めんつゆのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】めんつゆのおすすめ10アイテムのおすすめ比較ランキング。めんつゆの特徴やおすすめの選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのめんつゆをランキング形式でご紹介。
ふじひら

肉じゃがや焼うどんなど、いろいろな料理の味付けに大活躍するのが『めんつゆ』です。

1つで味が決まるので、料理初心者の方でも扱いやすく、人気の高い調味料になります。めんつゆは多くのメーカーから発売されているので、使われているだしの種類が豊富にあり、どの商品にしようか悩んでしまう方が少なくありません。今回はめんつゆの種類や選び方・おすすめ商品をご紹介します。

めんつゆと他つゆの違い

そばつゆ

そばつゆ』は、名前の通りそばを食べる際に使用するつゆです。香り豊かなそばに負けないようだしや砂糖などを多くいれずに、香りが強すぎない分量となっています。またそばはつゆと絡みにくいので、しょうゆを強めにして濃い味で作られているのが特徴です。少量でもしっかりとつゆの味を感じられます。

水で割るなどの希釈をせずに、ストレートで使う商品が多いです。

天つゆ

天つゆ』とは、天ぷらを食べる際に使うつゆです。天ぷらはさまざまな食材で作ることができるので、食材の味を活かせるように味は薄いのが特徴になります。その分香りを感じられるよう、だしは多めです。砂糖やみりんをめんつゆに比べ多く配合されているので、甘さを強く感じる味になります。油を使うためこってりしがちな天ぷらは、さっぱりと食べらるように大根おろしなどの薬味を一緒にいれる方法が人気です。

天ぷらの素材をしっかり味わいたい方におすすめします。

おすすめのめんつゆの種類

濃縮度

ストレートタイプ

ストレートタイプ』のめんつゆは希釈の必要がないように、だしを多くいれることでちょうどいい味に仕上げています。少しの手間が省けるので、すぐに食べたい方や忙しい方に人気です。

手間がかからない分、濃縮タイプよりもやや価格が高くなります。またあまり日持ちがしないので、使いきれる量を購入するといいでしょう。ボトルやパウチ・缶など容器はさまざまなので、使う人数にあわせて選べます。日々の料理に使うよりも、麺料理での使用におすすめです。

濃縮タイプ

濃縮タイプ』のめんつゆは、水で薄めて使う商品です。濃縮タイプの中にも種類があり、2倍・3倍・4倍と使用時に薄める量が違います。パッケージに明記されているので、購入前に確認するといいでしょう。

ストレートタイプに比べ味がしっかりしており、和食を作る際の味付けとして人気です。また好みで濃さを調整できるため、自分好みに仕上げられます。コスパが高く日持ちするので、よくめんつゆを使う方は濃縮タイプがおすすめです。

だし

かつおだし

旨味成分であるイノシンが含まれている『かつおだし』は、バランスのいい香り・旨味で多くのめんつゆで使われているだしです。料理の調味料としても使いやすいですが、香りが強い商品はうどんなどの元の味が薄い食材に合います。

食材自体の香りが強いとかつおだしの香りが薄れてしまうので、食材を選んで使用するといいでしょう。かつおだしの1番だしを使っているめんつゆは、豊かな香りを楽しめます。

こんぶだし

こんぶだし』には、グルタミン酸という旨味成分が含まれています。コクをプラスしてくれるので、奥深さを感じる料理に仕上げてくれます。香りが強すぎないのでさまざまな和食に使いやすいだしです。

素材の味を存分に引き出してくれるので、優しい味わいの炊き込みご飯や出し巻き卵などの料理におすすめします。また使われるこんぶによって香りや味わいが変わるので、選ぶのも楽しいです。

あわせだし

あわせだし』は、複数のだしをあわせたものです。だしの種類は多いので、組みあわせ次第で味が変わりますが、とくに人気が高い組みあわせがこんぶとかつおになります。それぞれの旨味成分があわさると、相乗効果でより旨味がアップします。香り・旨味どちらもしっかり感じられますが、バランスがいいので料理にも使いやすいめんつゆです。

