クレンジングオイルのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】クレンジングオイルの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。クレンジングオイルの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのクレンジングオイルをランキング形式でご紹介。
Moi

みなさんは普段、クレンジングはどのタイプを愛用していますか?

ミルク』・『ジェル』・『バーム』・『オイル』…と複数タイプがありますが、今回はオイルタイプに焦点を当ててみましょう。『クレンジングオイル』はどの肌質に向いているのか・特徴・選び方・気になるおすすめ商品10個をご紹介します。

クレンジングオイル』の意外と知られていない種類についても徹底的にご紹介していますので、あなたの肌に合った商品が見つかることを願っています。

おすすめのクレンジングオイル

クレンジングオイルとは

クレンジングオイル』とは、オイルや界面活性剤を配合しているメイク落としのこと。クレンジングのなかでも人気が高いタイプです。配合されるオイルの種類は商品によって異なるため、刺激・洗浄力などを自分の肌に合わせて商品を選ぶことができます。

これまでクレンジングオイルはW洗顔が必要とされてきましたが、最近ではW洗顔不要の商品が増えてきました。手軽にササッとメイクを落としたい方におすすめのタイプです。

クレンジングオイルのおすすめポイント

クレンジングオイルの最大の特徴は洗浄力の高さ。クレンジングのなかでも最も洗浄力が高いでしょう。ウォータープルーフのアイテムでも、オイルが馴染みスルンとオフすることができます。また肌の余分な皮脂も取り除けるため、毛穴詰まりやいちご鼻ケアのためにオイルタイプを選ぶ方も多いようです。

クレンジングオイルの特徴として洗浄力の高さを挙げましたが、肌への刺激が強いことは難点でもあります。乾燥肌や敏感肌の方にとっては肌への刺激になり、肌荒れを起こすことも。肌に負担をかけないためにも、自分の肌質チェックを行っておきましょう。

クレンジングオイルのデメリット

クレンジングのデメリットは、洗浄力が高いために肌への刺激が強くなることです。皮脂の多い脂性肌の方にとっては、毛穴詰まり改善に繋がるため人気のタイプですが、乾燥肌や敏感肌の方にとっては必要な潤いまで取り除かれ、乾燥の悪化や肌荒れの原因に。

それでもオイルタイプが好きという方は、できるだけ低刺激の商品を選びましょう。商品のクチコミをチェックして、自分の肌に合いそうな商品を見極めてくださいね。

おすすめのクレンジングオイルの使い方

次にクレンジングオイルの正しい使い方をご紹介します。意外と見落としがちな手順がありますので、肌の清潔を保つためにもぜひチェックしてくださいね。

1.クレンジングオイルを顔に馴染ませます。顔に水分があるとオイルが馴染みにくいため、顔が濡れていない状態からスタートしましょう。
2.力を入れずに、肌の摩擦を抑えながらクルクルと手を動かしながらメイク浮かせます。
3.手のひらに少量のお湯をとり、オイルと混ぜるようにクルクルと手を動かすとオイルが白っぽくなり、よりメイクをきれいに落としてくれます。
4.最後にオイルが残らないようしっかりとすすいで完了です。

オイルにお湯を混ぜることを『乳化』といい、メイク落ちを良くするだけではなくすすぎが楽になるメリットがあります。乳化させずに洗い流す方が意外と多いようなので、ぜひ試してくださいね。

おすすめのクレンジングオイルの種類

鉱物油系

鉱物油系』のクレンジングオイルは洗浄力が最も高いため、しっかりメイクで汚れを残さずスッキリ落としたいという方におすすめです。その分肌への刺激も強くなりますので、乾燥肌・敏感肌の方にはおすすめできません。

鉱物油系は価格帯が低くコスパの良さも魅力的。長く付き合っていきたいのであれば、候補に入れてみてはいかがでしょうか。デメリットを挙げるのであれば、W洗顔が必要なこと。スキンケアに時間をかけたくない方や肌への刺激を抑えたい方は、別のタイプを選びましょう。

