パウダーファンデーションのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】パウダーファンデーションの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。パウダーファンデーションの特徴や選び方から効果的な使い方、価格情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのパウダーファンデーションをランキング形式でご紹介。
K_tea

ベースメイクのマストアイテムであるファンデーションは、季節や肌質に応じたテクスチャーのものを使うのがベストですよね。ファンデーションはブランドも商品数も多く、『コレだ!』というアイテムになかなか出会えない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事で『パウダーファンデーション』に注目して、パウダータイプのおすすめポイントや、選び方などを解説。おすすめの商品や使い方のコツも紹介するため、ぜひチェックしてみてくださいね。

パウダーファンデーションとは

そもそもファンデーションは、大まかにベースとなる粉体と結合剤の役割をもつ油性成分によって構成されています。『ファンデーション』と一口にいっても、『パウダー』・『リキッド』・『クリーム』などと質感が異なりますよね。

パウダーファンデーション』はそのなかでも粉体が原材料の大部分を占めており、油分は少なめに配合されています。そのため仕上がりはマットやフォギーな質感になるのが特徴。またテカリも抑えるため、オイリー肌の方におすすめです。ただ昨今はツヤっぽく仕上がるタイプも増えてきたため、好みの質感が選べますよ。

パウダーファンデーションのおすすめポイント

使いやすさや仕上がりの観点から、パウダーファンデーションをおすすめするポイントを紹介します。

初心者でも扱いやすい

基本的にパウダーファンデーションは、どの商品も薄づきでナチュラルに仕上がります。そのため他の種類と比べると塗りムラや塗りすぎることが少なく、メイクが得意でない方でも簡単に扱えますよ。

メイク負担が少なく、肌に優しい

パウダータイプは肌にふんわりと密着するため、洗顔時にゴシゴシこすらずともメイクオフが可能。またカバー力が控えめなため、クレンジング料も肌負担の少ない質感のもので十分に落とせます。

毛穴の目立ちをカバー

毛穴が広がってしまう要因の一つに皮脂分泌の多さが挙げられます。パウダーファンデーションは粉が多く皮脂を抑えてくれるため、毛穴が目立ちにくく。さらにソフトフォーカス機能があるものを選べば、より毛穴カバーを強化できますよ。

化粧が崩れにくい

先に紹介したように、パウダーファンデーションは油分が少なくヨレが気になりにくいのもメリットです。ただ乾燥しやすいという面もあるため、保湿成分が配合されているかに注目して選ぶのをおすすめします。

いつでも気軽に使える

ケースにレフィルとパフやブラシ、鏡がセットになっている商品が多いのもパウダーファンデーションの特徴。必要なツールがコンパクトに収納できて持ち運びにも便利なため、外出先でもメイク直しできるという点も魅力です。

パウダーファンデーションのおすすめの選び方

パウダーファンデーションを選ぶ際に、おすすめの選び方と気をつけるべきポイントを紹介します。

とくに大切!肌の色に合わせて選ぶ

顔の色だけに合わせてファンデーションを選ぶと、メイクをしている顔だけ白浮きしかねません。そのためファンデーションを選ぶ際は、顔の延長にある首の色とも馴染む色を選ぶのが正解。

そのためには実際に自分の肌で試すのが一番です。色をみる時は肌色に合った色みをいくつかチョイスして、フェイスラインから首までファンデーションを塗りましょう。そのなかで遠目で見た場合に最も顔・首の肌色と馴染んでいる色みが、もとの肌に馴染むぴったりの色です。

自分の肌質に合わせて選ぶ

メイクもちをよくするには、自分の肌質と相性がいい特徴をもつパウダーファンデーションを選びましょう。先にも紹介したように、乾燥肌の方なら保湿成分配合の物を選べば乾燥によるひび割れや肌荒れを防げます。

オイリー肌の方なら、水を含ませたパフやスポンジで使えるタイプがおすすめ。肌の温度を下げることで皮脂分泌を抑制します。また敏感肌の方ならノンケミカル処方など、肌に負担がかかりにくいタイプを選んでくださいね。

好みの質感、仕上がりで選ぶ

パウダーファンデーションは基本的にマットな質感に仕上がりますが、なかにはツヤっぽく仕上がるものも。マットタイプだと陶器のように滑らかな印象で、カバー力があるものも多いです。

一方ツヤタイプだとナチュラルでうるおった印象の肌を演出できます。ただカバー力はそれほどありません。また基本的にマット仕上げはオイリー肌向け、ツヤ仕上げは乾燥肌向けですが、配合成分や合わせる下地によっても仕上がりは左右します。質感の好みや肌質に応じて選んでくださいね。

