プロジェクターのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】プロジェクターの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。プロジェクターの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのプロジェクターをランキング形式でご紹介。
みこ

大きなスクリーンに画像や動画を映し出すことができる『プロジェクター』は、学校や会社などでよく使われていますよね。実はビジネスだけではなく家庭でも気軽に使えるホームプロジェクターが今、大人気。

今回は家庭用とビジネス用の『プロジェクター』の違いをはじめ、上手な選び方について詳しくお伝えしていきます。また購入前のチェックポイントやおすすめアイテムについてもランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ホームプロジェクターとビジネス用プロジェクターの違い

プロジェクター』は仕事など公の場で使われるビジネス用のプロジェクターから、自宅などの小さなスペースでも使えるホームプロジェクターがあります。

ビジネス用のプロジェクターは会議や講演などで使われることが多く、電気がついた明るい場所でも鮮明に見えるように明るさのルーメンは高くなっているのが特徴です。またホームプロジェクターは家でビデオやゲームなどを楽しめるように、画質を重視したものが多く揃っています。

プロジェクターのおすすめの選び方

プロジェクターを使用する目的で選ぶ

ゲーム

ゲームを大画面で楽しむためにプロジェクターを購入する際には、プレイするゲーム機器に対応しているかどうかをチェックしましょう。

ニンテンドースイッチやPS4などの最新のゲーム機器であれば、HDMI端子を使用するため、プロジェクターにもHDMI端子があるものを選ぶと直接つなぐことができて便利です。またゲームモードを採用したプロジェクターもあるので、高画質でリアルなゲームを満喫することができます。

映画鑑賞

映画を観るためにプロジェクターを購入する場合には、プロジェクターの画像解像度を確認することが大切です。テレビと同じくらいの解像度であるフルハイビジョンHDのプロジェクターであれば、値段も比較的手頃なものが揃っています。

フルハイビジョンでも画面の粗さが気になる方であれば、HDの約4倍もの高精細な4Kがおすすめです。4Kなら映画館並みの高画質な映像を満喫でき、臨場感溢れるホームシアターが完成します。

テレビ・DVD

プロジェクターでテレビやDVDを楽しみたい場合には、プロジェクター本体内部に搭載されてあるランプの寿命についても確認しておきましょう。一般的には水銀ランプが使われており、だいたい1年間、約2,000時間くらいでランプが切れてしまいます。

より長持ちするランプを選ぶなら、水銀ランプの約10倍も長持ちするLEDやレーザーのランプがおすすめ。また野外で使いたい場合には、バッテリーの駆動時間もチェックすることが大切です。

持ち運びやすさで選ぶ

ポータブル型プロジェクター

アウトドアや出張などで外に持ち運びする機会が多い場合には、『ポータブル型』のプロジェクターが便利です。バッテリーが取り外しできるタイプや、手のひらに乗るほど軽量コンパクトなサイズもあり、小型で持ち歩きやすいのが利点です。

プライベートではキャンプで野外上映会をしたり、ビジネスシーンではスマートフォンと接続してプレゼン資料を高画質で投影できるなど、場所を選ばずに様々なシーンで使うことができるとして人気があります。

据え置き型プロジェクター

プロジェクターを外に持ち出す機会が少ないのであれば、『据え置き型』のプロジェクターを選ぶのがおすすめです。ポータブル型のプロジェクターと比較すると、据え置き型の方がより明るく投影できる作りになっています。

とくにゲームや映画などに最適な4Kなどの高画質なモデルが豊富なため、映像の質を重視したい方から大人気。さらにノイズを軽減する機能やフレーム補完機能があるなど、映像のクオリティの高さが評判です。

プロジェクターの明るさ (ルーメン) で選ぶ

1000ルーメン以下のプロジェクター

プロジェクターの明るさは機器によって様々な種類があり、投影する環境に適したプロジェクターの明るさを選ぶようにしましょう。明るさの単位であるルーメンの数値が大きくなればなるほど、明るくなりくっきりと投写することができます。

なかでもポータブル型のプロジェクターに多い1000ルーメン以下の明るさであれば、とりあえず気軽にプロジェクターを使ってみたい方や、低価格なものを選びたい方におすすめです。

1000〜2000ルーメンのプロジェクター

家庭用として出回っているホームプロジェクターで多いのが、1000〜2000ルーメンの明るさのタイプです。高画質なタイプのプロジェクターであっても、ルーメンの数値が低めのものもあるため、どのくらいの明るさなのかをよく確認することが大切。

