化粧下地のおすすめ人気比較ランキング10選

【最新版】化粧下地の人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。化粧下地の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの化粧下地をランキング形式でご紹介。
mano

肌の色味を均一に整えて、きれいな肌を演出してくれる化粧下地ですが、プチプラのものやデパコスの高級なものまでいろいろな商品があり選ぶのも難しいでしょう。

メイクの土台となる下地を自分に合った適切なものに変えるだけで、肌へのダメージを軽減でき、化粧ノリも良くなります。

この記事では乾燥肌向け敏感肌向けツヤ肌になる商品やテカリを抑えられる商品までさまざまなタイプの化粧下地をおすすめの選び方と一緒にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

化粧下地とは

化粧下地 おすすめ 化粧下地とは

化粧下地』とは、ファンデーションを塗る前に使用する化粧品のことです。化粧下地を使うことで、ファンデーションのノリが良くなり、肌のシミや毛穴を目立たなくしてくれます。さらに化粧効果だけでなく、肌のダメージを軽減してくれる効果もあり、紫外線や肌の敵である乾燥からあなたを守ってくれるでしょう。

女性は朝自宅を出発して帰宅するまでの間ずっと化粧をしています。特に肌へダメージが大きいファンデーションなど長時間の接触からから、健康な肌を守る化粧下地は非常に大切な化粧品です。

化粧下地の効果・役割

外的刺激からお肌を守ってくれる

化粧下地は乾燥や紫外線などの刺激からお肌を守ってくれる役割も果たしています。現在販売されている化粧下地には紫外線防止効果の高いものも多く、SPF〇〇+、PA++などの表記があります。

SPF

SOFとは、紫外線B波をカットしてくれる効果指数のことで、これが高ければ高いほど肌の赤みや黒化を防いでくれます。日本では50が最高です。

PA

PAとは紫外線A波をカットしてくれる効果指数のことです。紫外線A波は肌のたるみや黒化の原因となるもので、+マークが多ければ多いほど紫外線防止効果が高い商品であるということを示します。

SPFの数値が高く、PAの+マークが多い化粧下地を選ぶのがおすすめです。

肌の色を補正してくれる

自分の肌色が気になる方はコントロールカラーを上手く使ってみましょう。コントロールカラーは肌と反対の色味の化粧下地で肌悩みをカバーしてくれるものです。

いろいろなカラーのものが販売されており、それぞれの色ごとに効果が異なります。自分の悩みを解決してくれる色のものを選びましょう。それぞれの色の効果を説明していきます。

ピンクの下地を使うと肌が血色良く見えます。オレンジはくまやくすみが気になるときに効果的です。イエローも肌のくすみや色ムラを補正してくれ、健康的な肌に見せてくれます。顔の赤らみやニキビが気になる場合にはグリーンを使用するのがおすすめです。ブルーパープルは肌に透明感がほしいときに有効です。

それぞれの悩みによって色を使い分けることで顔に立体感をもたせることもできます。

化粧下地のタイプ

リキッドタイプ

リキッドタイプ』はクリームよりも液体に近い化粧下地です。比較的多くの方が利用している人気のタイプで、汗や皮脂に強く長時間使用していても化粧が崩れるのを防いでくれます。

またメイクをする際も肌に塗りやすく、伸ばしやすいので厚塗り感が出ないことも特徴のひとつ。リキッドタイプの化粧下地の中には保湿成分が含まれているものもあるのでコスメとしてだけでなく、スキンケアとしても肌をサポートしてくれます。

クリームタイプ

リキッドタイプよりもしっかりとした使用感がある『クリームタイプ』の化粧下地は、肌への密着感が強くカバー力が高いことが特徴。毛穴やくすみが気になる方はクリームタイプの使用をおすすめします。しかし塗りすぎてしまうと、厚塗り感が出てしまうので注意してください。

さらに肌のトーンを整えるコントロールカラーとしても使用できるので、肌の色ムラの悩みを解決してくれます。中には美肌効果のあるものも販売されていますので、要チェックです。

ジェルタイプ

ジェルタイプ』は化粧水に似た使用感で塗り心地がよいのが特徴で、一番の魅力はスキンケア効果の高さ。化粧下地として使用しながら肌の保湿やダメージを軽減します。また紫外線から肌を守ってくれるため、夏場でもさっと塗って外出可能です。