エステル系

エステル系』のクレンジングオイルは、肌の油分を取りすぎないことが特徴です。肌馴染みも良くスルスルと伸びるため肌への摩擦も軽減できます。鉱物油系よりも刺激は弱くなりますが、洗浄力はそれなりにあるため保湿をしっかり行いましょう。

W洗顔不要の商品に多いタイプで、スキンケアに時間をかけたくない方にもピッタリですよ。

油脂系

油脂系』のクレンジングオイルは、アボカド油などの天然素材を使用し作られているため、肌への刺激が抑えられていることが特徴です。保湿力が高いため、乾燥肌の方でも使いやすいのではないでしょうか。オイルのヌルヌル感はどうしてもW洗顔が必要になりますが、油脂系は天然素材使用のため肌に残っていても大丈夫。肌の保湿をしてくれるのです。

肌への優しさ・保湿力の高さを求めている方におすすめです。デメリットを挙げるなら、素材でどうしても価格が上がってしまうこと。

クレンジングオイルのおすすめの選び方

洗浄力の高さで選ぶ

クレンジングオイルは普段からしっかりめのメイクをしている方におすすめとお話しました。そのなかでも、ウォータープルーフのマスカラやティントなど落としにくいアイテムを使用している方は、1番洗浄力の高い鉱物油系のクレンジングオイルがおすすめです。

先ほどご紹介したクレンジングオイルの種類で洗浄力順に並べると『鉱物油系>エステル系>油脂系』になります。洗浄力が高いほどメイク汚れを落とすことができますが、肌への刺激が強くなるため、次の項目も参考にしてください。

肌に合わせて選ぶ

乾燥肌や敏感肌の方は、肌への刺激が少ない油脂系のクレンジングオイルがおすすめです。メイク汚れをしっかり落としたいからといって、やみくもに洗浄力が高いものを選んでしまうと肌に合わず荒れてしまうことも。汚れの落としやすさはもちろん大切ですが、自分の肌のこともしっかりと考えてあげましょう。

肌に優しい順に並べると『油脂系>エステル系>鉱物油系』になります。ウォータープルーフマスカラやティントを使っているけれど、肌に刺激はできるだけ与えたくないという方は、クレンジングの前にポイントメイクリムーバーを使用すると◎!

使いやすさで選ぶ

W洗顔不要

スキンケアはどうしても肌に負担がかかってしまうもの。できるだけ摩擦や負担を抑えたいですよね。そんな方は、W洗顔不要のクレンジングオイルを選びましょう。これまでのオイルタイプはW洗顔が必要な商品はほとんどでしたが、最近ではW洗顔不要の商品も増えてきました。

スキンケアの時間を短縮できますし、なにより肌への摩擦を最小限に抑えることができます。

濡れた手でOK

クレンジングオイルは、肌に水分が残っているとメイク汚れにオイルが上手く馴染まず、落としにくいという難点を持っていました。ですが最近では、濡れた手でもOKという商品が出てきて、水分を拭き取る手間がなくなるというものも。

クレンジングをしてからお風呂に入ると乾燥が気になる方・水分を拭き取ることが面倒だった方におすすめです。

マツエクでも使える

マツエクをしていると、接着剤がオイルで弱まるためオイルタイプは使用できない』といわれてきました。実はクレンジングオイルでもマツエク対応の商品があり、油分少なめ・オイルフリーの商品が販売されています。マツエク対応の商品は、POPなどに『マツエクOK!』のようにドンと推されているため見つけやすいのではないでしょうか。

