家庭用エスプレッソマシンのおすすめ人気比較ランキング10選

【最新版】家庭用エスプレッソマシンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。家庭用エスプレッソマシンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの家庭用エスプレッソマシンをランキング形式でご紹介。
いちの

エスプレッソマシン 導入

「本格的なエスプレッソやカフェラテを家でも楽しみたい、でもどれを選べばいいかわからない」そんな方のため、通販で人気のエスプレッソマシン10選をご紹介します。家庭でも楽しみやすく使いやすいエスプレッソマシンを選びました。

エスプレッソマシンは大きく分けて3種類、『全自動タイプ』『セミオートタイプ』『カフェポッド・カプセルタイプ』があります。エスプレッソマシンと合わせて、エスプレッソをよりおいしく淹れる方法も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

エスプレッソマシンとコーヒーメーカーの違い

家庭用エスプレッソマシンとコーヒーメーカー

コーヒーとエスプレッソは味も淹れ方も違うのでもちろん機械の構造目的も違ってきます。

コーヒーメーカーは他の電化製品のように安価なものもあるため、家庭で使用されていることが多いです。操作は簡単でスイッチを入れると水が沸騰し、 セットして挽いた豆に熱湯を注ぎコーヒー液を抽出します。

一方、エスプレッソマシンはまずボタンを押すとコーヒー豆を一杯分挽いてくれます。それをボイラーで高温高圧に加熱された熱湯で一気に抽出。エスプレッソマシーンなら誰がやっても自動で一定の味に達することがきます。

おすすめのエスプレッソマシンの選び方

エスプレッソマシン おすすめ ポイント

種類で選ぶ

エスプレッソマシンの代表的な3つの種類をご紹介します。

全自動タイプ』『セミオートタイプ』『カフェポッド・カプセルタイプ』どれだけ自分の手でエスプレッソを淹れたいかによって、タイプの選択が変わってきます。

それぞれの特徴について詳しく見ていきます。

全自動タイプ

家庭用 エスプレッソマシン 全自動

香り高い挽きたて豆のコーヒーを、少ない手間で楽しみたいなら、『全自動タイプ』を選びましょう。

豆を入れるだけで、挽く工程からエスプレッソの抽出まで、文字通り全自動で行ってくれるので、手軽においしいエスプレッソが楽しめます。

エスプレッソを頻繁に飲む方・手間をかけず飲みたい方はもちろん、はじめてエスプレッソマシンを導入する方にもおすすめです。

セミオートタイプ

家庭用エスプレッソマシン セミオートタイプ

できるだけ自分の手でエスプレッソを淹れたい方におすすめなのが『セミオートタイプ』のマシンです。以下の3つの工程を自動で行ってくれます。

・ドーシング:豆を挽き、新鮮な豆をポルタフィルターに入れる工程
・レベリング:フィルターにコーヒー粉をひきつめ平らにならす工程
・タンピング:粉を上からまっすぐ力一杯押す工程

セミオートタイプの中でも種類があり、抽出までの工程を自分で行うタイプと、抽出も自分で行うタイプがあります。

自分ので手でとことんまでこだわりたい方は、適宜自動で行える工程を選ぶとよいでしょう。

カフェポッド・カプセルタイプ

家庭用エスプレッソマシン カフェポッド・カプセルタイプ

2つのタイプのいいとこ取りをしたエスプレッソマシンが『カフェポッド・カプセルタイプ』です。このタイプは大きく分けると以下の2種類が存在します。

・すでに挽いた状態で販売されている粉でコーヒーが飲めるタイプ。
・1杯ずつのカプセルをマシンにセットして飲むタイプ。

お手入れの手間が少ないというメリットがありますが、全自動タイプよりも1杯のコストが高くなる傾向です。そのほかにも注意点としては、基本的にマシンに対応した粉やカプセルしか使えないモデルが多いことが挙げられます。

多少のコストをかけてでも手間をなくしたい方には非常におすすめのタイプです。

スペックで選ぶ

抽出圧で選ぶ

家庭用エスプレッソマシン 抽出圧

エスプレッソは短時間で高い圧力で抽出を行っているため、『抽出圧』はコーヒーの味を決める大事なポイントの一つです。その抽出圧が9気圧あるとお店のような厚いクレマになります。

