プランターのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】プランターの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。プランターの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのプランターをランキング形式でご紹介。
メメ

自宅に庭がないからといって、植物の栽培や家庭菜園をあきらめる必要はありません。庭や畑がなくてもマンションのベランダやテラスなどの狭いスペースがあれば、『プランター』を使って植物が育てられます。プランターの種類はカラー・デザイン・素材など種類もさまざまです。

初心者はプランターの種類ごとに特徴を理解して、育てたい植物や置き場所に合ったタイプを選ぶと良いでしょう。初めての人でも育てやすい植物の種類・プランターの特徴・選び方とともに、おすすめのプランター商品を紹介します。

プランターとは

プランター とは

プランター』とはプラスチックや陶器などで作られた容器のことで、植物を育てるために使います。同じように植物を育てる容器には鉢もあり、プランターと鉢の違いについては明確な決まりがありません。お店によってはそれぞれ区別せずに販売している場合もあります。

一般的には観葉植物や1種類の植物を育てるのが小さめのタイプが鉢、寄せ植えできるような横に長くサイズも大きめのものをプランターと呼ばれ、野菜を育てるような家庭菜園ではプランターが用いられます。

プランターのおすすめポイント

プランター おすすめ ポイント

プランター』のおすすめポイントは、マンションのベランダなど狭いスペースを活用して置ける点や、ベランダに出るだけで植物の管理ができる点です。野菜を育てるために畑を契約している人もいますが、畑での野菜の栽培は天候などに左右されるため栽培には手間がかかります。

プランターならば天候に関係なく、いつでも気になるときに植物のチェックや移動が可能です。またベランダのない人でも、窓辺などに置けば育てられるのでプランター栽培にチャレンジしてみましょう。

移動しやすい

庭や畑での栽培は、台風や強風などが起きても移動できませんが、プランターならば屋内などの天候被害を受けない場所への移動できます。直射日光が苦手な種類や生長期によって日照時間が多く必要な種類を栽培する場合にも、プランターを移動して日差しの強さや日照時間を比較的自由に変えられる点も魅力です。

また移動できることで、肥料やり・土の入れ替え・収穫・水やりなどのガーデニング作業も行いやすくなる点もメリットです。

土や肥料の管理が簡単

プランターでの植物を育てるために必要不可欠な土は、植物が根を張り生長するための栄養分を吸収する土台となるものです。土は植物の種類によっても向き・不向きがありますが、プランターを使えば土ごとに適した種類の植物を植えられるため管理が簡単に行えます。

プランターの土は容量が決まっており、プランターの大きさに対して適量の肥料を与えれば野菜にしっかりと栄養がいきわたります。また野菜などを収穫して新しい植物を植えるときには、土の入れ替えをプランターごとに行えるので簡単です。

プランターのおすすめの選び方

プランター おすすめ 選び方

プランターはサイズ・デザイン・素材・機能性などの特徴別に、いくつもの種類があります。最初にプランターの置き場所を決めて、スペースに入るサイズを決めておきましょう。育てたい植物によっても必要なプランターのサイズは異なるので、わからない場合には園芸センターや購入するお店の人に聞いてみるのもひとつの方法です。

鉢の大きさは号サイズで表示されますが、プランターのサイズは幅×奥行×高さによって表示されることが多いです。サイズを決めたら、次に好みのデザインや素材の性質などから選びましょう。

育てる植物で選ぶ

収穫してサラダなどの料理にそのまま使える野菜や、ベランダを華やかに彩る寄せ植えなど、さまざまな方法で楽しめるプランター栽培では、手軽に栽培・収穫できる野菜が特に人気がです。植物は高く生長するタイプ・土中で実をつけるタイプ・横に広がりながら生長するタイプなど品種ごとに特徴が異なります

適切なサイズのプランターを選べば、植物が元気に生長し収穫も楽しめるでしょう。土を入れたプランターは見た目以上に重量があるので、雨風に弱く梅雨や天候によって移動しなくてはならない植物を育てるときには、サイズがあまり大きくないものを選ぶのがおすすめです。

トマトなどの果菜類

トマトなどの果菜類はいろいろな食べ方ができ、プランター栽培では人気の種類で、根が横や下などに伸びていきます。また生長すると、高さも出てくるので幅・奥行・深さともに30cm以上あるものを選びましょう。高く生長すると支柱を使う必要が出てくるので、支柱穴が付いていると便利です。

