7インチタブレットのおすすめ人気比較ランキング10選

【最新版】7インチタブレットの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。7インチタブレットの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの7インチタブレットをランキング形式でご紹介。
manpuku

大画面ながら片手でも支えられるサイズで、持ち運びにも便利な『7インチタブレット』。製品によってメモリの容量、価格がさまざまなので、選ぶ際にはいろいろな項目に注意が必要です。

今回はそんな7インチタブレットの選び方を分かりやすく解説。後ほどおすすめの商品をランキング形式で10選紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

7インチタブレットの特徴

7インチタブレットの特徴は、何といってもその絶妙なサイズです。タブレットとスマートフォンの良いとこ取りでとっても便利なのです。

7インチタブレットの大きさ

7インチタブレットの大きさはどの程度なのか。『7インチタブレット』とはディスプレイの対角線の長さが『7インチ (17.78cm)』の機種のことです。

逆に言うとディスプレイの対角線が7インチの商品は、すべて7インチタブレットと呼ぶので、機種によって細かな大きさはさまざまです。しかしすべての商品が片手で持てるほどのサイズ感ではあります。

8インチタブレットと7インチタブレットの違い

7インチタブレットと8インチタブレットの違いは両者を持ってみたときに強く感じます。一番の違いはやはりその操作性です。7インチタブレットは片手でも操作ができることに対して、8インチタブレットは両手で持たなければ扱うのが難しくなっています。

通勤時間に電車などで使用するという方は特に長時間両手をタブレットを持つために使用しているということは難しいでしょう。

7インチタブレットをおすすめする理由

スマホと比べて大画面

スマートホンと比べると、7インチタブレットはその大画面がポイント。特に本や漫画などを読む際、スマートホンでは操作が細かかったり、文字が読みづらかったりして不便になることも多いです。そんなときに7インチタブレットがあれば、字が読みやすく、片手で読むこともできます。

また動画を見る際にも7インチタブレットがおすすめ。スマートホンと比較して、迫力のある映像を楽しむことができます。

頻繁に電子書籍を読まれる方、動画を視聴される方には特に7インチタブレットがおすすめです。

スマホと比べてバッテリーの保ちが良い

2つ目のメリットとしてそのバッテリーの保ちが挙げられます。

スマホと比較して7インチタブレットはバッテリーの持ちがよく、仕事に使う場合や映画を視聴する場合など長時間使用するときにも便利です。

コンパクトで持ち運びやすい

8インチタブレットと比較してそのコンパクト加減も7インチタブレットをおすすめする理由です。7インチタブレットはカバンにも入れやすく、片手でも操作できるのが大きなポイント。

手が小さい方にもおすすめです。また1万円程度で購入できるモデルも多数売り出されているため、スマホの画面では満足できないという方も比較的買いやすいでしょう。

おすすめの7インチタブレット選び方

7インチタブレットは、タブレットの構造上、パソコンのように部品の増設や交換ができないケースが多いので慎重なセレクトが必要です。

OSで選ぶ

OS』は7インチタブレットをコントロールするソフトウェアです。パソコンだとWindowsやmacOSにあたるものになります。7インチタブレットで主流のOSは3つあります。

1つはApple社が開発している『iOS』です。iPadのほか、iPhoneにも搭載されています。2つめはGoogle社が主導して開発している『Android』です。3つめは通販サイト大手のAmazon社が開発する『Fire OS』です。

Fire OS』は『Android』をベースにAmazonが独自の機能を追加していて、『Kindle』に搭載されています。3つのOSには互換性がないので、手持ちのスマートフォンやパソコンとの連携が取りやすいOSを選ぶと便利です。

CPUで選ぶ

CPU』は『中央演算装置』と呼ばれる、7インチタブレットの頭脳部分を指します。頭脳はコアとも呼ばれ、個数が多ければ多いほど同時に計算できる能力が高いです。また頭脳が計算するスピードは動作周波数で表し、この数字が大きければ大きいほど計算が早くなります。

クロック数』と『コア数』を確認して性能を調べましょう。ネットサーフィンをしたり、動画をみるために使用するという方にはクロック数が1.2GHz4コア(クアッドコア)以上のスペックの商品がおすすめです。

