ヴェポライザーのおすすめ人気比較ランキング10選

【最新版】ヴェポライザーの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。ヴェポライザーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのヴェポライザーをランキング形式でご紹介。
おすすめStartHome編集部

タバコの葉を直接加熱する喫煙器具『ヴェポライザー』。そもそもヴェポライザーという製品を知らない人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなヴェポライザーの特徴や選ぶ際のポイントについて解説していきます。厳選したおすすめ商品もランキング形式でご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもヴェポライザーとは?

ヴェボライザー おすすめ とは

ヴェポライザー』は日本ではあまり知られていませんが、紙巻きタバコやシャグと呼ばれるタバコの葉を直接加熱して吸引する加熱式の喫煙器具です。通常のタバコの値上がりが進む中、周囲に健康被害を与えにくい電子タバコが注目されていますが、それに続く第4のタバコとして注目されています。

紙巻きタバコ用の葉や市販のタバコの葉を用いるので、好きな銘柄を選択できる点や、少ない葉の量で十分満足できるため、アイコスや紙たばこなどと比較すると月々にかかるたばこ代が1/3以下で済むコストパフォーマンスの高さが魅力的です。

紙たばこが発するような強いニオイ、今までの電子たばこの課題である吸いごたえや、コストの面を、一気に解決したものになります。

少量のタバコ葉で満足できる上、タバコ本来の美味しさをしっかり味わうことが可能です。

ヴェポライザーのおすすめポイント

タバコ代の節約ができる

ヴェポライザーを使用する最大のメリットとしてタバコ代の節約が挙げられます。ヴェポライザーには専用のタバコ葉が存在しないため、何を使用してもいいのが特徴。タバコ葉を入れる加熱室に紙たばこを1/3や1/5の大きさにちぎって入れるという使用法もあるようです。

タバコ葉を使用しても、他の加熱式タバコ、紙たばこと比べて少ない費用で済みます。ヴェポライザーはコスパの良い加熱式タバコといえるでしょう。

健康面でタバコよりもプラス

ヴェポライザーはタバコ葉を燃やす仕組みではなく水蒸気を吸うものなので、紙たばこなどを燃焼させると発生する一酸化炭素や、タールなどの有害物質はほとんど含みません。そのため身体に優しいタバコとして人気が高まってきています。

ニオイが少ない

タバコ特有のニオイが周りの人を不快にさせていないか気になることも多いでしょう。タバコの独特なツンと刺すようなニオイは、タバコの巻紙を燃やすことで発生します。その点ヴェポライザーは燃焼させないので、ニオイは大幅に抑えられます。

さらにプロピレングリコールやグリセリンなどの保湿剤を使用しなければ、煙の量を減らすことも可能です。ヴェポライザーはタバコのニオイが気になる方にもおすすめできます。

おすすめのヴェポライザーの使い方

卓上タイプのヴェポライザーの場合

まず外側に付いているカバーを外して、タバコ葉を入れます。その上からカバーをセットし直した後、コンセントを電源に差し込んで、ヴェポライザーに付いているボタンやつまみを操作して加熱します。

加熱が進んで蒸気が内部に溜まれば、蒸気を吸い口から吸い込んで使用します。何度か使用した後にも、内部で加熱されている葉をかき混ぜると、加熱されきっていない葉までまんべんなく加熱することが可能です。

携帯用ポータブルヴェポライザーの場合

ヴェポライザーをフル充電した後、ヒーティングチャンバーにタバコ葉などをセットします。電源を入れてお好きな温度設定にし、蒸気がたまれば吸い込んでください。ただし充電コードを電源とつないだままの使用はできないので注意が必要です。

おすすめのヴェポライザーの選び方

ヴェボライザー おすすめ 交換

バッテリー容量で選ぶ

バッテリー内蔵型

バッテリー内蔵型』ヴェポライザーはタバコの葉を加熱する際にバッテリーによる電力で加熱します。そのためバッテリーを確保する必要がありますが、本体に内蔵されているものもあります。

あまりにもバッテリーの容量が少ないと、連続使用時間が限られてしまうため、できれば2000mAh程度の容量を目安にしましょう。1日に10本程度であれば、途中で充電をしなかったとしても十分使用できます。

それ以上必要な場合には、モバイルバッテリーを持ち歩くか、より容量の大きいものを購入しましょう。

バッテリー交換型

ヴェポライザーは『バッテリー交換型』も発売されています。内蔵型はいちいち充電しないと使用できませんが、交換型は電池を交換すればすぐに使用できて手軽です。バッテリー内蔵の場合にはスマートフォンのように経年劣化でバッテリーの持続力がどんどん悪化します。交換型であればシンプルに交換するだけなのでバッテリーの影響で本体の買い替えが必要にはなりません。

