双眼鏡のおすすめ人気比較ランキング8選【最新2019年版】

【最新版】双眼鏡の人気8アイテムのおすすめ比較ランキング。双眼鏡の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの双眼鏡をランキング形式でご紹介。
5RICH

広い会場でのコンサートや演劇、そしてスポーツ観戦や星空の観測など、『双眼鏡』はあらゆるシーンで活用できるアイテムです。今や双眼鏡も高性能なものが多く、選び方に迷ってしまう人も少なくありません。

そこで今回は、双眼鏡の機能面における基礎知識や選び方、そしておすすめ商品などを紹介していきます。

これだけは押さえておきたい双眼鏡のおすすめ基礎知識

双眼鏡 おすすめ 基礎知識

双眼鏡をさまざまなシーンで活用するためには、まずどのような機能があるか把握する必要があります。双眼鏡の基礎知識として、いくつかポイントを挙げて解説していきます。

倍率

双眼鏡を選ぶ際に、意識すべき点が『倍率』です。双眼鏡における倍率とは、肉眼で見ることに対して、どれくらいの割合で大きくなるかを表している数字になります。

さまざまな倍率の商品がありますが、例として5倍の場合、500m先にある物を100m先にあるくらいの大きさで確認することが可能です。

何に双眼鏡を使用するかによりますが、あまり遠くにない物を倍率の高い商品で見た場合、逆に見にくくなるケースもあるため注意してください。

口径 (対物レンズの有効怪)

口径』とは、目でのぞいている側とは反対にあるレンズを意味しています。口径が大きい方が光を集めることができるため、分解能が高く、視認性も良いです。

口径が大きいと双眼鏡自体のサイズも大きくなることは避けられないため、どういったシーンで使いたいかをきちんと考えて商品選択をしてください。

見たい物をしっかりと確認できる双眼鏡選びには、先ほどの倍率と口径のバランスを意識することが大切です。

実視界と見掛け視界

双眼鏡 おすすめ 視界

実視界』とは、双眼鏡をのぞいたときに動かすことなく見れる範囲を表している数値です。

一方で『見掛け視界』とは、実視界に倍率をかけた物を意味しており、肉眼で見た際に6度となる場合、倍率4倍のレンズを使っている双眼鏡では見掛け視界が24度になります。

そのため肉眼よりも広範囲を見ることができ、一般的に見掛け視界が60度を超えてくると、『広視界型』の双眼鏡に分類されます。

アイレリーフ

アイレリーフ』とは接眼レンズからひとみのできる位置までの距離を意味する言葉です。

特にアイレリーフを意識しなければいけないのは、メガネをしたまま双眼鏡を使用する人で、アイレリーフが長いほど視野を広く確保できるため目が疲れにくく、長い時間の使用に適しています。

メガネをかけたまま双眼鏡を使用する場合、アイレリーフは15mm以上がおすすめといわれているため、選ぶ際の参考にしてみてください。

コーティング

双眼鏡 おすすめ コーティング

双眼鏡のレンズに使用されている素材は、『光学ガラス』といわれるもので、反射によっておよそ4%の光が失われます。

つまり双眼鏡を使うことで明るさが失われ、肉眼で見るよりも暗くなるため鮮明に捉えることができません。そんな双眼鏡のウィークポイントといえる暗さを改善するために、うまれたのがレンズの『コーティング』です。

レンズの表面に薄い膜をつけることで、光の透過率を向上させ明るくする技術となり、肉眼でもレンズが緑色に見える物はコーティングがされている双眼鏡となります。

単層コート

単層コート』とは、レンズにある膜が1枚のシンプルなコーティングがされているもので、コーティングがない双眼鏡と比較すると明るく見れます。しかし単層コートの場合光の反射を防げる色は限られるため、コーティングとしては不完全といえる商品です。