主に使われるデザインは丸型や正方形で、プランターの容量が大きいほどに植物が大きく育ち収穫量も増えます。スペースにゆとりがある人やたくさん収穫したい人は、大きめサイズのプランターを選ぶと良いでしょう。

リーフレタスなどの葉菜類

葉や形がさまざまなリーフレタスなどの葉菜類は、雨風に弱い品種なので移動が簡単なプランター栽培が最適です。生長するにつれて葉がぐんぐんと横に広がり、葉が混み合うと生長不良を起こすので、育てる株の数・品種に合った幅が長くて表面積が広いものがおすすめです。

根はトマトなどの種類よりも深く伸びませんが、浅いと根が底にあたって生長不良を起こしてしまうので深さ25cm以上を選びましょう。芽が出て苗が小さいうちは雨風によって苗がダメになってしまうため、天候に合わせて雨風が当たらない場所に移動する必要があります。

ニンジンなどの根菜類

ニンジンなどの根菜類は、土中にできた根・茎・球根などを食べる種類の植物です。土中の奥深くで生長していくためプランター栽培はできないと思われがちですが、ミニニンジン・ミニダイコン・ラディッシュなどの小型品種などであれば、トマトなどの果菜類を育てるとき同じように、深さ30cm以上の深さでも十分に栽培できます。

幅の長いほうが大きな実を収穫できるので、育てる根菜類の品種に合わせて幅を選ぶことも重要なポイントです。

プランターの素材で選ぶ

プランターの素材は、『プラスチック』・『陶器』・『木材』・『金属』・『不織布』・『グラスファイバー』など種類が豊富にあります。素材によっても保水性・排水性・耐久性・通気性といった特性が異なるので、育てる植物の性質に合ったものを選びましょう。

ホームセンターなどでよく見かけるプランターの素材は、『プラスチック』・『素焼き』・『木材』・『金属』の4タイプです。プランター栽培をこれから始める人は、まずこの4タイプの特性を理解しておくと良いでしょう。

プラスチック製のプランター

プラスチック製』は保水性が高くリーズナブルな価格から、多くのガーデニングショップで取り扱われており、デザイン・サイズともに豊富なラインナップが特徴です。直射日光が当たる場所に長期間放置していると、劣化や退色・変色の原因になるので置き場所には気をつけましょう。

軽量なプラスチック製は土を入れても重たくなりにくく、土の入れ替えなどの移動も手軽にできます。また風などで倒れても、割れにくい特性もあります。ただし排水性が低く、プランター内が高温多湿になりやすいため、植物が根腐れを起こすこともあるので注意して観察しましょう。

素焼きのプランター

素焼き』は粘土を高温で焼くことによって表面にいくつもの小さな穴が空いています。通気性・吸水性・排水性に優れているのが特徴です。穴から水分が蒸発し、鉢内の温度が上昇するのを抑える働きもあるため、根腐れを起こしにくく、乾燥を好む植物だけでなくいろいろな植物に使えます。

重さがあるので風で倒れにくいですが、倒れると割れやすいため移動の必要ない場所や強い風が当たらない場所に置久野がおすすめです。素焼き表面の小さな穴には、雑菌が入り込みやすいので植物が病気になってしまった場合には捨てましょう。

木製のプランター

木製』のプランターは木自体が持つ吸湿性によって、プランター内での根腐れを予防できます。熱を通しにくい特性もあるため、ベランダなどのコンクリートの上に置いても蒸れにくい点も特徴です。乾燥に弱い植物や高温が苦手な植物にぴったりの素材です。

ナチュラルなデザインのものが多く、見た目にもこだわりたい人にも向いています。木製プランターは、土の湿気や雨などで水分を吸収した状態が続くと腐ってしまうので、植え替えのときなどのタイミングできれいに洗って、しっかりと乾燥させましょう。

金属製のプランター

おしゃれなデザインで、ベランダをセンスアップしながら植物の栽培を楽しみ人には『金属製』がおすすめです。さまざまな素材のなかでも、保水性はトップクラス。金属の性質上、熱が伝わりやすく外気温の影響を受けやすいので、植物の特性に合わせて使うと良いでしょう。耐久性は高いですが、傷をつけるとサビや劣化の原因となるので注意が必要です。

金属製のプランターは、プラスチックタイプのカバーとしても使えるので、ベランダのインテリアとしても楽しめます。

プランターの色で選ぶ

プランターには、ホワイト・グリーン・ブラック・グレーなどカラー展開が豊富です。ベランダに複数置く場合にはプランターの色を統一すると、植物の種類が違っても統一感のあるまとまった印象になります。

