安いテレビスピーカーのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】安いテレビスピーカーの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。安いテレビ用スピーカーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの安いテレビスピーカーをランキング形式でご紹介。
阿部淳

最近のテレビはベゼルの薄い画面占有率の高いものが主流となってきて、スピーカーも小さいものが多くなってきています。スピーカーが小さいと、それに伴って音質も貧弱になってしまいます。

少しでも良い音質でテレビや映画を楽しみたいという方は別途スピーカーを購入することをおすすめします。しかし初めてだと、どれを買ったら良いのかわからないし、何より安く済ませたいと思うのではないでしょうか。

そんな方に向けて、今回は『安いテレビスピーカー』の選び方とともに。おすすめのスピーカー10選をご紹介します。この記事を読めば、お手頃な価格でお気に入りのスピーカーを見つけられるかもしれませんよ。

安いテレビスピーカーのおすすめの選び方

テレビスピーカー1

種類で選ぶ

サウンドバー

サウンドバー」は横長の形状をしたスピーカーで、名前の通り棒のような形をしています。細長く場所を取らないので、ホームシアターシステムと違い、テレビの前の空いたスペースに置けるため、設置も簡単です。

音質も広い範囲をカバーしているものが多く、サウンドバー単体でも使用できます。またサブウーファーを別にした2ユニット型は、臨場感のある重低音を楽しめます。テレビのスピーカーからの音しか聞いたことがない方は、その音質の良さに驚くこと間違いなしです。

センタースピーカー

センタースピーカー」をテレビ下などに設置することで、正面からの音源が増え、テレビの音声が聞き取りやすくなります。

世の中のテレビのほぼ全てがステレオスピーカーを搭載しており、左右にスピーカーが別れて設置されているため、音の中抜け感が生じてしまう場合があります。テレビの正面で視聴する場合は問題ありませんが、テレビは大抵家族で楽しむものですので、左右のどちらかによってしまう場合がほとんどです。

しかしセンタースピーカーを使用すれば、どこにいてもテレビの音声が聞きやすい環境をつくれるのです。そのためどの位置からも良い音質でテレビを楽しみたい方には、センタースピーカーをおすすめします。

手元スピーカー

手元スピーカー」は文字通り手元に置いて使う小型のスピーカーです。手元で音がなるため、深夜など音量をおさえたい時や、台所仕事などで音が聞き取りづらい場合におすすめです。
無線のものと有線のものがあるので、お好きなものをご購入ください。

値段は有線タイプは数100円から、無線タイプは数1,000円からのものが主流です。ただし有線タイプの場合、あまり安いものだとアンプの性能が低く、十分な音量が得られない場合があるので注意しましょう。

インターフェースで選ぶ

テレビスピーカー2

インターフェース」とは、AV機器の場合、規格を指す言葉でケーブルをつなぐ端子の形のことをいいます。

今では音声の信号を送る方式がデジタルになっているので、どのケーブルを使っても一定以上の音質で出力されます。しかしわずかですが、ケーブルによって音質も変わります。音質に強いこだわりを持っている場合は確実にチェックしておきたい部分の1つです。

テレビによっては対応していない端子のものもあるので、テレビとつなぐ際にどのようなケーブルが使えるのか確認しておきましょう。

HDMI入力端子

液晶テレビならほぼ確実に使える端子で、映像と音声が1本のケーブルで出力できるケーブルです。デジタル信号で出力されるため、音質も画質もよく、値段も安価なためもっとも定番な端子です。

光デジタル端子

光デジタル端子」はケーブルに光ファイバーが使われており、信号の減衰が少なく、一般的にHDMI端子よりも音質が良いです。オーディオプレイヤーに搭載されていることが多いですが、テレビによっては光デジタル端子があるものもあります。

同軸端子

光デジタル端子よりもさらに音質が良いといわれているのが、コアキャシルともいわれる「同軸デジタル端子」です。同軸デジタル端子はオーディオ機器の中でも高価なモデルに搭載されていることが多く、安いスピーカーやテレビではあまり見ることはありません。

