青汁のおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】青汁の人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。青汁の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの青汁をランキング形式でご紹介。
ponkura

高い健康効果をもち、ダイエット効果や安眠効果、便秘の解消などさまざまな効果が期待される『青汁』。

ひと昔前までは苦みが強く飲みにくさを感じる方も多くいましたが、今は飲みやすいよう改良された青汁も数多く発売されています。青汁は毎日飲み続けてこそ効果を発揮するので、種類やコスト、飲みやすさをよく吟味して購入するのが大切です。

そこで今回は『青汁』の選び方を詳しく解説していきます。おすすめの青汁もランキング形式で紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

青汁のおすすめの選び方

青汁 おすすめ 選び方

目的や効果で原料を選ぶ

ケール

栄養価が高いことから『野菜の王様』と呼ばれている『ケール』。食物繊維やアミノ酸、ビタミンEやビタミンCがたっぷり含まれています。ケールの栄養素で特に注目して欲しいのはメラトニンです。

安眠効果・抗がん作用・認知症にも効果が期待できると言われており、シニア層に向いています。ただしケール自体は苦みや青臭さがあり、飲みやすさには期待しないでください。飲みにくい場合は、フルーツジュースと割るなど工夫が必要です。

大麦若葉

カルシウム・鉄分・亜鉛など日々の生活に欠かせない栄養素が含まれている『大麦若葉』。数ある栄養素の中でも最近注目されているGABAは、リラックス効果があるとされており、ストレスを解消したい方に適しています。

また生活習慣病を予防したい方やダイエットをしている方にも効果的です。ケールよりも苦みや臭みがないことから続けやすいと定評があります。ビタミンが豊富に含まれているため、免疫力を高めたい方にもおすすめです。

明日葉

高血圧や肥満が気になる方にぜひ摂取して欲しい『明日葉』。明日葉には、健康維持に役立つと今注目されているカルコン・クマリン・ルテオインなどフィトケミカルが豊富に含まれています。

特にカルコンは強い抗酸化作用があり、がん予防に役立つとされているので、シニア層にもおすすめです。また花粉症やアレルギー炎症を軽減させる効果も期待できます。少し苦みを感じますが、青臭さは少ないので続けやすいです。明日葉を飲むときは豆乳と混ぜたり、大豆製品と一緒に飲んだりすると効果が高まります。

よもぎ

鉄分や食物繊維が豊富に含まれている『よもぎ』。便秘を解消したい方や血液をサラサラにしたい方、冷え性を解消したい方におすすめです。特にケールや大麦若葉、明日葉に比べて食物繊維が多く含まれているため、便秘解消に悩んでいる方は積極的に取り入れてみてください。

またクロロフィルも豊富に含まれており、アンチエイジングやさまざまな美容効果も期待できます。いつまでも美しくいたいという女性はぜひ、よもぎ入りの青汁を選んでください。

栄養成分の量で選ぶ

どの青汁にも日々の健康維持に役立つ成分が豊富に含まれていますが、メーカーや商品によって栄養成分の量は異なります。期待できる成分の量がどれくらい含まれているかよくチェックすることは青汁を選ぶ上で大切なポイントです。

ダイエット効果を期待するなら食物繊維が多く含まれた青汁がおすすめ。便秘解消にも役立ちます。健康維持や改善をしたいのであれば、鉄分やカルシウムが豊富に含まれた青汁を選びましょう。またアンチエイジングや美容効果を期待するなら、ビタミンを豊富に含んだ青汁が最適です。

種類で選ぶ

フルーツ青汁

青汁を初めて飲む方でも続けやすいとされているのが『フルーツ青汁』。ユーワやヤクルト、アサヒなど大手食品メーカーからも多彩なラインナップで発売されています。青汁特有の苦みや青臭さが抑えられるため、子供でも飲みやすいのがポイントです。ただし粉末や錠剤など他の種類に比べて糖質が多い点には注意しましょう。

糖質の量を明記している青汁は少ないですが、砂糖が含まれていたり、青汁の原料よりもフルーツの名前が前に記載されていたりする青汁は糖質が多いです。糖質制限のダイエットをしている方は特に、パッケージの裏に書かれている成分表をよくチェックしてみてください。

