メイクブラシのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】メイクブラシの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。メイクブラシの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのメイクブラシをランキング形式でご紹介。
K_tea

メイクの仕上がりをワンランクアップさせてくれる『メイクブラシ』。メイクアイテムのもちやのりをよくするというメリットもあり、ぜひメイクの際に使いたいツールです。

ただメイクブラシは部位によって用途が異なり、種類も豊富にあるためどれを選べばいいか迷いますよね。そこでこの記事では『メイクブラシ』の種類や選び方、おすすめの商品を紹介します。選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

メイクブラシとは

そもそも『メイクブラシ』を使わずともメイクはできます。ただ使うことによるメリットは豊富に。たとえばメイクアイテムをブラシにとってから顔にのせることで、塗りすぎを防げてメイク崩れの防止につながります。

それだけでなく肌悩みをカバーしたり、艶肌やマット肌のように質感をコントロールすることも可能。使い方によってメイクのバリエーションを広げられるのもメイクブラシの魅力です。

おすすめのメイクブラシの種類

ベースメイクやポイントメイクなど、アイテムによって種類がいくつか分かれるように、メイクブラシも使う用途によって種類が異なるため、それぞれの特徴を解説します。

パウダーファンデーション、フェイスパウダー用

パウダーをのせるメイクブラシは顔のほおやフェイスラインに使うため、大きめなのが特徴。肌へパウダーをふんわりとのせるために、柔らかく毛量が多いものを選ぶのがおすすめです。基本的にパウダー用のメイクブラシには、『フラット』・『アングル』・『カブキ』と形状ごとで3種類に分かれます。

フラット』は毛先が平たくなっており、ムラのない仕上がりに。アングルは毛先が斜めにカットされており肌へ密着しやすく、カブキは柄の部分が短く毛先はラウンド型で、パウダーをたっぷりと含むのが特徴です。どのメイクブラシを使う場合でも、パウダーをとった後に一度手の甲で馴染ませて、量を調節してから使うときれいにメイクできますよ。

リキッドファンデーション用

リキッドファンデーション』と一緒に使うツールとしては、スポンジタイプがメジャーかもしれませが、ブラシタイプでも美しく仕上がります。リキッドファンデーションは水分が多いため、メイク中に流れやすいのが特徴。

そのため面で塗る平筆タイプだと、ファンデーションが肌へぴったり密着します。またほおやおでこなど顔の広い範囲は面部分で、鼻のキワや目元は毛先を使って塗るとムラなくきれいに塗れますよ。薄づきで艶っぽい仕上がりになるため、メイク崩れもしにくく。

チーク用メイクブラシ

量の加減が難しい『チーク』は、ぜひメイクブラシを使いたい部位。パウダータイプのチークをのせるなら、丸平・ラウンド・斜め・ろうそくなどの形状がメジャーです。丸平型は毛先が丸みを帯びて平たくなっており、チークの入れ方を自由にコントロールできるタイプ。使いやすいため初心者にもおすすめです。

ラウンド型は全体的にブラシが丸く、粉含みがいいためチークがふんわりと入り、斜め型はフェイスラインに密着し、ハイライトやシェーディングに向いています。ろうそく型は縦に長細い形でぼかしながらチークを入れることができ、グラデーションを作ることも可能。

アイブロウ用

アイブロウ』はパーツが小さい部位ですが、メイクブラシの種類は複数あります。仕上がりの好みに応じて幅の広さと毛先の傾度を選んでみてください。アイブロウブラシは幅が広いと、塗りつぶし・ぼかし・ラインの調整などオールマイティに使えます。幅が狭くなるとさらに細かいラインや微調整向きに。

毛先に傾度があれば引きたいラインの太さ調整が可能で、反対に毛先が平たいと一定の太さでラインが描けます。アイブロウメイクの前後に毛流れを整えて仕上がりを左右する、スクリューブラシも必須のアイテムですよ。

リップ用

唇の輪郭をとったり色をのせたりと、印象的な『リップ』メイクを施すリップブラシ。メイクをきれいに仕上げるだけでなく、唇の大きさや口角の角度を細かく調整できるため、リップメイクの幅が広がります。

他のメイクブラシと同様にブラシの幅が広いほど塗りつぶしに向いており、細くなるほど繊細なコントロールが可能に。リップの色をしっかりのせられるよう、ブラシはコシがあり毛質は硬めのものを選ぶのがおすすめです。