商品によっては数種類のだしをブレンドしています。シンプルな料理にマッチするので、素材を活かした料理に使ってみましょう。

白だし

白だし』は、こんぶだしやかつおだしなどをベースに、白しょうゆやみりん・砂糖などで作られためんつゆです。黒っぽい色のめんつゆとは異なり、少し黄色がかった澄んだ色をしています。食材に色が染み込まないので、茶碗蒸しや出し巻き卵など本来の色を楽しみながら食べる料理にぴったりです。

色味は薄いものの味はしっかりとついているので、希釈で使う商品が多くあります。高級料亭などでも使われており、上品な味わいが特徴です。

おすすめのめんつゆの選び方

目的で選ぶ

万能系

しょうゆと砂糖が絶妙なバランスで配合されて万能系めんつゆは、煮物だけでなくちょっとした味付けにも使えます。料理の味付けが苦手な方でも、分量通りにめんつゆを使えば味が決まるので安心です。お浸しなどの副菜の味付けにも大活躍します。

しょうゆで味わう料理を、あえてめんつゆに変える方法もおすすめです。和食以外の使い方でも注目されています。

あっさり系

そうめんや冷たいうどんなど、さっぱりした食材に使う場合はあっさり系のめんつゆがおすすめです。専用のめんつゆは甘めな仕上がりとなっており、細めの麺に合うよう塩味が抑えられた商品になります。

夏場は暑さで食欲が落ちることが多いため、あっさりとしためんつゆを使うと食べやすいでしょう。地方により馴染みのあるめんつゆが異なりますので、ベースの味をチェックしておくと安心です。

濃い系

食材の味に負けないそばつゆなどの濃い系めんつゆは、だしとしょうゆをガツンと味わいたい方におすすめです。メーカーによってだしだけでなく、しょうゆの濃さや甘さが異なります。濃い系のめんつゆは、味・甘さ共に濃厚な仕上がりの商品が多いです。

商品名にも『濃い』と記載されている場合が多いので、すぐに見つけることが可能です。味をしっかり染み込ませて食べる、肉じゃがなどの煮物に合います。

麺の太さにあわせて選ぶ

そうめん・ひやむぎは細めなので、濃い味のめんつゆを使うと麺の味が消えてしまいます。麺の味を引き立たせるような、上品な薄味のめんつゆがおすすめです。

反対に太めのうどんなどは、濃い味のめんつゆが合います。とくに煮込みうどんのような、麺にめんつゆを染み込ませて食べる料理におすすめです。食べ応えを感じやすいので、濃厚な味が好きな方はおいしく感じるでしょう。

また東日本では濃い味・西日本では薄い味など、地域によって差が出ています。

特徴で選ぶ

旨味の成分

かつおやこんぶ以外でも、旨味が溶けだすだしがあります。繊細な味わいで人気のあごだしや、まろやかな仕上がりのしいたけ、肉の旨味とコクがプラスされる地鶏などから選べます。

地方ごとで愛用しているめんつゆのだしが変わるので、ホタテの旨味が配合された商品も人気です。旨味が濃縮されただしによって、味の違いを楽しめます。

添加物で

1本で味が決まるめんつゆには、旨味調味料など添加物や色をつけるカラメル色素が入っている商品があります。さまざまな商品で使われている添加物ですが、気になる方はパッケージをチェックしておくと安心です。

安全性にこだわりたい方は、無添加と記載されているめんつゆを選びましょう。無添加のめんつゆも少なくないので、数種類の中から好きな味のめんつゆを見つけられます。無添加の場合保存期間が短い商品が多いです。

日持ち

めんつゆはほとんどの商品がある程度の容量になるため、1日での使い切りが難しいです。数日で使い切る方はあまり多くいないので、日持ちめんつゆを選びたい方は濃縮タイプがいいでしょう。