粉末タイプ

手軽さやもち運びの便利さに定評がある『粉末タイプ』。オフィスで昼食の後に飲みたい方や、出張が多い方も重宝します。水にさっと溶かして飲めたり、ヨーグルトや牛乳に混ぜて摂取できたりするところも嬉しいポイントです。

粉末タイプは青汁の中でも多彩なラインナップで発売されているため、自分に合った青汁を選びたい方に適しています。ジュースで割ったり、ヨーグルトに混ぜたりして摂取したい方は溶けやすいものを選びましょう。

錠剤タイプ

青汁特有の苦みや臭みを感じることなく、水でさっと飲める『錠剤タイプ』。粉末タイプよりリーズナブルな価格で購入できるのもポイントです。メーカーによっても違いますが、粉末1本の青汁の効果は錠剤10〜15粒で摂取できます。

錠剤タイプにはドリンクで飲むタイプと噛んで食べるタイプの2種類が発売されているため、自分に適した方を選んでみてください。忙しい日々にさっと栄養補給をしたい方や、青汁の臭みや苦みが苦手な方には特におすすめのタイプです。

栽培方法や安全性で選ぶ

体の健康を気遣っている方は、栽培方法や人工甘味料を使っていないかなどもチェックポイントです。最近では有機栽培や農薬不使用栽培で作られた青汁も数多く発売されています。最も信頼できるのは有機JAS認定を受けた青汁です。

農薬や化学肥料に頼らず、自然の力で栽培された食物にのみ与えられるマークなので安心と信頼があります。亜硝酸塩ナトリウムやアスパルテームなど人工甘味料が含まれた青汁はリスクのある甘味料なので、パッケージ裏の成分表をよく確認してみてください。

飲み続けられるものを選ぶ

飲みやすさで選ぶ

健康によい青汁でも飲みにくければストレスになったり、続けられなかったりするので、効果を最大限に発揮できません。青汁は続けてこそ効果があるので、飲みやすいタイプを選びましょう。青汁独特の苦みや臭みを感じずさっと飲みたい方は錠剤タイプがおすすめです。

また粉末タイプで水に溶けやすい青汁ならヨーグルトや豆乳に混ぜて摂取できます。フルーツ青汁ならフルーツのビタミンも一緒に摂取できる上、甘いタイプが多いので飲みやすさに定評があります。飲み方を工夫したり、自分に合うタイプを選んだりして長く続けられる、飲みやすい青汁を選びましょう。

コストで選ぶ

青汁を続けるにはコストも重要なポイントです。青汁1杯のコストは販売メーカーによって異なりますが、だいたい1杯15〜30円程度。高い青汁だと1杯150円前後になります。有機JAS認定や無添加、無農薬にこだわった青汁だと生産過程でコストがかかるため値段は高めです。

また大量生産できる大手メーカーの青汁は比較的安く、中小企業の青汁は高い傾向にあります。自分に必要な栄養素が含まれているかチェックした上で、無理なく続けられる価格を選びましょう。

青汁のおすすめの効果とは

体調を整える

ビタミンやミネラルが豊富に含まれた青汁なら、日々の健康維持や体調を整えるのに効果的です。生野菜からでも1日に必要なビタミン・ミネラルは不足しがち。特に自炊をせず外食が多い方は、十分な量を摂取できていません。

ビタミン・ミネラルが不足すると体が疲れやすかったり、貧血になりやすかったりします。そのため青汁で不足しがちな栄養素を補給すれば、疲労回復に役立ったり、血液や骨を作る働きを助けてくれたりするので、体調を整えたい方や健康維持をしたい方におすすめです。

抗酸化作用でアンチエイジング

いつまでも若々しくありたいと願う方にも青汁はおすすめです。私たちは普段何気なく生活していても、シワやシミなど肌トラブルや生活習慣病の原因ともなる活性酸素に触れています。

主にケールや明日葉で作られた青汁は、抗酸化作用をもつ成分がたっぷり含まれているため、アンチエイジング効果が期待でき、老化を最小限にとどめたい方にも最適です。抗酸化作用はビタミンA・ビタミンC・ビタミンEに多く含まれているので、アンチエイジングや美容効果を期待するなら、これらのビタミンが多く含まれた青汁を選びましょう。

便秘の解消

食物繊維は第6の栄養素とも言われ、便秘の改善や免疫力アップを手助けしてくれます。特によもぎは食物繊維が豊富に含まれているため、便秘を改善したい方にぴったりです。

便秘の改善を目的とし、生野菜などから水溶性食物繊維や不溶性食物繊維を摂取しようとすると、それなりの量が必要になります。青汁ならさっと水で溶かしたり、錠剤でサプリメントのように摂取できたりするので、手軽です。

