グルーガンのおすすめ人気比較ランキング9選【最新2020年版】

【最新版】グルーガンの人気9アイテムのおすすめ比較ランキング。グルーガンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのグルーガンをランキング形式でご紹介。
-TAKA-

接着剤のような使い方ができる『グルーガン』。素早く強力に接着できる工作道具で、これ1つあればDIY、手芸などで作れるものの幅が広がります。100円ショップでも見かけることも多いですが、しっかりとしたものを作ろうと思うとやや力不足です。

そこで今回はグルーガンの特徴や選び方、おすすめ商品を紹介していきます。『グルーガン』に興味がある方や買い換えたい方は、ぜひ参考にしてください。

グルーガン(ホットボンド)とは

グルーガン おすすめ 概要

グルーガンとはグルースティックという樹脂を溶かして物を接着する工作道具です。銃の形をしているのが一般的で、引き金を引くだけでグルースティックを溶かせます。溶けたグルーの接着力は強力で、10~30秒ほどの短時間で固まるのが特徴です。

木材や紙類、布、ガラス、金属などさまざまな素材の接着ができ、幅広い用途で使えます。DIYやハンドメイドアクセサリー作りが趣味の方はグルーガンを持っておくと、今よりもっといろいろなものが作れるようになるので購入してみてはいかがでしょうか。

グルーガンと接着剤の違いとは

手軽に扱え速乾性に優れているグルーガンは、小物や軽量なものを作るときに大変便利な工作道具。水に濡れたり屋外に置いたりしても強度が落ちることがないため、使い勝手は抜群です。

しかしツルツルした素材や重量がかかるものの場合は、グルーが剥がれてしまうことがあります。接着自体は可能ですが苦手な素材もあるため、そういったものに対してはボンドや接着剤の使用を考えておきましょう。

グルーガンのおすすめの選び方

グルーガン おすすめ 選び方

素材に合わせた溶解度で選ぶ

グルーガンには120度前後の低温タイプと170度前後まで上がる高温タイプの2種類があります。グルースティックも同じように低温・高温タイプがあり、それぞれが合致していないと使用できません。グルーガン・グルースティック共に温度をチェックしましょう。

中には1つのグルーガンで低温と高温を切り替えられる製品もあります。どちらも使う可能性がある方は、切り替えタイプを候補に入れておくのがおすすめです。

給電方法で選ぶ

コードタイプ

コードタイプ』のグルーガンは安定した電源供給で作業できるのがメリット。電池・充電切れを気にすることがないので、長時間の使用も安心です。ただしコンセント近くでしか作業できなかったり、コードが作業の邪魔になるなどのデメリットも。

コードタイプを選ぶ際はコードの長さをチェックしておきましょう。コードがあまりにも短いと作業がしづらく、効率もダウンします。1m以内のものが一般的ですが、1.5m以上のものを選べば効率も上がるのでおすすめです。

コードレスタイプ

コードレスタイプ』のグルーガンは、乾電池式・充電式の2種類があります。コードが作業の邪魔になることがないので、場所を気にせず使えるのがメリットです。

ただパワーに関しては電池の状態で左右されるため、安定感がないのがデメリット。さらに乾電池式ともなるとあっという間に電池切れになってしまい、長時間作業には向きません。

価格もコードタイプに比べると割高になる点もデメリット。メリットもデメリットもあるので、よく検討して選びましょう。

対応グルースティックのサイズで選ぶ

グルースティックは直径7㎜タイプのものが主流で種類も多いですが、グルーガンによっては10㎜タイプに対応している製品もあります。対応サイズが異なると使えないので、グルーガンを購入するときは、グルースティックのサイズ確認が必要です。

