ソイプロテインのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】ソイプロテインの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。ソイプロテインの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのソイプロテインをランキング形式でご紹介。
-TAKA-

筋肉づくりやダイエットにも効果が高いとされている『ソイプロテイン』。日本だけでなく海外からも多くの商品が販売されています。あまりにも多くの商品が展開されているので、どれを選ぶのが良いのか分からない方も多いはず。

そこで今回は『ソイプロテイン』とはどういったものでどんな特徴があるのかを紹介していきます。併せておすすめランキングも掲載しますので、肉体改造やダイエットを計画中の方はぜひ参考にしてください。

ソイプロテインとは

ソイプロテイン おすすめ 概要

ソイプロテインは大豆を原料とした植物由来のプロテインです。ソイプロテインは消化・吸収スピードが比較的緩やかという特徴があります。なので腹持ちがよくなるというメリットも。

ソイプロテインは植物性のタンパク質なので、動物性タンパク質よりもカロリーが低くなっています。体に良い効果をもたらしてくれるイソフラボンも多く含んでおり、ダイエットや健康を考えている方に好まれているプロテインです。

ソイプロテインのメリット・デメリット

ソイプロテイン おすすめ メリット・デメリット

ソイプロテインのメリット

満腹感が持続しやすい

ソイプロテインは、満腹感が長続きしやすいという特徴があります。他のプロテインに比べてカロリーが控えめで、間食を減らすことができるのがメリットです。

美容に良い

ソイプロテインは大豆を主原料としており、イソフラボンが含まれているのが特徴です。イソフラボンには肌の張りや血流、骨の強化など体に良い効果をもたらしてくれます。イソフラボンがメインではありませんが、普段摂取しない方なら美容効果を実感できるでしょう。

アミノ酸が豊富

ソイプロテインは消化・吸収スピードが緩やかなため、血中のアミノ酸濃度を一定に保ちやすい効果があります。アミノ酸の供給が持続すると筋肉がつきやすくなるので、筋肉づくりにもピッタリです。

筋肥大効果がある

筋肥大に期待するならホエイプロテインのほうが効果的ですが、ソイプロテインに効果がないわけではありません。実際に有名ボディビルダーの中には、ソイプロテインで体を仕上げたという人もいます。ソイプロテインには即効性はありませんが、バランスよく食事やトレーニングをすれば筋肥大効果を実感できるでしょう。

お腹を下しにくい

プロテインを摂取するとお腹を下してしまう人もいます。ソイプロテインは植物性のタンパク質なので、動物性タンパク質よりもお腹を下す可能性が減ります。お腹が弱い方はソイプロテインの使用がおすすめです。

ソイプロテインのデメリット

水に溶けにくい

ソイプロテインは水に溶けにくいのがデメリットです。しっかりと溶かしきらないと粉っぽくなってしまい、飲みにくくなります。初めにぬるま湯で溶かす、シェイカーを使うなど工夫しながら作るのがおすすめです。

消化と吸収に時間がかかる

ソイプロテインは消化・吸収に時間がかかるのが特徴です。体調不良の時などに摂取すると負担になってしまうこともあります。なので体調の良い時に摂取するようにしてください。

味の好みがわかれる

プロテインを摂取するうえで重要な味。ソイプロテインには独特の風味・苦みがあり、苦手という人も少なからずいます。特にプレーンタイプはカロリーが控えめですが、飲みにくく継続しにくいという声も。味付きのソイプロテインも候補に入れてみましょう。

ソイプロテインを飲むおすすめのタイミング

ソイプロテイン おすすめ 飲むタイミング

ソイプロテインは吸収がゆっくりなので、寝る前の摂取が効果的です。寝る前に摂取すれば寝ている間にタンパク質を枯渇させることなく、筋肉の修復をサポートしてくれます。また腹持ちの良さという特徴を利用して、朝起きてすぐや間食の置き換えも効果的な摂取方法です。

