テントのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】テントの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。テントの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのテントをランキング形式でご紹介。
-TAKA-

キャンプはもちろん海や公園、運動会などさまざまな場面で活躍する『テント』。テントは1人用からファミリー用などたくさんの種類があります。あまりにも種類が多すぎてどれを選んだら良いか分からない人も多いのではないでしょうか。

今回はテントの特徴や選び方、おすすめ商品を紹介していきます。テントを購入しようと思っている方はぜひ参考にしてください。

テントのおすすめの選び方

テント おすすめ 選び方

種類で選ぶ

ドームテント

キャンプ場などでよく目にするタイプが『ドームテント』です。ドームテントはポールを交差させて半球形を作るテントで、初心者や女性でも簡単に組み立てられるのが人気の理由。風に強いのが特徴で、どの方角から風が吹いても安心です。

1人用からファミリー用などのサイズが展開されており、用途に合わせて選びやすいのがポイント。

ツールームテント

ツールームテント』は前面にリビングルームを設けたテントです。同じテント内に寝室とリビングがありますが、それぞれが分かれているので使い勝手は抜群。居住性と快適性が高いため人気です。

タープを別で設営する手間が省け、荷物が少なく済むのもメリットです。ただドームテントに比べて設営時間や手間がかかるため、慣れていないと難しく感じるかもしれません。

ワンポールテント

円錐状の尖った形状が特徴的な『ワンポールテント』。テントを地面に広げてポールを1本立てるだけでほぼ完成します。ポールの高さによって前後しますが基本的に背が高く、中でも立てます。

設営に手間がかからないため初心者や女性におすすめ。ただしテント入り口にひさしやタープを設けないと雨が入り込みやすい点と、ポール1本で支えているので安定性に欠けるのがデメリットです。

ワンタッチテント

ワンタッチテント』は傘のようにフレームを伸ばすだけで簡単に設営できるタイプです。テント設営の知識がなくても、誰でも簡単に設営できるので人気があります。

手軽さが売りのワンタッチテントですが、通常よりも重くなりがちな点がデメリット。破損などによる修理が必要な場合は、テントごと修理に出さなければならないのもデメリットです。手軽にテントを組みたいという方におすすめ。

ポップアップテント

収納されている袋から取り出しロックを解除するだけで設営できるのが『ポップアップテント』。時間がほとんどかからないので、スピード重視の方におすすめです。

ポップアップテントは形状記憶によってできる反面、バネによる反動を抑えながら収納するため、片づけがやや面倒になります。設営は簡単ですが収納は慣れていないと難しいことを覚えておきましょう。

ロッジテント

居住性の高いテントをお探しの方におすすめなのが『ロッジテント』です。家をそのまま縮小したようなタイプのテントで、横幅や高さもあり快適性が高いのが特徴。

ロッジテントは鉄骨を使って設営するため難しそうに感じられますが、コツをつかむと1人でも簡単に組めます。鉄骨を使うため、重くなりやすいのがデメリットです。

エアフレームテント

エアフレームテント』は空気を使って設営するタイプです。一般的なテントは金属をフレームにしていますが、こちらは空気をフレームにしているので簡単に作れます。

居住性の快適さや設営の簡単さから人気があります。きれいに空気を抜かないと収納しづらいので、撤収時には慣れが必要です。

個性派テント

一般的なテントの種類に属さないタイプを『個性派テント』と言います。個性派テントの中にはハンモックのように浮いているものや海外の遊牧民が使用するタイプ、さまざまなテントの良いとこどりをしたものなど種類が豊富です。

それぞれのテントで設営時間や設営方法が異なるので、購入前に確認しておきましょう。他のキャンパーとは違う一面を見せたいなら、個性派テントがおすすめです。

構造で選ぶ

クロスフレーム型

テントの中で一番オーソドックスなタイプが『クロスフレーム型』になります。2本のフレームを交差させたシンプルな構造で、設営や撤収が楽です。またパーツも少なく済むのもメリット。耐風性も高いものが多いので、テント選びで困った際は候補に入れておきましょう。

