タイヤチェーンのおすすめ人気比較ランキング9選

【最新版】タイヤチェーンの厳選9アイテムのおすすめ人気ランキング。タイヤチェーンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのタイヤチェーンをランキング形式でご紹介。
modoru

雪が多い地域にお住まいの方は冬場にスタッドレスタイヤに交換しますが、あまり雪の降らない地域にお住まいの方は、わざわざ購入することはないでしょう。しかし全く対策もしていないと雪が降った場合に難儀してしまいます。そんな時におすすめなのが『タイヤチェーン』です。

今回はそんなタイヤチェーンのおすすめランキングとともに選び方のポイントを確認していきましょう。

タイヤチェーンの役割

スタッドレスタイヤ』は年々性能が高くなっていますが、雪道を走行する際は『タイヤチェーン』の方が安定性は高いです。

スタッドレスタイヤ』はタイヤに施された溝で雪や氷を噛ませて走行することで安定した走行をする仕組みのタイヤです。以前のスパイク式に比べると路面を削る能力がない分、アイスバーンのような滑りやすい道では不安が残ります。

一方『タイヤチェーン』は金属のピンが付いているのでグリップ力が高く、路面に食い込んで走行をサポートしてくれます。

おすすめのタイヤチェーンの選び方

チェーンの素材で選ぶ

金属製チェーン

タイヤチェーンとして認知度の高い『金属製チェーン』は、コストを抑えてタイヤチェーンを購入したい方におすすめ。後述する他の材質の製品に比べて金属製のタイヤチェーンは比較的安価で購入できるほか、アイスバーンに強く安定感をもって走れます。

ただし金属製なので振動や音が大きくなってしまう点が難点で、乗り心地という面ではあまりおすすめできません。道路で使用してしまうとチェーンが切れる恐れもあるので注意が必要です。

非金属製チェーン

乗り心地でタイヤチェーンを選ぶのであれば、ゴム製やウレタン製のような『非金属製タイヤチェーン』がおすすめです。走行中の騒音や振動が小さいため乗り心地を大きく損なうことがありません。

ただしチェーンを外した際に金属製よりもかさばりやすく、価格も金属製より高めなので予算と機能性の兼ね合いが取れているものを選ぶ必要があります。

布製チェーン

着脱がしにくいというタイヤチェーンのデメリットをクリアしたものが『布製チェーン』です。布製は着脱に力がいらないので女性でも扱いやすく、装着時の乗り心地も損ないません。軽量コンパクトで非装着時もかさばらず、常に車に収納しておくことで急な雪にも対応可能です。

デメリットとしては素材が布なので他の素材に比べると耐久性が弱く、チェーン規制時には走行許可が降りない場合がある点などが挙げられます。基本的に布製のものは一時的な応急措置として活用しましょう。

チェーンのタイプで選ぶ

はしご型

はしご型』のタイヤチェーンはタイヤの力を効率よく路面に伝えてくれるので、安定して走行できます。万が一切れてしまっても補修部品が販売されているので、容易に修理できることも大きな魅力です。

しかしはしご型は路面と接する部分が進行方向に対して横向きになるため、凍結した路面では横滑りを起こすことがあり、注意が必要です。

亀甲型

亀甲型』は前後方向のみに働くはしご型と異なり、横方向のグリップ力も高いので横滑りにも強く、走破性に優れています。現在の金属製のタイヤチェーンの主流です。

亀甲型のタイヤチェーンは切れてしまった場合に補修ができないものが多い点と、はしご型に比べると価格が高めという点には注意しましょう。

分離型

分散型』の特徴は装着が簡単で素早く行えることです。本体がコンパクトなのでネット型のチェーンに比べると収納しやすいのも特徴といえます。

しかし部分的に装着するという形状上、どうしても乗り心地および滑り止めの性能に難があることは否めません。分離型を選ぶ場合は出来るだけタイヤを広く覆える、面積の広いタイプを選び、滑り止め性能の悪さをカバーするようにしましょう。

