ブランデーのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】ブランデーの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。ブランデーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのブランデーをランキング形式でご紹介。
Moi

高級酒のイメージが強い『ブランデー』。コニャックやカルヴァドスなどブランデーの種類はとても豊富で、世界中で愛されているお酒です。今回は、ブランデーの基礎知識・ブランデーのおすすめポイント・選び方・おすすめの飲み方・おすすめ商品など、ブランデー初心者さんはもちろんブランデー好きさんにも見てほしい情報をご紹介していきます。

おすすめ商品の前にまずは、『ブランデー』とはどんな飲み物なのかなど基礎知識を見ていきましょう。

ブランデーとは

ブランデー おすすめ 概要

ブランデー』とは、フルーツからつくられた蒸留酒のことをいいます。主に白ぶどうのワインを蒸留して樽にいれたあと、5年〜8年熟成してつくられます。熟成期間は商品によって異なり、なかには25年以上熟成させているものも。

フルーツからつくられることから、香りも味も甘みがあるため洋酒の中では飲みやすい種類です。熟年期間が短いとアルコールの刺激が強くなりますが、炭酸などで割って飲むと飲みやすくほのかな甘みを味わえます。

ブランデーとウイスキーの違いとは

ブランデー おすすめ ウイスキーとの違い

ブランデーとウイスキーは似ているように思いますが、実は原料が異なるのです。ブランデーはフルーツからつくられているとお話しましたが、ウイスキーはライ麦やトウモロコシなど穀物を原料につくられています。

原料以外でいうと、ブランデーは香りを楽しみウイスキーは味を楽しむお酒だといわれます。ブランデーはフルーツのほのかな香りと甘みが楽しめるお酒のため、ストレートで少しずつ飲むことが主流なのです。1日1杯ペースでもボトル1本1ヶ月ほど持つため意外とコスパのよいお酒でもあります。

ブランデーのおすすめポイント

ブランデー おすすめ ポイント

ポリフェノールが豊富に含まれている

病気や老化の予防

ブランデーは抗酸化力に優れた『樽ポリフェノール』が含まれています。昔から命の水と呼ばれるほど、健康と美容効果が高いことが知られていました。殺菌作用と消化を助けるはたらきで、食後に飲むことにより風邪予防や消化不良を改善する効果が期待できるのです。

さらに抗酸化力によってしわやたるみなどの老化予防など、女性にもうれしい効果が。風邪をひきやすい・老化の予防をしたい方は、ブランデーを取りいれてみてはいかがでしょうか。

シミ・そばかすを防止

ブランデーのポリフェノールに含まれているエラグ酸には美白効果があるといわれています。メラニンの元となるチロシナーゼの発生を抑えて、シミやそばかすを防いでくれるのです。おいしくお酒を楽しみながら美肌に導いてくれるなんて、女性にとってこんなにうれしいことはないですよね。

抗がん作用・生活習慣病の予防の効果

ポリフェノールにはまだまだうれしい効果があり、なんとがん予防や糖尿病などの生活習慣予防もできます。先ほど抗酸化力に優れているというお話をしましたが、がん予防・動脈硬化・脳梗塞を防ぐ効果もあるのです。

ブランデーは甘みがあるために糖尿病に悪いのではないかと思われがちですが、蒸留酒のため実は糖質が含まれていません。糖尿病予防をしたい方・糖尿病の方でも安心して飲むことができる点がブランデーのうれしいポイントですね。

ブランデーのおすすめの選び方

ブランデー おすすめ 選び方

ブランデーの種類で選ぶ

コニャック

コニャック』とは、フランスのコニャック地方でつくられたブランデーの1種。原料はぶどうです。コニャックはブランド力を守るためコニャックと名乗るための条件が厳しく、より高級酒として認知されるようになりました。

