エギングロッドのおすすめ厳選人気ランキング10選

【最新版】エギングロッドの厳選10アイテムのおすすめ人気ランキング。エギングロッドの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのエギングロッドをランキング形式でご紹介。
arisa909

餌木』を使い堤防で楽しめるルアー釣り『エギング』。主にアオリイカを釣るエギングは、場所や時期によって必要なコツが変わるその奥深さから夢中になる人の多い釣法の1つです。

その成果の鍵を握る『エギングロッド』。できれば自分にぴったりの最良品を選びたいという方も多いはず。

この記事ではそんな方々のために、エギングロッドのおすすめの選び方から使い方・手入れ方法まで丁寧に解説していきます。おすすめの商品ランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのエギングロッドの選び方

エギングロッド おすすめ 選び方

長さで選ぶ

エギングロッドを選ぶ際、1番重要なポイントは『長さ』です。餌木を本物の餌に見せるためにしゃくる動作を繰り返すエギングでは、扱いやすいものを選ぶことが必須です。

長いロッドの方が飛距離は出ますが、その分扱いづらくなりますし、一方で短いロッドを選んでしまうと、飛距離が出ず獲物となるイカを狙いづらくなります。

初心者の方におすすめの長さ

エギングでは細かくしゃくる動きを繰り返すため、扱いやすい長さを選ぶことがポイントです。

エギングの初心者は、8.3ft (約2.52m)〜8.6ft (約2.59m)を基準にすると、飛距離が出しやすさと扱いやすさのバランスが取れるのでおすすめです。

この長さの中であれば、その差はたった7cmで、飛距離や重さはほとんど変わらないため、自分の腕の長さにあわせて選ぶと長く使えるでしょう。

重さで選ぶ

2つ目のポイントは『重さ』です。先に説明した通り、エギングは細かくしゃくる動きを繰り返すのが特徴です。

しゃくる動きを続けるには軽さがポイントで、重いロッドを選べば選ぶほど、しゃくるときに腕や体に負担がかかります。

あなたの経験や性別、筋力、体力などによっても変わりますが、まず最初の1本目には軽いものを選ぶようにしましょう。

硬さで選ぶ

3つ目のポイントは『硬さ』です。エギングロッドの硬さは、硬い順に『H (ヘビー)』、『MH (ミディアムヘビー)』、『M (ミディアム)』、『ML (ミディアムライト)』、『L (ライト)』と記載されています。

硬さはパワーにもつながるため、釣りたいサイズや釣り方によって随時変えましょう。やわらかいものでは、大きなサイズのイカを釣り上げることはできず、逆に硬いものでは大きなサイズを狙える反面、アタリがとりづらくなります。

エギング初心者は、バランスをとってM (ミディアム)を選ぶのがおすすめです。

感度で選ぶ

4つ目のポイントは『感度』です。魚に比べてアタリのわかりづらいイカを狙うエギングでは、感度が重要です。せっかくのアタリに気づけずに、獲物を逃してしまっては元も子もありません。

感度のよいエギングロッドを選ぶと、潮の動き・イカの動き・餌木の動きといった、釣果に大きく関係する要素がわかりやすくなります。はじめてエギングに挑戦する人は、感度のよいロッドを選びましょう。

エギングロッドの使い方

陸でのエギング

陸でのエギングでは、足場のよい漁港や堤防だけでなく、岩場や砂浜からも狙えます。動作としては、ロッドを投げ入れて、餌木をしゃくる動作を繰り返すことで獲物であるイカを狙います。

しゃくる動作にも、基本となる2回しゃくって餌木を着低させる『2段しゃくり』、水深のあるところで使える数回しゃくって着低させる『多段しゃくり』、底にいるイカを狙える1回しゃくって着低させる『1段しゃくり』とさまざまな方法があります。

基本的なしゃくり方

基本のしゃくり方となる『2段しゃくり』のやり方をご紹介します。

・ロッドを投げ入れて着底
・その後、餌木の頭を上に向けるイメージで軽くロッドを引き上げる
・引き上げたあとすぐに、少し下げるイメージで落とし、次は力強く持ち上げる

