イヤホンのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】イヤホンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。イヤホンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのイヤホンをランキング形式でご紹介。
osawa

スマホやiPhone、iPodで音楽を楽しむ時に欠かせない『イヤホン』。近年イヤホンは多種類・多機能・多用途で音質面でも以前に比べて格段の進歩をとげていました。

この記事ではそんな最新のそんなイヤホンの選び方と、楽しみ方を分かりやすく解説していきます。

おすすめのイヤホンの種類

イヤホン 導入

イヤホンには大きく分けて『カナル型』、『インナーイヤー型』、『イヤーフック型』の3種類があります。それぞれの特徴を説明していきましょう。

カナル型イヤホン

イヤホン カナル

カナル型イヤホン』は耳栓のような形状をしたイヤホンです。現在主流のタイプで遮音性が高く音漏れしにくいという特徴があります。音質重視で選びたい人には最適で、重低音再生や厚みのある音の再生が可能です。

耳に装着するイヤーパッドも工夫されているので長時間使い続けても耳に違和感を感じません。カナル型イヤホンはケーブル付きのタイプが一般的でしたが、最近ではワイヤレスタイプもかなりバリエーションが豊富になってきました。

インナーイヤー型イヤホン

イヤホン インナーイヤー

インナーイヤー型イヤホン』は、耳の穴に浅く装着するタイプのイヤホンです。ドライバーの部分が大きいため開放的で広がりのある音の再生に適しています。高音域が伸びやかでクリアなサウンドを楽しむことが可能です。

ただその形状から音漏れしやすく、ワイヤレスタイプはまだほとんど普及していません。

イヤーフック型イヤホン

イヤホン イヤーフック

イヤーフック型イヤホン』は耳たぶの付け根に掛けて安定させるタイプのイヤホンです。

装着感が非常に安定しているためスポーツや身体を動かすシーンでの用途に適していて、最近ではワイヤレスも普及してきました。

これだけは覚えておきたいイヤホンに関する基本用語

イヤホン スペック

製品説明などに記載されているスペックですが、初心者の方は特に理解するのが難しいかもしれません。ここからはイヤホンを選ぶ際に、最低限知っておきたい製品スペックについて説明していきます。

Hz (再生周波数帯域)

再生周波数帯域とは、イヤホンがどこからどこまでの周波数を再生できるかを表した数値です。周波数は低音、高音を表す指標になります。周波数の数値が小さいと音は低く、大きいと音は高く聴こえます。

dB/mW (出力音圧レベル/能率/感度)

「dB/mW」という単位で記載される出力音圧レベルは、1mWの電力でどのくらいの大きさの音を出せるかを表す数値です。この数値が高ければ高いほど大きな音量が出せるということになります。

mW (最大入力)

最大入力とは、イヤホンへ入力できる最大の電力をmWという単位で示した数値です。プレーヤー側の最大出力と同じ、あるいはそれ以上の数値のイヤホンを選びましょう。

Ω (インピーダンス)

インピーダンスとはイヤホンの電気抵抗の大きさを示す数値で、「Ω」という単位で表わします。この数値が大きい商品では比較的音が小さく、この数値が小さい製品では大きな音を出すことが可能です。小さい出力のプレーヤーにはインピーダンスの小さいイヤホンをおすすめします。

おすすめのイヤホンの選び方

接続方法で選ぶ

有線接続型

イヤホン 有線

ケーブル付きの『有線接続型』イヤホンの場合、スマホなどとの接続は『3.5mmステレオミニプラグ』が一般的です。

ケーブルでつながるというわずらわしさはありますが、音の再生能力も安定していてバッテリーを準備する必要もありません。パソコンやテレビなど他の電子機器との接続も可能です。

ワイヤレス型/Bluetooth

イヤホン ワイヤレス

ワイヤレス型/Bluetooth』イヤホンの最大の特徴はケーブルで接続する必要がないことです。左右が完全に独立したタイプではわずか10g前後のイヤホンを両耳に装着するだけです。

このタイプではBluetoothにより本体から直接イヤホンに電波信号を送っているので、他の電波の影響を受けやすい場所では音が途切れる場合があります。電源はバッテリー供給なので連続使用時間には限界がありますが、現在では性能がアップしたためこうした問題点は徐々に解消されつつあります。

機能や使いやすさで選ぶ

音質で選ぶ

イヤホン 音質

音質については人それぞれ好みがあるので一概にどのイヤホンがおすすめとは言い切れません。音の好みは非常に主観的な問題です。音質で選ぶ場合には『ハイレゾ対応』や『ノイズキャンセリング』など高音質再生のための機能をチェックしてみてください。