ネット型

ネット型』はタイヤ全体を覆うので滑り止め性能が高く、安定して走れて、静寂性も高いので不快感なく着用できます。

しかしタイヤ全体を覆うという形状上、布製のタイヤソックス以外では装着が難しく、ゴム製やウレタン製だと伸ばしながら装着するためにある程度の力が必要になります。

タイヤのサイズで選ぶ

サイズの合わないタイヤチェーンを使用していると、タイヤチェーンが本来持っている性能を十分に発揮できず、雪道やアイスバーンで危険が生じることも考えられます。タイヤチェーンを選ぶ際は、あらかじめご自身の車のタイヤサイズをチェックし、ぴったりのものを選びましょう。

 装着の簡単さで選ぶ

以前はタイヤチェーン装着にも『ジャッキアップ』が必要でしたが、現在のものではジャッキアップする必要のあるチェーンは少なくなっているので、そのまま取り付けられます。

より簡単に装着できることを重視するのであれば、柔軟性のある素材を使用しているものや、布製のタイヤソックスのような力を必要とせずに着用できるものを選ぶと簡単に装着ができます。

JASAA認定の有無で選ぶ

JASAA認定』を受けている製品は
・道路の破損が少ない
・高速道路の本線やインターチェンジの坂道をクリア
・着脱が容易
・関越トンネルを装着したまま走行可能
・滑らかな走行
・アイスバーンに強い
・600km以上の耐久性

といった項目をクリアしている製品です。

ご家族を乗せる車や高速道路をよく走行する車であれば、JASAA認定を受けている製品の中から選ぶことをおすすめします。

クリアランスで選ぶ

タイヤチェーンはタイヤの外周に取り付けるため、当然ながらタイヤの外径が大きくなります。そこで大切になるのがタイヤチェーンの『クリアランス』。クリアランスとはタイヤやホイールと車両のフェンダーの隙間、タイヤとサスペンションの隙間のことです。

このクリアランスが不足しているとタイヤチェーンが取り付けられない不具合や、無理やり取り付けることで車両を傷つけることも考えられます。当然ながら通常はクリアランスを大きめに設計しているので不足することはまずありませんが、車高を下げていたり、タイヤやホイールを非純正のものに交換しているとクリアランス不足になる可能性があります。

スプレー式タイヤチェーンも選択肢に

スプレー式タイヤチェーン』とは樹脂を原料とした液体をタイヤにスプレーすることで、タイヤの表面に細かなざらつきを与え、摩擦力を高める効果のあるアイテムです。スプレーをさっと吹きかけるだけなので誰でも簡単に扱えて、スプレー缶程度であれば収納の幅もとらないため、常備しておきやすいというメリットをもっています。

しかし走っているうちに徐々に効果が薄れるので長距離走行には適しておらず、タイヤが変色を起こす可能性もあるほか、ボディに付着してしまうと落とすことが難しいというデメリットがあります。万が一の場合に備えて常備しておき、チェーンやスタッドレスタイヤの補助として使用するものだと認識しておきましょう。

タイヤチェーンの取り付け方

金属製チェーン

金属製チェーン』はまず連結部分を確認し、フックの折り返し部分を表にてタイヤに取り付けます。チェーンが全体的にタイヤの上にかぶせるようにしたら、タイヤの裏側に手を入れてチェーンをフックで連結させましょう。

フックが届かないという時は、チェーンを交互に引っ張りながら装着することでフックが届きます。そしてタイヤの外側もフックで連結し、付属のゴムバンドなどをチェーンの内側で締め付ければ装着が完了です。

非金属製チェーン

非金属製チェーン』は金属製のタイヤチェーンに比べて装着の手順が簡単です。2つに分かれているチェーンをタイヤの両側に挟むようにかぶせて、上下にあるフックをタイヤの裏表でそれぞれ連結後、真ん中をゴムバンドなどで締めれば完成します。