なかには『擦らずスルンとメイクオフ!』というような、マツエクに負担のかからないクレンジングオイルもあるのでぜひチェックしてくださいね。

プチプラで選ぶ

スキンケア用品は数ヶ月使用を続けないと肌への変化が現れにくいものです。成分やメーカーにこだわりすぎると、高額な商品に辿り着き肌への変化に気づかないまま継続できない・肌に合わずお蔵入り…なんてことも。また高額だからと量を節約して肌への刺激が増えてしまっては、きれいな肌を目指しているのに肌荒れを起こす原因にも繋がります。

まずはプチプラでクチコミ評価の高いものから。自分の肌に合っていれば価格は関係ないのです。

クレンジングオイルのおすすめメーカー

shu uemura

コスメで大人気の『shu uemura』は、スキンケアにも力を入れているメーカーです。オイルクレンジングは数種類展開されており、あなたの肌悩みに合わせて選ぶことができます。そのどれもがさまざまな場所で賞を受賞しているという、信頼度も人気度も高いメーカーなのです。

デパコスということで価格帯は上がってしまいますが、『オイルなのにつっぱらない・リピートし続けて手放せない』という声が多く寄せられています。数種類あるクレンジングオイルからどの商品を選ぶと良いのか悩むという方に向けて、WEB限定で人気商品のスターターキットも販売。肌悩みにアプローチしながら健康な肌を目指したいという方におすすめです。

カウブランド

牛乳石鹸が有名の牛乳石鹸共進社株式会社が開発した『カウブランド』。デリケートな肌の方に・肌に良いものを求めている方のために生まれたカウブランドは、着色料・香料・防腐剤・品質安定剤・鉱物油・アルコールが無添加。素材も厳選し皮膚アレルギーテストもしっかり行っています。また天然セラミド配合だから、保湿力も高いと人気なのです。

そんなカウブランドのクレンジングオイルは、低刺激ながらもメイク汚れを素早く浮かせるため肌への刺激を最低限に抑えてくれます。価格もプチプラで、使用感も良いと高評価を集め名を広げているメーカーです。

ファンケル

ファンケル』のオイルクレンジングは水色のボトルで有名になりました。『マイルド』といっているだけあって、汚れはしっかり落とすのに必要な潤いを残してくれる使用感が人気のようです。さらに肌のざらつきも気にならなくなる、毛穴詰まり解消もポイント。

濡れた手でもOK・マツエクOKで人を選ばず使用できるので、初めてのクレンジングオイルはファンケルのものを選ぶ方も多いようです。使用感満足度91%を誇る大人気クレンジングオイルといえばファンケルといっても良いのではないでしょうか。

THREE

コスメが人気で繊細なデザインが特徴な『THREE』も、スキンケアラインを販売しています。THREEのスキンケアのコンセプトは、『自分本来の美しさを引き出すこと』。植物の恵みをギュッと詰め込み、輝いたあなたへと導いてくれます。

スキンケアラインのなかにあるクレンジングオイルは、メイク汚れを優しく取り除いて、洗い上がりもしっとりしていることが特徴です。洗い流すタイミングは指先が軽くなってから。分かりやすい合図をくれるところも魅力的。

クレンジングオイルは男性にもおすすめ

実は、男性にもクレンジングオイルをおすすめしたいのです。メイクをしている・日焼け止めだけ塗っている方はもちろん、ノーメイクの男性にもおすすめしたい理由があります。それは皮脂ケアと毛穴ケア。

クレンジングオイルは肌の余分な皮脂をオフする効果が高いため、テカリが気になる方・毛穴詰まり・毛穴の黒ずみで悩んでいる方にぜひ使用してほしいアイテムなのです。毎日使用すると肌に刺激がかかるだけではなく、皮脂の取りすぎて乾燥の原因にも繋がるため、週1のペースで様子を見ましょう。肌のざらつきが気になった日でもクレンジングオイルでケアするとツルンとした肌を目指すことができますよ。

クレンジングオイル のおすすめ人気比較ランキング

第10位

エリデン化粧品 おひさまでつくったクレンジングオイル

1,155円(税込)