ただ電池の買い替えが必要な点を面倒に感じる方には、あまり向いていないかもしれません。

一回の喫煙時間で選ぶ

ヴェポライザーの1回の喫煙可能時間は商品によって3分~10分とさまざまです。平均の喫煙可能時間は5分間となります。どのくらいの時間吸えるのかは購入前にしっかり確認しておきましょう。

最近ではチェーンスモークが可能になっている商品も売り出されています。自分の好みに合った喫煙ができるものを探してみてください。

加熱方式で選ぶ

タバコの葉を加熱する方式にはいくつかあり、加熱方式が異なるとタバコの味も変わります。クリアな味がよいのか、ニコチンのキックが強い方がよいのか、マイルドな味がよいのかによって自分に合った加熱方法を選びましょう。

コンベクション方式

コンベクション方式』はタバコの葉に熱風を当てることで加熱し、ニコチンを発生させます。ヴェポライザーなら複数の銘柄を楽しめますので、それぞれのタバコが持つ本来の味を楽しめる点が魅力的です。

加熱部位であるチャンバーが汚れにくいため、手入れの頻度や手間が減る点もメリットとなります。ただし直接葉を加熱する場合に比べると、少し物足りなく感じてしまう可能性もありますので注意しましょう。

ニコチンのキック感が弱めなことが特徴です。吸い方にはコツがあり、上手く吸えるようになるまでに時間を取るので初心者の方には向かないかもしれません。しかしコツがわかると独特の味が癖になります。

コンダクション方式

ほとんどのヴェポライザーがこの加熱方式を採用しています。『コンダクション方式』はタバコの葉を直接加熱することで、ニコチンを発生させる方式です。長年紙巻きタバコを使っていた人にとってはコンダクション方式の方がより強い味わいを楽しめますので、満足感は高いです。

デメリットとしては、加熱部位であるチャンバーが汚れやすいため、定期的にメンテナンスを継続する必要がある点が挙げられます。初心者の方には、一般的な加熱方式であるコンダクション方式がおすすめです。

ハイブリッド方式

コンダクション方式とコンベクション方式、2つの方式の良いとこどりをしたのが『ハイブリッド方式』です。コンベクション方式の特徴であるタバコ本来の香りと、コンダクション方式の特徴である強いキック感の両方が同時に味わえる理想的な製品といえます。

ニコチンのキックがかなり強めに出る方式で、コンダクション方式のキック感では満足できないという上級者向けです。

まだまだ新しい技術を導入したばかりの製品のため、ハイブリッド方式を採用しているヴェポライザーは種類が少なく、他の要素も含めるとまだまだ普及が進んでいないというのが実情です。今後の発展に期待がかかっています。

サイズで選ぶ

ほとんどの喫煙者がタバコを持ち歩いていますが、ヴェポライザーは紙たばことは異なり、商品ごとに大きさや重さに大きな差があります。普段のタバコの持ち歩き方を考慮したサイズ、重さの商品を選びましょう。

「胸ポケット (120 x 110mm)」と「ズボンポケット (200 x 120mm)」に収納できるサイズの商品がおすすめです。しかしあまりに小さい商品の場合、バッテリー容量が少ないかもしれません。バッテリー容量とサイズのバランスの良い商品を選ぶことをおすすめします。

素材で選ぶ

セラミック素材

セラミック素材』のチャンバーを搭載しているヴェポライザーは加熱時に温度ムラを失くせるため、タバコ自体が持っている風味や特徴を最大限に活かしてくれます。本格的にタバコの風味を味わいたい人に向いている素材です。

ステンレス素材

セラミック素材は最新の機種に多いのですが、『ステンレス素材』は以前から使われており実績は十分です。タバコ本来の味は十分味わえますが、セラミック素材よりも味は劣ると感じる人が多く、買い替えるタイミングに来た人はセラミック素材に流れることが多いです。

手入れが面倒な人は汚れがつきにくいステンレスの方が向いていますし、セラミックに比べると旧モデルなので価格も抑えられており、まだまだ競争力を持った素材といえます。

温度設定の度合いで選ぶ

ヴェポライザーを使用したときに同じタバコの葉を使用しても、タバコ葉を加熱するときの「温度設定」で味を変えることが可能です。高温にすればするほどニコチンの風味を強く味わえるようになりますし、風味が苦手な人は低音に設定することで無理なくタバコを楽しめます。