特定の色の反射を防ぐといった意味合いで捉えるのが正しく、決して高性能な双眼鏡とはいえませんが、価格帯は手が出しやすい商品が揃っています。

マルチコート

一方で『マルチコート』とは、単層コートと異なり複数枚レンズに膜を使っているため、数種類の色を光の反射から防げます。

一般的にマルチコートとは3層で構成されているものを指しており、緑色に反射します。高級な双眼鏡になるほどマルチコートの性能も向上し、コーティングされている層は5枚や7枚となり、さまざまな光の反射を防ぐことが可能です。

膜の数や、どのようなコーティングを施しているかで見え方は違うため、自分好みにコーティングされたレンズの双眼鏡を探してみてください。

おすすめの双眼鏡のタイプ

双眼鏡 おすすめ タイプ

ここまでで、双眼鏡と一口にいってもさまざまな機能があり、商品によって大きく異なってくることがわかります。そして知識として知っておきたいのが双眼鏡には大きく分けて2つのタイプがあることです。

ここからは、それぞれのタイプの特徴を説明し、どのような違いがあるかを紹介していきます。

ポロプリズム

ポロプリズム』は、双眼鏡のなかでも伝統的なフォルムで、その歴史は古く19世紀の中頃に、イタリア人のポロによって発明されたタイプです。通称『ポロ式』といわれており光学性能に優れていて、対物レンズの間隔も広く取れるため立体感が楽しめます。

ポロプリズムの双眼鏡は、すべての反射面が全反射をするため光を十分に集めることができ、加工がしやすいです。機能面は優れていますが、光の屈折が必要となるため双眼鏡自体が2段構造のような形であることから、サイズが大きくなります。

ダハプリズム

ポロプリズムと比較される双眼鏡のタイプが、『ダハプリズム』です。ダハプリズムとはドイツ語で屋根を意味しており、ポロプリズムと違い接眼レンズと対物レンズまでは平行となり直線上に配置されています。

光の屈折を行わないため双眼鏡自体はコンパクトなデザインとなり、スマートな見た目の商品が多いです。

反射面においての光の損失を起こさないために、高度な技術を必要とすることから、ダハプリズムはポロプリズムに比べて高価な点も一つの特徴です。

おすすめの双眼鏡の選び方

双眼鏡 おすすめ 選び方

双眼鏡を選ぶとき、どのような点を意識して選べば良いか悩んでしまう人も少なくありません。ここからは、双眼鏡選びにおいて重要な点をいくつか挙げて紹介していきます。

携帯性で選ぶ

双眼鏡 おすすめ 携帯性

双眼鏡を選ぶ際に、機能面やデザインなどこだわりたい部分は人によって異なります。しかし持ち歩くことを考えると『携帯性』も重要な要素です。カバンなどに入れるときだけでなく、そもそも使用するときに双眼鏡が重いと腕が疲れてしまうため使い勝手が悪いです。

双眼鏡は300g以下であれば『軽量タイプ』といえる種類に該当するため、商品選びをするときの参考にしてみてください。

防水性能で選ぶ

双眼鏡をアウトドアやレジャーで使用する場合、重要な性能が『防水性』です。双眼鏡も内部に水が侵入すると故障する可能性があります。

しかし防水機能がある双眼鏡の場合、本体内部に水が入りにくいため故障を防げるうえ、レンズにも撥水機能が付帯されているものが多く、雨でも視認物を的確に捉えられます。また汚れた場合でも水で洗えるため手入れも簡単です。

調節機能の有無で選ぶ

良い双眼鏡を選ぶには、調節機能があるかが重要なポイントとなります。どのような調節機能があれば、便利に活用できるか知っておくことも双眼鏡選びには大切です。

知らないまま購入すると、使いにくさを感じてしまうため注意してください。

ピント調節

良い商品を購入するにあたって、『ピント調節』ができないモデルがあるので注意が必要です。最近では『オートフォーカス』や、『フリーフォーカス』といった機能を備えている双眼鏡が販売されていますが、これらはピント調節ができません。