またツヤが出ることもジェルタイプの特徴で、メイク後の肌がナチュラルな印象になります。厚塗り感が出ない化粧下地が好みの方はジェルタイプを使用してみてはいかがでしょうか。

ムースタイプ

ムースタイプ』はほかの化粧下地と違い、泡のようなフワッとした使い心地や肌への浸透率の高さが特徴です。毛穴にファンデーションが入るのを防ぎ、ベタつきがなくサラッとした仕上がりになります。

また手で塗った際もムラができにくく、均一に肌に馴染ませるのも簡単です。UVカット対応のムースも登場しているので、肌へのダメージを防ぎたい方にもおすすめです。

化粧下地のおすすめの選び方 -年代別-

化粧下地 おすすめ 選び方

10代

10代』は大人の肌へと変化していく時期で、新陳代謝ももっとも高いです。10代の肌に起こる問題は『皮脂の分泌』。皮脂はホルモンの分泌量が活発になると増えてきますが、10代はホルモンの活動が不安定なので、ときに皮脂が大量に分泌してしまうこともあります。

皮脂が肌に分泌されると、外からの異物の侵入を防いでくれますが、その分肌へのダメージが増加させます。それは皮脂が空気に触れ酸化し、肌へ障害を与える可能性があるからです。ニキビも皮脂の分泌が原因となることがあるので、10代は皮脂対策が重要です。

20代

20代』前半はホルモンのバランスも安定しはじめ、肌のハリやうるおいが最高の状態になる時期です。しかし肌への変化が起こりはじめる20代後半には肌の水分量が減少し、うるおいが徐々になくなっていく人も多いでしょう。

また自分の肌のタイプがはっきりしてくるのもこの時期。乾燥肌なのか脂性肌なのかなど、自分が抱える肌の性質が見えてきますので、スキンケアや化粧下地も自分の肌質にあったものを選んでいく必要があります。

30代

肌の悩みが増えてくる『30代』には毛穴や肌のくすみだけでなく、シワやたるみの問題が出てきます。肌の細胞が入れ替わるターンオーバーの回数が徐々に減り、シミなどが増えることもしばしば。

さらに30代は子育てにしろ仕事にしろ何かと忙しくなってくる時期でもあるので、化粧やスキンケアにたくさんの時間をかけられません。そのため短時間で塗ることができる化粧下地を選ぶのがおすすめです。また肌により馴染むものを選び、小じわによってファンデーションがよれることを防ぐのもポイントです。

40代

ハリがなくなりほうれい線が目立ちはじめる『40代』。全体的に顔がたるんだ印象になってきます。年齢による肌質の低下が気になりはじめるこの時期は、アンチエイジング成分が入った化粧下地がおすすめ。肌の高齢化を防ぎ、全体にうるおいを与えます。

また肌へのダメージもできるだけ防止したいところ。紫外線はもちろん乾燥からも肌を守ってくれる化粧下地を選んでいきましょう。

50代

50代の肌はシワやたるみ、シミなどが顕著に現れてきます。皮膚がたるむことで毛穴を目立たせてしまうことも。またホルモンの分泌量が減少し、肌がもつ皮脂や水分が分泌されなくなってきます。そのため乾燥やハリのなさに悩む人も少なくありません。

肌へのダメージも大きく受けてしまうので、50代の方こそ化粧下地が重要。乾燥や紫外線から守るものを選びましょう。またシワが目立ちにくくなるよう肌に馴染みやすいものを使用したり、保湿成分があるものを選んだりするのがおすすめです。

化粧下地のおすすめの選び方 -肌質別-

化粧下地 おすすめ 肌質別

普通肌

乾燥や油分量による悩みがない方は『普通肌』になります。普通肌の方は基本的にどの化粧下地を使用してもOKです。ただ保湿と紫外線防止に注意しましょう。保湿はどの肌質の方でも気にする必要がありますし、肌の調子を整え、ファンデーションのノリをよくしてくれる効果もあります。

また紫外線対策も重要。肌の悩みがないといっても今後乾燥肌や脂性肌になる可能性は十分あります。それを極力避けるためにも肌へのダメージを低減する化粧下地を選びましょう。

