Philips (フィリップス)製シェーバーのおすすめ人気比較ランキング9選

【最新版】Philips (フィリップス)製シェーバーの人気9アイテムのおすすめ比較ランキング。Philips (フィリップス)製シェーバーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのPhilips (フィリップス)製シェーバーをランキング形式でご紹介。
おすすめStartHome編集部

日本国内において『シェーバー』のシェアが多いのは、PanasonicBRAUN、『Philips』です。メーカーごとに独自の特徴を持っており、その形状や機能は大きく異なっています。それぞれのメーカーが複数の価格帯で製品を販売していますので、どのような選び方をすればよいのか迷ってしまいます。

今回はその中でPhilips製シェーバーについて、特徴や選び方を交えながら解説していきます。おすすめの製品ランキングもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Philips (フィリップス)製シェーバーのおすすめポイント

肌へのやさしさ

Philips』のシェーバーは国内でシェアが高いメーカーの中でも、肌へのやさしさに優れています。髭を剃る際の刃の向きに特徴があり、回転式という周方向に剃りこむ唯一の方式を取っているためです。

肌に密着するような感覚はしっかり剃れているという感覚と、肌のひりつきを抑える効果があり、他のメーカーが採用している引っ張って切るような形では得られない感覚といえます。肌負けしやすい敏感肌の方にはおすすめです。

刃の耐久性

回転式の刃が優れているのは肌へのやさしさだけではありません。回転している内側の刃と外側の刃が当たるようになっており、そのたびに磨かれて切れ味を保ってくれます。

他メーカーの製品の場合には、使用していると刃の切れが悪くなってきたのを感じて定期的に油をさす必要がありますが、Philipsのシェーバーでは必要ありません。使うたびに勝手に切れ味を保ってくれますので、刃の耐久性に関しても十分に優れているといえます。

シェービング時の静音性

シェービング』をする際には、刃部分を回転させるために音が発生します。一人暮らしであれば特に気にしないかもしれませんが、家族と一緒に住んでいて、起床時間が異なる場合には起こさないように気を遣ってしまいますね。

Philipsのシェーバーは髭剃りの際に発生する振動や音がとても小さいので、周りをそれほど気にする必要はありません。タイミングを気にせず使えるのは嬉しいです。

着脱式アタッチメントで使い方の幅が広がる

Philipsのシェーバーは着脱式のアタッチメントを装着することで、『洗顔ブラシ』や『髭スタイラー』などさまざまな機能を体感できます。

このような機能を使うためには必要なアタッチメントさえあれば難しくなく、簡単につけ替えるだけで体感できます。別売りで購入する場合も多いですが、中にはセットになっているものもありますので、気になる方はチェックしましょう。

Philips (フィリップス)製シェーバーはこんな方におすすめ

敏感肌の方

Philipsのは独自性のある回転刃をもつので、肌にやさしく髭を剃っていくことが可能です。そのため、特に敏感肌でカミソリ負けしやすく悩んでいる人に対しておすすめできます。

やさしい剃り味の分深く剃りこむ能力はそれほど高くないため、もし髭が濃く固い場合には剃り残しがなくなるまでにある程度時間がかかってしまうことを覚悟しましょう。

剃り残しが出やすい方

髭がやわらかく剃り残しが出やすい方にとっても、回転式のシェーバーはよい効果をもたらしてくれるかもしれません。引っ張って切るタイプの場合には、やわらかい髭をしっかりと切れない可能性があるため、可動できるヘッドで髭をキャッチできる回転式シェーバーがおすすめです。

剃り残しが多いという点で顔の凹凸が大きめの人も、他のシェーバーではうまく密着させられない部分にしっかり密着できるため、しっかりと剃り切れます。

おすすめPhilips (フィリップス)製シェーバーの選び方

スペック・シリーズで選ぶ

最高スペックの9000シリーズ

回転式は肌にやさしく、可動式のヘッドによって剃り残しを失くしていけますが、深剃りをしにくい点はデメリットといえます。しかし、現行発売されているモデルの中でも最上位クラスである『9000シリーズ』は、肌へのやさしさはそのままに深剃りも両立できる最高クラスのスペックを兼ね備えています。

付属品や自動洗浄機能なども充実しているため、毎日の手入れも面倒ではなく、朝の短い準備時間を有効活用できるので、値段が高くても満足できます。

敏感肌の方におすすめの7000シリーズ

最上級の9000シリーズが予算的に厳しい場合には、『7000シリーズ』も有力な選択肢になります。肌へのやさしさに対して強いこだわりを持って開発されているため、敏感肌の方で髭剃りによってダメージを受け、荒れてしまう人に対してはおすすめの製品です。