部屋の明かりを暗くした状態で映像を投影することを前提に作られているので、1000〜2000ルーメンになっていることが多いのです。家庭で使うのであれば2000ルーメン以下でも十分に楽しむことができます。

2000ルーメン以上のプロジェクター

ビジネスシーンとして広いスペースや会議室などの明るい場所で使うのであれば、2000ルーメン以上のプロジェクターを選ぶのが最適です。見えやすさの観点から、明るさの数値とスクリーンのサイズも比例していくため、明るさに応じてスクリーンの大きさも変えることが大切になります。

3000ルーメン前後であれば60〜80型3000〜4000ルーメンであれば80〜100型4000ルーメン以上であれば100型以上のスクリーンサイズが最適です。

プロジェクターの解像度・縦横比で選ぶ

解像度は映像を構成する『ピクセル画素数』のことで、ピクセルの数値が大きいほど高精細な映像を楽しむことができます。またピクセル1つ1つの縦横比率を表すのが、ピクセルアスペクト比 (縦横比)です。

プロジェクターにパソコンなどの機器を接続する場合には、画像がはみ出たり小さく表示されるなど、思い通りにうまく投影ができないといったことが起きてしまいます。綺麗な投影を叶えるためにも、解像度やピクセルアスペクト比を合わせたり設定できるものを選ぶのが最適です。

プロジェクターの入力・接続端子で選ぶ

プロジェクターを選ぶ際には、入力・接続端子をあらかじめ確認しておきましょう。最新のゲーム機器やタブレットなどは、映像も音声も両方接続できるHDMI端子付きが豊富です。

パソコンの中にはVGA端子を必要とするものもあるため、仕事などでパソコンと接続してプロジェクターを使う場合にはVGA端子があるか、USBポートがついているかなど、どのような端子があるのかを必ず確認しておくと安心できます。

プロジェクター購入前のおすすめチェックポイント

投影距離

プロジェクターのレンズから映し出すスクリーンまでの距離を『投影距離』といいますが、購入する前には投影距離がどのくらいなのかを確認することが必要です。投影距離はプレジェクターの種類によっても違いますが、スクリーンのサイズによっても異なってきます。

プロジェクターの最大投影距離はどのくらいなのか、推奨されている投影距離がどのくらいか、ズーム機能やズームシフト機能がついているかなどを調べておくのがおすすめです。

設置環境

プロジェクターを設置する場所はもちろん、どのような環境で使うのかも必ずチェックする必要があります。プロジェクターを棚やテーブルの上に設置するのか、専用の三脚を使うのかなど、部屋のどこに置いたらスクリーン上で美しく映るのかを確認しましょう。

部屋の大きさやスピーカーの位置、観客の席にも配慮しながら、設置場所を決めるのがポイント。また壁側に設置する場合には排気部分が前面にあると、熱がこもりにくくおすすめです。

サイズ

プロジェクターの設置場所がある程度決まったら、どのくらいの大きさのプロジェクターが置けるのかサイズを確認しましょう。持ち運びできるポータブル型のプロジェクターであれば、手のひらに乗るほど小さなサイズもありますが、大きな会場であれば高画質で重量感のあるモデルも多く揃っています。

天井にプロジェクターを吊るして投影したい場合には、あまり重さのない軽量ボディの商品を選ぶことが大切です。

解像度

せっかくプロジェクターを購入するのであれば、なるべく解像度にこだわって選ぶのがおすすめです。プライベートであればリビングの壁に投影してホームシアターを楽しんだり、ビジネスシーンであれば会議でプレゼンしたりするのに使うことが多いでしょう。

どんな場面であってもなるべく解像度の高いものを選ぶと、映像が鮮明に見えて快適に視聴することができます。もっと高画質で見やすいものがよかったと後悔しないためにも、解像度は必ずチェックすることが大事です。

コントラスト比

プロジェクターの購入前には、解像度に加えて『コントラスト比』についてもチェックしておきましょう。ディスプレイに表示される明るさと暗さの差を数値で表したものがコントラスト比です。コントラスト比が大きいと明暗の差が大きくなるため、メリハリのある鮮明な映像を楽しむことができます。

プロジェクターを利用した映像がぼやっとした印象にならないためにも、コントラスト比を確認してリアル感のある投影を楽しむことがおすすめです。

ワイヤレス接続(Wi-Fi・Bluetooth)の有無

プロジェクターを他の電子機器と接続して使う場合には、ワイヤレス接続に対応しているかどうかも確認しておきましょう。パソコンやスマートフォン、タブレットなどとWi-FiやBluetoothを接続してプロジェクターを使いたい場合には、プロジェクター本体がワイヤレス接続に対応しているものを選ぶのがおすすめです。

