えごま油のおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】えごま油の人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。えごま油の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのえごま油をランキング形式でご紹介。
ym773

健康に良いオイルと話題の『えごま油』。実は健康だけでなく美容やダイエット効果も期待できる食品です。小さじ1杯で1日分が摂れるので、手軽に続けられるのもメリット。味わいも良く、料理に加えるとコクやまろやかさが出て美味しいです。

今回はそんな『えごま油』について解説していきます。特徴や効能、おすすめ商品など詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

えごま油とは

えごま油 おすすめ 概要

えごま油』とはえごまの種子から搾った一番搾りの油のこと。日本では『しそ油』とも呼ばれています。匂いや味がしないのが特徴で、健康に良い効果がある食品です。

えごま油の最大のメリットは『α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)』の含有量が豊富である点。必須脂肪酸のα-リノレン酸は、摂取するとDHAやEPAに変換される栄養成分です。α-リノレン酸は人間の体では作れません。毎日の食事で積極的に摂取するのをおすすめします。

えごま油のおすすめポイント

えごま油 おすすめ ポイント

血流改善や老化予防

えごま油はα-リノレン酸が豊富。α-リノレン酸はDHAやEPAに変わり、血液をサラサラにする効果があります。血流が悪いとしっかり栄養を運べません。体中にきれいな血液が巡ることにより、健康的な体が維持されます。

またコラーゲンが生成され肌の水分量が増加します。ハリやシワの改善が期待でき、老化の予防には欠かせない成分です。コラーゲンは人体を構成しているタンパク質のひとつで、血管や骨などにも影響を与えます。積極的に摂取して健康な体を目指しましょう。

料理のまろやかさやコクを出す

えごま油にはシソや、えごまの葉にあるような香りや味はありません。とくに高品質のえごま油は料理にまろやかさとコクをつけたいときにピッタリです。加熱には向いておらず、ドレッシングなどにそのまま使うのがおすすめ。カルパッチョやマリネにかけても美味しいですよ。

サラダや卵かけご飯などに、小さじ一杯を加えてみてはいかがでしょうか。生のままで使用するので品質の良いえごま油を選びましょう。いつものメニューがひと味変わります。

ダイエット効果

えごま油に含まれるα-リノレン酸は、代謝を活発にし脂肪を燃やす効果があります。中性脂肪に合成されず、皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼。血液がサラサラになり、基礎代謝を上げて痩せやすくします。

食事制限や無理な運動をしなくても、自然にダイエット効果が期待できます。今までダイエットが続かなかった人におすすめです。とはいえ、たくさん摂取すればダイエット効果が高まるわけではありません。1日にスプーン小さじ1杯分を守って摂取するようにしてください。

抗アレルギー効果

えごま油は抗アレルギー効果も期待できる食品です。通常の油にはリノール酸が含まれていて、アレルギーの原因の1つとされています。リノール酸はサラダ油やマヨネーズなどに含まれている成分。毎日の食事で全く摂らないというわけにはいきません。

リノール酸も人間の体内では生成できないため、適量を摂取する必要があります。そのリノール酸と正反対の働きをするのがαリノレン酸で、えごま油に多く含まれている成分になります。大切なのはバランスの良い食事の取り方。αリノレン酸を手軽に摂れるえごま油を上手に活用しましょう。

えごま油のおすすめの選び方

えごま油 おすすめ 選び方

精製方法で選ぶ

圧搾法

昔ながらの精製方法です。油圧機を使用して圧をかけることにより、油を搾り出します。
圧搾法のなかでも時間と手間をかけて精製する方法が『玉締め法』です。抽出法のようにえごまを粉々に砕かないので、高品質の油が抽出できます。搾油量は少なく価格も高めです。

もう1つの方法は『エキスペラー』と呼ばれる精製方法。スクリュー式の搾油機で、スクリューを回転し遠心力を利用して搾油します。連続圧搾ができるのが良い点。原料の投入や搾りかすの排出も自動的に行います。大量に搾油できる方法です。

低温圧搾法(コールドプレス)

低温圧搾法は最も主流の精製方法です。加熱式搾油は通常60〜210℃の高熱で油を分離させてから圧搾。この方法だとα-リノレン酸は熱に弱いので、ダメージを受けてしまいます。そこで開発されたのがこの低温圧搾法です。えごま種子に40℃程度の熱を加えて乾燥。その後圧力をかけて搾油するため、栄養成分の減少がかなり抑えられます。

