MCTオイルのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】MCTオイルの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。MCTオイルの特徴や選び方から価格情報や商品情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのMCTオイルをランキング形式でご紹介。
-TAKA-

年々高まっている日本人の健康志向。原材料の産地や農薬の有無など、さまざまな観点から食材を分析する人も増えてきました。今回はテレビCMなどでも見かけることが多くなった『MCTオイル』について紹介します。

MCTオイルは一般的な食用油とは使い方や期待できる効果が異なります。MCTオイルがどんな商品で、どのような効果に期待できるのかを詳しく解説していきますので、健康に気を遣っている方は参考にしてください。

MCTオイルとは

MCTオイル おすすめ 概要

Medium Chain Triglycerideの頭文字をとって名付けられたMCTオイルとは、中鎖脂肪酸100%のものを指します。中鎖脂肪酸は、ココナッツなどに含まれている天然成分。一般的な食用油に比べると、4~5倍の速さで分解され体内に残りにくいのが特徴です。

家庭に出るイメージの機会が少ないMCTオイルですが、医療や介護の現場では40年以上も前から利用されてきました。認知機能改善にも効果があると言われており、近年注目されています。

MCTオイルのおすすめポイント

MCTオイル おすすめ ポイント

ダイエット効果が期待できる

MCTオイルに含まれている中鎖脂肪酸は、ケトン体と呼ばれる物質を生成するはたらきがあります。ケトン体とは脂肪を燃焼してエネルギーに変換する物質です。脂肪が燃焼しやすくなるので、ダイエットに効果的です。

毎日の食事に取り入れるほか、すぐにエネルギーに変わるという特徴を活かしてジョギングやウォーキングなどの運動前に摂取するのもおすすめ。現在ダイエットをしているという方は積極的に取り入れてみましょう。

便秘改善が期待できる

MCTオイルには水溶性のペクチンという食物繊維が含まれています。ペクチンは糖の吸収を遅らせ、水分の吸収を促進する成分です。ペクチンを摂ると体の中の便を柔らかくして体外へ排出しやすい状態にしてくれるので、便秘改善も期待できます。

ペクチンは野菜や果物でも摂取できますが、苦手な人はMCTオイルで不足分を補うと良いかもしれません。長年便秘で悩まされているなら、MCTオイルの導入を検討してみましょう。

MCTオイルのおすすめの選び方

MCTオイル おすすめ 選び方

MCTオイルの成分で選ぶ

100%ココナッツ由来

MCTオイルのほとんどは、『ココナッツ』と『アブラヤシ』を主原料としています。それぞれ単体のものと混合されたものが販売されていますが、おすすめは100%ココナッツ由来のMCTオイル。ココナッツ100%のほうが熱に強く酸化しにくい性質を持っているので、加熱調理をしてもMCTオイルの栄養を損ないにくいです。

MCTオイルを調理にも使用したい方は100%ココナッツ由来のものを選びましょう。

中鎖脂肪酸100%

MCTオイルを選ぶときには『中鎖脂肪酸』が含まれている割合もチェックしましょう。本来MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のものを指すのですが、コスト削減のために別のオイルを混ぜて販売している商品も少なからずあります。

別のオイルが混ざっているとMCTオイルのメリットを感じにくくなるので、購入する際は『中鎖脂肪酸100%』と記載されているものを選ぶようにしましょう。特に健康やダイエット目的でMCTオイルを導入しようとしている方は要チェックです。

摂取する形状から選ぶ

一般的な形状の液状タイプ

油やオイルと聞くと一番馴染み深いのが『液状タイプ』。一般的な食用油と同様に瓶やプラスチックタイプのものが販売されています。MCTオイルの品質劣化が気になるなら、熱や光を通しにくい濃い色の瓶タイプがおすすめです。

液状タイプは食用油よりも低い温度で煙が出るので、炒め物や揚げ物など高温調理には向きません。料理の仕上げやサラダなどにかけて摂ると良いです。

携帯しやすいサプリタイプ

最も手軽に摂取できるのが『サプリタイプ』のMCTオイル。固形なので携帯しやすく、飲み物さえあれば摂取できるのが魅力です。

ただMCTオイルのサプリタイプは、国内での取り扱いが少ないのが難点です。サプリタイプは海外で多く取り扱っています。個人輸入に抵抗がない方はサプリタイプを候補に入れてみましょう。