必ず双眼鏡を購入する際は、『ピント調節リング』が備わっている商品を選ぶことが大切です。

目の幅調節

人それぞれ左右の『目の幅』は異なるため、調節できる機能がなければ使い勝手は悪くなります。双眼鏡を覗き込んだ際、目の幅とレンズがあっていないければ綺麗に視認できません。

最も自分の目の幅に合っていると、覗き込んだ先は一つの円になっています。二つの円が合わさっているように見えてしまうため視認性が悪いです。

視度調節

人間は左目と右目の視力は異なる場合はほとんどです。そのため視力に合わせて双眼鏡のレンズを調節できなければ、鮮明に物を見ることはできません。

双眼鏡には『視度調節リング』といわれるものがついていて、調節することで焦点が合わない状態を防いでくれます。視力に自信がある人でも、左右の目の見え方は違うため備えておくべき機能の1つです。

用途に応じて選ぶ

双眼鏡を購入するにあたり、使用するシーンを意識して商品選びをすることが大切です。

自分がどの場面で双眼鏡を使いたいか、購入する前にピックアップしてください。

双眼鏡を使用することが想定されるシーンをみていきます。

スポーツ観戦

双眼鏡 おすすめ スポーツ観戦

双眼鏡を使用するシーンとして代表的なものがスポーツ観戦です。野球やサッカー、さらにテニスやラグビーなど、ここ最近ではスポーツ熱も高まっており、注目選手を見るために双眼鏡を購入する人も多くいます。

スポーツによって屋外や屋内など、プレーする場所が異なるだけでなく、広範囲に及ぶものや狭いエリアで行われるものなどがあるため、どの競技を観戦する際に使うかによって商品選びも変わってきます。

コンサート

双眼鏡 おすすめ コンサート

大きな会場で行われるコンサートで、双眼鏡は必須アイテムといえます。コンサートは屋内で行われることが多く、照明があるとはいえ暗いことが想定されるため、明るさを確保できる商品を選ぶことがおすすめです。

また明るさだけでなく持ち運びやすさも考慮すると、コンパクトなタイプが最適といえます。コンサートにおいて多くの人が選ぶのは3倍から8倍の倍率のもので、口径が小さい双眼鏡です。

バードウォッチング

双眼鏡 おすすめ バードウォッチング

バードウォッチングを行うにあたり、双眼鏡は欠かせません。野鳥は警戒心が強いため、できる限り遠くからきちんと観察できる機能を持っているものを選ぶことがおすすめです。

そして高性能でありながら持ち運びがしやすいコンパクトタイプがバードウォッチングには適しています。見掛け視界についても、野鳥を追うには広範囲となる双眼鏡を選んだ方が観察しやすいです。

星見など天体観測

双眼鏡 おすすめ 天体観測

星空を眺めたり、数年に1度の流星群や惑星の接近など、大きなニュースにもなることがある天体観測で双眼鏡は大活躍します。まず天体観測をする際は暗い場所で行うため、光を集約する力に優れている双眼鏡を選んだ方が良いでしょう。

販売されている商品には、星空を眺めることに特化しているものがあるため、購入の際はぜひチェックしてみてください。

美術鑑賞・観劇

双眼鏡 おすすめ 美術鑑賞

美術鑑賞や、舞台観劇においても双眼鏡は活躍します。今や美術鑑賞は流行にもなっているため、双眼鏡を購入する人も多いです。

美術品を見る場合、繊細に物を捉えることが可能なマクロ観察機能を搭載している双眼鏡がおすすめです。上部にある物を眺めたり、舞台観劇においても長時間使用することを考えると、軽量タイプの双眼鏡を選ぶことも忘れてはいけません。

旅行・アウトドア

双眼鏡 おすすめ 旅行

旅行やアウトドアでも双眼鏡は活用されています。旅行時には観光スポットの建造物を観察する際に使えますし、アウトドアで使う場合は、上記にあったように防水性に優れているモデルや、耐久性のあるものを選ぶと活躍してくれます。