ジオデシック構造

ポールを複雑に交差させ、球のような形が特徴的な『ジオデシック構造』。クロスフレーム型に比べてポールが多くなるので耐風性が高く、他のタイプと比べても安心感が段違いです。

しかしポールの本数が多くなるため重くなりがちな点と、設営方法が難しい点がデメリット。ジオデシック構造のテントは天候不良でも安定した居住性が確保できるので、登山をされる方におすすめです。

A型(H型)

2本のポールを三角形に組んでその間に1本ポールを通すタイプのものを『A型(H型)』と言います。設営しやすいものが多いため、初心者にもおすすめ。

デザインの種類が豊富で他のキャンパーと差別化を図りたいときにも重宝します。雨水が溜まりにくい構造なので、急な悪天候にも対応できるのが魅力です。

魚座型

魚座型』は2本のポールを2か所で交差させたタイプのものを指します。ポールの交差ポイントがクロスフレーム型に比べて多くなる分、外からの風に強くなるのが特徴です。天井が平らになるので、内部の圧迫感が少なくなり快適に過ごせます。

魚座型のポールは湾曲させているため長くなる傾向にあり、重量もそれなりにあるのがデメリットです。設営自体は難しくありませんが、慣れていないと時間がかかるかもしれません。

用途で選ぶ

キャンプ用

キャンプ用のテントを選ぶ際は、使用人数や居住性を重視して選ぶのがおすすめです。狭いテントでは圧迫感が強くなり、中で過ごすのが苦痛になってしまいます。

設営のしやすさを重視するならドームテント、家族が多い場合はツールームテントを選ぶと比較的ストレスなく過ごせます。テントの天井が高いほうが良い方はワンポールテントも候補に入れてみてください。

ツーリング用

ツーリング用のテントを選ぶときは軽量かつコンパクトなものを選びましょう。バイクは車と違い積める重さや大きさに限界があります。なので軽くて収納サイズが小さいことが必要条件です。

また自立式か非自立式かも重要。非自立式は地面にペグを打つ必要があるため場所を選びます。ペグが打てない場所でも使えるよう、自立式のテントを選ぶのが無難です。

登山用

登山用のテントは長時間テントを背負うことを想定して、軽量でコンパクトなものを選ぶのが良いでしょう。山は天候が変わりやすく風が強く吹くこともあるため、耐水性・耐風性の強さを考慮する必要があります。

登山用のテントはどのシーズンに使うかも重要です。使うシーズンが限定されていないときは、3シーズン対応のものがおすすめ。冬山登山にも使いたい場合は別売りオプションなども視野に入れてください。

海・公園・運動会用

海や公園、運動会でテントを使用するなら、ワンタッチタイプかポップアップタイプがおすすめです。設営が難しくなく、撤収も簡単なので初心者や女性でも扱いやすいのが魅力。

入り口が開いているサンシェードタイプは日陰がほしい場面で活躍します。入り口を閉められるフルクローズタイプは着替えなどが必要な場面で重宝するので、使うシーンを考えて選びましょう。

使用人数で選ぶ

使用人数は広さに直結するので快適性に関わってきます。スペック表には床面積や高さが記載されており、それを目安に広さをイメージしておきましょう。

コンパクトさを重視する方は使用人数ピッタリのものを、ゆとりあるものが良い方は使用人数より多いものを選ぶのがおすすめです。

設営のしやすさで選ぶ

テントはタイプによって設営難易度が異なります。1人でできるものから複数人いないと厳しいものまでさまざま。テント設営に時間がかかってしまうと疲れてしまうので、慣れていない方は設営のしやすさで選ぶのが良いでしょう。

数あるタイプの中でも設営しやすいといわれているのが、ドームテントとワンポールテントです。どちらも簡単に設営できるので、初めてのキャンプや慣れていないときにおすすめ。

機能性で選ぶ

耐水性

いつ雨が降ってきてもいいように耐水性のチェックが必要不可欠です。耐水性は『耐水圧』という項目でチェックでき、この数値が低いと水が染み込みやすくなります。

耐水圧の数値が高くなるほど浸水の可能性は低くなりますが、通気性が悪くなるというデメリットも。1500~2000㎜あたりのものを選んでおけば、強い雨にも耐えられるので目安として覚えておきましょう。

