事を読んで、ぜひご自分に合った防草シートを見つけてみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

防草シート
のおすすめ関連記事をもっと見る