飲み物にも使いやすいパウダータイプ

MCTオイルには『パウダータイプ』のものもあります。液状タイプのようにオイル独特の質感などがないので、混ぜるものを選びません。またサプリタイプのように携帯性に優れており、外出する時にも手軽に携帯できるのが魅力です。

MCTオイルを飲み物と一緒に取り入れたい方はパウダータイプがおすすめです。

コストパフォーマンスで選ぶ

MCTオイルを導入するならコストパフォーマンスも重要な要素です。MCTオイルを摂取しても継続できないようではダイエット効果は出にくいです。しかし安すぎるものでは、中鎖脂肪酸の割合が低く、効果が得にくいので注意してください。

また大瓶タイプのものは単価は安く感じられますが、使い切れず廃棄ということも考えられます。価格や品質、内容量のバランスが取れたものを選ぶようにしましょう。

MCTオイルのおすすめメーカー

MCTオイル おすすめ メーカー

日清オイリオ

家庭用食用油国内首位のシェアを持つ『日清オイリオ』。一般的な食用油から体脂肪やコレステロール、血圧が気になる人向けの油、MCTオイル、調味料などさまざまな商品を販売しています。日清オイリオのMCTオイルは液状、パウダー、ゼリータイプのものがあるので、用途に合わせて選べるのが魅力です。

LOHAStyle

糖質制限に特化した商品を開発・販売する『LOHAStyle』。天然の甘味料や食物繊維、雑穀、MCTオイルなど日々の健康からダイエットに至るまでさまざまな商品を販売しています。LOHAStyleのMCTオイルはココナッツとアブラヤシから抽出した中鎖脂肪酸100%のオイルです。国際基準を満たした工場で精製しているので品質に期待が持てます。

Coco

ココナッツのみを原料としたMCTオイルを製造・販売する『Coco』。市場に流通するMCTオイルの多くは化学的に抽出され、添加物が含まれているものがほとんどです。その点、Cocoは化学的工程や添加物を一切使用していないのが特徴。添加物などが気になる方におすすめのメーカーです。

MCTオイルの副作用に注意

MCTオイル おすすめ 副作用

健康的なメリットが多いMCTオイルですが、摂取しすぎは厳禁です。大量に摂取すると腹痛や吐き気といった副作用が出る恐れがあります。

蓄積しにくい中鎖脂肪酸が含まれていますがカロリーが高く、大量摂取には不向きです。早く効果を実感したいからと言って過剰に摂りすぎると身体を壊しかねません。適切な量を摂るように心がけましょう。

MCTオイルにおすすめのレシピ

コーヒーやスムージーなどの飲料

MCTオイルを効率よく摂るにはドリンクに混ぜるのが良いです。ドリンクの中でおすすめなのはコーヒーやスムージー。MCTオイルを入れて混ぜるだけなので、気軽に摂取できます。

スムージーを作るのは手間がかかりますが、その日の気分や旬のものを取り入れることで味変えができ継続しやすくなるというメリットも。ただフルーツを入れすぎると、糖質の過剰摂取になるので気を付けましょう。

スープやサラダなどの主食

MCTオイルは物によって多少の差はありますが、甘みや濃厚さがあるのでサラダのドレッシングとして使用するのも良いでしょう。

野菜スープや味噌汁に入れるのもおすすめです。MCTオイルは基本的に無味無臭なので、味を壊すことなく摂取できるのが魅力です。ただしスープ系に混ぜるときは、火にかけない状態で混ぜるよう注意が必要です。

MCTオイル のおすすめ人気比較ランキング

第10位

functia(ファンクティア) MCTオイル たっぷり250ml (原材料ココナッツ由来100%)

1,198円(税込)

ココナッツ100%で大容量!コスパ抜群なMCTオイル

functiaはタイ原産のMCTオイルです。アブラヤシを使用していない、ココナッツ100%のオイルです。無味無臭で固まりにくいので使いやすさも抜群。

ココナッツ由来100%で250ml入っているにも拘らず、1,198円と圧倒的なコスパの良さ。長くMCTオイルを摂取し続けたい方におすすめです。

第9位

COCOCURE MCTオイル ラウリンブレイン ステイシャープ 中鎖脂肪酸100% LAURIN BRAIN Coconut 100%

1,680円(税込)

