シャーペンのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】シャーペンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。シャーペンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのシャーペンをランキング形式でご紹介。
1TANPOPO1

鉛筆より機能性が優れている『シャーペン』。昔から多くのメーカーによって生み出され、現在でも最新モデルがリリースされています。

しかし、数多くあるシャーペンのなかからお気に入りの一本を選ぶのは難しいもの。自分の手に馴染むようなシャーペンを選ぶなら、選び方が大切です。今回はシャーペンの選び方とおすすめの商品をまとめてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

シャーペンのおすすめの選び方

種類で選ぶ

シンプル

シャーペン おすすめ シンプル

シンプルなシャーペンは無駄のないデザインになっています。書くだけの機能が備わっており、他の機能が搭載されていません。もし機能が必要ない人はシンプルなシャーペンがおすすめです。

書くことに特化されているので、誰でも使いやすくなっています。ボタンが少ないのでわずらわしさを感じません。芯を入れるだけですぐ使えるので高齢者にもおすすめ。使いやすさを求めるならシンプルなものを選びましょう。

マルチ

シャーペン おすすめ マルチ

マルチ』のシャーペンは従来のシャーペンに他の機能をもたせています。多機能なシャーペンなので、複数の使い方が可能です。製品によっては複数のカラーをもつボールペンとして使うことができます。マルチのシャーペンは、1本だけで他の機能も使いたい人におすすめです。

特に仕事や学校で、カラーペンをよく利用する人にベストな機能になっています。マルチのシャーペンだけで他のペンを持ち運ぶ必要がなくなり、荷物も少なくなります。カラーペンをよく使う人はマルチのシャーペンを選びましょう。

製図用

シャーペン おすすめ 製図用

製図用』シャーペンはより精密な線が書けます。もし定規を使って図形を書くことが多いなら、製図用シャーペンを選びましょう。軸がしっかりしていることで、ずれにくく正確に書けます。手元が見やすい製図用シャーペンもあり、イラスト作成にも最適です。

頑丈でしっかり文字が書けるので、普段使いにも適しています。プロ仕様ですが、最近では安価で手に入りやすくなりました。図形や文字を正確に書きたい人は、製図用シャーペンがおすすめです。

用途で選ぶ

勉強用

シャーペン おすすめ 勉強用

勉強用』のシャーペンを選ぶなら、文字の見やすさを重視しましょう。文字の見やすさは芯の太さ、ノートのマス目によって変わります。特に速く書く人はつぶれた文字になりやすいです。文字がつぶれる人は、芯の太さを細くすることで見やすくなります。

他にも科目によって芯の太さを分けてもいいかもしれません。英語や数学ではシンプルな文字を使うので、太い芯が合っているでしょう。国語や社会は漢字を使うので、細い芯のシャーペンがおすすめです。

イラスト用

シャーペン おすすめ イラスト用

イラスト用』のシャーペンは複数使い分けるのがおすすめです。芯の先が太いほど塗りつぶしに適しています。しかし細部を書くときは細いほうがベストです。わずらわしさを回避するなら、芯の太さが異なるものを最低2本用意しましょう。

他にも濃淡をつけるときは芯の硬さが大切になります。芯が硬いほど折れにくく、濃く書けます。イラストの濃さをつけたいなら折れにくいHB等がおすすめです。特に筆圧が強い人はBの芯だと折れやすいので、硬いHBの芯を選びましょう。

疲れにくさで選ぶ

持ちやすい太さ

シャーペン おすすめ もちやすさ

持ちやすい太さは個人の握力や筆圧、手の大きさによって異なります。手が大きい人や筆圧が高い人は細いものがおすすめです。力が入りやすいので細いほうが握りやすくなります。握力が弱い人や筆圧が低い人は、力を入れずに書ける太いものがいいでしょう。

ただし個人によって感覚が変わる場合もあります。自分に合った太さを見つけるには、試し書きをしてみましょう。実際に漢字や、数字を書いて手に馴染むか確認することが大切です。

重さ

シャーペン おすすめ 重さ

シャーペンの重さは安定性と軽やかさに影響が出ます。安定性を求めるなら重いシャーペンを、スピーディーに書きたいなら軽いシャーペンを選びましょう。20gの重いシャーペンなら軽い力でもしっかりと書けます。重さがペン先に伝わるので、主にペンを立てて書く人におすすめです。

