ヤスリのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】ヤスリの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。ヤスリの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのヤスリをランキング形式でご紹介。
上山 雄大

DIYやプラモデルの製作で、素材の成形や仕上げに便利な『ヤスリ』。電動工具よりも手軽に繊細なタッチで削れるのが便利です。ヤスリを購入して、DIY、プラモデル、工芸品の作成に役立てたい方も多いでしょう。

今回はヤスリの選び方とおすすめのヤスリを紹介していきます。数あるヤスリの中から目的にあったものを選ぶと、工作がはかどりますよ。早速チェックしていきましょう。

ヤスリとは

ヤスリ』とは模型製作などで、パーツを滑らかにするための道具です。研磨することによってサビを落としたり、材料の形を変えることもできます。模型制作では必須のアイテムでしょう。種類が多いので、目的に応じて使い分ける必要があります。

素材の数だけヤスリの種類がある、といわれるほど、細かく分類できるのが特徴。鉄製のヤスリや木製のヤスリといった一般的なものや、ダイヤモンド製の特殊研磨用など豊富にあります。

ヤスリは手動で動かすのが基本ですが、電動ヤスリは木材や金属の加工に使われることが多いです。さまざまなタイプのヤスリがあるので、目的にあったものを選んでいきましょう。

ヤスリのおすすめの選び方

ヤスリは使用する目的に応じて、種類、形状、目の粗さが違います。仕上がりをイメージして選ぶと自分にあったヤスリを選べます。早速チェックしていきましょう。

種類で選ぶ

ヤスリには紙ヤスリからダイヤモンドヤスリまで、研磨する材料によってさまざまな種類が存在します。以下それぞれヤスリの特徴を説明します。

鉄工ヤスリ

鉄工ヤスリ』は金属のバリ取りや面取りに使われることが多いです。機械の製造工場や自動車整備工場でよく見かけます。ヤスリの表面に刃がついた溝が刻まれており、押すことで研磨できるのが特徴。 鉄工ヤスリは引いても研磨できず、押さなければ材料を削ることができません。

鉄工ヤスリは工具鋼で作られています。より強度がある超合金などに使うと、破損の原因になります。また鋼よりもやわらかいアルミなどの金属に使うと、目詰まりを起こすので、鋼よりも硬い金属ややわらかい金属に使うのは避けましょう。

木工ヤスリ

木工ヤスリ』は切断した木材の断面を滑らかにするために使われます。大工やDIYで使われることが多いです。木工ヤスリの表面は目の粗いトゲが多くついており、目詰まりしやすいやわらかい素材を削るのに向いています。

木材のほかにもアルミや銅、石膏も削れます。表面の目が粗い部分で削り、裏面の目が細かい部分で仕上げを行うのが特徴。DIYをする方に向いているヤスリといえるでしょう。

組ヤスリ

組ヤスリ』とはさまざまな形状のヤスリをセットにした種類で、製品の仕上げに使われます。組ヤスリは細長く、それぞれ使う場所に応じて最適な形状に作られているのが特徴。細かいところまで仕上げるのに向いています。

組ヤスリはセットになっている本数によって規格が分かれています。JIS規格では5本組、8本組、10本組、12本組が適合品。また組ヤスリには5本組ではなく5本型というタイプがあります。しかし5本組とサイズが同じというだけで、5本セットになっているわけではないので注意しましょう。

ダイヤモンドヤスリ

ダイヤモンドヤスリ』とはダイヤモンドの粒子を付着させたヤスリです。ダイヤモンドは金属よりも硬いので、通常は削ることが難しいセラミックや超合金を研磨する際に用いられます。

しかし目が細かいので、鉄工ヤスリと同様、やわらかい素材を削ると目詰まりを起こしてしまうのがデメリット。ダイヤモンドヤスリは刃ではなく、粒子で削るため、前後左右さまざまな方向に動かして削ります。削り取る力が強いので、軽く押し当てて使うのが上手な使い方です。

紙ヤスリ

紙ヤスリ』は基材に研磨剤を付着させたもので、木材、金属、プラスチックなど素材を問わず、幅広く使われます。基材は耐水性と非耐水性の2種類に分けられるのが特徴。耐水性の基材は金属用として使われ、非耐水性のものは木工用として使われます。

また基材に紙でなく耐水性の布が使われているものは、電動サンダーに使用されます。使うときは基材をチェックしましょう。

粒子で削るので、使い方はダイヤモンドヤスリと同様に往復させながら研磨します。ヤスリを押しつけながら削るのではなく、表面を磨くように軽い力で使うのが上手な使い方です。