チャンネル数で選ぶ

2.0ch

スピーカーが2台のみのステレオスピーカーで、サブウーファーはついていないものです。機能がシンプルなものが多いため、初めての方でも操作しやすいのが特徴。テレビからの音質を上げたいのであれば十分な性能です。

値段も安いものが多いのでコストを抑えたい方におすすめです。大きさもコンパクトなものが多いため、設置スペースが限られた場所にも設置できます。

5.1ch

スピーカーが5台にサブウーファーが1台で構成されています。左右に2台のスピーカーと中央にセンタースピーカーを設置し、後方の左右にもそれぞれ2台のスピーカーを設置します。

設置した5つのスピーカーにサブウーファーで重低音を補う、ホームシアターシステムの基本ともいえる形です。前後左右から音が出るサラウンドシステムなので、映画やライブ映像を臨場感溢れる音響で楽しめます。

7.1ch

左右に2台のスピーカーと中央にセンタースピーカーを設置し、後方の左右にもそれぞれ2台のスピーカーを設置し。さらに後方にも2台のスピーカーを設置します。さらにサブウーファーを1台設置し重低音を補う、大迫力のサラウンドシステムです。

7.1ch」で映画を見ると、奥行きと立体感たっぷりの音響に感動することでしょう。さらに上位の9.1chやさらにサブウーファーを追加した7.2chといった構成もありますが、高価なモデルがほとんどのため、安い価格帯のものは少ないです。

機能性で選ぶ

Bluetooth

Bluetooth」は近距離無線通信の規格の1つす。スマホやミュージックプレイヤーはBluetoothでスピーカーと接続できるものがほとんどです。手元スピーカーであれば、離れた場所からBluetoothを接続した状態でテレビの音声を聞けます。

BluetoothだけでなくWi-Fiに対応したモデルであれば、圧縮されていない高音質でPCやミュージックプレイヤーの音楽をスピーカーで楽しむことも可能です。

ARC対応

ARC対応」とはテレビとスピーカーをHDMIケーブルでつなぐだけで、お互いが連動する機能のことです。テレビの電源をONにすれば、スピーカの電源も連動してONになり、音量の上げ下げも連動するため、操作が1つのリモコンで完結します。

これは最近のサウンドバーであればほとんどの商品についている機能です。テレビとスピーカーのリモコンを別々に操作するというわずらわしさから開放されるのは嬉しいところ。

4Kパススルー

高画質のゲーム機やHDDで録画した音声をテレビスピーカーで高音質で楽しみたい場合は必須の機能です。つなぎ方はゲーム機・HDDからスピーカー、最後にテレビの順番でつなぎます。

4Kパススルー機能」がない場合、上記のつなぎ方だとゲーム機やHDDの映像をテレビに送ることができません。その場合は、ゲーム機・HDDからテレビ、最後にスピーカーという順番につなぎます。

この順番でつなぐと、テレビから出力した質の良くない音をスピーカーで再生することになってしまいます。そのため直接ゲーム機やHDDと接続したときと比べると、音質に差ができてしまいます。

テレビとお部屋の大きさに合わせて選ぶ

テレビスピーカー5

サウンドバーは横に長くなればなるほどステレオ感を得やすくなります。しかしスピーカーの距離が離れてしまうため、中抜け感が強くなってしまいます。

テレビの幅より大きくなってしまうとインテリア性も損なわれてしまうため、テレビの幅と同じか、小さめのものがおすすめです。
部屋の大きさやテレビボードのサイズによっては設置場所が確保できない場合もあります。そのような場合は壁掛けタイプのサウンドバーを検討するのも1つの選択肢です。

音質で選ぶ

音質の良いスピーカーと一口にいっても目的によって評価基準は様々です。
たとえば、映画やドラマなどの様にセリフを聞くことに重点をおきたいなら中音域から高音域がきれいに鳴るスピーカーが良いでしょう。

音質を重視する際は必ず店頭で試聴をしてください。店頭にない場合は、ネットの口コミを参考にすると良いでしょう。

デザインで選ぶ

サウンドバーやセンタースピーカーは、テレビの前と目に入りやすい位置に置きます。部屋の雰囲気やテレビのデザインと合わせることも大切ですが、光沢のあるデザインのものを買ってしまうと、視聴中に光の反射が気になってしまいます。