植物由来オイルのみをギュッと詰め込んだ、肌に優しいクレンジングオイル

かわいい商品名が特徴のエリデン化粧品 おひさまでつくったクレンジングオイルは、米ぬか油をベースとして、ホホバ種子油などの植物由来オイルのみで作られています。防腐剤・鉱物油・着色料・香料・エタノール・シリコンの6つが無添加。肌の刺激を最小限に抑えているため、乾燥肌や敏感肌の方にも「使いやすい」と支持されています。

クレンジングオイル特徴の洗浄力は鉱物油系よりは劣りますが、素早く馴染みメイク汚れを浮かせます。洗い上がりはさっぱりなのに、植物油の保湿効果でしっとりした肌触りはクセになることでしょう。メイク汚れをしっかり落としたいけど、乾燥はしたくないという方におすすめです。

第9位

雪肌精 トリートメントクレンジングオイル 13110067

1,606円(税込)

メイク汚れもくすみもオフ!やわらかい肌に導いてくれるクレンジングオイル

青いボトルが特徴の雪肌精 トリートメントクレンジングオイルは、メイク汚れはもちろんくすみもオフしてくれる優れもの。和漢植物オイルを高濃度で配合し、透明感あるクリアな素肌に導いてくれます。またハトムギオイルなど潤いを保持する成分がやわらかい肌に整えるなど、自信のある肌に導いてくれるクレンジングオイルなのです。

マッサージしているかのような使用感は人気を集め、気持ちが良いと高評価が多いアイテムのひとつ。オイル特有のベタついた洗い上がりもなく、最後まで使いやすく作られています。素肌もきれいになりたいという方におすすめです。

第8位

ビオレ パーフェクトオイル 4901301761385

712円(税込)

手と顔に水分があってもウォータープルーフまでバッチリ落とせるクレンジングオイル

ビオレのパーフェクトオイルは、手や顔が濡れていても水の影響を受けずにぐんぐん汚れが落とせるクレンジングオイルです。メイク落ちの力はなんとウォータープルーフまでスッキリ落とせるほど。刺激が強そうなイメージですが、クチコミを見てみると敏感肌の方にも愛用者は多いようです。

フルーツの香りで1日の疲れもスッキリ落とすこともできちゃう!と、リフレッシュ効果も期待できる点は魅力的。低価格なところも嬉しいですよね。

第7位

shu uemura アルティム8∞スブリムビューティークレンジングオイル 4935421637534

8,179円(税込)

メイク落ちも譲りたくない、肌の力を引き出したい方におすすめのクレンジングオイル

shu uemuraのクレンジングオイルといえば、アルティム8∞スリブムビューティークレンジングオイルを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。22冠もの賞を受賞し、shu uemuraのベストセラー商品にも選ばれました。W洗顔不要・自然由来成分98%・なめらかな洗い上がりが人気のポイント。クレンジングオイルなのにつっぱらないと喜びの声が多く寄せられています。

自然由来位成分のなかでも、整肌・保湿効果が高い8つの植物オイルの力で、透明感のある美しい肌に導いてくれることが特徴。つっぱらないのにメイクがしっかり落ちる秘密は、皮脂と同じ成分を含むつばきカメリアオイルが配合されているから。肌に素早く馴染みしっかりメイク汚れを落としてくれるのです。

第6位

ミュオ クレンジングオイル

532円(税込)

メイク汚れに密着してしっかりオフ!肌にも心にも癒しを与えてくれるクレンジングオイル

ミュオのクレンジングオイルは、着色料・合成香料・防腐剤・品質安定剤・鉱物油・シリコン・アルコール不使用の、肌に優しく作られている商品です。とろみのあるテクスチャーが肌の潤いを守りながら、メイク汚れに密着し濃いメイクもしっかりオフしてくれます。