以上の工程を2回繰り返すのが2段しゃくりです。1回目のしゃくりで餌木の頭を上に向かせ、2回目のしゃくりで餌木を跳ね上げるようなイメージです。

海上でのティップランエギング

ボートなどに乗って海上からイカを狙うティップランエギングでは、その名の通りティップ (竿先)ラン (走らせる)ことでイカを釣り上げる釣り方です。

ティップランエギングでは、餌木自体を少し重く、ロッドは少し短く、竿先が見やすいものを使うなどの工夫をするとより楽しめるでしょう。

ティップランエギングの基本

海上からイカを狙うティップランエギングでは、潮の流れで餌木を自然に走らせることがポイントです。

まずは餌木を海中に落として着底させます。海底に餌木が着いたのを確認したら、すぐに餌木をしゃくって海底から上げます。

そのあと3〜4回連続してしゃくったら、そのまま海底と水平になるイメージで固定。ボートが潮の流れで動くのにあわせて、餌木も潮の流れに乗せて走らせます。アタリがきたら、素早くイカに合わせて釣り上げましょう。

このとき合わせが遅れると、イカが餌木を離してしまうので、しっかり合わせるのがティップランエギングでは重要です。

エギングロッドの手入れ方法

せっかくエギングロッドを購入しても、手入れをしないと、錆や劣化で傷んでしまいます。

せっかくお気に入りの1本を見つけてエギングを楽しんでいる矢先に、ロッドが傷んでしまったらショックでしょう。長く楽しむためにも、エギングを楽しんだあとは手入れをするのが重要です。

タックルの手入れの基本

海で行うエギング。海水に含まれる塩がエギングロッドにも付着していますので、それをそのまま放置すると、金属部分から錆びてしまいます。

エギングを楽しんだあとは、ロッドを水洗いしましょう。できれば金属部分は歯ブラシなどで塩を落とすのがおすすめです。

もし水洗いも面倒という方は、ロッドをお湯につけて塩抜きしてしまいましょう。ただしこの場合、グリップはお湯につける痛みやすくなてしまいますので注意しましょう。

エギングロッド のおすすめ人気比較ランキング

第10位

DAIWA (ダイワ) エギングロッド リバティクラブ 862M -

6,725円(税込)

初心者が選ぶならこの1本で決まり!

エギングを広めたメーカーであるDAIWAがビギナー向けに提供するエギングロッド。堤防や漁港からのエギングを想定した専用設計なのでロングキャストが可能で餌木がしゃくりやすくなっています。

餌木の重さとイカとのやり取りを想定したこのロッドはクセもなく初心者でも扱いやすくなっています。長さ8.6ft、硬さM、軽さ140gと使いやすい仕様となっており、初めてエギングに挑戦したいという方におすすめです。

商品メーカー DAIWA (ダイワ)
全長 2.60m
継数 2本
仕舞寸法 135cm
自重 140g
適合エギサイズ 2.5~3.5号
第9位

DAIWA (ダイワ) エギングロッド 8.6ft スピニング エメラルダス アウトガイド 86M -

25,014円(税込)

1日中エギングを楽しめる軽量モデル!リールのセットですぐエギングデビュー

DAIWAがエギング専用のタックルとして立ち上げたブランドが「エメラルダス」。最新のテクノロジーを使い、常に改良されているプレミアムラインです。

ロッド単体で120gと軽量モデルのため、1日中しゃくっていても疲れづらくなっています。エギングに使えるスピニングリールとセットとなっているので別々に買い揃える手間がなく、すぐにエギングを楽しみたい人におすすめです。

商品メーカー DAIWA (ダイワ)
全長 2.59m
継数 2本
仕舞寸法 120cm
自重 250g
適合エギサイズ -
第8位

Major Craft(メジャークラフト) エギングロッド ファーストキャスト -

5,945円(税込)

女性や子どもも使いやすい初心者向けエギングロッド

ルアーロッド専門メーカー「メジャークラフト」が基本を徹底的に追求したライン「ファーストキャスト」のエギングロッドです。心地よい使用感をコンセプトに徹底的に無駄を省いたこの1本は初心者にも扱いやすくなっています。

長さが8ftとなっており、取り回しやすくなっているため女性や子どもがエギングデビューしやすい1本となっています。

商品メーカー Major Craft(メジャークラフト)
全長 2.43m
継数 -
仕舞寸法 -
自重 -
適合エギサイズ 2~3.5号
第7位

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド カリスタ 86M/TZ NANO -

46,133円(税込)

最新技術を採用したメイドインジャパンの高品質な1本

メイドインジャパン品質のロッドメーカー「ヤマガブランクス」の最上級シリーズ「カリスタ」のエギングロッドです。東レの最新技術を採用したNANOブランクは負荷に対して瞬間的に追従し、高い反発力で復元するのでしゃくるときには負荷が少なく、釣り上げる際には素早く浮かせることができます。

