フレンチプレスのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】フレンチプレスの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。フレンチプレスの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのフレンチプレスをランキング形式でご紹介。
上山 雄大

自宅でもお店で淹れたような本格的なコーヒーを楽しめる『フレンチプレス』。コーヒー好きの方にとっては美味しいコーヒーが気軽に飲めるのでうれしいアイテムです。

しかしフレンチプレスはたくさんの種類があり、使い方で味が変化してしまうため、どれを選んでよいのか迷う方も多いでしょう。

今回はフレンチプレスの選び方と、おすすめ商品を紹介していきます。自分にあったフレンチプレスを選んで、好みのコーヒーが楽しめるようになります。早速チェックしていきましょう。

フレンチプレスとは

フレンチプレス』とは、ガラスやプラスチック製の容器にお湯とコーヒーの粉を入れ、プランジャーとよばれるフィルターで圧縮してコーヒーを抽出する方法です。フランスで開発されたコーヒーの抽出方法なので、『フレンチプレス』とよばれています。

コーヒーの抽出方法は『ペーパードリップ』、『ネルドリップ』、『サイフォン』などたくさんあります。コーヒーの抽出方法の中でも『フレンチプレス』は扱いが簡単で、初心者でも美味しいコーヒーが作れるのが魅力的。コーヒー豆本来の風味を活かしたコーヒーが楽しめるでしょう。

フレンチプレスのおすすめの選び方

フレンチプレスにはさまざまな種類が存在しており、製品によって味が変わります。自分の好みにあったアイテムを選ぶとコーヒー作りが楽しくなります。

フレンチプレスの容量で選ぶ

フレンチプレスはコーヒーを飲む量によって容量を選ぶことが大切です。容量が大きすぎるとプランジャーがコーヒー粉まで届かず、味が変わってしまいます。
コーヒーを1度に飲む量や、振る舞う人数によって容量を選ぶのが美味しいコーヒーを作るポイント。目安としては1、2杯程度なら350ml、3~4杯なら500mlが最適です。適切な容量を選ぶと、フレンチプレスの性能を活かした美味しいコーヒーが飲めますよ。

フレンチプレスのタイプで選ぶ

フレンチプレスにはエアロプレスやアメリカンプレスなど、さまざまなタイプが存在します。使用方法や味が異なるので、チェックしてみましょう。

フレンチプレス

一般的な『フレンチプレス』は『プランジャー』とよばれる金属製のフィルターを使って、コーヒー粉を圧縮して抽出します。広く普及している抽出方法で幅広い製品ラインナップが特徴的。容量が大きいものが多いので、大人数でコーヒーを楽しむときにピッタリです。

使い方はまず容器の中にコーヒー粉を入れます。次にお湯を注いで3分程経過したら、プランジャーを押してください。プランジャーを押し込むと、コーヒー粉が容器の底に固められ、抽出したコーヒーが完成します。

他の抽出方法よりも簡単に美味しいコーヒーが作れるのが特徴です。豊富な製品ラインナップから自分の好きなアイテムを選べるのも魅力的。ぜひ試してみてください。

エアロプレス

エアロプレス』とは空気圧を使ってコーヒーを抽出するアイテムです。お湯やコーヒー粉の量を変えるだけで、さまざまな味わいに変化するのが特徴。自分好みの味に調整できるのが魅力的です。

使い方はまず容器にコーヒー粉を入れたら、お湯を注ぎます。次にパドルでかき混ぜて、1分ほど放置しお湯とコーヒー粉を馴染ませましょう。最後にプランジャーを押し込むとフィルターから抽出されたコーヒーが出てくるので、直接カップに注げば完成です。

フレンチプレスに比べると手順が多いですが、慣れるといろいろな味わいのコーヒーを楽しめるようになりますよ。

アメリカンプレス

アメリカンプレス』とは、プランジャーの部分にコーヒー粉を格納するポッドが取りつけられたタイプです。プランジャーをお湯の中に押し込んでコーヒーを抽出します。フレンチプレスよりも短時間で、豆の旨味が溶けだしたコーヒーが作れるのがメリット。