爪・かかとヤスリ

爪を研ぐために使われる製品や、かかとの角質を落とすための道具もヤスリに分類されます。ステンレスやガラスなど素材は多様ですが、どれも目が細かいのが特徴。

爪ヤスリはプラモデルの仕上げに使うことができます。目が粗いヤスリなら、パーツのバリを消せますし、目が細かいものはツヤ出しに使えます。意外な使い方ができるので、プラモデルを作る方は試してみるとよいです。

形状で選ぶ

ヤスリにはさまざまな形状があるので、研磨する材料の形にあわせて選ぶのが大切。それぞれ形をチェックしていきましょう。

平形

平形』のヤスリは削る部分が平らになっているものです。薄い板のような形になっており、平面を研磨したり、面取りをするのに向いています。平面なので、一度に広い範囲を研磨できるのが特徴。大きなパーツを研磨するためによく使われるヤスリです。

平形のヤスリには、裏と表で目の粗さが異なるタイプも販売されています。目が粗い表で削った後に、目が細かい裏で仕上げるとった使い方もできます。ヤスリの基本的な形状なので、1本所有しておけば困らないでしょう。

半丸形

半丸形』のヤスリは、カーブを描いている素材や、中空になっている素材を研磨するのに向いています。ヤスリが丸くなっているので、曲面を削りやすい形になっているのが特徴。中空の素材を内部まできれいに研磨することができます。

半丸形のヤスリには裏側に目が刻まれているものと、刻まれていないものがあります。刻まれているものなら、1本で平面と曲面どちらも仕上げることができるので、とても便利です。

丸形

丸形』のヤスリは、円柱状の棒に目が刻まれたものです。細長い針のような形状をしているので、通常のヤスリでは使えない穴の中まで磨き上げることができます。チェーンソーの目立て用に使われることが多いです。

丸形ヤスリは先端が細いので、細かい作業が可能です。装飾として模様をつけられるので、デザインにこだわりをもたせられます。ねじ穴の研磨にも使えるので、使い勝手がよいです。

角形

角形』のヤスリは、細長い四角形の形状をしており、側面全てに細かい目が刻まれています。平形のヤスリでは届かない、溝やパーツの隅まで研磨できるのが特徴。細かい部分まで研磨できるので、仕上げを行うのにピッタリのヤスリといえます。

三角形

断面が『三角形』になっているヤスリです。3つの面全てに目が刻まれています。角形よりもさらに細かい作業が可能で、さまざまな部品の角に当てて削ることができます。部品の溶接ポイントのビードを削るときにピッタリです。

菱形

菱形』のヤスリは両刃ヤスリとも呼ばれています。形状の特徴から、ノコギリの刃に当てて目立てに使うことに向いています。DIYで丸ノコを利用する方は、菱形のヤスリがあれば簡単に目立てができるので、検討してみてはいかがでしょうか。

目の粗さで選ぶ

ヤスリは目の粗さによって、仕上がりが全く異なったものになります。削って形を変えるのが目的なのか、滑らかに仕上げたいのか、目的によって目の粗さを選びましょう。

粗目

粗目』のヤスリは素材を大きく削り取ることができます。素材の形を変えることができるので、荒削りや切削り加工に向いています。素材を削って成形したい方や塗装はがしを行う方に向いているタイプです。

紙ヤスリの番手で#40~100が粗目に位置します。製品の加工において、最初に使われることが多いアイテムといえるでしょう。

中目

中目』のヤスリは粗目のヤスリで、荒削りや切削り加工を行った後に仕上げとして使用します。DIYで簡単な家具を作成するときや、工具のサビ取りに使う程度なら中目のヤスリがピッタリ。

部材の成形をするには向いていませんが、滑らかに仕上げることができます。紙ヤスリの番手は#120~240に位置するので、購入する際の参考にしてください。

細目

細目』のヤスリは、中目よりもさらに細かい目が特徴。近づいて見ないと目が見えないほど細かいです。細かい作業が多いプラモデルや工芸品の仕上げに向いています。中目よりもさらに滑らかに仕上がるので、とても美しい削り口になるでしょう。

目が細かいので、素材を削る用途には向いていません。荒削りや中目のヤスリで削った後の仕上げ用として使うのがベスト。紙ヤスリの番手は#280~800に位置しています。

油目

油目』は細目よりもさらに目が細かいのが特徴です。非常に細かいので近づいてみても溝がうっすらと確認できる程度。素材の汚れを落としたり、ツヤを出すために用いられます。素材の加工には向いていません。最終仕上げ用として使いましょう。

紙ヤスリの番手は#1000~2000程度が極細目と呼ばれています。油目も極細目と同じ性能をもっているので参考にしてください。

ヤスリの目詰まりにおすすめのアイテム

ヤスリ』は長い間使っていると目詰まりを起こして、ヤスリ本来の性能を発揮できなくなります。定期的に洗浄することで長もちさせられるので、しっかりお手入れするのが大切。