またいろいろなたばこ葉を使用できるヴェポライザーでは、各たばこ葉に適した温度設定にしてさらにタバコを楽しむことができます。幅広い温度で細かい調整ができる商品がおすすめです。

細かい味の調整をして自分に合っているものを見つけたい方には、温度設定に関する項目は非常に重要でしょう。

シャグの交換のしやすさで選ぶ

紙巻きタバコは箱から出して火をつけて、吸い終わったら吸い殻入れに捨てればよいので手軽です。しかしヴェポライザーは、『シャグ』と呼ばれるタバコ葉を一回一回交換しないと吸えません。

たばこ葉の交換が大変なヴェポライザーは、面倒で使いにくいです。簡単に交換ができる商品を選びましょう。

スペーサー』と呼ばれる予備のタバコ葉入れが付いている商品あれば、あらかじめタバコ葉を自宅で詰めておいたスペーサーを交換するだけでタバコを楽しめます。外出先でヴェポライザーを使用することが多い人は専用のスペーサーが付属しているかどうかも確認しましょう。

値段で選ぶ

ヴェポライザーの値段はエントリーモデルであれば4000円代のものから高価なものであれば20000円ほどのものまでさまざまです。たばこ代を抑えたい方や初心者の方にはエントリーモデルを購入するのもおすすめです。

ヴェポライザー のおすすめ人気比較ランキング

第10位

Kamry 熱式電子タバコCIGRIG H1 互換の電子たばこ Type C

7,600円(税込)

30回連続使用可能で自動クリーナー付きのため面倒が少ない電子タバコ

MR.YLLSから発売されている加熱式電子タバコは、ヴェポライザーの弱点に対して的確な対策を打っている非常に高機能な商品です。

パナソニックの大容量電池を搭載しているため30本連続吸引でき、充電の際にも急速充電が可能。面倒なメンテナンス作業を緩和するために自動クリーナー機能も搭載されており、まさに至れり尽くせりの製品です。

人間工学的に誤作動を起こさせにくいようなデザインになっており、吸い口も安全素材が使用されていますのでストレスなく電子タバコを楽しめます。

ブラック
重量 299 g
サイズ 14.8 x 9.6 x 6 cm
加熱方式 -
チャンバー素材 セラミック
バッテリー容量 3180mAh
第9位

MR. YLLS 電子タバコ 加熱式たばこデバイス 交換機大容量1300mAh

2,899円(税込)

スリムな本体で23本の連続使用と温度調節可能な多機能電子タバコ

紙巻きたばこよりも少し大きいくらいのスリムな本体ながら、連続23回使用可能でさらにUSBで充電可能な電子タバコがMR YLLSから発売されています。

電池の残量を色別のライトで通知してくれたり、ボタンを操作することで加熱時の温度を3段階切り替え可能だったり、バイブレーション機能が付いていたりと、小さい本体ながらも搭載されている機能は豊富です。

クリーニング機能も付いているので頻繁に掃除する必要はありません。

レイビー
重量 150 g
サイズ 15 x 7.1 x 5 cm
加熱方式 -
チャンバー素材 セラミック
バッテリー容量 1300mAh
第8位

AVBAD TT スマートタッチ式 加熱式タバコ専用デバイス

2,980円(税込)

特徴的な形状と豊富なカラー展開でおしゃれな電子タバコ

AVBADから発売されている加熱式電子タバコは独特なデザインをしております。

カラー展開も5色と豊富です。スマートタッチに対応しており電源やクリーニングも簡単にできるため、初めてでもノンストレスで使用できます。

充電はUSBで多少時間がかかりますが、他とは違う少し変わった製品を持ちたい人におすすめです。

ブルー
重量 200 g
サイズ 13.9 x 13.6 x 5 cm
加熱方式 -
チャンバー素材 セラミック
バッテリー容量 1200mAh
第7位

WKJ iQOS So-Qi 4.0 Plus ワインレッド

3,689円(税込)

スタイリッシュでデザイン性に優れ手のひらサイズの電子タバコ

WKJから発売されているiQOSの互換機である加熱式電子タバコは、スタイリッシュでデザイン性に優れています。

カラー展開もワインレッドやピンク珍しいラインナップです。両面加熱のタイプでセラミック加熱なので、安定した発熱によりタバコ葉本来の香り味わえるでしょう。

セラミックの加熱版が割れてしまったとしても本体ごと買い替える必要はなく、加熱タンクのみ交換することで引き続き使い続けられます。

ワインレッド/ホワイト
重量 31.8 g
サイズ 14.7 x 6.6 x 4 cm
加熱方式 -
チャンバー素材 セラミック
バッテリー容量 650mAh
第6位