カバー力や色ムラ補整など効果で選ぶ

ファンデーションで重視するポイントは人によってさまざまです。パウダーファンデーションはふんわりとした塗り心地ですが、もちろんカバー力を備えているものもあります。あらかじめ下地やコンシーラーで肌悩みをケアしておけば、厚塗り感がなく自然に仕上がりますよ。

メイクっぽさを出したくないなら、粒子が細かいものや薄づきタイプがおすすめ。また色ムラを補整したい場合は、コントロールカラーが含まれているものを選びましょう。色ムラの種類によって最適な色も異なるため、どの色が悩みをカバーできるか確認してくださいね。

肌への優しさで選ぶ

肌負担をなるべく抑えたい方は、配合成分やSPF値などを考慮しましょう。パウダーファンデーションは肌に優しいものが多いです。そのなかでもミネラルタイプやアルコールフリーのもの、またノンケミカル処方だと刺激が少なく肌に優しいという特徴が。

その他にも肌を乾燥から守るために、ヒアルロン酸やグリセリンといった保湿成分配合の有無をチェックするのもおすすめです。また蓄積ダメージを抑えるために紫外線ケアができるかどうかも確認しましょう。

季節や環境で選ぶ

ファンデーションを使う季節や、普段過ごしている環境に応じて選ぶのも大切。パウダーファンデーションは皮脂によるメイク崩れがしにくいという特徴があるため、暖かい季節での使用がおすすめです。

ただ先にも紹介したように、保湿に強いタイプだと冬場でも十分活躍します。また室内で過ごす時間が長い方は、エアコンによる乾燥も考慮して選んでくださいね。

コンパクトのデザインで選ぶ

持ち運びに適しているパウダーファンデーションだからこそ、コンパクトの形や利便性も意識しましょう。たとえば横長の形をしたコンパクトだと厚みが抑えられますし、縦長だとサイズが小さくなり、バッグに入れてもかさばりません。

鏡の有無やスポンジを衛生的に収納できるかどうかも意識して選ぶことをおすすめします。

パウダーファンデーションのおすすめの使い方

仕上がりをきれいにするために、パウダーファンデーションを使う際のコツを紹介します。

顔の中心から外側へ薄く塗るのがポイント

塗りムラの心配が少ないパウダーファンデーションですが、よりきれいに仕上げるために顔の内側から外側に向かってのばしましょう。パウダータイプに限らず、ベースメイクは顔一面へ均等な厚さで塗ると立体感がなく、のっぺりとした印象に。

毛穴などのカバーしたい部位へは、毛穴をうめるようにくるくると馴染ませるのがコツです。中心から外側へのばすことで薄づきかつ仕上がりがきれいになるばかりか、メイク崩れの防止にもつながりますよ。

パフとブラシの使い分けで質感をコントロール

ツールは仕上がりのきれいさとメイクもちを左右するため、いろいろなタイプを試してみるのがおすすめです。また肌の質感も変わるため、好みの仕上がりに応じて選んでくださいね。スポンジやパフならファンデーションを肌にしっかり密着させたり、角を使えば細かい部分の調整も可能。

ブラシはファンデーションの粉を均等に含んで肌へふんわりとのせられて、ナチュラルに仕上がります。またツヤを出したい時にもブラシを使用するといいですよ。

長持ちさせるには

ベースメイクを長持ちさせるには、パウダーファンデーション単体の実力はもちろんですが、塗布前のスキンケアと下地選びも意識しましょう。メイク崩れの原因は皮脂や汗などの水分です。日中に肌の乾燥が進むと皮脂の分泌が活発になります。そのためメイク前のスキンケアでたっぷりの保湿をしておくことがメイク崩れの予防につながります。

また下地もファンデーションとの相性を考えることが重要です。使用するファンデーションの機能を補うという使い方もできるため、ぜひ意識して選んでくださいね。

パウダーファンデーション のおすすめ人気比較ランキング

第10位

キャンメイク マシュマロフィニッシュファンデーション

993円(税込)

ふんわりマット肌に仕上がって紫外線対策もばっちり

プチプラブランドの代表格であるキャンメイクからおすすめするのは、マシュマロのようなふわっとした肌が目指せるファンデーション。天然ミネラル成分や10種類の美容液成分など、肌に嬉しい成分が贅沢に配合されています。

リーズナブルながらSPF値は最高の50かつPA+++と、紫外線対策も抜かりなく行える一品です。強力に紫外線はカットしつつも洗顔料だけでオフできるという使い勝手のよさも兼ね備えています。

第9位

24hコスメ 24 ミネラルパウダーファンデ

1,803円(税込)

メイクしながらスキンケアできる!肌に優しい使い心地

24hコスメのファンデーションは塗ったままでも眠れるほど肌への負担が抑えられています。天然ミネラルをはじめ、天然保湿成分を絶妙なバランスで配合しているため、乾燥から肌を保護。SPF値は45でPAは+++という高い紫外線カット機能も備えています。