光の反射を防ぐために、木目調やヘアライン加工された光沢のないデザインのものを選ぶのがおすすめです。

自分の予算に合わせて選ぶ

テレビスピーカーは値段がピンからキリまであります。安すぎるものは性能が悪いものも多いです。高いものは機能も充実して音質も良いのですが、値段が10万円を超えてしまうことも。

自分の中で「予算」を決め、必要な機能を絞り込んでからスピーカーを選ぶと良いかもしれません。

安いテレビスピーカーのおすすめメーカー

テレビスピーカー7

YAMAHA

世界的に有名な楽器やオーディオを作っているメーカーで、ほかのメーカーに先駆けてホームシアターを本格的に生産したパイオニア的メーカーです。壁に音を反射させることで正面のスピーカーだけでサラウンドを表現するなど、独自の技術を使った「YSPシリーズ」が人気です。

SONY

オーディオ界では常に最先端・最高品質を行くのが「SONY」です。Bluetoothを経由した際の音質劣化を防ぐ技術を開発したり、通常音源をハイレゾ音源に変換する技術を開発したりと、音質に妥協することのない信頼できるメーカーです。

Bose

高級車の車載スピーカーに採用されるなど、高級ブランドなイメージのある「Bose」ですが、実は一般的な価格のスピーカーも出しています。重低音にこだわりをもった音質は「Boseサウンド」といわれるほど。歴史・信頼・実績、どれをとってもトップクラスのオーディオ機器メーカーです。

安いテレビスピーカー のおすすめ人気比較ランキング

第10位

日立maxell 2.1ch TV用スピーカー MXSP-SB1000

7,800円(税込)

大迫力の重低音!この価格でサブウーファーが搭載された2.1chサラウンドシステムに驚き!

1万円以下と安い価格帯にもかかわらず、2.1chとサブウーファーが搭載されていることに驚きです。

中高音だけでなく低音も強調されるので、音楽番組や映画を視聴するのに適しています。
ステレオミニプラグでの接続が簡単な上、オートパワーON・OFF機能がついていて、音量調整はテレビのリモコンでも可能と、利便性が高いです。

ヘアライン仕上げの高級感があるデザインで、インテリア性も高く、テレビとの相性も最高です。

第9位

YAMAHA ブックシェルフスピーカー ブラック NS-B210(B)

6,823円(税込)

アルミコーン型フルレンジスピーカー2基搭載。中音域・高音域の圧倒的なクリアサウンド!

低価格帯のスピーカーでありながら非常にクリアな中高音域のサウンドを聞かせてくれる逸品です。

低音域がなるタイプのスピーカーではないのですが、テレビとつなぐ場合は音声が非常に聞き取り安く、とても1万円以下のスピーカーとは思えません。高級感がありコンパクトなデザインなので、設置する場所を選ばず、初めてサラウンドシステムを増設したいという方もにもおすすめしたいスピーカーです。

第8位

クリエイティブ・メディア Creative Inspire T10 R3 スピーカー IN-T10-R3

3,932円(税込)

無音が続くと自動で電源OFF!独自技術の「BasXPort」で豊かな低音まで5000円以下で実現!

スピーカーの音域と価格は比例することが多いのですが、その点を考えるとこのIN-T10-R3のコストパフォーマンスは抜群です。5000円以下でこれだけ豊かな低音がなるスピーカーは他にないと言っても過言ではありません。

またテレビとの接続もステレオミニプラグでつなぐだけの簡単設計。初めてのテレビスピーカーを考えている方でも安心です。ARC非対応ながらもオートスタンバイ機能で無音が続くと自動的にスタンバイ状態になるので、消し忘れもありません。

第7位

Panasonic ポータブルワイヤレススピーカーシステム 手元スピーカー ホワイト SC-MC30-W

11,102円(税込)

上向きスピーカーで広がりのある音声!「快調音機能」で聞き取りづらかった音声もクリアに快適

テレビ用の安い手元スピーカーは有線接続のものが多いのですが、このSC-MC30は同梱のBluetooth送信機をイヤホンジャックに挿すだけで、無線で視聴を楽しめます。

