マッサージオイルのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】マッサージオイルの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。マッサージオイルの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのマッサージオイルをランキング形式でご紹介。
みこ

マッサージオイル』を使っていると、部屋中にハーブのいい香りが漂って体も心もリラックスできますよね。マッサージオイルの種類によっても美容効果が全く違ってくるので、どれを選べばよいのか悩んでしまいます。

今回は『マッサージオイル』の種類と上手な選び方について詳しくお伝えしていきます。また効果的な使い方やおすすめのアイテムについてもランキング形式でご紹介しますので、ぜひ購入する際の参考にしてください。

マッサージオイルとは

マッサージオイル おすすめ 概要

マッサージオイル』とは体や顔をマッサージする際に使うオイルのことで、正式にはキャリアオイルといいます。

マッサージオイルを使うと、刺激や乾燥から肌を守って保湿ケアしてくれ、肌が柔らかくなるのが魅力。さらに日焼け予防と日焼けあとの気になる紫外線ケアもしてくれるほか、リンパの流れや体全体の巡りをよくして体を温めてくれるなどの効果があります。

マッサージオイルにはホホバオイルやアーモンドオイルなど豊富な種類があり、それぞれ美容効果も違っているので自分に合うものを選ぶことが大切です。

おすすめのキャリアオイルの種類

おすすめ キャリアオイル 種類

ホホバオイル

ホホバオイル』はホホバという植物の種子から抽出され、昔から奇跡のオイルとして先住民族の間で愛され続けてきたオイルです。ビタミンAやカロチノイドなどの豊富な栄養素に加え、肌に優しい分子構造をしているため、敏感肌や乾燥肌など全ての肌質に使えるのが魅力。

化学溶媒で抽出し精製された比較的安価なものがクリアホホバオイルで、低温圧搾で時間をかけて抽出し未精製で栄養分豊富なものがゴールデンホホバオイルと、おおきく2種類に分けられます。

アーモンドオイル

アーモンドの種子から抽出された『アーモンドオイル』は、発育のビタミンと呼ばれるビタミンEを多く含んでいるため、抗酸化作用が高くアンチエイジングにもぴったりのオイルです。

またオレイン酸やリノール酸、マグネシウム、カリウム、鉄分、ミネラル、葉酸など豊富な栄養素が含まれており、妊娠中の方にもおすすめ。酸化しにくく比較的安価なため、体だけではなくヘアケアにまでたっぷりと普段使いできるのが嬉しいポイントです。

グレープシードオイル

グレープシードオイル』はヨーロッパぶどうの種子から抽出されたオイルで、ワインを作るときに一緒に生成されます。さらっとした軽い質感なので料理にはもちろん、クレンジングや美容液、ヘアケア、まつげにも使えるなど、多様性が魅力です。

オリーブオイルの約2倍ものビタミンEとポリフェノールを含んでおり、抗酸化作用が高くアンチエイジング効果も期待できるほか、不飽和脂肪酸を含んでいるためコレステロールを抑制する作用もあります。

マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツオイル』はマカダミアナッツから絞ったオイルで、ナッツ特有の風味とサラサラしたテクスチャーが特徴です。肌への浸透力も高くベタつきがないため、スキンケアやヘアケアにも万能だと多くの美容のプロも注目しています。

不飽和脂肪酸であるパルミトレイン酸を多く含んでおり、食べると悪玉コレステロールを減らして、血管を健康に保ってくれるのが魅力です。また肌につけると細胞を再生してお肌を柔らかくしてくれます。

シアバター

シアバター』はアフリカに生息するシアの木の種子から採取した脂肪分で、常温では固形のためバターと呼ばれています。保湿の王様と呼ばれ、人の皮脂と似た性質を持つことから肌になじみやすく、乾燥から保護してうるおいを与えてくれるのが特徴です。

自然治癒力を高めるアラントインや皮膚や粘膜の再生を助けてくれるカロチノイド、抗酸化力のあるトコフェロールなどのビタミンも含んでおり、荒れたお肌を健やかな状態にしてくれます。

オリーブオイル

オリーブの果実から採取される『オリーブオイル』は、オリーブの豊かな香りと風味のため料理にも多く使われているオイルです。オリーブオイルには悪玉コレステロールを抑制するオレイン酸が豊富に含まれており、抗酸化力が高いためアンチエイジングにも効果が期待できます。

