ジンのおすすめ厳選人気ランキング10選

【最新版】ジンの厳選10アイテムのおすすめ人気ランキング。ジンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのジンをランキング形式でご紹介。
ichiko

ジントニック』や『マティーニ』などカクテルのベースとして有名な『ジン』。

ジンはその種類だけでなく飲み方も非常に多岐にわたるため、多くの初心者にとってはどのジンを選べばいいのか迷いやすいです。

今回はそんなジンの種類や選び方をご紹介します。厳選したおすすめ商品もランキング形式でご紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

そもそもジンとは

ジンの特徴

ジン』の始まりは諸説はありますが、今から約350年前の1660年にオランダで薬用酒として開発されたといわれています。主に大麦やライ麦、じゃがいもを原材料としており、度数は40度以上とかなり強いお酒です。

原料を発酵してできたお酒を『醸造酒』、さらに蒸留させたお酒を『蒸留酒』と呼びますが、ジンは醸造酒を蒸留する過程でジュニパーベリーやそのほかのボタニカルの風味を加えて造られます。

加えられているボタニカルによっていろいろな風味を楽しめるのもジンの特徴でしょう。

ジンの4つの種類

ジンは主に4つの種類に分けられます。

・ドライジン
・ジェネヴァ
・シュタインヘーガー
・オールド・トム・ジン

ドライジン

現代の主流は『ドライジン』です。イギリスで製造されていたことから『ロンドン・ジン』や『イングリッシュ・ジン』とも呼ばれます。ジュニパーベリーをベースにしたすっきりした味わいが特徴です。

ジェネヴァ

ジェネヴァ』は昔ながらの単式蒸留の製法で作られており、本来の味にもっとも近いといわれています。原材料の風味が残り、濃厚でコクが強いことが魅力のジンです。

シュタインヘーガー

シュタインヘーガー』はドイツ産のジンであり、大きな特徴として生のジュニパーベリーを発酵して作られています。生のジュニパーベリーは乾燥させたものより香りが抑えられるので優しい風味を感じられます。

オールド・トム・ジン

最後に、昔の製法では雑味が多く飲みにくかったのでそこに砂糖を加えて飲まれるようになったのが『オールド・トム・ジン』です。

おすすめのジンの選び方

飲み方で選ぶ

ジンはカクテルなどのベースで使われることが多いですが、『ロック』や『ストレート』などジンそのままの味わいを楽しむ飲み方もできます。

カクテルに使うならカクテル向きの味がシンプルなものや香りの強さを選べるものが好ましいです。そのままの味を楽しみたいなら、素材にこだわっていたり、風味も華やかな個性的なものであるとよいでしょう。

ブランドで選ぶ

最初は人気のブランドから自分好みのものを探してみるのもいいかもしれません。ジンは世界中で飲まれているお酒で、人気の銘柄は長年愛され続けてきた信頼性と実績があります。

例えば『BEEFEATER (ビーフィーター) 』の赤いボトルはよくバーや居酒屋などにおいてありますので、馴染みのある方も多いかと思います。

そのほかに『GIKBEY’S (ギルビー) 』も柑橘系の風味で香りも豊かなので人気です。

ボタニカルで選ぶ

ジンは『ジュニパーベリーで香りづけされているお酒』ですので、ジュニパーベリーは絶対に入っていなければなりません。そのほかにハーブやスパイス、果皮などを4~10種類ほどのボタニカルを入れてジンの香りを作っていきます。

ボタニカルの香りづけの方法もブランドによってこだわりがあり、蒸留酒に漬け込むだけの『バスタブジン製法』、蒸気を通して香りづけする『バスケット方法』、蒸留酒に入れて一緒に蒸留する『浸漬法』など、製法によってボタニカルの風味も変わってきます。

歴史や産地で選ぶ

ジンは薬用酒として生まれましたが、オランダのライデン大学の教授が作った薬用酒が美味しかったため、お酒として飲まれるようになりました。その後イングランドにも伝わり人気も増して一般化していったとされています。

産地によっても製法も異なり、雑味が少ないドライジンは主に『ロンドン産』、伝統的な製法でより原型に近い『オランダ産』、主に生のジュニパーベリーを使う『ドイツ産』など産地によって特徴も変わってきます。

ジンのおすすめの飲み方11選

ジンはカクテルの種類も豊富でいろいろな楽しみ方ができます。

ストレート

ジンを『ストレート』で飲むことはあまりないのではないでしょうか。ジンをストレートで飲めばボタニカルの香りを直接味わうことができます。ジュニパーベリーの香りは独特なので苦手に感じる方もいるかもしれませんが、一度ストレートでジン本来の香りを味わってみることもおすすめです。