希釈して使うのでコスパ抜群で、お財布に優しいです。濃縮タイプはスーパーだけでなく、ドラッグストアやコンビニなどでも購入可能なので、欲しい時に手軽に購入できます。

ストレートタイプはあまり日持ちしないので、購入の際によく確認しましょう。

濃さや香りで

めんつゆは味の濃さやだしの香りにこだわりがある商品があります。濃いめんつゆはしょうゆや砂糖などが多めに配合されているので、めんつゆの味をよりしっかりと感じられます。

だしにこだわりがあるめんつゆは、食欲がそそる香りで繊細なおいしさを楽しめるでしょう。塩分を控えている方は、香りが豊かなめんつゆがおすすめです。

地域性で選ぶ

東日本・西日本では料理の味付けに違いがありますが、めんつゆも同様です。東日本では主にかつおだしをベースに濃口しょうゆを使うので、黒いしっかりとした色をしためんつゆが主流となります。めんつゆの味をしっかり感じられる商品です。

西日本ではこんぶだしとかつおだしのほかにも、魚介などのいろいろな種類のだしを使用します。薄口しょうゆや白しょうゆを使うので、色が薄いのか特徴です。だしが効いた香り豊かで素材の味を引き立てる味わいになります。

地方で違いがありますが、馴染みの地で一般的な味付けだけでなく、好みの味で選ぶのがいいでしょう。

クチコミで選ぶ

最近は実際に使用した人のクチコミを参考に選ぶ人が多いです。もちろん好みの差はありますが、味わいや香りなどは購入しないと分からないため、ほかの方の意見は参考にしやすいです。

商品のメリット・デメリットを確認できるので、使い方を変えることもできます。いつもと違うめんつゆを買いたい方は、まずはクチコミをチェックしてみるといいでしょう。また取り寄せや通販でめんつゆを購入する場合も、非常に役に立ちます。

めんつゆ のおすすめ人気比較ランキング

第10位

かつおでとった2回だしと絹ぶし製法で甘さ控えめのかつおだしが効いた本格的な味付けが簡単にできる2倍濃縮めんつゆ

日本料理のプロも行う、かつおから「旨味だし」と「香りだし」の2回だしをとる製法を採用した、2倍濃縮タイプのめんつゆです。また「絹ぶし製法」により、かつおぶしをマイクロレベルまで細かくして加えることで、香り豊かで本格的な味付けができます。

甘さを抑えた味付けになっており、煮物だけでなくお鍋にもぴったりです。スッキリとした味が好きな方におすすめします。

第9位

厚削りかつおぶしの1番だしから出た香り・コクを堪能でき伝統的な取り方でワンランク上の味わいに仕上げた2倍濃縮めんつゆ

厚削りのかつおぶしをたっぷりと使用し、蕎麦屋でも行う伝統的なだしの取り方を採用した、ワンランク上の味に仕上げた2倍濃縮めんつゆです。

豊かな香りの中にしっかりとコクを感じ、だしの旨味を堪能したい方におすすめします。麺類だけでなく、さまざまな料理の味付けにぴったりな万能タイプです。紫外線から中身を守る高級感漂う黒ボトルが目を惹くデザインです。

第8位

かつおぶしのプロが選び抜いたかつおぶし2種類+宗田かつおぶしを使用し口にいれてから最後までだしの風味を感じられる2倍濃縮めんつゆ

かつおぶしのプロが数百種類のかつおぶしの中から選び抜いた、かつおぶしを使用した2倍濃縮のめんつゆです。スッキリ×まろやかな2種類の異なる香りのかつおぶしと、旨味とコクに定評のある宗田かつおぶしを配合することで、口にいれたあとも最後までだしの風味を感じられます。