シワやシミ、たるみなどに悩んでいる方にもぴったりのアイテム。また酸化しにくいため、長い期間保管することもでき何かと重宝する万能品です。

ココナッツオイル

ココナッツオイル』はヤシの実の果肉から作られたオイルで、ココナッツ特有の甘い香りが特徴です。ココナッツオイルには母乳にも含まれているという中鎖脂肪酸の一種であるラウリン酸を50%も含んでおり、抗菌作用や抗酸化作用に優れています。

ニキビなどの元になる雑菌を除去して肌荒れを改善してくれるほか、シミやシワなどアンチエイジングにも効果があるのが魅力。またビタミンEも含んでいるため紫外線対策にもおすすめです。

スクワランオイル

スクワランオイル』とは深海鮫の肝油やオリーブに含まれている、スクワレンという成分に水素を添加して酸化しにくく安定させたものです。スクワレンはもともと人が持っている成分で、皮脂膜を形成するためには欠かせないのが特徴。

肌のうるおいを守り肌を柔らかくする効果があるほか、バリア機能を高めてくれ肌を健康な状態へと近づけてくれるため、肌トラブルを回避したい方にもおすすめです。肌への親和性がよく刺激が少ないため安心して使えます。

スイートアーモンドオイル

アーモンドの種子から採取される『スイートアーモンドオイル』は、ほんのりと甘いアーモンド香りが特徴で、低温圧搾で作られたものは栄養素が豊富に含まれています。

オレイン酸やパルミチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ビタミンEやビタミンKを豊富に含んでおり、乾燥や日焼け、肌荒れから守って保湿ケアしてくれるのが特徴です。また肌を白く柔らかくしてくれ、低刺激なので安心して毎日使うことができます。

ローズヒップオイル

ワイルドローズの種子から抽出された『ローズヒップオイル』は、多くの女性を魅了するほどバラの豊かな香りが魅力です。人の皮脂と構造が似ているため、皮脂のバランスを正常に整えてくれ、乾燥肌の方だけではなくテカリが気になる脂性肌の方にもぴったり。

また必須脂肪酸やベータカロテンを豊富に含んでおり、栄養補給効果や修復作用があるので、肌の色むらが気になる方やシワなどの年齢肌の悩みにもおすすめです。

カメリアオイル

カメリアオイル』は日本で昔から親しまれてきた椿油とおなじで、ツバキ科の植物から抽出されたオイルです。水分保持力の高いオレイン酸を85%以上と豊富に含んでいるため、乾燥から守りたい方や保湿力を重視したい方に向いています。

またカメリアオイルは安定性が高いため酸化しにくく、肌にすーっとなじみやすいので体や顔だけではなく、ヘアオイルとして使ってもベタつきにくく艶やかな仕上がりになるのが魅力です。

アルガンオイル

アルガンオイル』はモロッコの過酷な環境下に生息するアルガンノキの種子から採取されたオイルです。オリーブオイルの4〜10倍ものビタミンEを含んでいるため、抗酸化作用に優れ新陳代謝を活性化し肌のターンオーバーを整えてくれます。

またオレイン酸やリノール酸、パルミチン酸やステアリン酸を含んでおり、肌のキメを整えて柔らかくしてくれるのが魅力。頭皮環境を整えたりサラサラの髪の毛にしてくれるなど、ヘアケアにもぴったりです。

マッサージオイルのおすすめの使い方

マッサージオイル おすすめ 使い方

全身のマッサージに使う

マッサージオイルは肌につけると摩擦が少なく非常に伸びがよいため、全身をマッサージする際に使う方が多いのが特徴です。

体をオイルでマッサージしていくと、リンパの流れがよくなり血流が改善されるため、体がポカポカと温かくなります。またオイルに含まれている成分が肌にじんわりと浸透していくのも嬉しいポイント。

マッサージで体の巡りがよくなるため、むくみや冷え性が改善されたりコリがほぐれて、疲労回復の効果も期待できるのが魅力です。

保湿のために使う

マッサージオイルにはオレイン酸などの乾燥から守って肌をうるおしてくれる成分が多く含まれているため、マッサージオイルを使うことによって保湿ケアをすることができます。

お風呂で体を温めたあとなどには、肌から水分が蒸発しないようにマッサージオイルを塗ると、油分が膜を張って水分の蒸発を防いてくれるのが嬉しいポイント。保湿成分が肌に浸透ししっとりとするため、乾燥が気になる季節も粉拭きしたりカサカサしにくくなるのが助かります。

