ベッドパッドのおすすめ人気比較ランキング8選【最新2019年版】

【最新版】ベッドパッドの人気8アイテムのおすすめ比較ランキング。ベッドパッドの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのベッドパッドをランキング形式でご紹介。
aoba

マットレスとベッドシーツの間に敷く『ベッドパッド』。よく、『ベッドパッドって必要なのか』と思われる方もいますが、敷かないとマットレスに汚れがついてしまうことがあります。基本的にマットレスは洗うことができないので、汚れを守るものが必要不可欠です。しかしながら、ベッドパッドは意外にも種類が多く購入者が迷うことも多いです。

今回はベッドパッドを選ぶときのポイントやお手入れ方法、おすすめのブランドをご紹介します。現在ベッドパッドの購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

そもそもベッドパッドとは

ベッドパッド』とはマットレスの上に敷くもので、マットレスのカバーのようなものです。一般的にマットレスを洗うことは不可能です。そのためマットレスをいつまでも清潔に保ち続けるためには、ベッドパッドが必要です。

ベッドパッドは家庭用洗濯機で洗えるものが多いので、汚れが気になれば洗濯できます。ベッドパッドには汗や汚れを吸収するタイプや寝心地を調整してくれるタイプなどがあります。

ベッドパッドのおすすめポイント

ベッドパッドがなくても、快適に眠れるのでは?』と、考えている人も多いはず。ですが、ベッドパッドの有無によって健康や睡眠の質は左右されるもの。ここではベッドパッドがあることで得られるメリットをご紹介します。

汗・汚れを吸収してくれる

人間は睡眠中、体温を調節するためにおよそ200mlもの汗をかくので、汗に交じって皮脂や垢が寝具に付着してしまいます。汗や汚れがマットレスにしみこんでしまうと不潔ですし、炎症やニキビなど皮膚トラブルに繋がる恐れもあります。ベッドパッドを敷くことでしっかりと寝汗や汚れをマットレスから守ります。ベッドパッドは洗濯機で洗えるものが多いので、汗をかきやすい夏場でも安心して使用できます。健康を維持するためにもマットレスを清潔に保つことが大切なのです。

寝心地を改善

ベッドパッドには使用されている中材によって、寝心地が良くなります。クッション性がアップするので快適な睡眠を迎えられます。ベッドパッドがあることでマットレスの中にあるコイルが当たるような感覚が少なくなり、体への負担がなくなります。マットレスを購入した後に『もっと寝心地がいいマットレスにすればよかった…』と後悔している人は厚みのあるベッドパッドの購入がおすすめ。再びマットレスを購入するよりも経済的で取り付けも楽々です。

おすすめのベッドパッドの選び方

中綿の素材で選ぶ

ベッドパッド選びで重要なのが中身の素材選びです。中身によって吸湿性が高いものやリーズナブルなど大きく違ってきます。あなたがどのようなものを求めているのか照らし合わせて決めましょう。

ウール

ウール素材』は全体的に値段が高めな傾向があります。しかし、寝汗や垢などの汚れを吸収しやすく乾くスピードも速いです。

マットレスに湿気がこもることなく、保温性があるので冬場はあたたかく使用できます。オールシーズン通して使用しやすい面があるので、総合的に評価すると優れているでしょう。

麻素材』は寝汗や垢などの汚れをしっかり吸収します。また発散性が高いので乾きやすいのが嬉しいです。

熱をためないので夏場でもサラッとした使用感が持ち味です。夏場は特に汗をかくし、寝汗や垢からマットレスを守りたい人にはおすすめできる素材。値段は少々高めですが、汗かき体質の人は選びたい素材の一つです。

綿

綿素材』は汗を吸収しやすいですが、ウールほど乾くスピードが速くありません。寝汗を乾かすのが遅いので、定期的に日中干さなければなりません。日中干すことで乾くスピードを早めますが、干すのを忘れると夜にムレ感が気になることもあるでしょう。

またはこまめに洗濯する必要があるので、手間がかかるのが嫌だという人は向いていません。値段はウールよりも安いですが、清潔に保つための手間は必要です。

ポリエステル

ポリエステル』は他の素材と比べて値段がリーズナブルで手軽に購入しやすいです。しかし他の素材と比べて寝汗を吸収するスピードは遅く、寝汗をたっぷりかく人や暑がりの人は基本的に向いていません。

そしてポリエステル素材の中でも質の良いものを選ばないと、へたりが早いので要注意です。

中綿の量で選ぶ

寝心地を中綿の量が左右していることを知っている人は多くありません。ベッドパッドの寝心地は実際に寝てみて確かめるのが良いですが、ネット注文する場合は試しに寝転ぶことはできません。