芳醇な香りを楽しむためにストレートで飲まれることが多いですが、ロックや水割りでもまろやかな風味を楽しむことができ初心者の方でも飲みやすい種類です。

アルマニャック

アルマニャック』とは、フランスのアルマニャック地方でつくられるブランデーの1種です。原料はコニャックと同じでぶどうからできています。蒸留は1回のみのため、パンチのある野性的な味が特徴です。こちらもブランド力を守るための行いがあり、AOCという原産地呼称制度によって保護・管理されています。

コニャックよりも知名度はありませんが、優雅な時間を過ごせることからブランデー好きの方から支持されているようです。

カルヴァドス

カルヴァドス』とは、フランスのノルマンディー地方でつくられるブランデーの1種。主な原料はりんごで、アップルブランデーの1種でもあります。実は10%〜30%ほど西洋なしも含まれていることから、甘みはもちろん酸味のある複雑さを持っているブランデーなのです。

カルヴァドスはお菓子やパンにも使用できるという意外な才能があります。ドライフルーツなどの漬け込みでカルヴァドスが使用されることが多く、レストランやパティシエにも重宝されているのです。

グラッパ・マール

グラッパ』はイタリアで・マールはフランスでつくられているブランデーです。原料はコニャックやアルマニャックと同じぶどうなのですが、ぶどうの絞り汁という意外な部分が使用されています。

気になる味ですが、無色透明のグラッパと熟成されたグラッパで味が異なるのだとか。無色透明なグラッパはさっぱりとした辛口で、アルコールの香りが強くなります。熟成されたグラッパはフルーティー感が強くなったブランデーのような味。コクを楽しみたい方は熟成されたグラッパがおすすめです。

マール』はぶどうの香りが強く甘い味。辛味が苦手な方はマールがおすすめです。

ブランデーのランクで選ぶ

ブランデーにはランクが存在しており、ボトルにランクが表示されています。熟成度合いによってランクに種類があり、コニャックにはコニャックの基準・アルマニャックにはアルマニャックの基準が厳しく定められています。

主なランクは以下のようなものが。上に記載したランクほど熟成年数が長く高価になります。

・オール ダージュ
・X.O.
・ナポレオン
・V.S.O.P.
・V.O.
・V.S.
・スリースター

ブランデーの生産地で選ぶ

ブランデーの原料であるぶどうの産地は土壌の質により分類されます。良質な土壌に並べると『グランド・シャンパーニュ>プティット・シャンパーニュ>ボルドリー>ファン・ボア>ボン・ボア>ボア・ゾルディネール』です。

初心者の方はまず、グランド・シャンパーニュなど質の高いものから飲むと楽しめることでしょう。

ブランデーの価格で選ぶ

ブランデーの価格はとても幅広く、数千円の定格なものから100万円以上する高級ブランデーがあります。初心者の方はリーズナブルな商品から飲むのもよし、贅沢に楽しみたい方やプレゼントを考えている方は少し贅沢なブランデーを選んでもよいですね。

同じ価格でも味がまったく異なるのがブランデーの楽しみでもあるので、飲み比べる方も多いのではないでしょうか。

ブランデーのおすすめの飲み方

ブランデー おすすめ 飲み方

ストレート

ブランデーは基本的に『ストレート』で飲むことが魅力です。ストレートとはボトルからそのままグラスに注いだものをいい、氷が入っていません。ブランデーの深みをしっかり味わえます。楽しく味わうために1杯(40〜60ml)を約30分かけてゆっくり飲みましょう。

そんなに時間をかけるの?』と思いますが、グラスを回したり色を楽しむなど目と鼻で楽しみながら飲むという、洋酒好きの方が行う飲み方です。味だけではなく深い時間を過ごせるのでぜひ試してくださいね。

水割り・ソーダ割り

水割り』や『ソーダ割り』は、ブランデー初心者の方・お酒があまり得意ではない方におすすめの飲み方です。自分の好きな割合で割って飲めるので、さまざまな濃さを楽しめるうれしいポイントが。ブランデーの香りが薄くなるのではないか…と思った方は、1:1で割ると香りをしっかり楽しみながら飲むことができますよ。

