キャリーカートのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】キャリーカートの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。キャリーカートの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのキャリーカートをランキング形式でご紹介。
chihi022

釣りやキャンプなどのアウトドアシーンから普段の買い物まで、重たい荷物を運ぶときに重宝する『キャリーカート』。多くのブランドから個性豊かなキャリーカートが販売されています。使いやすいキャリーカートがあると、さまざまなシーンで大活躍してくれること間違い無し!

ここではおすすめのキャリーカートを10選紹介しています。合わせて、キャリーカートの種類や選び方のポイントも解説していますので、購入を検討している人はぜひチェックしてみてください。

キャリーカートとは

キャリーカート おすすめ 概要

キャリーカート』とはタイヤが付いた荷台のことで、重い荷物を運ぶときに使います。手では運ぶのが大変な荷物でも、楽に運ぶことができるのが特徴。キャンプや釣りなどのアウトドアシーンはもちろん、普段の買い物や農作業の補助にも使えます。

商品によっては、大型タイヤが付いたものや高さを自由自在に調整できるものも販売されています。主にどのような使い方をしたいかを考慮して、最適なキャリーカートを選びましょう。

キャリーカートのおすすめの選び方

タイプで選ぶ

ワゴンタイプ

キャリーカート おすすめ ワゴンタイプ

キャンプやバーベキューなどで荷物を運ぶときに重宝するのが『ワゴンタイプ』のキャリーカート。カゴ部分にたくさんの荷物を入れても安定します。カバーが洗える商品が多いので、ラフロードでの使用にもぴったり。

重さのあるアウトドアグッズを運ぶとなると、耐荷重が80〜100kg程度ある商品であれば安心です。人数が増えると荷物も増えるので、少しゆとりのある大きめのサイズを選んでおくと良いでしょう。

コンパクトタイプ

キャリーカート おすすめ コンパクトタイプ

重さのあるクーラーボックスや飲み物の入ったケースなどを運ぶときに重宝するのが『コンパクトタイプ』のキャリーカートです。軽量で、コンパクトに折りたたみできるという特徴があります。

荷台がカゴのようになっている商品や、荷物をゴムバンドなどで固定する商品があります。蓋が付いている商品であれば、椅子やテーブルとしての使用も可能。普段の買い物はもちろん、釣りのときに使用する人も多いです。

耐荷重と容量の大きさで選ぶ

ペットボトルが入った箱やバーベキュー道具など、重い荷物を運ぶ予定の人は耐荷重の大きいものを選ぶと安心です。耐荷重より重い荷物を乗せてしまうと、転倒の危険だけでなくキャリーカートが破損してしまうこともあるので注意が必要。購入前にきちんと耐荷重をチェックしましょう。

キャリーカートの容量は乗せる荷物の量に直結します。容量の大きいキャリーカートは本体サイズも大きくなるので、あらかじめ荷物の量を想定しておくと良いでしょう。

重量で選ぶ

キャリーカート おすすめ 重量

キャリーカートは形状や素材によって本体の重量が大きく異なります。重量のあるキャリーカートは、重たい荷物をたくさん運ぶことができますが、その分持ち運びが大変というデメリットも。何を運びたいかを考慮して選びましょう。

また万が一転倒してしまったときに、一人でキャリーカートを起こせるくらいの重量にしておくと安心です。男性だけでなく女性も使用する機会がある場合は、2〜3kg程度のキャリーカートを選ぶと良いでしょう。

タイヤの大きさで選ぶ

キャンプやバーベキューなどで、舗装されていない道(ラフロード)をキャリーカートで通る機会がある、という人もいると思います。そんな人は、大きめのタイヤが付いたキャリーカートがおすすめです。一般的なタイヤに比べて安定して走行できるので、転倒の心配が少なくなります。