ソイプロテインのおすすめの選び方

ソイプロテイン おすすめ 選び方

タンパク質の質含有量で選ぶ

ソイプロテインを購入するうえで一番重要なポイントがタンパク質の含有量です。筋肥大やダイエット、栄養補給のどれを目的としていてもタンパク質含有量が重要になってきます。

目安となる含有量は80%以上が理想です。タンパク質が多く配合されていると、その分余計な脂質やカロリーも少なくなります。商品によってタンパク質の含有量はさまざまなので、多く含まれているものを選ぶようにしましょう。

タンパク質以外の有効成分で選ぶ

脂質

ダイエット目的なら『脂質』が低いものがおすすめですが、継続できなければ意味がありません。摂取しすぎは良くありませんが1杯あたり1.5g程度なら太る原因にもなりにくいので、これを目安に選んでみましょう。

炭水化物

筋肉をつけるのに必須な『炭水化物』。ダイエット目的でソイプロテインを摂ろうと考えている時は炭水化物少なめなものを選ぶのがおすすめです。食事で炭水化物をしっかりとっている人は太ることもあるので注意が必要。

ソイプロテインを飲んでいるのに筋肉がつかないという人は、炭水化物が少ないということが考えられます。購入する際は体重1kgあたり1~1.2g程度を目安に選びましょう。

BCAA

タンパク質の吸収や筋肉をつけやすくしてくれる成分の『BCAA』。筋肉づくりや疲労回復を重視している方に重要な栄養素です。1杯あたりどれくらい含まれているかをチェックしておきましょう。

グルタミン

タンパク質の吸収や筋肉をつきやすくしてくれる成分の『グルタミン』。グルタミンには、筋肉の分解を抑える効果もあるといわれています。効率よく筋肉をつけたい方には必須の成分なので、しっかりとチェックしておきましょう。

アミノ酸スコア

アミノ酸スコア』とは、必須アミノ酸の含有量を評価したもののことを指します。必須アミノ酸は体内で合成できないアミノ酸8~9種類のことです。100に近いほど良質なタンパク質を含有しているということになります。

良質なたんぱく質を摂取していきたいときは、このアミノ酸スコアにも注目してみましょう。

目的に合わせて選ぶ

筋肉増量を重視

筋肉増量に適したプロテインは他にもありますが、ソイプロテインでも筋肉をつけることができます。ソイプロテインはゆっくり消化・吸収されていくので、摂取するタイミングが重要です。

ソイプロテインを摂取しているのに筋肉のつきが悪いという人は、食事を見直してみるのがおすすめ。炭水化物をあまり摂取していないと筋肉増量が見込めないため、意識して摂るか多めに配合されたプロテインを選びましょう。

ダイエット

ソイプロテインはダイエット効果にも優れています。大豆から作られているプロテインなので、食物繊維が豊富で毎日のお通じにも効果的。腹持ちが良く満腹感が持続しやすいという特徴もあるため、間食が少なくなります。

動物性タンパク質のプロテインに比べてカロリーも控えめなので、ダイエット目的にプロテインを導入するならソイプロテインがおすすめです。

皮膚や骨を強くする

ソイプロテインには人の皮膚や骨を強化してくれるイソフラボンが含まれています。イソフラボンは大豆の0.2~0.3%しか含まれておらず、大豆製品を意識して食べないと摂取しずらい栄養素です。

ソイプロテインはイソフラボンに特化した物ではありませんが、少量ながら摂取することはできます。普段大豆製品をあまり摂らない人も、イソフラボンを体内に取り入れられるので、ぜひチェックしてみてください。

味・飲みやすさで選ぶ

ソイプロテインを継続して摂取するなら味が重要になってきます。登場当初に比べて改良が進み飲みやすくなりましたが、粉っぽい、おいしくないなど商品によって評価はさまざまです。

ソイプロテインは毎日継続して摂取することで効果を発揮するものなので、味が口に合わないのは問題です。購入する前に商品の口コミを参考にしましょう。参考にした後は少量タイプのものを購入し、自分に合うか試してから大量購入に進むのがおすすめです。

