クレンジングクリームのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】クレンジングクリームの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。クレンジングクリームの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのクレンジングクリームをランキング形式でご紹介。
K_tea

クレンジング料はメイクを落として肌をリセットさせる役割があり、美肌を育むうえで厳選して選ぶべきアイテムです。クレンジング料はメイクを落とすのと同時に、肌の汚れや古い角質を落とす働きももちます。

肌にいらないものは落としつつも、適度なうるおいを保つクリームタイプのクレンジング料がおすすめです。この記事ではそんな『クレンジングクリーム』の特徴や使うメリット、さらに選び方のポイントまで詳しく解説。最後にはおすすめの商品も紹介するため、ぜひ選び方の参考にしてくださいね。

クレンジングクリームとは

クレンジング』はテクスチャーの違いでいくつかの種類に分かれます。オーソドックスなのは『オイル』・『ジェル』・『クリーム』・『』などで、メイクの濃さや使っているアイテムの特徴によって使い分けることが大切。

クレンジングクリーム』はクリーム状の質感で、肌のうるおいを守って洗えるため乾燥する季節におすすめのタイプです。オイルほどの落ちやすさはありませんが、ウォータープルーフなどのアイテムを使っていないメイクであれば十分オフできます。

クレンジングクリームのおすすめポイント

ここからはクレンジングクリームの特徴と、おすすめの理由について解説します。

オイル系と違って乾燥のリスクがない

メイクアイテムは油性成分を多く配合しており、油は油でなければ落とせません。そのため油性成分をたっぷり含んだオイルタイプのクレンジングは、メイクをしっかり浮かして落とすことができます。ただオイルで洗浄力が強すぎると、肌に必要な皮脂まで奪ってしまう可能性も。

そうすると肌のバリア機能が低下して、肌荒れの原因につながってしまいます。クリームタイプだと肌の皮脂を留まらせて洗うことができ、うるおいをキープ。特にクレンジング後に肌のつっぱりを感じる方は、乾燥している証拠なのでクリームタイプに変えてみるといいですよ。

摩擦ダメージを防止できる

肌を必要以上にこすると肌荒れを招いたり色素沈着してしまう場合もあります。クリームタイプのクレンジングなら、ほどよく弾力感がありゴシゴシこすってしまうことを防止。また十分な洗浄力を実感するためには、商品ごとの適量を守って使うことも大切ですよ。

指先だけで落とそうとすると余分な力が入って摩擦の原因になるため、手のひら全体を使って滑らせるように洗うことを心がけましょう。

うるおい成分が含まれている

クリームタイプは洗浄成分と保湿成分の配合バランスがよく、肌のうるおいをキープできるのも大きなメリットです。商品によっては美容液成分や保湿成分がプラスして含まれているものもあり、洗い上がりのしっとり感が実感できますよ。

クレンジングクリームのおすすめの選び方

クレンジングクリームのなかでも、さらに使い方でタイプが分かれます。好みやシーンに合わせて使えるよういくつか常備しておくと便利ですよ。おすすめする具体的な選び方について紹介します。

タイプで選ぶ

水で洗い流すものや拭き取りタイプ、W洗顔不要など商品によって特徴はさまざま。使いやすさにもこだわりたい方は、ぜひタイプも重視して選んでくださいね。

洗い流すタイプ

最もオーソドックスなのが『洗い流すタイプ』。水やぬるま湯で落とせるため、洗い残しが防げてさっぱり落とせるのが魅力です。肌を必要以上にこすらないので、摩擦による刺激が少ないのも嬉しいポイント。

ただ商品によっては他のタイプと比べて洗浄力が強いものもあるため、配合成分に注目して選ぶことをおすすめします。

拭き取りタイプ

タオルや水が必要なく手軽に落としたいときに役立つ『拭き取りタイプ』。ピンポイントで拭き取れるため、目元や口元などのポイントメイクをオフするのにも使えます。また手を汚さずにさっと落とせるので、疲れてメイクを落とす時間・余裕がないときにも活躍。