脂性肌

皮脂量に悩む『脂性肌』の方は、テカらない化粧下地を選ぶのがポイントです。肌にテカリ出てきても下地から化粧直しをするのは大変なので、朝のメイクでテカリを防げるようにしましょう。

テカリを防いでくれる成分である「シクロペンタシロキサン」・「シクロメチコン」・「ジメチコン」が配合されている商品がおすすめ。これらの成分は耐水性もあり、皮脂崩れにも強くなっています。

皮脂に吸着し夕方までテカリが出ないようにカバーしてくれる商品も販売されているので、脂性肌の方はぜひ探してみてください。

乾燥肌

肌が乾燥しているとファンデーションがキレイにノらないことがありませんか。そんな『乾燥肌』にお悩みの方は保湿力が高く、自然なツヤを演出してくれる化粧下地を選ぶのがおすすめ。肌に水分を与えることで、ハリとうるおいを保ち、ファンデーションが全体に馴染みやすくなります。

水っぽいものというよりかは、仕上がりの質感に潤いのあるクリームタイプがおすすめです。しかし伸ばしにくいものを使用していると肌を何回もこすることになってしまうので、肌にストレスを与えてしまいます。乾燥肌の方は保湿力と塗りやすさを基準に選ぶのがベストです。

ただし商品によっては肌の保湿を重視しているため、ベタついた感じが気になるものもあります。ベタついた肌触りが、心地よく感じない方には、保湿力もありベタつきを抑えられた「アルガンオイル」・「ローズヒップ油」・「カモミールエキス」などが配合されている商品がおすすめです。

混合肌

頬は乾燥するけど、額や鼻はテカってしまうという方は『混合肌』。部分的な化粧崩れやムラが起きてしまうので下地選びは大切です。おすすめは化粧が長持ちする『ロングラスティング効果』があるもの。全体に馴染ませることで、毛穴を均一に整えムラをなくします。

また『部分用下地』を使うのもよいかも知れません。部分的な乾燥やテカリを抑え、夕方になっても化粧の崩れを防いでくれます。

敏感肌

敏感肌の方は化粧下地自体が肌に合わず、かさついてしまったり、かぶれてしまったりすることがあります。自分に合った商品を慎重に選びましょう。

敏感肌の方がまず化粧下地選びで最初に見るべきなのが、敏感肌の人を考慮して作られているか、低刺激のものであるかということです。敏感肌の人に向けて作られた商品は肌荒れやアレルギーを引き起こす原因の成分をできるだけ使わないようにして作られています。

ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分が入っている保湿力の高い商品を選ぶこともおすすめで、乾燥による肌荒れを防いでくれます。

イチゴ肌

毛穴の開きが気になる方は、毛穴のカバーに特化しているポアプライマーという化粧下地を使いましょう。ポアプライマーはきっちり毛穴を隠して肌の凹凸を均一に整えてくれます。開き毛穴やたるみ毛穴が気になる方にはムース状の商品がおすすめです。

毛穴で悩んでいる方にはラメ入りの化粧下地はおすすめできません。ラメが毛穴に入り込んで、さらに毛穴が気になるようになってしまうからです。毛穴を軽めに隠したいという方にはラメ入り化粧下地もおすすめできます。

ポアプライマーは顔の全部分用と顔の一部分用が売り出されていますが、結論から言うと、カバー力があるのであればどちらのタイプを選んでもかまいません。ただしポアプライマーは、毛穴などの凹凸をカバーする効果だけで、肌の色ムラを補正する効果があるものは少ないです。ポアプライマーと通常の化粧下地をダブルで使うことをおすすめします。

下地選びでおすすめの確認ポイント

崩れにくさ

せっかくきれいに化粧ができても、すぐに落ちてしまうのであれば意味がありません。崩れにくさは化粧下地選びにおいて必ず確認しなくてはならない項目です。

自分の肌とファンデーションの相性の良し悪しによっても化粧崩れの起こりやすさは変わりますが、スキンケアをきちんとすること、下地を均一に薄く伸ばすことに加えて、化粧下地選びで化粧崩れを防ぐこともできます。皮脂固化パウダーやオイルブロック成分を配合している商品を選びましょう。