3や6気圧だと厚いクレマを作ることができないので、本格的なエスプレッソをお求めの方には9気圧のエスプレッソマシンがおすすめです。

タンク容量で選ぶ

家庭用エスプレッソマシン タンク容量

1人で使用するのか、家族で使用するのかによって、必要な『タンク量』が変わります。

エスプレッソマシンのタンク量は1Lを採用しているモデルが多く、0.6L~1.8Lが一般的です。

エスプレッソ1杯分の量は約30cc、1Lのタンクで約30杯ほどのエスプレッソが淹れられますので、目安にしてみてください。

1回でたくさん飲む場合は大きいタンクを選ぶのもいいのですが、タンク量が増えるとエスプレッソマシンも大きくなります。置く場所を考えて小さめをチョイスするという選択肢もよいでしょう。

ミルクフォーマー機能

家庭用エスプレッソマシン ミルクフォーマー機能

ミルクを泡立ててくれるのが『ミルクフォーマー機能』です。この機能が搭載されていれば、カプチーノやラテアートといったものも作ることが出来ます。

マシンによってパワーの差がありますので、スペックだけで判断せずにエスプレッソマシンを選ぶことが重要です。

自動洗浄機能

家庭用エスプレッソマシン 自動洗浄機能

お手入れのしやすさも重要なポイントです。パーツが分解しやすいもので構成されていると丸洗いも可能で簡単にお手入れできます。

また『自動洗浄機能』が付いているとまずお手入れをする手間も省けるので便利です。

調節機能

家庭用エスプレッソマシン 調節機能

豆の挽き方、濃度、温度の『調節機能』が付いているマシンだと、自分の好きなようにエスプレッソを作ることが出来ます。

5、6段階で調節できるマシンを選べば、産地や焙煎具合で細かな味の調節が可能です。

値段で選ぶ

家庭用エスプレッソマシン 値段

エスプレッソマシンは1万円以下で買えるモデルから10万円以上するモデルまで、幅広い価格帯で商品が揃っています。

手軽に楽しみたい・はじめてエスプレッソマシンを買うのなら、1万円前後のマシンがおすすめです。

5万円前後の価格帯になると、少し値は張りますが、さらに上質なエスプレッソが楽しめるので、こだわりのある方はこのタイプを選びましょう。

10万円前後になると主に業務用レベルで、大型でさまざまな機能が付属したモデルが多くなってきます。

家庭用エスプレッソマシンのおすすめの使い方

家庭用エスプレッソマシン おすすめの使い方

水道水を使わない

エスプレッソを淹れるのに水道水を使用していると、異臭がするようになるかもしれません。水道水のカルキ臭が付くためです。ぜひエスプレッソマシンを使用する際には、浄水か軟水のミネラルウォーターを使用してください。

エスプレッソマシン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

ネスレ ゴールドブレンド バリスタ PM9631

7,400円(税込)

ボタン1つで気軽に自宅カフェを

手軽で大人気の「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」。「ネスカフェゴールドブレンド」や「ネスカフェ エコシステムパック」などの専用商品を使って、コーヒーだけでなくカフェラテやカプチーノなど5種類のカフェメニューが楽しめます。

取り外せる部分が多く、毎日のお手入れがしやすいのも魅力の1つ。おしゃれなデザインと手頃な価格で初めてのエスプレッソマシンとしてもおすすめですし、プレゼントにもぴったりです。

タイプ カプセル
タンク量 0.8L
ポンプ圧力 15気圧
重さ 3.6kg
第9位

デロンギ 【エントリーモデル】全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ESAM03110S

47,361円(税込)

挽きたて豆コーヒーを手軽に飲める

エスプレッソの濃さ・抽出量が、つまみを回すだけの簡単調節が可能でその上本格的な味が楽しめる、人気メーカーデロンギのモデルです。コーヒー粉からでも豆から挽いてもどちらでも淹れることができるエスプレッソマシンで、ミルクフロッサーを使えばふわふわのカプチーノも作れます。

これだけの機能がついていながらすべて全面で操作が行える省スペース設計なので、キッチンで場所を取りません。本格的で多才な間違いないエスプレッソマシンです。

タイプ 全自動
タンク量 1.8L
ポンプ圧力 15気圧(抽出時9気圧)
重さ 10.5kg
第8位

ネスレ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム ワインレッド MD9771-WR

7,999円(税込)

カプセル式で、毎回鮮度の高い1杯を

専用のカプセルをマシンにセットして抽出レバーを倒すだけで誰でも簡単に本格的なカフェを楽しめます。専用カプセルの種類は15種類以上。定番のカフェラテから、ティーラテ・宇治抹茶ラテ・チョコチーノといったコーヒー以外のメニューがとても豊富です。

子どもでも楽しめるメニューなのでファミリー層におすすめ。ブラックコーヒーだけみてもなんと8種類の味が用意されており、その日の気分で味を選べるのが嬉しいポイントです。