一方で汚れを落としきれなかったり、ゴシゴシこすって肌へダメージを与える可能性もあるため、優しく押さえるようにして使うのがポイントです。リスクがいくつかあるので、日常使いではなく時短アイテムとして持っておくのがおすすめですよ。

W洗顔不要タイプ

肌への負担を軽減したい方や、スキンケアを時短で済ませたい方におすすめなのが『W洗顔不要タイプ』です。洗浄料としての役目も果たすため、メイク汚れだけでなく毛穴の汚れや古い角質をオフできるというメリットが。

W洗顔不要だと水で洗い流す回数が少なくなるため、必要な皮脂はキープできるという嬉しい特徴もあります。ただ洗浄力が強すぎると元も子もないので、配合成分はしっかり確認しましょう。

配合成分で選ぶ

メイクや汚れを残さずオフできる除去力と、肌のうるおいを保てる機能が両立した商品を選ぶのがベストです。そのためには配合されている成分の特徴を知っておくことが大切。洗浄成分として欠かせないのが界面活性剤です。おすすめなのは語尾に、『石けん』・『ベタイン』などがつく成分で、比較的刺激が弱いとされています。

また保湿成分であれば『ヒアルロン酸Na』や『グリセリン』などがよく配合されています。保湿成分が数種類入っている商品も多くあるため、ぜひ配合成分もチェックしてくださいね。

クリームの厚さで選ぶ

クレンジングクリームは他のタイプよりも弾力があり、肌に摩擦がかからないというメリットがあります。肌への刺激を重視して抑えたいなら、極力肌をこすらない厚めのテクスチャーを選ぶのがおすすめ。クリームの厚みによって肌が保護されるため、優しく洗い上げることができます。

乳度が高くなるほど保湿成分もたっぷり配合される傾向にあるので、保湿力を重視する方も要チェックですよ。

使うシチュエーションで選ぶ

クレンジング料はシチュエーションや、肌の状態に合わせていくつか常備しておくと便利です。家で使う場合は据え置きできて使い勝手のよいポンプ式を選んだり、持ち運びする際は先に紹介した使い切りのシートタイプを使うなど、利便性を考慮して選びましょう。

いずれのタイプも汚れをしっかり落とせて、肌のうるおいをキープできるかを重視して選んでくださいね。

クレンジングクリームのおすすめの使い方

クリームタイプでクレンジングを行う際の具体的な使い方について紹介します。

皮脂分泌の多い箇所を最初に洗う

肌の汚れを吸着するクレンジング料は、のせておく時間が長くなるほど乾燥が進んで肌への負担が大きくなります。また皮脂分泌が多い部位はメイクをして時間が経つと、酸化した皮脂とメイクの油分が混ざり合い、毛穴のつまり・黒ずみの原因にも。

そのためクレンジングをする際はまずTゾーンからクリームをのせて洗いましょう。特に小鼻のキワは角栓が溜まりやすいうえ、でこぼこして洗いにくいため意識して丁寧に洗ってくださいね。その後にほほやフェイスラインへシフトしていき、滑らせるように軽い力で洗顔します。

オイル化後に乳化を行って洗い流す

先に紹介したとおりメイクは油分で浮かせることによりオフ可能に。クリームタイプのクレンジング料は肌にのせて馴染ませていくと、少しずつオイル化していきメイクを浮かせます。ただオイルは水と分離するので、水で洗い流せるように乳化しなければなりません。

乳化とは界面活性剤の働きによって水とオイルが馴染むことにより、水で洗い流しやすくすることです。乳化させるのは簡単で、少量の水やぬるま湯をオイル化したクレンジング料と馴染ませるようにのばすだけ。このひと手間を加えれば洗い残ししづらいうえに、メイクをすっきり落とせますよ。

タイプに合わせて蒸しタオルも活用する

乾燥や冷えによって肌が硬くゴワついていると、メイクや毛穴汚れが落ちにくく。特に拭き取りタイプは顔を予洗いせずに使うことが多いため、効果を引き出すために蒸しタオルを活用するのがおすすめです。