濡れた手や顔でも使用できてW洗顔不要なところは、スキンケアの時短にも繋がり疲れた日でも負担が減ることでしょう。天然アロマの香りも、あなたを癒してくれますよ。低価格なところも人気の理由。肌・心・お財布にも優しいクレンジングオイルです。

第5位

無印良品 マイルドクレンジングオイル B07SV58FH5

864円(税込)

大容量タイプもある、潤い成分を贅沢に詰め込んだクレンジングオイル

無印良品のマイルドクレンジングオイルは、潤い成分を贅沢に配合しているため洗い上がりはもっちり。香料・着色料・鉱物油・アルコールフリーで敏感肌の方でも愛用者が多いアイテムです。濡れた手でも使用できますが、しっかりメイクの日は水気のない状態でクレンジング。水気のない状態のほうがメイク落ちが上がります。

肌に合うか心配な方はまず通常サイズから使用し、これからも続けたい!という場合は大容量タイプに切り替えましょう。メイクをしっかり落としたい・肌への優しさもほしい・大容量タイプが好きという方におすすめです。

第4位

肌ラボ 極潤クレンジングオイル 4.98724E+12

669円(税込)

肌への優しさと保湿にこだわり、メイク落ちも優れているクレンジングオイル

肌ラボの極潤クレンジングオイルは、香料・着色料・鉱物油・アルコールフリーという肌への優しさはもちろん、スーパーヒアルロン酸・吸着型ヒアルロン酸配合という保湿力の高さにもこだわった商品です。肌への刺激は少ないのに、ウォータープルーフマスカラまでしっかり落とせる優れもの。

旅行先でクレンジングを忘れたときでもコンビニで購入できますし、肌に優しく作られているために比較的どの肌質でも使いやすいところがとても嬉しいポイントですよね。

第3位

THREE バランシングクレンジングオイル クレンジングオイル

2,979円(税込)

自信のある肌に導く、洗い上がりスッキリしっとりのクレンジングオイル

「メイクを優しく落として、しなやかな肌に導く」がコンセプトのTHREE バランシングクレンジングオイル。どこか高級感あるデザインと金色のオイルが特徴で、独特ではありますが濃厚な香りに包まれます。さまざまな女性誌で受賞しており、実績もクチコミ数も申し分なしです。

メイク汚れだけではなく肌についた空気中の汚れもオフ。細かい部分までしっかり落とすのに、洗い上がりはしっとりしています。価格はお高めですが、自信のある肌に導いてくれる価格以上の価値があるクレンジングオイルなのです。

第2位

カウブランド 無添加メイク落としオイル 4901525007580

585円(税込)

とことん肌に優しく、潤す。デリケートな肌を考えられて作られたクレンジングオイル

デリケートな肌を考え作られた、カウブランドの無添加メイク落としオイル。着色料・香料・防腐剤・品質安定剤・鉱物油・アルコールフリー。配合する成分にもこだわり、皮膚を構成する元となるアミノ酸からできたアミノ酸系洗浄成分を配合。肌への優しさをとことん考えて作られています。

人の肌にはもともと保湿効果の高いセラミドが存在していますが、年齢を重ねるごとに減少していき乾燥の原因に繋がります。そんなセラミドと同じ構造の天然由来セラミドを配合することにより、必要な潤いを守る効果も期待できるのです。メイクはしっかり落とすのに、しっかり保湿してくれるクレンジングオイルをお探しの方におすすめです。

第1位

ファンケル マイルドクレンジングオイル 1400

372,121円(税込)

メイク汚れを素早く落としてスッキリ!4秒に1本売れているクレンジングオイル

1位に輝いたのは、水色のボトルで有名なファンケルのマイルドクレンジングオイル。ドラッグストアで見かけたことのある方が多いのではないでしょうか。2019年のベストコスメを受賞しており、発売してから現在でも支持され続けています。