アイシャドウ用

アイホールからまぶたのキワまで、用途によっていくつか種類がある『アイシャドウ』用のメイクブラシ。パウダーをのせる基本的な使い方の他に、アイシャドウをアイラインのようにしていれたり、アイライナーのぼかしにも使えて便利な一品です。

アイシャドウブラシは毛量が多くて大きいタイプだと、アイホールにふんわりとのせられて、平たいタイプはピンポイントにのせたりぼかしにも使えます。またブラシが小さく毛のコシがあるものは、まぶたのキワへ使うのにぴったりですよ。

メイクブラシのおすすめの選び方

使用する部位ごとの他に、メイクブラシを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを紹介します。

毛質で選ぶ

メイクブラシは肌に直接当てるものなので毛質に注目して選ぶのもおすすめです。

天然毛

天然毛』は動物の毛を使用したメイクブラシで、よく使われるのは灰リス・ヤギ・イタチなどです。特徴は動物の種類によってさまざまですが、共通する要素としてはどれも合成毛より柔らかく耐久面で優れていることが挙げられます。ただそのぶん価格は高価な傾向にあるため、よく選んで購入するのがおすすめ。

灰リスやヤギの毛は柔らかく滑らかで、肌当たりが優しい質感が特徴なため、パウダーを使用するブラシによく使われます。イタチはコシと弾力のある毛質をしており、アイブロウ・リップなど硬めの質感が求められるブラシに使われるという特徴が。

合成毛

ナイロンやタクロンといった素材が使われる『合成毛』は、リーズナブルな価格で手に入るメイクブラシです。商品によっては天然毛に近い質感のものもあるため、いくつか試してみるといいですよ。

合成毛はメイクアイテムの水分を吸収しにくいため、リキッドファンデーションに使うブラシは合成毛を選ぶのがおすすめです。

用途で選ぶ

部位によって分けられるブラシの種類は先に紹介しましたが、さらに使うアイテムのテクスチャーの違いや好みの仕上がりによって、選ぶブラシの形状や質感が異なります。最初に紹介したフェイスパウダー用のブラシでも3種類の形状が。

そのため用途によって自分に最適なものを選びましょう。たとえばフェイスパウダーを肌悩みのカバー目的で使う場合はアングルタイプを、仕上げの艶出しをしたいならカブキタイプが最適。形状ごとの特徴を知ると、メイクの仕上がりが格段にアップしますよ。

付属品で選ぶ

メイクブラシを持ち運ぶ機会が多い方は、付属品の有無もチェックすることをおすすめします。そのままの状態でメイクポーチやバッグに入れると、メイクブラシが傷みますし衛生的にもよくありません。

専用のポーチやキャップが付属していれば、きれいな状態でブラシの持ち運びが可能。立てて使えたりファスナーで完全防備できたりと、特徴はさまざまなため使い勝手のいいものを見つけてみてくださいね。

メイクブラシのおすすめブランド

高品質なメイクブラシを展開すると定評がある、おすすめのブランドを紹介します。

資生堂

日本のトップ化粧メーカーの一つである『資生堂』は、メイクブラシのラインナップも豊富。部位ごとにメイクブラシを展開しているため、一度チェックしておきたいブランドです。

M・A・C

とにかくメイクブラシの種類が多岐にわたる『M・A・C』は、きっとお目当ての商品が見つかるはず。アーティストブランドだけに実用性が高く、使えるメイクブラシが揃っていますよ。

3CE

韓国の人気ブランドである『3CE』。カラーメイクアイテムに注目されがちですが、メイクブラシなどのツールも取り揃えています。コレクションしたくなるようなデザイン性の高さが魅力です。

メイクブラシ のおすすめ人気比較ランキング

第10位

amoore デュアル アイブロウブラシ&スクリューブラシ

699円(税込)

2種類のブラシ搭載でアイブロウメイクが思いのまま

平たく毛先が斜めカットのブラシと、スクリューブラシがセットになったamooreのアイブロウブラシ。一本でアイブロウメイクが完成するため重宝しますよ。筆部分ではアイブロウパウダーをのせたりラインをぼかしたりと、眉作りの主軸を担います。

スクリュー部分はアイブロウメイクの前後で毛流れを整えられるため、仕上がりがきれいに。リーズナブルながらブラシの素材には高級合成毛であるタクロンを使用しており、肌当たりが優しく使い心地も抜群の一品です。

第9位

資生堂 リップブラシ(レッド) N 407 32199

795円(税込)