タイプ カプセル
タンク量 1L
ポンプ圧力 15気圧
重さ 3.6kg
第7位

デロンギ コンパクト全自動コーヒーメーカー マグニフィカS ECAM23120BN

66,768円(税込)

カフェ・ジャポーネ機能を搭載したモデル

エスプレッソのうまみとドリップのキレを融合した「カフェ・ジャポーネ機能」が搭載されたモデルがデロンギコンパクト全自動コーヒーメーカーマグニフィカSです。豆を挽く工程から抽出までボタン1つで行え、エスプレッソはもちろん、カフェラテ、氷や冷たい牛乳を使ったメニューも楽しめます。

ミルクスチームはつまみを調節するだけで好みのスチームミルクを作れます。日々の使いやすさにこだわった、すべて前面で操作できる仕様。水タンク、豆のカス受けの手入れのしやすさも魅力です。

タイプ 全自動
タンク量 1.8L
ポンプ圧力 15気圧(抽出時9気圧)
重さ 10kg
第6位

ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト ダークレッドルミオ MD9777-DR

5,263円(税込)

個性的なデザインが目を引くマシン

ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト ダークレッドルミオはその個性的なデザインと本体の小ささが人気のマシンです。1杯分のカプセルをセットして抽出するタイプで10種類以上の味を楽しめる他、抹茶ラテやチョコチーノなどコーヒー以外のメニューもあります。

スターバックスブレンドのカプセルも販売されていて、家にいながらスタバの味が低価格で楽しめるのも魅力の1つ。使用後はカプセルホルダーを洗うだけです。電源オートオフ機能もついています。

タイプ カプセル
タンク量 1L
ポンプ圧力 15気圧
重さ 3.08kg
第5位

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ シンプル レッド SPM9636

3,780円(税込)

簡単操作とらくらくお手入れで「シンプル」なマシン

「シンプル バリスタ」という名前の通り、とてもシンプルで使い勝手のよいエスプレッソマシンです。シンプルな特徴は3つあります。1つ目はレバーをカチッとするだけで淹れられるところ。インスタントコーヒーではできないクレマと呼ばれる泡を楽しめます。

2つ目はお手入れが簡単なところ。部品が簡単に取り外せ、水洗いすればOKです。3つ目はコーヒー残量を教えてくれるところ。買い忘れを防いでくれる残量通知システムが新しく搭載されています。

タイプ カプセル
タンク量 1杯分
ポンプ圧力 15気圧
重さ 3.6kg
第4位

デロンギ エスプレッソマシン デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M

27,380円(税込)

スタイリッシュなセミオートタイプマシン

デロンギのセミオートタイプのエスプレッソマシンをご紹介。自分で手間をかけてエスプレッソを楽しみたい方におすすめのセミオートタイプ、エスプレッソの他に、カフェラテ・カプチーノが楽しめます。

高級感あるメタルボディですが、幅は15cmと置き場を選ばないスタイリッシュさで小さめなキッチンでも邪魔になりません。エスプレッソを淹れる際、1杯・2杯・スチームへの切り替えもボタン1つの操作でシンプルです。

タイプ セミオート
タンク量 1L
ポンプ圧力 15気圧(抽出時9気圧)
重さ 4kg
第3位

デロンギ エスプレッソ・カプチーノメーカー ブラック×シルバー EC152J

9,797円(税込)

セミオートながらお求めやすい価格のマシン

セミオートのエスプレッソマシンの中でも価格を抑えたデロンギモデル。「せっかくエスプレッソマシンを買うなら、自分でできるセミオートにしてみたい。でも初心者に優しい価格で探したい」と思う方にぴったりです。

エスプレッソ抽出用とスチーム用の2種類の高性能サーモスタットを搭載していて、ダイヤルを回すだけで変更はとても簡単。使用可能になる時間はエスプレッソの抽出までが約1分30秒、スチームが約30秒となります。

タイプ セミオート
タンク量 1L
ポンプ圧力 15気圧(抽出時9気圧)
重さ 2.8kg
第2位

ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア エアロチーノセット -

17,800円(税込)

もっともコンパクトなエスプレッソマシン

エスプレッソマシンの中でも最軽量をうたわれているマシンが「イニッシア」です。カプチーノなどのミルクを泡だてができる「エアロチーノ」がセットになっています。エスプレッソコーヒーはもちろん、きめ細かいミルクの泡でカフェラテやカプチーノもワンランク上の味といえるでしょう。

カプセルタイプの中でもより味わい高いコーヒーを楽しめるマシンです。高出力で抽出できる独自のシステムにより、深い味わいのクレマを作り出します。カプセルタイプの手軽さと本格的な味、両方のいいとこどりできるマシンです。