ロック

ロック』はゆっくりジンを味わうことができます。ロックグラスにジンを入れ氷を浮かべてたら、時間が経つにつれジンの味も変化していきます。レモンを軽く絞ればさらに味わいが増します。濃い味のつまみと一緒に少しずつジンを味わうのも楽しいです。

ホット

ジンをお湯割にして『ホット』で体を温めるのも寒い冬の日にはおすすめの飲み方です。ジンを温めることで香りもより引き立ちます。ジンのお湯割に砂糖を加えて飲むホット・ジン・スリングも寝付けないときにおすすめ。

ジントニック

ジントニック』はジンを使ったカクテルの中でもっともポピュラーです。ジンとトニックウォーターを1:3の割合で入れライムを添えます。トニックウォーターとはレモンやライムなどの柑橘系のエキスや糖分が入った炭酸水です。

トニックウォーターも味や酸味のバランスの違いがあるのでそれを見つけるのもまた楽しいです。

ジンライム

ジンライム』はジンをライムジュースで割った飲みものです。割合は約1:3が目安です。ライムベースなので甘いカクテルが苦手な方におすすめです。ジンライムはオンザロックで飲みますが、ジンライムと全く同じ材料をシェイカーで混ぜるとギムレットになります。

マティーニ

マティーニ』はジンと香草やスパイスが含まれる白ワインのベルモットで作られます。マティーニはカクテルの王様ともいわれてますが、マティーニはくせも強く、度数も高いためお酒が得意でない方は全部飲みきれないかもしれません。

カクテルの王様といわれるマティーニは一度飲んでみたい一品です。

ギブソン

ギブソン』はマティーニと同じように、ジンとベルモットで作ります。ただギブソンの場合はドライベルモットという辛口のベルモットなので、カクテル自体もマティーニより辛口なります。

多くの場合はデコレーションとしてパールオニオンを飾ります。パールオニオンとは酢漬けの小さい玉ねぎです。マティーニと同じくギブソンもかなりの度数なのでお酒の弱い方は注意してください。

ピンクレディ

ピンクレディー』はジンとクレナデン・シロップ、レモンジュース、卵白をシェイクしたカクテルです。

グレナデン・シロップとはザクロやカシスなど赤い果実の果汁に砂糖が加えられたノンアルコールのシロップで、主にカクテルで色合いに赤みを加えたいときや香りづけとして使われます。

オレンジブロッサム

オレンジブロッサム』はジンとオレンジジュースのカクテルです。バーなどではシェイカーで作られますが、ご家庭で作る場合はステアするだけでも十分美味しいお酒です。飲みやすく、見た目もオレンジで華やかなので女性に振る舞うときにおすすめです。

ジンバック

ジンバック』はジンとレモンジュースとジンジャーエールのカクテルです。爽やかな味わいですっきりしているので大変飲みやすいです。作り方も簡単なのでご家庭でも作りやすいですね。

ジントニックと似ていますが、ジントニックはトニックウォーター、ジンバックはジンジャーエールで割っています。

フレンチ75

フレンチ75』はジンとレモンジュース、シュガーシロップ、シャンパンを合わせたゴーシャスなカクテルです。読み方は『フレンチセブンティーファイブ』。シャンパンを開けた機会にはぜひ試してみてください。

またジンをバーボンにかえればフレンチ95、ブランデーにかえればフレンチ125になります。バーに行ったときには飲み比べるのも楽しいかもしれません。

ジン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

ペルノリカール モンキー 47 ドライ・ジン

4,980円(税込)

47種類のボタニカル、世界有数の蒸留技術で製法されたプレミアムなジン

ジュニパーベリーをベースに47種類ものボタニカルが香りづけされています。ボタニカルの種類は多いですが世界でも有数の蒸留技術で製法されているので、それぞれのボタニカルのバランスが取れており複雑で個性豊かな味わいです。

ドイツのブラックフォレストで生まれ、大自然のブラックフォレストのまろやかな水と、ブラックフォレスト原産の48種類のボタニカルをブレンドしています。最高品質の素材を世界有数の蒸留技術で造り上げることで、極上のジンが出来上がりました。芳醇な香りはマティーニやギムレットなどのカクテルにしても十分に楽しめます。個性的なジンを楽しみたい方におすすめ。