青汁が含有しているおすすめの成分

青汁 含有 おすすめ 成分

βカロテン

にんじんに多く含まれている『βカロテン』は、カロテノイドという色素の一種です。体内でビタミンAに変換されるため、プロビタミンAという別名で呼ばれることもあります。βカロテンは抗酸化作用があるため、アンチエイジングや免疫力のアップ、がんの予防に効果的です。

さらに視力の維持に役立ったり、動脈硬化を防いだりと、嬉しい効果があります。βカロテンを多く摂取したい方は、ケールや明日葉で作られた青汁がおすすめです。

食物繊維

第6の栄養素とされ、生活習慣病の予防や便秘に効果的な『食物繊維』。ごぼう・さつまいも・セロリ・アスパラガスなどの野菜や、グレープフルーツやみかん、バナナなどのフルーツに多く含まれています。特に便秘改善には食物繊維が必要不可欠とされていますが、かなりの量を摂取しなければならないため青汁で補うと手軽で続けやすいです。

ケールや大麦若葉で作られた青汁には食物繊維がたっぷり入っています。また脂肪の吸収を抑えたり、糖尿病や高血圧の予防に役立ったりするので、健康維持をしたい方も積極的に取り入れましょう。

ビタミンB・その他のビタミン

ビタミンB』をしっかり摂取しないと疲労回復が遅くなります。さらにストレスが原因の目の充血や口内炎を鎮静したり、肌荒れを改善したりする効果も。ビタミンBやその他ビタミン類は骨や筋肉を作るためには欠かせない栄養素です。

青汁には豊富なビタミンが含まれていますが、特に明日葉に含まれるビタミンは造血ビタミンと呼ばれており、血液を作る役割をもっています。そのため貧血気味の方は明日葉から作られた青汁を摂取するのがおすすめです。

青汁おすすめの飲み方

青汁 おすすめ 飲み方

水や湯で割る

青汁の1番ポピュラーで基本の飲み方は水やお湯で割って飲む方法です。最近では苦みや青臭さがほとんどない青汁も多数発売されていますが、それでも苦手な方は水やお湯で薄めるとさらっと飲めます。

さらにフルーツ青汁や甘味料を使った青汁は、独特の苦みや青臭さを抑えるために多少甘いことも。甘さを抑えたい方にもおすすめの飲み方です。夏は水で割ったり、冬はお湯で割ったりと季節に合わせて飲み方を調節してみてください。

牛乳・ヨーグルト・豆乳で割る

水やお湯で割るのが一般的ですが、毎日飲んでると飽きてしまうため長く続けるには工夫が必要です。牛乳やヨーグルトに混ぜて摂取するとカルシウムや乳酸菌など、青汁では摂取できない栄養素を補えます。

また豆乳に混ぜると大豆イソフラボンや鉄分の摂取が可能です。大豆はお腹が膨れやすいので、ダイエット中は特におすすめ。牛乳・ヨーグルト・豆乳で割ると、味がまろやかになり大豆特有の苦みや青臭さが軽減されるため、飲みやすくなります。

麦茶・緑茶・野菜ジュースで割る

麦茶』や『緑茶』などお茶に青汁を混ぜても飲みやすいです。特によもぎと緑茶の組み合わせは相性抜群。さらに野菜ジュースで割るとビタミン類が豊富に摂取できます。夏バテや食欲がないときは食物繊維やビタミン、ミネラルが不足しがち。

そのため野菜ジュースと一緒に飲むことで栄養素を補えます。さらに野菜ジュースと青汁に氷を入れたり、ミルクや豆乳を入れたりしてスムージーのように飲むのもおすすめです。

シリアルと共に食べる

シリアル』と一緒に食べれば、水で割ったりお湯や野菜ジュースで割ったりする手間も省けます。牛乳とシリアルに紛れて青臭さや苦みも軽減されるのでおすすめです。さらに青汁単体で飲むよりも牛乳のカルシウムやシリアルに含まれる栄養素も一緒に摂取できるので一石二鳥。