エントリーモデルの5000シリーズ

特別敏感肌でカミソリ負けを経験してるわけでもないけれど、変わった形状や特徴を持っているPhilipsを一度試してみたいと思っている人には、エントリーモデルの『5000シリーズ』がおすすめです。

リーズナブルな価格設定で、回転式の刃による肌へのやさしさと剃り味を試せますし、ラインナップがもっとも豊富なシリーズなので、自分に合った製品を見つけられれば高グレードの製品よりも満足度は高いかもしれません。

旧モデル

よりコストパフォーマンスを追い求めて、現行製品ではなくセールになっている『旧モデル』を購入するのもおすすめです。ただし購入する場合には使用期間やメンテナンス性も踏まえた検討が必要になります。

本体よりも先に替刃を交換するタイミングが来ますが、替刃はいつまで販売されているのか、保証はきちんと対応してもらえるのか、などさまざまな心配点が出てきます。特に気にしないのであれば購入するのもよいですが、できれば現行製品をおすすめします。

自動洗浄機で選ぶ

シェーバーは毎日使用するものですが、定期的に適切なメンテナンスをしないと刃がさびて切れ味や性能が悪化してしまう可能性があります。本体の手洗いや刃の交換が簡単にできるのであれば、面倒に感じることも少なくなるでしょう。

Philipsは自動で刃を研いでくれる構造になっている点も魅力的です。上位シリーズには『自動洗浄機』もついていますので、うまく活用しましょう。

ウェットシェービング対応で選ぶ

普通に洗面所でシェービングするだけではなく、入浴する際に浴室でシェービングする人もいます。そんな時に気になるのは、防水性は十分なのかという点や、ずいぶんがついていてもきちんと剃れるのかという点です。

最近発売されている機器は、『ウェットシェービング対応』となっており、シェービングジェルやクリームと合わせて使うことできれいに剃れることでしょう。

ヘッド部分で選ぶ

Philipsのシェーバーが持つ特徴の1つであるやさしい剃り味は、独自のデザインをした『ヘッド部分』によって実現されています。でこぼこに合わせたり、やわらかい肌にしっかりと密着するようにヘッド部分が動きますので、効率的にシェービングできます。

何度もシェーバーを往復させなくてもきちんと髭にアプローチできるので、特に普段から剃り残しが気になる人にとっては、Philipsの独自性がある可動式のヘッドはおすすめです。

急速充電対応で選ぶ

一般的にはシェーバーはほとんどが充電をしながら使用することができなくなっています。通常は毎日使用したら充電しておくので問題ありませんが、つい充電を忘れてしまっていて、朝起きたら充電がなくなっていたとなった場合には困ってしまいます。

急速充電に対応しているシェーバーを選んでいれば、仮に朝起きてから充電を始めたとしても、支度を終えて出発する前には1回分程度充電が完了し、問題なく髭を剃ってから出かけられます。

Philips (フィリップス)製シェーバー のおすすめ人気比較ランキング

第9位

Philips (フィリップス) アクアタッチ AT890A

12,200円(税込)

お風呂シェービング可能なカミソリよりやさしいシェーバー

アクアタッチはその名の通り、お風呂でのシェービングが可能で、泡のシェービングフォームやジェルをつけてもしっかり剃れます。

本体を丸洗いできるので、剃った髭の処理を簡単にできる点も大きいです。

重量 182g
電源方式 充電式
カラー ブルーブラック
サイズ 5.9 × 7.4 ×15.6cm
水洗い 可能
充電時間 1時間
第8位

Philips (フィリップス) 5000シリーズ S5050/05

5,480円(税込)

エントリーモデルながらもやさしい剃り味でお風呂シェービングも可能

5000シリーズはPhilipsのシェーバーの中でも入門モデルです。

しっかり髭を剃っていく深剃りと敏感肌でもカミソリ負けしないやさしさを両立するヘッドを搭載。

可動式のヘッドは、顔の凹凸や肌のやわらかさに対してもしっかりと密着してくれます。

重量 172 g
電源方式 充電式
カラー ブルーブラック
サイズ -
水洗い 可能
充電時間 8時間
第7位

Philips (フィリップス) 5000シリーズ S5072/06

6,162円(税込)