高スペックの商品はおすすめですが、その分高額になってしまいますので、価格と性能のバランスを見て考えましょう。

メモリで選ぶ

メモリ』は7インチタブレットの一時的な記憶容量です。メモリが大きければ大きいほど一時的な記憶ができる容量が大きくなり、全体的な動作が軽快になります。

複数のアプリを一緒に使う方は4GB、ネットサーフィンだけを行う程度の方なら2GB前後がメモリの目安です。高速の処理が必要な作業を行われる場合は、8GB16GBのものも検討してみましょう。

ストレージで選ぶ

簡単にいうと、『ストレージ容量』とは保存できる量のことをいいます。容量は『GB』で表示され、数字が大きければ大きいほど写真や動画といったデータをたくさん保存することが可能です。『microSDカード』で容量を増やすことができる機種もあります。

ストレージ容量は16GB~256GBと幅広いです。ネットサーフィンや動画の視聴だけの使用であれば少ないストレージで間に合いますが、音楽データや写真、資料などたくさんのデータを保存したい場合には大きなストレージ容量を持つモデルをおすすめします。

画面解像度で選ぶ

画面解像度』は、7インチタブレットの画面に表示される画素の個数です。数字は『横ピクセル数×縦ピクセル数』で表示され、数字が大きければ大きいほど画面が精細になります。

たとえば液晶テレビの『フルハイビジョン』は横1,920ピクセル×1,080ピクセルです。

重さで選ぶ

タブレットを持ち運ぶことを想定されている方にとっては重量がタブレット選びで大切な項目になってきます。サイズが同じ7インチでも重量に差があることが多々あります。長時間使用していると微妙な重さの違いも腕の疲れ方に響いてきますので、少しでも軽いタブレットを選ぶのがおすすめです。

防水機能の有無で選ぶ

キッチンなどの水場での使用を想定している場合には、『防水機能』も確認しましょう。防水性能は『IPX』、『IP』で表されるモデルが多く、後ろに付く数字が大きいほど防水性能は高くなります。

レシピを確認するためにキッチンで使用する程度であればIPX3以上、お風呂場などで使用するのであればIPX5以上のものがおすすめです。

用途で選ぶ

7インチタブレットの選び方を4つの用途を例に解説します。用途を決めずに購入すると使わなくなることもあるので慎重に選びましょう。

動画視聴がメインなら

動画視聴がメインの用途なら、大きく分けて2つのポイントを重視します。

1つは『画面解像度』が高いものを選ぶことです。画面解像度が高ければ、精細な画面で動画を楽しめます。精細な画面は通信データ量が大きくなります。データ通信量が不安な方は、ムリに高解像度の7インチタブレットを選ぶ必要はありません。

2つ目は『microSDカード』が使えるかどうかです。動画はデータ量が大きいので、気に入った動画をダウンロードする場合はmicroSDカードで保存容量を増やせるモデルがおすすめです。

電子書籍を読むのがメインなら

電子書籍を読むのがメインなら、画面に『電子ペーパー』を採用している専用機を選ぶのがベストです。電子ペーパーモデルは画面の応答性が低いため、ネット閲覧や動画視聴に向きません。この場合は手が疲れにくい軽量なモデルを選びましょう。

子どもに持たせるなら

子どもに持たせるなら、『キッズ用』として設定されているモデルが便利です。外装にカバーが付いていたり、年齢によるフィルタをかけられたりできます。夢中になってしまい時間忘れて遊んでしまわないよう、タイマーを設定できるのも便利ですね。

仕事に使うなら

7インチタブレットを仕事に使うなら、OSが『iOS』か『Android』の機種を選びましょう。残りのOSである『Fire OS』は、他のOSに比べて使えるアプリの数が限られているためです。

7インチタブレット のおすすめ人気比較ランキング

第10位

KEIAN 7インチAndroidタブレット Android8.1 Oreo(Go edition)搭載 KI-R7

8,803円(税込)