ソーダ割りはイギリスのブランデー好きの方がよく行う割り方で、シュワッと爽やかさが出て飲みやすくなるのです。

オン・ザ・ロック

オン・ザ・ロック』とは、大きめの氷をいれてブランデーを注ぐこと。グラスを回したときのカラカラと氷の音を楽しみながら飲むことができます。冷たいお酒が好きな方におすすめです。

溶けた氷で味に変化が出るのも楽しみ方のひとつ。アルコールが弱くなり飲みやすくもなりますし、香りや深みもそのまま楽しめることが特徴です。

サイドカー

サイドカー』とは、ブランデーがベースカクテルです。口当たりが軽いことからお酒が得意ではない方や女性に人気のカクテル。飲みやすいことが特徴ですが、アルコールの度数が高いため飲み過ぎには注意が必要です。

割り方は、ブランデー・レモンジュース・ホワイトキュラソーを2:1:1が一般的。フルーツを飾るとよりまとまりのあるおしゃれなブランでの完成です。

アレクサンダー

アレクサンダー』とは、ブランデー・カカオ・生クリームでつくられたカクテルのこと。見た目はチョコレートドリンクのような色味と香ばしい香りで女性に人気なのだとか。こちらもアルコール度数が高いため飲み過ぎには注意しましょう。

割り方は、ブランデー・カカオ・生クリームを2:1:1になります。割合はサイドカーと同じですが、アレクサンダーはさらにナツメグを適量振りかけて完成です。

ニコラシカ

ブランデーを使用したカクテルの定番である『ニコラシカ』。つくり方はとても簡単で、ブランデーに輪切りのレモンを乗せ、砂糖を盛って完成です。ブランデーのストレート飲みと似ていますが、レモンと砂糖を一緒にかじるという楽しみ方ができます。

口の中でつくるカクテル』とも呼ばれるニコラシカは、ブランデーの深みとレモンの酸味を同時に楽しめる飲み方。さっぱりさが好きな方におすすめですよ。

ブランデー のおすすめ人気比較ランキング

第10位

Boulard Grand Solage カルヴァドス ブラー

2,667円(税込)

フルーティーで爽やか!最上のりんごが使用された特別感あるブランデー

Boulard Grand Solage カルバドス ブラーは、フランスのノルマンディー地方で1番のりんご産地であるペイ・ドージュさんのりんごのみでつくらています。120種類のりんごを使用し最上級の限定品といわれているのだとか。

フレッシュでフルーティーな香りが特徴で、アルコールの刺激が強くても爽やかで心地のよい味わいです。そのまま飲んでもよし、紅茶にいれたりお湯で割ったりと楽しみ方はさまざま。カマンベールチーズととてもよく合うと口コミでも高評価です。

第9位

モエ エ シャンドン マール デュ シャンパーニュ

5,753円(税込)

ドン・ペリニヨンなどで有名なモエ&シャンドン社が販売するフルーティーなブランデー

こちらはマールのため、ぶどうの絞り汁でつくられたブランデー。優しい香りで繊細な飲み心地が特徴です。口に含むとフルーティーな香りが入り込み、ブランデー特有の樽の香りは気になりません。

フルーツやデザートと相性がよく、食前でも食後でも楽しめます。また高級感のあるデザインが、時間をより濃厚に演出してくれることでしょう。

第8位

Remy Martin (レミーマルタン) XO

13,186円(税込)

初心者からブランデー通から愛されるランクの高いブランデー

Remy Martinのこちらのブランデーの種類はコニャック。ランクはX.Oと熟年期間が長く高価なブランデーです。香りが強くエレガントな味わいが特徴です。ストレート・オンザロック・サイドカーなどさまざまな飲み方で楽しめます。