一般的には、ブラック・モスグリーン・チャコールブラウンなどのダークカラーのほうが植物の色を引き立てるといわれています。またベランダのタイルや壁・植物の花などの色との相性をみながら選んでみましょう。

プランターの排水のしやすさで選ぶ

水やりをしたあとに余分な水分がプランター内に残っていると、内部の土に湿気が溜まって根腐れを起こし、最悪の場合には枯れてしまうこともあるので注意しなくてはなりません。排水性の高いプランターには、排水用穴と底面にスノコがあるタイプのものです。

排水穴は底面にあるタイプと側面にあるタイプがあり、どちらも排水効果はあまり変わりませんが、害虫が侵入しにくい側面タイプのほうがおすすめです。スノコは鉢底と土の間に空間を作って、排水を良くする役割があります。

支柱穴つきかどうかで選ぶ

トマト・ナス・キュウリなど生長して高くなる種類や、巻きついて生長するツル科の植物を育てる場合には支柱が必要です。支柱は高さがあり倒れやすいので、しっかりと鉢に固定しておきましょう。プラスチック製のプランターならば、支柱を挿して固定できる支柱穴つきの商品が多く販売されているのでおすすめです。

支柱穴がない場合には、支柱ホルダーなどの留め具や紐などを使って固定して倒れないように工夫しましょう。

底面給水式かどうかで選ぶ

水やりを忘れがちな人や葉が水を嫌う種類の植物を育てる場合には、底面給水式プランターを選びましょう。底面給水式とは、下から水を与えて植物が自然に水を吸い上げる方法のことです。プランターの底に貯水できるタンクのようなものが設置されており、そこに水を入れておけば、毎日水やりする必要がありません。

水の与えすぎや水枯れの心配もなく、植物の世話の手間が省けます。プラスチック製の商品に多く、数日間水やりしなくていいので旅行などにも便利です。

虫よけネットセットと併用できるかどうかで選ぶ

害虫は植物の葉などを食べるだけでなく病気の原因になるので、なるべく害虫を余生つけないことが大切です。虫よけネットを使用すれば、植物への害虫侵入の防止に役立ちます。虫よけネットは単品でも販売されていますが、使っているプランターのサイズやデザインによっては取り付けられない場合もあるのでサイズを確認しましょう。

また初心者は、虫よけネットがプランターにあらかじめセットで販売されている商品がおすすめです。ほとんどのセット販売には支柱もついており、支柱にネットをセットするだけで簡単にネットが張れます。

プランター のおすすめ人気比較ランキング

第10位

DICプラスチック 果樹・庭木用NPポット

3,362円(税込)

植物のグリーンが映えるシックなブラックカラーの丸型プランター。サイズが大きいので植物を育てやすいのが特徴。

直径66cm高さ43cmと大きなサイズで、深さが必要な根菜類やトマト・ナスなどの高さのある植物なども栄養を十分に吸収して元気に育ちます。プラスチック製なので、ほかの素材で作られた同じサイズのプランターと比べても非常に軽く、土を入れての移動も簡単です。

底面には2種類の大きさの穴が空いており、通気性や排水性にも優れています。強度にもこだわって作られているので、たっぷりと土を入れても安心して使えます。

第9位

アップルウェアー ファームプランター

1,306円(税込)

トマト・ナス・ミニニンジンなどの家庭菜園に最適な、シックな色合いと32cmという深さが特徴の長方形型プランター。

幅55cm×奥行30cmx高さ32cmで、スペースを取らずに家庭菜園が楽しめます。深さが30cm以上あり、高く生長するトマト・きゅうりの栽培のほか土中で生長するニンジン・ジャガイモなどの根菜類も、根が混みあうことなく元気に育てられます。底面には2種類の排水穴がついており、通気性・排水性が高い商品です。

スタイリッシュに見える濃いグリーン色は、ベランダに置いてもシックに見えます。プラスチック製なので、軽く壊れにくい点も特徴です。

第8位

アイリスオーヤマ 焼杉メッシュプランター 楕円

2,200円(税込)

おしゃれなデザインで、置くだけでインテリアにもなる楕円形のプランター。持ち手がついているので移動も便利。

天然杉の板を焼いて炭化させ、アンティークな風合いがプラスされた焼杉材をベースに、クロームの持ち手を組み合わせてシックでモダンなデザインに仕上げたプランターです。木材のプランター底面は湿気が溜まりやすく腐敗しがちですが、底面にスノコを使用することで通気性・排水性を良くし長持ちするように作られています。