低温圧搾法はオイルを搾るのに時間がかかるのが特徴。しかし出来上がったオイルは風味が良く栄養価も高くなります。

非加熱搾油法(生搾り)

非加熱搾油(生搾り)はえごま種子に熱を加えず生のまま圧力をかけて搾る方法です。新鮮な状態のまま、えごま油を搾油します。非加熱搾油の場合も分離が必要です。分離しやすくするために水分量を低くして圧搾。この方法は加熱のように大量の油が搾れません。じんわりと抽出するので時間が長くかかります。

そのため価格が低温圧搾法のものより高いのが特徴。しかしフレッシュな味わいになります。えごま油の品質にこだわる人は、非加熱搾油法のものがおすすめです。

抽出法

抽出法は油を溶かす有機溶剤を使用し、油を抽出します。メリットは効率よく種子から油を分離させられる点。油分をほぼ完全に抽出できます。デメリットは栄養素が破壊されてしまうこと。有機溶剤を除去する過程で熱が発生するからです。

搾油方法でえごま油の成分内容は大きく変わってしまいます。購入の際は搾油方法が明確に表記されたえごま油を選びましょう。中には表記されていないものもあるので注意が必要です。

α-リノレン酸の含有率で選ぶ

えごま油は健康に良いとされるオイル。『α-リノレン酸』がたっぷり含まれています。α-リノレン酸の量は商品によって違いがあるので、なるべくα-リノレン酸が多く含まれている商品がおすすめです。

えごま油のα-リノレン酸の含有率は60%程度。1日に必要なα-リノレン酸の量は約2g程度です。スプーン1杯(約5g)で1日分の必要量が摂取できます。効率的にα-リノレン酸を摂取するには、含有率60%を目安に選ぶようにしましょう。

遮光容器かどうかで選ぶ

えごま油は熱に弱く酸化しやすい油です。購入の際は製造方法や品質だけでなく、遮光容器に入っているかもチェックしましょう。直射日光や照明灯の熱でも劣化が進んでしまいます。遮光容器のものなら品質が保てるので安心です。

透明な瓶の場合は冷暗所に置くと品質が保持できます。プラスチックの容器は化学反応を起こす心配があります。熱により油に化学成分が溶けると体に良くありません。なるべく遮光瓶に入ったえごま油を選ぶようにしましょう。

量で選ぶ

えごま油は酸化しやすいデリケートな油。開封してから1~2ヶ月が過ぎると酸化してしまいます。酸化してしまうと風味を損ない味が落ちます。食べきれる量のえごま油を選びましょう。開封したら冷蔵庫に保管し、早めに使い切るのが重要です。

たまに使う方やひとり暮らしの方は、パック入りの個包装タイプがおすすめ。1パック3g程度なので1回で使いきれます。酸化を心配することなく、いつでも新鮮なえごま油を摂取できます。

産地で選ぶ

えごまは品質に注意が必要な食品です。国産品だから安心とはいえません。生産者や産地などがはっきりわかったえごま油を購入しましょう。

えごまの実は畑や土、品種によって違いがあります。その土地によって味の違いを楽しむのも良いでしょう。一般的に国産品のものは食べやすいものが多いです。風味がよく、さわやかな味わいが楽しめます。輸入品では韓国や中国のものが有名。香ばしい風味があり、お土産でも喜ばれます。

栽培法で選ぶ

無農薬栽培

無農薬栽培とは、生産期間中に全く農薬を使用しない栽培方法のことです。実際には土壌に農薬が残っている場合もあります。農産物に農薬が100パーセント入っていないということを認定する機関はありません。そのため消費者が誤解をしないように、平成16年以降は『無農薬』と表示することが禁止されています。

無農薬』の代わりに『特別栽培』として表示されるようになりました。農薬をまったく使用しない場合は『農薬:栽培期間中不使用』となります。農薬を使わないえごま油を選ぶときは、『特別栽培』の表記があるものを選びましょう。

有機栽培

有機栽培で作られたえごまは化学肥料や農薬を使用していません。2年以上経過した健康な土が必要なため、肥料などを使って土づくりを行うことから始まります。国で定められた基準(有機JAS規格)を満たさないと『有機農産物』とは認められません。