他にも重低音再生にこだわったタイプや原音に忠実な音再現性にこだわったタイプなどがありますが、選ぶときには実際に試聴することをおすすめします。

イヤホン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

JPRiDE 完全ワイヤレスイヤホン TWS-520

4,740円(税込)

音質と性能すべてにバランスがとれた人気機種

プロが認めるオーディオ用高性能チップセットを搭載しているため、パワフルな低音域とクリアな中~高音域を高音質で楽しめます。

Bluetooth5.0に対応して通信安定性を向上させたことから、ワイヤレスにありがちな音切れの心配がありません。独自のスタイリッシュなデザインでフィット感も良く、体を動かすシーンでの使用も難なくこなします。

1回のフル充電で約6.5時間の連続再生が可能。音質・デザイン・機能面すべてにおいて非常にバランスの取れたイヤホンです。

重量(両耳) 約10g
電源 バッテリー
接続方式 Bluetoothバージョン:5.0
カラー ブラック
追加機能 防水仕様
第9位

Elecder ワイヤレスイヤホン bluetooth 5.0 白 D11

4,780円(税込)

小さなボディに高性能をつめこんだ超軽量イヤホン

まるで装着しているのを忘れるかのような片耳4gという超軽量ワイヤレスイヤホンです。

独特の丸いデザインがかわいい充電ケースも直径わずか6cmと非常にコンパクト。それでいてケースを併用すれば約28時間の連続再生が可能です。

この小ささでほとんどの操作がイヤホン本体でできます。イヤーピースは両耳それぞれ6種類付属しているので、自分の耳にぴったりと快適な装着感を享受可能。

高品質のオーディオチップを搭載することで低音域から高音域までバランスの良いHi-Fi高音質を楽しめます。メーカーによる1年間の品質保証付きです。

重量(両耳) 約10g
電源 60mAh バッテリー
接続方式 Bluetoothバージョン:5.0
カラー ホワイト
追加機能 ノイズリダクション/超軽量設計
第8位

SUTOMO Bluetooth イヤホン 骨伝導 ヘッドホン スポーツ

5,299円(税込)

高音質と耐久性を両立した骨伝導イヤホン

骨伝導タイプのイヤホンは鼓膜を振動させることなく直接聴覚神経に音を送り届けられます。耳の穴を塞ぐ必要がないので、周囲の音も自然に取り込みながら快適な装着感で長時間音楽を楽しむことが可能です。

高品質な音の再生にこだわり、Hi-Fi高音質とノイズキャンセリングを両立させて非常にクリアな高音域と厚みのある中音域、迫力ある低音域を豊かに再現してくれます。

本体には耐久性に優れたチタン合金を採用し完全防水仕様なので、スポーツなどのアクティブな使用に最適です。

重量(両耳) 約30g
電源 バッテリー
接続方式 Bluetooth
カラー ブラック
追加機能 骨伝導/ノイズキャンセリング/防水仕様
第7位

Joyhouse JP Bluetooth イヤホン LEDディスプレイ Hi-Fi 高音質 3Dステレオサウンド

5,980円(税込)

超大容量バッテリー搭載でHi-Fi高音質

Hi-Fi高音質で低音域から高音域までクリアでバランス良く再生するワイヤレスイヤホンです。

最新のBluetoothを搭載することで音切れやノイズを防ぎ、ノンストレスで音楽を楽しめます。

超大容量6000mAhの充電ケースの威力は抜群。片耳分で約72回の充電ができ、驚異の260時間連続再生も可能。充電ケースにはLEDディスプレイを採用してバッテリー残量がひと目で確認できる点も便利です。

ケースから取り出した時点で左右のイヤホンが連動しすぐに音楽を再生可能。イヤホン本体でほとんどの再生操作ができる点も推しだせます。

重量 約161g
電源 50mAhバッテリー
接続方式 Bluetooth V5.0
カラー ブラック
追加機能 HiFi高音質/防水仕様
第6位

YSKJ イヤホン ハイレゾ 高音質 重低音 有線イヤフォン

1,380円(税込)

普段使いのイヤホンに最適

本体はABS樹脂とアルミで仕上げられていて、デザインはシンプルながらもキレがあります。

自分の耳のサイズに合わせてイヤーチップとイヤーピースを選択できるので、抜群のフィット感と高い遮音性を獲得可能。コントローラーも操作性が高くほとんどの操作を手元で行えます。