ヘアオイルとして使う

マッサージオイルは天然の植物から抽出したオイルが使われていることが多いため、頭皮や髪の毛にも使うことができます。シリコンなどとは違って毛穴をつまらせる心配がないため、頭皮のマッサージにもおすすめ。

水分保持力のある成分や壊れた細胞を修復してくれる成分が入っているマッサージオイルもあるため、髪の毛の乾燥やダメージから守ってくれるのが魅力です。ドライヤーやヘアアイロンなどを使う前に使うとパサつきにくく艶やかな仕上がりになります。

マッサージオイルのおすすめの選び方

マッサージオイル おすすめ 選び方

目的に合わせて選ぶ

マッサージオイルを購入するときには、まず何のために使うのか、どこに使いたいのかといった用途に合わせて選ぶことが大切です。

例えば顔を中心にスキンケアをしたいのか、全身のボディマッサージに使いたいのか、ヘアケアやハンドケアとして使いたいのかなど、目的が決まっているとマッサージオイルの種類も選びやすくなります。

スキンケアやヘアケアでは容量が少なめでもよいですが、全身に使うのであればたっぷりめの容量が必要なので、コスパも考えて選ぶのがよいでしょう。

品質で選ぶ

マッサージオイルは化学溶媒など高温かつ短時間で圧搾しエキスを抽出した安価なものから、低温で長時間じっくりと時間をかけて抽出した栄養素が豊富に含まれている高価なものなど、様々な品質のものが売られています。

購入する際に値段やコスパばかりを重視してしまうと、思ったような効果が得られない場合もあるので、マッサージオイルの品質を見極めることが大切です。購入する前にクチコミを調べたり、テスターを使ってみると安心できます。

香りで選ぶ

マッサージオイルは植物から採取されたオイルが多いため、素材そのものの香りが生かされているのが特徴です。ココナッツの甘い香りやローズヒップの華やかな香り、グレープフルーツの爽やかな香りまで様々な種類が揃っています。

自分が肌につけていて心地がよいと思う香りを選ぶと、体も気持ちもほぐされてリラックス効果がアップ。好きな香りを選ぶと、マッサージオイルを使うのがさらに楽しみになります。

肌質で選ぶ

マッサージオイルを購入する際には、自分の肌質に合うかどうかを確認することが重要です。乾燥肌の方は保湿成分が多く入っているものがおすすめ。また脂性肌の方はニキビ予防にもなる殺菌作用や修復作用のある成分が入ったもの、さらっと軽いテクスチャーのものを選ぶのが最適です。

またアレルギーのある方や敏感肌の方、妊娠中の方など肌が揺らぎやすい方は、どんな素材を使っているのか添加物には何が使われているのかをチェックしましょう。

マッサージオイル のおすすめ人気比較ランキング

第10位

独自成分ピュアセリンオイルと2種のビタミン、4種の植物成分で気になるニキビや日焼けあともうるおいケア

独自成分であるピュアセリンオイルを配合し、ビタミンAとEの2種類のビタミン、ラベンダーオイル、ローズマリーオイル、カモミールオイル、トウキンセンカオイルの4種類の植物成分を配合しているオイルです。

優れた抗酸化作用に加えてエモリエント効果もあることから、気になるニキビのあとや日焼けのあとも優しく保湿ケアできるのが嬉しいポイント。さらっとしてベタつかないので、毎日のスキンケアにもぴったりです。

第9位

WELEDA (ヴェレダ) アルニカ マッサージオイル

2,860円(税込)

すっきり爽快感のあるハーブの香りでスポーツ前後の疲れた足腰などをじっくり癒してくれるマッサージオイル

1924年に誕生したヴェレダのアルニカマッサージオイルには、ヒマワリ種子油やオリーブ果実油、アルニカ花エキス、ヨーロッパシラカバ葉エキスを配合しています。すっきりとした爽快感のあるハーブの香りが特徴で、体の血行を促進して代謝機能を高めてくれるのが魅力です。

怪我予防として運動の前に使ったり、スポーツのあとに使えば疲労が溜まって重たくなった体が軽くなるので、老若男女問わず幅広い世代から人気があります。

第8位

ジョンソンベビー ベビーオイル

990円(税込)

原材料90%以上が天然由来で1万人以上のママの声から生まれたデリケートな赤ちゃんのための低刺激オイル

1万人以上のママの声から生まれたベビーオイルは、肌のデリケートな赤ちゃんが安心して使えるように開発された低刺激オイル。赤ちゃんの肌を守るミネラルオイルやビタミンEの酢酸トコフェロールを配合しています。

