ブロワーのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】ブロワーの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。ブロワーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのブロワーをランキング形式でご紹介。
ponkura

公共施設の掃除でよく利用される『ブロワー』は大きなゴミを風で吹き飛ばし、綺麗にしてくれる便利なアイテムです。

家庭ではパソコンのゴミを吹き飛ばしたり、車を洗った後の水を吹き飛ばしたりしてくれるので、1家に1台あると重宝します。そこで今回は『ブロワー』の選び方を詳しく解説。おすすめの商品や使用用途も詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ブロワーのおすすめの選び方

ブロワーの電源方式で選ぶ

AC電源方式

AC電源方式』はコンセントを必要とするタイプのこと。安定した電気供給で作業をスムーズに行えるのがメリットです。コンパクト設計の商品が多く、収納に場所をとらないところも魅力。外で使用する場合、電源の位置によっては延長コードの必要があるため、コンセントの長さは購入する際チェックしてください。

バッテリー式

家の中はもちろん、外でも使いやすいのが『バッテリー方式』。コードがなく、充電して使用するタイプです。小回りがきくため、車を洗った後の水を吹き飛ばしたり、パソコンのほこりを綺麗に掃除したりと、さまざまな場面で重宝します。

しかしAC電源方式と比べるとパワーが劣る点がデメリット。またバッテリーをすでに持っている場合は、ブロワー本体のみを購入すればよいので、リーズナブルな価格で購入できる場合もあります。

エンジン式

AC電源方式』やバッテリー式と比較すると、最もパワフルで吹き飛ばす力が強いのが『エンジン式』です。ガソリンを使ってブロワーを動かします。大量のゴミを効率よく綺麗に掃除したい場合には特におすすめです。

長時間掃除する場合も、安定した稼働をしてくれるので重宝します。ただし大きな音が出るため室内で使うときは注意が必要。また排気ガスが発生するため屋外での使用に最適なタイプです。

ブロワーのタイプで選ぶ

手持ち式のブロワー

コンパクトで軽量設計の手持ち式は、女性でも使いやすいのが魅力です。パソコンのほこりを吹き飛ばしたり、窓のサッシを掃除したりと小回りがききやすく家庭内の掃除でも重宝します。置く場所をとらず、収納場所にも困りません。またリーズナブルな価格で購入しやすいブロワーが多く、ブロワーを初めて購入する方にもおすすめです。

背負式のブロワー

エンジンタイプのブロワーを背負って使用するのが背負い式です。手持ち式に比べ重量があるため、女性は使う際注意してください。本体を背負って、ノズルを手に持ちゴミを吹き飛ばします。パワーがあるため、雨や水で湿った落ち葉など簡単に吹き飛ばせるのが特徴。

家庭で使うというよりは会社や作業場での掃除に重宝します。効率よく作業したい方におすすめです。ただし価格が少しお高めなので、失敗しないよう他の商品とよく比較検討して購入してみてください。

ブロワーの風圧・風力で選ぶ

風圧

吹き飛ばす力の強さはブロワーを選ぶ上で重要なポイントです。単位は『Pa (パスカル)』で示される風圧は、4.0kpa前後を目安に選びましょう。また説明書には最大風速として記載されている場合もあります。7.0kpa以上になると、かなり風圧が強く大量の落ち葉を簡単に吹き飛ばせます。

効率よく掃除をしたい方は6.0〜7.0kpa前後を選ぶのがおすすめです。パソコンのほこりを吹き飛ばしたい場合は、3.0kpa〜4.0kpaでも十分対応できます。

風量

一定時間内に、ファンがどれくらい空気を送出するかを示す風量もチェックしましょう。単位は『m3/h(m)』で表現されます。ブロワーの風量は、2.0m3/m前後が一般的です。

3.0m3/m以上になるとハイパワーモデルとなり、作業効率がぐっとアップします。短時間で効率的に作業をしたい方は、3.0m3/m以上のモデルを選びましょう。

ブロワーの機能で選ぶ

風量調節機能

風量調節機能付き』のブロワーは汎用性がきくのでとても便利です。3段階調節でざっくり調節できるタイプから、1〜6段階と細かく調節できるタイプまで発売されています。

パソコンや窓のサッシなど家庭内を掃除するときは優しく、洗車後の水を吹き飛ばしたい場合は最大風量にして効率的に作業するなど風量調節機能が付いていれば、さまざまな用途で重宝すること間違いなしです。