エントリーモデルの5000シリーズにトリマーがついたお得なセット

5000シリーズはエントリーモデルのため、複数のラインナップが用意されています。

本体自体は基本的に通常の5000シリーズと同様で、エントリーモデルながら肌触りのやさしさに加えて完全水洗いや浴室でのシェービングに対応しています。

この製品はトリマーがセットになっており、トリマーはヘッドの部分をアタッチメントとして簡単に取り換えられ、髭やもみあげの最後の調整を丁寧に行えるため、こだわりがある人におすすめです。

重量 170g
電源方式 充電式
カラー シルバー、ブラック
サイズ 16.4 × 6.1 × 6.7cm
水洗い 可能
充電時間 1時間
第6位

Philips (フィリップス) ポータブルシェーバー HQ56/51

3,654円(税込)

電池式のポータブルシェーバーでも独自のやさしさは健在

Philipsからは充電ができなくても乾電池で稼働するタイプのポータブルシェーバーも発売されています。

この製品は本体だけでなく、3枚の替刃がセットになっているお得な製品で、特に充電できないような場所に長期間滞在する場合にはとても重宝する製品です。

特徴的な3つの刃がついているデザインとは異なりますが、Philips独自の回転式の刃は健在で、ポータブルであったとしてもやさしい剃り心地を実現しています。

重量 -
電源方式 乾電池式
カラー ブラック
サイズ -
水洗い -
充電時間 -
第5位

Philips (フィリップス) 7000シリーズ S7910/16

17,427円(税込)

機能と価格のバランスに優れたこだわりの電気シェーバー

Philipsの7000シリーズはエントリーモデルの5000シリーズと比較すると価格が上がりますが、その分機能もアップグレードされていて、満足度の高い製品といえます。

ジェントルプレジション刃は敏感な肌の方でもやさしく深剃りすることができ、髭の濃さに合わせてパワーを自動的に調節してくれるため、不要に肌が傷ついたり、やさしすぎてしっかり剃れないということもありません。

アプリと連動することでより自分に合ったシェービングを実現できます。

重量 508 g
電源方式 充電式
カラー シルバー
サイズ 6 x 16.4 x 6.3 cm
水洗い 可能
充電時間 1時間
第4位

Philips (フィリップス) アクアタッチ AT891A

6,732円(税込)

人気が持続し続けているアクアタッチの旧モデル

本製品は2013年とかなり前に発売されているアクアタッチの旧モデルですが、その性能の高さからいまだに人気が続いている製品です。

保障期間も購入から2年が宣言されていますので、古いモデルだったとしても安心して使用できます。

長年の販売実績にもとづくカスタマーレビューも非常に良好で、クリーニング用のブラシが付属していますのでメンテナンス性も優れています。

最新モデルの方が機能が優れている場合がほとんどですが、場合によっては旧モデルの方がコストパフォーマンスが良い場合もありますので、状況に合わせて選択しましょう。

重量 182g
電源方式 充電式
カラー シルバー
サイズ 5.9 × 7.4 × 15.6cm
水洗い 可能
充電時間 1時間
第3位

Philips (フィリップス) 7000シリーズ S7560/26

24,127円(税込)

皮膚科医も認めた敏感肌の人におすすめの7000シリーズ

Philipsの7000シリーズは敏感肌の人向けに開発した技術を織り込んでおり、ジェントルプレジションプロ刃がしっかりとカットし、シェービングヘッドの表面で肌が傷つかないように、マイクロビーズコーティングによって肌とヘッドとの摩擦を低減しています。

その効果は皮膚科医も認めているほど優れており、ヘッドは5方向に可動するので肌の凹凸に密着してしっかりと髭を剃ってくれます。

お風呂でのシェービングや本体丸ごと水洗いもできる魅力的な製品です。

重量 1.32 Kg
電源方式 充電式
カラー シルバー
サイズ -
水洗い 可能
充電時間 1時間
第2位

Philips (フィリップス) 9000シリーズ S9551/26

21,600円(税込)

好みの剃り味を実現できる機能が搭載されたPhilipsのフラッグシップ

Philipsシリーズの中でもっとも多機能な9000シリーズの旧モデルです。

しかし旧モデルとは思えないほどの性能で、8方向に可動できるヘッドで輪郭を検知し、ダブルVトラック刃で内刃と外刃が髭を挟み込むことでしっかりと深剃りを実現してくれます。

パーソナルコンフォート機能も搭載されており、スーパーリフトカットでは髭を引き上げてしっかりと切ってくれます。

重量 168 g
電源方式 充電式
カラー ブラック
サイズ 16.4 × 5.9 × 7.0cm
水洗い 可能
充電時間 1時間
第1位

Philips (フィリップス) アクアタッチ AT791/16

5,275円(税込)