耐風性

テントはタイプによって風などの外部の圧力に対する強さが変わってきます。キャンプをするうえで最も怖いのが風です。風によってテントが立てられない、飛ばされてしまうといった事例も少なくありません。

風に強いのはジオデシック構造や背の低いテントなので、耐風性を重視する方はそちらのテントを選びましょう。またテントの構造を気にするだけでなく風対策をすることも重要です。

通気性

テントは閉め切って使うので湿気や熱がこもりやすくなります。そのため通気性が悪いテントだと不快に感じることも。通気性の良し悪しはキャンプの楽しみを大きく左右するので重要です。

基本的には入り口が通気口ですが、それ以外に通気口が設けられているものを選ぶのがおすすめです。快適なキャンプを過ごすために、通気性に注目してみてください。

居住性

テント内で快適に過ごすためには居住性が重要になります。居住性の高さを感じるポイントは広さや高さなど人それぞれで異なりますが、個人的に不快と感じるような要素があるテントは選ばないようにしましょう。

価格で選ぶ

テントを購入するうえで気になるのが価格です。テントの価格は1万円を切るものから10万円を超えるものまで幅広く、スペックに応じて変動します。あまりにも安いものは晴天時は大丈夫かもしれませんが、天候変化に対応できない可能性もあります。

初めてのキャンプでのテント選びなら3万円前後のものを目安に探してみましょう。冬や登山用などの特殊なものでなければ、3万円前後のものでも十分快適に過ごせます。

ブランドで選ぶ

テントは多くのアウトドアメーカーから発売されています。メーカーによって得意とするものやデザインなどが異なり、バリエーションが豊富です。

どれが良いのか分からない方は思い切ってデザインで選ぶのも良いかもしれません。また手持ちのアウトドア用品のメーカーに合わせるという手もあります。

日本だけでなく海外のメーカーも参入しているので、お好きなスタイルのテントを探してみてください。

テントのおすすめメーカー

CAPTAIN STAG

日本発のアウトドア用品メーカーとして知られる『CAPTAIN STAG』。価格と品質のバランスがとれており、初心者から上級者まで幅広く愛用されています。テント以外にもアウトドア用品を多く手がけています。

Coleman

Coleman』はアメリカに本社を置くキャンプ用品を製造・販売するメーカーです。キャンプ用品の王道として有名で、迷ったときにこのメーカーを推す方も多くいます。メーカーが主催する設営から撤収、キャンプの楽しさを教えてくれるイベントも人気です。

DOPPELGANGER

ポップなデザインとリーズナブルな価格設定が人気の『DOPPELGANGER』。ワンタッチテントやワンポールテントなど1人でも組み立てやすいテントの種類が豊富です。設営が簡単なテントをお探しの方におすすめのメーカーです。

テント のおすすめ人気比較ランキング

第10位

NORDISK テント レガシーシリーズ ティピー型 アルヘイム19.6 (8人用)

140,800円(税込)

ノルディスクのティピー型テントでは最大級の大きさ!1人でも設営できるから子連れでも安心

真ん中にポールを立てるだけのシンプルな構造が人気のテント。1人でも設営できる手軽さなのに、8~10人の居住スペースが確保できるのが魅力です。

生地の素材がコットンとポリエステルを使用しているのが特徴。コットンは光を透過しやすいです。夜にこのテントを見ると幻想的な雰囲気が感じられますが、外から何をしているのかが丸分かりになってしまうので注意が必要です。

第9位

ogawa ワンポール テント ピルツ12 [5~6人用]

80,610円(税込)

ワンポールで設営が簡単!天井が高いから空間を広く使える

耐水性・耐久性が非常に高いのが特徴です。「長く使えるから」という理由で愛用している方が大勢います。

1人でも設営が簡単で5~6人で使用でき、ファミリーやグループキャンプに最適。トップと上部、下部にベンチレーターを搭載しており通気性も抜群です。ブラウンとレッドの2色があります。