後ほどご紹介するランキングの中にも化粧崩れが防げるタイプのものをご紹介したのでぜひ参考にしてみて下さい。

伸ばしやすさ

あまりに伸びが悪い化粧下地では、顔全体に下地を伸ばすときに肌にストレスがかかってしまいます。伸びやすさも化粧下地選びでは大切なポイントです。

特に乾燥肌の方は、リキッドタイプやクリームタイプなどの柔らかく伸ばしやすい下地がおすすめです。ジェルタイプやムースタイプの下地はあまり伸びないことが多いので、肌への刺激を最小限に抑えたいときには使用を避けましょう。

保湿力

保湿力のあまりない化粧下地では乾燥して肌がパリパリになってしまったり、ひび割れてきてしまったりすることがあります。コラーゲンやローヤルゼリーエキス、ナイアシンアミドなど保湿効果のある成分を含む化粧下地を選ぶのがおすすめです。

ただし保湿力の高い商品ではべたつきが気になることもあります。べたつきを抑えつつ保湿したい方には「ローズヒップ油」・「アルガンオイル」・「カモミールエキス」など、べたつかない保湿効果のある成分を配合している商品が最適です。

化粧下地の使用期限

未開封の場合

実は化粧下地にも使用期限は存在します。基本的に未開封の化粧下地の場合製造日から3年が使用期限と言われています。

日本の法律では「未開封の状態で3年以上品質が保持される化粧品については、製造日も使用期限も表示しなくてよい」というように決められています。化粧下地には期限や、製造日が記載されているものは少ないです。つまり未開封の状態であれば、3年間は安全に使用できるものが多いということです。

念のためお使いの化粧下地についても確認してみてください。

開封済みの場合

一度開封してしまった化粧下地は、長くとも半年で使い切ることが推奨されています。これは化粧品に空気が触れてしまうことによって酸化が進んでしまうためです。酸化すると、雑菌も繁殖してしまいます。

分離していたり、おかしなニオイがする場合には一刻も早く使用を中止してください。

化粧下地 のおすすめ人気比較ランキング

第10位

SUGAO スノーホイップクリーム ピンクホワイト スノーホワイトパール配合

1,185円(税込)

スノーホワイトパールでナチュラルな透明感!

ロートが販売している「SUGAO スノーホイップクリーム ピンクホワイト」はクリームタイプの化粧下地。ホイップクリームのような柔らかいクリームが肌によく馴染みます。ファンデーションを塗る前にこの下地を使用することで、ワントーン明るい印象に仕上がるでしょう。

スノーホワイトパールを含んでいるので、光を受けると透明感がさらに際立ちます。ソフトフォーカス効果もあるので、シミやそばかす、小じわなどの肌の欠点が目立ちません。ナチュラルで透明感のあるメイクが好きな方におすすめしたい化粧下地です。

UV値 SPF23・PA+++
内容量 25ml
肌質タイプ 全肌質対応
タイプ クリーム
アレルギー検査
第9位

La Roche-Posay 化粧下地 UVイデア XL プロテクショントーンアップ

3,672円(税込)

トーンアップが簡単に!紫外線もがっちりブロック

トーンアップメイクを簡単に実現。肌が受け取る光を乱反射させることで肌が自然と明るくなるトーンアップテクノロジーを採用していて、肌の色ムラやくすみを自然に隠し上品な顔立ちになれます。

紫外線から肌を守ってくれるのもおすすめポイント。肌の老化の原因となるロングUVAからもしっかり防御してくれます。肌が敏感な方も使用しやすい低刺激設計になっていて、肌をバリアする角質をサポート。

しっとりした乳液タイプで保湿効果も高いので、乾燥肌の方におすすめです。

UV値 SPF50+・PA++++
内容量 30ml
肌質タイプ 普通肌・乾燥肌
タイプ 乳液
アレルギー検査
第8位

ORBIS スキンモイスチャーベース SPF28・PA+++ 化粧下地

1,512円(税込)

ひと塗りで濃密なうるおい!スキンケアにも効果的

メイクをしながらスキンケアもしたい方はオルビスが販売している「スキンモイスチャーベース」がおすすめです。美容成分が87%の下地で肌のうるおいを逃がしません。美容成分にはヒアルロン酸とはちみつを採用し、濃密なうるおいを与えます。