ヤスリの目詰まりを解消させるためのアイテムは、真鍮製のワイヤーブラシと、超音波洗浄機があります。

真鍮製のワイヤーブラシは安価で購入できるため手軽です。ワイヤーブラシには真鍮製とステンレス製が存在しますが、購入するなら真鍮製を選びましょう。

ステンレス製のワイヤーブラシだと、ヤスリに傷がついて劣化してしまうからです。必ず真鍮製のものを選んでください。

超音波洗浄機はワイヤーブラシでも落とせない素材を簡単に落とせます。目詰まりを起こしたヤスリがピカピカになります。アルミや銅など、落ちづらい素材を落とす際にピッタリのアイテムといえるでしょう。

ヤスリ のおすすめ人気比較ランキング

第10位

Bigman(ビッグマン) 耐水ペーパーミニ18枚

748円(税込)

水で濡らすと目詰まりしにくく削りカスが飛び散らない

耐水ペーパーの紙ヤスリで、水で濡らして使うことで真価を発揮します。濡らすと目詰まりを防いで削りカスも飛散しません。紙ヤスリを使用した後に出る、削りカスの掃除が楽になるのがポイント。

また使いやすいサイズにカットされているので、購入後すぐに使えます。塗装面の研磨、金属製品のサビ落とし、キッチンの清掃など幅広く使える紙ヤスリです。

第9位

ツボサン 5本組ヤスリ(ハードクロムコーティング)

9,137円(税込)

ハードクロムコーティングでよく削れる

ツボサンの5本組ヤスリは、耐腐食性と耐摩耗性にすぐれた「ハードクロムコーティング」が施されています。使用するほど摩耗していくヤスリの弱点を克服しており、サビもつきにくいです。通常の鉄工ヤスリの3倍ほどの強度を誇ります。

高い硬度を活かして、木材からステンレスまで幅広い素材を研磨できる優秀なヤスリです。超硬金属以外なら、たいていの素材を削れる強い研削力があるため、金属製品の加工に向いています。

第8位

タジマ ボードヤスリ スーパーハード180 TBY-SH180

3,800円(税込)

セラミック製で驚異的な耐久能力をもつヤスリ

超硬金属に匹敵するファインセラミック製のヤスリ「ボードヤスリ スーパーハード180」。強度の高い石膏ボードやケイカル板の切削り加工も楽に行えるのが特徴。セラミック製の本体は摩耗しづらく、鉄製ヤスリの10倍の耐久力を誇ります。

ヤスリの刃が素材に食い込む、「シャトル構造」を採用しているので、削る力が非常に高いです。強度の高い素材を荒削り、切削り加工をする方に向いています。

第7位

龍宝丸 超硬万能刃研ぎやすり 1043

2,659円(税込)

硬い金属も滑らかに仕上げるダイヤモンドヤスリ

龍宝丸の超硬万能刃研ぎヤスリは、刃物の目立てや金属製品の仕上げにピッタリなダイヤモンドヤスリです。ダイヤモンドの強度で、硬い刃物も数回研げば、新品の切れ味が戻ります。さらに平面、曲面どちらにも対応しているので、使う刃物の形状を問いません。

日用品である包丁から、農作業で使うクワ、カマまで幅広く研磨できます。使用している刃物の切れ味が悪くなったと感じたら、検討してみてはいかがでしょうか。作業効率を上げることができますよ。

第6位

さまざまな形状に対応したDIYにピッタリの木工用ヤスリ

3本組の木工用ヤスリで、それぞれ平面、半丸、丸形が用意されています。削る場所によってヤスリを切り替えて使えるため、多様な木工製品を作るDIYで活躍するアイテムです。グリップももちやすい形状なので、作業効率もアップ。

木製の素材をゴリゴリ削れるヤスリです。DIYが趣味の方から、本格的に木工製品の作成を行う方まで幅広く使えるでしょう。

第5位

SUN UP ダイヤモンドヤスリ 3本組

445円(税込)

精密作業にピッタリなダイヤモンドヤスリ

ダイヤモンド粒子を使用したヤスリで、ステンレスやガラス製品の研磨が可能です。サイズも小さいため、小型製品の細かいバリ取りや、面取り作業にピッタリ。さらに平面、半丸、丸形まで3種類の形状を備えているため、素材を選ばないのもうれしいポイントです。

硬い金属製品の加工や、刃物の目立てに向いているヤスリといえます。硬い金属を扱う方や細かい作業が多い方に使って欲しいヤスリです。

第4位

削りから仕上げまで幅広く使える紙ヤスリセット

番手が#80~1500まで幅広くセットで販売されているのが特徴的な紙ヤスリ。さまざまな粗さのペーパーが12枚セットになっているため、荒削りから仕上げまで多様な用途に使えます。さらに価格も436円と安く、コスパもよいです。