第8位

ニュートラルアウトドア GE テント2.5m NT-TE01 nto-23456

41,800円(税込)

ワンポールながら側壁の立ち上がりあり!一般的なワンポールよりも快適な居住性を持つテント

設営が簡単で居住性の高いテントを探しているならこのテントがおすすめです。ワンポールテントにしては珍しく側壁があるため、一般的なものに比べると居住性が高くなっています。

本体生地にポリエステルを採用しており耐水性が高く、雨の日でも安心。濡れても乾きやすいのでメンテナンスも楽です。全開口部にメッシュパネルを装着しており、夏でも快適に使えます。

第7位

ホールアース 大型テント アースドーム 270 3 WE27DA07

40,700円(税込)

フレームのジョイントを組むだけで設営できる!ジョイントする部分が同色で色分けされているから初心者でも安心

色分けされたフレームを同色で組むだけで簡単に設営できるのが魅力です。ポールが強度に定評のあるジュラルミンを使用しているので、悪天候の時も安心感があります。

側壁にメッシュ素材があしらわれており、風通しは抜群。外から見えにくい加工がされているので、プライベートは確保されています。高性能ですがリーズナブルで手が出しやすいテントです。

第6位

モンベル クロノスドーム 2型 (2人用)

25,080円(税込)

特許を取得した独自のシステム採用で設営楽々!ツーリング・サイクリング向けのテント

モンベルのクロノスドームはポールを直角に交差させる独自のシステムを採用しています。素早く設営でき撤収も簡単で、手間のかからないテントをお探しの方におすすめです。

コンパクトなつくりですが、中は広々としていて荷物が多くても問題なく使えます。耐水性・通気性も高く価格が控えめなので、1人~2人で利用するなら検討してみてはいかがでしょうか。

第5位

野外フェスでもよく見かけるタイプ!インディアンのナバホ族をモチーフにしたデザインがかわいい

コンパクトに収納でき、持ち運びにも便利なテントです。ワンポールテントなので設営・撤収が非常に楽で、野外フェスなどにもよく利用されています。フレームにジュラルミンが使用されており、強度も抜群です。

耐水圧が1600㎜で多少の雨なら問題なく使えます。別売りのフロアシートは必須ではありませんが、大雨の時でも安心できるのでセットで購入しておくのがおすすめです。

第4位

キャプテンスタッグ テント ワンポールテント オクタゴン CSクラシックス

27,091円(税込)

大人数で使える大型テント!大人7~8人で使用しても問題ない広さ

慣れている人なら10分程度、そうでなくても20~30分で設営できる手軽さが魅力のテントです。天井が高く床面積が広いので広々と使えます。大人数人+テーブルを2つ入れてもスペースが余るほどで、快適なキャンプを楽しめます。

耐水圧はフライシートが2000㎜、フロアシートが3000㎜と十分な性能。大人数用でここまで価格が安いテントはなかなか見られないのでおすすめです。

第3位

スノーピーク テント&タープ エントリーパック TT SET-250

54,780円(税込)

風に強い高さを抑えたテント!荷物や道具を収納できる前室が広い

高品質で有名なスノーピークのテントなら、タープがセットになったエントリーパックがおすすめ。耐水圧は1800㎜で急な雨でも十分対応できます。

高さが抑えられているため風に強いのが特徴です。しかしその反面、テント内では屈んで行動することになるため、着替えなどがややしにくいのがデメリットに感じる方もいるかもしれません。

第2位

スノーピーク テント アメニティドーム (旧品番)

32,780円(税込)

色分けされたフレームパーツで迷うことなく設営できる!高さを抑えた風に強いテント

各パーツがどこと連動しているのかが色分けされているので、初めてでも迷わず設営できるテントです。スノーピークのテントは全高が低めに設定されていますが、これにより風の抵抗力を高め耐久性が高くなっています。