リーズナブルで最低限の機能を搭載したアクアタッチ

Philipsのアクアタッチはお風呂でのシェービングにおいてジェルやシェービングフォームと一緒に使用できる製品で、特に肌にやさしい剃り味を実現しています。

Philipsシリーズの中でもリーズナブルで、最低限の機能があれば十分という人にとっては、コストパフォーマンスに優れた逸品になるでしょう。

2年保証もついていますし、完全防水なので本体の水洗いもまったく問題ありません。

重量 174 g
電源方式 充電式
カラー ブラック
サイズ 15.6 × 5.9 × 7.4cm
水洗い 可能
充電時間 8時間

Philips (フィリップス)製シェーバー のおすすめ比較一覧表

商品画像
Philips (フィリップス) アクアタッチ AT791/16 B01LA92RXM 1枚目
Philips (フィリップス) 9000シリーズ  S9551/26 B01JS85L4Y 1枚目
Philips (フィリップス) 7000シリーズ S7560/26  B07RSY6JBG 1枚目
Philips (フィリップス) アクアタッチ AT891A B00EI7DCNI 1枚目
Philips (フィリップス) 7000シリーズ  S7910/16 B07T7PHSG7 1枚目
Philips (フィリップス) ポータブルシェーバー HQ56/51 B07G539GZC 1枚目
Philips (フィリップス) 5000シリーズ  S5072/06 B01JS85T8M 1枚目
Philips (フィリップス) 5000シリーズ  S5050/05 B073XFGC7K 1枚目
Philips (フィリップス) アクアタッチ  AT890A B00F36X7WY 1枚目
商品名 Philips (フィリップス) アクアタッチ AT791/16 Philips (フィリップス) 9000シリーズ S9551/26 Philips (フィリップス) 7000シリーズ S7560/26 Philips (フィリップス) アクアタッチ AT891A Philips (フィリップス) 7000シリーズ S7910/16 Philips (フィリップス) ポータブルシェーバー HQ56/51 Philips (フィリップス) 5000シリーズ S5072/06 Philips (フィリップス) 5000シリーズ S5050/05 Philips (フィリップス) アクアタッチ AT890A
特徴 リーズナブルで最低限の機能を搭載したアクアタッチ 好みの剃り味を実現できる機能が搭載されたPhilipsのフラッグシップ 皮膚科医も認めた敏感肌の人におすすめの7000シリーズ 人気が持続し続けているアクアタッチの旧モデル 機能と価格のバランスに優れたこだわりの電気シェーバー 電池式のポータブルシェーバーでも独自のやさしさは健在 エントリーモデルの5000シリーズにトリマーがついたお得なセット エントリーモデルながらもやさしい剃り味でお風呂シェービングも可能 お風呂シェービング可能なカミソリよりやさしいシェーバー
価格 5,275円(税込) 21,600円(税込) 24,127円(税込) 6,732円(税込) 17,427円(税込) 3,654円(税込) 6,162円(税込) 5,480円(税込) 12,200円(税込)
重量 174 g 168 g 1.32 Kg 182g 508 g - 170g 172 g 182g
電源方式 充電式 充電式 充電式 充電式 充電式 乾電池式 充電式 充電式 充電式
カラー ブラック ブラック シルバー シルバー シルバー ブラック シルバー、ブラック ブルーブラック ブルーブラック
サイズ 15.6 × 5.9 × 7.4cm 16.4 × 5.9 × 7.0cm - 5.9 × 7.4 × 15.6cm 6 x 16.4 x 6.3 cm - 16.4 × 6.1 × 6.7cm - 5.9 × 7.4 ×15.6cm
水洗い 可能 可能 可能 可能 可能 - 可能 可能 可能
充電時間 8時間 1時間 1時間 1時間 1時間 - 1時間 8時間 1時間
商品リンク

Philips (フィリップス)製シェーバーおすすめのまとめ

一言でPhilipsのシェーバーといってもラインナップは豊富でそれぞれ特徴があるため、どれを選んだらよいのか迷ってしまいます。ただどのシェーバーにも共通しているのは、シェービングによって利用者の肌が傷つかないような工夫を施しているという点です。

後は使用者自身の肌の状態や髭の硬さ、使うタイミング、予算などによってどの製品が合っているのかは変わってきますので、ぜひ今回ご紹介したランキングを参考にしてみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

Philips (フィリップス)製シェーバー
のおすすめ関連記事をもっと見る