内容量 500ml
アルコール度数 47度
産地 ドイツ
ブランド モンキー47
風味 ジュニパーベリー、クランベリー、エルダーフラワー
タイプ ドライ・ジン
第9位

サントリー ドライジン エクストラ

920円(税込)

コスパも良くて味も美味しい、安心して飲める馴染みのあるジン

誰もが知っている飲料メーカーサントリーから出ている飲みやすく人気のあるジン。サントリーのジンでは「ROKU」も人気がありますが、こちらの「サントリー ドライジン エクストラ」は大容量で、かつ値段も安いのでコスパが良いと評判です。

居酒屋で使われることも多いので、もしかしたら知らないうちにこのジンを口にしているかもしれません。ジュニパーベリーのほかにオレンジピールなど7種類のボタニカルで造られており、爽やかで口当たりが良いです。値段が安いわりには味も良いので毎晩の晩酌のコストをおさえたい方にもおすすめ。

内容量 720ml
アルコール度数 40度
産地 日本
ブランド サントリー
風味 ジュニパーベリー、オレンジピールを初めとする7種類の草根木皮
タイプ ドライ・ジン
第8位

ニッカウィスキー ウィルキンソン・ジン

806円(税込)

10種類のハーブを使用、初心者向けでお求めやすいジン

ウィルキンソンも炭酸水でよくみかける馴染みのあるメーカーです。そんなウィルキンソンからもジンが出ており、アルコール度数が37度と47.5度の2種類が発売されています。

ウィルキンソンのジンは10種類のハーブを使っているので、香りは控えめで味はまろやかで飲みやすくなっています。どちらかといえば個性はあまりないので、個性的な味を求めている方はもの足りないかもしれませんが、初心者が最初に飲むにはとても飲みやすい味です。

ウィルキンソンはアサヒ飲料から発売されているので、スーパーや酒屋にもおいてあるところが多く手に入りやすいです。

内容量 720ml
アルコール度数 47.5度
産地 日本
ブランド ニッカウィスキー
風味 10種類のハーブ
タイプ ドライ・ジン
第7位

キリンビール株式会社 ゴードン ロンドン ドライジン 37.5% 700ml

1,125円(税込)

伝統的な製法を守り続けたゴードン社、ジン本来の味が楽しめるジン

1769年に生まれた正統派のロンドン・ジン。「ゴードン ロンドン ドライジン」の人気は凄まじく、世界中の人から愛されているジンです。ジュニパーベリーは高品質なものを使っており、その味はとても力強く爽快。辛口でキリッとしているゴードンのドライジンは、小説版の007 (ダブルオーセブン) に登場していることでも有名です。

ゴードンのドライジンは味も個性的でジン特有の香りを楽しみたい方にはぴったりのジンです。ジン独特の香りが強いですが、カクテルで飲むとジンの香りにまだ馴染んでいない方も美味しく飲めます。

内容量 700ml
アルコール度数 37.5度
産地 イギリス
ブランド Tanqueray(タンカレー)
風味 ジュニパー・ベリーとコリアンダーを使用
タイプ ドライ・ジン
第6位

キリンビール株式会社 ギルビー ジン 37.5度 750ml

916円(税込)

ギルビー家秘伝のレシピで造られた100年以上の歴史のあるジン

「ギルビー ジン」は数々の賞をとり、国境を超えて世界で認められているジンです。ギルビーには37.5度と47.5度の2種類のジンがあります。ギルビーのジンは12種類のボタニカルを使っており、そのボタニカルはジュニパーベリー、アンジェリカルート、コリアンダー、レモングラス、シナモンを使用しており柑橘系の香りを味わえるのが特徴です。

口当たりも良く、清涼感のある味なのでジンがあまり得意でない方でも飲みやすいジン。ボタニカルを豊富に使い、味わいも豊かになっているのでカクテルに使うジンとして人気です。

内容量 750ml
アルコール度数 37.5度
産地 イギリス
ブランド W&Aギルビー社
風味 12種類のボタニカル使用、柑橘系
タイプ ドライ・ジン
第5位

京都で造られるボタニカルの緑茶を使った人気の国産クラフトジン

ジンの元になる蒸留酒は通常は大麦やライ麦、じゃがいもで造られますが、「季の美 京都ドライジン」はお米からつくるライススピリッツです。そのライススピリッツに11種類のボタニカルの香味をつけられています。