ラウリン酸を多く含むココナッツ由来100%のMCTオイル

COCOCUREはココナッツ由来100%、中鎖脂肪酸も100%のMCTオイルを製造・販売しているメーカーです。ラウリン酸を多く含んでおり、中鎖脂肪酸が長く持続するのが特徴。無味無臭のオイルのため、料理やドリンクに混ぜても風味を損なうことなく摂取できます。

料理の食用油として使うのは不向きですが、サラダや飲み物と摂取するのがおすすめです。

第8位

旭薬品工業 Fresh MCT Oil 中鎖脂肪酸油100%  460g

2,160円(税込)

精製度にこだわって作られた旭薬品製のMCTオイル

Fresh MCT Oilはパームヤシ由来のオイルです。無色透明で油っぽさがなく、サラっとしているのが特徴。酸化しにくく、不快な臭いがしにくいので保存にも便利です。

また瓶タイプではなくプラスチック容器を採用しており、使用後の処理も手軽にできます。MCTオイルとしては少し高価ですが、内容量も多くコスパ良しの商品です。

第7位

プレミアムマーケティング MCTオイル(中鎖脂肪酸100%) 250g

1,188円(税込)

マレーシア原産ココナッツ由来100%のMCTオイル

プレミアムMCTオイルは、無色透明・無味無臭なココナッツ由来100%です。料理や飲み物にかけて中鎖脂肪酸を摂取できるので、気軽に使用できます。

大手通販サイトの口コミも高評価が多く、安心して購入できる商品です。どれを選んだら良いか悩んでいる方はまずプレミアムマーケティングのMCTオイルを購入してはいかがでしょうか。

第6位

COCOLAB MCTオイル 中鎖脂肪酸油 純度100% ピュアオイル 450g

2,160円(税込)

2019年モンドセレクション受賞のオイル

COCOLABは介護用食品を専門に取り扱っているメーカーです。COCOLABのMCTオイルはヤシの実由来100%に加えて、中鎖脂肪酸を100%抽出しています。60年以上続く老舗企業が開発したオイルなので信頼度は高いです。

遮光性の高い色合いの瓶タイプの容器で保存しやすく、劣化しにくいのが特徴。内容量が450gと多いので、家族でのシェアにもおすすめです。

第5位

仙台勝山館 仙台勝山館MCTオイル360g (ココナッツベース・中鎖脂肪酸100パーセント)

2,159円(税込)

日本初のココナッツ由来のMCTオイル

仙台勝山館のMCTオイルはココナッツ由来で、カプリル酸・カプリン酸を6:4の比率で配合しています。この比率は中鎖脂肪酸の中でもエネルギー効率が特に良いとされている配合なので、健康やダイエットに気を遣う方に特におすすめです。

無色透明で無味無臭、サラサラとしているのが特徴。製造時に化学溶剤などを使用しないナチュラル製法で製造しており、原料の安全性を気にする方も安心して使用できます。

第4位

CoCo(ココ) MCTオイル 360g ココナッツ由来100%

1,513円(税込)

ナチュラル製法で作られたココナッツ由来100%

CoCoのMCTオイルはココナッツ由来100%です。製造時に化学的工程や添加物を使用せずに製造されているので、安心して使えます。無味無臭でオイルのクセがほぼなく、初めてMCTオイルを導入する方におすすめです。

360mlとたっぷり入っているので、家族でシェアして摂取するのもおすすめです。

第3位

日清オイリオ 日清MCTオイル400g

2,598円(税込)

家庭用食用油国内シェア首位のMCTオイル

日清MCTオイルはヤシを主原料としています。ヤシ特有のにおいが薄いので、料理やドリンクに混ぜるも良しです。

ヤシ特有のにおいが薄いので直接飲めそうですが、メーカーが直接飲むことを控えるよう注意しています。摂取するときは必ず何かと混ぜるようにしましょう。いきなり大量に摂取するとお腹が緩くなることもあるので、少しずつ量を増やすのがおすすめです。

第2位

レインフォレストハーブ MCTオイル MCT OIL 100% PURE COCONUT SOURCE

1,280円(税込)

ココナッツの風味があるオリジナリティあふれるMCTオイル

レインフォレストハーブのMCTオイルは、通常のオイルに有機バージンココナッツオイルを配合しています。ほのかにココナッツの風味が感じられるのが特徴。ココナッツが好きな方には特におすすめです

ココナッツの風味があるので料理に加えるには不向きです。無味無臭のMCTオイルに飽きてきた方は一度お試しになってはどうでしょうか。

第1位

LOHAStyle MCTオイル ピュアオイル (450g) [中鎖脂肪酸100%] 液だれ防止キャップ

1,468円(税込)