商品によっては、走行時の音に配慮されていたりタイヤに滑り止めが付いている商品もあります。どのような場所で使用するのかを考えて選ぶと失敗が少なくなりますよ。

付属品の有無で選ぶ

商品によっては、荷物を固定するための専用ストラップが付属しているものもあります。専用ストラップがあると、荷台に乗せた荷物をしっかりと固定できるので便利。ストラップの購入を予定している人は、元から付属している商品を選んだ方がお得です。

他にも強い日差しから荷物を守る専用ホロや、フロアマットが付いている商品も。持ち運びをする機会が多い人は、折りたたみ時の収納袋が付いている商品を選ぶと良いでしょう。

機能性で選ぶ

キャリーカート おすすめ 機能性

折りたたみ式

折りたたみのできるキャリーカートであれば、使わないときにもコンパクトに収納しておけます。収納場所の大きさと、キャリーカートを折りたたんたときのサイズを照らし合わせて、あらかじめ確認しておきましょう。

テーブル機能付き

荷台部分に専用テーブルを乗せることで、ミニテーブルとして使用できる商品も販売されています。子どもを載せることのできる商品もあるので、小さなお子さんがいる方は、ぜひチェックしてみてください。

デザインで選ぶ

キャリーカートにはさまざまなデザインの商品があり、どれを選ぼうか迷いやすいです。使用する人の好みはもちろん、どこで使用するかを考慮して選ぶのがおすすめです。

買い物など、街中で使用するのであれば、普段のファッションに合わせやすいカラーやデザインのものを選ぶと良いでしょう。キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンで使用するのであれば、少し派手なデザインのキャリーカートでも映えます。

キャリーカートのおすすめのメーカー

キャリーカート おすすめ メーカー

コールマン

日本でも人気を集めるアメリカ発のキャンプ用品メーカーです。デザインだけでなく、使い勝手や安全性も配慮されたキャリーカートが販売されています。その他にも、さまざまな種類のキャンプグッズを取り扱っています。

ロゴス

キャンプ用品や登山グッズをメインに扱う日本のメーカーです。特徴的なメイプルリーフのマークがポイント。『ロゴス』のキャリーカートは、たくさんの荷物でも楽に運べると定評があります。優れたデザイン性もロゴスの商品の魅力です。

ディーオーディ

ディーオーディー』のキャンプ用品は、キャンプ初心者でも気軽に外遊びを楽しめるような商品が魅力。オリジナリティ溢れる、ファッション性の高い商品を多数取り扱っています。コストパフォーマンスの高さもポイントです。

キャリーカート のおすすめ人気比較ランキング

第10位

ホールアース フォールディングキャリーカート WES17F00-0705

9,990円(税込)

デコボコ道や砂利道もラクラク進める大きな幅広タイヤがポイント!

たくさんの荷物を一度に運べるWhole Earthのキャリーカートです。大きくて幅広のタイヤがポイントで、舗装されていないデコボコ道や砂利道も、難なく進むことができます。本体重量は約13kgで、耐荷重は80kg。大型のキャンプ用品を運ぶときにも重宝します。

使用しないときはコンパクトに折りたたみができるので、収納場所が狭くても大丈夫。ワンタッチで組み立てできるので、必要なときにすぐ使えます。

第9位

コールマン アウトドアワゴン

9,572円(税込)

アウトドアシーンに馴染むデザインと、使い勝手の良さで大人気!

耐荷重が約100kgのコールマンのキャリーカート。「キャリーカートと言えばこれ!」というくらい人気の商品です。ストッパー付きの大きなタイヤが付いていて、どんな道でも安心して使用できます。

両サイドには便利なDリング付きで、乗せた荷物をしっかりと固定することが可能。カラーはインディゴ・レッド・ナチュラルカモの3種類あり、アウトドアシーンに映えるデザインが魅力です。

第8位

レイチェル グランドキャリアワゴン

10,008円(税込)