そんな「カリスタ」シリーズの中でもスタンダードなモデルの「カリスタ 86M/TZ NANO」。感度のよいこの1本はシリーズの中でも反発力が最大です。自重もたったの99gで追従性能が良いため、しゃくる動作の手首への負担を軽減してくれます。

商品メーカー ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
全長 2.75m
継数 2本
仕舞寸法 132cm
自重 99g
適合エギサイズ 0.6~1号
第6位

DAIWA (ダイワ) エギングロッド リバティクラブ 832M -

6,486円(税込)

8.3ftでエギング入門するならこの1本

DAIWAの初心者向けのシリーズ「リバティクラブ」のエギングロッド。長さが8.3ftのタイプで8.6ftに比べると約8cm短いため、「8.6ftだとちょっと長くて扱いづらいけど8ftまで行くと短すぎる」という人に使いやすい1本です。

硬さがMで中間的なパワーのロッドのため餌木の操作性も高く、扱いやすくなっています。初心者向けのブランドなのでエギングのスタートにはうってつけでしょう。

商品メーカー DAIWA (ダイワ)
全長 2.52m
継数 2本
仕舞寸法 131cm
自重 135g
適合エギサイズ 2.5~3.5号
第5位

DAIWA (ダイワ) エギングロッド スピニング 862MH -

7,465円(税込)

快適に使える初心者でも2本目でも満足できる1本

リバティクラブの中でも最も長さの長い8.6ftでパワーも大きなMHのロッドです。MHで硬めのロッドなので4号サイズの餌木まで対応することができます。

自重が145gと少し重めでパワーがあるロッドになっており、初心者だけでなく2本目のロッドを探している方にもおすすめできる1本です。

商品メーカー DAIWA (ダイワ)
全長 2.60m
継数 2本
仕舞寸法 135cm
自重 145g
適合エギサイズ 2.5~4号
第4位

SHIMANO (シマノ) ソルティーアドバンス エギングロッド S86M -

9,856円(税込)

エギングデビューにおすすめの高コスパの1本

SHIMANOの入門向けのロッドシリーズ「ソルティーアドバンス」のエギングロッド。2019年夏にリニューアルされたばかりで、餌木を鋭く動せるのが特徴です。

また硬さがMのため遠投や大物を狙うことに優れています。手に入れやすい価格に加えて長さが8.6Ftで、自重が97gという軽さなのでエギングデビューを考えている人におすすめの1本です。

商品メーカー SHIMANO (シマノ)
全長 2.59m
継数 2本
仕舞寸法 133.2cm
自重 97g
適合エギサイズ 2.5~4号
第3位

SHIMANO (シマノ) セフィア BB S86ML -

12,605円(税込)

操作性に優れた扱いやすいエギングロッド

SHIMANOのエントリーモデル「セフィアBB」のエギングロッドで初心者におすすめの1本です。ロッドの強化構造にカーボンテープをX状に締め上げた「ハイパワーX」を採用し、投げ入れるキャスト時や釣り上げるまでのファイト時に発生するねじれを抑制してくれます。

ねじれ抑制により不快なブレが軽減されるだけでなく、餌木の操作性も向上した1本です。

商品メーカー SHIMANO (シマノ)
全長 2.59m
継数 2本
仕舞寸法 133cm
自重 104g
適合エギサイズ 1.8~3.8号
第2位

SHIMANO (シマノ) エギングロッド セフィア SS S86M

20,983円(税込)

フィールドやシーズンを問わずに使えるオールラウンドモデル

SHIMANOから発売されているフィールドやシーズンを問わずに使えるエギングロッド。基本構造にカーボンテープを逆方向斜めに密巻きしてあるロッドは高いねじり剛性とつぶれ剛性をほこる「スパイラルX」を採用しており、全身がムチのようにしなります。

また自重も99gと軽いため、しゃくりの動作による体への負担を少なくしてくれます。

商品メーカー SHIMANO (シマノ)
全長 2.59m
継数 2本
仕舞寸法 133cm
自重 99g
適合エギサイズ 2~4号
第1位

アブガルシア(Abu Garcia) エギングロッド スピニング ソルティースタイル STES-862M-KR.