使い方はまず容器にお湯を注いで、プランジャーに備わったポッドにコーヒー粉を入れます。次にプランジャーを1分ほどお湯につけておきます。最後に30秒程時間をかけながら、ゆっくりお湯の中に押し込んでいけばコーヒーの完成です。

短時間で美味しいコーヒーをたくさん作れるので、大人数で楽しみたいときに向いている抽出方法といえます。

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすいアイテムはエアロプレスかアメリカンプレスです。エアロプレスはフィルターごと使用済みのコーヒー粉を捨てられます。アメリカンプレスはプランジャー内部のコーヒー粉を取り出して捨てるだけなので便利です。

一方でフレンチプレスは、容器の中で押し固められたコーヒー粉を取り除くのが面倒です。プランジャーや容器が汚れやすいのが欠点。お手入れのしやすさをもとめるならエアロプレスかアメリカンプレスを検討してみてもよいでしょう。

フレンチプレスの機能で選ぶ

フレンチプレスは機能によって味が変わります。自分の好みにあったものを選ぶためにも機能について知っておきましょう。以下それぞれ説明していきます。

目の粗いフィルター

コーヒーの味わいは、フィルターの目の粗さによって変化します。コーヒー粉からにじみ出たオイル感を味わいたいなら、目の粗いフィルターがよいです。オイル感のうすいクリーンな味わいが好みなら目が細かいフィルターを選びましょう。

またフィルターの周りにパッキンがついている製品なら、容器との密着度が高いです。粉がもれず、滑らかな口当たりのよいコーヒーが作れます。フィルターは密着度が高いものを選んで、目の粗さで好みの味わいを選択するとよいでしょう。

ステンレス製のビーカー

フレンチプレスの容器はガラス製であることが多いですが、外で使うには不向きです。アウトドアでコーヒーを楽しみたい方も多いと思いますが、ガラス製だと割れてしまう可能性があり心配です。

ステンレス製』のビーカーなら外に持ち歩いても割れる心配がないので安心。ただし中身が見えないので使いにくさはあります。アウトドアでもコーヒーが楽しみたい方は使いやすさを犠牲にしても、ステンレス製のビーカーを検討する価値はあるでしょう。

フレンチプレスのおすすめメーカー

フレンチプレスのおすすめメーカーを紹介していきます。製品選びで迷ったらこれから紹介するメーカーを選んでみてはいかがでしょうか。

bodum (ボダム)

bodum』はデンマークのキッチンウェアブランドです。キッチン用品の販売がメインのメーカーですが、コーヒーメーカーの開発も行っており、フレンチプレス製品のラインナップも豊富。

bodumのフレンチプレスは大きいものから小さいものまで、種類が豊富にあり、幅広い利用シーンで使えます。北欧らしいおしゃれなデザインで、機能性にも優れており、プロも愛用するフレンチプレスです。デザインと機能性をもとめる方は検討してみてはいかがでしょうか。

HARIO (ハリオ)

HARIO』は耐熱ガラスの製造で有名なメーカーです。コーヒーメーカーの販売も行っています。なかでも『V60』は人気があり、ハンドドリップの味を再現できるコーヒーメーカーとして有名です。

HARIOのフレンチプレスはコストパフォーマンスに優れた高性能の製品が多く、初心者の方でも安心して購入できます。これからコーヒーを楽しんでみたい方は購入してみるとよいでしょう。

Le Creuset (ル・クルーゼ)

Le Creuset』はフランスのキッチンウェアブランドです。調理器具や食器など、デザイン性と品質に優れた製品づくりが特徴のメーカーです。カラーバリエーションが豊富でカラフルな色使いが魅力的なフレンチプレスを多数揃えています。インテリアにピッタリなので、デザイン性をもとめる方は検討してみてはいかがでしょうか。