Breeori 電子タバコ パワー調節機能付き

2,780円(税込)

パワー調節機能付きで大容量バッテリーが魅力的

Breeoriから発売されている電子たばこはリキッドタイプの製品で残量がすぐに分かるようになっているので、リキッド交換のタイミングを簡単に判断可能。

シンプルなデザインで空気の入り口を多く作ることで煙を楽しめます。パワーチェンジ機能を搭載しているので、気分によって煙の量や味を調整できます。

LEDディスプレイが付属していて電池残量やパワーを一目で確認でき、人間工学に基づいて設計されたデザインはスタイリッシュです。

ブラック
重量 249 g
サイズ 13.6 x 10.7 x 3.1 cm
加熱方式 -
チャンバー素材 ステンレス
バッテリー容量 2600mAh
第5位

FLOWERMATE V5.0S Pro 加熱式タバコ ヴェポライザー

9,799円(税込)

電子タバコ先進国のアメリカでトップシェアを誇るヴェポライザー

FLOWERMATEは電子タバコ先進国のアメリカでシェアトップを誇るsmiss社が創立したブランドで、日本でも徐々に人気を集めています。

2200mAhと大容量のバッテリーなので1日あたり複数回使用する場合でも問題ありません。OLEDディスプレイが搭載されることで電池残量と温度が一目でわかります。

デザインもスタイリッシュなので見た目を重視する方におすすめです。

ブラック
重量 9.07 g
サイズ 3.9 x 2.7 x 1.3 cm
加熱方式 コンベクション
チャンバー素材 セラミック
バッテリー容量 2200mAh
第4位

大容量バッテリーで急速加熱が特徴のすぐ吸える電子タバコ

Kamryから発売されている電子タバコは大容量のバッテリーで最大30本以上も楽しめます。

コンパクトなサイズは携帯性に優れているため、1日中外にいたとしても問題なく吸えるでしょう。たった7秒間で加熱できるため、吸いたくなったときにすぐに吸えるのは魅力的です。温度調節機能は3段階あり自分にあった吸い味に調整できます。

電子タバコの中でも耐久性が比較的弱い加熱ブレードは単品でも交換できるので折れてしまったとしても本体まで買い替える必要はありません。

ホワイト
重量 118 g
サイズ 11.8 x 9.9 x 2.4 cm
加熱方式 -
チャンバー素材 -
バッテリー容量 1900mAh
第3位

PATHFINDER 電子タバコ ペン型ヴェポライザー V2

2,980円(税込)

ドライハーブ用のサーモスタット式ヴェポライザーのエントリーモデル

PATHFINDERからはペン型でのエントリーモデルヴェポライザーが発売されています。

サーモスタット式の加熱チャンバーが搭載されており、通常のたばこ葉ではなくドライハーブを活用する上に、93°C~220°Cまで温度調節が可能なので、自分の好みに合わせた特徴ある吸い味を楽しめるでしょう。

2200mAhのバッテリーは長時間使い続けられるので1日中外出する日でも問題なく使用できます。

ブラック
重量 -
サイズ 13 x 9 x 5 cm
加熱方式 -
チャンバー素材 ステンレス
バッテリー容量 2200mAh
第2位

QOQ 加熱式たばこ電子タバコ次世代互換機

5,680円(税込)

亜鉛合金ケースの大容量バッテリー電子タバコ

QQQから発売されている電子タバコは30本の連続吸引が可能な大容量バッテリーを搭載しており、ニコチンを含まないので依存度が低いです。

亜鉛合金のケーシングは他にはない特徴で、シルバーとブラックで展開されるカラーは上質な印象を与えます。USB充電可能で300°C~400°Cの間で温度調節が可能なので、セラミック加熱でありながら好みの吸い味を楽しめるでしょう。

ボタンを押す回数や時間を変えることで誤作動を起こさないような安心設計です。

シルバー
重量 240 g
サイズ 13.3 x 9 x 4.6 cm
加熱方式 コンベクション
チャンバー素材 セラミック
バッテリー容量 2400mAh
第1位

WEECKE Fenix mini スターターキット

7,980円(税込)

コンベクション方式で上級者も楽しめるヴェポライザー

ヴェポライザーの中でも、特に上級者が満足できる濃厚な吸い味を実現するコンベクション方式採用しているのが、WEECKEのヴェポライザーです。

ミニサイズで携帯性に優れながらも極上の吸い味はそのままに残してくれています。160°C~220°Cまでの間で温度調節が可能であり、好みの吸い味を楽しめます。ディスプレイに喫煙終了までの時間が表示されるので便利です。