布製チェーン

取り付け方に関しては『布製チェーン』が一番扱いやすくなります。取付け手順はタイヤに対して上からかぶせて、タイヤを半回転させて残りの部分をしっかりとかぶせてからフックを取り付けることで完了します。

タイヤチェーン のおすすめ人気比較ランキング

第9位

タイヤグリップ(Tyre Grip) スプレー式タイヤチェーン BGTG-1[HTRC2.1]

2,467円(税込)

ノーマルタイヤを簡単に雪用に変身させる便利なアイテム

北米産の木材から作られた樹脂を原料にしているため、環境にもタイヤにも優しい、スプレータイプのタイヤチェーンです。70kmの間効果が持続するので、急な雪にもしっかりと対応してくれます。普通のタイヤと比べた際には路面との摩擦力が300%もアップし、応急的な使用には十分すぎるほどの性能です。1缶あたり約20本程度のタイヤにスプレーでき、経済的に活用できます。

タイプ スプレータイプ
形状 -
JASAA認定 -
付属品 -
第8位

KOOLSEY 6pcs 非金属タイヤチェーン 車用スノーチェーン (2019yellow)

3,599円(税込)

1パーツにつき8つのスパイクピンでアイスバーンに強い

1本のタイヤにつき、3つのパーツを装着する分離型のタイヤチェーン。ホイールにベルトを回して固定するだけの簡単な装着方法なのでジャッキアップする必要がなく、軽いので女性でも簡単に取り付けられます。チェーンパーツは1つにつき8つのスパイクピンを使用しているほか、接地面全面に凹凸加工が施されているので路面に対しての摩擦力が高く、アイスバーンでの起動も安心です。約165mmから265mmのタイヤサイズに対応する汎用タイプで、幅広いタイヤに装着できます。

タイプ 非金属タイプ
形状 分離型
JASAA認定 -
付属品 -
第7位

ゴールドストア タイヤチェーン スノーチェーン 12mm 金属 40サイズ 亀甲型

3,218円(税込)

簡単装着コンパクト収納が可能な高コスパタイヤチェーン

横滑りしにくい亀甲型を採用し、優れた氷上性能と制動性能を実現。装着は簡単で、非装着時にはコンパクトに収納できるので使い勝手にも優れています。通常のチェーンリングサイズは9mmですが、この製品に関しては12mmのリングサイズを採用し、耐久性も向上しています。

タイプ 金属タイプ
形状 亀甲型
JASAA認定 -
付属品 補修部品
第6位

iHOVEN 車用タイヤチェーン 4個入り スノーチェーン

2,280円(税込)

4つのパーツでしっかり滑り止めを行う分離型チェーン

1本のタイヤにつき4つのパーツを取り付けるタイプで、タイヤにしっかりとフィット。1つのパーツにつき6つの硬いスパイクピンと、確実性の高いネットパターンを採用していることで走行をより安定化させました。非金属製ながらも耐久性が高く、雪道、坂道、泥地などあらゆる道で安定した走行、長時間の走行が可能です。分離型特有の装着の簡単さもポイントで、練習不要の感覚的装着で誰でもすぐに取り付けられます。

タイプ 非金属タイプ
形状 分離型
JASAA認定 -
付属品 軍手×1、収納バック×1、ミニスノースコップ×1
第5位

オートソック(Autosock) 布製タイヤすべり止め オートソックハイパフォーマンス ASK645

6,920円(税込)

軽量コンパクトかつ取付け超カンタンな扱いやすい布チェーン

タイヤに装着しやすく、非装着時は畳んでコンパクトに収納できる扱いやすさが魅力の布製タイヤチェーンです。厚みが約1mmと薄型なのでクリアランスを気にせず使用でき、輸入車のようなクリアランスの少ない車にも取り付けられます。チェーンでもスタッドレスでもない特殊繊維が路面との摩擦面積を確保し、高いグリップ力を発揮することで雪道やアイスバーンでも安定した走行が可能です。