双眼鏡のなかには、水深1mの水の中に数分つけていても故障しない商品もあるため、海や川などのレジャーにおいても使えます。

明るさや倍率などより、いかに丈夫な双眼鏡であるかを意識して選ぶことがおすすめです。

双眼鏡 のおすすめ人気比較ランキング

第8位

コンパクトなボディで使いやすい!価格もリーズナブルなモデル

バードウォッチングやコンサート、スポーツ観戦などあらゆるシーンで使える双眼鏡。

倍率12倍で重量は240gと比較的軽く、両方のレンズそれぞれでピント調整ができるため使い勝手も抜群です。

ボディはABS樹脂で作られているため丈夫で本体内部に水も侵入しにくくなっているので、アウトドアでも大いに活用できます。

トータル的な機能面のバランスが良い商品です。

倍率 12倍
タイプ ポロプリズム
コーティング マルチコート
口径(対物レンズの有効怪) 25mm
重量 260g
実視界 6.5度
第7位

ダイナミックに見える!人間工学によって誕生した双眼鏡

ホワイトのボディが目を引くデザインの双眼鏡。

倍率10倍で鮮明・感動的・ダイナミックに見えるがテーマとなっています。広い場所でのコンサートやスポーツ観戦、そして旅行などでさまざまな場面での活躍間違いなし。

高光透過率のレンズを採用しているため倍率を保ちつつ忠実に物体を捉えられ、人間工学な設計とアイカップによって日本人に合わせた作りになっている点も見逃せない商品です。

倍率 10倍
タイプ -
コーティング マルチコート
口径(対物レンズの有効怪) 22mm
重量 -
実視界 6.5度
第6位

Nikon 双眼鏡 アキュロンT01

4,481円(税込)