下地の色がピンクベージュなので、自然な肌色を表現可能です。くすみが気になる方も全体的に血色感のあるメイクが作れます。大気中のチリやホコリから肌を守る大気汚染物質バリア成分を配合していて、ごくわずかなダメージからもお肌を保護。

スキンケアに力を入れたい方はこちらの下地を使ってみてください。

UV値 SPF28・PA+++
内容量 30ml
肌質タイプ 全肌質対応
タイプ クリーム
アレルギー検査
第7位

KATE プロテクションエキスパート 化粧下地

1,512円(税込)

最高な塗り心地でツヤが出るジェルタイプ下地

コスメ業界大手のカネボウが販売している「プロテクションエキスパート」。半透明にツヤを出すジェルタイプの下地で、塗り心地が良いことが特徴です。肌に伸ばしやすく塗りやすいので、均等に馴染ませることができます。

肌を守ってうるおいを逃がしにくいプロテクション下地を採用しているため、ツヤ感やハリのある肌になるでしょう。SPF50+・PA+++のUVカットでダメージをしっかりブロックでき、大気中のホコリからも肌を守ってくれるので、目に見えないダメージも受けにくくなります。透明感のあるツヤ肌を目指したい方におすすめの下地です。

UV値 SPF50+・PA+++
内容量 30ml
肌質タイプ 全肌質対応
タイプ ジェル
アレルギー検査
第6位

SK-II アトモスフィア CC クリーム SPF50/PA+++ 30g[並行輸入品]

7,779円(税込)

紫外線から肌を守りキメ細やかな仕上がりに

日焼け対策なら「SK-II アトモスフィア CC クリーム SPF50/PA+++ 」がおすすめです。軽い使用感で紫外線から肌を守ります。

使用成分にこだわっていることも魅力のひとつで、ビタミンやアミノ酸、ミネラルを配合したピテラを始め、肌の角層を整えるナイアシンアミドなど肌に嬉しい成分がふんだんに使用されています。

日焼け防止効果のほかにもシミやくすみにも効果があり、キメのある肌を実現。毛穴や肌荒れに悩む方、なめらかな肌を目指したい方はこちらの下地を一度試してみてはいかがでしょうか。

UV値 SPF50・PA+++
内容量 30ml
肌質タイプ 全肌質対応
タイプ リキッド
アレルギー検査
第5位

BRILLIAGE メイクアップベース フェイスレスポンサー/化粧下地/嶋田ちあきプロデュース

4,644円(税込)

メイクアップアーティスト嶋田ちあきさんプロデュース

メイクアップアーティストである嶋田ちあきさんがプロデュースした「メイクアップベース フェイスレスポンサー」。テレビや雑誌でも話題となったこちらの化粧下地は、肌荒れによるくすみや凸凹などの肌悩みをカバーし、自然なツヤを作り出せるのが特徴です。

つけ心地もよくファンデーションのノリがグッとよくなります。薄く広げるだけで、毛穴をカバーし使用後もサラサラとした感触で、肌のうるおいを保ちつつ、サラッとした肌触りが好きな方におすすめです。

UV値 50+・PA++++
内容量 33ml
肌質タイプ 全肌質対応
タイプ リキッド
アレルギー検査
第4位

RMK メイクアップ ベース 30ml

3,120円(税込)

保湿力が高く肌にほどよく浸透する化粧下地

軽いつけ心地が特徴の「RMK メイクアップ ベース」はリキッドタイプの下地です。

乳液のようにみずみずしく肌にほどよく浸透していきます。肌をなめらかな状態に整え、ファンデーションの使用をサポートし、つるんとした肌触りを実現。

保湿効果の高いシルクエッセンスとシアバターを使用し、乾燥しがちな肌にもしっかりうるおいを与えます。使いやすいポンプタイプでメイク作業がスムーズに進むでしょう。

デザインもおしゃれなので、メイクのモチベーションも上げてくれること間違いなしです。

UV値 -
内容量 30ml
肌質タイプ 全肌質対応
タイプ リキッド
アレルギー検査
第3位

APROS シルキーカバーオイルブロック 28g

5,200円(税込)