口コミでは、「ブランデー初心者でも味と香りのよさが分かる・間違いないおいしさ」と初心者からブランデー好きの方から高評価を得ており、人気の商品です。

第7位

シャボー XO ハートボトル ゴールド

6,916円(税込)

お酒好きにはたまらない、目耳鼻で楽しめるハート型のブランデー

シャボーのアルマニャックは、フランスで輸出量No1を誇ります。アルマニャックはパンチのある野性的な味が特徴的ですが、味とは反対のハート型の可愛らしいデザイン。お酒に強い女性にとっては味も見た目もうれしいブランデーなのではないでしょうか。

華やかな香り・パンチのある味・しっかりしたボトルと目耳鼻すべてで楽しめるブランデーといえばこちらの商品といっても過言ではないでしょう。

第6位

三ツ星ホテルで多く取り扱う本格的な味を楽しみたい方におすすめのブランデー

デュポン オルダージュは、6年以上成熟させているブランデー。種類はカルヴァドスなので、原料はりんご。デュポンは6000本のりんご樹を所有している家族経営のブランド。レストランやバーなどで多く使用されています。

レストランで取り扱われている、本格的な味を自宅で楽しみたい方はぜひチェックしてください。口コミでは、悪い酔いや二日酔いをしにくいと飲みやすさでも支持を得ています。

第5位

Hennessy (ヘネシー) V.S.O.P フィーヌ シャンパーニュ

9,657円(税込)

厳しい条件をクリアしたコニャックで、繊細な味わいのブランデー

Hennessyのフィーヌ シャンパーニュは、良質な土壌であるグランド・シャンパーニュ産のぶどうであるオー・ド・ヴィーが50%以上含まれていることが条件で、とても厳しい条件をクリアしたものこそが本物。繊細で洗練された高価な味わいが特徴です。

口コミでは、同じV.S.O.P.とは異なり深い味でおいしいと高評価のよう。細身で高級感のあるボトルは目で見て楽しむこともできます。

第4位

ポールジロー ヴィエイユ レゼルヴ

8,240円(税込)

300年の歴史あるポールジローで手づくりされているフレッシュな味わいのブランデー

ポールジローの畑はコニャック最高の産地と呼ばれるグランシャンパーニュ地区のブードビル村にあります。1970年代には栽培から熟成までの構成ができるようになり、有名になった今でも手づくりにこだわっている商品です。

熟年期なんは15年。フレッシュな味わいながらも熟成感あるブランデーです。昔ながらのブランデー・手づくりのお酒が好きな方におすすめ。

第3位

レイモン ラニョー エクストラヴィユー

10,980円(税込)

香りよし・味よしで長期の熟成品であるコスパ最強なブランデー

レイモン ラニョーのエクストラヴィユーは、香り・味わい・コスパのよさが揃ったまさに素晴らしいコニャックです。この価格で香りや味が整っているコニャックはなかなかないのだとか。熟成期間は25年と長期間。

口に含むとスパイシーな味わいがじんわりと広がり、コニャックをあまり飲んだことのない方でも飲みやすいのではないでしょうか。グランド・シャンパーニュの土壌で育ったぶどうを使用しているため、質の高いブランデーをお探しの方にもおすすめです。

第2位

ラニョーサボラン レゼルヴスペシャル No.20 コニャック

8,749円(税込)

コニャックのなかでも飲みやすいフルーティーで柔らかい香りのブランデー

ラニョーサボラン レゼルヴスペシャル No.20のNoは熟年期間を表しています。そのためこちらは熟成期間20年のコニャックがブレンドされた商品ということ。カラメル無添加のため、そのままの色味を楽しみながら飲むことができます。

味はフルーティーでとても飲みやすく、香りはアルコールの香りが柔らかめ。コニャックは初心者の方でも飲みやすい種類ですが、フルーティーさでより飲みやすいのではないでしょうか。ボトルデザインは高級感があり、コレクションしたい方にもおすすめ。