安価なAndroidタブレット 軽い作業におすすめ

7インチAndroidタブレットとしては珍しく、Androidバージョン8を採用しています。しかしメモリ1GB、ストレージ8GBが物足りない方は、ストレージをmicroSDカードで拡張したうえで用途を検討してみましょう。

OS Android 8.1
画面サイズ 7インチ
CPU 4コア 1.3GHz
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
画面解像度 1024×600
重さ 249g
microSDカードスロット
通信方法 WiFi
防水性能 -
第9位

Amazon Fire 7 タブレット キッズモデル (7インチディスプレイ) 16GB

11,980円(税込)

子ども用として工夫が見られるタブレット 年齢フィルタや2年間保証など手厚いサービス

通販大手のAmazonが販売する、子ども用7インチタブレットです。外装には衝撃を代わりに受けてくれるキッズカバー付き。数千点の子ども向けコンテンツが楽しめるAmazon FreeTime Unlimitedが1年間付いてきます。また使いすぎを抑制するタイマーや見せたくないものをフィルタできる年齢フィルタなども搭載しています。

OS FireOS
画面サイズ 7インチ
CPU 4コア 1.3GHz
メモリ 1GB
ストレージ 16GB
画面解像度 1024×600
重さ 456g
microSDカードスロット
通信方法 WiFi
防水性能 -
第8位

Samsung (サムスン) Galaxy Tab A タブレット アンドロイド 5.1 8 GB 7" TFT ( 1280 x 800 )

23,699円(税込)

マイクロSDの使用が可能

大手メーカーSamsungが販売する7インチのAndroidタブレットです。Galaxyシリーズの商品で、周辺機器も集めやすいということも嬉しいポイントです。

カメラは前面と背面に搭載。マイクロSDの使用ができるため、データを移動するのも簡単に行えます。ストレージ容量は少ないタイプとなっていますので、Wi-Fi環境での使用におすすめです。Bluetoooth対応の商品になっています。

OS Android
画面サイズ 7インチ
CPU None
メモリ
ストレージ
画面解像度
重さ 277 g
microSDカードスロット
通信方法 Bluetooth, Wi-Fi
防水性能
第7位

HUAWEI (ファーウェイ) 7インチ タブレット MediaPad T1 7.0 シルバー ※LTEモデル RAM 1G/ROM 8G

16,580円(税込)

低コストなハイスペックタブレット

クアッドコアCPU搭載のハイスペックタブレット。SIMフリーに対応したLTEモデルです。Wi-Fi接続もできますが、Wi-F環境になくても、動画や漫画をサクサク楽しむことができます。その軽量加減も大きな特徴で、持ち運びにも便利です。

比較的低コストでの導入が可能ですので、最初のタブレットにもおすすめできる商品となっています。

OS Andoroid
画面サイズ 7インチ
CPU 1.5 GHz
メモリ RAM1G / ROM8G
ストレージ
画面解像度 1024x600
重さ 277 g
microSDカードスロット
通信方法
防水性能
第6位

Panasonic (パナソニック) TOUGHPAD FZ-M1 (Core m5-6Y57/SSD128G/W10P/7WXGA/電池9H) FZ-M1F150XVJ

204,800円(税込)

防水、耐衝撃の高機能7インチタブレット

7インチタブレットではあまりない防水機能のあるナソニックの商品。キッチンなど、水場での利用を考えられている方にもおすすめです。落下実験済みの商品であり、衝撃にも強いタイプとなっています。

ビジネスでも使いやすいWindows 10 Proに対応。GPS機能搭載で、位置情報の確認も可能です。高機能のタブレットをお求めの方に大変おすすめの商品になります。

OS Windows 10 Pro
画面サイズ 7インチ
CPU Intel Atom 1.44 GHz
メモリ 4GB
ストレージ 128GB
画面解像度 1280×800
重さ 1.25 Kg
microSDカードスロット
通信方法 Bluetooth
防水性能
第5位

Amazon Kindle Oasis (Newモデル) 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー

32,980円(税込)

7インチの電子書籍タブレット 本や雑誌を読むならこれ一択

他の7インチタブレットとは違い、画面に電子ペーパーを採用しているタブレットです。電子ペーパーは反応が遅い代わりに省電力で、白黒の画面がはっきり見える特徴があり、本やマンガを読むのに最適です。ただし動画視聴やネット閲覧には向きません。出先でWi-Fiを探さなくても良い4G通信機能や防水機能など機能性も抜群です。