音質は高級機種と同等とは言えませんが重低音の再生能力はかなりハイレベルです。普段使いのイヤホンとしては充分過ぎるでしょう。

重量(両耳) 約14g
電源 -
接続方式 ステレオミニプラグ(φ3.5mm)
カラー ブラック
追加機能 ハイレゾ対応/重低音再生
第5位

HOKONUI Bluetooth イヤホン IPX6

3,579円(税込)

アウトドアに最適なアクティブ型イヤホン

スポーツワイヤレスイヤホンと自称するだけあって、ネックバンドで左右のイヤホンをつなげたデザインは使用中の安定性も抜群です。

ネックバンド部分のボタンで独立してさまざまな操作ができるため、操作のたびにスマホを使う手間を省けます。デュアルドライバーを搭載しているので、高音から低音までをバランスよく高音質で楽しむことが可能。

本体内蔵の大容量バッテリーは16時間の連続再生ができ、本体は完全防水・防塵仕様なのでスポーツやアウトドアにぴったりのイヤホンです。

重量(両耳) 約20g
電源 250mAhバッテリー
接続方式 Bluetooth
カラー ブラック
追加機能 ノイズキャンセリング/防水仕様
第4位

ARKARTECH T6 イヤホン 高音質 ハイレゾ カナル型イヤホン

2,780円(税込)

使いやすさと高音質にこだわったハイレゾ対応イヤホン

ハイレゾ対応で高音用と低音用のヂュアルドライバーを搭載しているため、原音に近いリアルな音場を再現できます。

耳に装着する部分を傾斜型にすることで長時間快適な付け心地を実現。耳に合わせてイヤーピースも3つのサイズから選べるため、高いフィット感を得られます。

通勤・通学からスポーツ用途にまで幅広く対応できるように強度をアップした絡みにくいケーブルを採用していて、メーカーによる1年間の品質保証付きなのも安心です。

重量(両耳) 約32g
電源 -
接続方式 ステレオミニプラグ(φ3.5mm)
カラー ブラック
追加機能 ハイレゾ対応
第3位

JBL FREE X 完全ワイヤレスイヤホン IPX5

11,770円(税込)

JBLオーディオの伝統を受け継いだ高級機

特徴的なデザインが光るJBLのIPX5は、長年培ったJBLの音づくりを忠実に受け継いだワイヤレスイヤホン。

Bluetooth接続への感度を最大限に引き上げた設計によりどんな場所で使ってもほとんど音切れは起こらず、常に安定的な音楽再生が可能です。音質はクリアなだけではなく厚みがあって力強いサウンドを楽しめます。

本体にタッチするだけで再生コントロールができるので、スマホを取り出して操作する手間がかかりません。バッテリーも長時間設計でイヤホン本体で約4時間、ケースを併用すると連続24時間の再生が可能です。

重量(両耳) 約15g
電源 リチウムイオンポリマーバッテリー
接続方式 Bluetooth
カラー ブラック
追加機能 防汗仕様
第2位

BOSE SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン

21,348円(税込)

徹底して音質にこだわったBoseの最新作

オーディオの世界では揺るぎない地位を保つBoseのテクノロジーを凝縮したワイヤレスイヤホンです。

Boseらしく原音の信号処理からBluetooth接続のアンテナ感度まで徹底して高音質にこだわっています。再生音量に合わせて音質を最適化するイコライザーも搭載。どんなシーンでもバランスのとれた豊かでクリアな音を楽しめます。

耳へのフィット感にも配慮して軽量で外れにくく、長時間でも快適な付け心地を実現しました。防滴仕様なので雨や汗を気にせず使用できることも大きなポイントです。

重量(両耳) 約18g
電源 充電式リチウムイオンバッテリー
接続方式 Bluetooth
カラー ブラック・ブルー・パープル・オレンジ
追加機能 アプリコントロール
第1位

SONY (ソニー) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

25,664円(税込)

イヤホンに必要な性能すべてが凝縮された1台

イヤホンに求められるすべての性能をたった17gの小さなボディに詰め込んだのが、ソニーの最新ワイヤレスイヤホンWF-1000XM3です。

完全ワイヤレスでありながらハイレゾと同等の高音質と、クラス最高レベルのノイズキャンセリング性能を保持。クリアなだけでなく奥行きとキレがある豊かな音を再生します。イヤホンを外さずに周囲の音を確認できるクイックアテンションモードも搭載。