唇にフィットして滑らかに塗れるリップブラシ

資生堂から紹介するブラシは、優しい使い心地ながらも適度にコシがあり、リップメイクの完成度が高くなります。毛先が平たくなっているため、簡単に唇の輪郭をとることが可能。ブラシの面部分へ口紅を含ませれば、唇内側の塗りつぶしも楽に行えます。

リップブラシは口紅の量を調整できて、余分に使ってしまう必要がありません。ブラシで微調整することで、普段のメイクよりもワンランクアップした仕上がりに。キャップがついているため持ち運びにも最適ですよ。

第8位

SIXPLUS 貴族のゴールド メイクブラシ11本セット ブラウン化粧ポーチ付き

3,999円(税込)

コスパがよくメイクに必要なブラシを完備!

メイクツールを中心に展開するSIXPLUSのブラシセット。ベースメイクとアイメイクに欠かせない11本のメイクブラシが揃いつつ、価格はリーズナブルなためぜひチェックしたい商品です。

メイクブラシはどれも粉含みがよく、好みや気分に応じたメイクを楽しむことができます。柄部分には木材やアルミを、ブラシ部分には高級繊維を使用しており、品質の高さも魅力的。ブラシがすべて収納できる専用のポーチもついており、コンパクトに持ち運びできますよ。

第7位

匠の化粧筆コスメ堂 熊野筆 メイクブラシ トゥルーセレクション RB-S801

11,000円(税込)

職人技が集結した高品質なメイクブラシ

品質が高くて長く愛用できるメイクブラシをお探しなら、熊野筆のメイクブラシセットがおすすめです。筆の生産地として有名な熊野で、熟練の職人が丁寧に作り上げたメイクブラシは、品質の高さが折り紙つき。

ブラシの素材には肌当たりがよく耐久性もある天然毛を使用しており、毎日心地よくメイクできます。単品でも人気のあるメイクブラシを集めた8本セットのため、普段のメイクで活躍すること間違いなし。知名度もあるブランドなので贈り物にもおすすめですよ。

第6位

竹宝堂 化粧ブラシ K-6 リップブラシ

3,456円(税込)

国内外で人気を博す竹宝堂のリップブラシ

こちらも熊野で生まれたブランドの一つで、筆司と職人のこだわりが詰まったリップブラシです。高品質さと使いやすさに秀でているため、世界中から人気を得ている一品。ブラシの素材にはコシを必要とするリップブラシにぴったりな、イタチの毛を使用しています。

弾力性や耐久性にも優れており、細かいラインも簡単に引くことが可能。またブラシを柄部分へ収納できる作りになっているため、コンパクトになり持ち運びにも便利です。高品質さと使い勝手を兼ね備えたブラシをお探しの方は要チェック。

第5位

M・A・C #209 アイライナー ブラシ

4,790円(税込)

極細毛先で思ったとおりのラインが引ける!

メイクツールに定評のあるM・A・Cからおすすめするのは、細い毛先が印象的なアイライナー用ブラシ。コシのある繊維を使用しているため、力加減によって極細ラインからノーマルラインまで、太さを自在に変えられます。

リキッドやクリーム状のアイライナーと相性がよく、ナチュラルメイクにも活躍すること間違いなし。ラインを引くだけではなく、目元のメイクを微調整したい時にも使えるためメイクの仕上がりを格上げしたい方におすすめです。

第4位

キャンメイク ハイライトブラシ01

715円(税込)

テクニックいらずで艶感をコントロール

ポイントメイクアイテムで人気のあるキャンメイクですが、メイクツールも使えるアイテムが揃っています。特にハイライトブラシは見た目の可愛さもさることながら、サッとひと塗りで透明感を引き出す優れものです。

毛先が斜めカットになっており、広い面ではほおやおでこなどの広い範囲に、先端では口角や鼻筋の艶だしに使えて使い勝手もいい商品。艶感だけでなく顔の立体感も演出できるため、メリハリのある小顔も作れるハイライトブラシです。

第3位

ETVOS (エトヴォス) フェイスカブキブラシ

2,200円(税込)

柔らかく肌当たりが優しいメイクブラシ

肌へなるべく刺激を与えない成分のメイクアイテムを展開するETVOS。肌への優しさを重視するブランドから紹介するメイクブラシは、肌当たりが柔らかく滑らかな使い心地が魅力です。

ブラシの毛は密集しているタイプで、柔らかいながらも適度にコシがあり、チークやパウダーファンデーションの粉をしっかり抱えこみます。そのため狙った部分へ均一にのせることができて失敗知らずの一品。ブラシのチクチクとした刺激が気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