朝食によくシリアルを食べる方や、青汁特有の苦みや臭みを軽減させたい方はぜひ試してみてください。

アイスに乗せる

最近は抹茶風味の青汁も発売されており、抹茶アイスの上にかけて青汁を摂取するユニークな方法もあります。牛乳・豆乳・ヨーグルト・シリアルなどに比べて、1番青汁の味を感じにくいためお子様にもおすすめです。

バニラアイスに乗せると、ほんのり青汁の風味を感じる程度。ほうじ茶のアイスに乗せると、お茶の風味と青汁の風味が相性よくマッチします。夏場はシャーベット系のアイスに乗せて、さっぱりした風味で青汁を楽しむのもよいでしょう。

青汁を飲むおすすめのタイミング

青汁 おすすめ タイミング

栄養バランス重視なら朝

朝は何かと忙しいので朝食を食べない方も多いのではないでしょうか。しかし朝食を抜くと頭の働きが悪くなったり、イライラしたりします。時間がない朝でも青汁ならさっと飲めるため、栄養素を簡単に補うことが可能です。

普段朝食を食べる方もプラスαで青汁を摂取すると、健康維持や生活習慣病の予防に役立ちます。青汁特有の苦みや青臭さが気になる場合は、牛乳や豆乳、ヨーグルトなどと混ぜると飲みやすくなりますよ。

ダイエットなら食前

青汁には食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維は、食前に飲むと血糖値の上昇や脂肪の吸収を抑制してくれるため、ダイエットにも効果的です。青汁を食前に飲むとある程度お腹が膨れるため、暴飲暴食を防ぐ効果も。

さらに豆乳と混ぜることによって、より満足感を得ることができます。よもぎが豊富に含まれた青汁なら、食物繊維が豊富です。食物繊維は便秘にも効果があるので、ダイエット中の方はぜひ青汁を摂取してみてください。

習慣化することが大切

青汁に即効性はなく、長く続けることで効果を発揮します。便秘の解消や免疫力のアップ、血行促進などさまざまな効果が期待できる青汁ですが、毎日飲み続けてこそ効果があります。飲み続けられるように飲み方を工夫したり、コスパのよい商品を選んだりとある程度工夫は必要です。

飲み始めた最初は面倒に思うこともありますが、その分期待効果は大きいのでまずは1ヶ月程度飲み続けてみてください。

青汁 のおすすめ人気比較ランキング

第10位

ヤクルトヘルスフーズ カラダ計画 大麦若葉 60袋

2,245円(税込)

食物繊維がたっぷり。特定保健用食品の認定を受けた青汁

大分県産大麦若葉をベースに、食物繊維を配合した青汁。便秘の改善やダイエット効果が期待できます。カルシウムや亜鉛など日々の生活に必要な栄養素を気軽に摂取できるのも魅力です。

さらに大麦若葉には、リラックス効果が期待できるGABAが豊富に含まれているため、ストレスを感じている方にもマッチします。青汁で食物繊維を摂取したい方や、生きる上で必要不可欠な栄養素を手軽に摂取したい方におすすめです。60本入りでコスパもよく長く続けられます。

第9位

日本薬品開発 グリーンマグマ 30包入

2,654円(税込)

農薬不使用&無添加。国産大麦若葉で作られた粉末状の青汁

農薬不使用かつ無添加で体に優しい青汁。スティック状なので、オフィスで昼食後に飲んだり出張先で飲んだりともち運びにも適しています。また生きたまま腸まで届く植物性乳酸菌を配合しているところも魅力です。

さらに低温製法で粉末化しているため、熱に弱い酵素やビタミン類などの成分をしっかり摂取できます。無農薬や無添加の青汁を探している方や、食物繊維が多く含まれた青汁を求めている方には特におすすめです。

第8位

オリヒロ クマ笹青汁 3g 14包

1,411円(税込)

北海道産クマ笹使用。甘みがあり飲みやすい青汁

さつまいもと比較すると29.3倍の食物繊維を摂取できる、北海道産クマ笹を使用した青汁です。アミノ酸やミネラルなどの栄養素をたっぷり含んでいます。青汁特有の苦みや青臭さが少なく、ほんのり甘いため青汁を初めて飲む方にもおすすめです。

さらに水溶性食物繊維の一種である難消化性デキストリンを配合。一般的な青汁と比較すると、より食物繊維を豊富に摂取できます。ダイエット中の方や、便秘の解消をしたい方に最適です。