静音機能

野外で使う場合は特に近所迷惑にならないよう、『静音機能』付きがおすすめです。特にエンジン式はAC電源方式 やバッテリー式と比較して、パワフルな分音が大きめ。静音や振動を抑えてくれるモデルを選べば、周りを気にせず気軽に使えます。最近では静音機能付きモデルも多数発売されているので、チェックしてみてください。

吸引・集塵機能

吸引』・『集塵』機能付きモデルのブロワーなら、ちりとりを使ってゴミを集めなくてよいのでとても便利です。特に大量の落ち葉や枯れ葉を収集するときに重宝します。家庭内で窓のサッシやパソコンのほこりを吹き飛ばす際にはあまり必要ない機能ですが、業務で大量のゴミを片付けなけらばならない場合は、吸引・集塵機能付きがおすすめです。

ノズル伸縮機能

ブロワーをさまざまな用途で使用したい場合は、『ノズル伸縮機能』付きモデルを選びましょう。パソコンのちりやほこりを吹き飛ばす際はノズルを縮めてコンパクトに、洗車後の水を吹き飛ばしたい場合はノズルを伸ばして効率よく作業することができます。

ブロワーはメーカーや商品によってノズルの長さが決まっていることが多いです。そのため使用用途を限定したくない場合は、ノズル収縮機能付きモデルがおすすめです。

ブロワーのおすすめの使い方

落ち葉掃除に使う

台風の後や、秋が終わり冬が近く頃には大量の落ち葉や枯れ葉に頭を悩まされた経験はありませんか。ほうきとちりとりだと時間も手間もかかります。ブロワーなら枯れ葉や落ち葉を吹き飛ばし、作業効率がぐっとアップ。

吸引・集塵機能付きならちりとりいらずで、さらに便利です。吸引・集塵機能が付いていなくても、ほうきで収集するよりはるかに手間や時間がかかりません。

パソコン・キーボードの掃除に使う

パソコンのキーボードは細かいゴミやほこりがたまりがち。爪楊枝や綿棒で掃除しようとすると、ゴミが奥まで入り込んでしまうことも。そんなときにブロワーが活躍します。

細かいちりやゴミを吹き飛ばしてくれるため、パソコンのキーボードを綺麗な状態に保つことが可能です。ちりやほこりは接触不良など不具合の原因となるので、こまめにブロワーで掃除するのがおすすめです。

洗車後の水滴取りで使う

洗車後の水を吹き飛ばしたいときもブロワーが活躍します。スポンジやタオルで水を吸い取ると時間も手間もかかりますよね。ブロワーなら一気に水を吹き飛ばしてくれるため、効率がアップ。

またブロワーである程度水を吹き飛ばして、タオルで仕上げたほうが窓ガラスが綺麗になります。労力や作業効率のアップだけでなく、仕上がりが綺麗になるのもブロワーの魅力です。

ブロワーを使うときの注意点

風は斜め上からあてる

垂直にブロワーをあてて、ちりや落ち葉を吹き飛ばそうとすると風圧で押し戻されたり、ゴミが散らばってしまったりします。ブロワーを使うときは、ゴミを集めたい方向に向かって斜め上からあてるのがコツです。ゴミとブロワーのノズルは1〜3cm程度離すと、ブロワーの風力を最大限に活かし効率的にゴミを吹き飛ばすことができます。

状況に応じてノズルを付け替える

使用シーンや状況に応じてノズルを交換すれば、作業効率がアップします。フレキシブルノズルは、木工機械や農業機械の裏など手の届きにくい部分を掃除するときに重宝します。

細かい部分を強い風圧でゴミを吹き飛ばして綺麗にしたい場合は、小口ノズルがおすすめです。また大量の落ち葉を効率的に吹き飛ばしたい場合などには、斜めカットされた広口タイプが適しています。