その際にはぜひ中綿の『』に注目してみてください。『シングルサイズ』だと中綿の量は1㎏を超えていることが目安です。シングルサイズ1㎏以下の場合は寝心地の変化を感じにくいです。

1.3㎏もの中綿が詰め込まれている場合は寝心地が良いと変化を感じられます。もし中綿の量が記載されていない場合はベッドパッド全体の重さから予想できます。ベッドパッド全体の重さから7〜8割が中綿の量と考えましょう。

側生地で選ぶ

ベッドパッドの中身となる中綿だけでなく、実は『側生地』にも注目したいです。寝汗を吸収しやすく乾きやすい中綿を選んでも、側生地がポリエステルなどの場合は汗の吸収を妨げてしまいます。

実は側生地だけが吸湿性の低い『ポリエステル』の場合があるので要注意です。中綿に吸湿性がある『ウール』や『綿』を選んだ場合は側生地を綿100%のものを選びましょう。

ベッドパッドの素材が麻の場合は側生地も麻であることが多いです。中綿がポリエステルの場合は側生地もポリエステルで問題ありません。

おすすめのベットパッドブランドメーカー

ベッドパッドを購入するときにメーカーで選ぶ人も多いでしょう。ここでは特におすすめしたいブランドメーカーをいくつかご紹介します。購入するときはぜひ参考にしてみてください。

ネルコ

ネット注文を専門で行っている国内最大級のメーカー『ネルコ』。ネルコでは厳選された寝具だけを適正価格で販売しています。高品質なウールや植物オイルが配合されたマイクロファイバーの素材など、品質にこだわったベッドパッドを見つけることが可能です。

東京西川

東京西川』は掛布団やマットレスの製造や販売を行う国内メーカーです。東京西川では価格がリーズナブルなものから高価なものまで幅広く商品を取り扱っています。財布と相談しながらベッドパッドを選びたい人におすすめです。

無印良品

飾り気のないシンプルなデザインにこだわった『無印良品』では、リーズナブルなベッドパッドが販売されています。中綿の素材は麻、ウレタン、ウールやポリエステルなど豊富に取り揃えられています。自宅で洗濯できるものが中心なので、定期的に洗濯したい人にはぴったりです。

フランスベット

日本の企業でもある『フランスベット』では、中綿がウールでも洗えるベッドパッドが販売されています。ウール素材のベッドパッド商品が多く取り揃えられていて、寝心地の良さや清潔感を重視していることが分かります。

ベッドパッド のおすすめ人気比較ランキング

第8位

システムK 接触冷感Q-max0.5 冷感敷きパッド ブルー

1,780円(税込)

接触冷感基準値が基準よりもおよそ2倍以上のベッドパッド

ベッドパッドに触れた瞬間からひんやりを実感できる商品。肌に触れた瞬間からひやっとする感触を味わえるので、暑い夏場にぴったりです。

ひんやりと感じられるだけでなく非常に高い熱発散性を保持しているため、寝汗が渇くスピードも速いので快適に眠れます。寝汗をかいた肌でもべたつきにくい接触冷感生地は暑がりの方に最適でしょう。

サイズ シングル、セミダブル、ダブル、キング
材質 表地:ナイロン100% 裏地・中わた:ポリエステル100%
重量 1kg
生産地 中国
カラー ブルー
メーカー システムK
第7位

Merssa ボックスシーツ ベッドカバー CL

2,080円(税込)

綿100%なので肌が弱い人や子供でも使用可能!

肌に優しい綿100%のベッドシーツなので肌が荒れやすい敏感肌の人や小さな子供でも安心して使用可能です。

厚生労働省が定めている基準値を下回り、低アレルゲンの素材を実現しました。肌に触れると柔らかく優しい肌触りは生地が高密度のサテン織のおかげ。まるでシルクのようななめらかな肌触りを感じられます。

水洗いが可能で自宅で丸洗いすることもできるので、清潔を維持したい方にも向いている商品です。

サイズ シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング
材質 綿100%
重量 0.5kg
生産地 -
カラー オレンジ
メーカー Merssa
第6位

MUJUC ボックスシーツ マットレスカバー グレー

1,499円(税込)