ソイプロテインの形状で選ぶ

プロテインというとパウダーを水などに溶かして飲むのが一般的です。しかし携帯しやすいバーやタブレット、ドリンクタイプのものも増えてきました。

この中で摂取しやすいものはタブレットタイプです。タブレットタイプなら飲み物さえあれば、どこでも気軽に摂取できるので毎日でも続けやすいのが魅力。クセが強いといわれているパウダーを溶かしたものに比べて、味も気にならないためおすすめです。

コストパフォーマンスで選ぶ

毎日継続するとなると気になってくるのが費用です。ソイプロテインにはパウダーやタブレット、ドリンクタイプなどさまざまな商品があります。この中で最もコスパが良いのはパウダータイプです。

タブレットは飲みやすさは格段に良いですが、内容量と摂取量のバランスが見合っていません。同じ量のタンパク質を摂取しようとすると高額になるので、コスパを重視している方はパウダータイプを選ぶのがおすすめです。

ソイプロテインのおすすめメーカー

ソイプロテイン おすすめ メーカー

明治

スポーツ栄養学に基づいて開発を進められてきたプロテイン・SAVASで有名な『明治』。30年以上の実績や活躍するアスリート意見などが活かされたプロテインを開発・販売しています。明治からはパウダータイプとドリンクタイプが展開中です。

Kentai

日本で初めてスポーツ用プロテインを発売した『Kentai』。その後も研究・開発を進め、スポーツサプリメントのパイオニアとして数多くの商品を販売してきました。Kentaiのプロテインはタンパク質含有量が多く、余分な成分を可能な限り排除しています。筋肉増量やダイエットなど、どの目的でも使いやすいメーカーです。

アルプロン

プロテインを中心としたサプリメントの製造・販売を行っている『アルプロン』。アルプロンが製造するソイプロテインは、砂糖や保存料、増粘剤を一切使用していないのが特徴です。またアミノ酸スコアも最高得点の100をマークしているので、良質なタンパク質を摂取したいときに利用したいメーカーです。

ソイプロテイン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

ウェリナ ソイプロテイン 黒蜜きなこ味 500g

4,050円(税込)

プロテインとは思えないおいしさ!溶けやすさも良好

ウェリナのソイプロテインはタンパク質以外の成分も、植物由来原料のみを使って作られています。さらにビタミンEやB1、葉酸、カリウムなどたくさんの栄養素も含まれているので、健康的な効果を得るのにぴったりです。

ソイプロテインというと溶けにくさや飲みにくさがデメリットとして挙げられますが、黒蜜きなこ味はどちらも良い評価が多く寄せられています。ただ少し甘みが強いため、甘いものが苦手な人には向かないかもしれません。

第9位

アサヒグループ食品 ディアナチュラ ソイプロテイン ソイミルク味 360g

1,699円(税込)

タンパク質を含む23種類の栄養素が1つで摂れるソイプロテイン

アサヒグループ食品から販売されているディアナチュラ ソイプロテインは、23種類もの栄養素をまとめて摂取できるプロテインです。厳選した原材料を使用し、無着色・保存料無添加にこだわって作っており、品質に信頼が持てます。

ソイミルク味はその名の通り豆乳のような味わいで、「クセが少なく飲みやすい」と評判です。作る際はシェーカーを使うと溶け残りが少なくなります。タンパク質以外の栄養素も摂取したい方は候補に入れてみましょう。

第8位

Kentai 100%SOYパワープロテインタブ 900粒

3,480円(税込)

携帯にも便利なタブレットタイプ!11種類のビタミンも摂取できる

Kentaiの100%SOYパワープロテインタブはタブレットタイプのソイプロテインです。プロテインは作るのが面倒くさいと感じてしまいますが、タブレットタイプなので水さえあればサッと飲めるのが魅力。