グルースティックのストックがあり、グルーガンの買い替えを検討している方は、手持ちのストックが対応したグルーガンを選ぶことをおすすめします。

スイッチの有無で選ぶ

グルーガンには加熱スイッチがついているものとついていないものがあります。加熱スイッチがついているものは自分のタイミングでスティックを溶かして使用できます。

加熱スイッチがついていないものはコンセントに差し込んだ時点で加熱が始まるため、慌てることやスティックの無駄使いをしてしまうといったトラブルも。加熱を止めるにはコンセントを抜く以外ないので、作業を中断する必要が出てきます。

加熱スイッチの有無は作業効率に大きく関わってくるため、よく考えてから購入しましょう。

予熱時間の短さで選ぶ

グルーガンはグルースティックを溶かして使う道具なので、予熱が必要になります。製品によって予熱時間はさまざまで、15秒~5分と幅が広いです。予熱時間は作業の取り掛かりに影響するので、なるべく短いものを選ぶのがおすすめ。

予熱時間は消費電力の高さに左右されることが多いため、早く使いたい方は消費電力の高いものを選びましょう。

自立するかで選ぶ

グルーガンは銃のような形状をしていることが多く、立てて置くには不向きな工具です。予熱中や作業途中は立てて置くのが適切な状態なので、自立できるかどうかもチェックしておくのが重要です。

自立できるものは先端付近にスタンドがついていることが多く、固定・折りたたみタイプの2種類があります。スタンドがついていても安定しないものがあるので、実機を触って確認しましょう。通販で購入するなら口コミを参考にするのがおすすめです。

グルーガンのおすすめメーカー

グルーガン おすすめ メーカー

Longtop

人間工学に基づいたハンドル・トリガー設計で、快適性と作業効率を高めたグルーガンを発売しています。加熱スイッチがあり、スタンドもついているので扱いやすくなっています。高温タイプのグルーガンを扱っており、接着素材の幅が広いのが特徴。リーズナブルな価格も人気のメーカーです。

Volador

コンパクトかつ高性能なグルーガンを開発。加熱スイッチがありスタンド付属、電源ケーブルが145㎝あり、さまざまな作業に対応できます。液漏れ防止機能がついているので、グルー漏れを気にすることなく作業できるのが好ポイントです。

elesories

人間工学に基づき付きやすいグルーガンを販売しています。加熱スイッチを搭載し予熱時間が3分以内と早いので、すぐに作業可能。またダブルスタンドを採用しており、予熱や作業途中でも安定して置けます。

グルーガンを上手く使うコツ

グルーガンをうまく使うにはいくつかのポイントがあります。

まず1つ目は予熱時間を守ること。グルースティックはある程度の温度で溶け始めますが、しっかりと溶ける温度になってからでないと本来の接着力を発揮できません。メーカー指定の予熱時間を守って使用しましょう。

2つ目のポイントは溶けたグルースティックを付着して物を置いたら動かさないことです。接着するまでの時間が短いのがグルーガンの魅力ですが、すぐに物を動かしてしまうと接着できないこともあります。

2つのポイントを意識すれば機能してくれるので、焦らずゆっくりと作業をしましょう。

カラースティックを使うと創作の自由度が増す

グルースティックは透明のものが主流ですが、さまざまな色がついたカラータイプのものも展開しています。カラータイプのものを使えば、小物やアクセサリーもグルースティックだけで作れるようになります。

接着の用途で使うのも便利な道具ですが、小物づくりまで幅が広がるのでDIY好きには堪りません。グルーガン・グルースティックの特性を考えて、さまざまなアイテムを作ってみましょう。

グルーガン のおすすめ人気比較ランキング

第9位

高温タイプのグルーガン!先端ノズルが細めで細かい作業もしやすい優れもの

鮮やかなライトグリーンが特徴的なグルーガン。ケーブルの長さが1.4mで加熱スイッチあり、自立スタンドを備えているので扱いやすいです。

高温タイプのため、多くの素材の接着に使用できます。1度接着したらなかなか剥がれないほど強力な接着力も魅力です。

先端部分が細く、液漏れもほぼないため長時間作業に便利なグルーガンです。

第8位

イチネンMTM ツール事業部 電池式コードレスグルーガン

1,304円(税込)