シートで拭き取った後、顔に残った洗浄料をコットンなどで優しくオフします。蒸しタオルを1分ほど顔にのせたら、仕上げにタオルを滑らせるようにして残った洗浄料を拭き取ると完了。蒸しタオルを使うことで、拭き取りだけでは除去しきれなかった毛穴汚れを浮かせることができて、すっきりと汚れを落とせます。

クレンジングクリームを使うときの注意点

クレンジングを行う際の前提として注意すべきポイントを解説します。

清潔な手でメイクを落とす

ばい菌が付着している手でクレンジングするのはNGです。手には多くの汚れがついており、そのまま肌を触ると肌荒れの原因につながってしまいます。またスパチュラを使うタイプや拭き取りシートを使う場合も、手のばい菌がツールなどに移り不衛生な状態に。

クレンジング料に手のばい菌を落とせる成分は入っていないため、クレンジング前に必ず手を洗って清潔にしましょう。

手でゴシゴシこすらない

顔の肌は薄く敏感なため、汚れを落とそうとするあまりゴシゴシこするように洗うと、肌荒れや色素沈着を招く恐れがあります。クレンジングする際は手のひらを顔で滑らせるようにして洗うのがおすすめです。

肌が乾燥していたり敏感になっているときは、特に優しく丁寧にクレンジングするよう意識してくださいね。

濃いアイメイクを落とすときは専用のリムーバーを使う

クリームタイプのクレンジングは肌のうるおいを逃さず優しく洗えることがメリットです。ただそのぶん洗浄力は強くないため、ティントやウォータープルーフタイプのメイクアイテムを使っている場合は、専用のリムーバーを使いましょう。

特にリップや目元のメイクはにじみにくくするために、落ちにくい処方になっていることが多いです。クレンジング料だけで無理に落とそうとせず、メイクに応じたケアを行うことが大切ですよ。

クレンジングクリーム のおすすめ人気比較ランキング

第10位

コスメデコルテ (COSME DECORTE) AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム 4971710370287

9,899円(税込)

保湿成分をたっぷり配合して洗い上がりはしっとり

肌の水分を保持して柔らかい状態を保つ、エモリエント効果のある保湿成分を贅沢に配合。さくらんぼ大の量を手にとって肌へ優しく馴染ませると、メイクはもちろん時間が経って酸化した皮脂汚れまで穏やかにオフできます。

洗い流した後の肌はなめらかで明るい印象に。肌へ優しい天然香料を使用しているため、心地よい香りに包まれてスキンケアしながらリラックスできますよ。リッチな使い心地を実感できるクレンジングクリームをお探しの方におすすめです。

第9位

LULULUN (ルルルン) クレンジングバーム cleansing_balm_2

2,200円(税込)

肌にのせるとじゅわっと溶けてメイクを浮かせる!

フェイスパックで有名なルルルンてすが、クレンジングも複数タイプを展開しており、メイク落ちがいいと人気のアイテム。特にこちらは付属するスパチュラでバームをとって肌に馴染ませると、体温でとろけるのが特徴です。

軽くクルクルするだけでメイクが浮くので、肌へ優しい使用感。また美容液成分も配合しており、肌に必要なうるおいはしっかりキープします。洗い流した後はしっとりすべすべの肌感で、スキンケアアイテムの浸透もアップしますよ。

第8位

なめらか本舗 しっとりクレンジング洗顔

543円(税込)

もったりとした泡がメイクと汚れを包んでオフ

プチプラかつ高品質なスキンケアアイテムで人気がある豆乳イソフラボンシリーズ。もっちり濃密な泡が肌を包んで、汚れを吸着・除去します。しっとりとした使用感で、肌のうるおいをサポートする4種類の保湿成分をたっぷり配合しているのも嬉しいポイント。

W洗顔不要で肌への刺激が少ないのも魅力的です。また量を調整すれば洗顔料として使うことができ、コスパもいいですよ。リーズナブルかつ心地よい使い心地が好みの方におすすめします。