第1位

初心者の方でも飲みやすく入手しやすい!見た目でも楽しめるブランデー

クルボアジェは日本での販売元はサントリーなので、入手しやすいブランデーです。いかにもブランデーっぽさのあるボトルデザインはやはり気分が上がるものがありますね。アルコールの刺激を感じ、甘さはあまりないため曲線的な味という口コミが多いです。

曲線的でまさにブランデーっぽいブランデー、完成度の高い商品のため、初めてブランデーを購入する方や見た目重視の方におすすめです。

ブランデー のおすすめ比較一覧表

商品画像
クルボアジェ XO B005Q8EVAQ 1枚目
ラニョーサボラン レゼルヴスペシャル No.20 コニャック B00T9DYAMI 1枚目
レイモン ラニョー エクストラヴィユー B005Q8GAHI 1枚目
ポールジロー ヴィエイユ レゼルヴ B006X97NKM 1枚目
Hennessy (ヘネシー) V.S.O.P フィーヌ シャンパーニュ B0045TV09M 1枚目
デュポン オルダージュ B005Q8IAF8 1枚目
シャボー XO ハートボトル ゴールド B07DCMJQF2 1枚目
Remy Martin (レミーマルタン) XO B003ZIS7XQ 1枚目
モエ エ シャンドン マール デュ シャンパーニュ B005Q8HHMA 1枚目
Boulard Grand Solage カルヴァドス ブラー B0184ZEYG8 1枚目
商品名 クルボアジェ XO ラニョーサボラン レゼルヴスペシャル No.20 コニャック レイモン ラニョー エクストラヴィユー ポールジロー ヴィエイユ レゼルヴ Hennessy (ヘネシー) V.S.O.P フィーヌ シャンパーニュ デュポン オルダージュ シャボー XO ハートボトル ゴールド Remy Martin (レミーマルタン) XO モエ エ シャンドン マール デュ シャンパーニュ Boulard Grand Solage カルヴァドス ブラー
特徴 初心者の方でも飲みやすく入手しやすい!見た目でも楽しめるブランデー コニャックのなかでも飲みやすいフルーティーで柔らかい香りのブランデー 香りよし・味よしで長期の熟成品であるコスパ最強なブランデー 300年の歴史あるポールジローで手づくりされているフレッシュな味わいのブランデー 厳しい条件をクリアしたコニャックで、繊細な味わいのブランデー 三ツ星ホテルで多く取り扱う本格的な味を楽しみたい方におすすめのブランデー お酒好きにはたまらない、目耳鼻で楽しめるハート型のブランデー 初心者からブランデー通から愛されるランクの高いブランデー ドン・ペリニヨンなどで有名なモエ&シャンドン社が販売するフルーティーなブランデー フルーティーで爽やか!最上のりんごが使用された特別感あるブランデー
価格 12,559円(税込) 8,749円(税込) 10,980円(税込) 8,240円(税込) 9,657円(税込) 7,329円(税込) 6,916円(税込) 13,186円(税込) 5,753円(税込) 2,667円(税込)
商品リンク

ブランデーのおすすめまとめ

今回は、ブランデーの選び方・飲み方・おすすめブランデーの紹介をしました。ブランデーは数も選び方も多く、はじめは少し大変かもしれません。ですが数が多いからこそ自分好みの味に出会えるまでの楽しさと、出会えたときの感動と達成感もうれしいもの。

ブランデーはストレートで飲む方が多いですが、今回ご紹介したような割り方もありブランデーの可能性は無限大。冒険してみるのもいいのではないでしょうか。これまで高級品のイメージが強かったブランデーですが、ブランド・購入場所によっては比較的リーズナブルに購入できることもあります。ぜひさまざまな場所でブランデー探しをしてみてください。

今回驚きの情報であった、病気や老化の防止についても再度チェックしてくださいね。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ブランデー
のおすすめ関連記事をもっと見る