どこにでも持ち出せる便利な乾電池式!連続稼働時間は約40分

こちらは単3乾電池4本で稼働するグルーガンです。コードレスなので作業する場所を選ばないのが魅力ですが、連続稼働時間が約40分とやや燃費が悪いのがデメリット。長時間作業が予想される場合は予備の電池を用意しておく必要があります。加熱スイッチを搭載しているので、こまめに電源を切って節約するのがおすすめ。

LEDライトを搭載しており、暗所での作業ができる点はメリットです。ただ常時点灯する仕様のため、電池消費が激しくなるのも難点。コードレスタイプのグルーガンをお探しの方におすすめです。

第7位

ボッシュ コードレスグルーガン (グルースティッククリア4本標準付属・充電器付)

4,930円(税込)

珍しいペンタイプ!コードレスなのに予熱時間が短く早く作業に入れる

銃のような形状をしているタイプが多いグルーガンですが、こちらはペンタイプです。コードがなく軽量で、先端が細く、細かい作業に使いやすいのが特徴。

他メーカーのグルーガンに比べて予熱時間が圧倒的に短く、約15秒後には使い始められます。充電式タイプなので充電する手間がかかりますが、余分な電池代がかかりません。ただ他のグルーガンに比べると高額な点がややネックになります。

第6位

VOLADOR グルーガン スティック12本付き

1,580円(税込)

人間工学に基づいたデザインで作業がしやすい!高温タイプで液漏れ防止機能がついたグルーガン

子供でも大人でも使いやすいグルーガン。人間工学に基づいたデザインで握りやすいトリガーレバーがついているので、作業がしやすいと評判です。液漏れ防止機能搭載で待機中にグルーが垂れてこないのがポイント。

スタンドがよく見かける細い金属ではなく、大きめで安定感があります。狙いがつけやすいので、作業効率を上げたいときに検討したいグルーガンです。

第5位

elesories グルーガン 工具セット スティック10本付

1,980円(税込)

人間工学に基づく設計で扱いやすさ抜群!ダブルスタンド採用で待機中も安心して置ける

「程よいサイズ感で作業がしやすい」と評判のグルーガンです。液漏れや逆流防止機能搭載でグルーが垂れてくるのを防いでくれるのがポイント。しっかりとしたスタンドとトリガーレバーのダブルスタンドで安定感があり、待機中の保管も便利です。

コード式ですが長さが1.4mで使い勝手が抜群。性能が高い割に価格が控えめなのも魅力的で、初めてのグルーガンにおすすめです。

第4位

CELIFE コードレスグルーガン 充電式

2,299円(税込)

フル充電で約90分間連続使用可能!どこにでも持ち運べるコードレスで作業用途が広がる

このグルーガンはコンパクトタイプの製品で、子供でも扱いやすいサイズ感になっています。大人が使うことももちろんできますが、お子様のグルーガン入門におすすめ。

充電式のコードレスタイプなので、屋内・屋外どこでも作業できます。液漏れもほぼなく、予熱時間も早いため、使い勝手のよいグルーガンをお探しの方は候補に入れてみてください。

第3位

テクノス グルーガン 小型スイッチ付き高温タイプ

2,090円(税込)

180度の高温タイプでコンパクトボディが魅力!コードの長さが1.5mで取り回しもしやすい

小型で高温タイプの製品をお探しの方におすすめのグルーガン。「高温タイプの割には比較的早く温まるため、すぐに作業を始められる」と高評価が多く寄せられています。コンパクトなので子供の手にも収まりやすいです。

加熱スイッチ搭載で、手元で気軽にON/OFFできます。ただスタンドが若干弱めで安定感に乏しいので、待機中は気をつけて置きましょう。

第2位

SK11 コードレスピタガン 乾電池式

1,888円(税込)

乾電池式の低温タイプ!コードレスタイプで場所を選ばずどこでも作業できる

単3乾電池4本で連続使用約50分のグルーガンです。コードがないため屋内・屋外どこでも作業できるグルーガンをお探しの方におすすめです。予熱時間が5~8分なのでやや遅めなのがネック。