第7位

POND'S (ポンズ) クリアフェイス クリームクレンジング 4902111727363

827円(税込)

一つで3役をこなして時短ケアにも◎

POND’Sのクレンジングクリームは、メイクを落としながら同時にリフトアップ効果が期待でき、さらにスキンケアもできる優れもの。肌に馴染ませていき、指がふっと軽くなるように感じたときが洗い流しのサインです。指の感覚で分かるため洗いすぎを防げますよ。

保湿成分である4種類の韓植物エキスを配合しており、しっとりした洗い上がりを実現します。こちらのクリアフェイスタイプは肌の古い角質をオフする機能に優れており、ゴワついた肌の方におすすめ。くすんだ肌も透明感に満ちたうるっと肌に生まれ変わります。

第6位

ink. クレンジングバーム ink-06

1,200円(税込)

メイクをじんわり浮かして落とす!まっさらな素肌に

コスパと使い勝手のよさで人気を得ているinkのクレンジングは、とろけるような質感でメイクをするっとオフ。洗い流した後の肌はつっぱったりべたついたりせず、スキンケアの土台を整えます。

また成分にもこだわりがあり、着色料やアルコール・香料など7つの無添加処方で肌を労わる仕様に。優しい使用感ながらも汚れはしっかり落とせるため、マツエクをしていても使えて便利です。リーズナブルながら、高機能さを備えているクレンジング料をお探しの方におすすめします。

第5位

BANILA CO バニラコ クリーン イット ゼロ クレンジング バーム 8809560222851

2,230円(税込)

肌のうるおいを守って洗える韓国コスメ

馴染ませるとクレンジング料がとろけだしてメイクを浮かせるこちらの商品は、韓国コスメのなかでも特に人気のクレンジング料です。手に届く価格帯ながら、オールインワンクレンジングでW洗顔不要かつ、濃いメイクもするんと落ちる高い洗浄力が魅力です。

配合成分の植物エキスが肌のバリア機能を整える働きをするため、メイクや汚れはしっかりオフしつつ、同時に肌ケアも可能。肌の状態に応じて最適なタイプを選べるのも人気の秘密です。濃いめのメイクをよくする方や、時短クレンジングをしたい方におすすめします。

第4位

cocone クレンジングバーム

5,480円(税込)

毛穴ケアができる多機能クレンジングバーム

coconeから紹介するのは毛穴の黒ずみケアに特化したクレンジング料です。特殊技術により作られたオイルを肌にのせるとトロトロした質感に。メイクと馴染んで毛穴奥の汚れまですっきりオフします。

これ一つでクレンジング・洗顔・角質ケアなどを行える多機能さも魅力です。25種類ものエイジングケア成分を処方しており、さらに85%以上の天然成分で作られているため、肌に優しい使い心地。機能性が高く上質なクレンジング料をお探しの方へおすすめです。

第3位

CLAYGE (クレージュ) クレンジングバームモイスト

1,762円(税込)

天然クレイ配合で汚れやくすみをすっきりオフ

ミネラルが豊富な天然クレイは吸着力に優れ、メイクはもちろん毛穴の黒ずみや肌のくすみを落とします。機能が異なる2種類のクレイを配合することにより、強力な汚れ除去力を実現。肌のうるおいを守るためにシアバターをはじめとした複数種類の保湿成分を配合し、洗い流した後の肌をしっとりと保ちます。

さらにW洗顔不要なのも高ポイント。使い続けると肌のターンオーバーを正常化させ、刺激や乾燥に負けない強い肌を育みます。肌力を上げたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

第2位

POND'S (ポンズ) エイジビューティー クリームクレンジング 4902111726892

827円(税込)

メイクを落としながらふっくら肌へ導く

先に紹介したPOND’Sと同じシリーズで、エイジングケアに特化したのがエイジビューティータイプ。基本的な使い方や特徴はシリーズ内で同じですが、こちらは肌の弾力やハリを求める方におすすめです。

肌にハリをもたらす成分を配合しているため、乾燥による小じわを目立たなくしたりリフトアップ効果も期待できます。一般的にエイジングケア処方の商品は高価な傾向にありますが、こちらは1000円以下で手に入るため、試しに使ってみてはいかがでしょうか?