しっとりした質感の粉が肌へ優しく密着して、仕上がりはナチュラルなツヤ肌に。乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。またメイクオフ時は洗顔料だけで落とせるため、肌を労わりながら使えますよ。

第8位

資生堂 d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション (パウダリー)

2,150円(税込)

肌荒れ・ニキビケアをしながら肌悩みもカバーする薬用ファンデーション

敏感肌やゆらぎやすい肌の方へおすすめするのは、素肌まできれいを目指せるdプログラムのスキンケアファンデーション。ニキビと肌荒れにアプローチする2種の薬用有効成分を配合しているため、刺激を抑えながら肌のケアも行えます。

もちろんベースメイクとしての機能も備えており、仕上がりは滑らかな質感の肌に。肌へピタっと密着してメイクもちをよくするパウダーと、のびのいいパウダーの2種類を配合しているため、肌に凹凸があってもパウダーがきれいにのって密着します。

第7位

ALBION(アルビオン) アルビオン パウダレスト

5,200円(税込)

もとから肌が美しいと錯覚させるような仕上がりに

スキンケアアイテムで定評のあるアルビオンからおすすめするのは、素肌を感じさせるような仕上がりのファンデーションです。繊細なパウダーが膜のように肌へ吸いついて、粉っぽさを払拭した美しい肌へ。塗った後の肌はカシミヤのように滑らかで、きめの細かいカバー力が持続します。

コンパクトは小型でバッグへ入れてもかさばらないため、持ち運びにもぴったりです。色展開は肌のトーンはもちろん、赤みや黄みまでも対応するため、きっとご自身にぴったりフィットする色みに出会えますよ。

第6位

Koh Gen Do(コウゲンドウ) 江原道 マイファンスィー グロス フィルム ファンデーション

1,320円(税込)

光フィルムを当てたように滑らかなシルク肌へ

上質で高機能な商品を展開する江原道のファンデーションは、いくつものベストコスメを受賞するなど実力のあるアイテムです。細かい粒子が肌へ密着して肌のアラを隠します。さらに江原道開発の多機能パウダーも配合。パウダーが肌の上で光を集めて、フィルムをのせたように上質な印象の肌を演出します。

パウダーが肌に密着しつつものびがいいため、薄づきでナチュラルなツヤ肌に。複数の保湿成分を配合しており、パウダーながらもしっとりとした質感で肌のうるおいを保ちます。

第5位

CHANEL(シャネル) ル ブラン コンパクト ラディアンス パウダリー ファンデーション

8,250円(税込)

原材料にとことんこだわって温度や湿度の変化に負けない肌を育む

CHANELからおすすめするファンデーションは、自社栽培した植物を原材料に使用し、肌力を育てます。植物由来の有効成分には保湿や肌再生の効果を期待できるという特徴が。さらに肌へシールドを作ることにより、気温・湿度の差が激しい環境でも肌を保護します。

仕上がりはうるおいと透明感に満ちたツヤっぽい肌を実現して健康的な印象に。合わせる下地は同シリーズのル ブランがおすすめです。肌にのせる際はスポンジを滑らせるのではなく、軽くたたくようにして塗布していくとパウダーが肌へきれいに密着しますよ。

第4位

資生堂 インテグレート プロフィニッシュファンデーション 5549

900円(税込)

ひと塗りでプロが仕上げたようなきめ細かい美肌に

プチプラで高品質なメイクアイテムを展開するインテグレート。パウダーファンデーションは気になる毛穴・ムラ・ニキビなどをカバーしながら、透けるような肌へ導きます。軽やかな質感でふんわりと密着するため、素肌のような心地よさ。

肌荒れを防止するイオンミネラルパウダーを配合しており、メイクしながら肌を保護します。オールシーズン使えて便利ですが、SPF値は16と控えめなため夏場に使う場合は紫外線カット作用のある下地と併用するのがおすすめです。

第3位

IPSA(イプサ) フェイスパウダー アルティメイト

8,250円(税込)

ヴェールのように肌へ密着して透明感を持続

IPSAのファンデーションは新技術を採用することで、粉っぽさのないしっとりとした質感のパウダーを実現。柔らかい使い心地で乾燥を防ぎつつ、肌の透明感をアップさせます。また乾燥はもちろん、皮脂によるメイク崩れからも肌を守ってメイク仕立ての美しさをキープ。

粉末にはラディアントパウダーを使用し、光を面でとらえて反射させます。従来よりも光を強く反射させることで、滑らかかつツヤっぽい仕上がりの肌へ。きめが整った透明感のある印象になるため、上質な肌にみせたい方へおすすめです。