タイプ カプセル
タンク量 0.6L
ポンプ圧力 19気圧
重さ 3kg
第1位

デロンギ コンパクト全自動コーヒーメーカー マグニフィカ S ECAM23260SBN

107,969円(税込)

「ラテクレマシステム」が搭載されたデロンギの全自動マシン

マグニフィカSにミルクの甘みを際立たせるカフェラテが作れる「ラテクレマシステム」が搭載されたモデルです。エスプレッソの抽出はもちろん、ミルクの泡だてからから温めまですべて自動で行えるので、より手軽に簡単にカフェラテとカプチーノを楽しめます。

カフェ・ジャポーネが淹れられるモデルでもあり、そこにさらにミルクの手軽さが加わりました。「ミルクの泡だてが苦手、自動だと助かる」と感じている方におすすめです。

タイプ 全自動
タンク量 1.8L
ポンプ圧力 15気圧(抽出時9気圧)
重さ 9kg

エスプレッソマシン のおすすめ比較一覧表

商品画像
デロンギ コンパクト全自動コーヒーメーカー マグニフィカ S  B01M15KUDB 1枚目
ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア エアロチーノセット B00IQO4F0I 1枚目
デロンギ エスプレッソ・カプチーノメーカー ブラック×シルバー  B0047C8856 1枚目
デロンギ エスプレッソマシン デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー  B01D461P3C 1枚目
ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ シンプル レッド   B07H4QJWW5 1枚目
ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト ダークレッドルミオ   B076V9RK3L 1枚目
デロンギ コンパクト全自動コーヒーメーカー マグニフィカS  B01M0TY6KZ 1枚目
ネスレ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム ワインレッド B00NSKYG2M 1枚目
デロンギ 【エントリーモデル】全自動コーヒーメーカー マグニフィカ  B01F35FHN6 1枚目
ネスレ ゴールドブレンド バリスタ  B00EYVRZT0 1枚目
商品名 デロンギ コンパクト全自動コーヒーメーカー マグニフィカ S ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア エアロチーノセット デロンギ エスプレッソ・カプチーノメーカー ブラック×シルバー デロンギ エスプレッソマシン デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ シンプル レッド ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト ダークレッドルミオ デロンギ コンパクト全自動コーヒーメーカー マグニフィカS ネスレ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム ワインレッド デロンギ 【エントリーモデル】全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ネスレ ゴールドブレンド バリスタ
型番 ECAM23260SBN - EC152J EC680M SPM9636 MD9777-DR ECAM23120BN MD9771-WR ESAM03110S PM9631
特徴 「ラテクレマシステム」が搭載されたデロンギの全自動マシン もっともコンパクトなエスプレッソマシン セミオートながらお求めやすい価格のマシン スタイリッシュなセミオートタイプマシン 簡単操作とらくらくお手入れで「シンプル」なマシン 個性的なデザインが目を引くマシン カフェ・ジャポーネ機能を搭載したモデル カプセル式で、毎回鮮度の高い1杯を 挽きたて豆コーヒーを手軽に飲める ボタン1つで気軽に自宅カフェを
価格 107,969円(税込) 17,800円(税込) 9,797円(税込) 27,380円(税込) 3,780円(税込) 5,263円(税込) 66,768円(税込) 7,999円(税込) 47,361円(税込) 7,400円(税込)
タイプ 全自動 カプセル セミオート セミオート カプセル カプセル 全自動 カプセル 全自動 カプセル
タンク量 1.8L 0.6L 1L 1L 1杯分 1L 1.8L 1L 1.8L 0.8L
ポンプ圧力 15気圧(抽出時9気圧) 19気圧 15気圧(抽出時9気圧) 15気圧(抽出時9気圧) 15気圧 15気圧 15気圧(抽出時9気圧) 15気圧 15気圧(抽出時9気圧) 15気圧
重さ 9kg 3kg 2.8kg 4kg 3.6kg 3.08kg 10kg 3.6kg 10.5kg 3.6kg
商品リンク

家庭用エスプレッソメーカーのおすすめまとめ

家庭でも本格的なエスプレッソが味わえる、『エスプレッソメーカー』10選を紹介しました。

少し高額なモデルから、比較的お手軽に導入できるモデルまでさまざまで、作れるメニューの種類にも違いがあります。

自動で本格的に楽しめる『全自動マシン』、手間ひまを楽しむ『セミオートマシン』、より手軽に簡単に楽しめる『カフェポット・カプセルタイプ』と、タイプからも選べます。

この記事を参考にぜひご自身にあったエスプレッソマシンを選んでください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

エスプレッソマシン
のおすすめ関連記事をもっと見る