第2位

CHANEL (シャネル) パンソー フォン ドゥ タン

7,600円(税込)

どのファンデーションにも使えて携帯にも便利

CHANELのファンデーションブラシは、たっぷりと毛量があり柔らかい肌当たりが魅力。しなやかに肌の上を滑るため、どんな質感のファンデーションでも使えます。毛先は斜めにカットされており、小鼻や目元などの細かい部位までムラになく均一に塗ることが可能。

メイク後は艶っぽく仕上がり、肌悩みをナチュラルにカバーします。本体はスライド式で、使わない時は収納できるため持ち運びにもぴったり。一つ持っておくと重宝するファンデーションブラシですよ。

第1位

資生堂 ファンデーション ブラシ 131 (専用ケース付き) 63650

1,200円(税込)

テクニックいらずでプロの仕上がりを実現

メイクアップアーティストが監修した資生堂のファンデーションブラシは、肌悩みをしっかりカバーしつつも素肌のように仕上がります。みっちりと密集した毛の質・長さ・カットの角度により、ブラシが肌へフィットしてプロの仕上がりを実現できるアイテム。

あらゆる質感のファンデーションに使えるため、ぜひチェックしてほしい逸品です。専用のケースもついており持ち運びにも便利。柄部分は手に持ちやすい長さで、自宅での使用はもちろん、メイク直し用のブラシとしても大活躍しますよ。

メイクブラシ のおすすめ比較一覧表

商品画像
資生堂 ファンデーション ブラシ 131 (専用ケース付き) B00483TNK8 1枚目
CHANEL (シャネル) パンソー フォン ドゥ タン B071WHF8QP 1枚目
ETVOS (エトヴォス) フェイスカブキブラシ B077WRFD1T 1枚目
キャンメイク ハイライトブラシ01 B00KAQJEQK 1枚目
M・A・C #209 アイライナー ブラシ B001JB8Y5W 1枚目
竹宝堂 化粧ブラシ K-6 リップブラシ B008R5F4G0 1枚目
匠の化粧筆コスメ堂 熊野筆 メイクブラシ トゥルーセレクション B00JQV650S 1枚目
SIXPLUS 貴族のゴールド メイクブラシ11本セット ブラウン化粧ポーチ付き B016U7U8XA 1枚目
資生堂 リップブラシ(レッド) N 407 B0089TJSBQ 1枚目
amoore デュアル アイブロウブラシ&スクリューブラシ B077P46QVZ 1枚目
商品名 資生堂 ファンデーション ブラシ 131 (専用ケース付き) CHANEL (シャネル) パンソー フォン ドゥ タン ETVOS (エトヴォス) フェイスカブキブラシ キャンメイク ハイライトブラシ01 M・A・C #209 アイライナー ブラシ 竹宝堂 化粧ブラシ K-6 リップブラシ 匠の化粧筆コスメ堂 熊野筆 メイクブラシ トゥルーセレクション SIXPLUS 貴族のゴールド メイクブラシ11本セット ブラウン化粧ポーチ付き 資生堂 リップブラシ(レッド) N 407 amoore デュアル アイブロウブラシ&スクリューブラシ
型番 63650 RB-S801 32199
特徴 テクニックいらずでプロの仕上がりを実現 どのファンデーションにも使えて携帯にも便利 柔らかく肌当たりが優しいメイクブラシ テクニックいらずで艶感をコントロール 極細毛先で思ったとおりのラインが引ける! 国内外で人気を博す竹宝堂のリップブラシ 職人技が集結した高品質なメイクブラシ コスパがよくメイクに必要なブラシを完備! 唇にフィットして滑らかに塗れるリップブラシ 2種類のブラシ搭載でアイブロウメイクが思いのまま
価格 1,200円(税込) 7,600円(税込) 2,200円(税込) 715円(税込) 4,790円(税込) 3,456円(税込) 11,000円(税込) 3,999円(税込) 795円(税込) 699円(税込)
商品リンク

メイクブラシのおすすめまとめ

メイクに欠かせない『メイクブラシ』にフォーカスして、種類や選び方を紹介してきました。

メイクブラシはメイクアイテムを肌へ均一に塗れたり、色の調整やぼかしを簡単に行えるため、テクニックがない方にこそ使うことをおすすめするアイテムです。

記事をシェアして友達にも教えよう!

メイクブラシ
のおすすめ関連記事をもっと見る