10,281円(税込)

オールシーズン使える万能モデル

スウェーデンの総合釣り具メーカー「アブガルシア」のエギングロッドです。感度と軽さを追求した「ソルティースタイル」となっており、遠投が必要なシチュエーションや堤防や磯場などのポイントでの使用などいろんな場面で使える万能なモデルです。

また独自のXカーボンテープラッピングで、ロッドのねじり防止効果があります。軽い力でも餌木を自然に動かせる取り回しの良さだけでなく、感度もよくイカのアタリを俊敏に感知可能です。

商品メーカー アブガルシア(Abu Garcia)
全長 -
継数 -
仕舞寸法 132cm
自重 127g
適合エギサイズ 3-4号

エギングロッド のおすすめ比較一覧表

商品画像
アブガルシア(Abu Garcia) エギングロッド スピニング ソルティースタイル B0721WVRJV 1枚目
SHIMANO (シマノ) エギングロッド セフィア SS S86M B07V4GVPDL 1枚目
SHIMANO (シマノ) セフィア BB S86ML B07D9XLHVY 1枚目
SHIMANO (シマノ) ソルティーアドバンス エギングロッド S86M B07TZNRMKK 1枚目
DAIWA (ダイワ) エギングロッド スピニング 862MH B00386A2E2 1枚目
DAIWA (ダイワ) エギングロッド  リバティクラブ  832M B003864FVS 1枚目
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド カリスタ 86M/TZ NANO B014TCSZN8 1枚目
Major Craft(メジャークラフト) エギングロッド ファーストキャスト  B016PY1G48 1枚目
DAIWA (ダイワ) エギングロッド 8.6ft  スピニング  エメラルダス アウトガイド 86M B07F2W6Q25 1枚目
DAIWA (ダイワ) エギングロッド リバティクラブ 862M B003UTKR24 1枚目
商品名 アブガルシア(Abu Garcia) エギングロッド スピニング ソルティースタイル SHIMANO (シマノ) エギングロッド セフィア SS S86M SHIMANO (シマノ) セフィア BB S86ML SHIMANO (シマノ) ソルティーアドバンス エギングロッド S86M DAIWA (ダイワ) エギングロッド スピニング 862MH DAIWA (ダイワ) エギングロッド リバティクラブ 832M ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド カリスタ 86M/TZ NANO Major Craft(メジャークラフト) エギングロッド ファーストキャスト DAIWA (ダイワ) エギングロッド 8.6ft スピニング エメラルダス アウトガイド 86M DAIWA (ダイワ) エギングロッド リバティクラブ 862M
型番 STES-862M-KR. - - - - - - - -
特徴 オールシーズン使える万能モデル フィールドやシーズンを問わずに使えるオールラウンドモデル 操作性に優れた扱いやすいエギングロッド エギングデビューにおすすめの高コスパの1本 快適に使える初心者でも2本目でも満足できる1本 8.3ftでエギング入門するならこの1本 最新技術を採用したメイドインジャパンの高品質な1本 女性や子どもも使いやすい初心者向けエギングロッド 1日中エギングを楽しめる軽量モデル!リールのセットですぐエギングデビュー 初心者が選ぶならこの1本で決まり!
価格 10,281円(税込) 20,983円(税込) 12,605円(税込) 9,856円(税込) 7,465円(税込) 6,486円(税込) 46,133円(税込) 5,945円(税込) 25,014円(税込) 6,725円(税込)
商品メーカー アブガルシア(Abu Garcia) SHIMANO (シマノ) SHIMANO (シマノ) SHIMANO (シマノ) DAIWA (ダイワ) DAIWA (ダイワ) ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) Major Craft(メジャークラフト) DAIWA (ダイワ) DAIWA (ダイワ)
全長 - 2.59m 2.59m 2.59m 2.60m 2.52m 2.75m 2.43m 2.59m 2.60m
継数 - 2本 2本 2本 2本 2本 2本 - 2本 2本
仕舞寸法 132cm 133cm 133cm 133.2cm 135cm 131cm 132cm - 120cm 135cm
自重 127g 99g 104g 97g 145g 135g 99g - 250g 140g
適合エギサイズ 3-4号 2~4号 1.8~3.8号 2.5~4号 2.5~4号 2.5~3.5号 0.6~1号 2~3.5号 - 2.5~3.5号
商品リンク

おすすめのエギングロッドまとめ

ここまでエギングロッド10選を紹介してきました。手軽な装備で陸上から行えるエギング。釣り初心者でもその奥深さに魅入られることは間違いありません。

エギングロッドを選ぶポイントは今回ご紹介した、長さ・重さ・硬さ・感度の4つです。まずはあなたのお気に入りの1本を見つけて、釣りに出かけてみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

エギングロッド
のおすすめ関連記事をもっと見る