幅48cm×奥行23cmx高さ19cmと浅型のコンパクトサイズですが、表面積があるためベビーリーフなどの葉物野菜の家庭栽培に最適です。

第7位

大和プラスチック eco&eco ウインプランター

1,109円(税込)

深さ32cmと家庭菜園に最適な長方形型のプランターで、環境にやさしい100%リサイクル原料を使って作られている点が特徴。

100%リサイクル原料であるポリプロピレン・ポリエチレン混合再生樹脂を素材として作られており、環境にやさしいだけでなくコストも抑えているためリーズナブルな価格が魅力です。幅55cm×幅30cm×高さ32cmと深さがあるため、トマト・きゅうり・ニンジン・ショウガなどさまざまな野菜を栽培できます。

重さも同サイズのプラスチック製のタイプとほとんど変わらず軽量です。本体底面には脚がついているので、直接地面に当たらず通気を確保するだけでなく害虫の侵入も防げます。

第6位

リッチェル 水ラク緑のカーテンプランター

2,090円(税込)

底面給水機能と通気性・排水性に優れたサイドスリットを搭載した大型プランター。容量たっぷりの貯水タンクが特徴。

幅85cm×奥行29cm×高さ31.5cmと大型タイプで、いろいろな種類の植物を育てられる長方形型プランターです。5.4Lとたっぷりの容量の水を貯められる貯水タンクと側面に水を入れやすい大きな吸水口があり、ゴーヤなどのツル性植物が巻きつくネットなども簡単に取り付けられるネット留め具が3個付属しています。

余分な水を排水できる排水口も搭載し、止水栓を開ければ貯水機能を使わずに通常のプランターと同じく水やりも可能です。

第5位

アイリスオーヤマ エアーベジタブルプランター

980円(税込)

底面の内側を高くすることで通気性を良くし、プランター内の土中に酸素がいきわたるような設計が魅力。

植物が元気に育つためには、土中の酸素を根が取り込むことが大切です。この商品は底面の地面につかないように高くしたタワーメッシュ構造を採用して、空気の通り道を作り土中に酸素がいきわたるように作られています。本体の上部には支柱ホルダーを取り付けるための穴、底部には支柱を固定する支柱受けがあるので、支柱を使った栽培にも最適です。

幅73cm×奥行26cm×高さ41cmと深さがあるので、ダイコンやニンジンなどの野菜を大きく育てて収穫を楽しみたい人にも良いでしょう。

第4位

大和プラスチック 菜園プランター

2,680円(税込)

家庭菜園で果菜類から根菜類まで、あらゆるジャンルの植物を育てられる長方形大型プランター。

プランターを使った家庭菜園では、たっぷりの土と植物の種類に合わせた大きさが重要なポイントです。本体側面にはサイドスリットの穴が開いており、排水性・通気性を保ちます。果菜類など支柱を使っての栽培では、直径16mmまでの支柱が固定できる支柱ホルダーが2個付属しているので便利です。

幅80cm×奥行45cm×高さ40cmと深さも表面積も十分にあるため、果菜類や根菜類などいろいろな種類の野菜を育てて収穫できます。

第3位

ベランダにあまりスペースがない人でもプランター栽培を楽しめるスリムさが特徴。支柱留め具もセットになっているので便利。

幅62.5cm×奥行29cm×高さ32cmのサイズで、家庭菜園などで育てる植物の根が十分に伸びる幅と深さをキープしたまま、奥行だけをスリムにしているので、ベランダの狭いスペースにおいても邪魔になりません。底面には脚とサイドスリットを搭載し、地面からの害虫侵入防止や通気性・排水性にも優れています。

支柱を使った栽培をするときにも、しっかりと固定できる支柱留め具が2個ついています。留め具を使えば、キュウリなどのツルか植物が巻き付きやすい支柱組みも可能です。

第2位

アイリスオーヤマ ベジタブルプランター

2,144円(税込)

果菜類や根菜類などが育てやすい深さのあるタイプのプランター。軽くて丈夫なので使い勝手の良さが特徴。

幅65cm×奥行45cm×高さ38cmの深型プランターは、土中で生長して収穫する根菜類に最適です。プランター上部には、支柱を固定するときに使う紐の穴が開いているので、果菜類やツル科の植物も育てられます。深型のプランターは湿気が溜まりやすく、根腐れを起こしてしまう心配がありますが、スノコが搭載されているので排水性・通気性も抜群です。