有機栽培にこだわってえごま油を選ぶときは、有機認定をされているかチェックしましょう。明確な基準があり、それに基づいて生産していることを示すからです。国で定めた基準を満たしているので、安心して選べます。

えごま油のおすすめメーカー

えごま油 おすすめ メーカー

太田油脂

明治35年に創業した老舗の油メーカーです。磨き上げられた技術で、こだわりの油を生産しています。えごま油だけでなく、塗装用油など幅広い商品も展開。自然の素材を活かした安全な商品を提供しています。

朝日

もともとは寒天のメーカーだった会社で、現在の主力商品はえごま油です。通信販売に力を入れており定期コースなどで販売中。他にもオリーブオイルやワインなどもあります。

紅花食品

えごま油や亜麻仁油を生産販売しているメーカーです。国内だけでなく海外にも生産工場を展開。ニュージーランドの農場と契約しています。健康食品も多彩なラインナップがあり、カプセルタイプのえごま油も販売中です。

えごま油の注意点

えごま油 おすすめ 注意点

発泡ポリスチレンの容器を変質させる効果

カップ麺などの容器に直接えごま油を入れるのは避けましょう。なぜなら穴が開いてしまうおそれがあるからです。原因としてえごま油は発泡ポリスチレンの容器を変質させることが挙げられます。

えごま油だから特別にそうなるとは言えません。他の油でも同じ事例が考えられます。熱いお湯に油を注ぐと跳ねてとても危険です。やけどをすると大変なので、別の容器に移してから食べましょう。

酸化した油は健康に害も

酸化した油は健康に害を与えるおそれがあります。健康オイルとして名高いえごま油ですが、酸化しやすいのが特徴。保管や調理法に注意しないといけません。酸化していることに気づかない場合もあるからです。

酸化した油は有害な『過酸化脂質』へと変化。体内に吸収されると動脈硬化や認知症の原因になるのが明らかになっています。それを避けるには冷暗所での保管が必要。調理の際は加熱をせずに、開封したら早めに使うのも重要です。

えごま油 のおすすめ人気比較ランキング

第10位

天長食品 低温圧搾一番搾り 無添加 無着色 えごま油 185g瓶 × 3本

3,149円(税込)

愛知県で加工された低温圧搾製法の一番搾り『えごま油』!安心の無添加無着色で おすすめ

1番搾りならではの新鮮な風味が魅力です。無添加無着色なので小さな子どもにも安心して使えます。α‐リノレン酸を62.2%含有。本物の美味しさを届けます。

原料の原産地は中国です。100%国産原料のえごまではありません。中国のえごまを輸入し愛知県稲沢市で加工されました。そのままボトル詰めしているため黄金色をしています。ガラス瓶に入っているため、冷暗所で保管すれば品質が保持できますよ。

第9位

えごま本来の色や風味をお届け!無漂白のえごまを低温圧搾し一番搾りのみを使用したえごま油

えごまの種を100%を使用。種は指定の1種類のみを使用しています。特別栽培で作られたので安全なえごま油です。保存料(酸化防止剤)や添加物は使っていません。

DHAやEPAに変化するα‐リノレン酸が60%以上含まれています。原料に漂白剤や溶剤などを使っていないので安全。体にも優しいのが良い点です。えごま本来の風味と味が楽しめます。

第8位

COCOCURE えごま油 オーガニック100% 有機JAS認定一番搾りプレミアム 黄金 egoma ケトジェニック仕様 (有機 無添加 天然 非加熱) 280g

3,800円(税込)

有機JAS認定されたオーガニック100%のプレミアムえごま油! 非加熱で美味しさも抜群!