寝かせて書く人は、軽いシャーペンがおすすめです。重さが負担にならないので、疲れにくくなります。軽やかな書き心地なため、素早く書けるのがポイントです。ただし人によっては疲れやすいこともあります。長時間でも快適に書けるものを選ぶなら、重さにもこだわりましょう。

素材で選ぶ

プラスチック製

シャーペン おすすめ プラスチック製

プラスチック製』は軽さとコスパの良さが特徴です。疲れにくい重さなので、長時間の使用に向いています。ただし耐久性は他の素材より優れていません。そのため長期間使い続けると、壊れることがあります。

他の素材より滑りやすいので、手汗を書く人にもおすすめできません。しかし比較的価格が安いので、あまり使う機会がない人にはおすすめです。シャーペンを安い値段で手に入れたい人は、プラスチック製を選びましょう。

金属製

シャーペン おすすめ 金属製

金属製』のシャーペンは耐久性が優れています。重さもほどよいため安定性があるのが特徴です。壊れにくい特徴や重心が維持できることから、長期間使う学生におすすめです。製図用にも適しているので、図形の描写もずれにくくなります。

しかしプラスチック製同様、滑りやすいデメリットがあります。手汗が気になる人だと快適に書けない可能性があるので注意が必要です。ただ他の素材より壊れにくいので、耐久性を求めるなら金属製がベストといえるでしょう。

木製

シャーペン おすすめ 木製

木製』のシャーペンは金属製とプラスチック製両方の良さを含んでいます。滑りやすさもほぼないため、手汗をかく人でも長時間快適に書けます。重さも丁度良いため安定しているのも特徴です。疲れにくいので使う機会が多い学生におすすめの素材です。

ただし他より種類が少ないデメリットがあります。数少ないシャーペンの中から選ぶので、満足のいくデザインが手に入りにくいです。しかし使った形跡がもろにでる素材なので、愛着がわきやすくなります。

対応する芯の太さで選ぶ

シャーペン おすすめ 芯

シャープペンや鉛筆の芯には0.3mmから0.9mmまで存在します。芯が太いほど折れにくく、細いほど消しやすいので、使う目的にあわせて選びましょう。特にイラストでは複数のペンがあると書きやすくなります。芯の太さが異なるペンを用意すれば、用途別に使い分けができます。

もし芯の太さにこだわるなら、芯の太さに対応できるシャーペンを用意しましょう。製品によって対応する芯の太さが変わるので、購入前に把握することが大切です。

本体の壊れにくさで選ぶ

シャーペン おすすめ 本体

学生など長期間使用する場合は本体の壊れにくさも重要視しましょう。すぐ壊れてしまうものだと買い換える必要があります。長期的なコスパもかかるので耐久性はある程度必要です。

もし授業中に壊れた場合、替えのシャーペンがないと困ってしまいます。筆記中のトラブルをさける効果もあるので、壊れにくいものがおすすめです。金属製や木製のシャーペンであれば長期間の使用でも安心できます。耐久性も保証されるのでなるべく金属製や木製のシャーペンを選びましょう。

機能で選ぶ

シャーペン おすすめ 機能

サイドノックタイプ

サイドノックタイプ』とは、横のボタンを押すだけで芯を出せるものです。シャーペン上部のノックボタンと違い指がすぐに届くので、よりスムーズに芯を出せます。

すばやく芯を出せるので、聞き取りながらメモを取る場合でも遅れをとりません。書くのが速い人でも快適に使えます。上のボタンを押すのが面倒な人は、サイドノックタイプのシャーペンがおすすめです。

フレフレ機構

ボタンを押す手間すら省きたい人は、フレフレ機構のあるシャーペンがおすすめです。シャーペンをふるだけで芯が長くなるので素早く書けます。ボタンを押す必要がないので、指の負担も軽減されるでしょう。

簡単に芯を出せることから忙しいときにもおすすめです。ボタンを押す際の持ち替えがなくなり、スムーズに書けます。気軽に使いたい人や、何度もボタンを押すのが面倒な人はフレフレ構造のあるシャーペンを選びましょう。

クッション機構

筆圧が高い人は芯がよく折れることがあります。そんな人におすすめなのが、クッション機構が備わったシャーペンです。クッション機構があれば、従来のシャーペンよりもペン先の力をコントロールできます。筆圧をある程度吸収するため折れにくいのが特徴です。