第2位

CEFINE(セフィーヌ) シルクウェットパウダー

2,965円(税込)

シルクのような質感が長時間続いて肌に優しい使い心地

CEFINEのファンデーションはプロのヘアメイクアップアーティストに選ばれる高品質さが魅力です。コラーゲンやヒアルロン酸をはじめとする22種類の美容成分を贅沢に配合しており、肌のうるおいを保ってきめを整えます。

またシルクパウダーも配合しているため、サラサラ質感で素肌のような塗り心地です。さらにシルクパウダーには穴がたくさん空いており、皮脂や汗の吸着に優れています。そのためメイク崩れしにくく、きれいな仕上がりを長時間キープ。

第1位

資生堂 MAQUILLAGE(マキアージュ) ドラマティックパウダリー UV

2,598円(税込)

ムースのような滑らか質感で肌をしっとりカバー

美容液水とパウダーを合わせて作られたMAQUILLAGEのパウダーファンデーションは、肌へ溶け込むように馴染むのが特徴。しっとりとフィットして肌悩みはカバーしつつも、ふんわりと素肌のように仕上がります。

パウダーの粒子は中が空洞になっており、塗っていないような軽い使用感でストレスなくメイクできますよ。またパウダーの形状は金平糖のような形を採用。顔色をきれいにみせる光だけに作用するため、自然なカバー力と透明感をゲットできます。

パウダーファンデーション のおすすめ比較一覧表

商品画像
資生堂 MAQUILLAGE(マキアージュ) ドラマティックパウダリー UV B078MXGSB7 1枚目
CEFINE(セフィーヌ) シルクウェットパウダー B00N1O7N20 1枚目
IPSA(イプサ) フェイスパウダー アルティメイト B079ZT1VQW 1枚目
資生堂 インテグレート プロフィニッシュファンデーション B01LW157Q8 1枚目
CHANEL(シャネル) ル ブラン コンパクト ラディアンス パウダリー ファンデーション B06XGCG2NH 1枚目
Koh Gen Do(コウゲンドウ) 江原道 マイファンスィー グロス フィルム ファンデーション B07969F294 1枚目
ALBION(アルビオン) アルビオン パウダレスト B07ZHQMPHM 1枚目
資生堂 d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション (パウダリー) B07F7Q3FJD 1枚目
24hコスメ 24 ミネラルパウダーファンデ B079JTYYCQ 1枚目
キャンメイク マシュマロフィニッシュファンデーション B07GGZJMVK 1枚目
商品名 資生堂 MAQUILLAGE(マキアージュ) ドラマティックパウダリー UV CEFINE(セフィーヌ) シルクウェットパウダー IPSA(イプサ) フェイスパウダー アルティメイト 資生堂 インテグレート プロフィニッシュファンデーション CHANEL(シャネル) ル ブラン コンパクト ラディアンス パウダリー ファンデーション Koh Gen Do(コウゲンドウ) 江原道 マイファンスィー グロス フィルム ファンデーション ALBION(アルビオン) アルビオン パウダレスト 資生堂 d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション (パウダリー) 24hコスメ 24 ミネラルパウダーファンデ キャンメイク マシュマロフィニッシュファンデーション
型番 5549
特徴 ムースのような滑らか質感で肌をしっとりカバー シルクのような質感が長時間続いて肌に優しい使い心地 ヴェールのように肌へ密着して透明感を持続 ひと塗りでプロが仕上げたようなきめ細かい美肌に 原材料にとことんこだわって温度や湿度の変化に負けない肌を育む 光フィルムを当てたように滑らかなシルク肌へ もとから肌が美しいと錯覚させるような仕上がりに 肌荒れ・ニキビケアをしながら肌悩みもカバーする薬用ファンデーション メイクしながらスキンケアできる!肌に優しい使い心地 ふんわりマット肌に仕上がって紫外線対策もばっちり
価格 2,598円(税込) 2,965円(税込) 8,250円(税込) 900円(税込) 8,250円(税込) 1,320円(税込) 5,200円(税込) 2,150円(税込) 1,803円(税込) 993円(税込)
商品リンク

パウダーファンデーションのおすすめまとめ

パウダーファンデーション』は粉浮きや乾燥が気になると感じている方も多いのではないでしょうか?昨今はパウダーながら肌に馴染むように密着して、粉っぽさを感じさせない良品が多数展開しています。

マットやツヤ・素肌っぽさなど仕上がりの質感も選べるため、好みのものがきっと見つかるはず。薄づきで肌にも優しいためオールシーズン使いたい方にもおすすめです。ぜひこの記事を参考にして、最適なパウダーファンデーションを見つけてくださいね。

記事をシェアして友達にも教えよう!

パウダーファンデーション
のおすすめ関連記事をもっと見る