吸水性が高く乾きやすい素材で消臭機能があるベッドシーツ

マチ部分が厚さ30㎝なので厚みのあるマットレスにも対応可能。汗を吸収しやすく乾きやすい素材なので、寝ている間に不快感を感じてしまうことが少ないでしょう。

消臭機能が備わっているので汗の嫌な臭いがしみつきにくく、素材はポリエステル100%なのでサラッとした肌触りを実現しています。

低アレルゲン生地を使用しているので敏感肌の方や赤ちゃんにも最適なベッドシーツです。カラーバリエーションも豊富なのでお好みの色を見つけられるでしょう。

サイズ シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング
材質 ポリエステル100%
重量 0.3kg
生産地 -
カラー グレー
メーカー MUJUC
第5位

DACANS ベッドパッド 6030-055

2,448円(税込)

通気性に優れているので汗や臭いが気になる方におすすめのベッドパッド

マイティトップⅡは寝心地が優れているのが特徴的です。加えて抗菌・防臭効果があるので寝汗や体温によって細菌が繁殖してしまうのを防ぎます。防臭効果があるので汗の臭いが気になる方にはうれしいでしょう。

体を健康的に保ちたい方におすすめのベッドパッドです。グレーやグリーンなどカラーバリエーションが豊富なのでお気に入りのカラーを見つけられるでしょう。

サイズ シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング
材質 表地綿100%
重量 1.1kg
生産地 -
カラー アイボリー
メーカー DACANS
第4位

西川 敷きパッド ベッドパッド PM09000540B

1,990円(税込)

タオルのような生地なのにふんわりとサラッとしているベッドパッド

まるでタオルのような肌触りを実現したベッドパッド。肌触りがふんわりと優しいのにタオルのようにサラッとしているのが特徴的です。

寝汗をしっかりと吸収でき、発散してくれるので汗が気になる夏場でも快適に過ごせます。パイル部分は綿100%を使用しているので肌に優しく、化学繊維で肌が荒れてしまう人でも安心して使用できます。

洗濯機での丸洗いができるので、定期的に洗いたい方にもおすすめです。洗濯する際には必ず洗濯ネットを使用しなければならない点には注意が必要です。

サイズ シングル
材質 表地綿100%
重量 0.7kg
生産地 -
カラー ブルー
メーカー 西川(Nishikawa)
第3位

Simmons ベッドパッド LG1001

18,360円(税込)

羊毛100%で丸洗いできるベッドパッド

創業140年という長い歴史を誇るSimmonsでは快適な睡眠を目指すベッドパッドが販売されています。ウール100%の素材を使用していて保温性や弾力性が特徴的です。保温性に優れているので冬場はあたたかみを感じられます。

家庭用洗濯機でも丸洗いできるので、清潔感を保持したい方にもおすすめ。マットレスとのずれを防止するためのゴムも付いているので、こすれる心配はありません。

サイズ シングル
材質 表地綿35%
重量 -
生産地 -
カラー ホワイト
メーカー シモンズ
第2位

ナイスデイ mofua cool ベッドパッド31640102

1,990円(税込)

業界トップクラスの接触冷感

ナイスデイから販売されているmofua coolは夏用のベッドパッドです。肌に触れた瞬間にひんやりサラッとした触感を感じられます。

通気性に優れているのでたくさん汗をかいても大丈夫です。一定時間、同じ体勢で眠って熱がこもったとしても放熱しやすいのでひんやり感を失いません。

低ホルムアルデヒドを実現しているので肌が弱い人や赤ちゃんでも安心して使用可能です。マットレスとのズレを防止してくれるゴムも付いています。

サイズ シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング
材質 表地ナイロン100%
重量 0.7kg
生産地 -
カラー ブルー
メーカー ナイスデイ
第1位

MUJUC ボックスシーツ マットレスカバー

2,380円(税込)

肌触りがやさしいオーガニックコットンのベッドシーツ

素材は100%オーガニックコットンを使用しています。触れたときの肌触りは優しく通気性が良く、汗をかいてもすばやく乾かしてくれるので嫌な不快感を感じさせません。

消臭機能があるので汗や加齢臭が気になる方におすすめです。一切有害な成分を含むことなく製作されたので赤ちゃんや肌の弱い人にも安心して使用できます。全周にズレを防止するゴムがついているので寝相が悪い方でも心配ありません。

サイズ シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング
材質 綿100%
重量 0.5kg
生産地 -
カラー グリーン
メーカー MUJUC