タイプ 布タイプ
形状 -
JASAA認定 -
付属品 取付用ビニール手袋
第4位

オートトラック(Auto Trac) 自動増締め式金属タイヤチェーン AT913

14,850円(税込)

オートコネクターで増締め不要なのにしっかりロックのチェーン

オートトラックは深雪や横滑りにも強く安定して走行できるダイヤモンドパターンの亀甲型タイヤチェーンです。オートコネクターを採用しているので別途増締めをする必要がありません。2点ロック機能でがっちりとしたロックによるフィット感も特徴になっています。走行しながら徐々に締まっていくので走るほど安定感が増すという嬉しい仕様。9mmクロスなので狭いホイールハウスにも対応が可能になっており、使いやすいタイプのタイヤチェーンとして人気を集めています。

タイプ 金属タイプ
形状 亀甲型
JASAA認定 -
付属品 -
第3位

SEIKOH タイヤチェーン ジャッキアップ不要 亀甲型 金属 145R12 155/65R13 175/50R13 145/70R13 等 KNO20

2,980円(税込)

低価格でしっかり滑り止めの高コスパタイヤチェーン

亀甲型の特徴である横滑りにとても強く、深雪やアイスバーンも安定した走行を実現しています。振動も少ないので装着時でも乗り心地を大きく損なうことはありません。冬場の緊急用として車にタイヤチェーンを積んでおきたいという方におすすめの商品です。

タイプ 金属タイプ
形状 亀甲型
JASAA認定 -
付属品 -
第2位

カーメイト(CARMATE) タイヤチェーン バイアスロン クイックイージー QE7

19,455円(税込)

圧倒的高機能と高品質で人気のタイヤチェーン

バイアスロンシリーズは素早い取り付けと確実な性能により、非金属チェーンの国内販売台数No.1のシリーズです。高性能なポリウレタンエラストマーを採用することで通常のゴムチェーンよりも低温に強くなっています。スパイクピンは超硬材質のマカロニ型を採用し、他社製品よりも圧倒的な数を配置することでアイスバーンへの食いつきを向上。基本材質をすべて高品質にすることで耐久性の高さを実現しています。金属製のようにホイールをまたがないので、大切なホイールを傷つける心配もありません。

タイプ 非金属タイプ
形状 分離型
JASAA認定 あり
付属品 ハードケース、EASYハンドル、軍手付き腕カバー、取り付け取り外しDVD
第1位

バイセンフェルス(Weissenfels) 滑り止めデバイスバイスソック WSK-S79

9,569円(税込)

新世代の滑り止めデバイスで高いトラクションを実現

新世代の滑り止めデバイスとして近年注目を集めている布製タイヤチェーンです。特殊合成繊維を採用、軽量コンパクトな設計を実現しながらも高い駆動力および制動力を発揮してくれます。布製なので取付けおよび取り外しが簡単に行え、誰でも手軽に導入できます。この製品に関しては基本性能が高く、一般的な布製タイヤチェーンに比べて長い距離に耐えられるだけでなく、経年による劣化が生じにくいという特徴があるので、雪の少ない地方にお住まいの方が転ばぬ先の杖として車に常備しておくのにもおすすめの製品です。