Nikonの高性能双眼鏡

「Nikon」が販売している高性能な双眼鏡です。

多層膜コーティングを採用しているので、明るい視野を実現します。アウトドアやバードウォッチングの際に大いに役立つでしょう。

スタイリッシュなデザインも特徴で、カラーバリエーションも豊富なのでご自身にピッタリの双眼鏡を選べるでしょう。

倍率 8倍
タイプ ダハプリズム
コーティング -
口径(対物レンズの有効怪) -
重量 195g
実視界 6.3度
第5位

利き手を選ばないユニバーサルデザイン

この双眼鏡はデザインに特徴があり、持ちやすい丸みを帯びたフォルムで利き手を選ばないユニバーサルデザインです。

10倍もの倍率をもっているのにもかかわらず137gと超軽量なので長い時間双眼鏡を使っていても疲れにくいでしょう。

ズーム機能の操作性がスムーズで誰にでも扱いやすい使用になっています。

倍率 10倍
タイプ ポロプリズム
コーティング -
口径(対物レンズの有効怪) 22mm
重量 137g
実視界 6.5度
第4位

可愛いフォルムとカラーで女性向け

この双眼鏡は可愛いフォルムと明るいピンクのカラーが特徴で、女性に最適でしょう。

重量も136gと非常に軽量で長時間双眼鏡を使用していても疲労を感じにくく、丸みを帯びたフォルムなので手に馴染みやすいです。

広い視野も特徴で1000m先の景色を眺めると、視野の直径は112mに達します。

倍率 10倍
タイプ -
コーティング -
口径(対物レンズの有効怪) 22mm
重量 136g
実視界 7.5度
第3位

2019年最新版の高性能双眼鏡

この双眼鏡は新技術「BAK4光学レンズ」と「FMC多層緑膜コーティング」を搭載した2019年最新版の高性能なモデルです。

「BAK4光学レンズ」で斜めから入ってくる光まで反射するのでクリアな光景を映し出し、「光学多層緑膜コーティング」高い光通過率を実現。

倍率 12倍
タイプ ポロプリズム
コーティング マルチコート
口径(対物レンズの有効怪) 25mm
重量 299g
実視界 6.5度
第2位

1年保証付きの安心して使える双眼鏡

この双眼鏡は1年間保証が付いているのが特徴で、アウトドアなどでの使用をメインに考えている方におすすめです。

80m先の対象が10mの距離から見ているように感じられるので、野鳥を観察することに向いています。

スペックも高く、「フルマルチコート」「高級プリズムBak4」「非球面レンズ」「ラバーコート」が搭載されているため、本格的に双眼鏡を使用したい方におすすめです。

倍率 8倍
タイプ ポロプリズム
コーティング マルチコート
口径(対物レンズの有効怪) 21mm
重量 318g
実視界 6.2度
第1位

コンサートやスポーツ観戦で大活躍

この双眼鏡は倍率10倍の双眼鏡で、フォーカスした先にいる人の表情から息づかいまで鮮明に観察できます。

コンサートでパフォーマーを見たりスポーツ観戦で選手を見たりオペラで演者を見たりする際に大いに活躍するでしょう。

重量はたったの140gと超軽量なので長時間双眼鏡を覗いていても疲れにくく、SuperSunny独自のゴム当てを採用しているので手ブレを補正できます。

倍率 10倍
タイプ ポロプリズム
コーティング -
口径(対物レンズの有効怪) 22mm
重量 140g
実視界 6.5度

双眼鏡 のおすすめ比較一覧表

商品画像
SuperSunny 双眼鏡 Bak4 B078MZ2M6S 1枚目
PENTAX  双眼鏡 62209 B000NOKEH2 1枚目
UncleHu 双眼鏡  B07T5589WJ 1枚目
TAKU STORE 双眼鏡 B07F9ZMWNJ 1枚目
personal-α  双眼鏡 B01G1MG41Y 1枚目
Nikon 双眼鏡 アキュロンT01 B00B7FPBUQ 1枚目
Baufut 双眼鏡 KBH-091 B07SR2S7BG 1枚目
apeman 双眼鏡 BC70 B07PFJ1SGC 1枚目
商品名 SuperSunny 双眼鏡 Bak4 PENTAX 双眼鏡 62209 UncleHu 双眼鏡 TAKU STORE 双眼鏡 personal-α 双眼鏡 Nikon 双眼鏡 アキュロンT01 Baufut 双眼鏡 KBH-091 apeman 双眼鏡 BC70
特徴 コンサートやスポーツ観戦で大活躍 1年保証付きの安心して使える双眼鏡 2019年最新版の高性能双眼鏡 可愛いフォルムとカラーで女性向け 利き手を選ばないユニバーサルデザイン Nikonの高性能双眼鏡 ダイナミックに見える!人間工学によって誕生した双眼鏡 コンパクトなボディで使いやすい!価格もリーズナブルなモデル
価格 2,380円(税込) 4,130円(税込) 2,120円(税込) 1,959円(税込) 1,790円(税込) 4,481円(税込) 1,980円(税込) 2,480円(税込)
倍率 10倍 8倍 12倍 10倍 10倍 8倍 10倍 12倍
タイプ ポロプリズム ポロプリズム ポロプリズム - ポロプリズム ダハプリズム - ポロプリズム
コーティング - マルチコート マルチコート - - - マルチコート マルチコート
口径(対物レンズの有効怪) 22mm 21mm 25mm 22mm 22mm - 22mm 25mm
重量 140g 318g 299g 136g 137g 195g - 260g
実視界 6.5度 6.2度 6.5度 7.5度 6.5度 6.3度 6.5度 6.5度
商品リンク

おすすめの双眼鏡まとめ

今回はおすすめの『双眼鏡』についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

あらゆるメーカーから販売されている双眼鏡にはさまざまなモデルがあり機能面の種類も多岐に渡ります。屋内や屋外問わず遠くの物を目の前にいる感覚で見たいときは、ぜひ双眼鏡を活用してみてください。

この記事を参考にぜひご自身にぴったりの双眼鏡をみつけてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

双眼鏡
のおすすめ関連記事をもっと見る