接続したパソコンのマウスやタッチパネルで操作が可能になるものもあり、様々なシーンで重宝します。

プロジェクターのおすすめメーカー

EPSON (エプソン)

EPSON』は20年以上も連続してビジネス用プロジェクターのトップシェアを占めているほど、信頼性の高さが魅力です。とくにエプソンのプロジェクターは他のメーカーとは違う3LCD方式という投影方式を採用しているため、映像が明るく繊細な色の再現力に定評があります。

クリアな映像はもちろん、画像にちらつきがなく色のグラデーションもなめらかなため、長時間映像を見ていても目が疲れにくいのが助かります。

BenQ (ベンキュー)

BenQ』は台湾の電子機器メーカーで、PC周辺機器などを主流にリーズナブルな商品が多く人気を集めています。BenQのプロジェクターは家庭用からビジネス用まで幅広いラインナップを取り揃えているのが魅力です。

例えば4Kの高画質なプロジェクターなら他のメーカーでは30万円以上するものでも、ベンキューであれば約半分程度の15万円前後で販売されています。家庭用プロジェクターでも2000ルーメン以上の高品質モデルもあり、低価格なのにクオリティの高さが人気です。

SONY (ソニー)

SONY』のプロジェクターはコンパクトなものから、大画面投影が可能な設置型まで幅広いラインナップ展開が特徴です。2.7kgのデスクトップモデルをはじめ、小さな会議室でもわずか75cmの距離から投影できる短焦点モデル、CGやVRシミュレーションも楽しめる4Kモデルなど、どんなシーンでも使えるのが嬉しいポイント。

明るく長持ちする半導体レーザーを採用しているため、ランプ切れや寿命を気にせず使えるのが魅力です。

LG

韓国を本部とする『LG』のプロジェクターは、コンパクトサイズで高機能高画質、スタイリッシュなデザインといった3拍子が揃ったアイテムを豊富に揃えているのが特徴です。

わずか20cmの距離から120インチの大画面の投影が可能な超短焦点モデルをはじめ、映像の美しいLG独自の4ch LEDを採用した4Kモデル、ワイヤレス接続対応モデルなど、細かな部分までこだわりが詰まった商品が多いため、好みに合うものを見つけやすいのが魅力です。

ICOCO-LESHP (イココレシュプ)

ICOCO-LESHP』のプロジェクターは、手頃な値段の多機能なホームプロジェクターが豊富です。360度回転して投影が可能なタイプもあり、卓上だけではなく天井に吊るして使うこともできます。

またBluetooth接続が可能なモデルは、スマートフォンなどから画像やビデオを本体にアップロードできるほか、Android内蔵やWi-Fi搭載のタイプは直接インターネット経由でYou tubeなどを視聴することができるのが便利です。

プロジェクター のおすすめ人気比較ランキング

第10位

popIn Aladdin ポップインアラジン プロジェクター PA18U02VNA

69,000円(税込)

家庭用シーリングライトが高性能スピーカーとプロジェクターに変身し、ワクワクの毎日を提供するアイテム

家庭用の引っ掛けシーリングがあれば、取り付け工事なしで簡単に高音質スピーカー内蔵の高画質プロジェクターに変えられるのが特徴です。LEDライトは6段階の明るさと6種類の色で合計36段階の調光調節ができます。

無料のオリジナルコンテンツやYou tube、Huluなどのエンタメも楽しめるため、ワクワクの毎日を過ごすことができると大人気。専用リモコンでの操作だけではなく、スマートフォンでの操作も可能です。

第9位

iCODIS プロジェクター 3800ルーメン T400

11,000円(税込)

3800ルーメンの明るさとLED光源、LCDディスプレイ技術を採用し細部まで鮮明な映像が楽しめる逸品

3800ルーメンの明るさと720Pネイティブ解像度を備えた高品質なプロジェクターです。LED光源とLCDディスプレイ技術を採用しているため、細部まで鮮明で明るい映像を投影することができます。

またHDMI、USB、VGA、AVポートを備えているため、パソコンやスマートフォンなどあらゆる電子機器との接続も可能です。最大で150インチの大画面を投影できるほか、ランプ寿命は5000時間と長持ちするのが助かります。

第8位

LG レーザー 4K プロジェクター HU80KS

239,976円(税込)