このボタニカルも檜、柚子、緑茶 (玉露) 、生姜、笹の葉、山椒などの日本ならでは素材が使われています。珍しい和のテイストのボタニカルが使用されていますが、匠の技で蒸留されるのでそれぞれの素材の香味が活かされ、なおかつまとまりのある味に仕上がっています。玉露と柑橘系の香りが絶妙な「季の美 京都ドライジン」、ぜひともストレートで飲んで欲しいジンです。

内容量 700ml×6本
アルコール度数 45度
産地 日本
ブランド THE KYOTO DISTILLERY
風味 玉露や柚子、檜や山椒など日本ならではの素材
タイプ クラフトジン
第4位

キリンビール株式会社 タンカレー ナンバーテン 750ml

4,695円(税込)

フレッシュな生のフルーツと高品質なボタニカルが織りなす芳醇な香りのプレミアムジン

タンカレーは鮮やかな緑のボトルでジンを代表するブランドです。スタンダードなジンも人気ですが、ナンバーテンはさらに厳選されたプレミアムなジン。スタンダードなタンカレーとナンバーテンの違いは、10番目につくられたオリジナル蒸留機「タイニーテン」を使用していることです。

さらにナンバーテンのボタニカルはフレッシュな果実と厳選されたボタニカルを使用することで、深い香りとエレガントな香味を感じることができます。しっかりとした味わいを楽しみたい方におすすめ。またストレートでも楽しめる高品質なクオリティーです。

内容量 740ml
アルコール度数 47.3度
産地 イギリス
ブランド タンカレー・ゴードン社
風味 フレッシュな生のフルーツや手摘みのボタニカル等の厳選された素材を使用
タイプ ドライ・ジン
第3位

バカルディジャパン株式会社 ボンベイ・サファイア [ ジン 750ml ]

1,458円(税込)

1761年から続く厳選されたボタニカルでつくられる洗練された味わいのジン

ボンベイ社の「ボンベイ・サファイア」は何と言っても鮮やかなブルーのボトルが特徴的な見た目もおしゃれなジン。もちろん見た目だけではなく使われているボタニカルは厳選されたものを使い、ヴェイパー・インフュージョン製法という独特の製法で作られ、洗練された味わいが楽しめます。

世界から厳選されて集められたボタニカルを使用し、ボンベイ社独自の蒸留方法をすることによって香りが深く、華やかで複雑な味わいを楽しむことができます。

内容量 750ml
アルコール度数 47度
産地 イングランド
ブランド BOMBAY SAPPHIRE(ボンベイ・サファイア)
風味 世界各国から厳選して集められた10種類のボタニカルを使用、深く華やかな香り
タイプ ドライ・ジン
第2位

サントリー ビーフィーター ジン40度 [ 700ml ]

899円(税込)

秘伝のレシピからつくられ芳醇な香りで鋭い切れ味のジン

「ビーフィーター ジン」はジンの中でも代表格といわれているジン。使われている蒸留酒は最高品質なものであり鋭く力強くもあります。そんな蒸留酒にボタニカルをオリジナルレシピでブレンドすることによって芳醇な香りを醸し出し、個性的で華やかな味を楽しめます。

ほのかに香る個性的な味はジン好きにはとても好評ですが、ジンが苦手な方にはくせが強く感じてしまうかもしれません。カクテルで飲んでも美味しいジンなので初心者の方はぜひともカクテルでお楽しみください。

内容量 700ml
アルコール度数 40度
産地 イングランド
ブランド BEEFEATER(ビーフィーター)
風味 爽やかな柑橘系
タイプ ドライ・ジン
第1位

キリンビール株式会社 タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 [ ジン 750ml ]

1,389円(税込)

ジンの代表格とも言える高品質なジン

タンカレーはジンの代表格としてとても人気のあるジンです。4回もの蒸留を入念にされることで洗練された味になり、厳選されたボタニカルが醸し出すしっかりとした味わいと風味に衝撃を受けます。

シトラス系で豊かな香りのその味は「ジンのロールスロイス」などともいわれています。繊細で淡麗なその味わいはベースジンとしてカクテルに使われることも多く、味の組み合わせがしやすいのも特徴です。アメリカの大統領のジョン・F・ケネディも愛したといわれる高品質なプレミアムジンを一度試してみてください。

内容量 750ml
アルコール度数 48度
産地 イギリス
ブランド Tanqueray(タンカレー)
風味 ジュニパーベリー香とシトラス系の爽やかな香り
タイプ ドライ・ジン