長時間使用しても折れにくいので学生にもおすすめします。折れた芯をはらいのける手間も少なくなり、授業に集中できます。今まで芯が折れて快適に書けなかった人にベストな機能といえるでしょう。

自動芯出し機構

自動芯出し機構のあるシャーペンは、余計な動作を一切必要としません。芯は紙から離れるだけで自動的に出る仕組みになっています。ストレスフリーで書き続けられるので、仕事用にもおすすめです。ひたすら書き続ける作業や集中力が必要な作業にも適しています。

減った分だけの芯が出るので調節もあまり必要としません。芯のカスもほとんど出さないので片付けの手間も少なくなります。芯を出すための動作を一切なくしたい人に、最適な機能です。

自動芯回転機構

自動芯回転機構のシャーペンは常に安定した文字が書けます。書くだけで自動的に芯が回転する仕組みです。書きぐせがあっても、常にとがった状態にしてくれます。そのため書きにくさを感じることがありません。特に寝かせて書く人は芯の状態が偏るのでおすすめです。

偏らないので文字の太さや濃さが変わることなく、きれいな字を書き続けられます。精密な線や図形も安定して書くことができるので、仕事にも適しています。芯折れも防止できるので学生にもおすすめです。

シャーペンのおすすめメーカー

シャーペン おすすめ メーカー

ぺんてる

ぺんてる』は全ての文房具を取り扱うメーカーです。金属を取り入れたシャーペンが多く、耐久性が優れています。重心がかけやすいため、安定性も高いです。芯の折れにくさに特化しているので、長時間でも使用できます。

PILOT(パイロット)

PILOT』はプロ仕様のシャーペンを豊富に取り扱います。製図用としても使えるので、仕事場にもおすすめです。精密に書けるため、数学などの図形描写にも適しています。書きやすさも特徴で気軽に書き続けることが可能です。

三菱鉛筆

三菱鉛筆』のシャーペンは機能性が優れています。自動芯回転機構が備わるシャーペンもあり、安定した文字が書けるのも魅力です。グリップにもこだわりがあり、疲れにくくなっています。手に馴染むシャープペンが豊富で、初めて使う人にもおすすめです。

ZEBRA(ゼブラ)

ZEBRA』はボールペンなどを多く取り扱うメーカーです。国内での販売数が多いので、多機能なシャーペンが豊富に揃っています。芯が折れず、詰まらない工夫もされているので長期間使う学生にもおすすめです。

シャーペン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ハイグレード 0.5 ブラック M510121P.24

631円(税込)

とがった状態を維持し、ムラのない文字を筆記できる!自動芯回転機構つきで安定性のあるプラスチック製のシャーペン

安定感をある文字が常に書けるシャーペンです。芯が自動的に回転するので、書きぐせがあってもスムーズに書けます。ストレスを感じさせないので長時間の使用におすすめです。ペンの重さがほどよいので、疲れにくいのも特徴。低重心なので指に負担がかかりません。

軽く力を加えるだけでも気軽に筆記できます。正確に書けるのでイラストや図形描写に最適。文字のバランスや、疲れにくさがあるので、学校や仕事にもおすすめです。

第9位

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 0.5mm PG1015

567円(税込)

製図用ならではの使いやすさと機能性が特徴!重みも握り心地も快適で、安定感のある金属製のシャーペン

握り心地や使いやすさを重視したシャーペンです。グリップ部分がざらついているため、手汗をかく人でも長時間使えます。硬質ゴムがついているので、手の疲れを感じさせません。握りやすさも特徴で安定した文字が書けます。

芯の種類はHB~2Bの4種類が対応可能です。複数の使い方ができるのでイラストにもおすすめ。収納性も高く先端もコンパクトにできます。荷物を最小限まで抑えたい人にもベストなシャーペンです。

第8位

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ アドバンス 0.5mm ホワイト 2本組み M55591P.1

1,056円(税込)

芯折れも文字のブレも防止できる!Wスピードエンジンが搭載された長時間の使用にもピッタリなプラスチック製のシャーペン

自動芯回転機構が備わったシャーペンです。太さも濃さも変わらないので、書き続けたいときでもムラなく書けます。自動芯出し機構も備わっているので、芯が折れる心配もありません。ボタンを押さなくても筆記し続けられるので、集中したいときにもおすすめです。