OS FireOS
画面サイズ 7インチ
CPU -
メモリ -
ストレージ 32GB
画面解像度 -
重さ 188g
microSDカードスロット -
通信方法 WiFi+4G
防水性能
第4位

Apple iPad mini 4 (Wi-Fi, 128GB) - スペースグレイ(第4世代)

46,213円(税込)

連綿と続くiPad mini、世代交代しても使い勝手は抜群

iPad mini4は、登場してから長く最前線で使用されてきました。2019年には第5世代のiPad miniが大きく進化して登場したため世代交代となりましたが、使いやすいタブレットとしてまだまだその魅力はあせません。搭載されるCPUはiPhone 6で採用されていたA8と、やや年代を感じさせます。

OS iOS
画面サイズ 7.9インチ
CPU A8
メモリ -
ストレージ 128GB
画面解像度 2048×1536
重さ 298.8g
microSDカードスロット -
通信方法 WiFi
防水性能 -
第3位

HUAWEI (ファーウェイ) MediaPad T3 7 7.0インチタブレットW-Fiモデル RAM2GB/ROM16GB

11,165円(税込)

Android7インチタブレットは希少なモデル!どうしてもAndroidが良いという方に

中国HUAWEI社の7インチタブレットです。登場時のAndroidバージョン6はアップデートせず、セキュリティアップデートで対応しています。CPUが4コア、メモリ2GBでは動作の重いゲームは厳しいものの、軽い作業なら十分こなせます。動画を視聴したり音楽を聴いたりするのに最適です。

OS Android 6.0
画面サイズ 7インチ
CPU 4コア 1.3GHz
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
画面解像度 1024×600
重さ 249g
microSDカードスロット -
通信方法 WiFi
防水性能 -
第2位

Amazon Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 32GB - Newモデル

7,980円(税込)

7インチタブレットにアレクサ搭載で使いみちが広がる!

Amazonが販売するスマートスピーカー「アレクサ」機能が搭載されたため、使いみちはかなり多様です。しかしFireOSを採用しているため使用できるアプリの数があまり多くありません。使いたいアプリがある場合は、事前に調べておくことをおすすめします。またGPS機能が無いためカーナビにも向きません。

OS FireOS
画面サイズ 7インチ
CPU 4コア 1.3GHz
メモリ 1GB
ストレージ 32GB
画面解像度 1024×600
重さ 286g
microSDカードスロット
通信方法 WiFi
防水性能 -
第1位

Apple iPad mini Wi-Fi 64GB - シルバー (最新モデル)

47,466円(税込)

7インチタブレットでは敵なし状態、選ばない理由を探す方が難しい

第5世代のiPad miniは、画面サイズ7.9インチのとてもパワフルなタブレットです。先代のiPad mini4から大きく進化したのは、CPUがiPhone6相当のA8からiPhone Xs相当のA12 Bionicに置き換えられた点で、第1世代のApple Pencilに対応しました。

OS iOS
画面サイズ 7.9インチ
CPU A12 Bionic
メモリ -
ストレージ 64GB
画面解像度 2048×1536
重さ 300.5 g
microSDカードスロット -
通信方法 WiFi
防水性能 -