1セットで削りから仕上げまで行えるので、とてもコスパのよいヤスリといえます。手軽に素材の研磨から仕上げまで試してみたい方にピッタリです。

第3位

SK11 (エスケー11) 細工用 ヤスリ 中目

899円(税込)

細かい作業も楽に行える細工用ヤスリ

製品の細かい細工を行うのにピッタリなヤスリです。金属など硬い素材にも細工が施せるのがポイント。作業しづらい金属製素材の加工を研削、研磨まで行えるすぐれたヤスリです。

工芸品やプラモデルのディティールを向上させることができます。金属製品の加工で細かい作業が多い方にも向いているので、検討してみてはいかがでしょうか。

第2位

木材の加工にピッタリな目詰まりしないノコギリ型ヤスリ

平形のヤスリにノコギリのような刃を取りつけた、特徴的な形状のヤスリです。木材やプラスチックを簡単に削り取れるので、DIYにピッタリ。通常のヤスリよりも削りやすいため、成形までのスピードを短縮できるのがうれしい。

特徴的な形状から、目詰まりしにくいのでお手入れも楽です。日曜大工やDIYなど幅広く使えるので、木工作業をする方なら1本はもっておきたいヤスリです。

第1位

ツボサン 細工用ヤスリ ST-01

2,302円(税込)

あらゆる用途に使える3本セットの細工用ヤスリ

ツボサンの細工用ヤスリは平、半丸、丸形の3本セットで、素材の形状を選ばずに加工できるのが特徴。細かい金属製品の加工に向いています。金属製品の切削り加工、バリ取り、仕上げまでさまざまな用途に使えます。

ツボサンの細工用3本セットヤスリを使いこなせば、あらゆる金属製品の加工に対応できるでしょう。DIYで金属素材を扱う方から金属加工を仕事にする方まで、幅広くおすすめしたい製品です。

ヤスリ のおすすめ比較一覧表

商品画像
ツボサン 細工用ヤスリ B003EIHUM6 1枚目
シントー 鋸ヤスリ S B001AX0X12 1枚目
SK11 (エスケー11) 細工用 ヤスリ 中目 B002NAUKF0 1枚目
KAKURI 紙ヤスリMIXセット B01ARIEU0A 1枚目
SUN UP ダイヤモンドヤスリ 3本組 B00BCG23WE 1枚目
高儀 M&M 木工用 ヤスリ B00MF2GQJU 1枚目
龍宝丸 超硬万能刃研ぎやすり B000O1PK32 1枚目
タジマ ボードヤスリ スーパーハード180 B0051MP2SM 1枚目
ツボサン 5本組ヤスリ(ハードクロムコーティング) B004IKPZO4 1枚目
Bigman(ビッグマン) 耐水ペーパーミニ18枚 B073QGPDFP 1枚目
商品名 ツボサン 細工用ヤスリ シントー 鋸ヤスリ S SK11 (エスケー11) 細工用 ヤスリ 中目 KAKURI 紙ヤスリMIXセット SUN UP ダイヤモンドヤスリ 3本組 高儀 M&M 木工用 ヤスリ 龍宝丸 超硬万能刃研ぎやすり タジマ ボードヤスリ スーパーハード180 ツボサン 5本組ヤスリ(ハードクロムコーティング) Bigman(ビッグマン) 耐水ペーパーミニ18枚
型番 ST-01 1043 TBY-SH180
特徴 あらゆる用途に使える3本セットの細工用ヤスリ 木材の加工にピッタリな目詰まりしないノコギリ型ヤスリ 細かい作業も楽に行える細工用ヤスリ 削りから仕上げまで幅広く使える紙ヤスリセット 精密作業にピッタリなダイヤモンドヤスリ さまざまな形状に対応したDIYにピッタリの木工用ヤスリ 硬い金属も滑らかに仕上げるダイヤモンドヤスリ セラミック製で驚異的な耐久能力をもつヤスリ ハードクロムコーティングでよく削れる 水で濡らすと目詰まりしにくく削りカスが飛び散らない
価格 2,302円(税込) 1,544円(税込) 899円(税込) 434円(税込) 445円(税込) 1,640円(税込) 2,659円(税込) 3,800円(税込) 9,137円(税込) 748円(税込)
商品リンク

ヤスリのおすすめまとめ

ヤスリ』の特徴と選び方を説明してきました。ヤスリには形状や目の粗さによって、さまざまな種類があります。使用目的にあったものを選ぶことで、素材の加工が楽になり、DIYやプラモデル制作がさらに楽しくなります。

今回の記事で紹介したヤスリの選び方とおすすめ商品を参考にして、ピッタリのヤスリを選んでみてはいかがでしょうか。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ヤスリ
のおすすめ関連記事をもっと見る