ナチュラルなすっぴん風メイクを目指すならこの下地

厚塗り感のないすっぴん風メイクを目指すならこちらの下地がおすすめです。「APROS・シルキーカバーオイルブロック」は自然なメイクが作りやすいように細かいパウダーを配合しています。

毛穴を自然にカバーし、塗っているのにすっぴんのような仕上がりが特徴です。美容成分が含まれていて、肌の弾力とうるおいをキープします。朝の簡単ひと塗りで夕方までメイク崩れを起こしません。

小じわやシミをうまく隠し、厚塗り感なくすっきりとした印象を与えるこの下地はナチュラルな仕上がりをお求めの方におすすめです。

UV値 -
内容量 28ml
肌タイプ 脂性肌/エイジングケア
タイプ ジェル
アレルギー検査
第2位

MAQUILLAGE ドラマティックスキンセンサーベース EX (SPF25・PA+++) 25mL

2,800円(税込)

化粧もち長持ち!忙しい社会人でも安心のキープ力

大人の魅力が引き立つ資生堂のMAQUILLAGE。下地も高品質な商品を提供しています。

うるおいを保ちながらもサラッとした肌触りが特徴のこちらの下地は、乾燥肌の方でも心地よい化粧ノリが実現できるよう徹底的にサポート。

肌の変化に対応しテカリやカサつきを抑え、長時間、理想の状態をキープします。調査によると13時間の化粧もちが可能なので、忙しい社会人の方でもメイク直しに時間を取られません。スキンケアもしてくれるので肌荒れが心配な方も安心して使用できます。

UV値 SPF25・PA+++
内容量 25ml
肌タイプ 全肌質対応
タイプ リキッド
アレルギー検査
第1位

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 超オイリー肌用

3,024円(税込)

オイリーな肌が気になる方はこの下地がおすすめ

汗や皮脂などで化粧が崩れることを防ぎ、ファンデーションのノリをサポートしてくれます。皮脂によるベタつきが気になる方でも、この下地を使うことで、サラサラの肌触りを手に入れられるでしょう。

肌にほどよく浸透するので、夕方になると気になるテカリもしっかりブロックされます。使いやすいホワイトのカラーで自分好みにメイク可能で、汗や油分が気になる夏場でもしっかり効果を発揮。超オイリーな肌質の方でも化粧崩れを気にする必要はありません。

脂性肌の方におすすめの化粧下地です。

UV値 SPF8・PA++
内容量 25ml
肌タイプ 脂性肌
タイプ リキッド
アレルギー検査

化粧下地 のおすすめ比較一覧表

商品画像
プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 超オイリー肌用 B07PYK2RDL 1枚目
MAQUILLAGE ドラマティックスキンセンサーベース EX (SPF25・PA+++) 25mL B07MJ9PJCQ 1枚目
APROS シルキーカバーオイルブロック 28g B00F5Q2408 1枚目
RMK メイクアップ ベース 30ml B06XKB73RF 1枚目
BRILLIAGE メイクアップベース フェイスレスポンサー/化粧下地/嶋田ちあきプロデュース B00LUA774Q 1枚目
SK-II アトモスフィア CC クリーム SPF50/PA+++ 30g[並行輸入品] B06X42GLTD 1枚目
KATE プロテクションエキスパート 化粧下地 B07NPNRNBC 1枚目
ORBIS スキンモイスチャーベース SPF28・PA+++ 化粧下地 B07HN2LK5X 1枚目
La Roche-Posay 化粧下地 UVイデア XL プロテクショントーンアップ B079X4XGZH 1枚目
SUGAO スノーホイップクリーム ピンクホワイト スノーホワイトパール配合 B07PGTKYXP 1枚目
商品名 プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 超オイリー肌用 MAQUILLAGE ドラマティックスキンセンサーベース EX (SPF25・PA+++) 25mL APROS シルキーカバーオイルブロック 28g RMK メイクアップ ベース 30ml BRILLIAGE メイクアップベース フェイスレスポンサー/化粧下地/嶋田ちあきプロデュース SK-II アトモスフィア CC クリーム SPF50/PA+++ 30g[並行輸入品] KATE プロテクションエキスパート 化粧下地 ORBIS スキンモイスチャーベース SPF28・PA+++ 化粧下地 La Roche-Posay 化粧下地 UVイデア XL プロテクショントーンアップ SUGAO スノーホイップクリーム ピンクホワイト スノーホワイトパール配合
特徴 オイリーな肌が気になる方はこの下地がおすすめ 化粧もち長持ち!忙しい社会人でも安心のキープ力 ナチュラルなすっぴん風メイクを目指すならこの下地 保湿力が高く肌にほどよく浸透する化粧下地 メイクアップアーティスト嶋田ちあきさんプロデュース 紫外線から肌を守りキメ細やかな仕上がりに 最高な塗り心地でツヤが出るジェルタイプ下地 ひと塗りで濃密なうるおい!スキンケアにも効果的 トーンアップが簡単に!紫外線もがっちりブロック スノーホワイトパールでナチュラルな透明感!
価格 3,024円(税込) 2,800円(税込) 5,200円(税込) 3,120円(税込) 4,644円(税込) 7,779円(税込) 1,512円(税込) 1,512円(税込) 3,672円(税込) 1,185円(税込)
UV値 SPF8・PA++ SPF25・PA+++ - - 50+・PA++++ SPF50・PA+++ SPF50+・PA+++ SPF28・PA+++ SPF50+・PA++++ SPF23・PA+++
内容量 25ml 25ml 28ml 30ml 33ml 30ml 30ml 30ml 30ml 25ml
肌タイプ 脂性肌 全肌質対応 脂性肌/エイジングケア 全肌質対応 全肌質対応 全肌質対応 全肌質対応 全肌質対応 普通肌・乾燥肌 全肌質対応
タイプ リキッド リキッド ジェル リキッド リキッド リキッド ジェル クリーム 乳液 クリーム
アレルギー検査
商品リンク