ベッドパッド のおすすめ比較一覧表

商品画像
MUJUC ボックスシーツ マットレスカバー B07P73296K 1枚目
ナイスデイ mofua cool ベッドパッド31640102 B07PHCPHK4 1枚目
Simmons ベッドパッド LG1001 B00ALPB9A4 1枚目
西川 敷きパッド  ベッドパッド PM09000540B B07N8YQNXY 1枚目
DACANS ベッドパッド 6030-055 B07MC85FWL 1枚目
MUJUC ボックスシーツ マットレスカバー グレー B07JPJJTLL 1枚目
Merssa ボックスシーツ  ベッドカバー CL B07VPZB582 1枚目
システムK 接触冷感Q-max0.5 冷感敷きパッド ブルー  B078W13P1V 1枚目
商品名 MUJUC ボックスシーツ マットレスカバー ナイスデイ mofua cool ベッドパッド31640102 Simmons ベッドパッド LG1001 西川 敷きパッド ベッドパッド PM09000540B DACANS ベッドパッド 6030-055 MUJUC ボックスシーツ マットレスカバー グレー Merssa ボックスシーツ ベッドカバー CL システムK 接触冷感Q-max0.5 冷感敷きパッド ブルー
特徴 肌触りがやさしいオーガニックコットンのベッドシーツ 業界トップクラスの接触冷感 羊毛100%で丸洗いできるベッドパッド タオルのような生地なのにふんわりとサラッとしているベッドパッド 通気性に優れているので汗や臭いが気になる方におすすめのベッドパッド 吸水性が高く乾きやすい素材で消臭機能があるベッドシーツ 綿100%なので肌が弱い人や子供でも使用可能! 接触冷感基準値が基準よりもおよそ2倍以上のベッドパッド
価格 2,380円(税込) 1,990円(税込) 18,360円(税込) 1,990円(税込) 2,448円(税込) 1,499円(税込) 2,080円(税込) 1,780円(税込)
サイズ シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング シングル シングル シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング シングル、セミダブル、ダブル、キング
材質 綿100% 表地ナイロン100% 表地綿35% 表地綿100% 表地綿100% ポリエステル100% 綿100% 表地:ナイロン100% 裏地・中わた:ポリエステル100%
重量 0.5kg 0.7kg - 0.7kg 1.1kg 0.3kg 0.5kg 1kg
生産地 - - - - - - - 中国
カラー グリーン ブルー ホワイト ブルー アイボリー グレー オレンジ ブルー
メーカー MUJUC ナイスデイ シモンズ 西川(Nishikawa) DACANS MUJUC Merssa システムK
商品リンク

ベットパッドによくある質問

ここではベッドパッドを購入するときに多くの人が気になることを集めました。

ベッドパッドと敷きパッドの違いとは?

ベッドパッドは中綿がしっかりと詰められているもので、寝心地を調整するつくりになっています。中綿が詰められていることから敷きパッドに比べると厚みがあり、マットレスのコイルが当たるような感覚も軽減されます。

一方で敷きパッドはベッドパッドに比べて薄いのが特徴です。表面には肌に触れるとひんやりする加工やあたたかみを感じる加工がされたものがあります。

厚手のベッドパッドとトッパー、どちらがおすすめ?

厚手のベッドトッパーとトッパーの違いは厚みです。ベッドパッドは中綿が重量1.2㎏以上の場合は一般的に厚手。ですが、ベッドパッドを厚手にするのはマットレスもあるので限界があるものです。

「年月が経ち、マットレスがへたってきて背中に当るような感覚を感じる」と言う場合はトッパーを導入しましょう。その際には厚さ5cm以上のトッパーを導入することです。

ウレタン入りのベッドパッドはおすすめ?

ウレタン入りのベッドパッドの購入はおすすめできません。理由としてはベッドパッドなのに洗うことができませんし、ウレタンが入っていることから重さで干すことが大変だからです。

またトッパーと比較して寝心地が良いわけでもありません。ウレタン入りのベッドパッドを購入しようか検討されている方はトッパーと敷きパッドの購入をおすすめします。

ベッドパッドの上にはシーツを敷くべき?

ベッドパッドの上にシーツを敷くことで、ベッドパッドの性能を十分に発揮することができます。順番を変えてしまうとそれぞれの良さを発揮できないのでやめましょう。ベッドパッドの吸湿性や保温性、発散性を活かすためにも順番はベッドパッド→シーツです。

おすすめのベッドパッドまとめ

今回は『ベッドパッド』の選び方やおすすめのメーカーをご紹介しましたが、いかがでしたか。

種類豊富なベッドパッドですが中綿に使用されている素材によって吸湿性や発散性などの機能が異なります。寝汗をかきやすい人や暑がりな人、洗濯を頻繁に行いたい人などそれぞれの要望に合ったものを選ぶのが望ましいでしょう。

選ぶ際には今回ご紹介したベッドパッドを購入したベッドパッドを選ぶポイントを参考にしてみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ベッドパッド
のおすすめ関連記事をもっと見る