独自の抽出製法により品のある旨味が凝縮した1番だしがカギです。かえしにもこだわっており、食材を活かした味付けに仕上がります。

第7位

こだわりの上質なかつおぶしの1番だしを使用した食材の色合いを活かすまろやかな味わいでさまざまな料理に使える白だし

ヤマキがこだわった上質なかつおぶしの1番だしを使用し、香り×旨味で食材のおいしさを際立たせる白だしです。まろやかな味わいで、和食だけでなく洋食などさまざまな料理に大活躍します。

だしが効いた白だしは水で薄めて煮るだけで、簡単にスープが完成します。上品な味わいと使いさすさで、幅広い年代の方から大人気です。

第6位

キッコーマン 濃いだし本つゆ

395円(税込)

豊かな香りと濃厚な味わいを楽しめさまざまな料理に使いやすい4倍濃縮でコスパ抜群な押し出し式ボトルのめんつゆ

消費者に嬉しいリニューアルをした、4倍濃縮の濃いめんつゆです。削りぶしを抽出前に蒸らすことで、豊かな香りを引き出す「だし香り抽出製法」を採用しました。

3倍濃縮から4倍濃縮に変更されたので、たっぷりと使えてコスパ抜群です。量の調整がしやすい「押し出し式ボトル」にリニューアルし、使いやすさもアップしています。よりめんつゆの味を感じたい方におすすめです。

第5位

3種類のだしをバランスよく配合しだしの風味をしっかりと感じられる関西風の味付けにぴったりな3倍濃縮めんつゆ

こんぶ・かつお・しいたけの3種類のだしをバランスよく配合した、3倍濃縮のめんつゆです。そのまま使う麺類のつゆや、カツ丼・煮物など多くの料理に大活躍します。

関西風のだしが効いた味付けに仕上がるので、故郷の味を自宅で簡単に再現できます。ほどよい甘さとしっかりと感じる旨味で、ファンが多い商品です。

第4位

万能つゆ 味どうらくの里

1,520円(税込)

和洋中と多くの料理で使えるかつおだしベースで甘さのバランスがちょうどいいしょうゆ代わりになる5倍濃縮めんつゆ

秋田県民は馴染み深い、かつおだしベースの5倍濃縮めんつゆです。甘さ・旨味のバランスがちょうどよく、そのまま使えばしょうゆ代わりになります。

煮物などの和食だけでなく、洋食・中華と幅広い料理に大活躍です。大容量かつ5倍濃縮とコスパ抜群なので、家族が多い方でも気兼ねなく使えます。クセのない味わいでこれしか使えないという方が続出中です。

第3位

特級しょうゆにかつお×こんぶをバランスよく配合し炒め物・煮物・ドレッシングと幅広く活用できる3倍濃縮めんつゆ

素材のよさをしっかりと感じられる、かつおだしとこんぶだしを使った3倍濃縮めんつゆです。特級しょうゆが使われており、しょうゆ代わりとして使う方も多くいます。

とくに関東出身の方に馴染みがあるめんつゆです。保存料を使用していないので、開封後の保管方法はしっかりと確認しておくといいでしょう。飽きのこない安心できる味わいのため、ほかのめんつゆから戻ってきたという方が多いです。

第2位

こんぶだしベースにかつおだしをブレンドしまろやかな中にコクを感じる味わいに仕上げた3倍濃縮のめんつゆ

こんぶだしをベースにし、かつおだしや魚介・しいたけのだしをブレンドすることで、まろやかなでコクを感じる仕上がりの3倍濃縮めんつゆです。肉料理や魚料理との相性がよく、麺料理以外の煮物や天つゆにも使えます。

比較的甘めの味になっているので、濃厚で甘めの味付けが好きな方におすすめです。さまじまなだしの旨味が味わえるめんつゆになります。

第1位

かつおの旨味をしっかりと感じられる選りすぐりの材料と技術力で品のあるまろやかな味わいに仕上げたプロも認めるめんつゆ

濃厚なかつおの1番だしのほかに、にぼしやさばぼしを加えた味わい深いめんつゆです。選りすぐりの材料と高い技術で作り上げられ、知名度も高くCMでもお馴染みとなっています。