原材料の90%は天然由来のものを使っており、無香料、無着色、パラベンフリーに加え、アレルギーテストと皮膚刺激性テスト済み、ニキビのできにくいノンコメドジェニックなため肌への優しさにこだわり抜いているのが魅力です。

第7位

AMOMA natural care カレンデュラオイル

2,499円(税込)

カレンデュラとライスオイル、オリーブオイルを配合し妊娠中から赤ちゃんのお尻まで優しくケアできる逸品

カレンデュラの花びらを乾燥させてからライスオイルとオリーブオイルに漬け込んで抽出されたオイルで、皮膚のバリア機能をサポートしたっぷりと保湿してくれるのが特徴です。

デリケートになりがちな妊娠中の会陰マッサージをはじめ、かぶれやすい赤ちゃんのお尻周りのケアにも使うことができます。合成香料や合成着色料は使っていない100%植物性のマッサージオイルなので、敏感になりやすい時期でも安心して使えると評判です。

第6位

NOCOR (ノコア) アフターボディ トリートメントクリーム

12,090円(税込)

新型ビタミンC誘導体など49種の有用成分を配合し気になる肉割れや妊娠線も優しくケアしてくれる強い味方

皮脂に近いといわれるグレープシードオイルをはじめ、アーモンドオイル、ゴールデンホホバオイルを配合し、さらにオイルとなじみやすい新型ビタミンC誘導体やBODY3COMPLEXなど有用成分を49種類も配合している贅沢なマッサージオイルです。

浸透力が高いためスキンケアの前につけると、あとからつけるアイテムの美容効果をアップしてくれます。またすでにできてしまった深いでこぼこの溝や気になる肉割れ、妊娠線のケアにもおすすめです。

第5位

WELEDA (ヴェレダ) ホワイトバーチボディオイル 7569CH

4,180円(税込)

アンズ核油などの植物オイルが肌のざらつきを解消し、キュッと引き締めて張を与えるセルライト用オイル

肌を滑らかにしてくれるアンズ核油をはじめ、肌をキュッと引き締めてくれるシラカバ葉エキス、肌に張を与えるナギイカダ根エキスを配合し100%植物原料なのが特徴です。

肌のざらつきが気になるお尻やでこぼこしたセルライトの気になる太もも、腰回りに添付してじっくりマッサージすると滑らかな肌になれると人気があります。使う際には手で温めてからマッサージすると浸透力が高まりさらに効果的です。

第4位

NEAL'S YARD REMEDIES アロマティックマッサージオイル(ボディオイル)

2,750円(税込)

ラベンダーやゼラニウムなどのオイルをブレンドしたハーバルフローラルの香りが体も心も優しく包み込む逸品

ラベンダー油やゼラニウム油、マジョラム油、ヒマワリ油、アーモンド油、コムギ胚芽油をブレンドした英国ソイルアソシエーション認定のオーガニックオイル。低温抽出されたオイルのため、栄養分が豊富で保湿力に優れているのが魅力です。

乾燥対策としてフェイシャルケアからボディマッサージにはもちろん、バスルームケアやアロマの香りを楽しむこともでき、優しいハーバルフローラルの香りが心も体も優しく包み込んでくれます。

第3位

Melvita (メルヴィータ) ロルロゼ

5,057円(税込)

引き締め効果のあるピンクペッパーなどのオーガニックオイルが脂肪やむくみ、セルライトを徹底サポート

肌に張を与えて引き締めるピンクペッパーをはじめ、肌の状態を整えるローズヒップ、引き締め効果の高いブラックペッパーなどを配合したオーガニックオイルで、スパイシーシトラスの香りが特徴です。

気になる部分に塗ってマッサージをすれば、脂肪やむくみ、セルライトも徹底的にケアできるのが嬉しいポイント。スプレータイプなので液だれしにくく、まるでスリムなバレリーナのようなスタイルになれると評判のアイテムです。

第2位

Kneipp (クナイプ) ビオオイル

1,980円(税込)

100%天然由来で肌になじみやすく顔だけではなく全身にまで使え肌本来の機能を取り戻してくれる美活オイル

100%天然由来の植物オイルを配合しており、肌になじみやすいためベタつきにくいのが特徴です。保湿効果の高いサフラワー油や肌を柔らかくしてくれるオリーブオイル、肌の弾力をアップしてくれるグレープフルーツ果実油を配合しています。

防腐剤をはじめパラベンやパラフィン、鉱物油、シリコンは使っておらず、動物実験も行わない優しさへのこだわりがつまったアイテム。乾燥が気になる部分にはもちろん、エイジングケアやニキビや傷あとのケアにもおすすめです。