また「aptX Low Latency」で音声の遅延が少なく「快調音機能」で人の声も聞き取りやすくなり、テレビ用の手元スピーカーとしては最適です。上向きデザインのスピーカは音の広がりも良いので、スマートフォンやタブレットをつないで音楽を流せば部屋中にBGMを流すことも可能です。

第6位

エレコム Bluetooth ブルートゥース スピーカー テレビ用ワイヤレススピーカー 送信機セット LBT-SPP20TVWH

4,436円(税込)

コンパクトなデザイン。フルレンジスピーカー2基と3Wのパワフルサウンドでクリアな音声

小型の手元スピーカーにもかかわらず、フルレンジスピーカーが2基搭載され、3Wの高出力に対応しています。そのため見た目からは想像できないほど力強いサウンドを出します。

Bluetooth送信機が同梱されており、テレビにステレオミニプラグを差し込むだけで、無線で音声を楽しめます。8時間の連続再生ができ、Bluetoothの範囲も最大10mあるため、離れたところでの視聴も可能。ミュージックプレイヤーをつないでBluetoothスピーカとしても使えます。

第5位

MEGACRA メガクレイ サウンドバースピーカー

13,029円(税込)

70Wの大出力と力強い重低音で映画も音楽も大満足!多彩な接続方法でテレビもスマホも簡単接続

アメリカでは大人気で8万台以上も売れたというメガクレイのサウンドバースピーカー。その魅力は、スタイリッシュなデザインと3段階で調整できる力強い重低音です。

口コミでもゲームや映画の愛好家から高い評価を得ており、臨場感が最高とのことです。
また接続方法が光デジタル接続や同軸デジタル接続と、音質にこだわりのある方も納得のインターフェースです。さらにはBluetooth接続でスマホとの接続も簡単にできます。

第4位

Panasonic 2ch シアターバー Bluetooth対応 ブラック SC-HTB200-K

12,828円(税込)

テレビの足元にすっぽり収まるコンパクトなデザイン。80Wのダイナミックなサウンド!

幅45cm、高さ5.1cmとテレビの足元に収まってしまうコンパクトなデザインにもかかわらず、その出力は最大80Wとパワフルです。

スタンダード、ミュージック、シアターと3つのモードが選択でき、視聴シーンによってお好みの音質を選べます。接続方法は光デジタル端子で高音質で接続できます。HDMI接続もケーブル1本で簡単に接続でき、初めての方でも安心です。またHDMI接続の場合はテレビのリモコン1つでサウンドバーも操作ができるため、リモコンが増えず卓上がすっきりします。

第3位

DENON センタースピーカー ブラック SC-C17K

6,987円(税込)

ハイレゾ対応で1万円以下という値段で高音質!高さ7.5cmで置き場所を選ばない

高品質なハイレゾ音源に対応したスピーカーは高価なものが多い中、SC-C17は1万円以下と低価格で販売されています。

値段も安く、初めてサラウンドシステムを増設するにはピッタリのスピーカーです。2基のウーファーと1基のツィーター、80Wの高出力の組み合わせから生まれるパワーのあるクリアサウンドは、センタースピーカー単体でも高音質ぶりが分かります。

第2位

YAMAHA センタースピーカー ブラック NS-C210(B)

2,819円(税込)

コストパフォーマンスの良さでは他の追随を許さない!明瞭サウンドでワンランク上のオーディオ

値段からは想像できないほど、高級感のあるデザインでテレビとの相性も抜群なセンタースピーカーです。アルミコーン型ウーファーと、バランスドーム型ツィーターから生み出される良質なサウンドはとても5000円以下とは思えない音質。コストパフォーマンスに優れているスピーカーです。

口コミでも中音域がクリアに聞こえるようになったという声が多く、ドラマのセリフやボーカルが鮮明に聞こえます。

第1位

サンワサプライ 液晶テレビ・パソコン用サウンドバースピーカー MM-SPSBA2N

5,204円(税込)

アンプ内蔵型スピーカー。増設も可能な拡張性の高いサウンドバー!