耐水圧は1800㎜で雨天でも問題ありません。別売りのオプションを用意すれば拡張することもできます。必要に応じて購入して快適なキャンプを楽しみましょう。

第1位

コールマン テント タフワイドドームIV 300

30,390円(税込)

防水性能に優れ紫外線劣化に強い!夏でも快適に過ごせる通気性の良いテント

コーナー部分が比較的高く、快適な居住性能を兼ね備えたテントです。床面積は300×300で4人程度なら圧迫感を感じることなく過ごせます。背の高いテントは風の影響を受けやすいですが、補強ロープで風への抵抗力を高めているのが特徴的。

インナーテント下部がメッシュになっているので新鮮な空気を取り入れやすく、夏でも快適に過ごせます。初めての方でも30分もあれば設営できます。

テント のおすすめ比較一覧表

商品画像
コールマン テント タフワイドドームIV 300 B00I0M6V1W 1枚目
スノーピーク テント アメニティドーム (旧品番) B018XJY8KC 1枚目
スノーピーク テント&タープ エントリーパック TT SET-250 B07B9146DG 1枚目
キャプテンスタッグ テント ワンポールテント オクタゴン CSクラシックス B06XB848CG 1枚目
LOGOS ナバホ Tepee B00HE5MLQ0 1枚目
モンベル クロノスドーム 2型 (2人用) B00UED6WNM 1枚目
ホールアース 大型テント アースドーム 270 3 WE27DA07 B07QK5P7DV 1枚目
ニュートラルアウトドア GE テント2.5m NT-TE01 nto-23456 B01DSMJRHI 1枚目
ogawa ワンポール テント ピルツ12 [5~6人用] B06XQ18GT6 1枚目
NORDISK テント レガシーシリーズ ティピー型 アルヘイム19.6 (8人用) B00C0TE622 1枚目
商品名 コールマン テント タフワイドドームIV 300 スノーピーク テント アメニティドーム (旧品番) スノーピーク テント&タープ エントリーパック TT SET-250 キャプテンスタッグ テント ワンポールテント オクタゴン CSクラシックス LOGOS ナバホ Tepee モンベル クロノスドーム 2型 (2人用) ホールアース 大型テント アースドーム 270 3 WE27DA07 ニュートラルアウトドア GE テント2.5m NT-TE01 nto-23456 ogawa ワンポール テント ピルツ12 [5~6人用] NORDISK テント レガシーシリーズ ティピー型 アルヘイム19.6 (8人用)
特徴 防水性能に優れ紫外線劣化に強い!夏でも快適に過ごせる通気性の良いテント 色分けされたフレームパーツで迷うことなく設営できる!高さを抑えた風に強いテント 風に強い高さを抑えたテント!荷物や道具を収納できる前室が広い 大人数で使える大型テント!大人7~8人で使用しても問題ない広さ 野外フェスでもよく見かけるタイプ!インディアンのナバホ族をモチーフにしたデザインがかわいい 特許を取得した独自のシステム採用で設営楽々!ツーリング・サイクリング向けのテント フレームのジョイントを組むだけで設営できる!ジョイントする部分が同色で色分けされているから初心者でも安心 ワンポールながら側壁の立ち上がりあり!一般的なワンポールよりも快適な居住性を持つテント ワンポールで設営が簡単!天井が高いから空間を広く使える ノルディスクのティピー型テントでは最大級の大きさ!1人でも設営できるから子連れでも安心
価格 30,390円(税込) 32,780円(税込) 54,780円(税込) 27,091円(税込) 34,980円(税込) 25,080円(税込) 40,700円(税込) 41,800円(税込) 80,610円(税込) 140,800円(税込)
商品リンク

テントのおすすめまとめ

テント おすすめ まとめ

今回はテントの特徴や選び方、おすすめの商品を紹介しました。テントにはさまざまな形状や特徴があり、選び方で快適性が異なります。

バンガローやコテージを利用するキャンプも良いですが、自分で居住スペースを確保するのも楽しいです。まずは設営が簡単なものから始め、慣れてきたら別のテントで違った雰囲気を楽しんでみると良いでしょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

テント
のおすすめ関連記事をもっと見る