Wスピードエンジンが搭載されているため、従来のシャーペンよりとがった状態をキープできます。バランスと安心感があるので、テスト中でも快適に書き続けられるでしょう。

第7位

ゼブラ シャープペン デルガード 0.3 ブラック P-MAS85-BK

322円(税込)

多方面から芯を保護する!クッション機構が搭載された、芯のトラブルを防止するプラスチック製のシャーペン

芯折れ、芯つまりを極力なくしたシャーペンです。クッション機構がついているので、内部の耐久性が高いのが特徴。たとえななめでも、芯が折れないようサポートします。ペン先のすきまもなくしており、芯づまりもしにくくなっています。

壊れにくい構造なので、長く使いたい人にもおすすめです。芯のトラブルが起きにくいので、テストも集中して行えます。どんな書きぐせにも対応し縦、ななめ関係なく衝撃を吸収します。筆圧が高くても気軽に書けるシャープペンです。

第6位

ぺんてる シャープペン オレンズ 0.3mmブラック XPP503-A

382円(税込)

1回ロックしただけで書ける!自動芯出し機構が搭載された、芯折れを出さない金属製のシャーペン

ロックしただけで芯を出さずに書けるシャーペンです。外に出さない仕組みなので、芯折れが気になる人におすすめです。従来のシャーペンのように折れる心配がなく、集中して書けます。芯のカスも出ないので、片付けも楽なのも魅力です。

太字になりにくい特徴もあるため、図形や細かい字もみえやすくものが書けます。重さもほどよいので、バランスが良い文字を維持できます。ノートなどにまとめたいことをみやすい字で書けるシャーペンです。

第5位

LAMY シャープペンシル サファリ スケルトン0.5mm L112

1,596円(税込)

グリップと重さで握りやすさをサポート!軽量で耐久性のある扱いやすさが特徴的なプラスチック製のシャーペン

軽く丈夫にできたシャーペンです。扱いやすい重さで、長時間の使用でも疲れにくくなっています。重さに見合わない丈夫さもあり、耐久性も抜群です。グリップ部分は手にフィットするようくぼみが備わっています。正しい持ち方で使えるので、指に負担がかかりません。

実用性だけでなくデザイン性も優れています。ワイヤー製のクリップは、ノートやポケットにもはさめます。持ち運びもしやすいので、仕事用にもおすすめです。

第4位

ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.3mm PP3003-A

2,148円(税込)

低重心でバランスの良い文字が書ける!自動芯出し機構が搭載された芯が折れない金属製のシャーペン

ノック1回だけで芯が出るシャーペンです。芯の減り具合によって自動的にスライドします。芯を保護しながら書き続けられるので、長時間の使用にもおすすめです。紙面が離れる度に調節でき、書くのが速くても快適に使用できます。

折れないだけでなく重心のバランスも特徴です。低重心なので、長時間でも疲れにくくなっています。力を少し入れるだけでもしっかりとした字が書けます。学校や仕事で書く機会が多い人におすすめのシャーペンです。

第3位

ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ 0.4mm PG1004

748円(税込)

安定感と見やすいフォルムが特徴!芯の硬度を細かく表示できる、使い分けに特化した金属製のシャーペン

好みの使い分けが可能なシャーペンです。0.3~0.9mmまでの硬度に対応しており、イラストが書きやすくなっています。芯の硬度表示も可能で切り替えも簡単にできます。手が滑らないグリップ素材を使用しているので、手汗をかく人にも最適です。

ペン先も従来のシャーペンより見やすいのが特徴です。細かい部分も把握できるので、正確さが求められる図形描写にもおすすめ。安定感があり、ずれることなく書けます。

第2位

パイロット シャープペン ドクターグリップ フルブラック 0.5mm ブラック HDGFB-80R-B

727円(税込)

筆圧が低い人でも安心して書ける!太さも疲れにくさも重視した落ち着きのある金属製のシャーペン

握りやすい太さのシャーペンです。負担がかからないので、長時間の使用にもおすすめです。グリップ部分もやわらかく、疲れにくくなっています。筆圧が低くても重心がかけられるので、力を加える必要がありません。芯も折れにくく勉強中にもおすすめです。

手に馴染みやすいデザインなので、初めて使う人でも快適に書けます。フィット感があり安定して書けるので、長時間の作業にも対応できます。書きやすさに特化した、鉛筆とほぼ同じ感覚で使えるシャーペンです。