他メーカーと違い、本体下部が幅広のスタンドになっているのが特徴です。安定感があるので待機中に倒れる心配がありません。乾電池式のグルーガンを使用するときは、常に予備の電池を用意しておくと安心して使えます。

第1位

高儀 乾電池式 コードレスグルーガン グル―スティックセット

1,469円(税込)

コードレスタイプで使い勝手が抜群!LEDライト搭載で手元が見やすく作業効率がアップ

単3乾電池4本で連続使用時間約45分のコードレスタイプのグルーガン。LEDライトを搭載しているので手元が暗いところでも使いやすくなっています。

付属で付いてくるグルースティックの量が多く、使い慣れていない方の練習用に導入するのもよいかもしれません。乾電池式なので常に電池の予備を用意しておくのがおすすめです。

グルーガン のおすすめ比較一覧表

商品画像
高儀 乾電池式 コードレスグルーガン グル―スティックセット B00VPVLXWM 1枚目
SK11 コードレスピタガン 乾電池式 B07437VJFQ 1枚目
テクノス グルーガン 小型スイッチ付き高温タイプ B00405XO4K 1枚目
CELIFE コードレスグルーガン 充電式 B081RYJNVH 1枚目
elesories グルーガン 工具セット スティック10本付 B07MVCKBK5 1枚目
 VOLADOR グルーガン スティック12本付き B07PT9NG23 1枚目
ボッシュ コードレスグルーガン (グルースティッククリア4本標準付属・充電器付) B0146CZISQ 1枚目
イチネンMTM ツール事業部 電池式コードレスグルーガン B002ORC0RS 1枚目
Aizhy グルーガン B07Q9Q9VGK 1枚目
商品名 高儀 乾電池式 コードレスグルーガン グル―スティックセット SK11 コードレスピタガン 乾電池式 テクノス グルーガン 小型スイッチ付き高温タイプ CELIFE コードレスグルーガン 充電式 elesories グルーガン 工具セット スティック10本付 VOLADOR グルーガン スティック12本付き ボッシュ コードレスグルーガン (グルースティッククリア4本標準付属・充電器付) イチネンMTM ツール事業部 電池式コードレスグルーガン Aizhy グルーガン
特徴 コードレスタイプで使い勝手が抜群!LEDライト搭載で手元が見やすく作業効率がアップ 乾電池式の低温タイプ!コードレスタイプで場所を選ばずどこでも作業できる 180度の高温タイプでコンパクトボディが魅力!コードの長さが1.5mで取り回しもしやすい フル充電で約90分間連続使用可能!どこにでも持ち運べるコードレスで作業用途が広がる 人間工学に基づく設計で扱いやすさ抜群!ダブルスタンド採用で待機中も安心して置ける 人間工学に基づいたデザインで作業がしやすい!高温タイプで液漏れ防止機能がついたグルーガン 珍しいペンタイプ!コードレスなのに予熱時間が短く早く作業に入れる どこにでも持ち出せる便利な乾電池式!連続稼働時間は約40分 高温タイプのグルーガン!先端ノズルが細めで細かい作業もしやすい優れもの
価格 1,469円(税込) 1,888円(税込) 2,090円(税込) 2,299円(税込) 1,980円(税込) 1,580円(税込) 4,930円(税込) 1,304円(税込) 1,550円(税込)
商品リンク

グルーガンのおすすめまとめ

グルーガンの特徴や選び方、おすすめ商品を紹介しました。グルーガンは物同士を接着するのに便利な道具です。また接着以外の用途にも使えます。

ハンドメイドアクセサリー作りにも使用されることが多く、1台持っておけばさまざまな用途で使えるので大変便利です。

今後グルーガンを使って何か作ってみたいという方は、今回の内容を参考にしてぜひ購入してみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

グルーガン
のおすすめ関連記事をもっと見る