7インチタブレット のおすすめ比較一覧表

商品画像
Apple iPad mini Wi-Fi 64GB - シルバー (最新モデル) B07PRWXRF6 1枚目
Amazon Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 32GB - Newモデル B07JQP283Q 1枚目
HUAWEI (ファーウェイ) MediaPad T3 7 7.0インチタブレットW-Fiモデル RAM2GB/ROM16GB B072ZQTX4N 1枚目
Apple iPad mini 4 (Wi-Fi, 128GB) - スペースグレイ(第4世代) B015O0O3OY 1枚目
Amazon Kindle Oasis (Newモデル) 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー B07L55MRYW 1枚目
Panasonic (パナソニック) TOUGHPAD FZ-M1 (Core m5-6Y57/SSD128G/W10P/7WXGA/電池9H) FZ-M1F150XVJ B01IEAIY5A 1枚目
HUAWEI (ファーウェイ) 7インチ タブレット MediaPad T1 7.0 シルバー ※LTEモデル RAM 1G/ROM 8G B01MAWMHGP 1枚目
Samsung (サムスン) Galaxy Tab A タブレット アンドロイド 5.1 8 GB 7
Amazon Fire 7 タブレット キッズモデル (7インチディスプレイ) 16GB B07H8RV5BD 1枚目
KEIAN 7インチAndroidタブレット Android8.1 Oreo(Go edition)搭載 KI-R7 B07MX2B69S 1枚目
商品名 Apple iPad mini Wi-Fi 64GB - シルバー (最新モデル) Amazon Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 32GB - Newモデル HUAWEI (ファーウェイ) MediaPad T3 7 7.0インチタブレットW-Fiモデル RAM2GB/ROM16GB Apple iPad mini 4 (Wi-Fi, 128GB) - スペースグレイ(第4世代) Amazon Kindle Oasis (Newモデル) 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー Panasonic (パナソニック) TOUGHPAD FZ-M1 (Core m5-6Y57/SSD128G/W10P/7WXGA/電池9H) FZ-M1F150XVJ HUAWEI (ファーウェイ) 7インチ タブレット MediaPad T1 7.0 シルバー ※LTEモデル RAM 1G/ROM 8G Samsung (サムスン) Galaxy Tab A タブレット アンドロイド 5.1 8 GB 7" TFT ( 1280 x 800 ) Amazon Fire 7 タブレット キッズモデル (7インチディスプレイ) 16GB KEIAN 7インチAndroidタブレット Android8.1 Oreo(Go edition)搭載 KI-R7
特徴 7インチタブレットでは敵なし状態、選ばない理由を探す方が難しい 7インチタブレットにアレクサ搭載で使いみちが広がる! Android7インチタブレットは希少なモデル!どうしてもAndroidが良いという方に 連綿と続くiPad mini、世代交代しても使い勝手は抜群 7インチの電子書籍タブレット 本や雑誌を読むならこれ一択 防水、耐衝撃の高機能7インチタブレット 低コストなハイスペックタブレット マイクロSDの使用が可能 子ども用として工夫が見られるタブレット 年齢フィルタや2年間保証など手厚いサービス 安価なAndroidタブレット 軽い作業におすすめ
価格 47,466円(税込) 7,980円(税込) 11,165円(税込) 46,213円(税込) 32,980円(税込) 204,800円(税込) 16,580円(税込) 23,699円(税込) 11,980円(税込) 8,803円(税込)
OS iOS FireOS Android 6.0 iOS FireOS Windows 10 Pro Andoroid Android FireOS Android 8.1
画面サイズ 7.9インチ 7インチ 7インチ 7.9インチ 7インチ 7インチ 7インチ 7インチ 7インチ 7インチ
CPU A12 Bionic 4コア 1.3GHz 4コア 1.3GHz A8 - Intel Atom 1.44 GHz 1.5 GHz None 4コア 1.3GHz 4コア 1.3GHz
メモリ - 1GB 2GB - - 4GB RAM1G / ROM8G 1GB 1GB
ストレージ 64GB 32GB 16GB 128GB 32GB 128GB 16GB 8GB
画面解像度 2048×1536 1024×600 1024×600 2048×1536 - 1280×800 1024x600 1024×600 1024×600
重さ 300.5 g 286g 249g 298.8g 188g 1.25 Kg 277 g 277 g 456g 249g
microSDカードスロット - - - -
通信方法 WiFi WiFi WiFi WiFi WiFi+4G Bluetooth Bluetooth, Wi-Fi WiFi WiFi
防水性能 - - - - - -
商品リンク

おすすめの7インチタブレットまとめ

おすすめの『7インチタブレット』についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

7インチタブレットは、用途を決めて選べば片手で持てるタブレットとして、非常に便利に使えます。記事やおすすめランキングを参考にして、ぴったりな7インチタブレットを選んでみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

7インチタブレット
のおすすめ関連記事をもっと見る