タンパク質含有量は75%と少し低い値です。しかし9種の必須アミノ酸に加え11種類のビタミン、ミネラルも配合されており、サプリメントのような使い方もできます。人工甘味料や香料、着色料などは一切使用していないので、材料が気になる人でも安心です。

第7位

明治 ザバス(SAVAS) シェイプ&ビューティ ソイプロテイン+コラーゲン ミルクティー風味 【50食分】700g

3,180円(税込)

美容に良いとされるフィッシュコラーゲンを配合!ミルクティー風味で女性も飲みやすい

明治のザバス シェイプ&ビューティは女性にうれしい成分が配合されたソイプロテインです。タンパク質含有量は54.5%とかなり低い値で、筋肉増量よりも健康維持を目的とする人におすすめ。

ソイプロテインは美容効果に期待できるもので、この商品はさらにフィッシュコラーゲンを配合することでその効果を高めています。水で溶かすと飲みにくいという方は、牛乳で割ると飲みやすくなるので試してみてください。

第6位

明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】1,050g

3,780円(税込)

減量したいときにピッタリ!不足しがちな成分を配合したプロテイン

明治のザバス ウェイトダウンはダイエットを目的としている時に摂取したいプロテインです。このプロテインはダイエットやトレーニング時に不足しがちな栄養素を含んでいるので、負担をかけることなく体を動かせます。

これを飲んだら痩せられるというわけではありませんが、実際に使用した方からは「痩せられた」という口コミが目立っていました。味はソイプロテインの割にはおいしく飲めると好評です。毎日続けられる物をお探しの方は候補に入れてみてください。

第5位

バルクスポーツ プロテイン ソイプロ 2kg

6,125円(税込)

タンパク質含有量90%!筋肉増量時におすすめ

バルクスポーツのソイプロはタンパク質含有量が90%と高水準をマークしているプロテインです。トレーニング時には欠かせない成分であるアルギニンやグルタミンを、ホエイプロテインよりも多く含んでいます。

非遺伝子組み換えの大豆を使用し香料、甘味料、増量剤を一切使用していないので、原材料が気になる方でも安心。ノンフレーバータイプは味のクセが強いため、水以外で割るとおいしく飲めるようになります。

第4位

ボディウィング 大豆プロテイン 1kg 無添加

2,100円(税込)

大豆臭が抑えられ水に溶けやすい!砂糖や甘味料も不使用のプロテイン

ボディウィングの大豆プロテインはタンパク質含有量80%以上のプロテインです。砂糖や人工甘味料などの糖類を一切使用していないので、低カロリーなのが特徴。また保存料や着色料、香料も使用していません。

溶けにくいと言われるソイプロテインの中で、この商品は比較的溶けやすく飲みやすいと高評価が寄せられています。余計な味が全くないので、自分好みにアレンジして好みの味を探してみるのもおすすめです。

第3位

明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】1,050g

3,885円(税込)

アスリートが不足しがちなビタミンB群7種+Cを配合下プロテイン

明治のザバス ソイプロテイン100はタンパク質含有量75%のプロテインです。体づくりや体調維持に欠かせないビタミンB群7種類に加え、ビタミンCの不足分を補えるように設計されています。

水に溶けやすいためシェーカーを利用しなくても楽に作れるのが魅力です。甘みも感じられるので飲みやすく、間食の置き換えにもなります。ココア味がお好きな方なら候補に入れたいプロテインです。

第2位

Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ 1.2kg

3,780円(税込)

タンパク質の吸収をサポートするビタミンやミネラルを配合!余分なものを排除し品質も高い

Kentaiのパワープロテイン プロフェッショナルタイプはタンパク質含有量87.1%のプロテインです。重要な栄養素であるビタミンやミネラルも配合されており、効率よくタンパク質が吸収されます。

糖類ゼロ、香料不使用のため、余計なものが一切入っていないのも魅力です。プレーンタイプの割に味も悪くなく水にも溶けやすいので、摂取しやすいプロテインをお探しの方におすすめ。