本体で6時間、充電ケースを併用すれば最大で24時間の連続再生が可能で、わずか10分の充電で90分再生できる急速充電機能も備えています。

重量(両耳) 約17g
電源 DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
接続方式 Bluetooth標準規格 Ver.5.0
カラー ブラック
追加機能 ハイレゾ対応/ノイズキャンセリング

イヤホン のおすすめ比較一覧表

商品画像
SONY (ソニー) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 B07TKGGZ47 1枚目
BOSE SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン B074TBPV5Z 1枚目
JBL FREE X 完全ワイヤレスイヤホン IPX5 B07HRF5NXP 1枚目
ARKARTECH T6 イヤホン 高音質 ハイレゾ カナル型イヤホン  B07BQDQ7DL 1枚目
HOKONUI Bluetooth イヤホン IPX6 B07V7S457H 1枚目
YSKJ イヤホン ハイレゾ 高音質 重低音 有線イヤフォン B07PSPVN27 1枚目
Joyhouse JP Bluetooth イヤホン LEDディスプレイ Hi-Fi 高音質 3Dステレオサウンド  B07RXPY1TJ 1枚目
SUTOMO Bluetooth イヤホン 骨伝導 ヘッドホン スポーツ B07T1TVDHN 1枚目
Elecder  ワイヤレスイヤホン bluetooth 5.0 白 D11  B07SYYZ113 1枚目
JPRiDE 完全ワイヤレスイヤホン TWS-520 B07Q9YDCNX 1枚目
商品名 SONY (ソニー) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 BOSE SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン JBL FREE X 完全ワイヤレスイヤホン IPX5 ARKARTECH T6 イヤホン 高音質 ハイレゾ カナル型イヤホン HOKONUI Bluetooth イヤホン IPX6 YSKJ イヤホン ハイレゾ 高音質 重低音 有線イヤフォン Joyhouse JP Bluetooth イヤホン LEDディスプレイ Hi-Fi 高音質 3Dステレオサウンド SUTOMO Bluetooth イヤホン 骨伝導 ヘッドホン スポーツ Elecder ワイヤレスイヤホン bluetooth 5.0 白 D11 JPRiDE 完全ワイヤレスイヤホン TWS-520
特徴 イヤホンに必要な性能すべてが凝縮された1台 徹底して音質にこだわったBoseの最新作 JBLオーディオの伝統を受け継いだ高級機 使いやすさと高音質にこだわったハイレゾ対応イヤホン アウトドアに最適なアクティブ型イヤホン 普段使いのイヤホンに最適 超大容量バッテリー搭載でHi-Fi高音質 高音質と耐久性を両立した骨伝導イヤホン 小さなボディに高性能をつめこんだ超軽量イヤホン 音質と性能すべてにバランスがとれた人気機種
価格 25,664円(税込) 21,348円(税込) 11,770円(税込) 2,780円(税込) 3,579円(税込) 1,380円(税込) 5,980円(税込) 5,299円(税込) 4,780円(税込) 4,740円(税込)
重量(両耳) 約17g 約18g 約15g 約32g 約20g 約14g 約161g 約30g 約10g 約10g
電源 DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池 充電式リチウムイオンバッテリー リチウムイオンポリマーバッテリー - 250mAhバッテリー - 50mAhバッテリー バッテリー 60mAh バッテリー バッテリー
接続方式 Bluetooth標準規格 Ver.5.0 Bluetooth Bluetooth ステレオミニプラグ(φ3.5mm) Bluetooth ステレオミニプラグ(φ3.5mm) Bluetooth V5.0 Bluetooth Bluetoothバージョン:5.0 Bluetoothバージョン:5.0
カラー ブラック ブラック・ブルー・パープル・オレンジ ブラック ブラック ブラック ブラック ブラック ブラック ホワイト ブラック
追加機能 ハイレゾ対応/ノイズキャンセリング アプリコントロール 防汗仕様 ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング/防水仕様 ハイレゾ対応/重低音再生 HiFi高音質/防水仕様 骨伝導/ノイズキャンセリング/防水仕様 ノイズリダクション/超軽量設計 防水仕様
商品リンク

イヤホンのおすすめまとめ

最新のイヤホンは私たちの想像をはるかに超えるレベルにまで進歩しています。装着感・操作性・その他の先進的な機能など細部にまでメーカーのこだわりが見え、そして本格的な音楽を高音質で楽しむためのポテンシャルも充分です。

この記事を参考にぜひご自身にぴったりのイヤホンをお選びください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

イヤホン
のおすすめ関連記事をもっと見る