メイクを素早く浮かせてスッキリ落とすだけではなく、肌のざらつきや角栓の悩みも解消できるというクチコミが多いです。クレンジングオイルは乾燥が心配という声が挙がりますが、こちらの商品は使用後に潤い成分が125%も残っているという嬉しい結果が出ています。使用前よりもしっとりしている秘密はここにあったのです。

肌への刺激が気になるから素早くメイク汚れを落としたい・保湿も妥協したくないという方におすすめです。

クレンジングオイル のおすすめ比較一覧表

商品画像
ファンケル マイルドクレンジングオイル B0773Q4M66 1枚目
カウブランド 無添加メイク落としオイル B07845RMCK 1枚目
THREE バランシングクレンジングオイル クレンジングオイル B00FEDG0TI 1枚目
肌ラボ 極潤クレンジングオイル B07GGV7VFM 1枚目
無印良品 マイルドクレンジングオイル B07SV58FH5 1枚目
ミュオ クレンジングオイル B01N9K49E7 1枚目
shu uemura アルティム8∞スブリムビューティークレンジングオイル B073QNDFDJ 1枚目
ビオレ パーフェクトオイル B00YQU6ANG 1枚目
雪肌精 トリートメントクレンジングオイル B01MQZZUP0 1枚目
エリデン化粧品 おひさまでつくったクレンジングオイル B00OZTJ2LU 1枚目
商品名 ファンケル マイルドクレンジングオイル カウブランド 無添加メイク落としオイル THREE バランシングクレンジングオイル クレンジングオイル 肌ラボ 極潤クレンジングオイル 無印良品 マイルドクレンジングオイル ミュオ クレンジングオイル shu uemura アルティム8∞スブリムビューティークレンジングオイル ビオレ パーフェクトオイル 雪肌精 トリートメントクレンジングオイル エリデン化粧品 おひさまでつくったクレンジングオイル
型番 1400 4901525007580 4.98724E+12 B07SV58FH5 4935421637534 4901301761385 13110067
特徴 メイク汚れを素早く落としてスッキリ!4秒に1本売れているクレンジングオイル とことん肌に優しく、潤す。デリケートな肌を考えられて作られたクレンジングオイル 自信のある肌に導く、洗い上がりスッキリしっとりのクレンジングオイル 肌への優しさと保湿にこだわり、メイク落ちも優れているクレンジングオイル 大容量タイプもある、潤い成分を贅沢に詰め込んだクレンジングオイル メイク汚れに密着してしっかりオフ!肌にも心にも癒しを与えてくれるクレンジングオイル メイク落ちも譲りたくない、肌の力を引き出したい方におすすめのクレンジングオイル 手と顔に水分があってもウォータープルーフまでバッチリ落とせるクレンジングオイル メイク汚れもくすみもオフ!やわらかい肌に導いてくれるクレンジングオイル 植物由来オイルのみをギュッと詰め込んだ、肌に優しいクレンジングオイル
価格 372,121円(税込) 585円(税込) 2,979円(税込) 669円(税込) 864円(税込) 532円(税込) 8,179円(税込) 712円(税込) 1,606円(税込) 1,155円(税込)
商品リンク

クレンジングオイルのおすすめまとめ

クレンジングオイル おすすめ まとめ

今回は、『クレンジングオイル』についてお話してきました。さまざまなタイプがあるクレンジング。オイルタイプはしっかりメイクの方・脂性肌の方におすすめですが、オイルの種類や配合されている成分次第では、乾燥肌や敏感肌の方でも使用できる商品が多く存在増しています。デリケートな肌の方は特に、油脂系のクレンジングオイルがおすすめです。

他にもW洗顔不要など肌への刺激を抑えられるタイプもあるので、肌が強いという方でも今後のために肌への刺激について見直してみると良いかもしれません。日々進化し続けるクレンジングオイル、今回ご紹介した商品はもちろんこれから発売される商品も目が離せませんね。

記事をシェアして友達にも教えよう!

クレンジングオイル
のおすすめ関連記事をもっと見る