第1位

DUO ザ クレンジングバーム 4571275220814

3,960円(税込)

贅沢成分配合で多機能!時短ケアにも使えるクレンジングバーム

ベストセラーを誇るDUOのクレンジングバームは、メイク落ち・使い心地・機能性とクレンジングに欲しい機能をすべて備えた優秀な商品。独自技術である毛穴クリアカプセルの働きにより、メイクから毛穴汚れまで丸ごとオフします。さらに肌へハリやツヤ・透明感などをもたらす美容成分を、31種類も配合しており贅沢な使い心地です。

一つでクレンジングはもちろん、洗顔・角質ケア・マッサージなどの役割を果たし多機能性も魅力的。プラスアルファな機能性を求める方におすすめの商品です。

クレンジングクリーム のおすすめ比較一覧表

商品画像
DUO ザ クレンジングバーム B00CHYMG8G 1枚目
POND'S (ポンズ) エイジビューティー クリームクレンジング B006OUXJJE 1枚目
CLAYGE (クレージュ) クレンジングバームモイスト B07XMG5WGH 1枚目
cocone クレンジングバーム B07ZGLGMWJ 1枚目
BANILA CO バニラコ クリーン イット ゼロ クレンジング バーム B07BSVJ4H8 1枚目
ink. クレンジングバーム B07B2PZZWX 1枚目
POND'S (ポンズ) クリアフェイス クリームクレンジング B006OUXNK4 1枚目
なめらか本舗 しっとりクレンジング洗顔 B00RWMG1AC 1枚目
LULULUN (ルルルン) クレンジングバーム B07HPF9Z2N 1枚目
コスメデコルテ (COSME DECORTE) AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム B07YXYMFTJ 1枚目
商品名 DUO ザ クレンジングバーム POND'S (ポンズ) エイジビューティー クリームクレンジング CLAYGE (クレージュ) クレンジングバームモイスト cocone クレンジングバーム BANILA CO バニラコ クリーン イット ゼロ クレンジング バーム ink. クレンジングバーム POND'S (ポンズ) クリアフェイス クリームクレンジング なめらか本舗 しっとりクレンジング洗顔 LULULUN (ルルルン) クレンジングバーム コスメデコルテ (COSME DECORTE) AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム
型番 4571275220814 4902111726892 8809560222851 ink-06 4902111727363 cleansing_balm_2 4971710370287
特徴 贅沢成分配合で多機能!時短ケアにも使えるクレンジングバーム メイクを落としながらふっくら肌へ導く 天然クレイ配合で汚れやくすみをすっきりオフ 毛穴ケアができる多機能クレンジングバーム 肌のうるおいを守って洗える韓国コスメ メイクをじんわり浮かして落とす!まっさらな素肌に 一つで3役をこなして時短ケアにも◎ もったりとした泡がメイクと汚れを包んでオフ 肌にのせるとじゅわっと溶けてメイクを浮かせる! 保湿成分をたっぷり配合して洗い上がりはしっとり
価格 3,960円(税込) 827円(税込) 1,762円(税込) 5,480円(税込) 2,230円(税込) 1,200円(税込) 827円(税込) 543円(税込) 2,200円(税込) 9,899円(税込)
商品リンク

クレンジングクリームのおすすめまとめ

クレンジングクリーム』に焦点を当てて、選び方のポイントやクレンジング料のタイプなどを解説してきました。スキンケアは与えるアイテムに注目しがちですが、肌の土台を整える落とすケアも重要です。

そのためオールシーズンで同じ商品を使うのではなく、季節や肌の状態に応じて使うクレンジング料を変えると、トラブルが起こりにくい強い肌を育てることができます。ぜひこの機会にクレンジングを見直してみてはいかがでしょうか?

記事をシェアして友達にも教えよう!

クレンジングクリーム
のおすすめ関連記事をもっと見る