ブラック
重量 290 g
サイズ 14.9 x 9 x 5.5 cm
加熱方式 コンベクション
チャンバー素材 ステンレス
バッテリー容量 2200mAh

ヴェポライザー のおすすめ比較一覧表

商品画像
WEECKE Fenix mini スターターキット B076MCPCXY 1枚目
QOQ 加熱式たばこ電子タバコ次世代互換機 B07K7GKRFH 1枚目
PATHFINDER 電子タバコ ペン型ヴェポライザー V2 B078MG793Q 1枚目
Kamry GXG I2 B07VK59KYW 1枚目
FLOWERMATE V5.0S Pro 加熱式タバコ ヴェポライザー B07QKJHYM2 1枚目
Breeori 電子タバコ パワー調節機能付き B07SK6RTDG 1枚目
WKJ iQOS So-Qi 4.0 Plus ワインレッド B07F5XT83G 1枚目
AVBAD TT スマートタッチ式 加熱式タバコ専用デバイス B07VCPY3YT 1枚目
MR. YLLS 電子タバコ 加熱式たばこデバイス 交換機大容量1300mAh B07H9ZDVMH 1枚目
Kamry 熱式電子タバコCIGRIG H1 互換の電子たばこ Type C B07WBXJFS2 1枚目
商品名 WEECKE Fenix mini スターターキット QOQ 加熱式たばこ電子タバコ次世代互換機 PATHFINDER 電子タバコ ペン型ヴェポライザー V2 Kamry GXG I2 FLOWERMATE V5.0S Pro 加熱式タバコ ヴェポライザー Breeori 電子タバコ パワー調節機能付き WKJ iQOS So-Qi 4.0 Plus ワインレッド AVBAD TT スマートタッチ式 加熱式タバコ専用デバイス MR. YLLS 電子タバコ 加熱式たばこデバイス 交換機大容量1300mAh Kamry 熱式電子タバコCIGRIG H1 互換の電子たばこ Type C
特徴 コンベクション方式で上級者も楽しめるヴェポライザー 亜鉛合金ケースの大容量バッテリー電子タバコ ドライハーブ用のサーモスタット式ヴェポライザーのエントリーモデル 大容量バッテリーで急速加熱が特徴のすぐ吸える電子タバコ 電子タバコ先進国のアメリカでトップシェアを誇るヴェポライザー パワー調節機能付きで大容量バッテリーが魅力的 スタイリッシュでデザイン性に優れ手のひらサイズの電子タバコ 特徴的な形状と豊富なカラー展開でおしゃれな電子タバコ スリムな本体で23本の連続使用と温度調節可能な多機能電子タバコ 30回連続使用可能で自動クリーナー付きのため面倒が少ない電子タバコ
価格 7,980円(税込) 5,680円(税込) 2,980円(税込) 3,980円(税込) 9,799円(税込) 2,780円(税込) 3,689円(税込) 2,980円(税込) 2,899円(税込) 7,600円(税込)
ブラック シルバー ブラック ホワイト ブラック ブラック ワインレッド/ホワイト ブルー レイビー ブラック
重量 290 g 240 g - 118 g 9.07 g 249 g 31.8 g 200 g 150 g 299 g
サイズ 14.9 x 9 x 5.5 cm 13.3 x 9 x 4.6 cm 13 x 9 x 5 cm 11.8 x 9.9 x 2.4 cm 3.9 x 2.7 x 1.3 cm 13.6 x 10.7 x 3.1 cm 14.7 x 6.6 x 4 cm 13.9 x 13.6 x 5 cm 15 x 7.1 x 5 cm 14.8 x 9.6 x 6 cm
加熱方式 コンベクション コンベクション - - コンベクション - - - - -
チャンバー素材 ステンレス セラミック ステンレス - セラミック ステンレス セラミック セラミック セラミック セラミック
バッテリー容量 2200mAh 2400mAh 2200mAh 1900mAh 2200mAh 2600mAh 650mAh 1200mAh 1300mAh 3180mAh
商品リンク

おすすめのヴェポライザーまとめ

おすすめの『ヴェポライザー』についてご紹介しましたがいかがでしたか。ヴェポライザーはまだ日本で広く普及している製品ではありませんが、電子たばこが広く普及している日本では徐々に認知度も高まり、今後利用者が増加してくることが見込まれます。

ヴェポライザーは電子タバコとは異なり、好みのたばこ葉を選択でき、また温度調節によって風味の度合いまで調節できる点が特に魅力的です。この記事を参考にぜひ自分にぴったりのヴェポライザーを見つけてみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ヴェポライザー
のおすすめ関連記事をもっと見る