化粧下地の正しい使い方

化粧下地 おすすめ 使い方

化粧下地は品質に関わらず、丁寧に塗ることが化粧崩れ防止につながります。化粧崩れに悩んでいた方は一度自分の下地の使い方を見直してみると、改善できるかも知れません。ここでは具体的な下地の塗り方と気をつけるポイントを解説していきます。

メイク崩れしにくい塗り方

重要なことはメイク前に余分な水分や油分を取り除くことです。ティッシュオフをして化粧に邪魔な汗や水分を極力減らしてください。また下地は均一に塗ることがポイントです。ムラができてしまったり、塗れていない箇所があると化粧崩れの原因になります。

コツは指で塗った後にスポンジを使うこと。スポンジは細かく下地を塗ることができる上、油分を吸い取ってくれる役割もあるのでおすすめです。まとめるとメイク崩れを防ぐには、水分を取り除くこと、細かく均一に塗ることの2つが重要です。

毛穴落ちを防ぐ塗り方

毛穴落ちというのは、ファンデーションやパウダーが溜まってしまい毛穴がより目立ってしまうことです。毛穴落ちを防ぐために下地を使っているのですが、下地を塗っていても毛穴が目立ってしまうこともあります。それは下地の塗り方が原因です。

ポイントは下地を塗る前に水分をしっかり取り除くこと。ムラを防いで毛穴をしっかりカバーしてくれます。下地は薄く均一に塗ることも大事です。スポンジを使って丁寧に塗っていきましょう。

気をつけること

化粧下地を塗るときに、気をつけてほしいポイントが量と順序。使用する下地の量はパール粒一個分がベストです。少なすぎても多すぎてもいけません。ムラや塗り忘れの原因になります。そして順序も大切。下地の前にスキンケアを必ず行いましょう。

メイクは肌をキレイに見せる分、ダメージも与えます。下地やファンデーション前にスキンケアを行うことでダメージを最小限に抑えてくれます。

おすすめの化粧下地まとめ

化粧下地 おすすめ まとめ

化粧下地』はメイクの土台となる重要なコスメです。自分の肌や好みに合わせて選ぶことで、効果的に肌のダメージを低減してくれたり、肌のトーンの調整にも効果を発揮してくれたりする万能な面もあります。ファンデーションやほかの化粧品と同じように、下地もちゃんと選ぶことで自分の理想の顔に近づくでしょう。

ぜひこの記事を参考に、適切な化粧下地を選んで、うるおいのある素敵な肌を手に入れてみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

化粧下地
のおすすめ関連記事をもっと見る