WebOSとマジックリモコン操作で好きなコンテンツを自由自在に楽しめる高画質4K対応のプロジェクター

最大150インチの投影が可能な4K対応のプロジェクターで、2500ルーメンと150,000:1のコントラスト比で明るく鮮明な映像を満喫できるのが特徴です。ミラーによって投写位置を自由に設定できるため、床から天井まで好きな場所に設置できます。

WebOSを搭載しておりマジックリモコンで操作すれば、好きなコンテンツを自由に楽しめるのが魅力。レーザー光源を使用しているため、2万時間と長寿命なのも嬉しいポイントです。

第7位

LG LEDポータブル プロジェクター Minibeam PH550G

38,500円(税込)

Bluetoothやワイヤレス機能を搭載し、2.5時間駆動可能なバッテリー内蔵コンパクトプロジェクター

大きさは幅が174mm、奥行きが116mm、重さはたったの650gとコンパクトサイズで、長寿命なLEDランプを採用しています。内蔵のバッテリーをフル充電すれば、2.5時間も駆動可能なため映画なら1本分楽しめるのが魅力です。

HDMIやUSB、AVなど多彩なポート端子を搭載しており、様々な電子機器と接続できます。またワイヤレス接続が可能なAndroidを搭載し、Bluetooth外部スピーカーとの接続も可能なため、臨場感溢れる映像が楽しめると評判です。

第6位

SONY (ソニー) DLP投影方式 LED光源モバイルプロジェクター MP-CD1

36,800円(税込)

重さがたった280gと携帯に便利なコンパクトサイズにもかかわらず、2時間連続投写が可能な優秀アイテム

大きさは幅83mm、奥行き150mm、厚さ16mm、重さがたったの280gと軽量なため、ポケットにもすっぽり収まる小型プロジェクターです。バッテリーを内蔵し、2時間も連続投写が可能なのが嬉しいポイント。

またLED光源とDLPモジュールが素早く作動するため、電源を入れてわずか5秒で投影ができ、ビジネスシーンで大活躍します。投写中でもほかの電子機器にUSBポートで給電できるモバイルバッテリーとしても使えて便利です。

第5位

GooDee プロジェクター 1920*1080リアル解像度 T2601

13,600円(税込)

5500ルーメンの明るさと5000:1コントラスト比で、リアルな映像を楽しめるフルHDプロジェクター

5500ルーメンの明るさと5000:1のコントラスト比で、鮮明でリアル感のある映像を思う存分楽しむことができるフルHDプロジェクターです。本体は360度反転するため、背面や天井に吊るして使うことも可能。

また最新の冷却システムを導入しているため雑音が気にならない低騒音設計のほか、50000時間とランプ寿命が長くメンテナンスも楽なのが助かります。スマートフォンに接続して映像を楽しむこともできて便利です。

第4位

GooBang Doo ABOX プロジェクター A2

9,999円(税込)

3000ルーメンの明るさと1677万の色彩表現、2つの内蔵スピーカーで臨場感溢れる映像を叶える逸品

明るさは3000ルーメン、色彩表現が1677万と昼間の明るい場所でもクリアに投影ができる解像度1080PのHDプロジェクターです。2つのスピーカーを内蔵しているため、臨場感溢れるサウンドが楽しめるのも魅力のひとつ。

さらに独自の内部循環冷却システムを採用し、冷却ファンの音も静かで熱がこもりにくい設計になっています。ポート端子も多彩で、スマートフォンとの接続もできる万能アイテムです。

第3位

GooDee ミニプロジェクター YG200

5,999円(税込)

重さが267gの超軽量ボディに加え、わずか80cmの近い距離からでも投影できる短焦点プロジェクター

大きさは幅13.5cm、奥行き10cm、厚み6cmとポケットにも入る小型サイズで、重さが267gと超軽量なボディのため携帯に便利です。わずか80cmの近い距離からでも投影ができる短焦点プロジェクターなので、狭い場所でも楽しめるのが嬉しいポイント。

新型冷却システムを採用し雑音を制御してくれるため、ゲームや映画に集中することができます。またHDMIやUSBなどのポート端子を多彩に備えているため、様々な電子機器と接続が可能です。

第2位

DBPOWER プロジェクター 3000lm 1080P対応 L12

6,999円(税込)

176インチの大画面も投影可能で、3000ルーメンで明るく1080PのHDに対応した高解像度アイテム

3000ルーメンの明るさと1920×1080解像度、2000:1のコントラスト比を兼ね備えた1080PのHD映像にも対応した高機能プロジェクターです。高品質なLEDランプを採用しており、50000時間と長寿命なのが助かります。