タイプ 布タイプ
形状 -
JASAA認定 -
付属品 ビニール手袋1ペア、ビニール袋1枚

タイヤチェーン のおすすめ比較一覧表

商品画像
バイセンフェルス(Weissenfels) 滑り止めデバイスバイスソック WSK-S79 B004ED3HT0 1枚目
カーメイト(CARMATE) タイヤチェーン バイアスロン クイックイージー QE7 B0746JPHGT 1枚目
SEIKOH タイヤチェーン ジャッキアップ不要 亀甲型 金属 145R12 155/65R13 175/50R13 145/70R13 等 KNO20 B00RHNIS5M 1枚目
オートトラック(Auto Trac) 自動増締め式金属タイヤチェーン AT913 B00A3NVGI4 1枚目
オートソック(Autosock) 布製タイヤすべり止め  オートソックハイパフォーマンス ASK645 B072MKGXH1 1枚目
iHOVEN 車用タイヤチェーン 4個入り スノーチェーン B07KQVLJ7T 1枚目
ゴールドストア タイヤチェーン スノーチェーン 12mm 金属 40サイズ 亀甲型 B077P5T4YL 1枚目
KOOLSEY 6pcs 非金属タイヤチェーン 車用スノーチェーン (2019yellow) B07ML6BZRB 1枚目
タイヤグリップ(Tyre Grip) スプレー式タイヤチェーン BGTG-1[HTRC2.1] B009YOQP7K 1枚目
商品名 バイセンフェルス(Weissenfels) 滑り止めデバイスバイスソック WSK-S79 カーメイト(CARMATE) タイヤチェーン バイアスロン クイックイージー QE7 SEIKOH タイヤチェーン ジャッキアップ不要 亀甲型 金属 145R12 155/65R13 175/50R13 145/70R13 等 KNO20 オートトラック(Auto Trac) 自動増締め式金属タイヤチェーン AT913 オートソック(Autosock) 布製タイヤすべり止め オートソックハイパフォーマンス ASK645 iHOVEN 車用タイヤチェーン 4個入り スノーチェーン ゴールドストア タイヤチェーン スノーチェーン 12mm 金属 40サイズ 亀甲型 KOOLSEY 6pcs 非金属タイヤチェーン 車用スノーチェーン (2019yellow) タイヤグリップ(Tyre Grip) スプレー式タイヤチェーン BGTG-1[HTRC2.1]
特徴 新世代の滑り止めデバイスで高いトラクションを実現 圧倒的高機能と高品質で人気のタイヤチェーン 低価格でしっかり滑り止めの高コスパタイヤチェーン オートコネクターで増締め不要なのにしっかりロックのチェーン 軽量コンパクトかつ取付け超カンタンな扱いやすい布チェーン 4つのパーツでしっかり滑り止めを行う分離型チェーン 簡単装着コンパクト収納が可能な高コスパタイヤチェーン 1パーツにつき8つのスパイクピンでアイスバーンに強い ノーマルタイヤを簡単に雪用に変身させる便利なアイテム
価格 9,569円(税込) 19,455円(税込) 2,980円(税込) 14,850円(税込) 6,920円(税込) 2,280円(税込) 3,218円(税込) 3,599円(税込) 2,467円(税込)
タイプ 布タイプ 非金属タイプ 金属タイプ 金属タイプ 布タイプ 非金属タイプ 金属タイプ 非金属タイプ スプレータイプ
形状 - 分離型 亀甲型 亀甲型 - 分離型 亀甲型 分離型 -
JASAA認定 - あり - - - - - - -
付属品 ビニール手袋1ペア、ビニール袋1枚 ハードケース、EASYハンドル、軍手付き腕カバー、取り付け取り外しDVD - - 取付用ビニール手袋 軍手×1、収納バック×1、ミニスノースコップ×1 補修部品 - -
商品リンク

おすすめのタイヤチェーンまとめ

今回は『タイヤチェーン』に関するおすすめランキングと、選び方のポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたか。

雪があまり降らない地域の方は雪に対して備えていることが少なく、急な積雪に難儀してしまうことが多いと思います。しかしタイヤチェーンを常備しておけば急な降雪にも対応ができ、安心して運転を行えるでしょう。

『備えあれば憂いなし』ということで、いざという時のために、今回の記事を参考に自分に合ったタイヤチェーンを購入してみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

タイヤチェーン
のおすすめ関連記事をもっと見る