ジン のおすすめ比較一覧表

商品画像
キリンビール株式会社 タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 [ ジン 750ml ] B0032CXFZA 1枚目
サントリー ビーフィーター ジン40度 [ 700ml ] B001TYZWKY 1枚目
バカルディジャパン株式会社 ボンベイ・サファイア [ ジン 750ml ] B001TP3GCE 1枚目
キリンビール株式会社 タンカレー ナンバーテン 750ml B073P7987X 1枚目
季の美 京都ドライジン B01LY0P2Q1 1枚目
キリンビール株式会社 ギルビー ジン 37.5度 750ml B001TZ7O68 1枚目
キリンビール株式会社 ゴードン ロンドン ドライジン 37.5% 700ml B06WVL9H4D 1枚目
ニッカウィスキー ウィルキンソン・ジン B073P7ZLSH 1枚目
サントリー ドライジン エクストラ  B001TZ7EHM 1枚目
ペルノリカール モンキー 47 ドライ・ジン B008JAAT5Y 1枚目
商品名 キリンビール株式会社 タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 [ ジン 750ml ] サントリー ビーフィーター ジン40度 [ 700ml ] バカルディジャパン株式会社 ボンベイ・サファイア [ ジン 750ml ] キリンビール株式会社 タンカレー ナンバーテン 750ml 季の美 京都ドライジン キリンビール株式会社 ギルビー ジン 37.5度 750ml キリンビール株式会社 ゴードン ロンドン ドライジン 37.5% 700ml ニッカウィスキー ウィルキンソン・ジン サントリー ドライジン エクストラ ペルノリカール モンキー 47 ドライ・ジン
特徴 ジンの代表格とも言える高品質なジン 秘伝のレシピからつくられ芳醇な香りで鋭い切れ味のジン 1761年から続く厳選されたボタニカルでつくられる洗練された味わいのジン フレッシュな生のフルーツと高品質なボタニカルが織りなす芳醇な香りのプレミアムジン 京都で造られるボタニカルの緑茶を使った人気の国産クラフトジン ギルビー家秘伝のレシピで造られた100年以上の歴史のあるジン 伝統的な製法を守り続けたゴードン社、ジン本来の味が楽しめるジン 10種類のハーブを使用、初心者向けでお求めやすいジン コスパも良くて味も美味しい、安心して飲める馴染みのあるジン 47種類のボタニカル、世界有数の蒸留技術で製法されたプレミアムなジン
価格 1,389円(税込) 899円(税込) 1,458円(税込) 4,695円(税込) 5,000円(税込) 916円(税込) 1,125円(税込) 806円(税込) 920円(税込) 4,980円(税込)
内容量 750ml 700ml 750ml 740ml 700ml×6本 750ml 700ml 720ml 720ml 500ml
アルコール度数 48度 40度 47度 47.3度 45度 37.5度 37.5度 47.5度 40度 47度
産地 イギリス イングランド イングランド イギリス 日本 イギリス イギリス 日本 日本 ドイツ
ブランド Tanqueray(タンカレー) BEEFEATER(ビーフィーター) BOMBAY SAPPHIRE(ボンベイ・サファイア) タンカレー・ゴードン社 THE KYOTO DISTILLERY W&Aギルビー社 Tanqueray(タンカレー) ニッカウィスキー サントリー モンキー47
風味 ジュニパーベリー香とシトラス系の爽やかな香り 爽やかな柑橘系 世界各国から厳選して集められた10種類のボタニカルを使用、深く華やかな香り フレッシュな生のフルーツや手摘みのボタニカル等の厳選された素材を使用 玉露や柚子、檜や山椒など日本ならではの素材 12種類のボタニカル使用、柑橘系 ジュニパー・ベリーとコリアンダーを使用 10種類のハーブ ジュニパーベリー、オレンジピールを初めとする7種類の草根木皮 ジュニパーベリー、クランベリー、エルダーフラワー
タイプ ドライ・ジン ドライ・ジン ドライ・ジン ドライ・ジン クラフトジン ドライ・ジン ドライ・ジン ドライ・ジン ドライ・ジン ドライ・ジン
商品リンク

ジンのおすすめまとめ

カクテルでもさまざな味が楽しめ、ストレートやロックでも楽しむことができるジン。使われるボタニカルやブランドごとの製法によって風味も大きく変わり、自分好みの味を見つけるのも楽しめます。

すっきりとした味わいのジンは濃いめの味のおつまみと大変よく合います。この記事で紹介したジンの選び方や人気ランキングを参考にしてぜひ自分好みのジンを見つけてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ジン
のおすすめ関連記事をもっと見る