フレンチプレスのおすすめの使い方

フレンチプレスを使ったおすすめのコーヒーの淹れ方を紹介します。ちょっとしたコツを知っておくとより美味しいコーヒーが飲めますので、チェックしてみてください。

新鮮なコーヒー豆を『中粗挽き』か『粗挽き』で淹れる

フレンチプレスは抽出方法の性質上、使用するコーヒー粉によって味が大きく変わってしまいます。なるべく質のよいコーヒー粉で『中粗挽き』か『粗挽き』を使うのがフレンチプレスで美味しいコーヒーを淹れるポイント。お湯の温度は90度が最適です。

コーヒーとお湯を十分まぜるため、3~4分ほど待ってからプランジャーを30秒ほどかけて、ゆっくり押してください。フレンチププレスは、コーヒーを作る行程を4分程度で行うと質のよいコーヒーが完成します。

使用後は必ずお手入れをする

フレンチプレスは使用後のお手入れが大切。汚れが残っていると後で淹れたコーヒーの味が劣化してしまいます。特にフィルターにはコーヒー粉のカスや、酸化したオイルが残りやすいのでしっかり洗浄しましょう。

具体的なお手入れの仕方は、容器の汚れが落ちにくいと感じたら、コーヒー専用洗剤を使うと綺麗に洗浄できます。フィルターは分解して煮沸すれば綺麗に落とせるので、試してみてください。

フレンチプレス のおすすめ人気比較ランキング

第10位

澤井珈琲 フレンチプレス & コーヒーバッグ 2パック

4,398円(税込)

コーヒー屋が作ったオイル感抜群のフレンチプレス

澤井珈琲の『フレンチプレス & コーヒーバッグ』はコーヒー専門店である「澤井珈琲」が作成したフレンチプレスです。コーヒー専門店のノウハウを活かしたフレンチプレスで、濃厚なオイル感を楽しめるのが特徴。機能性にも優れ、使われている耐熱ガラスが二重構造になっており、熱が伝わらず保温性があります。

またフレンチプレスに最適な「中粗挽き」と「粗挽き」のコーヒーバッグが2つ付属しているので、購入後すぐに楽しめるのがうれしい。コーヒー屋さんの淹れたてコーヒーを試してみたい方にピッタリです。

第9位

American Press アメリカンプレス コーヒーメーカー ALB001

13,200円(税込)

短時間でコーヒー豆の風味をしっかり残した本格的なコーヒーが楽しめるアメリカンプレス

アメリカンプレスを採用したコーヒーメーカーです。フレンチプレスとは違う水圧による抽出で、よりクリーンなコーヒーを楽しめます。短時間でもコーヒー豆の風味がしかり残り本格的な味わいが魅力的。残ったコーヒー粉のカスを簡単に捨てられるのもうれしいです。

容量は350mlから414mlまで備え、一人で楽しみたい方や、複数人で楽しみたい方でも幅広い利用シーンで使えます。

お湯の温度やプランジャーを押す時間で味わいを調整できるので、1杯のコーヒーにとことんこだわりたい方にピッタリです。

第8位

AEROBIE (エアロビー) エアロプレス コーヒーメーカー 4970690995008

3,836円(税込)

安定した味を追求する空気を利用したエアロプレスタイプのコーヒーメーカー

エアロプレスタイプのコーヒーメーカーです。コーヒー粉の量、挽き加減、お湯の温度や量で違った味わいに調整できるのが魅力的。コーヒーを作る手順は多いですが、一度手順を覚えてしまえばお気に入りの味わいを安定的に再現できます。

片付けもコーヒー粉のカスとフィルターをワンタッチで捨てられるのでとても楽。一人でじっくりコーヒーを楽しみたい方に向いているコーヒーメーカーです。

第7位

ル・クルーゼ (Le Creuset) コーヒー プレス フラワーレリーフ 910282-00-431

12,000円(税込)

コーヒー本来の味が楽しめる保温性にも優れたコーヒーメーカー

ペーパーフィルターを使用していないので、オイル感を活かしたコーヒー本来の味が楽しめます。また1250度の高温で焼き上げた特別なストーンウェアなので、保温性が高く、放置してもコーヒーが冷めないのが魅力的です。セラミックで作られたフレンチプレスはLe Creuset独自のものです。デザインも特徴的でおしゃれ。