収穫数が限られており希少価値があります。特別に選定された有機えごまを、低温圧搾製法でていねいに作りました。

COCOCUREのえごま油は畑から工場まで一貫生産。味の調整は一切行っていません。αリノレン酸を62%以上含み品質もばっちりです。無添加・無漂白で保存剤も未使用。エゴマそのままの自然な風味を味わえます。

第7位

KOMEGA 母心 生えごま油165g 2ボトルセット iTQi受賞 

3,380円(税込)

ITQI(国際味覚審査機構)で優秀味覚賞を3年連続受賞したえごま油!低温圧搾製法で作ったオイル

韓国のえごま油でトップを誇るKOMEGA社の商品。ITQIで優秀味覚賞を3年連続受賞したえごま油です。「食品のミシュランガイド」と言われる賞で、シェフとソムリエによって認定されています。50℃以下で低温圧搾する製造方法で作られました。

契約農家によってていねいに育てられたえごまを使用。保存料や添加物も一切使っておりません。 厳選された韓国産えごまの種子だけを使っています。α‐リノレン酸を約60%含んでおり高品質なえごま油です。

第6位

長白工坊  有機JAS低温圧搾 無添加オーガニック エキストラバージンえごまオイル110g 

1,418円(税込)

有機JAS・USDA・EUの有機認証を得た黒えごまの種子を低温圧搾製法で作り出したえごま油!

低温圧搾製法でていねいに作ったえごま油です。原料の産地は中国で、ボトリングは日本国内の有機JAS認定工場で行っています。

リノレン酸を69.5%含有し、えごま油の中でも高い数値を誇っています。無精製、無添加なので自然な味わいが魅力。生のままでも美味しく摂れます。クセのない味わいを楽しめますよ。サラダのドレッシングだけでなく和え物や味噌汁に入れても美味しいえごま油です。

第5位

飛騨原産 国産えごま油 生搾り 3本セット

5,400円(税込)

飛騨原産の生搾り3本セットのえごま油!安心の国産品で注文後に搾油するため新鮮な味わいが楽しめる!

原材料が国産品のえごま油を購入したい方にいかがでしょうか。完全受注生産で搾りたての新鮮なえごま油が楽しめます。えごまの実は専用保管庫で温湿度管理し、カビや酸化の発生を防いでいます。

専用の遮光箱に入っており光による劣化も防止。開封するまでは冷暗所に保管しましょう。えごまの栽培から搾油まで一貫して、岐阜県飛騨で行われた商品です。

第4位

太田油脂 マルタえごまオイル 180g

1,200円(税込)

マルタの優れた精製技術で美味しく作られたえごま油!クセのないさっぱりとした味わいが料理の味を引き立てる

α-リノレン酸を約60%含有したマルタこだわりのえごま油です。昔ながらの圧搾製法で搾りました。えごまの産地は中国で加工地は日本になります。酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)を使用。酸化の進みを遅らせます。

マルタ独自の精製技術で食べやすいえごま油を実現しました。 クセのないさっぱりとした味わいで料理の味を引き立てます。少量ずつ出るキャップを採用しているので、油が一気に出ないのがメリット。使いやすいえごま油です。

第3位

国内シェアNo.1の朝日のえごま油で公式通販「NATULAND」限定の大容量サイズ!

100%えごまの種子を使用。国内で製造され無添加ならではの自然な美味しさを味わえます。低温圧搾製法で作られた新鮮な食感も人気。大容量サイズなので家族が多いご家庭にもぴったりです。

小さじ一杯分でマアジ約6匹分と同じα-リノレン酸が摂取できます。透明な瓶に入っていて光が通りやすいため、冷暗所に保管しましょう。大容量サイズなのに値段はリーズナブルなのがメリット。家族みんなの健康に役立つえごま油です。

第2位

α-リノレン酸を60%以上含有したえごま油!体内で作れない必須脂肪酸の1つα-リノレン酸を手軽に摂取できる!

原材料にえごま種を100%使用したえごま油です。機械圧搾製法で作られた一番搾りの美味しさが味わえます。2重構造の剥離ボトルを採用。中身が空気に触れにくく柔軟性のあるボトルになります。適量を搾り出せて使い勝手が良いです。

α-リノレン酸を60%以上を含有し、小さじ1杯で一日に必要な量が摂れます。体内で作れないα-リノレン酸を効率よく摂取できますよ。価格が手頃なので購入しやすいのが良い点。とりあえずえごま油を試したい方におすすめする商品です。

第1位

太田油脂 国産えごまオイル 100g フレッシュボトル ×3本セット

5,200円(税込)

希少な国産えごまを使用した食べやすい国産えごま油!いつまでも健康な毎日が期待できる!