軽くて割れにくい素材なので土の入れ替えなどの移動も手軽にでき、万が一倒れても壊れないので安心してベランダで使用できるでしょう。

第1位

大和プラスチック フレグラープランター

593円(税込)

プラスチックの軽さと割れにくい特性はそのまま、スタイリッシュなデザイン性と便利な貯水性タンクを搭載したプランター。

表面のゆるやかに描くカーブがスタイリッシュな印象を与え、まるで素焼きのようなマットな質感を再現した高級感あるプラスチック製プランターです。幅50cm×奥行20cm×高さ17.5cmと浅型タイプなので、リーフレタスやベビーリーフなどの葉物類の栽培に向いています。

取り外し可能なスノコも付属しており、スノコを搭載して本体側面にある排水口をスノコに搭載された止水栓で止めれば、貯水スペースができるため水やりを忘れても水枯れの心配もいりません。

プランター のおすすめ比較一覧表

商品画像
大和プラスチック フレグラープランター B00BY5RPHG 1枚目
アイリスオーヤマ ベジタブルプランター B003B0NES6 1枚目
リッチェル 菜園上手 B0055QI6WS 1枚目
大和プラスチック 菜園プランター B007UM5SBW 1枚目
アイリスオーヤマ エアーベジタブルプランター B01BM73A92 1枚目
リッチェル 水ラク緑のカーテンプランター B00BG2BZKU 1枚目
大和プラスチック eco&eco ウインプランター B006ZHQT1G 1枚目
アイリスオーヤマ 焼杉メッシュプランター 楕円 B003B0GFIM 1枚目
アップルウェアー ファームプランター B0098CWV2G 1枚目
DICプラスチック 果樹・庭木用NPポット B00C94KO1U 1枚目
商品名 大和プラスチック フレグラープランター アイリスオーヤマ ベジタブルプランター リッチェル 菜園上手 大和プラスチック 菜園プランター アイリスオーヤマ エアーベジタブルプランター リッチェル 水ラク緑のカーテンプランター 大和プラスチック eco&eco ウインプランター アイリスオーヤマ 焼杉メッシュプランター 楕円 アップルウェアー ファームプランター DICプラスチック 果樹・庭木用NPポット
特徴 プラスチックの軽さと割れにくい特性はそのまま、スタイリッシュなデザイン性と便利な貯水性タンクを搭載したプランター。 果菜類や根菜類などが育てやすい深さのあるタイプのプランター。軽くて丈夫なので使い勝手の良さが特徴。 ベランダにあまりスペースがない人でもプランター栽培を楽しめるスリムさが特徴。支柱留め具もセットになっているので便利。 家庭菜園で果菜類から根菜類まで、あらゆるジャンルの植物を育てられる長方形大型プランター。 底面の内側を高くすることで通気性を良くし、プランター内の土中に酸素がいきわたるような設計が魅力。 底面給水機能と通気性・排水性に優れたサイドスリットを搭載した大型プランター。容量たっぷりの貯水タンクが特徴。 深さ32cmと家庭菜園に最適な長方形型のプランターで、環境にやさしい100%リサイクル原料を使って作られている点が特徴。 おしゃれなデザインで、置くだけでインテリアにもなる楕円形のプランター。持ち手がついているので移動も便利。 トマト・ナス・ミニニンジンなどの家庭菜園に最適な、シックな色合いと32cmという深さが特徴の長方形型プランター。 植物のグリーンが映えるシックなブラックカラーの丸型プランター。サイズが大きいので植物を育てやすいのが特徴。
価格 593円(税込) 2,144円(税込) 1,833円(税込) 2,680円(税込) 980円(税込) 2,090円(税込) 1,109円(税込) 2,200円(税込) 1,306円(税込) 3,362円(税込)
商品リンク

プランターのおすすめまとめ

プランター おすすめ まとめ

プランター』は育てたい植物の特性に合わせて選ぶことがポイントです。プラスチックや木材などの素材によっても保湿性や排水性などそれぞれ特徴が異なるので、置き場所や植物の性質に合ったサイズ・特徴の商品を選びましょう。

底面給水式や支柱用固定穴などの便利な機能が搭載されたタイプもたくさん販売されているので、初心者は機能性も合わせてチェックしておくことをおすすめします。ベランダにプランターを置いて、自分だけの家庭菜園を作って収穫を楽しみましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

プランター
のおすすめ関連記事をもっと見る