また32〜176インチまでの大画面で投影ができるほか、静音設計のデュアル冷却システムと2つの内蔵スピーカーで、周りを気にせずリアルな映像の世界に没入できると評判です。

第1位

DR.J LED プロジェクター HI-04NEW

6,980円(税込)

4000ルーメンの明るさと1080P対応の高解像度に加え、カメラ三脚に対応した使い勝手のよさが人気

小型サイズにもかかわらず、4000ルーメンの明るさと1080P対応の高解像度、1000:1のコントラスト比を兼ね備えており、高品質な音声や映像を思う存分楽しめるのが特徴です。

LEDランプを採用しているため、40000時間の長寿命なのが魅力。32〜170インチまで投影が可能で、微調整ができる台形補正機能もあります。スマートフォンやタブレットと接続も可能で、カメラの三脚にも対応しているため外出先での投影にも便利です。

プロジェクター のおすすめ比較一覧表

商品画像
DR.J LED プロジェクター B075SV79KV 1枚目
DBPOWER プロジェクター 3000lm 1080P対応 B07WTLPPZF 1枚目
GooDee ミニプロジェクター B07JJB5JSF 1枚目
GooBang Doo ABOX プロジェクター B07H5D8ZTC 1枚目
GooDee プロジェクター 1920*1080リアル解像度 B07FR4YCWJ 1枚目
SONY (ソニー) DLP投影方式 LED光源モバイルプロジェクター B07BKZ99QY 1枚目
LG LEDポータブル プロジェクター Minibeam B01F84VMRM 1枚目
LG レーザー 4K プロジェクター B07FX87K8J 1枚目
iCODIS プロジェクター 3800ルーメン B07TG8Y97M 1枚目
popIn Aladdin ポップインアラジン プロジェクター B07J5B3VD2 1枚目
商品名 DR.J LED プロジェクター DBPOWER プロジェクター 3000lm 1080P対応 GooDee ミニプロジェクター GooBang Doo ABOX プロジェクター GooDee プロジェクター 1920*1080リアル解像度 SONY (ソニー) DLP投影方式 LED光源モバイルプロジェクター LG LEDポータブル プロジェクター Minibeam LG レーザー 4K プロジェクター iCODIS プロジェクター 3800ルーメン popIn Aladdin ポップインアラジン プロジェクター
型番 HI-04NEW L12 YG200 A2 T2601 MP-CD1 PH550G HU80KS T400 PA18U02VNA
特徴 4000ルーメンの明るさと1080P対応の高解像度に加え、カメラ三脚に対応した使い勝手のよさが人気 176インチの大画面も投影可能で、3000ルーメンで明るく1080PのHDに対応した高解像度アイテム 重さが267gの超軽量ボディに加え、わずか80cmの近い距離からでも投影できる短焦点プロジェクター 3000ルーメンの明るさと1677万の色彩表現、2つの内蔵スピーカーで臨場感溢れる映像を叶える逸品 5500ルーメンの明るさと5000:1コントラスト比で、リアルな映像を楽しめるフルHDプロジェクター 重さがたった280gと携帯に便利なコンパクトサイズにもかかわらず、2時間連続投写が可能な優秀アイテム Bluetoothやワイヤレス機能を搭載し、2.5時間駆動可能なバッテリー内蔵コンパクトプロジェクター WebOSとマジックリモコン操作で好きなコンテンツを自由自在に楽しめる高画質4K対応のプロジェクター 3800ルーメンの明るさとLED光源、LCDディスプレイ技術を採用し細部まで鮮明な映像が楽しめる逸品 家庭用シーリングライトが高性能スピーカーとプロジェクターに変身し、ワクワクの毎日を提供するアイテム
価格 6,980円(税込) 6,999円(税込) 5,999円(税込) 9,999円(税込) 13,600円(税込) 36,800円(税込) 38,500円(税込) 239,976円(税込) 11,000円(税込) 69,000円(税込)
商品リンク

プロジェクターのおすすめまとめ

家庭用とビジネス用の『プロジェクター』の違いをはじめ、上手な選び方について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたか?手のひらに乗るほどコンパクトなポータブル型のタイプをはじめ、4Kの高画質な映像が楽しめるタイプやワイヤレス接続できるものまであり、どれも魅力的なものばかり揃っていましたね。

今回ご紹介した購入前のチェックポイントやおすすめアイテムを参考にしながら、自分が納得のいくプロジェクターを選んでください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

プロジェクター
のおすすめ関連記事をもっと見る