第1位

無印良品 ホホバオイル 76986584

2,480円(税込)

南米で採取された無農薬栽培のホホバから抽出したオイルで1つで顔にも髪の毛にも使えるマルチプレーヤー

南米の農園で無農薬栽培されているホホバから抽出したホホバオイルを、化粧用として精製されているのが特徴です。ホホバオイルは人の皮脂にもっとも近いワックスエステルが90%を占めており、肌の水分と油分のバランスを整えてくれるのが魅力。

抗酸化作用のあるビタミンEも豊富なため、保湿ケアだけではなくアンチエイジングにも向いています。さらに柔軟性をアップしてくれるので、頭皮のマッサージや髪の毛にも使える万能品です。

マッサージオイル のおすすめ比較一覧表

商品画像
無印良品 ホホバオイル B016QPX8CY 1枚目
Kneipp (クナイプ) ビオオイル B00NEFB6NI 1枚目
Melvita (メルヴィータ) ロルロゼ B07BKCR12Z 1枚目
NEAL'S YARD REMEDIES アロマティックマッサージオイル(ボディオイル) B000FQK36A 1枚目
WELEDA (ヴェレダ) ホワイトバーチボディオイル B001O1FPSG 1枚目
NOCOR (ノコア) アフターボディ トリートメントクリーム B074TCJ4XX 1枚目
AMOMA natural care カレンデュラオイル B01G6E1DJK 1枚目
ジョンソンベビー ベビーオイル B000KTAZQA 1枚目
WELEDA (ヴェレダ) アルニカ マッサージオイル B07DHRP5RX 1枚目
Bioil バイオイル B01HZDTCOY 1枚目
商品名 無印良品 ホホバオイル Kneipp (クナイプ) ビオオイル Melvita (メルヴィータ) ロルロゼ NEAL'S YARD REMEDIES アロマティックマッサージオイル(ボディオイル) WELEDA (ヴェレダ) ホワイトバーチボディオイル NOCOR (ノコア) アフターボディ トリートメントクリーム AMOMA natural care カレンデュラオイル ジョンソンベビー ベビーオイル WELEDA (ヴェレダ) アルニカ マッサージオイル Bioil バイオイル
型番 76986584 7569CH
特徴 南米で採取された無農薬栽培のホホバから抽出したオイルで1つで顔にも髪の毛にも使えるマルチプレーヤー 100%天然由来で肌になじみやすく顔だけではなく全身にまで使え肌本来の機能を取り戻してくれる美活オイル 引き締め効果のあるピンクペッパーなどのオーガニックオイルが脂肪やむくみ、セルライトを徹底サポート ラベンダーやゼラニウムなどのオイルをブレンドしたハーバルフローラルの香りが体も心も優しく包み込む逸品 アンズ核油などの植物オイルが肌のざらつきを解消し、キュッと引き締めて張を与えるセルライト用オイル 新型ビタミンC誘導体など49種の有用成分を配合し気になる肉割れや妊娠線も優しくケアしてくれる強い味方 カレンデュラとライスオイル、オリーブオイルを配合し妊娠中から赤ちゃんのお尻まで優しくケアできる逸品 原材料90%以上が天然由来で1万人以上のママの声から生まれたデリケートな赤ちゃんのための低刺激オイル すっきり爽快感のあるハーブの香りでスポーツ前後の疲れた足腰などをじっくり癒してくれるマッサージオイル 独自成分ピュアセリンオイルと2種のビタミン、4種の植物成分で気になるニキビや日焼けあともうるおいケア
価格 2,480円(税込) 1,980円(税込) 5,057円(税込) 2,750円(税込) 4,180円(税込) 12,090円(税込) 2,499円(税込) 990円(税込) 2,860円(税込) 3,200円(税込)
商品リンク

マッサージオイルのおすすめまとめ

マッサージオイル おすすめ まとめ

マッサージオイル』の種類や上手な選び方について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

マッサージオイルには優れた保湿効果のあるものから、アンチエイジングに嬉しい抗酸化作用の高いものまであり、美容成分が豊富なものが揃っていたのでいろいろと試してみたくなりましたね。

今回ご紹介した効果的な使い方をはじめ、おすすめのアイテムを参考にしながら、ぜひ自分好みのマッサージオイルを探してリラックスタイムを満喫してください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

マッサージオイル
のおすすめ関連記事をもっと見る