ひじを伸ばして使用する

ブロワーを長時間使うと、腕や肩に負担がかかります。公園や家の庭の落ち葉や枯れ葉を掃除するときは、ひじを伸ばすことを意識すると腕が疲れにくいので試してみてください。また長時間使用する際は、肩紐が付いたブロワーがおすすめです。太めの肩紐なら肩や腕が痛くなりにくく、長時間の作業が効率的に行えます。

状況に応じて風量を変える

ブロワーを使いこなすには、風量調節が重要です。道路や芝生の上の枯れ葉や落ち葉を吹き飛ばしたいときは、強い風を必要とします。

また砂埃が多い場所を掃除するときは砂が舞ってしまう可能性があるため、弱い風で丁寧に掃除するのがコツです。あらゆるシーンでブロワーを使いたい場合や掃除を効率よく進めたいときは、風量調節付きモデルを選びましょう。

室内で使用するときは必ず換気する

室内でブロワーを使用する際は、窓を開けて必ず換気をしましょう。ちりやほこりが舞って吸い込んでしまうと体に毒です。外で使うのが最もベストですが、室内でブロワーを使う際は、ほこりやちりが飛び散らないように注意しながら使用しましょう。

ブロワー のおすすめ人気比較ランキング

第10位

重量1.8kgの軽量設計。コードレスタイプで小回りがきくブロワー

女性でも使いやすい1.8kgの軽量設計が魅力のブロワー。コードレスなので家の中や外などコンセントがない場所でも重宝します。風量は2.6㎥/分と家庭で使う分には十分なパワーです。洗車後の水滴飛ばし・枯れ葉の掃除・工作機械の掃除など、さまざまなシーンで重宝します。また集塵機能付きも嬉しいポイントです。

集めたゴミをちりとりで収集する作業がないため、掃除を効率よく行えます。軽量設計で集塵機能付きのブロワーを探している方には特におすすめです。

第9位

三共コーポレーション パワーアップブロワー MBC-500C

3,045円(税込)

吸塵機能付きが嬉しいポイント。リーズナブルな価格で購入できるブロワー

隙間に残ったゴミもしっかり吹き飛ばしてくれると口コミ評価が高いブロワー。タテ18× ヨコ26×奥行17cmかつ1.8kgのミニマルで収納場所を取らないたサイズが魅力です。洗車後の水滴飛ばし・窓のサッシに積もったほこり掃除・エアコンフィルタの掃除など、さまざまなシーンで重宝します。さらに吸塵機能付きが嬉しいポイント。

ちりとりで取りにくい細かいゴミや工業機械で木を切った際に出る木屑などもしっかり吸引してくれます。ミニマルなサイズのブロワーや、あらゆるシーンで使えるブロワーを探している方には特におすすめです。

第8位

ハイガー  ハイパワーエンジン式 ブロワーバキューム HG-BV3405

23,800円(税込)

エンジン式でパワフル。バキューム付きの2way仕様ブロワー

エンジン式でパワフルにゴミを吹き飛ばしてくれるブロワー。10.6m3/分なので、湿った落ち葉や大きなゴミも簡単に吹き飛ばします。さらにバキューム付きの2way仕様が嬉しいポイントです。集めたゴミはちりとりで集めなくても吸い込んでくれるため、作業効率がぐっとアップします。また洗車後の水滴を一瞬で吹き飛ばしてくれるところも魅力です。

エンジン式にしては軽い4.6kgと軽量設計なので、女性でもストレスなく作業できます。パワフルで大きなゴミも難なく吹き飛ばしてくれるブロワーや、バキューム付きのブロワーを求めている方には特におすすめです。

第7位

マキタ エンジン式ブロワ 4ストエンジン・排気量52.5ml EB5300TH 

57,091円(税込)

背負式で長時間の作業に対応。落ち葉や枯れ葉をパワフルに吹き飛ばすブロワー

クッション性の高い背あてを採用し、背中にピタッと密着する背負式のブロワー。長時間の作業でも腰や背中が痛くなりにくいところがポイントです。リュックのように背負うタイプなのでずり落ちる心配がありません。