容量が800mlと大きく、保温性にも優れているので、大人数でコーヒーを楽しみたい方にピッタリ。デザインもインテリアに映えます。他にはないコーヒーメーカーで、お気に入りの1杯を楽しみたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

第6位

HARIO (ハリオ) ブライト N コーヒー & ティー フレンチ プレス THJN-2HSV

2,181円(税込)

コーヒー、紅茶問わず本来の旨味をしっかり楽しめるコーヒーメーカー

HARIOの『ブライト N コーヒー&ティー フレンチプレス』はコーヒーや紅茶でも、使う粉や茶葉を問わずに旨味を抽出できます。コーヒーだけでなく紅茶やハーブティーを楽しめるのがポイント。コーヒーオイルや茶葉の旨味をしっかり抽出するので、素材本来の旨味を楽しめるでしょう。

容量は300mlから600mlまで用意されているので、個人使いやパーティーでも活躍します。
コーヒーだけでなく、いろいろなお茶も楽しみたい方にピッタリのコーヒーメーカーです。

第5位

HARIO (ハリオ) カフェプレス ウッド コーヒー & ティー プレス CPSW-2-OV

6,070円(税込)

素材に木を使ったぬくもりあるデザインでコーヒー豆の旨味を堪能できるコーヒープレス

コーヒーメーカーで有名なHARIOのフレンチプレスです。フタや持ち手にオリーブウッドを使っているので、ぬくもりあるデザインがインテリアに馴染みます。プレスするとコーヒー豆の旨味成分が溶けだし、本格的なコーヒーが味わえるでしょう。

コーヒーの味を楽しむだけでなく、デザイン性にもこだわりたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

第4位

bodum (ボダム) トラベルプレスセット フレンチプレスコーヒーメーカー K11067-913

4,583円(税込)

外出先でも本格的なコーヒーを楽しめるコンパクトなコーヒーメーカー

デンマークのキッチンウェアブランドbodumの外出先でもコーヒーが楽しめるコーヒーメーカーです。350mlのコンパクトサイズですが、コーヒーオイルをしっかり抽出する性能を持っています。

タンブラー型で携帯がとても楽。耐熱ガラスが二重構造なので、保温性が高く、持ち歩いても冷えません。ステンレス製のモデルを選べば、アウトドアでも活躍します。外出先でも本格的なコーヒーを楽しみたい方に向いています。

第3位

bodum (ボダム) ケニヤ フレンチプレスコーヒーメーカー 10685-01

4,413円(税込)

bodumで最も人気がある高い機能性を持ったコーヒーメーカー

bodumのフレンチプレスの定番である『ケニヤ』です。シンプルなデザインとステンレスメッシュフィルターによる、コーヒーオイルの抽出力が人気の製品。ドリップ式よりもコーヒーオイルをしっかり引き出すので、コーヒー豆の個性を殺さない豊かな味わいが魅力的です。

容量が350mlから500mlまで用意されているので、幅広い利用シーンで使用できます。老舗メーカーの信頼ある製品ですので、フレンチプレスをこれから試してみたい方にピッタリです。

第2位

bodum (ボダム) ブラジル フレンチプレスコーヒーメーカー 10948-294

2,919円(税込)

シンプルなデザインでしっかり豆の旨味を味わえるコスパに優れたコーヒーメーカー

bodumの『ブラジル』はとてもシンプルなデザインですが、ステンレス製のメッシュフィルターを採用しているため、本格的なコーヒーが味わえます。コーヒーのオイル感を損なわないので、非常に濃厚な味わいが特徴的。

初心者でも、コーヒー粉の分量やお湯の量を決めておけば、誰でもプロが淹れたようなコーヒーが楽しめます。値段も安いので、コスパに優れたコーヒーメーカーをもとめる方にピッタリです。

第1位

bodum (ボダム) シャンボール フレンチプレスコーヒーメーカー 1923-16

3,599円(税込)