大容量の積載量を誇るワゴンが魅力!さらに小物も収納できる便利なポケット付き

積載量がポイントのレイチェルのキャリーカートです。ワゴンの内側・外側には小物収納ポケットが付いているので、細々したものも失くさずに運べます。コンパクトに折りたたみができ、付属のキャリーカバーを使用することでより簡単に持ち運べます。

カラーはカーキ・サハラ・ブラックのおしゃれな3種類。ファッション性が高いので、アウトドアシーンはもちろん、街中での使用にもおすすめです。

第7位

ニュートラルアウトドア オフロードキャリアワゴン NT-CW01

19,800円(税込)

ワンタッチで折りたたんでコンパクトに収納可能!使いやすいサイズのキャリーカート

大きすぎないサイズ感がポイントのニュートラルアウトドアのキャリーカートです。幅広の溝付きタイヤが付いているので、荒れた道でも簡単に進めます。便利なサイドポケット付きで、キャンプ中は収納スペースとしても使用可能。

折りたたみや組み立てはワンタッチで簡単に行えます。コンパクトに畳むことができるので、収納場所が狭い人にもおすすめです。

第6位

ロゴス 丸洗いスマートキャリー with クーラーバッグ

25,300円(税込)

丈夫な生地は丸洗いOK!便利なクーラーバッグ付きの大人気キャリーカート

「丸洗いスマートキャリー」という商品名の通り、荷台部分が水で丸洗いできるロゴスのキャリーカートです。厚みがあって丈夫なポリエステルオックス生地も特徴。120Lと大容量の積載量があるので、大型のキャンプ用品や折りたたみテーブル、チェアなども簡単に運ぶことができます。

また優れた断熱機能を持つクーラーバッグが標準装備されているので、暑い日のキャンプにも大活躍してくれます。クーラーバッグは取り外しができるので、単体で使うことも可能です。

第5位

テントファクトリー キャリーワゴン TF-MXCW

8,374円(税込)

コストパフォーマンスが高さが魅力!キャンプ初心者にもおすすめのキャリーカート

上級キャンパーの意見を参考に作られたテントファクトリーのキャリーカートです。荷台部分が丸洗いできたり、専用のキャリーバッグが付いていたりと、使い勝手の良さが特徴です。カラーは、オリーブグリーン・テラコッタ・パープルと、個性的な3色が揃っています。人と被るデザインが嫌な人にもおすすめ。

価格も比較的安く、コストパフォーマンスの高さも魅力です。キャンプ初心者やキャリーカートが初めての人でも、気軽に使えます。

第4位

武田コーポレーション ショッピングカート SC303

2,917円(税込)

ちょっとした隙間に収納可能!お買い物に最適なキャリーカート

25kgまでの荷物を運べるキャリーカートです。買い物や荷物の移動など、さまざまなシーンで使用できます。

使用しないときはコンパクトに収納できるのがポイント。折りたたみ時は薄さ15cmとなるため、ちょっとした隙間に収納しておけます。組み立てはフックを外し手前に引くだけなので、手間なく使い始めることが可能。シンプルで使いやすいキャリーカートを探している人におすすめです。

第3位

さまざまなシーンで使える!ロープで荷物を固定するシンプルなマルチキャリーカート

手荷物やバッグなどを簡単に運ぶことができるマルチキャリーカートです。普段の買い物での荷物運びにはもちろん、キャンプや釣り・バーベキューなどのアウトドアシーンにも活躍してくれます。

使い方はロープで荷物を固定するだけとかなりシンプル。幅広い大きさの荷物に対応できるのもポイントです。46cm・65cm・96cmと3段階で持ち手の高さを調整できるので、使用する人の背の高さに合わせて使えます。

第2位

クルーズ クルーズカート

34,380円(税込)

荷物に合わせて自由に形を変えられるヨーロッパ生まれのキャリーカート

普段のお買い物に最適な、ヨーロッパ生まれのキャリーカートです。スーパーのカートのように使用するのはもちろん、背の高い物を運ぶときは上段の棚板を上げての使用も可能。ワンタッチで2つの形に変化させて使えるので、さまざまな形状の荷物に対応できます。