第7位

HIKARI 82種の野菜酵素 フルーツ青汁 3g×25スティック

801円(税込)

植物性乳酸菌入り。緑黄色野菜も摂取できるフルーツ青汁

大麦若葉をベースに、82種類の野菜酵素をたっぷり配合したフルーツ青汁。植物性乳酸菌が入っていたり、手軽に緑黄色野菜を摂取できる点も魅力です。フルーツ青汁なので、青汁特有の臭みや苦みが少ないため、青汁を初めて飲む方にも適しています。

大麦若葉は食物繊維やカルシウム・亜鉛が豊富に含まれているため、ダイエット効果を期待する方や、不足しがちな栄養素を摂取したい方には特におすすめです。また飲みやすく長く続けられそうな青汁を求めている方にもマッチします。

第6位

ダイショー のみやすい 大麦若葉入り 青汁 3g 28包

1,047円(税込)

大麦若葉・キャベツ・ほうれん草を飲みやすくブレンド。氷水にも溶けやすい微顆粒青汁

大麦若葉をベースにキャベツやほうれん草を加えた、飲みやすい青汁。食物繊維やカルシウム、鉄分などたっぷり補充できます。スティックタイプなのでもち運びも便利です。氷水でも固まらずさっと溶けるため、さまざまな飲み方ができます。

たとえばバナナスムージーにしたり、グラノーラにかけたりすると青汁で摂取できない他の栄養素も補えるのでおすすめです。飲みやすい青汁を探している方や、コスパのよい青汁を求めている方には特にマッチします。

第5位

サントリーウエルネス 極の青汁 30包

4,238円(税込)

煎茶と抹茶をブレンド。国産の大麦若葉と明日葉をベースに作られた青汁

煎茶と抹茶をブレンドした、飽きのこない美味しさにこだわって作られた青汁。大麦若葉と明日葉をぎゅっと濃縮し、ケルセチンとフラクトオリゴ糖を加えることによって、野菜不足を補えます。

抗酸化作用をもつビタミンEを豊富に含んだ屋久島の明日葉を厳選しているため、アンチエイジング効果も。料理に混ぜたり、ヨーグルトや牛乳で割ったりするのもおすすめです。すっきりとした味わいで、甘くない青汁を探している方にもマッチします。

第4位

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉100%粉末 90パック

2,138円(税込)

抹茶風味で飲みやすい。無農薬栽培された国産の大麦若葉100%の青汁

副原料・香料・添加物・防腐剤を含まず無添加にこだわって作られた青汁。栽培してから24時間以内に加工しているため、フレッシュで新鮮な青汁を摂取できます。抹茶風味で飲みやすく、青汁特有の苦みや青臭さを感じません。

抹茶アイスやヨーグルトなどに混ぜて摂取するのもおすすめです。無農薬栽培や無添加で体に優しい青汁を探している方や、飲みやすさにこだわった青汁を探している方には特にマッチします。

第3位

ヤクルトヘルスフーズ 青汁のめぐり 7.5g 30袋入

1,270円(税込)

ヤクルトのオリゴ糖を配合。厳選された素材とヤクルトヘルスフーズ独自の手法で作られた青汁

国産大麦若葉をベースに、ヤクルトのオリゴ糖を配合した青汁です。大麦若葉には食物繊維が豊富に含まれている上、オリゴ糖には腸内環境を整える効果があるため、便秘改善効果が期待できます。ダイエット中の方もにもおすすめです。

さらに吸収力にこだわって作られているのもポイント。体のすみずみまで栄養素を届けてくれます。コスパもよく、無理なく毎日続けられるのも魅力です。便秘に悩んでいる方やコスパのよい青汁を探している方には特にマッチします。

第2位

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% スティックタイプ 3g 44本入

1,102円(税込)

抹茶風味で飲みやすい。水に溶けやすくさまざまなアレンジができる青汁

食物繊維・カルシウム・ビタミンE・鉄など豊富な栄養素を含んだ青汁。抹茶風味で飲みやすく、青汁特有の苦みや臭みを感じません。子供でも飲めるとクチコミ評価も高いです。

水にさっと溶けてダマになりにくいため、ヨーグルトに混ぜたり、豆乳で割ったりとさまざまなアレンジが楽しめるため、飽きずに続けられます。野菜不足を改善したい方や、ダイエット効果が期待できる青汁を探している方には特におすすめです。