和食以外の料理にも使え、創味のつゆを加えるだけでワンランク上の味を目指せます。甘めに仕上がっており、だししょうゆとして使う方法もおすすめです。まろやかでコクがある味わいがクセになります。

めんつゆ のおすすめ比較一覧表

商品画像
創味 つゆ B000KE71EY 1枚目
ヤマサ 昆布つゆ B004LZKQX6 1枚目
にんべん  つゆの素 B0033VIQTA  1枚目
万能つゆ 味どうらくの里 B009E5SM9I 1枚目
やまもり 名代つゆ B01DNBMYN8 1枚目
キッコーマン 濃いだし本つゆ B06W9JFHPB 1枚目
ヤマキ 割烹 白だし B07BFMSYZ9 1枚目
ヤマキ めんつゆ B07BFLJYBY 1枚目
桃屋 つゆ 大徳利 B01D9RILSS 1枚目
ミツカン  追いがつおつゆ B0176LZH3A 1枚目
商品名 創味 つゆ ヤマサ 昆布つゆ にんべん つゆの素 万能つゆ 味どうらくの里 やまもり 名代つゆ キッコーマン 濃いだし本つゆ ヤマキ 割烹 白だし ヤマキ めんつゆ 桃屋 つゆ 大徳利 ミツカン 追いがつおつゆ
特徴 かつおの旨味をしっかりと感じられる選りすぐりの材料と技術力で品のあるまろやかな味わいに仕上げたプロも認めるめんつゆ こんぶだしベースにかつおだしをブレンドしまろやかな中にコクを感じる味わいに仕上げた3倍濃縮のめんつゆ 特級しょうゆにかつお×こんぶをバランスよく配合し炒め物・煮物・ドレッシングと幅広く活用できる3倍濃縮めんつゆ 和洋中と多くの料理で使えるかつおだしベースで甘さのバランスがちょうどいいしょうゆ代わりになる5倍濃縮めんつゆ 3種類のだしをバランスよく配合しだしの風味をしっかりと感じられる関西風の味付けにぴったりな3倍濃縮めんつゆ 豊かな香りと濃厚な味わいを楽しめさまざまな料理に使いやすい4倍濃縮でコスパ抜群な押し出し式ボトルのめんつゆ こだわりの上質なかつおぶしの1番だしを使用した食材の色合いを活かすまろやかな味わいでさまざまな料理に使える白だし かつおぶしのプロが選び抜いたかつおぶし2種類+宗田かつおぶしを使用し口にいれてから最後までだしの風味を感じられる2倍濃縮めんつゆ 厚削りかつおぶしの1番だしから出た香り・コクを堪能でき伝統的な取り方でワンランク上の味わいに仕上げた2倍濃縮めんつゆ かつおでとった2回だしと絹ぶし製法で甘さ控えめのかつおだしが効いた本格的な味付けが簡単にできる2倍濃縮めんつゆ
価格 880円(税込) 1,151円(税込) 1,171円(税込) 1,520円(税込) 606円(税込) 395円(税込) 244円(税込) 228円(税込) 358円(税込) 364円(税込)
商品リンク

めんつゆのおすすめまとめ

めんつゆ』はだしの種類はもちろんのこと、甘さやしょうゆの濃さでも味が変わります。1本で味が決まる万能な調味料なので、料理に欠かせない方が多いです。数多くのメーカーから発売されており、それぞれ違った味わいを楽しめます。地域でも味に違いがあるので、クチコミなどで好みのめんつゆを見つけるといいでしょう。薄味がお好みの方は関西風のめんつゆがおすすめです。

料理が苦手な方でも扱いが簡単なので、味付けに困った際にはぜひ活用してみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

めんつゆ
のおすすめ関連記事をもっと見る