エンジン式なのでパワフルに稼働し、濡れた落ち葉や枯れ葉、洗車後の水滴などを一気に吹き飛ばします。効率的に作業できる、パワフルなブロワーを探している方には特におすすめです。

第6位

ハスクバーナ・ゼノア バッテリーブロワ 536LiB

53,985円(税込)

庭掃除に便利。リチウムイオンで稼働するブロワー

人間工学に基づき、ハンドル位置の最適化や握りやすさやにこだわって作られたブロワー。低騒音なので、住宅地でも安心して作業できます。庭の枯れ葉や落ち葉を片付けたり、洗車後の水滴を吹き飛ばしたりと、外での掃除に重宝するアイテムです。ブーストモードを搭載しており、一定時間最大風速を持続することが可能なところも魅力。

作業効率を飛躍的にアップしてくれます。家庭内のあらゆる掃除で使える、機能性に優れたブロワーを求めている方には特におすすめです。

第5位

HiKOKI (ハイコーキ)  コードレスブロワー 充電式 RB14DSL(NN)

7,860円(税込)

ブラックを基調としたコンパクトサイズが魅力。コードレスで小回りがききやすいブロワー

スイッチで風量調節ができる無段変速タイプのブロワー。落ち葉や枯れ葉など効率的に作業したい場合はパワフルな風量、工作機械の掃除で集塵など撒き散らしたくない場合は優しい風量に調節すれば、効率的に作業ができます。

コードレスなので、小回りがきくところも嬉しいポイントです。ブラックを基調としたコンパクトな設計なので、収納に場所をとりません。無段変速タイプのブロワーを求めている方や、コンパクト設計のブロワーを探している方は特にはおすすめです。

第4位

マキタ  充電式ブロワ(18V) 送風・集じん両用 UB182DRF

32,448円(税込)

電源の確保が難しい場所でも重宝するコードレスタイプ。集塵もできる2way仕様のブロワー

総合電気工具メーカーとして有名なマキタから発売されているブロワー。風量調節ができるため、効率的に作業ができます。1回の充電での連続仕様時間は弱で約75分、ダイヤル中で約25分、ダイヤル強で役12分です。こまめに充電しなくて済むロングバッテリーなので、長時間作業にも対応できます。

握りやすいグリップで腕や肩が疲れにくいところも嬉しいポイントです。ノズルが細いため、窓のサッシを掃除する際も重宝します。ロングバッテリーのブロワーや風量調節ができるブロワーを探している方には特におすすめです。

第3位

RYOBI (リョービ) ブロワバキューム RESV-1000F

10,267円(税込)

ノズル口径96mm。湿り気のある枯れ葉や落ち葉も簡単に吹き飛ばせるブロワー

7.24Kgと少し重ためですが、その分パワフルにゴミを吹き飛ばすブロワー。コード付きの安定した稼働で、湿った落ち葉や枯れ葉、工作機械の掃除など効率的に作業ができます。

さらに吸引機能付きの2way仕様が嬉しいポイントです。集めたゴミをその場で吸引できるため、風が強い日や大量の落ち葉や枯れ葉を収集しなければならないシーンではとても重宝します。パワフルに稼働するブロワーや、吸引機能付きのブロワーを求めている方には特におすすめです。

第2位

RYOBI (リョービ) ブロワ BL-3500

5,138円(税込)

風圧5.5kPa。コンパクト設計ながらパワフルで効率的に作業できるブロワー

1.7kgの軽量設計とコンパクトなサイズで、腕や肩に負担がかかりにくいブロワー。エアコンの掃除・洗車後の水滴飛ばし・窓のサッシ掃除・工作機械のゴミ飛ばしなど、さまざまシーンで重宝します。風圧は5.5kPaとコンパクト設計にも関わらず、パワフルにゴミを吹き飛ばしてくれるところも魅力です。

仕様用途を限定せず、汎用性がきくブロワーを探している方や、収納場所をとらないミニマルなブロワーを求めている肩には特にマッチします。

第1位

イーバリュー (E-Value)  ハンディブロワー 風量調節機能付

3,035円(税込)