第1位

ヤクルトヘルスフーズ 元気な畑 私の青汁 4g 60袋入

1,817円(税込)

無農薬・化学肥料不使用で体に優しい。レタス2倍の食物繊維が含まれた青汁

香料・着色料・保存料を使用せず無添加にこだわって作られた青汁。無農薬かつ化学肥料を一切使用していないところもポイントです。100gあたりのレタス2倍の食物繊維が含まれているため、便秘の改善に役立ったり、脂肪の吸収を抑えたりしてくれます。

さらにβ-カロテンも豊富に含んでいるため、アンチエイジング効果も期待できるのが魅力です。無農薬や無添加にこだわった青汁を求めている方や、食物繊維・β-カロテン・鉄分を豊富に含んだ青汁を探している方には特にマッチします。

青汁 のおすすめ比較一覧表

商品画像
ヤクルトヘルスフーズ	 元気な畑 私の青汁 4g 60袋入	 B004WMB5J2 1枚目
山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% スティックタイプ 3g 44本入	 B000P6XUFG	 1枚目
ヤクルトヘルスフーズ	 青汁のめぐり 7.5g 30袋入	 B000W9F9O6	 1枚目
日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉100%粉末 90パック	 B013DTOH9Y	 1枚目
サントリーウエルネス 極の青汁 30包	 B00B56DHWG	 1枚目
ダイショー	 のみやすい 大麦若葉入り 青汁 3g 28包		 B003Q3KT2C 1枚目
HIKARI	 82種の野菜酵素 フルーツ青汁 3g×25スティック		 B073RZDQMB 1枚目
オリヒロ クマ笹青汁 3g 14包	 B00IJPQVYW 1枚目
日本薬品開発	 グリーンマグマ 30包入	 B000FQUU72 1枚目
ヤクルトヘルスフーズ カラダ計画 大麦若葉 60袋	 B00TO290LA	 1枚目
商品名 ヤクルトヘルスフーズ 元気な畑 私の青汁 4g 60袋入 山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% スティックタイプ 3g 44本入 ヤクルトヘルスフーズ 青汁のめぐり 7.5g 30袋入 日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉100%粉末 90パック サントリーウエルネス 極の青汁 30包 ダイショー のみやすい 大麦若葉入り 青汁 3g 28包 HIKARI 82種の野菜酵素 フルーツ青汁 3g×25スティック オリヒロ クマ笹青汁 3g 14包 日本薬品開発 グリーンマグマ 30包入 ヤクルトヘルスフーズ カラダ計画 大麦若葉 60袋
特徴 無農薬・化学肥料不使用で体に優しい。レタス2倍の食物繊維が含まれた青汁 抹茶風味で飲みやすい。水に溶けやすくさまざまなアレンジができる青汁 ヤクルトのオリゴ糖を配合。厳選された素材とヤクルトヘルスフーズ独自の手法で作られた青汁 抹茶風味で飲みやすい。無農薬栽培された国産の大麦若葉100%の青汁 煎茶と抹茶をブレンド。国産の大麦若葉と明日葉をベースに作られた青汁 大麦若葉・キャベツ・ほうれん草を飲みやすくブレンド。氷水にも溶けやすい微顆粒青汁 植物性乳酸菌入り。緑黄色野菜も摂取できるフルーツ青汁 北海道産クマ笹使用。甘みがあり飲みやすい青汁 農薬不使用&無添加。国産大麦若葉で作られた粉末状の青汁 食物繊維がたっぷり。特定保健用食品の認定を受けた青汁
価格 1,817円(税込) 1,102円(税込) 1,270円(税込) 2,138円(税込) 4,238円(税込) 1,047円(税込) 801円(税込) 1,411円(税込) 2,654円(税込) 2,245円(税込)
商品リンク

青汁おすすめのまとめ

青汁』は健康維持やダイエット効果、生活習慣病の予防などさまざまな効果が期待できます。ひと昔前に比べて飲みやすくなっているのも嬉しいポイントです。

青汁に含まれる成分はメーカーや商品によって異なるため、どんな効果を期待するかをよく考え選びましょう。飲みやすさや手軽さを重視するなら、フルーツ青汁や錠剤タイプもおすすめです。青汁選びに迷ったら今回の記事を参考に、自分に最適な青汁を選んでみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

青汁
のおすすめ関連記事をもっと見る