第1位

明治 ザバス ウェイトダウン チョコレート風味【50食分】1,050

3,286円(税込)

減量時にほしいガルシニアエキス配合!ダイエットも兼ねるなら最適なプロテイン

明治のザバス ウェイトダウン チョコレート風味はタンパク質含有量84.5%のプロテインです。11種のビタミン、3種のミネラルに加え、脂肪抑制や分解促進に効果のあるガルシニアエキスが配合されています。

水に溶けやすく味もおいしいため、「毎日でも続けやすい」と好評です。少し甘みが強いので、甘さが苦手な人には向かないかもしれません。筋肉をつけつつ減量もしたい方におすすめのプロテインです。

ソイプロテイン のおすすめ比較一覧表

商品画像
明治 ザバス ウェイトダウン チョコレート風味【50食分】1,050 B077B918ZT 1枚目
Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ 1.2kg B000BT7G6G 1枚目
明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】1,050g B00IEA4OV4 1枚目
ボディウィング 大豆プロテイン 1kg 無添加 B00BP4T3YE 1枚目
バルクスポーツ プロテイン ソイプロ 2kg B004EI6G8E 1枚目
明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】1,050g B00IEA57F6 1枚目
明治 ザバス(SAVAS) シェイプ&ビューティ ソイプロテイン+コラーゲン ミルクティー風味 【50食分】700g B079YH5DRR 1枚目
Kentai 100%SOYパワープロテインタブ 900粒 B071JDW87C 1枚目
アサヒグループ食品 ディアナチュラ ソイプロテイン ソイミルク味 360g B07B35S1Z6 1枚目
ウェリナ ソイプロテイン 黒蜜きなこ味 500g B07656N4QS 1枚目
商品名 明治 ザバス ウェイトダウン チョコレート風味【50食分】1,050 Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ 1.2kg 明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】1,050g ボディウィング 大豆プロテイン 1kg 無添加 バルクスポーツ プロテイン ソイプロ 2kg 明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】1,050g 明治 ザバス(SAVAS) シェイプ&ビューティ ソイプロテイン+コラーゲン ミルクティー風味 【50食分】700g Kentai 100%SOYパワープロテインタブ 900粒 アサヒグループ食品 ディアナチュラ ソイプロテイン ソイミルク味 360g ウェリナ ソイプロテイン 黒蜜きなこ味 500g
特徴 減量時にほしいガルシニアエキス配合!ダイエットも兼ねるなら最適なプロテイン タンパク質の吸収をサポートするビタミンやミネラルを配合!余分なものを排除し品質も高い アスリートが不足しがちなビタミンB群7種+Cを配合下プロテイン 大豆臭が抑えられ水に溶けやすい!砂糖や甘味料も不使用のプロテイン タンパク質含有量90%!筋肉増量時におすすめ 減量したいときにピッタリ!不足しがちな成分を配合したプロテイン 美容に良いとされるフィッシュコラーゲンを配合!ミルクティー風味で女性も飲みやすい 携帯にも便利なタブレットタイプ!11種類のビタミンも摂取できる タンパク質を含む23種類の栄養素が1つで摂れるソイプロテイン プロテインとは思えないおいしさ!溶けやすさも良好
価格 3,286円(税込) 3,780円(税込) 3,885円(税込) 2,100円(税込) 6,125円(税込) 3,780円(税込) 3,180円(税込) 3,480円(税込) 1,699円(税込) 4,050円(税込)
商品リンク

ソイプロテインのおすすめまとめ

ソイプロテイン おすすめ まとめ

今回はソイプロテインの特徴や選び方、おすすめ商品を紹介しました。ソイプロテインは大豆を原料としたプロテインで、イソフラボンの摂取もできるので美容効果にも期待できます。
プロテインにはソイプロテインのほかに、ホエイ、カゼインなどといった複数の種類があります。プロテインという名前を冠していますが、期待できる効果や使い方が異なるのでそれぞれの特徴を覚えておきましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ソイプロテイン
のおすすめ関連記事をもっと見る