最大風量2.3㎥/分。ダイヤル式風量調節機能付のブロワー

AC電源方式で安定した稼働が期待できるブロワー。最大風量は2.3㎥/分なので、家庭で使用する分には十分な風量です。工作機械のゴミを吹き飛ばしたり、洗車後の水滴を吹き飛ばしたりとあらゆるシーンで活躍します。さらにダイヤル式風量調節機能が付いているため、使用シーンに合わせて風量調節ができるところも魅力です。

砂埃が多い場所では優しく、落ち葉や枯れ葉などをパワフルに吹き飛ばしたい場合は、強くすることで作業効率がアップします。さまざまなシーンで使用できるブロワーを探している方や、風量調節付きのブロワーを探している方には特におすすめです。

ブロワー のおすすめ比較一覧表

商品画像
イーバリュー (E-Value)  ハンディブロワー 風量調節機能付 B002OHCOWE 1枚目
RYOBI (リョービ) ブロワ B0023W6QKG 1枚目
RYOBI (リョービ) ブロワバキューム B074BZ8LX2 1枚目
マキタ  充電式ブロワ(18V) 送風・集じん両用 B008YPXUDM 1枚目
HiKOKI (ハイコーキ)  コードレスブロワー 充電式  B003HLQSD2 1枚目
ハスクバーナ・ゼノア バッテリーブロワ  B00URRQNSO 1枚目
マキタ エンジン式ブロワ 4ストエンジン・排気量52.5ml B06Y2NBHXQ 1枚目
ハイガー  ハイパワーエンジン式 ブロワーバキューム B075SXT1P6 1枚目
三共コーポレーション パワーアップブロワー  B002G1NUNU 1枚目
KIMO コードレスブロワー B07RRMDRZW 1枚目
商品名 イーバリュー (E-Value)  ハンディブロワー 風量調節機能付 RYOBI (リョービ) ブロワ RYOBI (リョービ) ブロワバキューム マキタ  充電式ブロワ(18V) 送風・集じん両用 HiKOKI (ハイコーキ)  コードレスブロワー 充電式 ハスクバーナ・ゼノア バッテリーブロワ マキタ エンジン式ブロワ 4ストエンジン・排気量52.5ml ハイガー  ハイパワーエンジン式 ブロワーバキューム 三共コーポレーション パワーアップブロワー KIMO コードレスブロワー
型番 BL-3500 RESV-1000F UB182DRF RB14DSL(NN) 536LiB EB5300TH  HG-BV3405 MBC-500C
特徴 最大風量2.3㎥/分。ダイヤル式風量調節機能付のブロワー 風圧5.5kPa。コンパクト設計ながらパワフルで効率的に作業できるブロワー ノズル口径96mm。湿り気のある枯れ葉や落ち葉も簡単に吹き飛ばせるブロワー 電源の確保が難しい場所でも重宝するコードレスタイプ。集塵もできる2way仕様のブロワー ブラックを基調としたコンパクトサイズが魅力。コードレスで小回りがききやすいブロワー 庭掃除に便利。リチウムイオンで稼働するブロワー 背負式で長時間の作業に対応。落ち葉や枯れ葉をパワフルに吹き飛ばすブロワー エンジン式でパワフル。バキューム付きの2way仕様ブロワー 吸塵機能付きが嬉しいポイント。リーズナブルな価格で購入できるブロワー 重量1.8kgの軽量設計。コードレスタイプで小回りがきくブロワー
価格 3,035円(税込) 5,138円(税込) 10,267円(税込) 32,448円(税込) 7,860円(税込) 53,985円(税込) 57,091円(税込) 23,800円(税込) 3,045円(税込) 7,300円(税込)
商品リンク

おすすめのブロワーのまとめ

今回はおすすめの『ブロワー』についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

ブロワーは作業効率を飛躍的にアップしてくれるアイテム。窓のサッシを掃除したり、洗車後の水を吹き飛ばしたりと、さまざまなシーンで重宝します。

また小回りがきくコードレスタイプや、パワフルな稼働が特徴のエンジン式などバリエーションが豊富なのも魅力です。ブロワーの選び方で迷ったら、この記事を参考に汎用性のきく、最適なブロワーを選んでみてくださいね。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ブロワー
のおすすめ関連記事をもっと見る