圧搾製法でていねいに作られました。マルタが開発した精製技術でくせのないクリアな味わいを実現。サラダや野菜ジュースなど新鮮なメニューの味を引き立てます。

α-リノレン酸を60%含有。小さじ1杯で手軽に1日の必要量が摂取できます。美味しさだけでなく健康面でも優れた効果があるえごま油です。効率よく摂れるので毎日続けるのをおすすめします。

えごま油 のおすすめ比較一覧表

商品画像
太田油脂  国産えごまオイル 100g フレッシュボトル ×3本セット B083XCKN92 1枚目
紅花  荏胡麻油 170g B00455FH7W 1枚目
朝日  えごま油(280g) B01LMMUPQ8 1枚目
太田油脂 マルタえごまオイル 180g B01BGBT7KA 1枚目
飛騨原産 国産えごま油  生搾り 3本セット B06Y1L9MS8 1枚目
長白工坊  有機JAS低温圧搾 無添加オーガニック エキストラバージンえごまオイル110g  B01H53SQFK 1枚目
 KOMEGA  母心 生えごま油165g 2ボトルセット iTQi受賞  B07Y2RC345 1枚目
COCOCURE えごま油 オーガニック100% 有機JAS認定一番搾りプレミアム 黄金 egoma ケトジェニック仕様 (有機 無添加 天然 非加熱) 280g B07QC19NMG 1枚目
SSB  えごま油 115g B07H38R717 1枚目
 天長食品  低温圧搾一番搾り 無添加 無着色 えごま油 185g瓶 × 3本 B07YQVH1M2 1枚目
商品名 太田油脂 国産えごまオイル 100g フレッシュボトル ×3本セット 紅花 荏胡麻油 170g 朝日  えごま油(280g) 太田油脂 マルタえごまオイル 180g 飛騨原産 国産えごま油 生搾り 3本セット 長白工坊  有機JAS低温圧搾 無添加オーガニック エキストラバージンえごまオイル110g  KOMEGA 母心 生えごま油165g 2ボトルセット iTQi受賞  COCOCURE えごま油 オーガニック100% 有機JAS認定一番搾りプレミアム 黄金 egoma ケトジェニック仕様 (有機 無添加 天然 非加熱) 280g SSB えごま油 115g 天長食品 低温圧搾一番搾り 無添加 無着色 えごま油 185g瓶 × 3本
特徴 希少な国産えごまを使用した食べやすい国産えごま油!いつまでも健康な毎日が期待できる! α-リノレン酸を60%以上含有したえごま油!体内で作れない必須脂肪酸の1つα-リノレン酸を手軽に摂取できる! 国内シェアNo.1の朝日のえごま油で公式通販「NATULAND」限定の大容量サイズ! マルタの優れた精製技術で美味しく作られたえごま油!クセのないさっぱりとした味わいが料理の味を引き立てる 飛騨原産の生搾り3本セットのえごま油!安心の国産品で注文後に搾油するため新鮮な味わいが楽しめる! 有機JAS・USDA・EUの有機認証を得た黒えごまの種子を低温圧搾製法で作り出したえごま油! ITQI(国際味覚審査機構)で優秀味覚賞を3年連続受賞したえごま油!低温圧搾製法で作ったオイル 有機JAS認定されたオーガニック100%のプレミアムえごま油! 非加熱で美味しさも抜群! えごま本来の色や風味をお届け!無漂白のえごまを低温圧搾し一番搾りのみを使用したえごま油 愛知県で加工された低温圧搾製法の一番搾り『えごま油』!安心の無添加無着色で おすすめ
価格 5,200円(税込) 853円(税込) 1,600円(税込) 1,200円(税込) 5,400円(税込) 1,418円(税込) 3,380円(税込) 3,800円(税込) 929円(税込) 3,149円(税込)
商品リンク

えごま油のおすすめまとめ

えごま油 おすすめ まとめ

今回はえごま油の特徴や健康効果などについて解説しました。えごま油は血液をサラサラにするα-リノレン酸が豊富です。老化の防止や成人病の予防もできるスーパーオイルです。健康面が気になる方や美容にこだわりを持つ方におすすめする商品になります。

体にも良いえごま油ですが、品質の良いものは調味料としても活躍。毎日の料理が一段と美味しくなります。より高い効果を得るために、高品質のえごま油を選びましょう。おすすめ商品も紹介しているので、好きなものを見つけてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

えごま油
のおすすめ関連記事をもっと見る