上段は20kg、下段は40kgと、合計60kgの荷物を運べるのも魅力。重たいペットボトルや食料品を運ぶ機会が多い人におすすめのキャリーカートです。

第1位

FIELDOOR 折りたたみキャリーカート

3,550円(税込)

お買い物やビジネスシーンで活躍!コンパクトなボックス型のキャリーカート

タイヤが付いたボックス型のキャリーカートです。重さは35kgまで対応しているので、普段のお買い物に最適。シンプルなデザインのため、ビジネスシーンでも活躍してくれます。

折りたたみ時はかなりコンパクトになるので、使わないときには邪魔にならないのもポイント。ハンドルを収納すれば、取っ手付きのボックスとして使えます。使用本体重量は約3.3kgと、力の弱い女性一人で持ち運ぶことも難しくはありません。

キャリーカート のおすすめ比較一覧表

商品画像
FIELDOOR 折りたたみキャリーカート B07RRMFPTN 1枚目
クルーズ クルーズカート B0010ZOU1Y 1枚目
DOREIS キャリーカート B0756BGBYR  1枚目
武田コーポレーション ショッピングカート B0025W0C3G 1枚目
テントファクトリー キャリーワゴン B00ANCJT3E 1枚目
ロゴス 丸洗いスマートキャリー with クーラーバッグ B01MUBYWGG 1枚目
ニュートラルアウトドア オフロードキャリアワゴン B01E1215SS 1枚目
レイチェル グランドキャリアワゴン B01F91UX1K 1枚目
コールマン アウトドアワゴン B00SLO7VTA 1枚目
ホールアース フォールディングキャリーカート B073S5BHY9 1枚目
商品名 FIELDOOR 折りたたみキャリーカート クルーズ クルーズカート DOREIS キャリーカート 武田コーポレーション ショッピングカート テントファクトリー キャリーワゴン ロゴス 丸洗いスマートキャリー with クーラーバッグ ニュートラルアウトドア オフロードキャリアワゴン レイチェル グランドキャリアワゴン コールマン アウトドアワゴン ホールアース フォールディングキャリーカート
型番 SC303 TF-MXCW NT-CW01 WES17F00-0705
特徴 お買い物やビジネスシーンで活躍!コンパクトなボックス型のキャリーカート 荷物に合わせて自由に形を変えられるヨーロッパ生まれのキャリーカート さまざまなシーンで使える!ロープで荷物を固定するシンプルなマルチキャリーカート ちょっとした隙間に収納可能!お買い物に最適なキャリーカート コストパフォーマンスが高さが魅力!キャンプ初心者にもおすすめのキャリーカート 丈夫な生地は丸洗いOK!便利なクーラーバッグ付きの大人気キャリーカート ワンタッチで折りたたんでコンパクトに収納可能!使いやすいサイズのキャリーカート 大容量の積載量を誇るワゴンが魅力!さらに小物も収納できる便利なポケット付き アウトドアシーンに馴染むデザインと、使い勝手の良さで大人気! デコボコ道や砂利道もラクラク進める大きな幅広タイヤがポイント!
価格 3,550円(税込) 34,380円(税込) 1,780円(税込) 2,917円(税込) 8,374円(税込) 25,300円(税込) 19,800円(税込) 10,008円(税込) 9,572円(税込) 9,990円(税込)
商品リンク

キャリーカートおすすめのまとめ

今回はおすすめの「キャリーカート」を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

使い勝手の良いキャリーカートがあると、キャンプや釣り、普段の買い物など、さまざまなシーンで大活躍してくれます。重たい荷物を軽々運ぶことができるので、重宝すると思います。

キャリーカートは商品によって、デザインや形状、耐荷重が大きく異なります。どんなシチュエーションで使用するのかを考慮して、最適なキャリーカートを選んでください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

キャリーカート
のおすすめ関連記事をもっと見る