クラシックなデザインでも高い機能性を持つコーヒーメーカー

bodumの『シャンボール』は、60年前のフランスで流行したクラシックなデザインが特徴的です。インテリアに置くだけでもフランスの上品なイメージが伝わります。

クラシックな見た目ですが、機能性が高いです。ステンレスフィルターを使っているので、ペーパーフィルターにはないオイル感が味わえます。 耐熱ガラスは熱や衝撃に強いのでとても扱いやすい。デザイン性と機能性を両立した優れたコーヒーメーカーといえるでしょう。

フレンチプレス のおすすめ比較一覧表

商品画像
bodum (ボダム) シャンボール フレンチプレスコーヒーメーカー  B0051OOM68 1枚目
bodum (ボダム) ブラジル フレンチプレスコーヒーメーカー B0038OFZW8 1枚目
bodum (ボダム) ケニヤ フレンチプレスコーヒーメーカー B0018JQDGW 1枚目
bodum (ボダム) トラベルプレスセット フレンチプレスコーヒーメーカー B0044CLW34 1枚目
HARIO (ハリオ) カフェプレス ウッド コーヒー & ティー プレス B00IM23082 1枚目
HARIO (ハリオ) ブライト N コーヒー & ティー フレンチ プレス B002IJIGMK 1枚目
ル・クルーゼ (Le Creuset) コーヒー プレス フラワーレリーフ B07JH91GXD 1枚目
AEROBIE (エアロビー) エアロプレス コーヒーメーカー B005Z9XZ1W 1枚目
American Press アメリカンプレス コーヒーメーカー B01N4PQ4R8 1枚目
澤井珈琲 フレンチプレス & コーヒーバッグ 2パック B077G78LZJ 1枚目
商品名 bodum (ボダム) シャンボール フレンチプレスコーヒーメーカー bodum (ボダム) ブラジル フレンチプレスコーヒーメーカー bodum (ボダム) ケニヤ フレンチプレスコーヒーメーカー bodum (ボダム) トラベルプレスセット フレンチプレスコーヒーメーカー HARIO (ハリオ) カフェプレス ウッド コーヒー & ティー プレス HARIO (ハリオ) ブライト N コーヒー & ティー フレンチ プレス ル・クルーゼ (Le Creuset) コーヒー プレス フラワーレリーフ AEROBIE (エアロビー) エアロプレス コーヒーメーカー American Press アメリカンプレス コーヒーメーカー 澤井珈琲 フレンチプレス & コーヒーバッグ 2パック
型番 1923-16 10948-294 10685-01 K11067-913 CPSW-2-OV THJN-2HSV 910282-00-431 4970690995008 ALB001
特徴 クラシックなデザインでも高い機能性を持つコーヒーメーカー シンプルなデザインでしっかり豆の旨味を味わえるコスパに優れたコーヒーメーカー bodumで最も人気がある高い機能性を持ったコーヒーメーカー 外出先でも本格的なコーヒーを楽しめるコンパクトなコーヒーメーカー 素材に木を使ったぬくもりあるデザインでコーヒー豆の旨味を堪能できるコーヒープレス コーヒー、紅茶問わず本来の旨味をしっかり楽しめるコーヒーメーカー コーヒー本来の味が楽しめる保温性にも優れたコーヒーメーカー 安定した味を追求する空気を利用したエアロプレスタイプのコーヒーメーカー 短時間でコーヒー豆の風味をしっかり残した本格的なコーヒーが楽しめるアメリカンプレス コーヒー屋が作ったオイル感抜群のフレンチプレス
価格 3,599円(税込) 2,919円(税込) 4,413円(税込) 4,583円(税込) 6,070円(税込) 2,181円(税込) 12,000円(税込) 3,836円(税込) 13,200円(税込) 4,398円(税込)
商品リンク

フレンチプレスのおすすめまとめ

フレンチプレス』があれば、自宅でも気軽に本格的なコーヒーが楽しめます。さまざまなフレンチプレスの種類があるので、自分の好きなコーヒーが作れる製品を選ぶと、コーヒーを淹れるのが楽しくなります。

今回の記事で紹介したフレンチプレスの選び方を参考にして、自宅で家族と一緒にコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

記事をシェアして友達にも教えよう!

フレンチプレス
のおすすめ関連記事をもっと見る