5Wスピーカーが4基搭載されており、20W出力が可能なコンパクトなスピーカーです。そのためテレビの正面に置いても邪魔になりません。アンプ内蔵のため、ミュージックプレイヤーやPCもステレオミニプラグを挿し込むだけで簡単に接続できます。

別途サブウーファーを購入することで2.1ch化できるサブウーファー出力端子がついているので迫力のある重低音も楽しめます。

安いテレビスピーカー のおすすめ比較一覧表

商品画像
サンワサプライ 液晶テレビ・パソコン用サウンドバースピーカー B01JYD3Y38 1枚目
YAMAHA センタースピーカー ブラック B001GQGXXA 1枚目
DENON センタースピーカー ブラック B01LYQPO3N 1枚目
Panasonic 2ch シアターバー Bluetooth対応 ブラック B07C2D7MFQ 1枚目
MEGACRA メガクレイ サウンドバースピーカー B079NCPYHS 1枚目
エレコム Bluetooth ブルートゥース スピーカー テレビ用ワイヤレススピーカー 送信機セット B00N1IFLP2 1枚目
Panasonic ポータブルワイヤレススピーカーシステム 手元スピーカー ホワイト B07NWKF35K 1枚目
クリエイティブ・メディア Creative Inspire T10 R3 スピーカー B01ARP1OI4 1枚目
YAMAHA ブックシェルフスピーカー ブラック B001GQGXWQ 1枚目
日立maxell 2.1ch TV用スピーカー B008CKJCIG 1枚目
商品名 サンワサプライ 液晶テレビ・パソコン用サウンドバースピーカー YAMAHA センタースピーカー ブラック DENON センタースピーカー ブラック Panasonic 2ch シアターバー Bluetooth対応 ブラック MEGACRA メガクレイ サウンドバースピーカー エレコム Bluetooth ブルートゥース スピーカー テレビ用ワイヤレススピーカー 送信機セット Panasonic ポータブルワイヤレススピーカーシステム 手元スピーカー ホワイト クリエイティブ・メディア Creative Inspire T10 R3 スピーカー YAMAHA ブックシェルフスピーカー ブラック 日立maxell 2.1ch TV用スピーカー
型番 MM-SPSBA2N NS-C210(B) SC-C17K SC-HTB200-K LBT-SPP20TVWH SC-MC30-W IN-T10-R3 NS-B210(B) MXSP-SB1000
特徴 アンプ内蔵型スピーカー。増設も可能な拡張性の高いサウンドバー! コストパフォーマンスの良さでは他の追随を許さない!明瞭サウンドでワンランク上のオーディオ ハイレゾ対応で1万円以下という値段で高音質!高さ7.5cmで置き場所を選ばない テレビの足元にすっぽり収まるコンパクトなデザイン。80Wのダイナミックなサウンド! 70Wの大出力と力強い重低音で映画も音楽も大満足!多彩な接続方法でテレビもスマホも簡単接続 コンパクトなデザイン。フルレンジスピーカー2基と3Wのパワフルサウンドでクリアな音声 上向きスピーカーで広がりのある音声!「快調音機能」で聞き取りづらかった音声もクリアに快適 無音が続くと自動で電源OFF!独自技術の「BasXPort」で豊かな低音まで5000円以下で実現! アルミコーン型フルレンジスピーカー2基搭載。中音域・高音域の圧倒的なクリアサウンド! 大迫力の重低音!この価格でサブウーファーが搭載された2.1chサラウンドシステムに驚き!
価格 5,204円(税込) 2,819円(税込) 6,987円(税込) 12,828円(税込) 13,029円(税込) 4,436円(税込) 11,102円(税込) 3,932円(税込) 6,823円(税込) 7,800円(税込)
商品リンク

安いテレビスピーカーのおすすめまとめ

「テレビの音質を良くしたいけれど、いきなり高いスピーカーを買うのは不安がある。」
という方も、今回紹介したような安いテレビスピーカーであれば、手が出しやすいのではないでしょうか。

安いテレビスピーカーですが、一度体験すればその音質の高さに驚くはずです。自分の好みのサウンドを見つけて、安いテレビスピーカーを手に入れましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

安いテレビスピーカー
のおすすめ関連記事をもっと見る