第1位

ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm ブラック Q1005-1

664円(税込)

個性的なラバーグリップが持ち手をサポート!芯の硬度表示も設定可能なプラスチック製のシャーペン

すべりにくい持ち手のシャーペンです。グリップ部分が複数の金属でまとまっており、すべらないようになっています。安定した状態で握れるので手汗をかく人にもおすすめです。ペン先のゆるみを起こさないので、簡単に壊れません。丈夫なつくりで長く使えるシャーペンです。

ボタンも個性的で押す動作も安定しています。芯の硬度表示もできるので、数の芯を使うときにも便利です。ペン先の視界もみえやすく、細かな描写もスムーズにできます。

シャーペン のおすすめ比較一覧表

商品画像
ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm ブラック B0013NHU6K 1枚目
パイロット シャープペン ドクターグリップ フルブラック 0.5mm ブラック B0060S1CIK 1枚目
ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ 0.4mm B0013NFZTO 1枚目
ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.3mm  B06VWPKXQH 1枚目
LAMY シャープペンシル サファリ スケルトン0.5mm B000FA5E3I 1枚目
ぺんてる シャープペン オレンズ 0.3mmブラック B00SHBJZNM 1枚目
ゼブラ シャープペン デルガード 0.3 ブラック  B016JQZJM2 1枚目
三菱鉛筆 シャープペン クルトガ アドバンス 0.5mm ホワイト 2本組み B075K6887H 1枚目
ぺんてる シャープペン グラフギア1000 0.5mm B0013NHU7O 1枚目
三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ハイグレード 0.5 ブラック   B0020BKPMK  1枚目
商品名 ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm ブラック パイロット シャープペン ドクターグリップ フルブラック 0.5mm ブラック ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ 0.4mm ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.3mm LAMY シャープペンシル サファリ スケルトン0.5mm ぺんてる シャープペン オレンズ 0.3mmブラック ゼブラ シャープペン デルガード 0.3 ブラック 三菱鉛筆 シャープペン クルトガ アドバンス 0.5mm ホワイト 2本組み ぺんてる シャープペン グラフギア1000 0.5mm 三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ハイグレード 0.5 ブラック
型番 Q1005-1 HDGFB-80R-B PG1004 PP3003-A L112 XPP503-A P-MAS85-BK M55591P.1 PG1015 M510121P.24
特徴 個性的なラバーグリップが持ち手をサポート!芯の硬度表示も設定可能なプラスチック製のシャーペン 筆圧が低い人でも安心して書ける!太さも疲れにくさも重視した落ち着きのある金属製のシャーペン 安定感と見やすいフォルムが特徴!芯の硬度を細かく表示できる、使い分けに特化した金属製のシャーペン 低重心でバランスの良い文字が書ける!自動芯出し機構が搭載された芯が折れない金属製のシャーペン グリップと重さで握りやすさをサポート!軽量で耐久性のある扱いやすさが特徴的なプラスチック製のシャーペン 1回ロックしただけで書ける!自動芯出し機構が搭載された、芯折れを出さない金属製のシャーペン 多方面から芯を保護する!クッション機構が搭載された、芯のトラブルを防止するプラスチック製のシャーペン 芯折れも文字のブレも防止できる!Wスピードエンジンが搭載された長時間の使用にもピッタリなプラスチック製のシャーペン 製図用ならではの使いやすさと機能性が特徴!重みも握り心地も快適で、安定感のある金属製のシャーペン とがった状態を維持し、ムラのない文字を筆記できる!自動芯回転機構つきで安定性のあるプラスチック製のシャーペン
価格 664円(税込) 727円(税込) 748円(税込) 2,148円(税込) 1,596円(税込) 382円(税込) 322円(税込) 1,056円(税込) 567円(税込) 631円(税込)
商品リンク

シャーペンのおすすめまとめ

シャーペンは持ちやすさも耐久性も大切です。選ぶときは、実際に自分の手にあったものを選びましょう。自分の手に合うかどうかは、実際に試し書きをしてみることがおすすめです。いつも通り文字を書くことでフィット感が分かります。

耐久性については自分の使用期間を考えて選ぶと、価格に見合うものが手に入ります。実際にどう使うか考えることで、自分の必要なシャーペンが選べるようになるでしょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

シャーペン
のおすすめ関連記事をもっと見る