ネット売り上げNo.1!口コミでの高評価が多いMCTオイル

大手通販サイトで最も売れているLOHAStyleのMCTオイル。原材料はココナッツとアブラヤシの2種類で、国際基準を満たした工場で抽出して国内で加工しています。カプリル酸とカプリン酸の比率はほぼ6:4で、エネルギー効率も良いオイルです。

無味無臭を謳っているのに臭いがきついMCTオイルも数多く出回っていますが、LOHAStyleのオイルは臭いに敏感な方でも気にならないと口コミで評判です。オイルの性質上、プラスチックが溶けることがあるので、使用する際は注意が必要です。

MCTオイル のおすすめ比較一覧表

商品画像
LOHAStyle MCTオイル ピュアオイル (450g) [中鎖脂肪酸100%] 液だれ防止キャップ B01FYZK74Y 1枚目
レインフォレストハーブ MCTオイル MCT OIL 100% PURE COCONUT SOURCE B01N34AJPL 1枚目
日清オイリオ 日清MCTオイル400g B06WWPQ1BR 1枚目
CoCo(ココ) MCTオイル 360g ココナッツ由来100% B077YHLWSS 1枚目
仙台勝山館 仙台勝山館MCTオイル360g (ココナッツベース・中鎖脂肪酸100パーセント) B013MW3B4Y 1枚目
COCOLAB MCTオイル 中鎖脂肪酸油 純度100% ピュアオイル 450g B07DZVMHSL 1枚目
プレミアムマーケティング MCTオイル(中鎖脂肪酸100%) 250g B01N6J3K2Z 1枚目
旭薬品工業 Fresh MCT Oil 中鎖脂肪酸油100%  460g B01EKQJ6N6 1枚目
COCOCURE MCTオイル ラウリンブレイン ステイシャープ 中鎖脂肪酸100% LAURIN BRAIN Coconut 100% B078T8VQGS 1枚目
functia(ファンクティア) MCTオイル たっぷり250ml (原材料ココナッツ由来100%) B07FM3D471 1枚目
商品名 LOHAStyle MCTオイル ピュアオイル (450g) [中鎖脂肪酸100%] 液だれ防止キャップ レインフォレストハーブ MCTオイル MCT OIL 100% PURE COCONUT SOURCE 日清オイリオ 日清MCTオイル400g CoCo(ココ) MCTオイル 360g ココナッツ由来100% 仙台勝山館 仙台勝山館MCTオイル360g (ココナッツベース・中鎖脂肪酸100パーセント) COCOLAB MCTオイル 中鎖脂肪酸油 純度100% ピュアオイル 450g プレミアムマーケティング MCTオイル(中鎖脂肪酸100%) 250g 旭薬品工業 Fresh MCT Oil 中鎖脂肪酸油100%  460g COCOCURE MCTオイル ラウリンブレイン ステイシャープ 中鎖脂肪酸100% LAURIN BRAIN Coconut 100% functia(ファンクティア) MCTオイル たっぷり250ml (原材料ココナッツ由来100%)
特徴 ネット売り上げNo.1!口コミでの高評価が多いMCTオイル ココナッツの風味があるオリジナリティあふれるMCTオイル 家庭用食用油国内シェア首位のMCTオイル ナチュラル製法で作られたココナッツ由来100% 日本初のココナッツ由来のMCTオイル 2019年モンドセレクション受賞のオイル マレーシア原産ココナッツ由来100%のMCTオイル 精製度にこだわって作られた旭薬品製のMCTオイル ラウリン酸を多く含むココナッツ由来100%のMCTオイル ココナッツ100%で大容量!コスパ抜群なMCTオイル
価格 1,468円(税込) 1,280円(税込) 2,598円(税込) 1,513円(税込) 2,159円(税込) 2,160円(税込) 1,188円(税込) 2,160円(税込) 1,680円(税込) 1,198円(税込)
商品リンク

MCTオイルのおすすめまとめ

MCTオイル おすすめ まとめ

今回はMCTオイルの特徴や人気ランキングを紹介しました。体に蓄積されにくく、ダイエットに効果的と言われているMCTオイルですが、摂取量に気を付けないと本来の効果は発揮されません。

適度な量で継続的にMCTオイルを摂取し、健康やダイエットに活かしていきましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

MCTオイル
のおすすめ関連記事をもっと見る